RAVPower RP-PC136のレビュー|USB-C&Aの4ポートで65W出力のロマン充電器

RAVPower RP-PC136のレビュー

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • RAVPower RP-PC136について
  • 最大4台同時充電でき、最大出力65Wの充電器について

今この記事を読んでくださっている方も、ボク同様に毎日何かしらのデバイスを触る日々をお過ごしだと思います。

スマホをはじめ、タブレット、ノートPCとありとあらゆるデバイスを充電するためにポート数が多い充電器、例えば4ポート充電器など一家に一台あるとかなり重宝します。

といって、4ポート充電器を手に入れても、出力が足りないと中型サイズ〜のデバイスを充電するには厳しいですよね。

「そんなこと言ってもポート数と高出力の両立って難しいのでは?」って思った方に朗報。

USB-C(PD対応)の高出力65W搭載していて、合計4ポート充電器があるんですよ。それが「RAVPower RP-PC136」です。

RAVPower RP-PC136は性能の高さから、MacBookのおすすめ充電器として選ばれています。

こびぃ

『ノートPC+タブレット+スマホ+小型デバイス』の4台同時充電が可能だよ!

では、本記事『RAVPower RP-PC136のレビュー|USB-C&Aの4ポートで65W出力のロマン充電器』のレビューを書いていきます。

RAVPower RP-PC136(最大65W 4ポート)
RAVPOWER

MacBookのおすすめ充電器に選出

目次

RAVPower RP-PC136の特徴

RAVPower RP-PC136の特徴
RAVPower RP-PC136の特徴
  • MacBook Pro13インチを約2時間でフル充電
  • 最大出力65W
  • 最大4台のデバイスを充電可能
  • USB-C×2、USB-A×2のバランス良い4ポート
  • 小型&軽量のコンパクト設計
  • 安定性のある横向き四角柱タイプでどの面でも自立する

RAVPower RP-PC136」は非常に扱いやすいポート構成でありながら、65Wの高出力を実現し、さらに省スペースに設置ができるコンパクトなGaN(窒化ガリウム)搭載の充電器。

こびぃ

こんなん求めてたよ!って人が絶対多い充電器だと思う!簡単に言えば、延長コード+充電器が一つになった製品だよ!

製品仕様・スペックは下記の通り。確認したい方だけ、クリックして開いてくださいね。

こびぃ

USB-Aは最大18Wだけど、Apple製品はQC3.0に非対応だから最大12Wまでだから気をつけて!

RAVPower RP-PC136のレビュー

RAVPower RP-PC133の外箱

いつものRAVPower製の白×青緑×青のパッケージ。

内容物

RAVPower RP-PC136の内容物4点

同梱品は「RP-PC136」本体含めて全部で4点。

内容物
  • RAVPower RP-PC136本体
  • 電源ケーブル
  • ユーザーガイド
  • サンキューカード
RAVPower RP-PC136の付属電源アダプター

電源ケーブルは本体着脱式。

外観/デザイン

RAVPower RP-PC136の本体外観:デザインがかなりおしゃれかっこいい

外観は一見アルミや金属タイプのような素材に感じますが、プラスチック素材のような手触り。程よい光沢でやや角張った形状が高級感を演出しています。

こびぃ

ブラック×シルバーのツートンカラーのコントラストはマジでかっこいい。

RAVPower RP-PC136は手のひらにコロンと乗っかるサイズ感

手のひらに乗るくらいの小さいサイズ。プラグがなくてビジュアルがスマートなのも良き。

「RP-PC136」のポート面は左に『USB-C×2、右にUSB-A×2』の合計4ポートで最大出力は65Wという才能豊かな充電器。

RAVPower RP-PC136のアダプター面に充電規格が記載されている

4ポートの反対側は電源ケーブルのコネクターと細かな規格が記載されています。

RAVPower RP-PC136のケーブルの長さは約150㎝
長さ1.5m

電源ケーブルを接続▲
ケーブルはよくあるタイプの癖がつきやすい・・・・・・・タイプなので、なかなかまっすぐにはならない。ちょっと扱いにくいけどそんなに気にならない?って感じです。

こびぃ

ケーブルの長さは約1.5mあるから、よく見かける延長コードのようなもんだね!この長さは離れた場所で使いやすい!

RAVPower RP-PC136は電源が入ると、緑色のLEDが点灯する

コンセントに接続すると、「RP-PC136」本体のポート側の内蔵LEDが緑色に点灯して、これまたかっちょいい。

こびぃ

ポート側から見ても点灯がわかるから、暗所などでポートの差込口がわかる仕組みだよ!目に刺さらない明るさがGood!

サイズ/重量

サイズはちょうど良いサイズ!を体現してくれているかのような本当にちょうど良いサイズです。

RAVPower RP-PC136のサイズ比較3機とも小さい

左から、「iPhoneSE2」「RAVPower RP-PC136(本機)」「UGREEN 65W 4ポート」です。
一番右のUGREEN 65Wと同出力で同ポート数です。

RAVPower RP-PC136の3機の厚みはそれぞれ異なる

「RAVPower RP-PC136(本機)」「UGREEN 65W 4ポート」の違いはポートのタイプと向きが異なるって所で、サイズも横型と縦型って感じでわかれます。

こびぃ

「RP-PC136(本機)」のように四角柱の形で、どの面でも自立するタイプの充電器は本当に使いやすいよ!

RP-PC136の重量は160グラム
ケーブルなし
RP-PC136の重量はケーブル込で250g
ケーブル込

ケーブルなしの計測は166gだが、公式では160g表記。ケーブルありで約250g。ハムスターくらいの重量で手のひらサイズとはまさにこのこと。

サイズ/重量まとめ
  • 横幅:7.6cm
  • 奥行き:4.1cm
  • 厚み:4.1cm
  • 重量:(ケーブルあり250g)

RAVPower RP-PC136の充電仕様の確認

RAVPower RP-PC136」は、最大出力65Wまで対応しています。最大出力条件はUSB-C(PD)を1ポートで充電すること。

こびぃ

65Wあれば大半のノートPCを急速充電できるよ!MacBook Pro13インチも最大スピード・・・・・・で充電できるからね!

「RP-PC136」の4ポート充電の仕組みが少々ややこしいので、どんな感じで充電できるかチェックしておきますね。

USB-C1USB-C2USB-A1USB-A2TOTAL
65W65W
65W65W
18W18W
18W18W
45W18W63W
45W18W63W
45W18W63W
18W18W18W54W
45W12W12W69W
18W18W12W12W60W

表で見てもわかりにくいよ!って方もいるかと思いますので、次にイラストでご紹介。

RAVPower RP-PC136のポート使用別の出力仕様 2

上記を参考にした上で、実際に「RP-PC136」を使用してデバイスに充電していきます。

RAVPower RP-PC136の充電(給電)性能を確認

1ポートの確認はそのまま確認できます。それ以外の2ポート〜4ポート利用時は、確認したい部分だけみてくださいね。

こびぃ

全部そのまま載せると長ったらしくなってしまうから、1ポート以外は全部クリックで確認できるようにしているよ!

1ポート「USB-C」で充電

RAVPower RP-PC136の1ポート利用時の出力チェック

充電するデバイス

  • MacBook Pro13インチ
RAVPower RP-PC136でMacBookを充電(1ポート使用時)

最大65WでMacBook Pro13インチを充電

RAVPower RP-PC136の1ポート利用時の最大出力は約65W

約56.3W(MacBook Pro13インチ)

理論値測定値
65W56W

最大65W出力に対して、実測は56Wと問題なくApple純正充電器を使用した時と、ほぼ変わらない高出力の結果に。

こびぃ

65WあればMacBook Pro13インチなら2時間ほどで0%→100%充電できるよ!

充電(給電)時の温度は問題なし

RAVPower RP-PC136の4台同時充電時の温度は36.9℃

画像の通り、4ポート利用時でも36.9℃と人肌やや熱いくらいで稼働しているため、安全に使用することができます。

RP-PC136」は、過電流保護、過熱防止、ショート防止などのマルチ保護システムがあるので、充電中の発熱レベルも抑えられていて安心ですね。

RAVPower RP-PC136の良かった点

実際にRAVPower RP-PC136を使用して良かった点が4つあります。

良かった点4つ

  1. 最大65Wの高出力&電力の安定供給
  2. 充電器周りをデトックス
  3. 延長ケーブルのように使える
  4. シックなデザインでインテリアに馴染みやすい

順に確認していきますね。

1.最大65Wの高出力&電力の安定供給

RAVPower RP-PC136はMacBookなどのラップトップも高速充電可能

最大出力が65Wという高出力はやはり魅力的。

ノートPCの大半を急速充電することができる出力があるので、非常に使いやすい。

高出力なので、任天堂スイッチなどにも充電可能

もちろんiPhone(スマホ)やiPad(タブレット)も充電できるのですが、任天堂スイッチなども最大スピードで充電することが出来ます。

こびぃ

ソファで任天堂スイッチのようなゲームをする人は、ソファ近くまで延長コードのような形で「RP-PC136」を繋いだら良いと思う!

電力が安定している

4ポートや3ポートなど、複数ポートで困ることが時々あります。

それは、ポートを追加で接続するたびに、現在※通電中の機器が一度切断され再度ネゴシエーションした後通電する機器が多い。

※どういうこと?

簡単に言うと、充電ケーブルを追加で挿すと充電が途切れてしまう現象。この現象は充電しているデバイスによっては致命的。

本機の「RAVPower RP-PC136」は上記のような接続が切れることなく、常に通電している状態を継続できるので安心できる要素の一つになり、良かった点と言えます。

2.充電器周りをデトックス

RAVPower RP-PC136は利便性が高い

RP-PC136」は、4台同時充電なのでこれまで一つずつ充電器を使用していた人なら、一気にデトックスして充電器をひとまとめにできるんですよね。

こびぃ

充電器がとっちらかることもなく部屋がスッキリして最高に気持ちが良いよ!

3.延長ケーブルのように使える

本来、充電器を使用したい場所が遠い場合は、延長コードを購入してさらに充電器を購入しなければなりません。

ただし、「RPーPC136」なら延長コード兼充電器のような使い方が出来ます。

RAVPower RP-PC136を使用しないと延長ケーブルを伸ばさないと行けない

通常は延長ケーブル+充電器が必要。

RAVPower RP-PC136の良かった点はACアダプターで延長できるところ

延長ケーブル+充電器の役割を「RP-PC136」が担ってくれる。

さらに、「RP-PC136」だとポートをかなり近くまで持ってくることができるので、上右画像のように、デバイスのケーブルが短くても使用しやすいです。

こびぃ

ケーブルまで短くできるから、より充電器周りがスッキリするよね!

4.シックなデザインでインテリアに馴染みやすい

RAVPower RP-PC136は寝室ヘッドレストなどに設置しても相性が良い

ベッドのヘッドレストにとの相性も抜群。ケーブルが見える部分を最小限にして4ポート利用できるので、めちゃ便利です。

ごちゃついたデザインではなく、重厚感かつ高級感を感じるビジュアルなので、落ち着いた室内だとシックに決まります。

RAVPower RP-PC136はデスク付近に設置しても相性良し

デスクまわりもケーブルが荒ぶることなく、スマートに決めることができるので現在デスク環境でケーブルごちゃつき問題に悩まされている方の救世主になるはず。

RAVPower RP-PC136は延長コードの代わりになる

延長ケーブル+充電器はガチャつくし、インテリアの邪魔になる。

RAVPower RP-PC136noはソファの横にも設置できる

「RP-PC136」だとスッと馴染んでくれるので、ソファに座りながら充電がスマートに。

ソファで使用するのであれば、必要な面のみ出すことができて、延長ケーブル+充電器の組み合わせより、ダサくありません。

こびぃ

「RP-PC136」のブラック×グレーでシンプルなデザイン様様!あと四角柱タイプってのも、視覚的におしゃれに感じさせてくれる!

RAVPower RP-PC136の気になった点

実際にRAVPower RP-PC136の気になった点は1つだけあります。

気になった点1つ

  1. ケーブル故障時はケーブル再購入が必要

正直言って、使用していてデメリットを非常に感じにくい製品でしたが、なんとか1つ絞りだせました。

1.ケーブル故障時はケーブル再購入が必要

「RP-PC136」に付属しているケーブルはメガネケーブルと呼ばれているもので、家電量販店ならどこでも取り扱っているケーブル。

故障した場合はケーブル再購入が必要。
※PS2などが家にあれば使用していたケーブルは使えます。(PS2はメガネ型ケーブル)

こだわりが強くRAVPower製のケーブルが良い!って方は要注意。RAVPower製のケーブルのみ・・・・・・再購入できるのか不明です。

これは「こびぃ!お前が問い合わせしろよ!」って話なのですが…また機会があったらSUNVALLEY JAPANさん(RAVPowerの製造企業)へ問い合わせをします。

メガネケーブルはたった数百円で簡単に長さも変えることができるので、もっと長いケーブルが良い方は下記のような物を購入しましょう。

2mのメガネケーブル

RAVPower RP-PC136のレビューまとめ

RAVPower RP-PC136はMacBookやiPhoneはじめ4機同時充電可能

RAVPower RP-PC136」は、最大65Wで四角柱タイプの取り回しが効きやすい。さらにコンパクト軽量ときています。

ポート構成も、『USB-C×2 USB-A×2」と平均的に所持しているケーブル数や種類を考えると使いやすさは、4ポート充電器としてはこの上ないのでは?と感じた非常に優秀かつ魅力的な充電器でした。

デスク上で固定して電源ドック代わりにできます。

さらに、ソファやベッドのヘッドボードへ固定して延長ケーブル+充電器のような使い方をしてくつろぎ空間をワンランクアップさせることが可能。

ボクのように小型ガジェットを多めに所持していて、MacBookのようなノートPCも同時に充電できる人には持ってこいの充電器と言えます。

さらに、MacBookのおすすめ充電器として選ばれるくらいの実力の持ち主。充電器に悩んでいる方は候補に入れて損はありません。

それではよき充電器ライフを!

RAVPower RP-PC136
使用感/質
95
デザイン
90
価格
90
総合評価
93
RAVPower RP-PC136(最大65W 4ポート)
RAVPOWER

MacBookのおすすめ充電器に選出

RAVPower RP-PC136のレビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる