moshi ClearGuard MacBook用 2年レビュー|Air/Proのキーボードカバーはこれがベスト!

【レビュー】2年使ってみたmoshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーはこれでOK

こんにちは!コビガジェライフライフのこびぃです。

さっそくですが

MacBook(12-inchi)、MacBook Pro、MacBook Airを使っている愛すべきMacBookユーザーの方へ

「キーボードカバーがダサい!」「キーボードが打ちにくい!」と思ってキーボードカバーをつけてないなんてないですよね?そんなまさかですよね…

はっきり言って、MacBook(Air/Pro)のキーボードにカバーを装着してない人はマジでやばい

ボロ

ドウシタ?腹立つキャラやないカ!

いやこんな感じで書かないと読んでくれないのでは?と思いまして。って言うのも、マジでMacBook(Air/Pro)を購入してキーボードに何も装着していない人がかなりリスキーだからです。

なぜなら、ボクは昔何もつけていないときに事故って、修理費で5万円くらいぶっ飛びましたから…

こびぃ

キーボードは2回故障してて、一回はコーヒーこぼして、もう一回はキーボードの調子が悪くて自分で分解してこわしてしまった…

キーボード壊れるとマジで凹みますよ。

カバーをつけたくない一番の理由はキーボードの打鍵感に違和感を覚えるからって理由が多いと思います。

自分も過去に1,000円くらいの安物を使用していて、打ちにくくて装着していませんでしたからね。ただこのmoshiカバーはそんな打鍵感の違和感をかんじさせないので、ホンマにおすすめ。

では、そんなmoshiカバーの詳細を本記事の『moshi ClearGuard MacBook用 2年レビュー|Air/Proのキーボードカバーはこれがベスト!』内で、2年間使用したボクが解説していきます。

Mac Book Air/Proと一緒に買うべきアイテムにも選出

>> MacBook Air/Proと一緒に買うべき周辺機器/アクセサリーのおすすめ20選はこちら

目次

カバーなしのMacBook AirやProは不具合が多発しているってのは本当

まずはじめに、カバーどうこうの前にMacBookってキーボードが故障しまくっていた経緯を知っておいたほうが良いかと思いますので、軽く説明しますね。

冒頭でお話したボクのようにコーヒーをこぼした!等の明らかに事由がある状態ではなく、ここ数年MacBook(Air/Pro)ユーザーのキーボードが自然故障が多発していた事実があります。

キーボードの不具合が多発していた理由は、MacBook Air/Proに採用されていた『バタフライキーボード』が故障の主な原因となっていました。

バタフライキーボードの構造上の問題だったので完全なる不可抗力に近い事故みたいな状態が続いていて、数多くのMacBookユーザーが地獄へたたき落とされていたんですよね。

というか、こんなに世界で故障が多かったのは完全にAppleのやらかしです笑 Apple公式もキーボード問題を認めて無償修理プログラムを行っていました。

無償修理があるとはいえ、該当するかもわからないのが怖い所なのでなんとか故障から避けたいところでした。

そして、この故障から守ってくれる一つの対策が『キーボードカバー』でした。そこで数多くのキーボードカバー嫌いを救ってくれたのが本記事の『moshi ClearGuard』だったということ。

2年使ってみたmoshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーのレビュー

moshi MacBookキーボードカバーの特徴
  • カバーが極薄の0.1mm
  • タイピングの打音を静かにする
  • 打鍵感を損なわない
  • 洗って貼りなおせる素材

実際に3枚くらい試したんですが、完全にmoshiが圧倒的に使いやすかったです。

購入当時の開封写真もなかったので、現状2年使用した状態の画像をメインにはっていきますね。

一応新品画像で、種類は異なりますがMagic Keyboardのmoshiを購入したときの開封時の写真がのこっていたので「新品てこんなんか〜」程度に見ていただければと思います。

2年使ってみたmoshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーの開封時の画像
Magic Keyboard用のmoshiを開封したときの画像

開封したときはよくあるキーボードカバーと同じような感じが否めないですが、まだここで判断するのは早計です。このカバーほんまにすごいんですよ。何がすごいって0.1mmという薄さ!

こびぃ

薄さが0.1mmってのが肝!0.2mmや0.18mmや0.15mmも売っていますが、全然違う!装着感がホンマにないんよね!

ボロ

そのまま打鍵感につながるのカ。神経が集中している指先だからこそミリ単位のズレは大きいよネ!

moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーの装着前
moshi装着前
moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーの装着後
moshi装着後

装着後は装着前と比べるとやや白濁とした感がありますが、実物でみるとそこまでわからない程度。写真のほうがわかりやすく色を拾っていますね。

こんな感じでMacBook用のmoshiをMacBook Proに装着して2年経過しました。

moshiを2年使ってわかったメリットどデメリット

メリット
デメリット
  • キーボードの故障・不調が防げる
  • 0.1mmの極薄で装着していない感じで過ごせる
  • 汚れても簡単に汚れが取れる
  • コスパ抜群
  • カバーを掃除しないと汚れが目立つ
  • 洗うと粘着力が落ちる

2年後のmoshiカバーとMacBook Pro本体の状態

2年後のmoshiカバーの状態

moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバー2年使った状態
結構きれいにみえますが…
moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバー左サイド
左側

特にAとSとFの位置が白い

moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバー右サイド
右側

左側よりきれいな状態

カバーを外してみると、結構よごれているのがわかります。これ汚れに見えますが、拭いてもとれないんですよね。

素材の性質上、長期間使用するorキーボードを打鍵しすぎると白くなってしまうようです。

ボクはほぼ毎日PCを使用していて、文字数もコビガジェライフライフ以外のブログ以外に2つ運営しているので多い時で1日2万文字以上は打ち込んでいるので、そこそこヘビーな使用状況

こびぃ

毎日使用しない人やライトユーザーの方は、もっとキレイな状態だと思うよ!

暗い所と明るい所での装着した時の画像も確認。

moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバー暗い所
暗い場所作業時
moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーの装着時明るいところ
明るい場所作業時

どちらもやはり白く濁っているのはわかりますね。打鍵感はあまり劣化していないので、使用するだけに限ると全く問題はありません。

こびぃ

moshiは何より、カバーをつけていない感覚でキーボードを打てるのがホンマに素晴らしい!!

2年後のMacBook Pro本体の状態

moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーとってみた
ほぼ汚れていない
moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーとった後の左部分
左側
moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーとった後の右部分
右側

上画像の通り、ほぼ毎日PCを使用しているにもかかわらず、めちゃくちゃキレイな状態を維持できています。お陰様で、故障・不調しらず。

指紋や・食材の油などのこべりついた汚れは本当に中々とれないので…

汚れや傷はMacBook AirやProを下取りやフリマサイトで売却する時などにもかなり影響しますからね。

moshi MacBook用キーボードカバーのメンテナンス方法

手入れでおすすめは2週間に一回ないし、月に一回ほど濡れた布巾でふくとオッケイ!

こびぃ

ボクはちょっと潔癖な部分があるから毎日拭いていたけど、カバー的にはあんまりよろしくないかも…

どれだけ丁寧に使用していても、Amazon製品ページでも告知されているように素材の性質上、使用していると白くなってくるのは事実。

それでもメンテナンスをしたほうが長持ちはするのと、気持ちよく作業できるので、以下のメンテナンス方法が結構楽だったのでやってみてくださいね。

moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーのメンテナンス方法最初は拭き掃除
濡れ布巾

無印の布巾でいつも拭いていますが、ボクはだいたい水のみで拭いています。

取り扱い説明書に『中性洗剤』って書いてますが、中性洗剤使用して拭いた時と水のみで拭いた時とほぼ変わらないんですよね。

もしかすると、普段から取り外さずにアルコールで上から拭いていることが影響しているかもしれません。あまり拭かない人は中性洗剤を使用したほうが良いかもしれません。

moshiは何度も洗うと粘着力がおちるのでテープを用意する

何度もカバーを洗っていると粘着力が落ちて、moshiキーボードカバーがズレやすくなります。

キーボードカバーのズレはめちゃくちゃストレスなので困ったもんです…そこで復活させるために粘着力が落ちてきたら1mm幅の両面テープを使用すると簡単に固定することが出来ます。

こびぃ

ただ困ったことに1mm幅の両面テープってめっちゃ少ないんですよね。ホームセンターに売ってませんでした。

ボクはAmazonで下記のテープを購入しました。

moshiの1mmテープと2mmテープ
  • 1mmテープはMac BookProやAirに使用中
  • 2mmテープはMagic Keyboardに使用中

これがあれば完璧です。実際にテープを装着するシーンは下記の通り

moshiの粘着が落ちたら両面テープを貼る

moshiを貼り付けている状態
ゆっくり貼り付け
moshiの貼り終わり
いつも2列貼り付け

1mmテープは結構ギリギリの幅。

moshiのシールを2段重ねた状態
ズレていないか一度確認

貼り付ける前に一度ズレていない確認をしたほうが良いです。

moshiを貼り終えた後
簡単に貼り付けできます

貼り付け終えると全くズレません。テープも貼り付けていることがわかりにくいです。

moshi貼り終えた後のアップ画像
もっとアップ

さらに近くでみるとテープがようやく目視できるクリア感なので、Mac Bookに溶け込みます。この状態で持ち上げてももうズレも落ちもしません。

moshiを貼り付けてMac Bookを横にしても落ちない
ズレ落ちない

横に向けても逆さにしても、moshiのカバーは全くずれ落ちません。

よくこの上画像キーボードのパームレスト部分に貼り付けているシールが何を使用しているかインスタのDMでよく聞かれます。

このシールはWraplus for MacBook スキンシールといって、MacBook本体とパームレストを傷から守ることができるスキンシール。

これめっちゃカッコいいし、傷から守れるのでかれこれ4年間くらい使用しています。

ブラックスキンシール
かなり渋カッコいい

興味のある方はこちらの記事もぜひ見てくださいね。

>> Wraplus for MacBook スキンシールのレビューはこちら

メンテナンス時に拭き取る必要あり

両面テープを貼ったあとにメンテナンスをするときに一つ作業が増えます。

それがテープ痕

moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーのメンテナンス方法テープ痕が残る
なかなかとれない

このテープ痕は水や中性洗剤で拭いてもなかなか取れません。

こびぃ

でも大丈夫!エタノールと綿棒使ったら一瞬

moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーのメンテナンス方法エタノールと綿棒使う
綿棒&無水エタノール
moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーのメンテナンス方法綿棒でテープ痕を取る
エタノールで湿らせた綿棒
moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーのメンテナンス方法きれいになる前
拭き取る前
moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーのメンテナンス方法きれいになったあと
めっちゃ綺麗になります

上記メンテナンス方法でmoshiをかなりキレイな状態で使用し続けることができるので、ぜひ試してみてください。

エタノールは色々ありますが出来れば『無水』のみ使用。

無水のエタノールであれば、MacBookの掃除にも使用可能で一石二鳥。水で薄めていると故障の原因になるので掃除には使用はよくないです。

moshi MacBook用キーボードカバーレビューのまとめ

moshiは厚みが0.1mmでカバーとしては現在普通に入手できるカバーとしては最薄カバーです。この薄さのおかげでキーボードの打鍵感を損なわないため、カバーをつけていてもストレスフリー!

今までキーボードカバーで失敗した人も、moshiは試す価値が本当にあります!ぜひぜひキーボードを守るためにも使用してくださいね!

くどいですが、バタフライキーボードのMacBook Air/Proの人はほんとうにカバーをつけておいた方が良いです。

注意:moshiを購入する時色々あってわからない!という方

いざmoshiを購入しようとAmazonで見てみると、偽物やmoshimoみたいななんとも言えないような商品が並んでいます。間違えないように下記にわかりやすくAirとProを分けているので確認してみてくださいね!

キーボードの型はリンク先でJIS・US・EUすべて選択できるようになっています。

MacBook Pro

MacBook Air

Mac Book Air/Proと一緒に買うべきアイテムにも選出

>> MacBook Air/Proと一緒に買うべき周辺機器/アクセサリーのおすすめ20選はこちら

【レビュー】2年使ってみたmoshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーはこれでOK

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる