MENU

2022年 MacBook Pro 14インチ M1 Pro用NIMASOアンチグレア保護フィルム レビュー|やっぱりこれ

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムにフィルムレビュー

\1/22〜1/24限定Fashionタイムセール祭り/

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • MacBook用のNIMASOアンチグレア保護フィルムの使用感・レビュー
  • MacBook Air/Proの光の反射を最小限にしながら映り込みがキレイな保護フィルムのこと

MacBook ProやMacBook Airを購入したならば、保護フィルムはつけるべきです。では、なぜフィルムをつけないといけないのか。

それは「大切なディスプレイを傷からまもること」が一番の理由。

もう一つは「無駄な光の反射を遮って作業効率を落とさないようにすること」です。

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムのレビュー
家にある現役MacBookは3台ともNIMASOアンチグレアフィルム

ボクもMacBook Pro 14インチ(M1 Pro)を新たに購入した身ですので、絶対後悔しない保護フィルム「NIMASO アンチグレアフィルム」を実際に貼り付けながらレビューをかいていきます。

14インチ用

13インチ用

Mac Book Air/Proと一緒に買うべきアイテムにも選出

13インチMacBookのNIMASOフィルムの記事はこっち

目次

MacBookのディスプレイは裸で使用するのはリスク&デメリットしかない

まずは問いたいMacBookのディスプレイに保護フィルムを貼り付けずに直接使うメリットってなんでしょうか。

  • なんとなく
  • 保護フィルムを貼るとMacBookのキレイなディスプレイがやや汚くなる

上記のような理由が多いのでは?と感じます。

後者の理由「保護フィルムを貼るとMacBookのキレイなディスプレイがやや汚くなる」はフィルム選びさえしっかりしていると解決できます。

と、なるとMacBookに保護フィルムを貼り付けないメリットってほぼない!

むしろ、割れたりしたら大損害でリスクやデメリットしかない!とボクは言い切ります。

保護フィルムを使用しなかったら長期利用するととんでもないことになる可能性大

保護フィルムを付けずに4年使用したMacBook Airのディスプレイ画像は下記の通り。

保護フィルムを使わずに長期使用した著者のMacBookはこちら▼

MacBookをフィルムなしで長期間しようするとディスプレイに小キズがすごくつく
著者が使用していた旧MacBook Air
コビロボ

傷だらけ〜…

汚れではなく、細かな擦傷なので拭いてもとれません。こうなると売るときに数万円の損失がでます。これはとんでもないことだし、避けたいこと。

保護フィルムを使うメリット「傷を防いだり光の反射を抑えてくれる」神アクセサリー

フィルムをつけるとどんな良い事があるか

  • 保護機能の側面もあるので傷を防ぐことができる▶売る時に数万円単位で売却額が変わる
  • 太陽光や電球の明るさを低減する▶作業効率が落ちない(アンチグレア保護フィルムに限る)

上記の通り、NIMASOアンチグレア保護フィルムをつけるメリットが計り知れません。

自分は過去にMacBookにフィルムを貼らずに後悔した経験があります。フィルムが必要な理由と合わせて書いているので参考にどうぞ。

MacBook Pro 14インチ M1 Pro用NIMASOアンチグレア保護フィルムレビュー

MacBook Pro 14インチとNIMASOフィルム
簡単なケースに入っている

今回、フィルムを貼り付けていくのは2021年発売のMacBook Pro 14インチ M1 Proです。

14インチのMacBookに保護フィルムを貼り付けるのは初めてなので、ちょっと緊張。

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムの内容物
豊富な付属品!さすがフィルム界の雄NIMASO

付属品は下記の通り合計6点。

内容物
  • NIMASOアンチグレアフィルム本体
  • ウェットシート
  • ドライシート
  • ファイバークロス
  • ダストステッカー
  • スムーサー(空気抜き)

MacBook Pro 14インチ M1 Pro用NIMASOアンチグレア保護フィルムの貼り付け方法

NIMASOのアンチグレア保護フィルムはこれまで保護フィルムの貼り付けをミスして、フィルム貼り付けのトラウマになっている人達の救世主になる。

それくらい貼り付けやすいフィルムの代表格です。

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムの説明書
右上のURL読み込みで貼り付け方法が確認できます

貼り付けて順は説明書欄のURLから飛んで確認することができます。が、念のため下記にも手順を貼っておきますね。

先にステップを紹介しておくと下記のような手順

  1. ウェットシートでディスプレイを拭き上げる
  2. ドライシートで拭き上げる
  3. ファイバークロスで拭き上げる(必要ならダストステッカーも使う)
  4. フィルムを①からめくって貼り付ける
  5. フィルムを②をめくって貼り付ける
  6. フィルムを③をめくって貼り付ける
  7. フィルムを④をめくって貼り付け完成

 では、順にみていきます。

STEP
ウェットシートでディスプレイを拭き上げる
MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムの本体ウェット

水分でディスプレイが濡れるが、問題なし。

STEP
ドライシートで拭き上げる
MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムの本体ドライ

やや濡れたディスプレイを拭き上げカラッカラにする。

STEP
ファイバークロスで拭き上げる(必要ならダストステッカーも使う)
MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムの本体の付近

ドライシートの毛羽などの微細なゴミを拭き取る。

それでもゴミが取り切れないなら、ダストステッカーでペタペタッと貼り付けてゴミを除去する。フィルム貼りはゴミを完全に排除するのが正義!

不安なら

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムを貼る時はダストブロワー

一家に一台はあったほうが良いエアダスター ダストブロワーでゴミを飛ばす!

iPhoneやiPadなどのフィルムを貼り付ける時やキーボードの掃除にも便利なのでもしなかったら、今後のためにも一本購入をおすすめします。

STEP
フィルムを①からめくって貼り付ける
MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムの本体

①をめくって、MacBookの貼り付け位置を決めながらディスプレイにはりつける

STEP
フィルムを②をめくって貼り付ける
MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルム手順②

②をめくるとシート右側すべてが、ディスプレイに貼り付けることができる。

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムで空気を抜く

気泡がはいるので、ここでスムーサーを使って気泡を抜きとる。

こびぃ

この時の↑の画像のようにディスプレイを傷がつかないように床において気泡をぬくとやりやすいよ!

スムーサーで気泡を抜くときにシートに擦り傷のようなモノができますが問題なし。最後に④のシール面を剥がすと、全面キレイになる

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムの貼り付け途中の状態

上画像のとおり、キレイに貼れる。

STEP
フィルムを③をめくって貼り付ける
MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルム手順次は逆側
シートを内側から左へめくる
MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルム逆側にめくる

③をめくるとディスプレイ左側を全部貼り付けることができる。

気泡が入れば、さっきのステップ⑤のようにスムーサーで気泡を抜く。

ワンポイントアドバイス

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムは途中で何度も空気を抜く

キョンセームクロスのような普段からディスプレイ掃除をするクロスで伸ばしながら、シートを剥がしていくと気泡が入りにくい

MacBook 13インチと14インチはNIMASOフィルムに傷がついてても大丈夫
結構擦り傷のようなものが入るが最後に表面のフィルムをめくるので大丈夫

この時点で表面のフィルムはスムーサーなどで傷が入っていますが、最後のステップ⑦で解決するのでご安心を

STEP
フィルムを④をめくって貼り付け完成
MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムは最後に左側からめくって完成

今まで内側を剥がしてきたシートだったが、④のフィルムは前面。

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルム手順最後

ペロッと簡単にめくれる

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムを実際に貼り付けてみた

最後まで一気にめくり切る

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムにフィルムをはりつけた状態

まっすぐキレイに気泡ぬきで貼り付けることができて完成!

めちゃくちゃ簡単にキレイに貼ることができました。ここでポイントを確認▼

貼り付け時のポイント
  • フィルムを貼り付け前のディスプレイを完全に除去する
  • シートは①〜④の順番どおり剥がしていくので簡単
  • シートを貼り付けるごとに気泡を抜く
  • ④のシートを取り切るまでは表面のシートが傷をついても大丈夫

貼付け後は光の反射を低減してディスプレイがやっぱり見やすい

アンチグレアの保護フィルムって、光を乱反射させない加工上どうしてもディスプレイが曇りがちでしたがNIMASOフィルムはフィルムを貼る前と大差ありません。

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムを貼った後

画像ではわかりにくいかもしれませんが、フィルムを貼る前の輝度が100%だとすると、フィルム貼り付け後は95%はあります。

輝度はほぼ変わらず、「傷がつかない」「光の反射を抑える」ことができるフィルムってつよすぎないですか?

色彩・彩度の変色もないので、IllustratorやPhotoshop、Premiere Proなどをゴリゴリ使うクリエイターさんにも超おすすめできるフィルム。

太陽光を直接当てても視認性が高い

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムは太陽に当たっても確認できる

フィルムを貼る前のディスプレイに太陽光を当てると、ディスプレイに何が表示されているかチェックできないくらい眩しいはず。

ですが、MacBook用のNIMASOフィルムを貼ることによって、太陽光が当たっている部分に「何が映っていて」「何色か」確認できる。

こびぃ

これが最高なんだよね!NIMASOフィルムのおかげでカフェや職場・自宅の窓際で太陽光が入る場所でもパソコン作業が捗るんだ。

コビロボ

しかも、ディスプレイを傷から守る保護性能つきだからたまらないね!

電球色と昼白色を当てても乱反射を抑えてくれる

室内やカフェなどでMacBookを使用していると、多いであろうディスプレイへの照明の写り込み。

ライトにMacBookかなり近づけて照明を当てている状態

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムを貼って電球色を当てた
電球色
MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムを貼って白色を当てた
昼白色

黄色いタイプの電球色、白いタイプの昼白色、どちらをあてても光の無駄な反射を抑えていることがわかります。

これで作業中に光の映り込みに悩まされることなく、作業スピードを維持しながらMacBook使用可能になるので、やっぱりNIMASOフィルムは最強。

なので、ボクはMacBookもそうですけど、iPhoneのフィルムやiPadのフィルムも基本NIMASOを購入しています。よかったら他のNIMASOフィルムの確認もどうぞ▼

MacBook Pro 14インチ M1 Pro用NIMASOアンチグレア保護フィルムレビュー まとめ

2021年 MacBook Pro 14インチ M1 Pro用NIMASOアンチグレア保護フィルム レビューについて書きました。

MacBook Pro 14インチ M1 Pro用NIMASOアンチグレアフィルムレビュー まとめ

今回は新型のMacBook Pro 14インチ M1 Proに貼り付けでした。

ディスプレイサイズが14インチにフィルム貼り付けは初でしたが、NIMASOフィルムの付属品とフィルムの性能の良さのおかげで100点で貼り付けできました。

ここから、1年2年とこのNIMASOフィルムを通して

  • 傷からMacBookを守る
  • 乱反射を防いで常に作業効率をあげる

最高のメリットを享受していきながら、愛機の新型MacBookと日々を楽しんでいきます。

あなたもぜひ愛機を大切に使用するためにこの最高品質のNIMASOフィルムを手にとってみてください。

フィルムを貼り付けるか迷っている方はMacBookに保護フィルムを貼る必要性や理由を確認してくださいね。

それでは良きMacBookライフを!

14インチ用

13インチ用

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時に普通に買い物をすると損をするので、

Amazonギフト券をチャージ > 通常通り欲しい物を購入する

上記の手順でギフト券をチャージしてからAmazonで買い物すると最大2.5%ポイント還元でお得になります。

MacBook14インチのNIMASOアンチグレアフィルムにフィルムレビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる