TickTimeレビュー丨正六角柱の新時代デジタルタイマーはテレワークなどにオススメ!使い方は『倒す・立てる』だけ

こんにちは!コビガジェライフライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • TickTimeについて
  • 次世代デジタルタイマーについて
  • 便利なポモドーロタイマーのこと

TickTimeは新感覚/新時代のデジタルタイマーです。

生産性を爆上げさせるためのテクニック、今流行りのポモドーロ・テクニック用のタイマーといえる製品構造になっているTickTime。

人生生きていく上で、必ずしも必要かというと必要とはいいきれませんが、今の作業効率・環境をあげるために必要なアイテムかと聞かれると『TickTimeは必要・必須のアイテム』といえます。

TickTimeを購入するまではタイマなんてどこもそんなに変わらんだろうと思っていたのですが、そんなコトなかったです。

今こうやってブログを書いている時や本業のテレワーク時も、毎日の作業効率の良さを支えてくれるアイテムの1つになっているのでボクはもう手放せません。

こびぃ

ポモドーロ・テクニックをフル活用させるためのタイマーTickTime恐るべし。

では早速、本記事『TickTimeレビュー丨正六角柱の新時代デジタルタイマーはテレワークなどにオススメ!使い方は『倒す・立てる』だけ』を見ていきましょう。

カラーは2種類ありますが、どちらも同じカラーとのこと(Amazon質問欄で確認)安い方でOKです。

カラーは2種類あるが安い方でOK

Mac Book Air/Proと一緒に買うべきアイテムにも選出

>> MacBook Air/Proと一緒に買うべき周辺機器/アクセサリーのおすすめ20選はこちら

目次

TickTimeの製品仕様

早速「TickTime」のスペックから確認します。

TickTimeのスペック

商品名TickTime
メーカーPihen
役割デジタルタイマー
ポモドーロタイマー
カラー
バリュエーション
シルバー
電源LED
簡単
セットタイマー
3分、5分、10分
15分、25分、30分
手動タイマー
最大時間
〜99分99秒
重さ(約)58g
バッテリーリチウム
連続使用時間約10時間
バッテリー
充電時間
約3時間
充電端子Micro USB
価格5,990円税込み

連続使用時間が約10時間可能なので、在宅ワークで1日フル作業を行う時も十分対応できるバッテリー容量。

充電時間も3時間なので、少し用事を行う間に満充電可能。

少し残念なのが、充電端子がMicro USBってところ。USB-Cで全ガジェットを導入してほしいものですね。

特徴・ポイント

TickTimeの特徴は下記の通り

TickTimeの特徴
  • 面倒な開始・停止の操作が不要
  • 『倒す』だけの簡単操作で6種の最速タイマーセットが可能
  • 手動では最大99分99秒のカウントダウンセットが可能
  • タイマー終了時の音量調節が6段階可能(ミュートあり)
  • ミュート時は本体がほどよく光って知らせてくれる
  • コンパクトデザイン

コンパクトで重量も約58gかつ、音量調節がミュート含め6段階あるので自宅以外でも使用しやすいです。

カフェ作業時や図書館での勉強時にも音量だすことなくタイマーセットできるので外出時にも他者の目を気にしなくて良い設計。

個人的に、1番惹かれる部分はやはり連続使用が苦にならない最速でタイマーをセットできることですね。倒すだけでセットできて立てるだけでタイマーを止めることができるのは作業がめちゃくちゃ捗ります。

TickTime 次世代デジタルポモドーロタイマーの開封レビュー

すでに半年ほど、TickTimeを使用しています。開封写真は購入当時の画像になります。

外箱と内容物を見ていきますね。

外箱と内容物

外箱

TickTimeの外箱表面
TickTimeの外箱裏面

本体をそのままデザインしたような、パッケージ。

TickTimeの外箱横
側面

TickTimeの本体同様に、側面に数値が表示されています。

重量が58gとあって、軽い軽い!表面と側面には一切商品説明や特徴のアピールをしていないのもシンプルで良いですね。

内容物

TickTieの内容物
TickTime内容物
TickTieの充電はMicroUSB
USB-A to USB-C

TickTime本体の充電穴がMicro USBなので、本体形状に合わせてMicro USB to USB-Aのケーブルが梱包されています。色味は白。

TickTieの保証はお買い上げ日から6ヶ月

保証書には、お買い上げ購入時から6ヶ月の保証期間の記載あるので、購入後は保証書を要保管。

内容物
  • TickTime本体
  • Micro USB to USB-Aケーブル
  • 保証書

TickTimeの本体外観

本体上部と下部

TickTieの上部は磁石になっている
音量スピーカーが上部についている

一見アルミニウムのような素材感ですが、最近良くみかけるプラスチックシルバー塗装です。

指紋がつきやすいので、耐指紋コーティングなどは施されていない様子。

指紋が気になる方は、耐指紋コーティングを購入して塗布するのもありですね。

TickTimeの液晶面
下部は液晶パネル
TickTimeの液晶面説明
機能はシンプル

液晶パネルには、以下の通り4種類の表示があります。

  • 電池残量
  • 残り時間(タイマー)
  • 残り時間(ゲージ)
  • 音量

直感的に見やすい設計なのが良いですね。

液晶パネルの上部分に、充電するための端子Micro USBの穴があり、左ボタン:『音量DOWN、分』右ボタン;『音量UP、秒』が配置されており押しやすい物理ボタンです。

六面部分

TickTimeは時間設定が『3分5分10分30分25分15分』の六面ある

本体側面は、6面のタイマー時間がひと目でわかるように数字が表記されいます。設定したい時間を上にした状態すると、タイマーが始動する簡単設計。

全部で『3分、5分、10分、15分、25分、30分』。使用頻度が高いタイマーが設定されている印象。

こびぃ

手動で任意の時間でタイマーをかけることも可能だから使い方の幅は広いよ!

TickTimeの使い方

実際に使用している時の様子を確認しますね。

TickTimeのタイマー設定方法

基本タイマー使用方法

TickTimeを立てた状態 ⇨ TickTimeを任意の数字を上にして倒す ⇨ タイマースタート

上記の通り、倒すとすぐにタイマーがスタートします。

タイマーが鳴る前に止める場合はもう一度立てるだけ。

手動で任意のタイマー使用方法

TickTimeのタイマー設定方法は左右ボタンを押す

液晶部分を自分の方に向けて、左右のボタンをプッシュして任意の時間に設定します。

  • 左ボタン ⇨ 分
  • 右ボタン ⇨ 秒

ボタンで時間を設定したらあとはそのまま置くだけでタイマースタート。

TickTimeのタイマー終了時

タイマー終了時は下記のような音がなります。※音量注意!

TickTime終了時の音 ※音量注意!

そこそこの音量で違う部屋で鳴っていても気づくことができます。

個人的に、TickTimeタイマーの鳴り方で良いと思う点は、タイマーが鳴ってから5秒くらいで自動で消えること。

コビロボ

キッチンタイマーだと30秒から1分ほど鳴り続けているタイマーがあるよネ!

キッチンタイマーはキッチンでの使用が前提にあるので、どうしても火元安全面からタイマーの音の自然消滅までの時間が長いから自分でボタンを押して消さないといけないのがキツイんですよね。

こびぃ

TickTimeは音が消えてほしいな〜って思ったタイミングで自動でタイマー音が消えるのが最高!

TickTimeの音量調節方法

音量の調節も簡単に左右の物理ボタンを押すだけ。※音量注意!

TickTime音量調節 ※音量注意!

タイマーを起動している状態で、左右のボタンで音量調節が可能。

  • 左ボタン ⇨ 音量ダウン
  • 右ボタン ⇨ 音量アップ

ミュートまで音量が設定できるので、外出時の作業時にも使いやすい。

こびぃ

ボクはブログを書く時にカフェ作業時なんかにかなり役立ってるよ。オススメは25分作業、5分休憩

TickTimeはブログ作業時にも抜群の相性を誇る

自宅で作業するときも毎日かなり役立っています。

TickTimeの保管場所

コンパクトかつ音量スピーカーがある面に磁力があるので、置き場所にはこまりません。

TickTimeの磁石面はモニターアームの下に保管
モニターアームの磁力部分

ボクは普段モニターアームにつけて保管しています。

下部がちょうど磁力になっているので、ピタッとくっついて収まりがいいんですよね。そのままPC作業時にサッと取り出せるので。

冷蔵庫にもぴったり付きます。

Amazonの口コミで、磁力が冷蔵庫に弱くてつかない!」って書いていましたので、もしかしたら冷蔵庫によってはつかないかもしれません。

こびぃ

ボクが使った感じでは磁力が弱いと感じないね!とはいえ、めちゃくちゃ強いわけではない。ちょうど良い磁力って感じ。

TickTimeを購入してから変わった部分

  • 煩わしいタイマーの設置
  • 作業効率のアップ

TickTimeを導入して大きく変わった点は上記2点。この2点かわるだけでも、作業QOLがバク上がり。

TickTimeを導入前のタイマーは主に下記の3種類使っていました。

TickTime導入前のタイマーの様子

アレクサ
キッチンタイマー
Apple Watch
  • アレクサ:反応がそこまで早くないのと、一回ずつわざわざ話かけるのが面倒だった。さらに、夜はミュートで作業したいボクとの相性が悪かった。
  • キッチンタイマー:一回ずつ物理ボタンを押すのが面倒だった。あとタイマー音量が大きすぎるのと勝手にタイマーが切れるまで30秒鳴り続ける。
  • Apple Watch:1番しっくりきていて、シームレスかつレスポンスが早いため使い勝手はよかったが連続で使用しつづけると電池がすぐになくなる。

上記3つのタイマーは、導入のメリットよりデメリットが上回っていると感じたので、ボクのライフスタイルにはTickTime導入が正解でした。

カラーは2種類ありますが、どちらも同じカラーとのこと(Amazon質問欄で確認)安い方でOKです。

カラーは2種類あるが安い方でOK

TickTimeを長期使ってみた感想『良かった点・気になった点』

購入から、半年間TickTimeを毎日使用して感じたことを『良かった点・気になった点』で分けて、以下の通り記します。

良かった点
  • 設定したい時間を上にして倒すだけのシームレスタイマー設定
  • タイマー終了後5秒くらいで自動でタイマー音消える
  • 6面のタイマー『3分、5分、10分、15分、25分、30分』でほぼ事足りる
  • 99分99秒までのタイマー設定も物理ボタン操作で可能
  • 音量調節がミュート含め6段階ある
  • 作業ストレスが軽減されるため作業効率・QOLが上がる
  • ミュート設定ができるのでカフェなど外で作業時にも気にせず使用可能
  • 趣味のブログ作業時間が大幅短縮

個人的にはブログの書き上げる時間が早くなったことが非常にメリット。どれくらい早くなったかは下記の通り。

約5,000文字書き上げる時間(文字のみ)

ポモドーロ導入前:2時間00分(休憩なし)

ポモドーロ導入後:1時間45分(インターバル5分休憩込み)

こびぃ

冗談抜きで、タイマー導入後に作業スピードバク上がりで、休憩の5分でストレッチしたり、簡単な掃除をして身体を動かしてスッキリするよ!

1記事5,000文字で15分短縮なので、単純計算で10記事で150分は時間短縮を実現することが可能になります。

上記のことから、TickTimeはパソコン作業効率化のアイテムとしてえらばれています。

気になった点
  • 値段が高い
  • 指紋が付きやすい
  • フル作業で2日分充電が持って欲しい
  • 充電端子がMicro USB

気になった点について

どこまでいってもタイマー仕様なので、タイマーに5,000円〜6,000円は安いとは言い難い価格。

ボク個人としては値段を上回る価値を感じましたが、人によるかな?というのが正直な印象。使用する頻度が低かったり、連続使用しないのであれば値段を上回る価値は感じにくいアイテム。

耐指紋コーティングが施されていないため、指紋は気になる人には気になる。ボクはあんまし気にならないけど。

10時間バッテリーが持つのですが、連続で8時間使用したりすると、翌日充電が持たないので1日1度の充電が必須。2日勤務分の16時間もつと個人的にはありがたい。

充電端子Micro USBはやっぱりUSB-Cであってほしい。と切実に願ってしまう問題。そろそろ全ガジェットの充電端子はUSB-Cにしてほしい!

TickTimeをおすすめできる人・おすすめできない人

おすすめできる人
おすすめできない人
  • オシャレガジェットが好き
  • シームレスアクセスが可能なタイマーが欲しい
  • 作業効率を爆上げしたい
  • 細かな音量調節機能が欲しい
  • 外出時に使用可能なタイマーが欲しい
  • 充電式タイマーが欲しい
  • 安いタイマーが欲しい
  • 物理ボタンタイプのタイマーが欲しい
  • 充電端子がMicro USBが嫌

TickTimeのAmazon口コミ/評判はかなり良いですが、サクラではなく本当に良かったです。上記のおすすめできる人に該当するなら購入して損はないタイマーです。

逆にTickTimeをおすすめできない人におすすめできるタイマーは何があるのか。解決方法は下記の通り。

TickTimeをおすすめできない人の解決するためのタイマー

こびぃ

シンプルでミニマルかつ安いデジタルタイマーはdretecがあるよ!ミュート設定もできるタイマー!

created by Rinker
dretec(ドリテック)

TickTimeおすすめの使い方

ポモドーロタイマーとして活用するためのタイマーと言って過言ではありません。ボクのおすすめの設定時間は下記の通り。

25分作業 ⇔ 5分休憩

こびぃ

作業効率がほんまにバク上がりするよ!!

TickTime正六角柱の新時代デジタルタイマーレビューまとめ

TickTime
新時代デジタルタイマー

Good

・新感覚のシームレスタイマー

・作業効率が爆上がり

・6段階の音量調節

・外で作業時に使いやすい設計

・手動で99分99秒設定可


Bad

・安くはない

・充電端子がMicro USB

使用感
10
デザイン・質感
8.5
価格
6.5
オススメ度
8

ボクはTickTimeを作業アイテムとしてどうにゅうしてからブログ執筆時間も30分から1時間くらい短縮されています。

継続するごとに短縮される時間が積み重なっていくことを考えると約5,000円の投資は安い買い物。価格が価格なので、短期間しか使用しないのであれば、正直購入はおすすめできません。

これから何かを始める人や長期的に今の作業効率を上げたい方だと、間違いなく価格以上の価値を感じることができるガジェットアイテムです。

ポモドーロタイマーを手にして快適かつ効率的な作業環境を手に入れていきましょう。

カラーは2種類ありますが、どちらも同じカラーとのこと(Amazon質問欄で確認)安い方でOKです。

カラーは2種類あるが安い方でOK

Mac Book Air/Proと一緒に買うべきアイテムにも選出

>> MacBook Air/Proと一緒に買うべき周辺機器/アクセサリーのおすすめ20選はこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる