PITAKA Pita Tag for Cable レビュー|USB C to Lightningケーブルが1つになったマルチAirTagケース

PITAKA Pita Tag for Cable レビュー|USB C to Lightningケーブルが1つになったマルチAirTagケース
お得情報

もうAirTagのケース決まりましたか?

AirTagを安く買ったり、追加購入したら殆どの人が買うであろうAirTagケースでおすすめできるケースPITAKAの新発売 AirTagケース「PITAKA Pita Tag for Cable」を紹介します。

この記事でわかること

  • PITAKA PitaTag for Cableの使用感/レビュー
  • AirTagにおすすめできるAirTagケース
PITAKA Pita Tag for Cableと他製品

AirTagは、車の盗難防止やお子さんに持たせて状況を確認できるようにしたりと、ここ最近徐々に人気になっています。

そしてApple製品の魅力はなんといっても、サードパーティ製のアクセサリーが豊富なこと。AirTagケースも人気アクセサリーの1つ。

せっかくなら、AirTagをオシャレにかつもっと実用的にしたい!

このように考えている人は、特に参考になるレビュー記事なので、ぜひ最後まで読んでください。

こんな人には、今からレビューを書くPITAKA PitaTag for Multi-toolの本記事をぜひ最後まで見ていただきたいです。

では本文を見て行きましょう!

目次

PITAKA Pita Tag for CableってどんなAirTagケースか【特徴・メリット レビュー】

PITAKA Pita Tag for Cableキレイに蓋ができて完成

PITAKA Pita Tag for Cableがどんな製品で、おすすめできるAirTagケースなのか特・メリットから見ていきます。

  • 贅沢なプレミアムレザーとアラミド繊維のコラボ
  • USB-C to ライトニングケーブルが1つなったAirTagケース
  • いつでもどこでもiPhoneやAirPods Proを充電できるようになる
  • 鍵以外にもバッグやガジェットポーチとも相性が良い

贅沢なプレミアムレザーとアラミド繊維のコラボ

PITAKA Pita Tag for Cable持った感じ
PITAKA Pita Tag for Cableの側面

前面にレザー素材を使用し高級感を演出。さらにPITAKAと言えばスーパー繊維「アラミド繊維」を前面中央部分にあしらっていて上手に素材を共存させています。

レッド+オレンジのようなカラーをアラミド繊維とレザーの境界線に使用しているため、ワンポイントとしても暗闇の視認性の高さを作りだしています。

レザーはほどよいしっとり感があり、手から滑り落ちにくい質感で手馴染み良し。

USB-C to ライトニングケーブルが1つなったAirTagケース

PITAKA Pita Tag for CableはUSB-Cとライトニングケーブル

このPITAKA Pita Tag for Cableの注目性能がこのケーブル。

本体を取り付ける際に用いる付属ケーブルの先が「USB-C」「ライトニング」のポートになっています。

つまり、ただのAirTagケースではなく、AirTagケースと充電ケーブルを同時に持ち運ぶようなイメージで使用可能です。

荷物を減らすことができる

PITAKA Pita Tag for Cableをガジェットポーチにつけてライトニングが不要になる

ケーブルが一本増えるということは、ガジェットポーチに入れている人も多いであろうAnker PowerLineⅢ FlowのようなLightning充電ケーブルを持ち運ぶ必要がなくなるため、荷物を1つ減らせます。

いつでもどこでもiPhoneやAirPods Proを充電できるようになる

有線充電で急速充電可能

iPhone用モバイルバッテリーやMagSafeモバイルバッテリーに直接付属ケーブルを差し込みiPhoneを充電ができるので、必要な充電機器があればケーブルを持ち歩かなくても充電可能。

もちろんiPhone用の急速充電器などを使用することもできます。付属のケーブルは「MFI認証」です。

MFI認証とは

iPhoneを急充電で説明の通り、『Apple社から認証済み製品』のこと。つまりApple基準をクリアした安全で高品質製品のことを指します。

iPadやMacBookのような中型デバイスから給電可能

充電器やモバイルバッテリーからでなくても、MacBookiPadにケーブルを差し込んでiPhoneへ給電することができます。

鍵以外にもバッグやガジェットポーチとも相性が良い

鍵に取り付け使用

このケースに入れたAirTagは、充電ケーブルつきなので、紛失したものをただ探すための「AirTag」から進化した使い方ができます。

PITAKA Pita Tag for Cableをガジェットポーチにつける手順
バックパック

例えば

忘れてはいけないガジェットポーチにつけつつ、いつでも充電できるスタイルにしたり、どんな場所にも馴染みやすいデザイン性の高さを活かしてバックパックのキーホルダーの代わりとして使えます。

PITAKA Pita Tag for Cable 開封レビュー

PITAKA Pita Tag for Cableを開封する時の様子をレビューするので付属品の確認やプレゼント用に気になる梱包などの確認をしてください。

パッケージ/付属品

スクロールできます
PITAKA Pita Tag for Cableパッケージ
PITAKA Pita Tag for Cable裏箱
PITAKA Pita Tag for Cableの箱と中箱
PITAKA Pita Tag for Cableの薄シート
PITAKA Pita Tag for Cable開封時

PITAKAケースはパッケージがしっかりしていることでおなじみですが、本製品のパッケージも例に漏れず人に上げても恥ずかしくないカチッとした質感のパッケージです。AirTagってケースごとプレゼントする人も多いので、PITKAケースって自分・他人どちら用にもおすすめです。

PITAKA Pita Tag for Cable付属品

付属品は本体、ケーブル、取説の3つにみえますが、本体のAirTag収納部分にテープが入っていて合計4つです。そしてこのテープが非常に重要!あとで説明します)

デザイン/外観

PITAKA Pita Tag for Cable本体表
PITAKA Pita Tag for Cable本体裏

全体がレザーで、アラミド繊維との融合を楽しむことができるデザイン。PITAKAロゴが小さく背面にはいっていて、無機質な背面部分を飾ってくれていてなんかかわいい。

PITAKA Pita Tag for Cableの端が丁寧な仕上がり

縫製がないため、接着剤か圧着して上下がつながっているタイプ。レザーの表情もきめ細かいので、良い質感を楽しめる。

USB Type-C to Lightningケーブルは約13cm

ケーブルが約13cm

付属のUSB Type-C to Lightningケーブルが約13cmなので、長すぎて邪魔になることもなし。ただ充電時は長い距離を確保することができないので、「持ち運び or 充電のしやすさ」この辺りはトレードオフですね。

ケーブルを覆っているのはナイロン素材

ケーブルは平らな形状のナイロン素材。結構硬めで柔軟性はないですが、耐久性はありそう。

ケーブルはマグネット式

マグネット式ケーブル
マグネットでケーブルが簡単にくっつく

ケーブル先端の内側にマグネットが仕込まれているので、特別なにをするわけでもなく、ケーブル同士の距離を近づけるとピタッとくっつきます。

PITAKA Pita Tag for Cableを本体にはめ込むだけ

ケースにケーブルを差し込んで、ひねるとAirTagケース用のケーブルとして使えます。

サイズ/重量

iPhoneとAirTagピタカケース
iPhoneとAirTag・ピタカケース

PITAKAには他のAirTag「PitaTag for Multi-too」とも並べてみましたが、本製品の方がスタイリッシュで長さがあります。

ビジネス関連のアイテム、例えばバッグなどに装着するなら本製品「Pita Tag for Cable(Amazon)」の方が相性がピッタリです。

pitaka公式
出典:PITKA公式

重さは約20gなので知れてます。つけようと思えば、スマホのストラップホールにも使用できる可能性あり。

サイズ/重量
  • 長さ:12.4cm
  • ケーブルを伸ばしたときの長さ:約13cm
  • 横幅:4.1cm
  • 重量:20.3g

PITAKA Pita Tag for Cableを使用してみた

PITAKA Pita Tag for Cableを実際に使ってみたときの様子を紹介します。

その前に装着方法から!罠というか、自分は完全にミスったので参考にしてください。

装着方法【注意点あり!】

この作りがシンプルだったので、取り扱い説明書をきちんと読まなかったことを後悔…

PITAKA Pita Tag for Cableは後ろの蓋を撮って入れる

本ケースの背面を開封して、そこにAirTagをいれたわけですが、これが失敗。

貼っておかないと詰む

さぁAirTagを一度取り出そう!!…ん?あれ?どうやって取るんだ?!あれあれ!!!!ってテンパる。

そう!所狭しとAirTagがビッチリハマっているのでとりだせなくなったんですよ!

これはPITAKAが悪いとかは全くなく、自分の確認不足…

AirTagの取り出し
傷はつかなかったけど同じことなったらマイナスドライバー必須
マイナスドライバーで端の隙間から救出

急遽Xiaomiのドライバー(Amazon)を取り出し、極細マイナスドライバーで取り出しました。

AirTagに付属のシールを貼る必要があった

AirTag シール

Pita Tag for Cableケースの中に、「なんかよくわからん紙が入ってるなぁ」って取り出したこの子。これシールなんですよ。

で、このシールをAirTagに貼る必要があったわけです。(不要だとおもって、一度クチャッとしてしまいました…)

シール貼り付け
内側に織り込む
本体裏面

付属のシールを貼っていても、AirTagを収納している部分のケース蓋はしっかり締まります。

シールを貼ってもしっかり中にいれることが可能

取り出すときは
付属のシールをAirTagに貼ったおかげで、透明の帯みたいなのがヒョロってでて、これを引っ張るだけで簡単にAirTagを取り出せるようになり一安心。

大本命はガジェットポーチや鍵ではなかろうか

PITAKA Pita Tag for Cableをガジェットポーチにつけるとケーブルが一個不要になる
鍵に取り付け使用

相性が良いのは充電機器と近い距離、もしくはデバイスと近い距離で常に持ち運ぶ系のモノとPita Tag for Cableは相性が最高に良いです。

ケーブル+AirTagを一緒に持ち運べるって本当に楽なんですよね。

モバイルバッテリーで充電すぐ出来る

iPhoneモバイルバッテリーのような充電機器を取り出し、簡単にiPhoneを充電できるのは充電ハックというか、ライフハックに近いモノ。

バックパックやビジネスバッグに装着もあり

バックパック
PITAKA Pita Tag for Cableをバックパックへ

シャープでシンプルなデザインで、レザー・アラミド質感が相まってかっこいいんですよ。

WEXLEYのようなミニマルなバックパックにも良いんですけど、ビジネス系のバッグとの溶け込み具合が手練の業のよう。さすがPITAKA製品。いやぁシンプルにかっこいいな。

ちなみにこのバックパックは2021年の買ってよかったもので紹介しているので、気になる方はこちらからどうぞ>>2021年買ってよかったもの

AirTagの電波妨害などは一切なしいつも通り使用できる

iPhoneとPITAKA Pita Tag for Cable
問題なく電波でてる

iPhone 13 ProiPhone 14 ProどちらのiPhoneも「iPhone探す」で確認しましたが問題なし!

PITAKA Pita Tag for Cableのデメリット【気になる点】

PITAKA Pita Tag for Cableを数日使用してデメリット(気になった点)がありましたので紹介します。

デメリット
  • 充電ポート部分が太くて入らない時あり

充電ポート部分が太くて入らない時あり

フシがある

ケーブルを通す時に、このポート根本部分が太いため、通す穴などが小さいと入らないです。

太いから取りにくい

aso TOFTPOUCH+のチャック部分やウェクスレイのチャック部分はギリギリでした。

細いチャックに通すことを想定しているなら、あまりおすすめできません。

PITAKA Pita Tag for Cableはこんな人におすすめ

最後にPITAKA Pita Tag for Cableはどんな人におすすめかまとめます。

こんな人におすすめ
  • レザーのAirTagケースを探してる
  • デザイン性・機能/実用性どちらも求めたい
  • AirTagをガッチリ前面保護できるケースが欲しい
  • シンプルでどんなアイテムにも溶け込むデザインが好き

意外なんですけど、おすすめできるAirTagケースにレザー素材が少ないので、レザー製品好きに選択肢が増えたことはかなり喜ばしいこと。

また、オシャレなデザイン以外にも機能と実用性を兼ね備えているので、長期的に活躍してくれそうなApple関連のアクセサリーでもあります。

もう一つのPITAKA AirTagケース「PitaTag for Multi-tool 」もあり

PITAKA Pita Tag for Cableともう一つのピタカAirTagケース

PITAKAは現在AirTagケースを2種類販売しており、どちらも用途目的やデザイン性が異なるので、本製品がちょっと違うな!ってなるなら同社のPitaTag for Multi-toolを一度チェックしてくださいね!

AirTagケース名特徴
PitaTag for Multi-tool
(本製品)
レザー+アラミド繊維の高級素材

充電ケーブル搭載

AirTagが一切表から見えない
PitaTag for Multi-toolサージカルステンレス素材で高耐久
4つのマルチツール搭載
AirTagは白い部分をデザインとして見せている

PITAKA Pita Tag for Cable レビュー【まとめ】

PITAKA Pita Tag for Cableと他製品

PITAKA Pita Tag for Cableについてレビューを書きました。

これからAirTagケースを購入したい!と考えている方は、一度検討しても損はしないケースになっています。

特にiPhone利用者はLightningケーブルを持ち歩く必要がなくなるので、それだけでも本製品を欲しいと考える人も多いでしょう。間違いないのでおすすめしたいです。

ちなみに自分はこのデザインを気に入ったので、これからも他のPITAKA製品とともに毎日をカッコよく、豊かにAppleライフを楽しんでいきます!

気になる方は一度見てくださいね!ではまた!

お得情報

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時は、できるだけお得に購入しよう!

直接購入するのではなくクレジットカードでギフト券をチャージして、ギフト券で購入するとひと手間加えるだけでお得に買物できるようになります。

Amazon gift charge

\最大0.5%ポイント還元リンクはこちら/

Amazon公式
ギフト券チャージのエントリーはこちら

PITAKA Pita Tag for Cable レビュー|USB C to Lightningケーブルが1つになったマルチAirTagケース

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次