Xiaomi Miハンディクリーナーミニ レビュー|ミニマルデザインの小型掃除機「車用/デスク用」に最適

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • Xiaomi Miハンディクリーナーミニ【Mi Vacuum Cleaner Mini】について
  • 車内やデスク周りをラクに掃除できる掃除機のこと

毎回、車内の掃除に大きな掃除機を持ち運ぶのって大変ですよね。

自称キレイ好きのボクが超コンパクトスリムで重量たった500gの水筒サイズのパワフルなスーパー掃除機「Xiaomi Miハンディクリーナーミニ」を紹介していきます。

これまでは大きな掃除機を使用していた
上:著者の車用旧掃除機マキタ
下:著者の車用新掃除機Xiaomi

しかもXiaomiのデザインって本当にミニマルなモノが多いので車や家の中、デスク周りで使用していても違和感なく映える。

そして、今回の掃除機もいつもどおりクオリティが高くて今では手放せないアイテムになっっています。

こびぃ

めちゃくちゃ軽くて小さいのに吸引力がすごいから、本当に毎回掃除がラクだし楽しくなるよ!

それでは「Xiaomi Miハンディクリーナーミニ レビュー|ミニマルデザインの小型掃除機「車用/デスク用」に最適」を書いていきます。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • 車載用の小型掃除機を探している
  • デスク周りの小型掃除機を探している
  • パワフルなハンディクリーナーが欲しい
  • ササッと掃除したい
  • 水洗いしたい
  • スペースを取りたくない
  • ケーブルレスが好き
  • ミニマルデザインが好き
  • ガッツリ部屋の掃除をしたい
  • ケーブルありが良い
  • 激安掃除機が欲しい
目次

Xiaomi Miハンディクリーナーミニをレビュー【Mi Vacuum Cleaner Mini】

車・自宅・事務所などのちょっとした掃除に最適な「Xiaomi Miハンディクリーナーミニ」の特徴から見ていきます。

特徴

Xiaomi Mi ハンディクリーナーミニの特徴
出典:Xiaomi

Xiaomi Miハンディクリーナーミニの特徴はこんな感じ

Xiaomi Miハンディクリーナーミニの特徴
  • 気づいた時にサッと手に取りスッと掃除ができる
  • マットについてるチリや糸くずまでパワフル吸引
  • 軽量かつコンパクト
  • 標準モードと強力モードの2モード搭載
  • ダストカップとフィルターが水洗いできお手入れ簡単
  • 多様性ノズルで狭い場所・細かな目の部分の掃除もラクラク
  • 最大30分稼働のロングバッテリー
  • 本体充電は3時間
  • 車用・家・事務所など多様な使用方法が可能

小型掃除機としては、小さくてパワフルってのが正義。いつでもサッとすぐに掃除機を取り出して、スイスイっとキレイにすることができます。

スペック

Xiaomi Miハンディクリーナーミニのスペックはこちら▼

項目性能
製品名Mi Vacuum Cleaner Mini
吸引力13,000pa
重量約500g
サイズ267×55×55mm
インターフェースUSB-C×1
稼働時間標準モード:約30分
強力モード:約9分
バッテリーリチウムイオン

なんといっても500mlのペットボトルの重量13,000paの吸引力っていう「コンパクト軽量とパワフルの共存」が刺さるスペック。

こびぃ

しかもミニマルなデザインでこりゃ〜ボクみたいなシンプル好きにはたまらん。

開封

Xiaomi Miハンディクリーナー掃除機の外観

厚紙ベースのシンプルパッケージ。本体も外箱も白いため、非常に清潔感あり。

Xiaomi Miハンディクリーナーの側面にはアイコンや説明
Xiaomi Miハンディクリーナーの背面には中国語

側面にはなにやら掃除機の特徴を謳っているイラストが。背面もすべて中国語。

Xiaomiは、中国の大企業でスマホ・家電ブランド。非常に多くの国に進出していて海外では「中国のアップル」とよばれています。

Xiaomi Miハンディクリーナーを開封するとパーツやアタッチメントがぎっしり入っている

簡易半透明袋に包まれています。本機は強力なブラシレスモーター、そして2つの通気孔設計なので無駄なエネルギーを消費せずに掃除効率を向上する仕組みが施されています。

内容物

Xiaomi Miハンディクリーナーの内容物

内容物は以下の通り5点

内容物
  • Xiaomi Mi ハンディクリーナー本体
  • USB-C&USB-Aケーブル
  • 延長ノズル
  • ブラシ
  • 取り扱い説明書(全文中国語)

付属ケーブルがついているのは嬉しいですね。本体のインタフェースに合わせてしっかりUSB-C&USB-Aケーブルです。

Xiaomi Miハンディクリーナーの付属ケーブルはタイプC&USB-A
充電は付属のケーブルで大丈夫

本体外観

Xiaomi Miハンディクリーナーの先端を取ったら中の紙を抜く

最初はダストカップ部分にオレンジの用紙(簡易説明書)が入っているので抜き取るために、先端のダストカップをひねって取ります。

Xiaomi Miハンディクリーナーの先端は簡単に外れる

取れたダストカップのパーツをばらすとオレンジの用紙が取れるので、とれたらダストカップとフィルターを戻す。

本機のフィルターは「スチール製プライマリーフィルター」と「HEPA フィルターコア」による2層フィルター構造

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニのヘッド部分
ロック状態
Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニのロック解除時
ロック解除状態

ダストカップはロック式で側面パーツを上下にしてロック・ロック解除を行います。上に上げて画像で見えている赤い面が隠れている状態がロック。

コビロボ

カップの蓋が誤って開かないようにしっかり固定できるのはうれしいね!

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニをロック解除すると蓋が取れる

赤い状態だとロック解除中で、カパっとダストカップ部分が開きます。まさにワンタッチで片手でできるのがラクすぎる…

Xiaomi Miハンディクリーナーの先端にロックのデザインあり

ダストカップをひねると取り外して水洗いができます。戻す時ははめて、取る時と逆にひねるだけの超簡単アクション。

Xiaomi Miハンディクリーナーの電源ボタンは押し込むタイプで2段階

側面の※電源ボタンを押して2モードを駆使して掃除開始。

電源ボタン

  • 1度押し→標準モード(最大連続稼働は約30分)
  • 2度押し→強力モード(最大連続稼働は約9分)

デスクなどの上は標準モードで、車のマットなどは強力モードで使いたかったりするので2つの吸引モードを搭載してくれていることは非常にありがたい。

こびぃ

多くの小型サイズの掃除機は2段階で調整できないよね

Xiaomi Miハンディクリーナーの底面に充電ポートUSB-Cあり

本体の底面にはUSB-Cポートがあり、ここから付属ケーブルを使用して充電ができます。素直にUSB-Cで嬉しい…

Xiaomi Miハンディクリーナーを手に持つとこんな感じ

手にもつとこんな感じ。重量が約500gなのでちょうど細長い500mlの水筒をもっているかのような感覚になる。

Xiaomi Miハンディクリーナーの延長アタッチメント
延長ノズル
Xiaomi Miハンディクリーナーのブラシのアタッチメント
細かな部分を掃除する用のブラシタイプ

アタッチメントは連結可能なノズルが2つ付属していて、状況に合わせて本体に差し込むだけです。

Xiaomi Miハンディクリーナーはアタッチメント2つつけて使用できる

延長ノズルのみ挿して使用するもよし、ノズルの先端にブラシを挿して使用するもよし。

少し奥ばっている場所や細かな目の部分を掃除する時にはこのアタッチメント2種が大きく役立ってくれます。

Xiaomi Miハンディクリーナーの重量は約500g
約504g

重量は公称500g(実測504g)です。ペットボトル1本分の軽さなので、掃除中も重さが全く気にならない。もちろん苦にもならない。

縦横サイズは「267×55×55mm」これは本当に水筒サイズだ。

延長アタッチメントの長さは15cmほど

Xiaomi Miハンディクリーナーのアタッチ面の長さは15cm

延長ノズルのアタッチメントの全長は約15cm。

Xiaomi Miハンディクリーナーのアタッチメントの太さは3.7cm
Xiaomi Miハンディクリーナーのアタッチメントの厚みは1.6cm

横幅が約3.3cm、厚みが約1.6cm。車内や自宅のちょっとした隙間でも掃除できるので常にピカピカ空間へ。

実際に使ってみた

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニで車内を掃除してみた

小型ケーブルレスでパワフルなので、車内のマットも簡単にキレイになります。これは嬉しい。むしろボクはこのために購入しました。

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニで掃除前の車内

こんな砂利やチリたちもたった1分もあればキレイになります。

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニで掃除後の車内

今までの小型掃除機より、小型で力強く「塵やホコリが取れにくかったマット」が簡単にきれいになるなんて軽く感動。

こびぃ

今はXiaomiのMi ハンディクリーナーは車を掃除する時の相棒になったよ!

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニのダストカップを開けてゴミ出し

掃除後のチェックでは「砂利・ホコリ・髪の毛・チリクズ」をしっかり回収確認。

ノズルを使用するといろんなところを掃除できる

付属の延長ノズルとブラシノズルの組み合わせで、遠い場所から空調の細かい目の部分をソフトに吸い取ります。

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニで空調周りを掃除

見えるような傷などつけずに細かい部分の掃除が可能。

手元は延長ノズルを取ってブラシノズルだけで掃除もできる▼

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニは車内環境整備にとても相性良し

手元付近は延長ノズルを取って、掃除できます。

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニでCDチェンジャー付近もOK

ホコリでパタパタするアイテムより掃除機のほうが吸えるので、ハウスダスト持ちのボクとしてはかなりありがたい!(ひどいときは掃除後に鼻水止まらない)

本体充電は約3時間でフル充電

Xiaomi Miハンディクリーナーを充電するときはUSB-Aの充電器が必要

5V=2Aの10Wで本体を充電することができます。10Wだと昔のiPhoneの充電器のような充電器だと充電速度が足りませんCIO LilNob Shareのような10W以上出るUSB-Aポート搭載の充電器を用意しましょう。

Xiaomi Miハンディクリーナーの充電は約2~3時間
充電中は本体のインジケータが白く光る
こびぃ

10W以上の出力があるUSB-A搭載の充電器を用意してもフル充電まで3時間くらいかかるよ!

Xiaomi Miハンディクリーナーミニ の「良かった点・気になった点」

Xiaomi Mi ハンディクリーナーを数ヶ月使用してみて感じた「良かった点・気になった点」を順に書いていきます。

良かった点

先に良かった点はこちら

良かった点
  1. 500gで小型なのに吸引力は13,000Paのパワフルさ
  2. ミニマルデザインなので車内で使用したりインテリアとして置いてもダサくない
  3. 手軽にサッと掃除できる
  4. フィルターを水洗い可能

こんな感じで「ハンディクリーナー(小型掃除機)として必要な性能は全部保有している優れたアイテム。一つずつ見ていきますね。

1. 重量500gの小型タイプで吸引力は13,000paというパワフルさ

13,000Paがすごい!って言われてもピンと来る人はすくないでしょう。

どれくらいすごいかというと、3,000円〜1万円前後するコードレスハンディクリーナー の平均Paはというと、5000pa~6000pa。

つまり、上記の倍のpaがXiaomi Xi ハンディクリーナーミニ備わっています。それでもピンと来ない方のためにこちらをどうぞ▼

重量が約300gのiPad mini 6をいとも簡単に持ち上げることができます。コンパクト設計からは想像もつかない吸引力とパワフルさ。※iPad Air 4(500g)も持ち上がりました

しかも、コードレスで「チリ・ホコリ・糸くず・髪の毛」を根こそぎ吸い取ってくれます。

こびぃ

掃除機の吸引力って強くて困るより、弱くて困る場面のほうが多いからpa=吸引力が高いほうが良いに決まってる!

2. ミニマルデザインなので車内で使用したりインテリアとして置いてもダサくない

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニの置き場所

シックな車内に置いてもこんな感じ。こりゃ掃除すらカッコよく決まるってもんです。

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニは車内で使いやすい

Xiaomi Xiハンディクリーナーはリチウムイオンバッテリーを使用しています。車内に放置は発火などの恐れがあるので絶対にしないように。高熱になる季節は特に要注意。

リチウムイオンバッテリーの安全な取り扱い方を確認する※外部リンク(UAS 測量調査協議会)

Xiaomi Mi ハンディクリーナーミニはインテリアにも合う
出典:Xiaomi

超シンプルなデザインなので、PCデスク周辺に設置したりお部屋の隅に置いていても自然に溶け込むデザイン。

3. 手軽にサッと掃除できる

Xiaomi Miハンディクリーナーはサッと手に持てる

約500gの軽量かつコンパクトな本体。さらに持ちて近くのボタン一つで作動するシームレスなお掃除アクション。

気づいたらサッと本機を手にとり、スッと掃除ができる。

この手軽さはマジで病みつきになるので、一度体験してほしい。掃除嫌いが掃除を好きになるくらいの魅力を感じます。

4. フィルターを水洗い可能

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニは水洗いオッケイ
ダストボックス

先端部分のロックを解除して、カチッと取り外すだけで「フィルタ」「ダストボックス」が取り外せてそのままゴミをポイッ。

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニのステンレス部分も水洗い可
ステンレスフィルター部分

さらに水洗いでササッと1分もあればピカピカにキレイにできるので、簡単に掃除機を清潔な状態で保つことが可能。

Xiaomi Xi ハンディクリーナーミニは洗ったらキレイに乾かす
洗剤なしでピカピカ
コビロボ

1掃除1水洗いをしなくても、何度か掃除をして1回水洗いでキレイな状態を保てるよ!

気になった点

Xiaomi ハンディクリーナーミニの気になった点はこちら

気になった点
  1. 広告のノートPC持ち上げる力がなかなか怪しい
  2. 色味が選べない

順に見ていきます。

1. 広告のノートPCを持ち上げる力がなかなか怪しい

Xiaomi Mi ハンディクリーナーミニはノートPCを持ち上げる力あり
出典:Xiaomi

おおぉお!ってなったんですけど「これ本当に?」って勘ぐってしまい、「じゃあこれはやるっきゃない!」

ってなことで、実際にMacBook Pro 13インチ(重量約1.3kg)で実際に広告のようにやってみると

あがりませんがな。

どんなノートPCでも持ち上がるってわけではないのとノートPCを吸い上げることは辞めてくださいね。ノートPCが落ちちゃう危険性(リスク)あり。

2. 色味が選べない

これは完全にボクの趣味ですが、ブラックがよかった。

本機はホワイトしかないので「掃除機はブラックがいいんだ!」「ブラックが好きなんだ!」って方は残念ですよね。

とはいえ、カラーだけで「ミニマル」「パワフル」「コスパ良し」という魅力は捨てがたいのでボクはホワイトでも購入しました。

他のハンディクリーナーもあったけど「Xiaomi Mi」にした理由

AnkerとBaseus
左:Anker HomeVac H11
右:Baseus ハンディクリーナー

この通り、ガジェット・家電と言えばの巨匠「Anker」や最近メキメキと力をつけてきている「Baseus」からもハンディクリーナーが販売されています。

比較した上で、本機「Xiaomi Miハンディクリーナー」に決めた理由は次の通り。

製品名購入しなかった理由
Anker
HomeVac H11
5,500paしかなく吸引力不足を感じた
Baseus
ハンディクリーナー
5,000paしかなく吸引力不足を感じた
Xiaomi Miハンディクリーナーは13,000pa
コビロボ

やっぱり掃除機だから、吸引力が弱いのは厳しいよね…

価格がそこまでかわらないのに、パワーが半分以下になるのは厳しい。よって、パワーを比較した時点で「Xiaomi Xiハンディクリーナー」一択。

それでも「Anker」や「Beseus」のハンディクリーナーが気になる方はこちらから確認してみてくださいね。

Xiaomi Miハンディクリーナーミニ 小型掃除機のレビューまとめ

Xiaomi Miハンディクリーナーミニ レビュー|ミニマルデザインの小型掃除機「車用/デスク用」に最適」について書きました。

もう一度本機の「おすすめできる人」と「おすすめできない人」の確認をしておきます。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • 車載用の小型掃除機を探している
  • デスク周りの小型掃除機を探している
  • パワフルなハンディクリーナーが欲しい
  • ササッと掃除したい
  • 水洗いしたい
  • スペースを取りたくない
  • ケーブルレスが好き
  • ミニマルデザインが好き
  • ガッツリ部屋の掃除をしたい
  • ケーブルありが良い
  • 激安掃除機が欲しい

これまで車の掃除をするたびにコイン洗車場で有料で掃除機を借りていた方も「Xiaomi Xiハンディクリーナーミニ」があれば今後は不要。

わざわざ自宅から大きめの掃除機を引っ張りだしたり、カーチャージャーから電源を引っ張って掃除機を…とかそんな面倒なこともなくなります。

こびぃ

デート前のちょっとした車の掃除や他人を自宅へお招きする時に軽くサッと気になる部分だけ掃除する時なんかめちゃくちゃ便利なサイズ感!

事務所やデスク周りの使用も小型でパワフルなので取り回しが効きやすく使いやすいので、マルチに活用できますよ。

気になる方は、Xiaomi Miハンディクリーナーを一度チェックしてみてくださいね。

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入しよう!

Amazonで欲しいモノを購入する時に普通に買い物をすると損をするので、

Amazonギフト券をチャージ > 通常通り欲しい物を購入する

上記の手順でギフト券をチャージしてからAmazonで買い物すると最大2.5%ポイント還元でお得になります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる