Satechiトリオワイヤレス 充電パッド長期レビュー丨3台同時充電。デスク・寝室・リビングすべてにハマるデザイン

こんにちは!コビガジェライフライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • Satechiトリオワイヤレス 充電パッドについて
  • Apple Watch、AirPods Pro、iPhoneを同時充電できるワイヤレス充電器のこと
  • デスク・寝室・リビングのインテリアにもなる充電器のこと

Apple製品が好きな方は「iPhone」をはじめ「Apple Watch」「AirPods (Pro)」を所持している方が多いですよね。

Apple Watchの充電器やモバイルバッテリーもおすすめの物が多いです。

こびぃ

iPhoneもApple WatchもAirPods Proも全部同時におしゃれに充電したい!

って思っている方も多いハズ。

そんなあなたのハートを射止めるワイヤレス充電器が秀麗しゅうれいなデザインでおなじみのSATECHIサテチから発売されています。

今回はそんなApple好きの願いを叶えるために満を持して産声を上げた、SATECHIサテチのワイヤレス充電器を約半年使用したのでご紹介していきます。

Satechiトリオワイヤレス 充電パッドはこんな人にオススメ
  • デザインが秀逸なアルミ製ワイヤレス充電器が欲しい
  • iPhone、Apple Watch、AirPodsProを3台まとめて充電したい
  • デスク、寝室、リビングに合うワイヤレス充電器が欲しい
  • 長期間使用できるしっかりした製品が欲しい
  • ケーブルを1つにまとめたい

それでは本記事『Satechiトリオワイヤレス 充電パッド長期レビュー丨3台同時充電。デスク・寝室・リビングすべてにハマるデザイン』の記事を書いていきます。

2021年夏頃からiPhone12が非対応となりました。iPhone12シリーズを使用している方は下記事を参考に。

iPhone12シリーズならBelkin3-in-1がおすすめ

目次

Satechiトリオワイヤレス 充電パッドの特徴

Satechiトリオワイヤレス 充電パッドの特徴は一言で『シンプルでシックな秀逸デザインの3台同時ワイヤレス充電器

こびぃ

SATECHIおなじみのアルミ製の筐体が美しいわ!

デザインもさることながら、使用感がこれまた良いのがSatechiトリオワイヤレス 充電パッドの特徴とも言えます。

Satechiトリオワイヤレス 充電パッドのスペック

メーカーSATECHI
商品名TRIO WIRELESS CHARGING PAD
トリオワイヤレス 充電パッド
役割3台同時
ワイヤレス充電器
サイズ
(約)
横幅22.0cm
奥行き11.0cm
高さ1.5cm
重さ約348㌘
カラー
バリュエーション
シルバー

ブラック
材質アルミ合金
プラスチック
こびぃ

Amazonはよく売り切れなってるからSATECHI公式から購入しないといけないことが多いよ。

Satechiトリオワイヤレス 充電パッドの開封レビュー

長期使用レビューですが、ボクは基本的にデバイス関連の箱付属品をすべて残しているので、まさに今から開封を装いながら開封レビューを進めていきます。

外箱/内容物

外箱

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドの外箱
表面

ちょっと外箱は凹んでいますが、これは保管していた自分の問題

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドの外箱裏面
裏面

マット厚紙ベースで商品部分のみプリント加工のシンプルなパッケージ

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドの外箱の中に箱あり
外箱を開けた状態

まず開けて初っ端から、色々な言語で様々な方から「お礼」をいわれます。

いやいや、こちらこそ ありがThank youとう謝謝ござMerciいまDankeす です。全部にお礼にお礼で返そうとしたボクなりの誠意が事故になった次第です。

このガチャガチャ挨拶分からは想像もできないくらい本体及び内容物はシンプル。

内容物

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドの内容物は全部で7つ
内容物は全部で7つ

海外使用想定で、EU/UKのプラグアタッチメントが2本付属しています。

今は例のウイルスがあるので、ほとんどの人が海外いきたくても行けないのでプラグなしで、その分安くしてほしいってのが本音。

こびぃ

あと旅行に持っていくか?って言われたら、まぁ正直もっていかんよね。基本は固定して置いて使用したいし。

付属品のACアダプタは24V
PD対応

付属品のACアダプター(充電器)は24V出力です。

サイズが厚めで大きいので、壁際のコンセントに挿しにくいのが難点。

24V以上なら基本的にはフルスピードで充電可能なので、狭いスペースにPD対応充電器をぶっ挿したいなら「Anker PowerPort Atom 30w Slim」一択ではなかろうか。

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドのSATECHIケーブル
付属のケーブル&ケーブルバンド
SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドの付属ケーブルはUSB-CtoUSB-C
USB-C to USB-C(PD対応)

付属の充電器とケーブルで問題ありませんので、基本はこちらの使用で大丈夫です。

ケーブルバンドが「SATECHI」のロゴ入りってのも細かい部分やけど良いですよね。Ankerとかもいつも付属のケーブルバンドのロゴあって素敵やと思う。

飲食店でいうところの無地のお手拭きではなく、その店のロゴが入ったお手拭きを使用する時みたいな「こだわってるやん」の感覚。実に好印象。

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドのプラグ変換器は2種類
EU/UKプラグ
SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドプラグをEU:UKへ変更の仕方
差し替え方は取説にあり

前述しましたが、使わない人が圧倒的に多いプラグだと思うので、無しにしてその分コスト抑えてくださいな。

内容物
  • Satechiトリオワイヤレス 充電パッドの本体
  • 取り扱い説明書
  • 2年保証やその他重要情報
  • 付け替え用のプラグアタッチメント×2
  • 24wの充電アダプター
  • USB-C to USB-Cケーブル

本体外観/デザイン

ちゃんとAppleWatch用の付属のシート残っていたので貼り付けました。

まるで新品!のようですが、Apple Watch充電部分は小キズがちらちらあり。Satechiのプロダクト共通でアルミ筐体がメインなので、Apple製品との相性が良く親和性が高いです。

半年くらい使用していてもいい意味で、使用感を感じません。3種類の充電部分の確認します。

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドのApple Watch充電部分
Apple Watchの部分

充電部分を立ち上げることが可能。

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドのAirPodsPro充電部分
AirPodsの部分

AirPods Proを設置する場所に窪みあり。

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドのiPhone充電部分はホコリが付きやすい
iPhoneの部分

iPhoneがすべらないようにシリコンパッドあり。

AirPods・iPhoneはケース対応可。ケースの厚み5mmまで

随所に細やかな配慮が施されているため、どのデバイスもノンストレスで充電を行うことが出来ます。

よくある3in1のワイヤレス充電器って、「iPhoneは使いやすいけどその他が…」といったようにどこかを犠牲にして、どこかを活かしている製品仕様が多いです。

しかし、SATECHIのトリオワイヤレス充電パッドは「おまえが主役だ!」ってことで全員を引き立ててくれる、土台となってくれているApple好きにはたまらん仕様。

こびぃ

「iPhone」も「AirPods(Pro)」も「Apple Watch」も全部好きやからね!

本体後ろ側

USB−Cポートがあるので、付属ケーブルをぶっ挿して使用しましょう。

しかし、どの角度からみても秀麗しゅうれいなデザインはさすがSATTECHIといったところ。

秀逸なデザインが目を引くため、後ろ側から見てロゴが逆さになっていても、ロゴではなく自分が逆さになってるのではないかと錯覚するくらい。

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドは側面もきれいなアルミ躯体
後方角部分

アルミ製ですが、丁寧に面取りされているので安全・安心設計。

時々、アルミ製にも関わらず切りっぱなしみたいなメーカーあるから注意する部分ですね。

背面は4点にシリコンパッドで滑り止め

裏面は、シリコンタイプの滑り止めが横長に付いているため、特に横への振動に強い印象。本体に合わせてのサイズ感でしょうが。

本体は表面プラ系は、裏面、側面はアルミ素材

プラもアルミもチープな触感・質感ではないのが所有欲を満たしてくれます。かっこいい。

こびぃ

半年使用してるけど、傷も使用感もほとんどないけど、表面はおそらく耐傷加工が施されているはず。どこにも記載はないけど。

サイズ/重量

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッド充電パッドのサイズ/重量

横幅は場所を選ぶサイズ感。重量も3in-1ワイヤレス充電としては普通って感じの重量。

本体サイズまとめ

  • 重さ:348.7g
  • 横幅:22.0cm
  • 奥行き:11.0cm
  • 高さ:1.5cm

Satechiトリオワイヤレス 充電パッドを使ってみる

Apple製品とSATECHI製品の相性は抜群

いよいよ実際に使ってみた感じをご紹介。

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドに乗せる前
  • AppleWatch6
  • AirPods Pro
  • iPhoneSE2

上記3点を充電します。

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドでApple Watchを充電中LED1点灯
AppleWatch
SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドでAirPodsPro充電中2LED点灯
AirPods Pro
SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドにiPhone充電3LED点灯
iPhone

上記のような感じで、置いた場所に応じて、前部にあるLEDインジケーターが反応してくれるので視認性が高く、充電ミスにも気づきやすくてよい。

反応遅延もなく使用感良し。

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドに乗せた後
まとまりあるデザイン

Apple Watchはソロループのようなシームレスアクセスが可能なワンループバンド系も充電部分を立てることにより、サッとつけるだけで充電できるのがGoodポイント。

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドの角度はMagicキーボードくらい
傾斜あり

傾斜がわずかですが、後方に向かってやや上がっています。そのため、充電中も確認しやすい。

デバイス3つとも滑らないように工夫されているので傾斜は使用に特に影響なし。

Apple製品以外充電はできないのか

結論:Apple製品以外出来ます。

ジャストサイズがApple製品向けということで、規格は通常のワイヤレス充電器と同じ。AirPods ProやiPhoneの部分はQi充電。

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドはApple以外のデバイスも充電可能

上画像の通り、AnkerのSoundCore Liberty Air2Soundcore Liberty Air 2 Proなんかも充電できました。

Apple Watchの部分に関しても、その他のウェアラブルデバイスの充電が可能。

対応機種の一覧
  • iPhone:8以降シリーズ(iPhone12シリーズは非対応)
  • Apple Watch:全シリーズ
  • AirPods:全シリーズ
  • Apple以外も可能!Qi充電対応しているGalaxy・Pixel・Huaweiなど。

充電量・充電スピード

公式説明では下記の通りになっています。

  • iPhone:7.5W
  • AirPods Pro:5W
  • Apple Watch:2.5W

実際に3つのデバイスを充電した結果が下記の通り。

バッテリー0の状態で10分充電

  • iPhoneSE2:10%前後
  • AirPods Pro:12%前後
  • Apple Watch:9%前後

3つのデバイスが充電0の状態で、同時充電時に上記のような充電速度でした。

Apple製品のリチウムイオンバッテリーは80%までは急速充電仕様なので、上記数値に限りなく近い充電量/スピードで充電していきます。

Satechiトリオワイヤレス 充電パッドはインテリアとしても映える

Satechiトリオワイヤレス 充電パッドは3台同時充電の性能もさることながら、リビングや寝室やデスク周りと場所を選ばずに設置することができるシンプルデザインなのも魅力の1つ。

リビングの収納棚の上に設置してもOK!

寝室のサイドテーブルやヘッドボード部分に設置してもOK!

SATECHIトリオワイヤレスチャージングパッドはデスクにもおける

もちろんデスク付近も相性抜群。

今はここで使用するけど、もしかしたら設置する場所を変えるかもしれない!って方の不安を打ち消してくれるのも良い部分です。

Satechiトリオワイヤレス 充電パッドを長期使用して感じたメリット・デメリット

Satechiトリオワイヤレス 充電パッド』を約半年利用して、感じた良かった点(メリット)と気になった点(デメリット)を記しておきます。

良かった点(メリット)
  • 価格相応の高級感あり
  • シンプルで秀逸なデザインで飽きない
  • 部屋のインテリアにもなるので置き場所に困らない
  • Apple製品との相性抜群
  • ケーブルを1つにまとめることが可能
  • 3in-1のワイヤレス充電の中では充電速度が早い
気になった点(デメリット)
  • 3in-1とはいえワイヤレス充電器としては高い
  • 横へのスペースが必要(約20cm)
  • iPhone、スマホを充電する部分のシリコンパッドにホコリがつきやすい

メリット部分を考慮しても、やっぱり気になる価格が高いことが大きなデメリットかなと。

あとは3in-1充電器にありがちな設置するにはある程度の縦or横の空間が必要。本製品は横への空間が20cm程度必要。

ホコリはワイヤレス充電あるあるなので、そこまで気にならないので、上記2点のデメリットをクリアできるなら間違いなく買ってよかったガジェットの1つになります。

SATECHIの3in-1は高いよ〜他にないの?って方は以下を参考にしてください。

安くて3台同時充電じゃなくて良い人向け

デバイスコスパが良いおすすめワイヤレス充電器
スマホAnker:PowerWave Pad Alloy
Anker:PowerWave10 Stand
Chotech:T535-S
ワイヤレスイヤホンAnker:PowerWave Pad Alloy
Chotech:T535-S
ウェアラブルウォッチWuudi:WatchStand
おすすめデバイス種別ごとのワイヤレス系充電器

Satechiトリオワイヤレス 充電パッド長期レビューのまとめ

SATECHI
トリオワイヤレス 充電パッド

Good

・秀逸なデザイン

・高級感

・ケーブルをまとまる

・インテリアにもなる


Bad

・高い

・横へのスペースが必要

使用感
8.5
デザイン・質感
9.5
価格
7
オススメ度
8
おすすめする人
おすすめしない人
  • 高級感のワイヤレス充電器が欲しい
  • 3台同時充電したい
  • ケーブルを1つにまとめたい
  • 長期間使用できる作りの良い製品が良い
  • インテリアにもなる充電器が良い
  • 無名のワイヤレス充電器は嫌だ
  • 安いワイヤレス充電器が良い
  • 3台同時充電じゃなくて良い
  • 充電器に高級感やおしゃれを求めていない
  • iPhoneシリーズ12の方

本記事『Satechiトリオワイヤレス 充電パッド長期レビュー丨3台同時充電。デスク・寝室・リビングすべてにハマるデザイン』では、高級感漂う3in1充電器をご紹介しました。

長期間使用して、不具合は一切おきず、インテリアに馴染むことからさすが「SATECHI」といった匠の技が光るワイヤレス充電器。

一度手にすると、簡単には手放せない魅力が詰まっているワイヤレス充電器ですので、ぜひ検討してみてくださいね。

2021年夏頃からiPhone12が非対応となりました。iPhone12シリーズを使用している方は下記事を参考に。

iPhone12シリーズならBelkin3-in-1がおすすめ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる