RAVPower RP-PB232レビュー|出力90W 30,000mAhの超大容量の2ポートモバイルバッテリー

RAVPowerRP-PB232のアイキャッチ

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • RAVPower RP-PB232の使用レビューについて
  • 2ポート同時充電+最大90W出力のモバイルバッテリーのこと
  • 容量30,000mAhで大型ノートPCも充電できるモバイルバッテリーのこと

モバイルバッテリーはスマホやタブレット向けの小型かつ10,000mAhほどのラインナップは豊富ですが、ノートパソコン用となると限られます。

ノートパソコンとなると、大容量かつ大きな出力が必須になります。

容量と出力のどちらも叶えてくれるモバイルバッテリーがRAVPowerから発売されました。

30,000mAhの大容量に90Wの高出力を実現できるモバイルバッテリーのRAVPower「RP-PB232」です。

MacBook Proの15インチ16インチの充電にも対応しているパワフルモバイルバッテリー。

それでは本記事『RAVPower RP-PB232レビュー|出力90W 30,000mAhの超大容量の2ポートモバイルバッテリー』について3ヶ月ほど使用したボクがレビューしていきます。

期間限定クーポンが出ています
コード : PB232B98
期間 :6/2 – 6/6割引率 20%オフ (商品ページのクーポンと併用可)

RAVPower RP-PB232
RAVPOWER

コード : PB232B98
期間 :6/2 – 6/6割引率 20%オフ (商品ページのクーポンと併用可)

本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

目次

RAVPower RP-PB232の特徴

ポイントとしては大型ノートPCからiPhoneやApple Watchなどの小型デバイスまで充電が可能で、容量が30,000mAhという点。

RAVPower RP-PB232の特徴まとめ
  • 30,000mAh超容量
  • iPhone12を6.3回充電
  • iPad Pro 2020/11インチを2.5回
  • MacBook Pro15.4インチを1回充電
  • USB-A USB-C(PD対応)で2台同時充電
  • 最大90Wの高出力
  • 約500gの重量

「RAVPower RP-PB232」のスペックを確認します。見たい方だけクリックしてくださいね。

ボロ

出力や入力って何?って方のためにが簡単に書いている下記を参考してネ!

  • 出力モバイルバッテリーや充電器からiPhoneやiPad/MacBookなどのデバイスを充電するときに送り出すエネルギー※数値が高いほどデバイスが急速で充電が可能
  • 入力モバイルバッテリー本体を充電するときに受け取ることができるエネルギー※数値が高いほどモバイルバッテリー本体が急速で充電が可能

RAVPower RP-PB232の開封レビュー

外箱、内容物の順で確認していきます。

RAVPower RP-PB232の外箱

「RAVPower RP-PB232」は30,000mAhの超大容量ですが、パッケージはそこまで大きくありません。

RAVPower RP-PB232の内容物は4点
内容物

同梱品は「RP-PB232」を含めて4点。

内容物
  • RAVPower RP-PB232本体
  • USB-C&USB-Cケーブル
  • ユーザーガイド
  • サポート案内
RAVPower RP-PB232のケーブルはUSB-C&USB-C

同梱品の付属USBケーブルは「USB-C&USB-A」ケーブルです。USB-C&ライトニングやUSB-A&ライトニングで充電したい方は自身で用意する必要あり。ボクも使用していておすすめ出来るケーブルがAnkerのPowerLine。

USB-A&ライトニング

USB-C&ライトニング

Ankerのライトニングケーブルは「絡まらない&高耐久のライトニングケーブル」がイチオシ!
絡まらないAnkerライトニングケーブルのレビューを見る

本体外観/デザイン

RAVPower RP-PB232の外観
前面

傷がややつきやすい素材ですが、指紋がつきにくい素材です。

RAVPower RP-PB232の外観裏面
背面

背面も前面同素材で、細かな製品仕様が記載されています。

RAVPower RP-PB232の2ポートはUSB-C・USB-A
2ポート

USB−C(PD)90WとUSB-A(iSmart2=QC3.0)18Wのどちらも高出力で合計2ポート搭載。厚みは2.5cmなので、一部の10,000mAhモバイルバッテリーより薄いのでこれはすごい。

RAVPowerRP-PB232のLEDインジケーターは4段階表示
電源オフ時
RAVPowerRP-PB232のLEDインジケーターは物理ボタンでオンオフの切り替え可能
電源オン時

物理ボタンを押して、電源のオンオフ切り替え。LEDインジケーターは青色でよくある4段階仕様で本体残量を表示。

  • 1点灯⇨ ~25%
  • 2点灯⇨ ~50%
  • 3点灯⇨ ~75%
  • 4点灯⇨ ~100%

重量/サイズ

RAVPower RP-PB232は手で持てるサイズではあるが大きい

容量が大きい分本体サイズもそこそこ大きいもののすべりにくく、持ちやすく握りやすい形状&素材。

iPhoneSE2とサイズ比較

RAVPower RP-PB232はiPhoneSE2と長さがさほどかわらない

約1cmほど、横幅は約2cmほどiPhoneSE2より「RP−PB232」の方が長いです。

RAVPower RP-PB232の厚みはiPhoneSE2の3倍ほどある

iPhoneのちょうど3台分くらいの厚みです。

こびぃ

重量も大切だけど、薄いって結構重要なポイント!薄いとバッグ以外にもガジェットポーチにも入るからね!

RP-PB232の重量は約540g

RAVPower RP-PB232は約540gの重量
重量は約540g

ペットボトル500ml一本分くらいの重量があるので、普段持ち歩くにしてはやや重たく感じる重量。ただ容量30,000mAhを考えると軽いし、サイズは小さいな〜って思えますね。

重量/サイズまとめ
  • 重さ:538g(公式サイト:540g)
  • 横幅:15.1cm
  • 奥行き:8.7cm
  • 高さ(厚み):2.5cm

RAVPower RP-PB232の充電仕様をわかりやすく解説

「RAVPower RP-PB232」は容量が※30,000mAhある超大容量かつ最高出力90W(MacBook Pro15.4㌅を急速充電可)で充電することが可能なハイパワーモバイルバッテリーです。

容量30,000mAhってどれくらい

  • iPhone12→6.3回
  • GalaxyS20→4.5回
  • iPad Pro→2.5回
  • MacBook Pro15.4㌅→1回

「RAVPower RP-PB232」の最大出力90Wを出す条件はUSB-C(PD)を1ポートで充電すること。

こびぃ

90Wあれば、ほぼどんなノートPCでも急速充電できるよ!MacBook Pro15.4インチも最大スピード・・・・・・で充電できるからね!

「RP-PB232」の2ポートはどんな感じで充電できるか仕組みをチェックしておきますね。

USB-CUSB-ATOTAL
90W90W
18W18W
65W18W83W

表で見てもわかりにくいよ!って方もいるかと思いますので、次にイラストでご紹介。

RAVPowerPR−PB232の充電出力仕組み 2

上記を参考にした上で、実際に「RP-PB232」を使用して各デバイスを充電チェックしていきます。

RAVPower RP-PC232の『出力/入力』性能を確認

こびぃ

全部そのまま載せると長ったらしくなってしまうから、1ポートUSB-C以外は、見たい部分のみクリックで確認できるようにしているよ!

RP-PC232の出力

1ポート「USB-C」で充電

RAVPowerRP-PB232のUSB−Cのみ充電時は出力90W

充電するデバイス

  • MacBook Pro13インチ
RAVPowerRP-PB232でUSB-C1ポートで充電時は最大90W出力

USB-C(MacBook Pro13㌅)

RAVPowerRP-PB232のUSB−C充電時の出力は約90W

約57W(MacBook Pro13㌅)

理論値測定値
90W57W

最大90W出力に対して、実測は57Wでした。

90W出なかった理由は、僕のMacBookがProの13インチで60Wまでしか受け入れることが出来なかったことですので、エラーではありません。

すみません。90Wレベルで充電出来るデバイスを持っていないという…

MacBook Pro13㌅だと使用しながらの充電で『30分/35%』近く充電できました。

こびぃ

ちなみに90WMacBook Pro15や16インチレベルを約2時間30分ほどで0%→100%充電できるよ!

*RP-PB232モバイルバッテリーは『30,000mAhの超大容量+2台同時充電時に【65W+18W】で充電出来ること』が最大の強みです。

RP-PC232の入力

RAVPowerRP-PB232本体を充電時は60Wで入力出来る
理論値測定値
60W58W

最大60Wの入力対応しているため、RP-PB232本体を約2.5時間でフル充電にすることが出来るので、残量がなくなっても帰宅して充電すれば毎日使用できます。

こびぃ

昔は大容量のモバイルバッテリーは本体の充電に7時間以上かかっていたから、技術の進歩はすごいね!

【要注意】本体を急速充電するためには60W以上の充電器が必要

先述の本体を2.5時間で充電するためには、条件があります。最大60W出力に対応しているUSB-C(PD対応)の充電器が必要。

RAVPowerRP-PB232本体を充電する相性良い充電器は「RP-PC112」もしくは「RP-PC133」が良い
左:RP-PC112
右:RP-PC133

60W以上で本機と相性が良い充電器はRAVPowerの「1ポートのRP-PC112」もしくは「2ポートのRP-PC133がおすすめ。

どちらも60W以上あるのですが、サイズとポート数が異なるので用途に合わせて選択すれば良いかと思います。詳細は下記の記事でご覧ください。

1ポートのRP-PC112

2ポートのRP-PC133

RAVPower RP-PB232の良かった点

実際にRAVPower RP-PB232を使用して良かった点が4つあります。

良かった点4つ

  1. MacBook15.4インチや大きめのノートPCと相性良い
  2. 〜5泊くらいの旅行も可能
  3. 複数人で使ったりするにはベストな容量
  4. 厚みがない分サイズの割に持ち運びがラク

順に確認していきますね。

1.MacBook15.4インチや大きめのノートPCと相性良い

RP-PB232はMacBookや大型デバイスと相性良し

30,000mAhの超大容量ももちろん大型ノートPCと相性は良いのですが、何より相性が良いのは最大出力が90Wというところ。

現在90Wの高出力、同時使用時でも65Wの高出力を発揮できるモバイルバッテリーはほんの一握りです。

最大の魅力はMacBook Pro15.4㌅など大きなノートPCまで充電できるハイスペックな部分と言えます。

2.〜5泊くらいの旅行も可能

RP−PB232は旅行などにも相性良し

重量は約540gなので、旅行用のバックパックに入れて持ち運ぶ分にはあまり気にならない重量。

RP-PB232があればカメラも充電出来る

旅行の必需品のカメラの充電もお手の物!

旅行中のカメラの充電はいざって時に重宝しますよね。もちろんアウトドアなどにも相性よし。

こびぃ

一眼カメラやミラーレス一眼カメラのバックパックの容量は約2,000mAhくらいだから、容量30,000mAhの「RP-PB232」だと約10回は充電できるよ!

3.複数人で使ったりするにはベストな容量

RP-PB232だとiPhoneが約6回充電できるので家族で使う時などは便利

スマホなどの小型デバイスを家族やカップルなど2人以上で使うには安心容量の30,000mAh。

常に充電できる状態をキープすることで、カップルでデート中や家族で外出中スマホのシャッターチャンス!なのに電池が切れて大切な1枚が撮れない…なんてこともなくなります。

4.厚みがない分サイズの割に持ち運びがラク

RP−PB232は厚みがないのでウェクスレイのバックパックにも簡単に入る
WEXLEY ACTIVE PACKにも相性良し

30,000mAhで超大容量と言っても、厚みは2.5cm。

よくある10,000mAhや20,000mAhと厚みは一緒もしくはモノによっては薄いくらいなので、バックパックの隙間ポケットにもすっぽり収まります。

RP−PB232は厚みがないのでガジェットポーチにも簡単に入る
デイズポーチにも相性良し

普段使用している長さや厚みは20,000mAhのRP-PB201と変わらないので、僕のお気に入りポーチユウボク東京デイズポーチにもすんなり収まります。

ユウボク東京デイズポーチのレビューを見る

RAVPower RP-PB232の気になった点

実際にRAVPower RP-PC136の気になった点は2つ。

気になった点2つ

  1. 一人で普段使いをするには持て余すスペック
  2. 60W以上の高出力充電器が必要

順に確認していきますね。

1.一人で普段使いをするには持て余すスペック

1.一人で普段使いをするには持て余すiPhoneやタブレットのみには相性悪い
一人で小型デバイスのみを
充電するには不向き

やはり30,000mAhで最大出力90Wというのは、大きなノートPC/MacBookPro15㌅〜所持していないとあえて持つ必要がないスペックと言えます。

よって、普段スマホやタブレットを一人で使用している方からすると、ここまで容量いらないよ。って思うかもしれません。

とはいえ、スマホやタブレットしか持っていなくても最大6人くらいiPhoneの充電が出来る超大容量なので、家族で出かけるときなどは最高に相性が良いと言えます。

2.60W以上の高出力充電器が必要

本体容量が多いため、60W以上の充電器を所持していないといつまで経っても本体を充電完了することができません。

そこで本機「RP-PB232」の性能を最大限に発揮するために、先述の通り、60W超えの充電器を用意する必要があります。

使い方によってはRP-PB186やRP-PB201もあり

下からRAVPowerの「RP-PB232」「RP-PB201」「RP-PB186」で容量はそれぞれ、『30,000mAh/20,000mAh/10,000mAh』と奥に行くに伴って容量もサイズも小さくなります。

厚みはすべて同じで、サイズは横幅が上画像の通り異なります。ポートの向きは10,000mAHの「RP-PB186」のみ横向き

横向きポートの利点はApple WatchのUSBーC直挿し充電器の「MACO GO」や「Satechi」を挿して充電しやすい点が大きなメリット。

こびぃ

上記のことから、一番小さいサイズの「RP-PB186」は小型デバイス充電に特化していることがわかるね!

重ねてみるとワンサイズずつ小さくなるイメージ。ただし、厚みだけはすべて2.5cmなので、どれも握りやすく持ちやすいサイズ感。

3機種をわかりやすくまとめた表はこちら▼

製品名ポート数容量最大
出力
サイズ
重量
おすすめ
充電機器
iPhone12充電回数
(約)
RP-PB232
(本機)
USB-A
USB-C
2ポート
30,000
mAh
90W横幅:15cm
奥行き:8.7cm
高さ:2.5cm
重量:540g
MacBook Pro13㌅◎
MacBook Air◎
iPad◎
iPhone◎
6回
RP-PB201USB-A
USB-C
2ポート
20,000
mAh
60W
横幅:15cm
奥行き:6.7cm
高さ:2.5mm
重量:374g
MacBook Pro13㌅◯
MacBook Air◎
iPad◎
iPhone◎
4回
RP-PB186USB-A
USB-C
2ポート
10,000
mAh
18W横幅:11.1cm
奥行き:5.1cm
厚み:2.5cm
重量:183g
MacBook Pro13㌅✕
MacBook Air△
iPad◯
iPhone◎
2回

普段スマホやタブレットしか持ち歩かない方は「RP-PB186」がピッタリで、PCも持ち運ぶって方は、容量や重量との相談で「RP-PB201」か本機の「RP-PB232」を選択すれば良いですね。

こびぃ

出かける時に家族とシェアしたり、旅行などに良く行くなら本機の『RP-PB232』が断トツでおすすめ!

RAVPower RP-PB232のレビューまとめ

RAVPower RP-PB232」はMacBookやノートPCのヘビーユーザーは一つは持っていて損はないモバイルバッテリー。

さらには複数のデジタルデバイスのバッテリーを一元化したい方にもおすすめ。

大型デバイスが無くても、スマホ充電するために外出時に家族や恋人と使いまわしたい。準備万端にして旅行に行きたい。カメラなども充電したい。

などを叶えてくれる安心アイテムの一つと言えます。

超大容量の30,000mAhかつ最大90Wの高出力モバイルバッテリーは市場に出回っていませんので、魅力を感じた方は確認してみてくださいね。

RAVPower RP-PB232
使用感/質
90
デザイン
95
価格
75
総合評価
88

期間限定クーポンが出ています
コード : PB232B98
期間 :6/2 – 6/6割引率 20%オフ (商品ページのクーポンと併用可)

RAVPower RP-PB232
RAVPOWER

コンセント一体型おすすめモバイルバッテリー

RAVPowerRP-PB232のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる