Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2 レビュー|M1 Pro/M1 Max MacBookやM1/M2 MacBook Air/Pro持ちに推奨

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2のケーブル差し込む

\9月29日・30日限定!/

サプライズデー

MacBookハブはMacBookに必須の周辺機器!どうもこびぃです。

M2 MacBook Air/Proが発売され、またまた加熱するであろうMacBookに必須のアクセサリー・周辺機器の1つであろう専用のUSB-Cハブ。

今回紹介する「Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2」は新型のM2 MacBook Air/Proや、M1 Pro/M1 Max MacBook Proとの相性が最高なんですよね。

MacBookとハブ
一体型ミニマルデザイン

本機は

  • USB-C
  • USB-A
  • SD/MicroSD
  • HDMI
  • オーディオジャック
  • イーサネット

と全部盛りのMacBook用USB-Cハブ。

ボクはM1 Pro MacBookをメイン機として扱っていますが、これからはこのハブをメインに据えてMacBookライフを謳歌していきます。それくらい死角がなかった。

本記事ではSatechi USB-C PRO ハブ ミニのレビューを書いていきますが、まずはどのMacBookを持っている人が読むべきか書いておきます。

M1 ProMacBook Proの左側ポート部分
MacBookから向かって左側に
USB Type-C(USB-C)が2つあるモデル
  • MacBookの左側ポートがUSB-C×2ポートタイプのMacBookを持っている人

です。ではレビューを見ていきましょう。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • MacBookのポート拡張したい
  • ハブのHDMIから外部モニター出力したい
  • どんなMacBookにも対応できる一体型ハブがほしい
  • MacBook用ハイエンドモデルのハブが欲しい
  • MacBook本体のThunderbolt4の数を減らしたくない
  • 8ポートも必要じゃない

本記事はSatechi様より製品提供いただき作成しています。

他の人はこちらも検索

目次

Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2レビュー

使用する前からM1 Pro/M1 Max MacBook Proのために生まれたと感じるSatechi USB-C Proハブ Max 8-in-2(Amazon)の特徴からチェックしていきます。

Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2の特徴

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2のポートに挿した状態
うれしい8ポート搭載のMacBook用Satechiハブ!

Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2は合計8ポートを備えた8-in-2ハブです。

現状、M1 Pro/M1 Max用のハブでも8-in-2タイプは市場にほぼないため、この時点でMacBook用のおすすめ一体型ハブとして紹介できるポテンシャルを感じます。

ポート部分の詳細

合計8ポートと機能内訳は以下のとおり。

ポートスペック特徴
USB-C(USB4)最大100W、5K60Hz、40Gbps
USB-C(データ転送用)最大5Gbps
USB-A最大5Gbps
HDMI4K 60Hz
イーサネット(有線LAN)1Gbps
SD/MicroSDUHS-1.104MB/S
3.5mmオーディオジャック音声出力と入力
※2.5mm、6.3mmは非対応

SDやMicroSD、HDMIも搭載しているので、M1 MacBook Air/ProM2 MacBook Air/Proにもおすすめできるハブの一つ。

USB-Cは2ポート搭載ですが、1つはデータ転送用です。

M1 Pro/M1 Max MacBook Pro の左側ポート部分にあるThunderbolt 4 が2ポートから実質1ポート(正確にはUSB4)になります。

こびぃ

このUSB4が本当にいい仕事するんだわ!あとで紹介するね!

Thunderbolt 4やら3やら、USB4って説明するには難解すぎるのですが、重要な部分だけ掻い摘むとThunderbolt 4よりUSB4のほうが映像出力がやや弱いって覚えておいてください。

>>Thunderbolt 3や4、USB4の違いはこちらで詳しく確認できます。

MacBook Proに搭載されていないポートを最大限に拡張可能

M1 ProMacBook Proの左側ポート部分
M1 Pro MacBook Pro左側ポート
m1 pro MacBook Pro右側ポート部分
M1 Pro MacBook Pro右側ポート

M1 Pro MacBook Proのポート周り

インターフェースポート数
USB-C(Thunderbolt 4)3ポート
MagSafe1ポート
3.5mmオーディオジャック1ポート
HDMI1ポート
SD1ポート

USB-Aはまだ使うことが多いですし、通信を安定させたい方には嬉しい拡張ができるのが本機のハブもしくはSatechiのUSB-C PRO ハブ ミニが最適解の1つに。

MacBook Pro M1 Pro/Maxは、従来型のMacBook Air/Proと同様にUSB-AもLANポートも非搭載ですからね。

本機のSatechi USB-C Proハブ Max 8-in-2は、さららにSD/Micro SDポートがあるため、よりデータ管理がしやすい構成になっています。

特徴を把握できたところで、開封レビューといきましょう。

外観/付属品

スクロールできます
Satechi USB-C Proハブ Max 8in2のパッケージ
Satechi USB-C Proハブ Max 8in2はいつもの安全パッケージにはいっている
キレイにすっぽり
Satechi USB-C Proハブ Max 8in2の付属品
付属品はマニュアルのみ

ハブの接続ポート部分が箱内で干渉しないようにケースで保護されているので安心。付属品はシンプルにSatechi USB-C Proハブ Max 8-in-2とマニュアルのみ。

外観/デザイン

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2の裏面
従来型と異なりフラットスタイル

Satechi USB-C PRO ハブ ミニ同様に従来型のラウンドタイプではなく、面が平らになったフラットタイプで、M1 Pro/M1 Max MacBook Proと相性が良いデザインを採用。

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2の表面
背面

裏側はFCCマークなどの各種認証マークが記載されています。

音声ジャック端子搭載でプラグ収納式

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2のオーディオジャック側のポート
Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2はオーディオジャック付き

音声出力が可能なオーディオジャックは内側のポート接続部分付近に設置。指でプラグを弾くように出してMacBook Proに挿すと使用できます。

こびぃ

M1 Pro MacBook Pro以外にもM1 MacBook Airなどにも使用できるようにするために収納式なんだろうね!

サイズ重量

Satechi USB-C Proハブ Max 8in2本体表面
MacBook ハブの重量
見た目より軽い

重量も55g程度なので、MacBook本体に直接さしてもポート部分に負担はかからないので安心。

サイズ/重量
  • ‎横幅:4.75cm
  • 奥行:12.4cm
  • 高さ:1.15cm
  • 重量:55.4g(実測)

Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2をM1 Pro MacBook Proに差し込む

MacBook Proのハブ8ポート
8-in-2

本機Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2は、まさになんでも出来るマン。このハブをM1 Pro MacBook Proで使っていきたいと思う。

Satechi USB-C Proハブ Max 8in2をMacBookに着けた状態

MacBook Proとの一体感、この高級質感がたまらん。

MacBookとハブを挿した状態のポート
側面は7ポート

MacBookとハブを接続すると、HDMI端子の横にあるLEDライトが青白く光ります。USB-Aの両隣はやや広くスペースが確保されているので、横幅のあるフラッシュメモリを挿しても干渉しません。

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2のオーディオ
手前にオーディオジャック

MacBookから向かって手前に3.5mmオーディオジャックが備わっています。MacBook本体の側面に直接挿すより、本機のハブを通して挿すほうが使いやすいので、有線イヤホン・ヘッドホンを使用する人は重宝するはず。

MagSafe充電しながらSatechi USB-C Proハブ Max 8-in-2を使用できる。

従来型のSatechi Type-C アルミニウム ProハブだとM1 Pro/M1 MaxのMagSafeポート部分を閉じてしまっていましたが、本機はこの点を考慮してくれています。

ポート埋まってる
従来型
MagSafeが使用できない
ポートむき出し
本機
MagSafeが使用できる

Satechi USB-C PRO ハブ ミニでもこの問題は解決していましたが、ポートが少なく物足りなかった人は、本機のSatechi USB-C Proハブ Max 8-in-2ですべて解決できます。

Satechi USB-C Proハブ Max 8in2とMagSafe電源部分
MagSafeとハブの共存は最高
ハブのminiとMAX
左:従来型
右:本機

全長もやや長くなり、横幅も気持ち幅広に。この幅広はおそらく、イーサネット搭載やオーディオジャックのプラグ収納部分による影響だと思います。

M1 Pro/Max MacBook Pro用でも右側ポートに挿し込みは不可

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2は右ぐぁポートにくっつけれない
MacBookの右側はポートがあわない

Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2はMacBookの右側ポートにはささりません。左側ポート専用です。これは一体型ハブすべてが共通ですね。右側のポートに挿したい場合はMacBook専用ケーブルタイプのおすすめハブから選ぶと良いですよ。

Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2を使って機能の確認

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2はポート特徴

本機の各ポートのチェックをしていきます。

こびぃ

ポート機能の大部分はSatechi USB-C PRO ハブ ミニと酷似しているね!

USB-C×2はUSB4とデータ転送用にわかれる

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2のUSB-C部分
USB-C
(USB4)
Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2のUSB-C手前側
USB-C
(データ転送用)

本機の一番左のポートはUSB4になっていて、充電映像出力高速データ転送に使用できます。実質ほぼMacBook本体ポートのThunderbolt4が使えると思って問題ないかと。

ちなみに一番右ポートは同じUSB Type-C形状ですが、データ転送用(5Gbps)なので間違えないように。

USB4とは
  • USBの最新規格
  • 最大100Wの急速充電が可能(USB PD規格対応)
  • 映像出力が可能
  • データ転送速度は最大40Gbps
  • Thunderbolt4とは異なる(USB4が機能面ではやや下)

USB-Aは最大5Gbps

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2はUSB-A使った部分

USB-Aは5Gbpsでデータ転送できます。速度を計測しました。

100MBと1GBの転送速度

MacBookポートとスマホ
100MBの書き込み
Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2の時間部分
1GBの書き込み

書き込み計測結果は以下のとおり。

データ転送量書き込み時間(約)
100MB10.8秒
1GB1分22.7秒

このスピードはUSB-A 3.0を使用するときの平均的なスピード。重たい動画レベルのデータ移動でない限り、ストレスほぼなく使用できます。

有線LANは1Gbps

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2のイーサネット

LANポート部分は、1Gbps(=1000Mbps)のギガビットイーサネット。光回線全般に対応しているので、自宅の通信環境内で安定した通信接続することができます。

こびぃ

1Gbps出るってことを簡単に言うと、「無線より確実に通信が安定する」っていう性能。

コビロボ

他には「このハブにLANを接続して遅い場合は、ハブの問題より通信環境の問題ですよ!」ってことも言えるね!

3.5mmオーディオジャック

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2のオーディオジャックに差し込み

接続は良好で、使用時に音が途切れることもなし。画像のヘッドホンAnker Soundcore Life Q35はワイヤレスでもハイレゾ対応ですが、一世代前のQ30のように有線でしかハイレゾ対応していないヘッドホンやイヤホンも使用できます。

こびぃ

有線利用したい方にはこのハブは相性抜群と言えるね!

M1 Pro/M1 Max MacBook Pro以外でも使用できる

Satechi USB-C Proハブ Max 8in2イヤホンジャック収納時の状態
オーディオジャックを収納すると…
MacBook Proのハブと本体
M1 pro/M1 Max以外のMacBookも問題なし

オーディオジャックを収納すると、インテルMacBook Air/Proや旧型M1 MacBook Air/Pro、新型のM2 MacBook Air/Proにも使用できるハブです。※オーディオジャックは使用できません。

こびぃ

M1 Pro/Maxじゃなくても今からMacBook用のハブを新たに購入する人はこのハブのほうがいいかもね!

Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2のUSB4側が素晴らしい

Satechi USB-C Proハブ Max 8in2側面ポート部分
一番左がUSB4

Satechi USB-C PRO ハブ ミニ同様で、一番左のUSB-C(USB4)がやっぱり優秀で本当に使いやすい。

5K60Hzで外部モニター出力可能

モニター出力可能
この手のハブでは珍しいUSB-Cで映像出力可

MacBook Air/Proのハブを購入したことがある人は、分かると思いますがUSB-Cハブを通して外部モニター出力っできるハブってなかなかないんですよね。

ところが、本機は5K60Hzで出力可能!ハブを使ったことが長い人ほどこの凄さ分かると思います。

USB4
5K60Hzまで対応

さらにしっかり給電も行ってくれるんですよね。写真で装着しているMagSafeも不要になります。

これは、MacBookに基本ハブを装着しながら外部モニターで作業をする人にとっては嬉しすぎるポイントです。

注意が映像出力できるUSB-CはUSB4規格の1ポートのみ。残りのUSB-Cはさっきも書きましたがデータ転送用(最大5Gbps)です。

充電時に無駄に消費せず100W急速充電

で、これもUSB4の恩恵ですが、充電時にハブ経由でも電力が無駄になることがありません。

コビロボ

どういうこと?

同社のSatechi On-The-GoマルチUSB-Cハブを例に上げると、10Wハブに取られます。その他殆どのハブはこのようにハブを経由することにより、○○W持っていかれるんですよね。

この給電ロスがないので、キレイに100WをMacBookに流し込むことができます↓

MacBook Proのハブと本体でMATECH充電

MATECH Sonicharge 130W充電器使用。

こびぃ

この充電器はMacBook Pro持ちにめっちゃいいよ!

100W充電できる

ハブ側に電力奪われずにMacBookへ100W給電

本機のSatechi USB-C Proハブ Max 8-in-2は、上画像のとおり、給電ロスが無く100WダイレクトでMacBookに給電できるのでハブ経由でも急速充電というより爆速充電が可能です。

Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2の気になった点

本機で気になった点は2つあったので紹介します。

M1 Pro/Max MacBook Pro と高さレベルが異なる

MacBook Proのハブは段差がでる
本機
段差がでてしまう
昔のハブ
従来型
ツライチ

本機のSatechi USB-C PRO ハブ ミニ装着時に、MacBook Proと段差ができてしまいます。これは従来型にはなかった要素の1つ。

とはいえ、実際に利用するときに不便なことはないのですが、どちちが美しいかと言えば、従来型の段差がないハブのほうが美しいかなと。

M1 Pro/M1 Max用のハブはやや高さがあるのが理由

MacBook Proのハブと本体のポート比較
一番上の従来型が細い

画像のハブはすべてSatechiのハブです。

画像上から順に

本機と本機のミニサイズは有線LAN(イーサネット)搭載の影響により、どうしても高さがでてしまっているので、性能と見栄えのトレードオフになっています。

コビロボ

機能性・実用性を重視されてるほうが満足度が高い人多いだろうからね!

こびぃ

M1 Pro/Max MacBook Proは高負荷作業×高速通信のニーズに応えるために厚みを出しても有線LANポート搭載に踏み切った結果だろうね。

一体型ハブ伝統のハブまで取れそうになるは健在

手をひっかけてとると
片手でハブから何か抜くのはNG

本機のみならず、一体型ハブの弱点といえば各種ポートの抜く時の動作で、ハブ本体も一緒に抜けそうになるんですよね。

簡単に外れる
ハブがMacBookからやや離れてしまう

画像のようにならないためには、片手でハブを持ち、もう片方の手でポートから抜く必要があります。データ類を挿していることが多いのでこの辺は慎重にしたいところ。

Satechi USB-C PRO ハブ ミニとどっちがおすすめ?

スクロールできます
MacBook Proのハブ×2
右:Satechi USB-C PRO ハブ ミニ
左:Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2
MacBook Proのハブとmini ハブ
上:Satechi USB-C PRO ハブ ミニ
下:Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2
MacBook Proのハブと本体とminiの本体
上:Satechi USB-C PRO ハブ ミニ
下:Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2

本記事でも何度も登場している、Satechi USB-C PRO ハブ ミニとどっちが良いか悩む方もいると思うので、Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2とどっちがおすすめなのか。

このハブ2つに優劣はないため、「使用目的」「何を重視するか」でおすすめがかわるかな?と。

そこで一番重要なのは「ポートの違い」だと思います。まとめるとこんな感じ。

ポート部分の詳細
Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2
ポート周り
Satechi USB-C PRO ハブ ミニ

ポート部分のみ比較した表は以下のとおり。

ポートSatechi USB-C Proハブ Max 8-in-2Satechi USB-C PRO ハブ ミニ
USB-C(USB4)1ポート
最大100W、5K60Hz、40Gbps
1ポート
最大100W、5K60Hz、40Gbps
USB-C(データ転送用)1ポート
最大5Gbps
1ポート
最大5Gbps
USB-A1ポート
最大5Gbps
1ポート
最大5Gbps
HDMI1ポート
4K 60Hz
イーサネット(有線LAN)1ポート
1Gbps
1ポート
1Gbps
SD/MicroSD1ポート・1ポート
UHS-1.104MB/S
3.5mmオーディオジャック1ポート
音声出力と入力
1ポート
音声出力と入力

もっと色々ハブを比較したいならMacBookおすすめのUSB-Cハブにて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2レビュー【まとめ】

本記事は「Satechi USB-C Proハブ Max 8-in-2レビュー」について書きました。

Satechi USB-C Proハブ Max 8in2をMacBookに装着上から

M1 Pro/M1 MaxのMacBook Pro持ち勢でポートをさらに拡張できる優秀すぎるUSB-Cハブでした。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • MacBookのポート拡張したい
  • ハブのHDMIから外部モニター出力したい
  • どんなMacBookにも対応できる一体型ハブがほしい
  • MacBook用ハイエンドモデルのハブが欲しい
  • MacBook本体のThunderbolt4の数を減らしたくない
  • 8ポートも必要じゃない

ハブのUSB-Cを通して外部モニター5K対応は嬉しいポイントですよね。

さらに、有線LAN、オーディオジャック、SD/MicroSDとHDMIの増設と、どんなMacBook環境にも対応できる万能一体型ハブでした。

Satechi USB-C PRO ハブ ミニで物足りない人はSatechi USB-C Proハブ Max 8-in-2(Amazon)をぜひチェックしてみてください!ではまた!

\9月29日・30日限定!/

サプライズデー

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時は、できるだけお得に購入しよう!

直接購入するのではなくクレジットカードでギフト券をチャージして、ギフト券で購入するとひと手間加えるだけでお得に買物できるようになります。

Amazon gift charge

\最大0.5%ポイント還元リンクはこちら/

Amazon公式
ギフト券チャージのエントリーはこちら

Satechi USB-C Proハブ Max 8i-in2のケーブル差し込む

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次