MacBook Pro 14インチ M1 Pro用 PRODELIキーボードカバーレビュー|結果は80点だった

MacBook Pro 14インチ M1 ProのPRODELIキーボードカバーレビュー
お得情報

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • MacBook Pro 14インチ M1 Pro用のPRODELI キーボードカバーの使用感・レビュー
  • moshiのキーボード難民のかわりになるキーボードカバーについて

MacBook Pro 14インチ M1 Proを購入してから、待てど暮らせどいつもお世話になっているmoshiからキーボードカバーが発売開始されない。

moshiフィルムを取った状態
いつも使用しているmoshiのキーボードカバーがMacBook 14インチで販売されない…

そこで、今回はmoshiにかわるキーボードカバーを探しに探して、ようやく1つ良さげなキーボードカバーを見つけた。PRODELIってブランドのキーボードカバー。

いかにもAmazonの中華製!って感じがするけど、PRODELIの他の製品レビューをみてもあまり爆弾臭がしない。これはアマゾニスタとしてGO!しました。

今回はボクのように新型MacBook Pro 14インチを購入して、moshi愛用者なのにまだ発売されてない!でもキーボードカバーが欲しい!

こんな方がかなり参考になります。各ポイントでmoshiとの比較をしますね。

使ってみた結果ですが、moshiの使い心地が100点だとすると80点くらい。ほぼ厚みの問題の差(moshi=0.1mm 今回の名もなきカバー=0.12mm)コストが安いのはめちゃ良い。

それではMacBook Pro 14インチ M1 Pro用 PRODELIキーボードカバーレビューを書いていきます。

2021年10月発売 M1 Pro/Max チップ 搭載 モデル Macbook Pro 14/ 16 用 キーボードカバー
PRODELI

いつも使用しているmoshiのキーボードカバーは最強!だが14インチがない

目次

MacBook Pro 14インチ M1 Pro用 PRODELIキーボードカバーの特徴

今回紹介するキーボードカバーの特徴はこんな感じ

名もなきキーボードカバーの特徴
  • 厚み0.12mm
  • キーボードへのフィット感が良くずれにくい
  • 洗って何度でも使用できる
  • タッチIDくり抜き型で指紋認証が使用可

これだけ見ると…そこそこ良くない?!ってなりますよね。

そうなんですよ!

なので、冒頭でmoshiと比較して使い心地は80点くらいだった。の通り、高評価できるキーボードカバーってことをお伝えしました。

じゃあ、早速本体を確認していきますね。

MacBook Pro 14インチ M1 Pro用 PRODELIキーボードカバーレビュー

キーボードカバーの外観

結構薄い簡単なケースに本体が入っているので、運送中にフィルムが曲がる可能性あるかな〜?と不安あり。

実際に、某サイトの口コミにて「本体が曲がっていた」みたいな口コミが数件あったので。

Amazonで購入したとして、製品到着後に不具合があればAmazonカスタマーサービスに連絡しましょう。返金や交換をしてくれます。

中身はシンプル
付属品は本体のみ

うん、なんの違和感もないキーボードカバー。

シリコンプロテクターって感じですが、厚みは驚異の0.12mmとあの最薄キーボードカバーのmoshi製が0.1mmなのでかなり肉薄しています。

指紋認証は大丈夫
タッチID部分は切り抜かれている

キーボードカバーはしっかりと新型 MacBook Pro 14インチ M1 Pro用のサイズになっていて、タッチID部分もジャストサイズで切り抜かれている。

Apple WatchがあればMacBookはロック解除できる
Apple WatchがあればシームレスでMacBookやiPhoneののロック解除が可能

Apple WatchがあればMacBookの指紋認証は全然使わないけど、Apple Watchなしの人はこれは嬉しい設計。

Apple Watchがあれば「パスコード不要」「指紋認証不要」でMacBook Air/Proのロック解除ができる

MacBook Pro 14インチ M1 Pro用 PRODELIキーボードを実際に貼り付けてみた

キーボード面
Before

まずはなにも装着していないMacBook Pro 14インチ M1 Proのキーボード面はこちら▲

そして、キーボードカバーを貼り付けた状態がこちら▼

キーボードカバーをおいた状態
After
シリコンタイプなのでやや白濁としてるmoshiより白い感じ

そっと上から置くだけ、moshiのキーボードカバーのように付属テープで固定などはなし。

キーボードのバックライトもしっかり反映する

キーボードのバックライトも目視できます。カバーが白濁としているので、ライトは90%くらいの明るさに落ちるイメージ。

キーボード左側
キーボード左側

左右と上側が1mmくらい、下側が1.5mmくらいの隙間あり。

キーボード右側
キーボード右側

1,000円くらいのカバーなので、この辺はさほど気にしていないし、moshiも1mmくらいの隙間があるので違和感はないかな、と。

白濁感とキーボードのサイズ感

moshi
イマイチ
良い
PRODELI
イマイチ
良い

思っている以上に吸い付く

キーボードカバーが外れにくいのは良い

キーボードカバーを装着した状態でMacBookを斜めにしても、カバーがはずれない。これは想像以上の吸い付き。

90度でもはずれない

おっ!!角度が90°になってもカバーがはずれないぞぉーー!これは普通にすごい

90度以上になるとカバーは取れる

90°を振り切るとカバーはポロリと外れる。

まぁ普通に使用していて、ここまでの角度になることがまずないですけどね。

ちなみにmoshiは付属のシールで貼り付けるタイプなので、どれだけMacBookを回転させようがズレ落ちません。

Keyboardカバーを横に揺すってもズレない

キーボードを横にずらしてもなかなか取れない

手を置いて、左右に揺すってもカバーはずれない。タイピング時にも安定するので、ありがたい吸着力。

コビロボ

1,000円前後のキーボードカバーって結構ずれるイメージがあったから、良い意味で裏切られたね!

moshiと同じくらいの吸着力が欲しいなら別途極薄両面テープを用意するとOK

moshiの1mmテープと2mmテープ
専用の極薄両面テープ装着もあり
左:MacBook用MagicKeyboardの両面テープ
右:デスクトップ用MagicKeyboard用の両面テープ
moshi貼り終えた後のアップ画像
moshiに両面テープを貼り直した時の画像

同じようにどうしてもずれ落ちたくないなら、上画像のような幅が極薄の両面テープを別途購入あり。

吸着力

moshi
イマイチ
良い
PRODELI
イマイチ
良い

moshiを使っていた人はタイピング時に違和感はある

一応自然に打ち込むことができる
moshiを使っていた人は最初は違和感がある

一応自然に打ち込むことができるが、moshiをずっと使用していたボクはやや違和感を覚える。

理由は「肌触り(指触り)のせい」双方の肌触りの違いは下記の通り。

  • moshi:手に吸い付くようにフィットする感覚
  • PRODELI:かなりサラサラで指がすべるような感覚

ここはタイピング=作業効率に直結するので、重視したいところですよね。

キレイに打ち込むことができる
サラサラタイプだがなれると高速タイピング可能

moshiのキーボードカバーに慣れていたボクは、最初違和感を覚えましたが、約10日間くらいしたら気にならなくなっていました。

どっちが使いにくい!使いやすい!ってより、「吸い付くタイプ」が好きか「サラサラタイプ」が好きか分かれるかと感じる。

こびぃ

ちなみにボクはmoshiの『吸い付くタイプ』のほうが好きだわ!

手触り(指触り)

moshi
サラサラ
しっとり
PRODELI
さらさら
しっとり

打鍵感はmoshiのほうが良い

moshiのほうが打鍵感は良い

打ち込んだあとの「キーボードの戻り」はmoshiの方が感じます。理由はおそらくですが、下記の2点。

  • moshiのほうが0.1mmと薄くキーボード自体によりフィットしていること(PRODELIは厚み0.12mm)
  • 素材感が「サラサラではなくしっとり吸い付くタイプ」だから

このあたりが大きく影響してそう。

こびぃ

ただPRODELIの品質も悪くないね!むしろ過去に購入した1,000円台のキーボードカバーの中ではかなり上位クラスに良い!

タッチIDも問題なく使える

指紋認証も問題なし

キレイにタッチID部分のみ切り抜かれていて、指を当てることができます。

挙動も問題なし。

気になったポイントは装着してすぐの手触り(指触り)

バックライトなしでもキレイ

ボク自身がmoshiのキーボードカバーに慣れすぎているってのもあるのもかなり大きいと思います。

やっぱり指の神経は繊細だな〜、手触りが変わると違和感がタイピングをする時に最初は気になりました。

ただこれも慣れの問題なのでさっきも書いたとおり、約10日もあれば慣れるので、今では違和感なく打ち込めます。

moshiレベルとはいかないものの、1,000円クラスのキーボードカバーとしては申し分なし!

2021年10月発売 M1 Pro/Max チップ 搭載 モデル Macbook Pro 14/ 16 用 キーボードカバー
PRODELI

やっぱりmoshiのmキーボードがいい!って方はどうすべきか

現状、まだ新型のMacBook 14/16インチ M1 Pro/M1 Max用のmoshiのカバーが発売されていないので方法は下記の通りかな?と

  • 本製品のようなつなぎのカバーを購入する
  • 汚れたらエタノールや綿棒ですぐにキーボードの掃除をする

キーボードは安全に掃除するために必要なアイテムあり

moshi ClearGuard MacBook用キーボードカバーのメンテナンス方法エタノールと綿棒使う
綿棒&無水エタノール

ボクがいつも掃除用で使用するのはエタノール原液キョンセームクロス綿棒です。

これらがあれば、キーボードにこべり付いた油脂や汚れを安全に掃除することができるので、この清掃アイテムを駆使してmoshiから発売されるまで待ちましょう。

エタノールは原液のまま使用すること!水と希釈すると揮発性が落ちてしまい水分がMacBookキーボード内に侵入して故障の原因になります

最近は安く購入できるエタノール

\Apple製品におすすめのクロスを確認する/

MacBook Pro 14インチ M1 Pro用 PRODELIキーボードカバーレビューまとめ

そこまで違和感なく使える

ハッキリ言ってPRODELIのキーボードカバーを購入前は「moshiが出るまでのとりあえずのつなぎ!」と思って購入しました。

今となっては、かなり良かった買い物だな〜と感じますし、なんとなくのつなぎではなく、しっかり戦力になりながらつなぎになってくれているのもありがたい。

ですが、両方使って改めておもうのは「やっぱりキーボードカバーはmoshiだな〜」ってなっているので、またmoshiの新型MacBook Air/Proのキーボードカバーが発売されたら乗り換えます。

moshsiが出るまでのつなぎのキーボードカバーが欲しい人はぜひ一度チェックしてみてくださいね!

それでは良きMacBookライフを!

2021年10月発売 M1 Pro/Max チップ 搭載 モデル Macbook Pro 14/ 16 用 キーボードカバー
PRODELI

いつも使用しているmoshiのキーボードカバーは最強!だが14インチがない

あなたにおすすめのMacBook関連記事

お得情報

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時は、できるだけお得に購入しよう!

直接購入するのではなくクレジットカードでギフト券をチャージして、ギフト券で購入するとひと手間加えるだけでお得に買物できるようになります。

Amazon gift charge

\最大0.5%ポイント還元リンクはこちら/

Amazon公式
ギフト券チャージのエントリーはこちら

MacBook Pro 14インチ M1 ProのPRODELIキーボードカバーレビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次