MAMORIO CARD 1ヶ月レビュー|紛失防止スマートタグで絶対に落としてはいけないモノを守る!極薄カードタイプ

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • MAMORIO CARDについて
  • 極薄カードタイプの紛失防止スマートタグについて

財布を落とした。大切で貴重なモノを紛失した。

こんな経験ありませんか。ボクは財布を一度落としたことがあり、半べそかきながら交番に駆けつけましたが、見つからなかったことがあります。

「落とし物が絶対交番に届く親切な国ジパングじゃないのかい?」といろいろ悶々としましたね。

こんなドジでどうしようもないボクと同類の方がいれば、もう安心してください。勝ちましたよ。

そう本記事の「MAMORIO CARD」が我らおサイフ落下族の救世主となりました。これで我が一族は天に召されます。

もう落とし物も紛失も怖くない!落とし放題!(ダメ)…でもそれくらい本当に安心できるアイテムなんです。

落として直ぐにスマホやApple Watchに通知がきて、通知に気づかなくても他人が勝手に探してくれる機能!という聞いただけでは「ん?課金制ぽい?なんかやばくね?」的な機能もあります。課金制じゃないしすごい機能なのでご安心を。

こびぃ

なんし最高のお財布お守りアイテムってこと!どこぞのよくわからないお守り(バチ当たる)入れるならMAMORIO一択で良し!

それでは本記事『MAMORIO CARD 1ヶ月レビュー|紛失防止スマートタグで絶対に落としてはいけないモノを守る!極薄カードタイプ』について1年以上使用したボクがレビューしていきます。

目次

MAMORIO CARDとは「カード型の紛失防止アイテム」

手元から離れるとアラートで知らせてくれる忘れ物/紛失防止ができ、常に持ち歩くことでいざという時に助けてくれる「安心」を得ることができるアイテム。

「小さなタグ」で「あれどこいった?」を「ここにあった!」の安心

というプロダクトの展開と拡大を目指しているMAMORIO株式会社の主力アイテムとなる新製品です。

まさに【なくすを、なくす。世界最小クラスの紛失防止デバイス「MAMORIO」】という名に恥じない、忙しい現代人が必須の紛失防止スマートタグといえる製品です。

MAMORIO CARDのレビュー

MAMORIO CARDの外箱

MAMORIO CARDは国産メーカーですが、パッケージは海外製品のようなシンプルパッケージ。本体イラスト部分が光沢プリント加工されていて高級感のある仕上がり。

内容物

MAMORIO CARDの内容物は本体とスタートガイドの2点

同梱品は「スタートガイド」と「MAMORIO CARD本体」の2点です。

外観デザイン

まるでクレジットカードのような佇まい。艶なしマット加工でザラザラした手触りです。MAMORIO CARD本体の電源は右側にある丸枠です。押し込むとon/offの切り替えができます。

こびぃ

超絶お金持ちのブラックカードみたいやね!

サイズ/重量

MAMORIO CARDの横幅85.7mmMAMORIO CARDの横幅85.7mm

横幅:85.7mm(公式85.5mm)

MAMORIO CARDの奥行き53.9mm

奥行き:53.9mm(公式54.0mm)

MAMORIO CARDの厚みは1.7mm

厚み:17.0mm(公式16.0mm)

重量は12.5g、激安焼肉店のロースのような軽さ。

こびぃ

高級っていいたいけど、薄さを形容したかったんだ…ゆるちて

サイズ/重量
  • 横幅:85.7mm(公式85.5mm)
  • 奥行き:53.9mm(公式54.0mm)
  • 厚み:17.0mm(公式16.0mm)
  • 重量:12.5g

MAMORIO CARDの特徴

MAMORIO CARDの特徴

MAMORIO CARDの製品仕様が気になる方は下記をクリックして開いてくださいね。

MAMORIO CARDの特徴と言える良い点は下記の通り7つ。

Anker PowerPort Ⅲ 65W Pod Liteの特徴
  1. 1.7mmの極薄でカードみたいに軽くて薄い
  2. 財布に入れても厚み出ない
  3. Qiワイヤレス充電できるので電池いらず
  4. 一度の充電で約半年使用ができる
  5. 本体交換プログラムが50%OFF
  6. MAMORIO Spot700箇所以上で守る
  7. 想像以上にできることが多い

順に確認していきますね。

1|1.7mmの極薄でカードみたいに軽くて薄い

MAMORIO CARDとクレジットカードはサイズがほぼ変わらない
左:今は息をしていないKyash
右:MAMORIO CARD

パッとみてどちらがクレジットカードかわからないくらいのサイズ感。ほぼ同じです。

MAMORIO CARDの厚みはクレジットカードとさほど変わらない

厚みはさすがにクレジットカードの方が薄いですが、MAMORIOカードはそれでもやや厚めのカードレベルみたいな感じ。厚みは1.7mm。

MAMORIO CARDのサイズ感は軽い

重量は約12.5gで、本当にクレカを持っているかのように錯覚しますね。

こびぃ

こんなん目隠ししたら、クレカかMAMORIO CARDかわからない!

2|財布/社員証/カードケースに入れても厚み出ない

財布に入れてもMAMORIO CARDはクレジットカードレベルで薄い

財布に入れてもクレカが一つ増える感覚で使用できるのがめちゃくちゃ良い。今流行りのミニマリスト用のデトックスされた財布でも余裕で入りますからね。

こびぃ

ボクもミニ財布にしたいけど、この財布は貰い物だからボロボロになるまで、使う所存!

MAMORIO CARDは社員証やカードケースにすっぽり収納出来る
※余談ですけど10年ほど前に入社祝いで頂いたSUICA入れ▲

社員証やカードケースやSUICA定期券ケースに入れても問題なし。

常に帯同できるので、本当に守りたいモノと一緒に所持しておくことで、「落とす/紛失する」と言った最悪の事態を免れることが出来る。

一緒に所持したいモノ

「免許証・クレジットカード・マイナンバーカード」など落とした時に重大なコトにつながるモノと一緒に持っていると安心。

こびぃ

もっと早くMAMORIO CARDに出会いたかった。過去に財布を落としたことがあって免許証やクレカの再発行が本当に面倒やったし、悪用されそうで怖かったからね。

3|Qiワイヤレス充電できるので電池いらず

Anker PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holder 」のようなQiワイヤレス充電に対応しているため、現在所持しているなら新たに充電器を購入する必要なし。

MAMORIO CARDは充電面が浮いていても問題なし

Anker Soundcore Wakeyのようなマルチ性能があるQiワイヤレス充電器でも充電可能。

こびぃ

なんしQiワイヤレス対応の充電器なら基本はMAMORIO CARDを充電できるよ!

4|一度の充電で約半年使用ができる

電池が不要モデルで、Qiワイヤレス充電でフル充電後は「約半年間」充電なしで利用することが可能になります。

こびぃ

公式によると『半年持つとは言え3ヶ月以内の充電を推奨』しているみたい。いざって時に備えておくためだろうね!

5|本体交換プログラムが50%OFF

MAMORIO CARDを登録した日から、180日経つとおトクに新しいMAMORIOを半額の50%OFFで購入できる交換プログラムの「OTAKIAGE」があります。

この「OTAKIAGE」はMAMORIO CARDに限らず、MAMORIOシリーズ全般に適用されるものです。

「OTAKIAGE」を使用して50%OFFで購入する場合、以前は本体を返送する必要がありました。

しかし、今では古いMAMORIOを返送必須ではなくなったので、返送する手間も省けて嬉しいですね。

こびぃ

破棄する場合は、地域ごとのルール通り処分するかMAMORIO株式会社さんに送ると処分してくれるよ!

6|MAMORIO Spot700箇所以上で守る

電車やバスなどで紛失しても「鉄道やバス、商業施設」のお忘れ物センターにMAMORIO社独自のアンテナを設置されています。

お忘れ物センターにMAMORIOの入った大切なモノが届くと持ち主だけに届いた場所をお知らせする仕組みがあるので、日本国内だと落とし物を発見できる可能性が高いです。

MAMORIO Spotの対応場所を見る

こびぃ

落とし物タグでおなじみのTileにはない機能だよね!

7|できることが多い紛失防止タグ

MAMORIO CARDはできることが多い紛失タグです。

MAMORIO CARDでできること

  1. MAMORIO CARD(タグ)をアプリで探す
  2. みんなでさがすクラウドトラッキング機能
  3. 忘れた/紛失時にスマホやApple Watchに自動通知
  4. カメラで探すことが出来る

順番に確認しますね。

1.MAMORIO CARD(タグ)をアプリで探す

タグの位置確認の履歴を追うことができる機能。

MAMORIOCARDの地図精度は高い

地図は上画像のとおり、拡大・縮小でどちらにも対応しています。

忘れ物/落とし物防止タグとしては、基本的な性能ですがMAMORIO CARDの精度はかなり高め。

スマホとタグを持ち歩いている場合は、常にペアリングされている状態なのでどちらかのBluetoothが切れた場合は「いつどこで切れたか」を目視できるようになっています。

こびぃ

リアルタイムではなくあくまでも接続履歴になるので、接続しているスマホのBluetoothを切らないようにね!

2.みんなで探すクラウドトラッキング機能

MAMORIOは2021年6月4日時点で総利用者数が12,987個(人)

一見「みんなで探す」と言われると、え?パクられるんじゃない?と感じますが、相手には通知がいきませんのでご安心を。

MAMORIOCARDみんなで探す

「みんなで探す」をONにすると、日本全国のMAMORIOユーザー対象自分のMAMORIOとすれ違ったタイミングでタグの現在位置をスマホアプリに通知をしてくれて、落とした場所がわかる仕組みになっています。

この機能のおかげで、下記の通り、落としものや紛失から2重で対応することが可能に▼

  • 落とした/無くした→スマホアプリに通知→気づく
  • 落とした/無くした→スマホアプリに通知→気づかなかった→みんなで探すON<通知がくる

これからさらにMAMORIO利用者が増えて来ると思いますので、どんどん便利になっていく機能だと感じます。

3.忘れた/紛失時にスマホやApple Watchに自動通知

MAMORIO CARDを登録しているスマホと一定距離を離れると自動通知が届きます。

MAMORIO CARDは財布などに入れて使用する方も多いので、どこかに忘れた。落とした。際に直ぐに気づくことができるため、紛失リスクを下げてくれる安心機能。

MAMORIOCARDの通知スピードを決めることが可能

置き忘れ時にプッシュ通知するタイミング任意のタイミングで「ゆっくり」「おすすめ」「早め」から選択することができるため実際に使用してみて設定してみてくださいね。

こびぃ

早めはなるのが早すぎてちょっと煩わしい感じだったから、ボクは「おすすめ」にしているよ!

最大有効距離は30m

4.カメラで探すことが出来る

ARで探す「カメラで探す」

MAMORIOCARDはカメラでも探すことが出来る

カメラを起動するとどこにあるか誘導してくれる

MAMORIOではAR技術を搭載しているため、カメラを使用して感覚ではなく視覚的にMAMORIO CARDを探し出すことができます。

もし、紛失したり落としてすぐに気づいたらカメラを起動すると、落とした場所まで誘導することができる画期的な便利機能。

MAMORIO CARDの初期設定/ペアリング方法

MAMORIO CARDを実際に使用していくために初期設定とペアリングを行います。

わかりやすく5ステップで書いていきますね。

STEP
MAMORIOをフル充電する
MAMORIO CARDの充電はやや左より

充電中は青色LEDが点灯。

充電時の注意点MAMORIOカードは向かってカード左側辺りにバッテリーがあるため、中央に置いても充電されません。

画像の通り、やや右にずらして設置する必要があります。

MAMORIO CARDが充電終えると緑と青のLEDランプが点灯する

充電を終えると青色と緑色のLEDライトが同時に点灯。この状態になると、約半年充電が不要になります。

MAMORIOを充電するためにはワイヤレス(Qi)充電器が必要

上画像のワイヤレス充電器は最大15W出力の「Anker PowerWave Pad Alloy」です。このようなワイヤレス充電器を用意する必要があります。

Anker PowerWave Pad Alloyのレビューを見る

STEP
MAMORIO専用アプリをダウンロード

ご自身の所持しているデバイスのOSに合わせて、MAMORIO専用アプリをダウンロードします。※画像はIOS

STEP
新規アカウント作成

【1】

【2】

MAMORIOアプリを開いて新規アカウント登録メールアドレス登録MAMORIOを登録の順で設定していく。

【3】

【4】

登録するアイテム種カテゴリーを選択して、MAMORIO CARDを何にいれるかのMAMORIO設定を行う。

STEP
スマホとMAMORIOをペアリング

MAMORIO CARD登録するスマホ(iPhone)を近づける。

スマホ画面に「登録可能なMAMORIOです!」と表示されるのでタップ。

STEP
常に確認できるようになる

スマホのMAMORIOアプリから常にMAMORIO CARDの位置を把握することが出来るようになる。

ペアリングできない場合の対処方法

先述のSTEP4でペアリングできない場合は、「MAMORIOサポート」か以下を確認してください。

  • MAMORIO本体ボタンの電源が切れていないか
    (カード右側のマル枠を押し込むとon/off切り替え)
  • スマホ等の接続デバイスのBluetoothを確認
  • スマホ等の接続デバイスを再起動
  • スマホ等の接続デバイスの省電力設定や節電アプリをオフにする
  • 金属系ケースなら外してみる
  • 他のMAMORIOがあるなら一度遠ざける
  • 何度か登録を繰り返す
こびぃ

ボクが最初MAMORIO CARD接続できないな!って思ったときはMAMORIO本体の電源を入れ忘れていたよ!

先述しましたが、MAMORIO CARD本体の電源は右側にある丸枠です。押し込むとon/offの切り替えができます。

MAMORIO CARDを1ヶ月使って気になった点

正直、現在気になっている点はないんですよね…

しいて、言うならばMAMORIOの別モデルのMAMORIO REがAmazonの口コミで上位の批判的レビューがやや気になったくらいでしょうか。

ただ、MAMORIO REで指摘されているような所はMAMORIO CARDを使用していて見受けられません。

MAMORIO CARD発売と同時に過去のエラーやトラブルは改善されているのか、同業他社の嫌がらせ?なのか。個体差なのか。真相は不明です。

こびぃ

もしまた気になることが出てきたら追記するね!

MAMORIO CARDの1ヶ月レビューまとめ

という「MAMORIO CARD」ですが、驚異的な守護能力に長けている神アイテム。

これ財布業界の必須アイテムにしようよ。って感じるくらいです。

免許証の末尾が0→1になってあかんたれのレッテルを貼られ、一生背負続ける身としては、本当にもっと昔に欲しかった。なんなら財布を無くす前日に欲しかった。今なら5万円でも買うよ…

なので、まだ財布を無くしたことがない人は本当に検討して損はない逸品です。

ボクのように財布を無くしたことのあるあかんたれのレッテルを貼られている同志は、わるいことは言いません。免許証の末尾が1→2にレベルアップする前に買いましょう。

最後に一言

MAMORIO CARDを手に入れてから、マジで財布をどこに置いても怖くなくなり、「あ〜財布ないや…あつ!でもMAMORIO君おるしなんとでもなる」とビックリするくらいリスク管理が低下していて本末転倒な状態。

(明日からもう少しガード固めます。)

手に入れた皆さんはあくまでも万が一の時のアイテムと認識して、決してボクみたいに過信しすぎてはいけませんよ。

こびぃ

紛失防止スマートタグのMAMORIO CARDで財布や免許証を無意識で守れるように仕組み化しちゃおう!

おサイフ落下族に永遠の幸あれ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる