MATECH Sonicharge 100W Pro レビュー| 3ポートUSB-C PD対応 世界最小クラスの急速充電器!MacBookを最大速度で充電可

MATECH Sonicharge 100Wアイキャッチ

世界に誇る「日本京都」の会社、MATECHマテック株式会社から、超パワフルな100WUSB-C PD急速充電器世界最小クラスで登場しました。

この記事で分かること

  • MATECH Sonicharge 100W Proの使用感/レビュー
  • 最大100WのUSB-C2ポート×USB-A1ポート搭載充電器
  • 3台同時充電でも常にMacBook Proを最大速度で充電する方法

MacBook Proクラスの純正充電器って…使いにくくないですか?

「重たい、大きい、1つしか充電できない」という、サードパーティ製の充電器を買ってくれ!って、Appleから遠回しで言われている気分。

MATECH Sonicharge 100W ProとApple61w充電器を重ねる
Apple充電器より
ひと回り小さいのにふた周り強いスペック

今回紹介する充電器は、まさに純正充電器に真正面から挑み、そして越えた性能と使用感を誇る充電器「MATECH Sonicharge 100W Pro」です。

  • デバイスが多くてまとめて充電したい
  • 自宅でも外出先でも使いやすい小型の高出力充電器が欲しい

こんな悩みの方に参考になります。

こびぃ

ちなみに出力を重視した場合はM2 MacBook Airにもベストな充電器と言えます。

先におすすめできる人とできな人をまとめると以下のとおり。

こんな人におすすめ
おすすめできない人
  • デバイスを3台以上所持している
  • ノートPCを1台以上持っている
  • 小型で高出力充電器が欲しい
  • ミニマルデザインが好み
  • 自宅でも外出時でも使いやすい充電器が良い
  • デバイスの所持数は2台以下
  • ノートPCを所持していない

では、「MATECH Sonicharge 100W Pro レビュー| 3ポートUSB-C PD対応 世界最小クラスの急速充電器!MacBookを最大速度で充電可」を書いていきます。

本記事はMATECH様より製品提供いただき作成しています。

目次

MATECH Sonicharge 100W Pro レビュー

PD 充電器 100W 3ポート USB-C + A 急速充電器の世界最小クラスの高出力充電器MATECH Sonicharge 100W Proの特徴から確認していきます。

1分でわかる特徴

MATECH Sonicharge 100W Proの特徴
  • 最大100Wの高速充電器
  • USB-C×2、USB-A×1で使いやすい合計3ポート
  • Apple純正61W充電器よりも小さくクレカよりも小さい
  • 高スペックのわりに合わないサイズ感で自宅利用・外出利用どちらも使いやすい
  • ミニマルデザイン

100W充電器って4ポートが多いのですが、4ポートになるデメリットはサイズの大型化。「100W充電器でも、3ポートしかいらないよ!」って方には、4ポート充電器の弊害がもろにくるんですよね。

MATECH Sonicharge 100W Proは、上記の欠点を補って余りある魅力が詰まっていると言い切れる急速を超えた高速充電器です。

こびぃ

新型のM1 Pro MacBook Pro 14インチや16インチのような中型〜大型ノートPCとの相性はピカイチ!

スペック

項目詳細
メーカーMATECH
商品名Sonicharge 100W Pro
M2201SC100
役割3ポート
急速充電器
重さ約196.3g
サイズ横幅:61mm
奥行:32.2mm
厚み:61mm
※プラグ部分除く
USB-C PD
出力
※USB-C 1(上部ポート)
※USB-C 2(下部ポート)
 5.0V=3.0A
9.0V=3.0A
12.0V=3.0A
15.0V=3.0A
20.0V=3.25A※USB-C2のみ
20.0V=5.0A※USB-C1のみ
USB-C 1最大100W
USB-C 2最大65W
USB-A
出力
 4.5V=5.0A
5.0V=4.5A
9.0V=3.0A
12.0V=2.5A
20.0V=1.5A
最大30W
入力AC100-120V 50/60Hz 2.5A(100W MAX)

上部のUSB-Cが最大100W対応で、下部は65Wの高出力。100Wを使わずとも下部の65Wで、MacBook Air/Pro 13インチまでなら最高出力で充電できます。PPSにも対応しているので、Android端末を持っている人にも相性が良い充電器です。

外箱/付属品

MATECH Sonicharge 100W Pro の外箱
最近流行りのミニマルデザイン
MATECH Sonicharge 100W Pro 高級系の箱
これは保管したくなるクオリティの高いパッケージ

これまで数多くの充電器を触ってきましたが、初手からテンションを上げてくれる高級厚紙の片開きタイプ。付属品が一つずつ丁寧に梱包されています。

MATECH Sonicharge 100W Pro の付属品
必要最低限以上の付属品

付属品は本体含めて全部で5点。次回から使用できるクーポンも入っているので、自分はクーポンとかよく忘れるタイプですが、几帳面な方は保管しておくと得です。

MATECH Sonicharge 100W Pro のケーブルは100Wケーブル
2MのUSB-C&USB-C(100W対応)
めっちゃいいケーブルふっつーに嬉しい

付属のケーブルが太っ腹で、しっかり100W対応ケーブルでなんと長さも約2mタイプ。ケーブルだけでも1,500円以上するタイプ。これだけでも購入する価値があるって言えるほどの充実っぷり。

全企業が見本にしてほしいわかりやすすぎる説明書

MATECH Sonicharge 100W ProとMacBook Proの説明書
多くの利用者が欲しい情報のみわかりやすく書いている
MATECH Sonicharge 100W ProとMacBook Proの説明書裏
こんなにわかりやすい説明書あったっけ?ってレベル

しかも、何がすごいって充電器の説明書がめっちゃ見やすいし、わかりやすい。ここまでわかりやすい充電器の説明書は初だわ。まじでわかりにくいのが多いから、このフォーマットで全企業統一してほしい

こびぃ

パッケージから付属品までめちゃくちゃ充実している充電器って珍しいね!

付属品
  • MATECH Sonicharge 100W Pro本体
  • USB-C to USB-Cケーブル2メートル
  • 取り扱い説明書
  • 延長保証+1年の案内(最大2年にできる)

外観/デザイン

MATECH Sonicharge 100W Pro の充電器の外観
ミニマルデザイン

マット素材があしらわれており、傷がつきにくいタイプ。充電器同士干渉してもボロボロになりにくそうです。ロゴは小さく「MATECH」プリント印字タイプ。

手馴染みが良い
サラッとしてるけどすべりにくい

サラサラタイプだが手馴染みが良いので、取り扱いやすく落としにくいです。

MATECH Sonicharge 100W Proのソコ面

PSEやFCCなどの各種認証と充電規格が表示。ポートの組み合わせで何ワットになるか確認できるのは普通にありがたい。使っていないと結構忘れたりしますからね。

MATECH Sonicharge 100W Pro のポート部分
USB-C×2+USB-A×1はよくみかける構成

側面にはポートと最下部にLEDライトがあります。電源を入れると、薄いマーメイドカラーが点灯し目に刺さる輝度じゃないので、寝室や暗い場所でも使いやすいタイプの充電器。

MATECH Sonicharge 100W Proはプラグ収納式
プラグの先端は取り出しやすくやや出っ張りあり
MATECH Sonicharge 100W Proはプラグを出すことも可能
程よい硬さで出し入れ可能

ポートは収納式で、可動部はムダに固くもなく柔らかくもありません。LEDライトといい、利用する人に優しい設計の充電器です。

ポート出力

充電器は3ポート以上搭載してくると極端にわかりにくくなりますが、本機は結構わかりやすく調整されています。まずは1ポート使用時

1ポート使用時

MATECH Sonicharge 100W Pro の1ポート使用時
どのポートも強力

1ポート使用時は、どこで充電してもiPhone・iPadクラスなら急速充電可能です。USB-CはどっちでもMacBook Pro 14インチクラスの急速充電ができます。

コビロボ

MacBook Pro 15インチや16インチを充電する場合は、一番上のポートを使用することをおすすめするよ!

2ポート使用時

どこの2ポートを使用するかで情報量が多くなりすぎるので、代表的な部分だけ↓

  • USB-C×2(上から2つ)ポート使用時は、65Wと30W
  • USB-C×1(一番上1つ)とUSB-Aポート使用時は、こちらも65Wと30W

こんな感じです。
どちらにせよ、一番上のポート(USB-C 1)を使用するとMacBook Pro 14インチクラスまでなら急速充電できる充電出力です。

3ポート使用時

3ポート同時充電時
中央と下ポートは合わせて18W
デバイスに応じて変化する

3ポート同時に使うと、一番上のUSB-C 1は65Wで高出力ですが、残りのポートは合計で18Wになります。接続する機器に応じて、W数が変動します。

コビロボ

どの充電方法を利用するにしろ、一番上はMacBookのようなノートPC、残りのポートはタブレットかスマホを充電するようにすれば良いよ!

サイズ/重量

MATECH Sonicharge 100W Pro充電器は約180g
実測 約180g
Apple充電器は約200g
Apple純正61W充電器
約200g

100W出力できるタイプの充電器としては、完全に小さいし、軽い。こんなん反則…めっちゃいい。

MATECH Sonicharge 100W ProとApple充電器
左:MATECH Sonicharge 100W Proは3ポート
右:Apple純正61Wは1ポート
MATECH Sonicharge 100W Proはクレカより幅が小さい
クレカよりも横幅が小さい

さすがに、「100W+3ポート」となると横幅はやや厚みはあるものの、厚み分を引いてもお釣りが来るレベルで全体的なサイズはかなり小さいです。

こびぃ

このサイズだと家でも外出先でも重宝するサイズ感だね!ガジェットポーチには当然だけど、ズボンのポケットにも余裕ではいるよ!

サイズ/重量
  • 横幅:61mm
  • 奥行:32.2mm
  • 厚み:61mm
  • 重量:196.3g

MATECH Sonicharge 100W Proの充電出力をチェック

実際にMATECH Sonicharge 100W Proを使ってみて、充電出力を確認します。

その前にポート部分の充電構成を確認します。

充電器の出力構成
USB-C 1
(上部)
USB-C 2
(下部)
USB-A 1合計出力
100W100W
65W65W
30W30W
65W30W95W
65W30W95W
合わせて18W18W
65W合わせて18W83W

こんな感じで、USB-C 1はどんなときでも65W以上は確保できるので、パソコンを充電する人は常に一番上のポートに挿すようにすると良いですね。

では、以下の組み合わせで充電出力をチェックします。

  • MacBook Proのみ1台充電【最大100W】
  • MacBook ProとMacBook Airの2台充電【最大65W+30W】
  • MacBook Pro・iPhone×2の3台同時充電【最大65W+18W(2ポート合わせて)】

MacBook Pro 14インチのみ1台充電【最大100W】

M1 Pro MacBook Pro 14インチ
MacBook Pro 14インチは最大100W充電
M1 Pro MacBook Pro 14インチ
約94W
理論値測定値
100W(USB-C 1)約94W

※MacBook Pro 14インチは最大96Wまで

M1Pro MacBook Proを最大速度で充電できます。Apple公式のとおりMacBook Pro 14インチの最大受電は96W)

100W以上対応しているノートPCなら100Wで充電可能。

バッテリーが少ない状態で何度かチェッカーで計測して、だいたい85W以上は確保できていました。これぞまさに超小型の急速を越えた高速充電器

こびぃ

MacBook Pro 14インチの充電なら、30分もあれば0%→50%~60%近く充電できるよ!

MacBook ProとMacBook Airの2台充電【最大65W+30W】

MATECH Sonicharge 100W ProはMacBookを2台充電できる
USB-C 1と2でMacBookを2台充電
理論値測定値
65W(USB-C 1)+30W(USB-C 2)約65W+29W

M1Pro MacBook Proを最大65Wで充電、MacBook Airを最大30Wで充電可能。

計測していて、感じたのが充電量が安定供給できていて、常に最高値に近い状態で充電できていること。

充電器によっては充電時のW数が安定していない充電器もあるので、かなり好印象です。

こびぃ

ちなみに65WだとMacBook Pro 14インチ30分もあれば40~50%近く充電できるよ!

MacBook Pro・iPhone×2の3台同時充電【最大65W+18W(2ポート合わせて)】

3台充電時はMacBookとiPhone×2
M1 Pro MacBook Pro 14インチ
iPhone 13 Pro
iphone SE2
理論値測定値
65W(USB-C 1)+18W(USB-C 2+USB-A)約65W+9.2W(4.5W+4.7W)

MacBook Proへの給電は65Wを維持しながら、しかしiPhone×2台は合計で9.2Wとやや非力でした。

コビロボ

iPhoneの充電規格が邪魔をしている感じだよね!AndroidもiPhoneも全部統一してほしい!

USB-C 2とUSB-Aの同時使用はやや安定感は欠くものの、USB-C 1の65Wは健在で、非常に安定しているのが特徴的。

そう考えると、ノートPC1台とメインスマホとサブスマホ(社用含む)って、組合わせで持っている方からするとありがたい出力構成。

万能に見える充電器だが、ちょっと残念ポイントあり

それは、3台同時充電時にUSB-C 2とUSB-Aが合計出力18Wまで落ちてしまい、TOTALで83Wになってしまうこと。

USB-C 1
(上部)
USB-C 2
(下部)
USB-A 1合計出力
65W30W95W
65W30W95W
65W合わせて18W83W
※90Wきってしまう
※3台同時充電で83Wより、2台で95Wで充電を回すほうが充電効率は良い

2台同時充電で65W+30Wを維持させて、30Wに接続している機器を交換していくほうが3台同時充電より充電速度は早いです。

とはいえ、一気にデバイスの充電がないときの3ポートのサポート能力は強烈

MacBookとiPadとiPhoneが同時になくなったら助かる
MacBookとiPadとiPhoneの充電が同時に無くなると絶望
こびぃ

出力が落ちても3台同時充電って助かる時の方が多いから、あると安心できる1つのオプション的な考え方だよね!

充電性能+サイズ感は他社製を凌ぐバランスの良さ

Apple純正61W充電器はもちろんのこと、他社製のBaseus100W充電器と比較しても、やはりこのコンパクトさがたまらない。

MATECH Sonicharge 100W ProとApple61W充電器
左:Apple純正61W充電器
右:MATECH 100W充電器(本機)
Baseus GaN2 Pro Quick ChargerとApple純正61W充電器と比較
左:Apple純正61W充電器
右:Baseus 100W充電器

3ポートと4ポートの違いはあるものの、サイズ感でいうと同じ100W出力の充電器なのに、Baseus充電器より約60%くらい小型化に成功していることがわかります。

最大出力100Wポート数サイズ感を考えるとバランスの良さは、本機のMATECH Sonicharge 100W Proに軍配が上がるのではないでしょうか。

こびぃ

より多くの方の使用方法と相性が良いのは本機のMATECH Sonicharge 100W Proじゃないかな!

コビロボ

自宅以外にも外出時にも持ち運びしやすくなるから、すこしでも小型の充電器ってそれだけですごい魅力だよ!

出力がもう少し欲しい方はSonicharge 130Wがおすすめ!

ポートルール
出力がもう少し欲しい方はSonicharge 130W

同社のSonicharge 130Wだと、4ポート搭載でさらにUSB-C×2を利用時に65W×2を実現し、合計130Wの出力を発揮します。

コビロボ

パワフルすぎる!

130Wと100Wの違い

Sonicharge 100W Proより、一回りサイズが大きくなりますが、性能も一回り以上大きくなります。

ノートPCやiPad Proクラスのタブレットのように、高出力を必要とするデバイスを複数所持している人はMATECH Sonicharge 130Wがおすすめです。

MATECH Sonicharge 100W Proの口コミ・評判

コスパ良しはめちゃくちゃわかります。保証期間がそもそも3年あるのは、試用期間から想定しても「使用中は何があってもサポートします」って意思表示だから、長く使う予定の人からするとメリットでしかないですよね。

2台つなぐと45W??はない構成なので、ツイートはちょっと間違えてる可能性が高いですが、複数台使用すると中央のUSB-Cと最下部のUSB-Aの出力が、合計18Wまで落ちる点は確かに注意すべき部分です。

MATECH Sonicharge 100W Proをおすすめできる人・できない人

最後に「MATECH Sonicharge 100W Pro」をおすすめできる人とできない人を書きます。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • デバイスを3台以上所持している
  • ノートPCを1台以上持っている
  • 小型で高出力充電器が欲しい
  • ミニマルデザインが好み
  • 自宅でも外出時でも使いやすい充電器が良い
  • デバイスの所持数は2台以下
  • ノートPCを所持していない

常にMacBook ProのようなノートPCを急速充電できる100W充電器を探している人にとっては、最有力候補なのは間違いなしです。

スペックが高すぎるので、ノートPCやタブレット(最低でもiPad Proクラス)を持っていない人からすると、本機はオーバースペックになります。

MATECH Sonicharge 100W Pro レビュー【まとめ】

本記事は「MATECH Sonicharge 100W Pro レビュー| 3ポートUSB-C PD対応 世界最小クラスの急速充電器!MacBookを最大速度で充電可」について書きました。

MATECH Sonicharge 100W ProとMacBook

MATECH株式会社の製品は、パッケージから付属品までこだわりがあり、顧客想いの製品でした。

こびぃ

おかげさまで初めて使ったのに、即ファンになったよ!他のも色々試してみたい!

MATECH Sonicharge 100W Proは、多くの悩める「充電器って、多すぎてどれにすればええかわからんねん難民」を救ってくれるであろう数少ない充電器の一つです。

充電器を多くレビューしてきたボクだからこそ自信を持って言えます。

ノートPCを所持していて、高出力かつ複数ポートのPDやQC、PPSに対応した万能型の急速充電器が欲しい方はぜひ一度チェックしてみてください。

ではまた!

MATECH Sonicharge 100Wアイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次