【徹底比較】Logicoolマウス「MX ERGO・M575・MX Master 3」どれが良い?【MacBook・iPad向け】

【わかりやすく比較】Logicoolマウス「MX ERGO・M575・MX Master 3」どれが良いのか

この記事で分かること

  • Logicoolロジクール 「MX ERGO・M575・MX Master 3」のどれが良いか
  • 自分の用途に合うLogicoolマウスがわかる

MacBook Air/ProのようなノートPC持ちの方や、iPadを持っている方が一度は検討したことがあるであろうLogicoolのマウス。

今回は、迷う方が多い印象のトラックボールマウスの「MX ERGO・M575」と超エリートマウスの「MX Master 3」を実際に使用した人間が感じたことなどを書いていきます。

こびぃ

ノートPC、MacBookにおすすめマウスとしても選ばれている実力派のマウス達だよ!

では「【徹底比較】Logicoolマウス「MX ERGO・M575・MX Master 3」どれが良い?【MacBook・iPad向け】」を見ていきましょう。

初心者向けにわかりやすく書いているので、専門的な難しい用語や比較はさけています。

↓結論までジャンプします↓

本記事で比較紹介するマウスはこれ

新しいタブでプレビュー

目次

Logicool「MX ERGO・ERGO M575・MX Master 3」を比較

3つの比較

  • 外観やデザインの比較
  • 機能(スペック)の比較
  • 使用感の比較

外観やデザインの比較

3機種の外観を確認していきます。

全体

Logicool「MX ERGO・ERGO M575・MX Master 3」を比較

MX ERFOとMX Masterはマットブラックをメインに添えてカラーが統一されており、味わいある高級デザインを採用。

サイズ感は、トラックボール部分がない分MX Master 3が一番コンパクトかつ軽く仕上がっているので、持ち運びに一番適しているマウスと言えます。

横幅がない分、MX Master 3がサイズ的には一番持ち運びに適している

正面

「MX ERGO・ERGO M575・MX Master 3」の正面比較
左からMX ERGO・ERGO 575・MX Master3

正面から確認するとわかりますが、中央の ERGO R575が厚み(高さ)が無く、MX Master 3が一番厚みがあります。全体のデザインも異なるからですが、握ると結構違いがあります。

より手のひら全体を覆い掴む感覚は、トラックボールマウスの2種。MX Masterはしっかり握り込む感じですね。

リラックスした状態で手を乗せて安定して使用できるのは、トラックボールマウスの2種

側面

「MX ERGO・ERGO M575・MX Master 3」トラックボール側
左からMX ERGO・ERGO 575・MX Master3

MX ERGOのトラックボールの位置が一番前にでているのでやや奥側に握り込む感じです。

「MX ERGO・ERGO M575・MX Master 3」の側面
左からMX ERGO・ERGO 575・MX Master3

小指側はトラックボール2種は1段階横に広がり、指が落ちないようになっています。

MX Master 3は人差し指側が盛り上がっていて、しっかり握り込むタイプのマウスなので小指も遊ぶことがないので、横の広がりなくても支障はありません。

エルゴノミクス採用でどのマウスも手のひらが大きくても小さくても使用しやすい親切設計。そこまでサイズに敏感にならずとも、誰でも使いやすい形状です。

機能(スペック)の比較

スクロールできます
項目Logicool MX ERGO インライン画像
MX ERGO
Logicool ERGO 575 インライン画像
ERGO M575
Logicool MX Master3 マウス インライン画像
MX Master 3
重量本体164g

アルミプレート95g
合計259g
145g141g
サイズ横幅:99.8mm
奥行:132mm
厚み:51mm
横幅:100mm
奥行:134mm
厚み:48mm
横幅:84.3mm
奥行:124mm
厚み:51mm
総ボタン数
(チルト機能含む)
857
センサーロジクール アドバンス
オプティカル トラッキング
公称値: 380 dpi
ロジクール アドバンス
オプティカル トラッキング
公称値:400dpi
Darkfield高精度
公称値: 1000dpi
DPI 512~2048 dpi~2000 dpi200~4000dpi
接続方式無線アドバンス2.4GHz
Unifying-USB
Bluetooth
無線アドバンス2.4GHz
Unifying-USB
Bluetooth
無線アドバンス2.4GHz
Unifying-USB
Bluetooth
バッテリー内蔵充電式リチウム
ポリマー電池
4ヶ月
単三形乾電池 x 1
24ヶ月
内蔵充電式リチウム
ポリマー電池
70日
カラー
バリュエーション
グラファイトオフホワイト
グラファイト
ブラック
グラファイト
ミッドグレー
スペース
グレイ(for Mac)
対応OSWindows 10以降
Windows 8
Windows 7
Mac OS X 10.12 以降
Windows 7以降
macOS 10.13 以降
iPad OS 13.4以降
Windows 10,11 以降
macOS 10.15 以降
iOS 13.4 以降
iPadOS 14 以降

MX Master 3の※dpiは最大4000dpiと突出しており、完全にクリエイター向けのマウス。

対して、トラックボールマウスの2種は突出した機能はないものの、通常使用する上では申し分ないスペックとなっています。

dpiとは

マウスの感度のこと。高ければ高いほど、精度の高いタスクのポインター速度を瞬時に調整することが可能。ゲーム内のターゲット設定や写真の編集などに大きく影響する数値。

あとで紹介しますが「マウスの傾斜0°〜20°の有無」と「カスタムボタンの数」さえ気にならなければ、コスパ抜群のERGO M575を選択して問題ないでしょう。

使用感の比較

確認していきます。

MX ERGOのみ角度調整のギミックあり

MX ERGOは傾斜角度が0°と20°あるので、好みの角度で使用することが可能。

Logicool MX ERGOとM575の比較正面角度0°
左:MX ERGO
右:ERGO 575

角度0°

Logicool MX ERGOとM575の比較の正面角度20°
左:MX ERGO
右:ERGO 575

角度20°

この角度調整がめちゃくちゃいい仕事をしてくれます。職場でやたらめった気が利いて仕事してくれる人いますよね?あんな感じ。

20°の角度は手首への力が0でもマウスを操作できる安定性があり、一度使用すると離れられなくなるくらいラクな角度。

トラックボールマウスは全部この角度でいいんじゃないか?と疑うレベルで快適です。

使用時の手の感触や感じること

MX ERGO

「MX ERGO」のマウスは握りやすい
角度0°
「MX ERGO・ERGO M575・MX Master 3」「MX ERGO・ERGO M575・MX Master 3」を握りこむ
角度20°

感覚としては手を預ける感覚で、手の重さを預けてもブレることがない確実性の高い安定感があります。

この安定感を生む要因は「本体重量」「底面の前面ラバーメタルプレート」「角度調整0°~20°のギミック」が考えられます。

とにかくラクして長時間の作業がしたい!って方にピッタリの握り心地&使用感

ERGO M575

「ERGO M575」も握りやすさはかわらない
角度調整なし

上位モデルのMX ERGOには劣るものの、エルゴノミクが抜群に効いているのでこのマウスしか知らなければ、びっくりするほど手首+身体が楽になるマウスです。

親指と人差し指から顔を出す、青色のトラックボールが気にならなければ最高の相棒になることができるマウスでしょう。

MX ERGOには劣るものの、ラクして長時間の作業がしたい!って方にピッタリの握り心地&使用感

MX Master 3

「MX Master 3」を握った感じ
角度調整なし

男性で手が大きい人だと、やや小振りに感じるマウスサイズ。女性や手が小さい男性だとちょうど良い方が多いかもしれません。

常時動かしながら作業するマウスとしては、やや重量感があるものの、性能の高さは折り紙つきで「超万能マウス」といえばMX Master 3といえるスペックの高さ。

著者はこの「MX Master 3とMagic Mouse 2」をメイン作業に分けて使用していました。(トラックボールマウスに出会う前)

とにかくマウス性能を最重要視して作業効率を超高めた作業がしたい!って方にピッタリの握り心地&使用感

充電ポート/バッテリー

マウス種類充電ポートバッテリー持ち
MX ERGOMicro USB4ヶ月
ERGO M575乾電池式24ヶ月
MX Master 3USB-C70日

MX ERGOの残念ポイントの1つがこれ。充電ポートがMicro USBなんですよね。できればポートを統一したい著者は残念ポイント。

とはいえ、MX ERGOは一度充電すると最大4ヶ月持つので、ポートが理由でMX ERGOの購入を控えるには惜しいマウスとだけ言っておきます。

カスタムできるボタンの数

LogicoolマウスはLogi Optionを使って、通常時やアプリケーションに応じて、各ボタンに役割を割り当てることが可能です。なので、ボタンは多いに越したことはありません。

MX ERGOのカスタムできるボタン数は6つ

「MX ERGO」のトラックボール側
「MX ERGO」のカスタムボタン

クリックボタンとトラックボール以外を好みのボタンに割り当てできるので、非常に便利かつ有能なマウス。

やはり、一度MX ERGOを持つと手放せなく理由が随所にあります。

ERGO M575のカスタムできるボタン数は3つ

「ERGO M575」のトラックボール側
「ERGO M575」のカスタムボタン

ERGO M575は今回比較している2機より、価格が半額程度の5,000~6,000円。カスタムできるボタンの量もきれいに半分の量です。

MX Master 3のカスタムできるボタン数は6つ

「MX Master 3」スクロールホイル側
「MX Master 3」のカスタムできるボタンの数

カスタマイズボタンの使いやすさはMX Master 3が頭1つ抜けている

さすがLogicoolのハイエンドモデルのマウス。カスタムボタンの数まで、刺客なしでまさに頂点に君臨するマウスです。

MX ERGOとカスタム数は同じですが、サムホイールの使いやすさなどを加点するとMX Master 3がクリエイタータイプには一番向いていると言い切れます。

マウス種類カスタムできるボタンの数
MX ERGO6
ERGO M5753
MX Master 36

クリック音(静音性)

MX ERGO のクリック音

ERGO M575のクリック音

MX Master 3のクリック音

録音では大きく聴こえますが
生音ではERGO M575と変わらない

MX ERGO のクリック音は大きいと散見しますが、個人的には気にならないレベル。

上記の通り、MX ERGOは比較すると大きいというか「ちょっと抜ける高い音」みたいなクリック音なので、結果的に大きく聞こえるんですかね。

Logicool「MX ERGO・ERGO M575・MX Master 3」結局どれを購入すべきか

Logicool「MX ERGO・ERGO M575・MX Master 3」の外観・機能(スペック)・使用感を確認してもらい、自身に合うマウスがなんとなく想像できましたかね。

で、結局どれを買うべきかは以下のとおり「求めていること」で判断して大丈夫です。

あなたが求めているのはどれ?

求めていることおすすめマウス
作業スペースが狭いMX ERGO
or
ERGO M575
手首や肩、首を
ラクにしたい
MX ERGO
高速スクロール搭載で
Magic Mouse 2のように使いたい
MX Master 3
作業効率を
爆上げしたい
MX ERGO
or
MX Master 3
クリック音が
静かなマウスが良い
MX Master 3
価格で選びたいERGO 575

順に見ていきます。

作業スペースが狭い:ME ERGO or ERGO M575

作業スペースがいらない
MX ERGO
100点
ERGO 575
100点
MX Master 3
70点

トラックボールマウスは「マウスを動かさない」ので、メリットの1つである省スペースというかマウスをおくスペースさえあれば作業ができます。

対して、通常形状のMX Master 3はマウスを使用時に前後左右に動作が必要なので、約20cm四方の空きスペースが必要。

手首や肩、首をラクにしたい:MX ERGO

手首・肩・首への配慮
MX ERGO
90点
ERGO 575
80点
MX Master 3
60点

圧倒的にMX ERGOマウスがラクです。これは間違いない。このラクさを享受したいがために一度使用すると、離れられない魅力を越える魔力があります。

ERGO M575も良いのですが、「傾斜角度0°~20°」の設定ができるMX ERGOがあまりにも強力だった。

高速スクロール搭載でMagic Mouse 2のように使いたい:MX Master 3

スクロール機能
MX ERGO
50点
ERGO 575
50点
MX Master 3
100点

高速スクロールって、使用したことがない人はよくわからないかもしれませんがこれは本当に便利な機能。

MX Master 3は1スクロールでページをビュンビュン飛ばしていくことが可能。

著者がAppleのMagic Mouse 2を一生愛でているのは、MX Master 3と同等レベルのスクロール性能と感度の良さがあるからです。

ウェブサイトをガンガン見て回りたい人に超おすすめできる機能です。

作業効率を爆上げしたい:MX ERGO or MX Master 3

作業効率
MX ERGO
90点
ERGO 575
60点
MX Master 3
90点

両者甲乙つけがたいので、両方選びました。ただ特徴が異なるので、以下を参考にしてください。

MX ERGOがおすすめ
  • 手首が痛くなりやすい
  • 肩こりや身体の疲労を極力感じたくない
  • 指先がそこそこ器用(トラックボールにやや癖がある)
MX Master 3がおすすめ
  • 手首マッチョ
  • 身体の疲労よりマウス性能を極限まで高めて生産性を上げたい
  • 通常のマウスの形を溺愛してる

クリック音が静かなマウスが良い:MX Master 3

静音性
MX ERGO
60点
ERGO 575
70点
MX Master 3
70点

素人耳で判断しているので、なんとも言い難いですがそこまで変わらんじゃないかな?というのが本音。

ただ、MX ERGOが販売時期が一番古いため、クリック音もやや古いチープな音?みたいな印象。

>>クリック音の比較をもう一度確認する

価格で選びたい:ERGO M575

価格
MX ERGO
70点
ERGO 575
100点
MX Master 3
60点

コスパの良さはダントツでERGO M575でしょうね。そういう意味では最強マウス=ERGO M575かもしれません。

高くて良い!は当たり前ですが、この子はハイエンドモデルの約半額で比較記事にされるほどの性能を持っている。

これだけでも十分コスト<パフォーマンスと言えるのではないでしょうか。

「MX ERGO・ERGO M575・MX Master 3」どれが良いかまとめて確認

手首・肩・首への配慮
MX ERGO
90点
ERGO 575
80点
MX Master 3
60点
手首・肩・首への配慮
MX ERGO
90点
ERGO 575
80点
MX Master 3
60点

Logicoolのトラックボールマウス持ちが増殖中【著者の知人】

みんな本記事を参考にして購入してくれて感謝しかないです。そして、大満足なようなので迷っているならGO!!

Logicoolマウスを外に持ち運ぶ人は専用ケースがあればなお良し

専用のLogicoolマウスケースに入れると傷がつかない

Logicoolのマウス専用ケースで持ち運び時に外部からの衝撃や傷から守ることができます。

MX マスター3のケースと本体

専用のUnifyingレシーバーを収納するポケットがあるので、ポートから抜いたレシーバーを紛失する恐れなし。

マウスを持ち運ぶ機会が多い方は1つ持ってて損はしないケースになっています。

Logicoolマウスと合わせて一緒に購入したい周辺機器

Logicool MX Keys Miniと相性抜群

せっかくLogicoolの最高峰のマウスを購入したならば、最高のLogicoolのキーボードを用意しよう!ってことで、著者のおすすめはLogicool MX Keys Miniです。

Logicool MX Keys Miniの良い部分

  1. 最大3台のデバイス接続をワンタッチ切り替え
  2. オリジナルファンクションキー搭載
  3. 自動バックライト点灯
  4. ミニマルでスタイリッシュなのに機能的

本記事の3種のマウスと相性は抜群です。MX Keys Miniに関しての詳細は、以下のレビュー記事を参考にどうぞ。

Logicool「MX ERGO・ERGO M575・MX Master 3」比較【まとめ】

本記事は「【徹底比較】Logicoolマウス「MX ERGO・M575・MX Master 3」どれが良い?【MacBook・iPad向け】」について書きました。

「MX ERGO・ERGO M575・MX Master 3」の徹底比較

マウスって、こだわりだすとこれもまた沼りますね。

今まで色んなマウスを使用してきましたが、高くて評判の良いマウスにはそれなりの理由があるということ。

学生の頃はすぐに壊れるからと1,000円くらいのマウスばかり使用していましたが勿体なかったな、と。毎日作業をガンガンする人間は絶対にこだわった方が良いガジェットの1つがマウスと言い切れます。

こびぃ

今回比較記事を作っていて、改めて感じたよ!

1日たかが5分の作業短縮かもしれませんが、されど5分。ちょっと手首が楽になるだけかもしれませんが、毎日の「苦」からの開放はこれ以上ない「幸せ」に繋がります。

あなたも本記事をきっかけに最高の良き相棒マウスと出会えますように。ではまた!

MacBookおすすめマウスをまとめて確認する

本記事で比較したマウスはこれ

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時に普通に買い物をすると損をするので、

Amazonギフト券をチャージ > 通常通り欲しい物を購入する

上記の手順でギフト券をチャージしてからAmazonで買い物すると最大2.5%ポイント還元でお得になります。

amazonギフト券をチャージして買い物するとポイント最大2.5%還元できるボタン

\最大2.5%ポイント!/

amazonギフト券をチャージして買い物するとポイント最大2.5%還元できるボタン

\最大2.5%ポイント!/

【わかりやすく比較】Logicoolマウス「MX ERGO・M575・MX Master 3」どれが良いのか

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる