Satechi USB-C PRO ハブ ミニ レビュー|M1 Pro M1 Maxの救世主ハブ!新型MacBook Pro一体型ハブ5K対応

Satechi USB-C PRO ハブ ミニレビュー

MacBookハブにはロマンがある!どうもこびぃです。

MacBook Proは近年のスッキリインターフェースから一転、クリエイタータイプの人がよく使用するポートを搭載してM1 Pro/M1 Max登場したのはまだ記憶に新しいところ。

ただどうしてもUSB-Aポートを使用したい方や有線LANを使用したい方、はケーブル型のハブで対応したり、一体型ハブが好きな人はごまかしごまかしで過ごしてきました。

そして、ずっと待っていた新型 M1 Pro/M1 Max対応のSatechi 一体型ハブが登場。

Satechiハブ ミニ
一体型ミニマルデザイン

オーディオジャックも搭載して、かつ有線LAN、USB4(5K対応)を搭載している万能ハブが今回紹介するSatechi USB-C PRO ハブ ミニです。

ボクはM1 Pro MacBookをメイン機として扱っていますが、このハブやっぱりかゆいところに手が届いてくれたので最高。

M1 Maxユーザーやその他旧型MacBook Air/Pro、M1 MacBook Air/Pro持ちにもおすすめできるハブだったので、この点も踏まえてSatechi USB-C PRO ハブ ミニのレビューを書いていきます。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • MacBookのポート拡張したい
  • ハブを通して外部モニター出力したい
  • 洗練されたデザインのMacBook用ハブが欲しい
  • MacBook側のThunderbolt 4の仕様領域が減ってもいい
  • MacBook本体のThunderbolt 4の数を減らしたくない
  • USB-Aを使用することがない

他の人はこちらも検索

目次

Satechi USB-C PRO ハブ ミニ レビュー

さっそく、気になるSatechi USB-C PRO ハブ ミニの特徴からチェックしていきます。

Satechi USB-C PRO ハブ ミニの特徴

Satechi USB-C PRO ハブ ミ二の特徴
ついにでた新型MacBook Pro用の一体型ハブ

Satechi USB-C PRO ハブ ミニは合計6ポートを備えたMacBook Pro一体型ハブ6-in-2ハブです。

ポート周り

合計6ポートと機能内訳は以下のとおり。

ポートスペック特徴
USB-C(USB4)最大100W、5K60Hz、40Gbps
USB-C(データ転送用)最大5Gbps
USB-A×2最大5Gbps
イーサネット(有線LAN)1Gbps
3.5mmオーディオジャック音声出力と入力
※2.5mm、6.3mmは非対応

SDやMicroSD、HDMIは非搭載なのでMacBook Pro M1 Pro/Max本体のものを使用する前提のハブです

USB-Cは2ポート搭載ですが、1つはデータ転送用なので、MacBook Pro M1 Pro/M1 Maxの左側のThunderbolt 4 が実質2ポートから1ポート(正確にはUSB4)になります。

Thunderbolt 4やら3やら、USB4って説明するには難解すぎるのですが、重要な部分だけ掻い摘むとThunderbolt 4よりUSB4のほうが映像出力がやや弱いって覚えておいてください。

>>Thunderbolt 3や4、USB4の違いはこちらに詳しく確認できます。

MacBook Proに搭載されていないポートを拡張させるためにはベストハブ

左側に装着するタイプのハブ
MacBook Pro M1 Pro 左側ポート
MacBook Pro M1 Pro 右側ポート

MacBook Pro M1 Proのポート周り

インターフェースポート数
USB-C(Thunderbolt 4)3ポート
MagSafe1ポート
3.5mmオーディオジャック1ポート
HDMI1ポート
SD1ポート

MacBook Pro M1 Pro/Maxは、従来型のMacBook Air/Proと同様にUSB-AもLANポートも非搭載です。

USB-Aはまだ使うことが多いですし、通信を安定させたい方には嬉しい拡張ができるのが本機のハブというわけです。

ざっくり特徴を把握できたところで、開封レビューをしていきますね。

外観/付属品

Satechi USB-C PRO ハブ ミニのパッケージ
Satechi USB-C PRO ハブ ミニ付属品

Satechiのシンプルパッケージはいつ見ても好物。今回付属品は本体とマニュアルの2点のみです。カラーはシルバーとスペースグレイでSatechiおなじみのツーカラー展開。

外観/デザイン

Satechi USB-C PRO ハブ ミニ外観
たくましい印象のソリッドスタイル

新型MacBook Pro M1 Pro/Max向けに登場したこともあり、従来型のラウンドタイプではなく、面が平らになっていてより角張ったようなソリッドデザインが採用されています。

Satechi USB-C PRO ハブ ミニno
背面

裏側はFCCマークなどの各種認証マークが記載されています。

音声ジャック用の接続端子は収納式

Satechi USB-C PRO ハブ ミニは内側のオーディオジャックを出す
Satechi USB-C PRO ハブ ミニオーディオジャック建てる

ちょうどMacBook Proと面する部分に音声ジャックの接続端子が収納されています。簡単に指でだすことが可能。

Satechi USB-C PRO ハブ ミニのポートとオーディオジャック
新型MacBook Pro専用の音声ジャック

この接続端子を出した状態で、MacBook Proに挿し込むとオーディオジャックが機能して、きれいに音を拾うことができるようになります。この音声ジャック接続端子が収納式の理由は、おそらくですが旧型のMacBook Air/Proでも使用できるように配慮されているかと思われます。

サイズ重量

重量は40.9g

変に重たくないので、直接取り付けるMacBook Proのポートに負荷をかけることもない重量です。

サイズ/重量
  • ‎横幅:3.1cm
  • 奥行:10.07cm
  • 高さ:1.17 cm
  • 重量:41.6g(実測40.9g)

Satechi USB-C PRO ハブ ミニをMacBook Proに差し込んでみる

きれいに刺さる

この一体感たまらん。高まる〜

装着したポート周り
側面

ハブをMacBook Proに接続すると、LEDライトが青白く光ります。側面ポートは全部で5種。USB-A付近は両隣と距離もあるので、多少大きなフラッシュメモリを挿しても干渉せずに挿せます。

オーディオジャック部分装着時

手前側には3.5mmオーディオジャック。イヤホンやヘッドホンを接続することを考えると、MacBook Proに直接挿すより使いやすい向きになるので、普段からオーディオジャックを使用している人はこれだけでも購入する価値あり。

従来型のMagSafe充電使えない問題点が解消

ついに一体型ハブでこの問題が解消。

従来型はMagSafeが使えなくなってた
従来型
新型
新型(本機)

旧型MacBook Air/ProやM1 MacBook Air/Proに対応していた従来型の一体型ハブで大人気だったSatechi Type-C アルミニウム Proだと奥行きが長かったため、MagSafeが使えませんでした。しかし、本機でようやく解消したので、一体型ハブ勢は歓喜すぎる瞬間です。

Satechi USB-C PRO ハブ ミニポート周り
新型はMagSafeで充電しながらハブを使用できるようになった
Satechiハブの比較旧型新型
左:従来型
右:新型(本機)

やや短くなっただけではなく、横幅が大きくなっていて角張ったデザインになったことも変化ポイントの1つ。これはどっちが良いかは好みの問題ですかね。

MacBook Pro M1 Pro/Maxの右側には挿し込むことができない

右側はさせない
ポートがあわない

Satechi USB-C PRO ハブ ミニはこれまでのSatech一体型ハブ同様に、左側ポート専用です。画像のとおり、右側のポートにはささりません。

Satechi USB-C PRO ハブ ミニを使って機能の確認

Satechi USB-C PRO ハブ ミ二の特徴

本機の各ポートのチェックをしていきます。

USB-C×2はUSB4とデータ転送用にわかれる

Satechi USB-C PRO ハブ ミニのThunderbolt4
USB4
Satechi USB-C PRO ハブ ミニのtype-C
データ転送用

ここ重要なので、本機では何度も登場する部分です。充電や映像出力、高速データ転送に使用できるのはUSB4規格の一番左のポートです。

こびぃ

外付けSSDなどを接続するのも一番左のポートって覚えておこう!

一番右は5Gbpsのデータ転送用なので間違えないように。

USB-A×2は最大5Gbps

Satechi USB-C PRO ハブ ミニUSB-A2ポート

USB-Aはどちらも5Gbpsでデータ転送できます。速度は以下のとおり。

100MBと1GBの転送速度

100MBの転送速度
100MBの書き込み
1GBの転送速度
1GBの書き込み

書き込みだけ計測した結果です。

データ転送量書き込み時間(約)
100MB11.9秒
1GB1分25.9秒

USB-A 3.0データを使用するときの平均的なスピードなので、遅くも早くも無いと言った印象。

有線LANは1Gbps

Satechi USB-C PRO ハブ ミニの有線LAN

LANポートは、1Gbps(=1000Mbps)のギガビットイーサネットです。なんちゃら光回線に対応しているので、自宅の通信環境内で安定した通信接続することができます。

1Gbps出るってことを簡単に言うと、「無線より確実に通信が安定する」「このハブにLANを接続して遅い場合は、ハブの問題より通信環境の問題ですよ!」っていう性能。

3.5mmオーディオジャック

ヘッドホン接続した状態

音がプツプツ途切れることもなかったです。また、画像のヘッドホンAnker Soundcore Life Q35の一世代前のQ30のように有線でしかハイレゾ対応していないヘッドホンやイヤホンとも相性が良いです。

【条件あり】旧型のMacBook Air/ProやM1 MacBook Air/Proでも使える

オーディオジャックを収納
オーディオジャックを収納すると…
オーディオジャックが収納型は旧型MacBook Air_Proに対応するため
M1 Pro/Max以外のMacBook Air/Proに使用可

旧型インテル MacBook Air/ProやM1 MacBook Air/Proにも本機を使用はできます。ただし、オーディオジャックを収納した状態が条件です。

Satechi USB-C PRO ハブ ミニは旧型MacBook Air_Proにきれいにはまる
これはこれであり

ピッタリはまって使用できます。※オーディオジャックはこのままだと使用できません。

こびぃ

M1 Pro/Maxじゃなくても今からハブを新たに購入する人はこの本機も良いかもね!

コビロボ

今後MacBook Air/Proに乗り換えるときはこの形が主流かもしれないし、このハブはUSB-Cで外部モニター出力ができる希少ハブだからね!

Satechi USB-C PRO ハブ ミニのUSB-CのUSB4側が優秀

USB4が1つ
一番左がUSB4

一番左のUSB-C(USB4)が予想を上回る高性能な子でした。

一番右のUSB-Cポートはデータ転送用なので間違えないように

5K60Hzで外部モニター出力ができる

下のポートがモニター出力対応
この手のハブでは珍しいUSB-Cで映像出力可

MacBook Air/Proのハブを何回か購入したことがあったり、検討したことがある人は既知かもしれませんがこのハブだとHDMI端子がなくともUSB-C(USB4)で外部モニターに出力ができます。

下側ポート部分
5K60Hzまで対応

しかも、しっかり給電も行ってくれるんだからハブをずっと装着しながらMacBook Proで外部モニターを使う人は最高すぎるポイントの1つ。

注意が映像出力できるUSB-CはUSB4規格の1ポートのみ。残りのUSB-Cはさっきも書きましたがデータ転送用(最大5Gbps)です。

充電時に無駄に消費しない

で、これもありがたいのですが、ハブを経由することによって無駄に電力を消費しません。
わかりやすくいうとハブが100W給電対応だからと思って、充電するとハブに10Wやら15W取られることが多かったのですが、本機はダイレクトに100WをMacBook Proに流してくれます。※下画像参照

わっと数

ハブ側に電力奪われずにMacBookに100W流し込みに成功

同社のSatechi V2 マルチを例に上げると、15Wハブに取られるんですよね。この給電ロスが無く100WダイレクトでMacBookに給電できるのが本機の強みでもあります。

Satechi USB-C PRO ハブ ミニの気になった点

本機で気になった点は2つあったので紹介します。

MacBook Pro M1 Pro/Maxと高さレベルが異なる

新型は高さレベルが異なる
本機ハブ

本機のSatechi USB-C PRO ハブ ミニ装着時に、MacBook Proと段差ができてしまうのでここはスマートではない印象。それも従来型がツライチだったこともあります。

従来型はMacBook Proと高さがかわらない
従来型のハブ

従来型のSatechi Type-C アルミニウム Proハブは、MacBookと高さレベルが同じです。これは特に一体感があって美しいデザインでした。

Satechiハブの比較旧型新型厚みが異なる
上:従来型
下:新型(本機)

高さレベルが異なる理由はLANポートを搭載したことによって、ハブ事態に高さが必要になったことが原因なのは画像を見て明白です。

コビロボ

デザイン性より機能性・実用性を重視した結果だろうね!

こびぃ

MacBook Pro M1 Pro/Max はスペックを高負荷作業をする人が多いことから、有線LANポート搭載に踏み切ったと思うよ!

一体型ハブ伝統のアレは継承

Satechi USB-C PRO ハブ ミニのデメリットはポートからぬいたとき
片手でハブから何か抜くのはNG

本機のみならず、一体型ハブの弱点といえば各種ポートの抜く時の動作で、ハブ本体がぐらついてしまうこと。

ハブが取れやすい
ハブがMacBookからやや離れてしまう

画像のようにならないためには、片手でハブを持ち、もう片方の手でポートから抜く必要があります。データ類を挿していることが多いのでこの辺は慎重にしたいところ。

一体型ではないケーブル型のSatechi ハブから選ぶのもあり

Statechiその他のハブもあり

さっきのハブが抜けてしまうことを極力防ぎたい方は、Satechiのケーブル型ハブをおすすめします。

特におすすめできるのはMacBookおすすめハブでも紹介しているこの2点↓

スクロールできます
ハブの種類タイプポート数インターフェースMacBook
充電W
Satechi
USB-C マルチ
MXハブ 10-in-1 

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1 インライン画像
ケーブル型10ポート・USB-C×2
・USB-A×2
・microSD×1
・SDカード×1
・HDMI×2
・有線LAN×1
・オーディオジャック×1
100W
Satechi
On-The-Goマルチ
USB-Cハブ 9-in-1

Satechi On-The-Goマルチ USB-Cハブ 9-in-1
ケーブル型
※ケーブル脱着可能
9ポート・USB-C×2
・USB-A×2
・microSD×1
・SDカード×1
・HDMI×1
・有線LAN×1
・VGA×1
100W

どちらを購入しても、なんでもできるハブなので困ることはまずないハブと言えます。

Satechi USB-C PRO ハブ ミニレビュー【まとめ】

本記事は「Satechi USB-C PRO ハブ ミニ レビュー」について書きました。

レビューまとめ

M1 Pro/M1 MaxのMacBook Pro持ち勢で一体型ハブを待っていた人の最適解とも言える完成度の高いハブでした。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • MacBookのポート拡張したい
  • ハブを通して外部モニター出力したい
  • 洗練されたデザインのMacBook用ハブが欲しい
  • MacBook側のThunderbolt 4の仕様領域が減ってもいい
  • MacBook本体のThunderbolt 4の数を減らしたくない
  • USB-Aを使用することがない

新型MacBook Proに合わせてデザインも微調整しているところがもうさすがSatechiさん!ってなっちゃうところで、MacBookを好きな人のこだわりポイントを把握しているからこそ、こんなに良いハブが生まれるんだな、と実感。

ハブのUSB-Cを通して外部モニター5K対応していますし、有線LAN、オーディオジャック、とかゆいところに手が届いているハブなので、気になる方はぜひ一度チェックをしてみてください。では、また!

\MacBookハブをあわせて確認する/

従来型Satechi 一体型ハブ↓

Satechi ケーブル型ハブでおすすめ↓

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時に普通に買い物をすると損をするので、

Amazonギフト券をチャージ > 通常通り欲しい物を購入する

上記の手順でギフト券をチャージしてからAmazonで買い物すると最大2.5%ポイント還元でお得になります。

amazonギフト券をチャージして買い物するとポイント最大2.5%還元できるボタン

\最大2.5%ポイント!/

amazonギフト券をチャージして買い物するとポイント最大2.5%還元できるボタン

\最大2.5%ポイント!/

Satechi USB-C PRO ハブ ミニレビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる