【体験談ブログ】スマホに保険はいらない?入るべき?本当に必要なのか徹底解説

スマホ保険はいらない

この記事でわかること

新たにiPhone・Androidといったスマホを購入したけど、スマホ保険って必要だよね?でも調べるといらない!って意見もあるけど本当なのかな?

このようにNEWスマホを手に入れると「スマホ保険」いらないのか入るべきなのか、色々情報があって迷いますよね。

ボクは、iPhoneを10年以上使用していて、以前はApple Care+に加入していました・・・・・・。しかし、不要だと思い解約した過去があります。

で、今スマホ保険に加入しているかどうかですが、何度か故障して高額修理費を支払ってから「スマホ保険は必須だわ!」って考えになり、現在はスマホ保険人気No.1のモバイル保険に加入中。

本記事では、なぜボクがモバイル保険にしたのか理由もあわせて、スマホ保険がいらないのか必要なのかについて書いていきます。

スマホ保険に加入すべきかどうか悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

目次

スマホ保険はいらない?入るべき?

スマホ保険にはいるべきかどうか

結論 スマホ保険は入っておくべき

上記の結論理由について解説します。

スマホ保険が必要か、不要かの議論をすると必ず「いる人」「いらない人」の意見がでます。

「スマホ保険がいらない!」って答える人の大半の人は

  • スマホの画面を割ったことがない人
  • スマホが故障して修理したことがない人

の意見です。

そこで、スマホの黎明期から所持していて、何度も「画面割れ」「修理割れ」しているこのボクが、スマホ保険はいらない!と言っている人の意見を論破しましょう。

スマホ保険に入るべき理由

  1. 近年の物価上昇による修理費用の高騰
  2. スマホ保険はいらない!って言ってる人の意見は間違った意見
  3. スマホが故障した時の一括修理費はメンタルにも財布にもダメージ
  4. スマホ保険に加入していると修理費が0円〜高くても1万円

順に確認します。

入るべき理由①:近年の物価上昇による修理費用の高騰

不安定な世界情勢による原材料価格の上昇に影響を受け、ここ数年スマホ修理費用も値上がりしています。

物価上昇だけに限らず、今後も修理費用が上がると予想されるため、今後さらにスマホ修理費用が高額になる可能性が非常に高いです。※保険未加入時のiPhone13の場合、「画面割れ」で修理費用が36,680円

スマホ保険に加入していると、修理費が高騰し、突然の故障時に高額な修理代を払うリスクがなくなります。

入るべき理由②:スマホ保険はいらない!って言ってる人の意見は間違った意見

スマホ保険が必要ないと言う人は、ほとんどの人がスマホを故障・修理をしたことがない人の意見

スマホの故障・修理をしたことがないということは、スマホ保険加入のメリットや保険がないリスクを知らないんですよね。

それもそのはず、スマホを故障させた経験があり、高い修理額を見たことがある人じゃないとスマホ保険のメリットに気づけません。

保険加入のメリットは、「数万円下手すると10万円などの高額な修理費用を補償してもらえる」こと

スマホを壊したことがない人、壊れても修理に出した経験がなく費用が高額だと知らない人が、スマホ保険は必要ないと考えている場合が多いです。

スマホ保険に加入している人は満足度が高い

保険会社が提供しているスマホ保険加入者の満足度は70.3%というデータがあります。
参考【格安スマホのiPhoneユーザー調査】23.8%が端末保証や保険に加入

故障した時に、スマホ保険に加入していれば「3万円以上の修理費用を0円〜1万円代」に抑えられるでしょう。

スマホの画面を一度でも割ったり故障を修理すると保険の必要性がわかる

「画面割れ」や「水没」など、スマホが壊れてから修理費用が3万円以上もかかることを知り、スマホ保険に入っていればよかったと後悔する人が多いです。

そういった事態を避けるためにも、あらかじめスマホ保険に入ることをおすすめします。

新品のスマホでも、すぐに画面が割れてしまうことも。最悪な状況を避けるためにも、スマホを購入したタイミングで保険に入っておくと安心できますよ。

入るべき理由③:スマホが故障した時の一括修理費はメンタルにも財布にもダメージ

スマホ保険に加入しておけば、故障した時にあらゆるダメージを最小限に抑えられます

保険未加入時の高額な修理費用の支払いは、メンタルや財布にも大きなショックに。

急な出費に数万円かかってしまうことを想像するだけでも心が痛くなります。

こびぃ

自分は、保険未加入時に修理額が高すぎて、その月の小遣いがなくなり半泣きだったよ…

高すぎて買い直し
修理費高すぎて、それならってことで新調することに…

ちなみにボクが起こした修理で一番多い画面割れの修理は、3万円〜4万円(iPhoneの場合)

この金額はちょっとした国内旅行へ出かけたり、お掃除ロボットなどが買えるくらいの金額で痛すぎました。

万が一の時にショックを抑えるためにも、スマホ保険があると安心材料の1つになります。

入るべき理由④:スマホ保険に加入していると修理費・自己負担額が0円〜高くても1万円

スマホ保険に加入することで高額なスマホの修理費を避けることができる

高額修理を払いたくないはず。

だからといって、なんとなくスマホ保険に加入すると月額費がかかりモヤモヤするので、保険がある場合と無い場合の修理費を知りたいですよね。

そこで、本来保険に加入していない場合のiPhone 13の「画面割れ」と「その他故障」時の修理費用を確認しましょう。

保険未加入時のiPhone 13修理費

  • 画面割れの修理費
    36,680円
  • その他故障時の修理費
    57,980円

iPhoneの修理費はかなり高額なことがわかります。

iPhoneの画面割れ
この瞬間、スマホ保険はいっててよかったになる時
ちなみにこのときはスマホ保険入ってなくて泣きました

実際にボクも保険入っていない時に修理にだして、あまりの修理費用の高さに目ん玉飛び出そうに。

しかし、この高額すぎる修理費、スマホ保険に加入していると以下のとおり修理費はほぼ補填されるんです。(※自己負担額は保険によってかわる)

自己負担額とは

スマホが故障して修理に出した際にかかる手数料のようなもの。(自己負担額=免責額)

保険名称iPhone 13
画面割れの
修理費
iPhone 13
その他故障の
修理費
docomo
キャリアの
保険代表
修理費0円
自己負担額
→5,000円(上限)
修理費0円
自己負担額
→5,000円(上限)
Apple Care
メーカーの
保険代表
修理費0円
自己負担額
→3,700 円(固定)
修理費0円

自己負担額
→12,900 円(固定)
モバイル保険
保険会社の
保険代表
修理費0円
自己負担額
0円
修理費0円

自己負担額
0円

修理費の比較表をまとめると次のとおり。

  • 「docomoケータイ補償サービス」は、自己負担額が上限5,000円と良心的
  • 「Apple Care+」は、自己負担額は最大12,900円とやや割高保険
  • 「モバイル保険」は、自己負担額0円という超良心的

自己負担額は安ければ安い方が良い

こびぃ

モバイル保険の自己負担額0円は、他のスマホ保険より目を引くよね!

更にモバイル保険は、月額700円とランニングコストも安く、補償範囲も広いため、スマホ保険ではダントツの人気を誇っています。

コビロボ

シェア率No.1で人気のスマホ保険だけあるね!

【選び方】コスパの良いスマホ保険を選ぶべき

コスパが良いスマホ保険にしよう

本記事のこれまでの内容で、どれだけスマホ保険が必要かご理解いただけたと思います。必要だからといって、スマホの保険はどんな保険でも良いとは限りません。

スマホ保険に加入する場合、月額料金や補償範囲を比較して、自分に合ったスマホ保険を選ぶことが大切です。

ゆえにここでは「人気+有名+評判良い」から厳選した以下のおすすめスマホ保険6選↓を紹介します。

  • モバイル保険
  • スマホの保険証
  • AppleCare+
  • キャリア3社(docomo・au・SoftBank)

これらについて「月額料金・修理費・免責・補償範囲・サービス」を比べてまとめました。

スマホ保険加入時の「月額費・修理費/自己負担額・補償台数」を比べてみた

スクロールできます
月額料金
比較表
モバイル
保険
スマホの保険証
ライトプラン
スタンダードプラン
Apple Care+・docomo
・au
・SoftBank
月額料金700円550円
900円
403〜1,136円363円〜1,100円

418〜726円

550〜715円
修理時
自己負担額
なしあり

あり
ありあり

あり

あり
補償台数3台1台

5台
1台1台

1台

1台

比較すると、「モバイル保険」がダントツでコスパが良い保険という結果になります。

モバイル保険とスマホの保険証は月額費が安くコスパ良し

mysurance モバイル保険
人気のスマホ保険
モバイル保険・スマホの保険証
  • モバイル保険
    月額700円でモバイル端末3台まで補償修理時の自己負担額も0円なのが魅力で自分一人、家族でまとめて入るとコスパ最強
  • スマホの保険証
    5台まで補償してくれるスタンダードプラン(月額900円)と1台のみ補償をするライトプラン(月額550円)プランから選べる
  • Apple Care+
    →1台ずつしか保険にはいれないためコスパはよくないですが、iPhone購入時に同時に手続きできラク
  • キャリア3社スマホ保険(docomo・au・SoftBank)
    →1台ずつしか保険にはいれないためコスパはよくないですが、保険と通信費の支払いをまとめて管理できラク

特に重要なのが、スマホを故障させた場合に必要な自己負担額。

モバイル保険が0円に対して、その他の保険は自己負担額が3,000円〜10,000円かかります。

「月額ランニングコスト」「自己負担額」などのコスパ視点だとモバイル保険の右に出るものはいません。

こびぃ

保険って月額費、補償範囲、自己負担額のバランスが大事だけど、そう考えるとモバイル保険が一番優秀だね!

月額費・自己負担額で最も優れている保険

「モバイル保険」が一番コスパが良くおすすめできるスマホ保険。月額700円で端末3台まで補償、修理時の自己負担額もなし

スマホ保険加入時の「補償範囲・サービス」を比べてみた

スクロールできます
補償範囲・
サービス
比較表
モバイル
保険
スマホの保険証
ライトプラン
スタンダードプラン
Apple Care+・docomo
・au
・SoftBank
画面割れ
本体破損
故障
水漏れ
修理不能端末×
紛失××
盗難

補償範囲を比較すると以下のとおりです。

  • モバイル保険
    補償範囲は広いですが、“紛失”時は補償対象外なのでよく無くすような人は要注意
  • スマホの保険証
    →ほとんどの修理に対してカバーできる補償範囲が最高クラスのスマホ保険です
  • Apple Care+
    修理不能端末や紛失は基本対象外になるので基本的な補償範囲のスマホ保険
  • キャリア3社スマホ保険(docomo・au・SoftBank)
    補償範囲が広く修理不能端末に対しても端末状況や内容によっては補償が可能
補償範囲で最も優れている保険

「スマホの保険証」が最も幅広く補償してくれるスマホ保険です。修理不能と紛失どちらも対応しているのはスマホの保険証のみ

>>

比較した結果のまとめ

保険サービス名公式リンク基本
月額料金
iPhone13 Pro
月額料金
登録端末台数画面割れ
本体破損
故障
水漏れ
修理不能端末紛失盗難画面割れ時
自己負担額
その他故障時
自己負担額
おすすめランキング1位
モバイル保険
モバイル保険
公式サイト700円(非課税)700円(非課税3台対応対応最大25,000円
購入価格の金額が上限
不可対応0円0円
おすすめランキング2位
スマホの保険証
スマホの保険証
公式サイト550円/900円(非課税)550円/900円(非課税5台対応対応最大100,000円
※端末価格の50%補償
対応最大100,000円
※端末価格の50%補償
対応修理費用の30%
※上限10,000円
修理費用の30%
※上限10,000円
おすすめランキング3位
docomoスマホ保険
ケータイ補償
サービス
公式サイト550円~1,100円(税込)
※端末による
1,100円(税込)1台対応状況・内容による対応対応購入から1年間無料
2年目以降上限5,000円
購入から1年間無料
2年目以降上限5,000円

Softbankスマホ保険
あんしん保証
パックプラス
公式サイト979円〜1,309円(税込)1,309円(税込)1台対応状況・内容による対応対応3,700円(税込)最大12,900円(税込)
auスマホ保険
故障紛失サポート
公式サイト777円〜1,309円(税込)1,309円(税込)1台対応状況・内容による対応対応3,700円(税込)最大12,900円(税込)
Apple Care+
Apple Care+
公式サイト480円〜1,250円(税込)1,250円(税込)1台対応不可※対応(一部プラン)対応3,400円(税込)12,900円(税込)

おすすめスマホ保険を比較した結果

「モバイル保険」の“月額700円とコスパの良さ・補償範囲の広さ・自己負担額0円”は他のスマホ保険にはないの好条件でした。よって、スマホ保険に加入するなら多くの人に「モバイル保険」をおすすめします。

補償範囲が幅広いのは「スマホの保険証」ですが、修理時に自己負担額が発生します。(修理費の30%で上限10,000円)

その為、コストパフォーマンスの観点からみるとスマホの保険証は少しマイナス評価に。

その他の保険も月額費が高かったり、自己負担額が高かったりするのでキャリアスマホと同じ場所で加入したい!って人以外はおすすめできません。

「モバイル保険」は比較すればするほど、スマホ保険の業界シェアNO.1であることに納得できる、コスパと補償内容の良さが際立つ保険でした。

こびぃ

コスパの良さ・補償範囲の広さが決め手となり、ボクはモバイル保険にお世話になってるよ!これまで大きなトラブルもなく評判通りの良質保険!

詳しくはこちらで解説しているので参考にどうぞ。

関連 【最新版】モバイル保険の評判・口コミ情報!メリット・デメリット・補償範囲を徹底解説

スマホ保険でよくある質問【FAQ】

スマホ保険の加入率を知りたい

国内スマホ保険の加入率は約50%です。2人に1人何かしらのスマホ保険に加入しています。

スマホ保険はバッテリー交換できるの?

Apple Careはバッテリー交換に対応していますが、その他の多くのスマホ保険は非対応です。

一言付け加えると、バッテリー交換は、修理屋で数千円あれば交換できるのでそこまで重要ではありません。

スマホに保険はいらない?入るべき?結果は必要だった【まとめ】

スマホ保険は必要ないと言われていますが、そんなことはなく、やっぱりスマホ保険は入るべきでした。理由は以下のとおり。

スマホ保険に入るべき理由

  1. 近年の物価上昇による修理費用の高騰
  2. スマホ保険はいらない!って言ってる人の意見は間違った意見
  3. スマホが故障した時の一括修理費はメンタルにも財布にもダメージ
  4. スマホ保険に加入していると修理費が0円〜高くても1万円

スマホ保険加入に対して、否定的な意見もあるでしょう。

しかし、スマホ保険が必要ないという人は故障したことがなかったり、修理費が数万円〜と高いことを知らない人が多くその人達が意見を述べているのが実態です。

せっかくスマホ保険医加入するなら、保険内容や価格のバランスが良く業界シェア率No.1のモバイル保険をぜひ検討してみてください。

モバイル保険の特徴は以下のとおり。

モバイル保険の特徴
  • 料金は月額700円で、日割りにすると1日約23円
  • 1契約で最大3台までのモバイル端末が補償対象で、携行品を複数持つ人におすすめ
    ※家族端末も可
  • 修理費用保険金として年間最大10万円まで補償
  • 「落下破損」「水没」「盗難」などの幅広いトラブルで補償サービスが受けられる

モバイル保険だと、「3万〜4万円の高額な修理費を突然支払わなければならない」と言ったリスクを避けることができます。しかも自己負担額が0円で。

保険未加入で高額な修理費の支払いは、メンタル的にもお財布にもダメージが大きいですよ。

スマホが壊れてから後悔しないためにも、ぜひ検討してみてくださいね。

モバイル保険は、たった月額700円でデジタルデバイスを保障してくれるガジェット全般の保険です。

ドコモなどのキャリア保険やApple Careのようなメーカー保険よりも格安でさらに最大3台まで対象デバイスを登録できます。

ボクはApple製品を多く所持していますが、保険はモバイル保険でまとめていて安心+ラクで本当におすすめ。自身のデバイスが保険加入期間内のうちに登録しましょう!

>>

\月額700円で新型もOK!/

1年以内の購入端末も3台までOK!

スマホ保険はいらない

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ
一番上へ
目次
閉じる