Simplism BookSleeve 薄型スリーブケースレビュー|MacBook Pro 14インチをケースに入れたまま充電+スタンドになるマルチケース

Simplism MacBook Pro 14インチケースレビュー

MacBook Pro 14インチが発売されてはや数ヶ月経ちます。

こびぃ

14インチサイズのMacBook専用ケースが充実してこないなぁ…

って思っていたところ、非常によさそうなケースをご提供いただきました。

この記事で分かること

  • Simplism BookSleeve 薄型スリーブケースの使用感/レビュー
  • ケースに入れた状態で充電ができ、なおかつクラムシェルモードにできるケース
  • ギミックが豊富で実用性とシンプルデザインを兼ね備えたケース

ボクはこのケースのおかげさまでMacBook Pro 14インチの環境をより良くすることができました。もちろんメリット意外にもデメリットもありましたので、忖度なく書いていきます。

では、「Simplism BookSleeve 薄型スリーブケースレビュー|MacBook Pro 14インチをケースに入れたまま充電+スタンドになるマルチケース」を見ていきましょう。

\2022年3月22日(火)まで予約注文受付/

登録も含めて3分あれば購入可能

本記事はトリニティ様より製品提供いただき作成しています。

目次

MacBook Pro 14インチ専用Simplism BookSleeve 薄型スリーブケースレビュー

MacBook Pro 14インチのケース難民の救世主になりそうな「Simplism BookSleeve 薄型スリーブケース」の特徴から見ていきます。

1分でわかる特徴

Simplism MacBook Pro 14インチケースの特徴
MacBook Pro 14インチ専用ケース『Simplism』の特徴
  • クラレ開発の防水性・耐久性に優れたクラリーノ生地を採用
  • PU素材ながら自然なシボ感を演出
  • マグネットロック機構でフタが勝手に空いて落下リスク低下
  • 目立ちにくいスリット搭載でケースに収納しながら充電可
  • スタンド機能つき

MacBook Pro 14インチのための多機能ケース。内側は日本のメーカー株式会社クラレが開発したクラリーノ生地がチープな合皮とは異なるこだわりある素材で、実用性+高級感を演出してくれています。

こびぃ

表面に使われているPU素材って安っぽく見えがちだけど、シボもきれいにはいっているからパッと見た感じはオイルをしっかり入れた本皮ケースのような雰囲気があるよ!

スペック

項目詳細
メーカートリニティ株式会社
商品名Simplism BookSleeve
薄型スリーブケース
役割MacBook Pro 14インチ専用ケース
重さ380g
サイズ252 × 345 × 17mm
材質人工皮革
対応MacBookMacBook Pro 14インチ
(M1 Pro/ M1 Max)
カラーバリュエーションブラック・ワインレッド・ピンク

スペックには表れない「ギミック」が便利なケースがSimplism BookSleeve 薄型スリーブケースです。

こびぃ

ギミックに関してはあとで『良かった点』で細かく伝えるね!

外観/デザイン

Simplism MacBook Pro 14インチケースの外側
表面

トリニティのオリジナルブランド「Simplism」がキラリと光っています。遠目では、見た目は普通に良い。シボが良い味をだしているな〜と感じます。

こびぃ

ロゴの先頭に『+』がついている理由は、シンプルの中にもプラスがあるってコンセプトを表現しているから!

Simplism MacBook Pro 14インチケースの裏面
背面

背面には、Simplism BookSleeve 薄型スリーブケースのギミックの1つ「折りたたみ線」が入っています。この線のおかげで、MacBook Pro 14インチ収納時により便利な仕組みへ繋がっています。

高級なシボ感演出で良い意味でらしくないPU素材

Simplism MacBook Pro 14インチケースのさわり心地はいかにものPV感はあり
ツヤ感あり

素材にSimplismオリジナル「プレミアムスキン」を採用していることもあり、感触はなめらかで、息をしている本皮のよう。きれいなシボがまたいい味を出していて高級感を演出。

サイドのスリットと背面の折りたたみ線で実現「大きな入り口」

Simplism MacBook Pro 14インチケースの内側
この折りたたみ線がいい仕事するんだわ

よくあるスリーブケースより大きく開く部分が特徴的なケースで、これが想像以上に便利。簡単に収納できるのは急いでいる時にも助かります。

コビロボ

ちなみに内側に使われている素材が「クラリーノ」っていう防水性・耐久性に優れたスエード生地だよ!

Simplism MacBook Pro 14インチケースの内側はむけることができうr
ガバっとあいてシームレスなアクセスが可能

側面にスリットと背面の折りたたみ線があるからこそ実現した、収納時や取り出し時に便利な開口部分になっています。薄型設計なのでマチがないケースですが、このギミックのおかげで問題なし。

こびぃ

特に取り出す時が便利!

MacBook Pro 14インチを取り出す際の様子

Simplism MacBook Pro 14インチケースにMacBook Proを入れ安さはオレ目
Simplism MacBook Pro 14インチケースの収納時にめくっている感じ
途中でケースが開くことによって…
Simplism MacBook Pro 14インチケースにMacBook Proを出し入れ途中
スパッと取り出し可

こういうレザータイプのケースって「ギュッギュ」と両サイドから徐々にゆっくり取り出すのが面倒だったりしますよね。本製品は画像のとおり、少しMacBook Proを出すと、ケースを折りたたんでガバっと開口部分を広げて一気に取り出すことができます。※収納時は逆

こびぃ

レザーケース系で、いつもちょっと感じるストレスを取っ払ってくれてた製品だと感じる!

サイズ/重量

Simplism MacBook Pro 14インチケースとMacBook Proのサイズを重ねる

MacBook Pro 14インチよりちょうど一回り大きなサイズ感。

Simplism MacBook Pro 14インチケースは問題なくバックに収納できる
マチが小さいバックパックの収納部分にも無理なく入る

重量は380gなので、ケースとしては重たくもなく軽くもない標準的な重量です。素材がムダにゴワついていないので、バックパックのマチがない収納部分でも収納可能。

サイズ/重量
  • 横幅:345mm
  • 奥行:252mm
  • 厚み:17mm
  • 重量:380g

\2022年3月22日(火)まで予約注文受付/

登録も含めて3分あれば購入可能!

Simplism BookSleeve 薄型スリーブケースの良かった点

Simplism BookSleeve 薄型スリーブケースの良かった点(メリット)を確認していきます。

メリット
  • 高級感のあるプレミアムスキン
  • ムダな厚みがない
  • ケースに入れた状態で充電可
  • MacBook Pro 14インチを収納時と取り出す時がラク
  • ムダな厚みなしでマグネットロック搭載

高級感のあるプレミアムスキン

Simplism MacBook Pro 14インチケースの表面素材
手触りは合皮に近い感じ

PU素材の作られた感って、どうしても気になるところ。

本ケースは、さっきも書いたようにシボ加工の巧さとプレミアムスキンを採用したPU素材なので、よくあるチープな素材とは一線を画しています。

こびぃ

MacBook Pro 14インチのカッコよさを損なわないケースだね!

ケースに入れた状態で充電可

Simplism MacBook Pro 14インチケース+MacBook ProでMagSafe挿した状態

ケースの側面にスリットが入っていて、そこからMagSafe充電やUSB-Cポート、HDMI端子にダイレクトに接続ができます。これは非常に嬉しい方が多いハズ!

ケースに入れた状態でクラムシェルモードが可能

Simplism MacBook Pro 14インチケースをスタンドに置いた状態
最高オブ最高

MagSafe充電に直接指すことが出来ることにより、ケースに入れた状態で充電しながらクラムシェルモードが可能に。

これって、高級レザーケースのNOMADケースと同じなんですよね。この機能はずーーーーーっと欲しかったから、めっちゃくちゃ嬉しい。

M1 Proチップなので普通に長時間ケースに入れて充電しながら使っていても全く熱くならない。最高すぎる

Simplism MacBook Pro 14インチケースとMacBook Proのケースがあればスタンドに入れながら充電できる

出かけるときが本当にめちゃくちゃラク。ケースに入った状態なので、スッとスタンドから抜くだけでOK!

こびぃ

個人的にはこのメリットが一番気に入ってるよ!

【注意】スタンドによっては収納できない

MacBook用のスタンドって、ケースに入れていないこと前提に作られているので、ケースに入れた状態だと収納できないスタンドがあります。

そこで収納できるスタンドとできないスタンドの一例を紹介。ポイントはスタンドの幅調整があるかないか、です。

固定されたスタンドだと難しい
スタンド幅調整がないスタンドは✕

Rain Design 10038 mTower

Satechi ユニバーサル バーティカル アルミニウム ラップトップスタンド レビュー
スタンド幅調整機能があるスタンドは○

Satechi Universal VerticalLaptop Stand

Satechi ユニバーサル バーティカル アルミニウム ラップトップスタンドのつまみでサイズ調整できる
Satechi スタンド

SatechiのMacBookスタンドだと、サイズ調整機能がついていて、1,2cm~3.1cm幅の調整が利く。

よって、ケースに入れていても不具合なし。

これを機にスタンドを見直すなら、MacBookおすすめスタンドの1つSatechi ユニバーサル バーティカルアルミニウムラップトップスタンドを確認してみてくださいね。

MacBook Pro 14インチを収納時と取り出す時がラク

Simplism MacBook Pro 14インチケースの収納時にめくっている感じ

開口部分の折りたたみ線のおかげで、MacBook Pro 14インチがすんなり収納できるし、取り出しもスムーズに。

Simplism MacBook Pro 14インチケースの外側めくった状態

取り出すときなんかは、ケースからMacBook Pro本体をむき出すこともできます。

MacBook Pro 14インチ本体に貼り付けスタンドを装着しててもOK

Simplism MacBook Pro 14インチケースMOFTスタンドあっても大丈夫
前面にMOFTのホルダー
Simplism MacBook Pro 14インチケースにスタンド張り付いてても収納可
背面にNative Unionのスタンド

ボクのMacBook Pro 14インチには、表面と背面に以下のアクセサリーを装着しています。

上記のMacBookアクセサリーは共に厚みは数ミリですが、ケースの開口部分の柔軟性のおかげで、すんなり収納できて安心。

こびぃ

これは結構心配していた点だったので、ボクのようにスタンドを貼り付けていてる人も安心!

ムダな厚みなしでマグネットロック搭載

Simplism MacBook Pro 14インチケースの手のひらにのせる
MacBook Pro収納前
Simplism MacBook Pro 14インチケースにパソコン入れてもった状態
MacBook Pro収納後

Amazonベーシックケースのような厚みがない分、かなりスマートに収納できます。

また、フタ部分にマグネットが搭載されているので、パチっと軽快にしまり、フタが勝手にあいてMacBook Proが落下するなんてリスクも少なく安心。

Simplism BookSleeve 薄型スリーブケースの気になった点

Simplism BookSleeve 薄型スリーブケースの気になった点(デメリット)を確認していきます。

デメリット
  • スタンド機能が搭載しているものの安定感が少ない
  • スリット部分からすべてのポートが使えるわけではない
  • 収納ポケットがない

スタンド機能が搭載しているものの安定感が少ない

Simplism MacBook Pro 14インチケースはMacBook Proのスタンドにもなる
ケースを折りたたむだけでスタンドになる
Simplism MacBook Pro 14インチケースのスタンド時の高さ約5.4cm
スタンドの高さは約5.4cmで
多くの人がタイプしやすい高さ

このケースのメリットでもあるスタンド機能ですが、メインのスタンドとして使用するには自由度の低さとやや安定感が気になりました。

動画のとおり、安定感がないと言う表現が正しいのかわかりませんが、PU素材のメリット部分がスタンド時にはデメリットになっていて、やや滑りやすいです。

とはいえ普通にタイピング等はできる

MacBook Pro 14インチ専用Simplism BookSleeve 薄型スリーブケースタイピング時

接地する面とケース素材の相性もありますが、普通にタイピングする時に気になるレベルでもありません。タイプ時に変に沈むこともないですし。

「スタンド機能か毎日ゴリゴリ使おう!」って過信しすぎず、おまけ程度に考えていたほうが良いよって意味合いでデメリットって感じです。

スリット部分からすべてのポートが使えるわけではない

Simplism MacBook Pro 14インチケースでMagSafeとUSB-Cを挿す
2ポートは挿さる
Simplism MacBook Pro 14インチケースにポートさせない
端のUSB-Cポートに刺さらない

スリット部分が安定感などの設計の都合上、ギリギリ開口している部分から3つめのポートにケーブルを挿すことができません。

MacBook Pro 14インチ(M1 Pro/M1 Max)は「3ポート×両側」で合計6ポートありますが、ケースに入れた状態だとUSB-C×2ポートが使えない状態になります。

ケースに入れた状態で、両側ともポートをフルで使用したいと考えている人は気をつけてください。

収納ポケットがない

本ケースは、ミニマルデザインを重視したスリム設計使用で収納ポケットは非搭載なので、ケースに充電器などを収納はできません。

Simplism BookSleeve 薄型スリーブケースをおすすめできる人・できない人

最後に本ケースをおすすめできる人とできない人を紹介。

おすすめの人
おすすめできない人
  • 実用性高いケースが欲しい
  • ケースにいれながら充電したい
  • ケースに入れた状態でクラムシェルモードをしたい
  • コスパが良いケースが欲しい
  • シンプルミニマルデザイン好き
  • MacBook Pro 14インチを持っていない
  • スタンド機能をゴリッゴリで使いたい
  • 収納ポケットが欲しい

こんな感じにまとまります。

ボクとしては、ケースにいれながら充電できるスタイルがたまらなくうれしいので、本当に手に入れてよかったケースでした。

MacBook Pro 14インチ専用Simplism BookSleeve 薄型スリーブケース【まとめ】

本記事は「Simplism BookSleeve 薄型スリーブケースレビュー|MacBook Pro 14インチをケースに入れたまま充電+スタンドになるマルチケース」について書きました。

Simplism MacBook Pro 14インチケースとSatechiスタンド

予約注文分+αの数量生産です。予約注文は、2022年2月28日〜3月22日(火)正午までの受付です。それ以降は、追加生産はなし。

MacBook Pro 14インチケースにいれながら「充電したい!クラムシェルモードにしたい!」って考えていた方は必見。

価格も税込み3,480円とかなり抑えられていて、企業努力が垣間見えます。

気になる方は、この機会にこちらからぜひ一度チェックしてみてくださいね。ではまた!

\2022年3月22日(火)まで予約注文受付/

登録も含めて3分あれば購入可能!

Simplism MacBook Pro 14インチケースレビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次