【人気モデル】初心者の選び方 MacBook Air/Proの違いやおすすめスペック

MacBook選びかたを解説

この記事でわかること

  • MacBookの人気おすすめモデル
  • 自分が必要なMacBookのスペック
  • 初心者でもわかりやすいMacBookの選び方
  • MacBookの購入を失敗しない方法

すぐ読めます!新型M2 MacBook AirとMacBook Proまとめました↓

MacBookを初心者やライトユーザーが購入するときって、何を基準に決めればよいかわかりにくいですよね。

しかも、「MacBook」や「MacBook Air」や「MacBook Pro」と何種類もあり、カスタマイズも豊富なので、余計に悩む。

上記のような方に向けてわかりやすく、MacBookの特徴や選び方を知り初心者にもおすすめできるMacBookのモデルがわかるように記事を書きました。

こびぃ

先にMacBookの選び方から購入までの道筋をチェック↓

MacBook選び方 

上記のとおり、チャート形式にしてSTEP順に紹介していきます。

本題に入る前に、タイトルにある「初心者」におすすめの人気MacBookがどれか先にお伝えします。

初心者の90%以上はこれでOK!

初心者に人気のMacBook1位 MacBook Air M1チップ搭載モデル(最小構成8GB)>>クリックしてジャンプ

です。

では、早速本題「【人気モデル】初心者の選び方 MacBook Air/Proの違いやおすすめスペック」に入っていきます。

この記事でわかることをまとめました。タグを押すとそこまでジャンプします。

気になるタグからどうぞ

※本編内に目次へ戻るボタンを押すとここまで戻れます。

自分にあったMacBookをすぐに確認したい方は下記のボタンをクリック↓

目次

MacBook初心者の選び方・選ぶ時の重要ポイント4つ

MacBook 選び方STEP1

初心者やライトユーザーがMacBookを選ぶ時に重要なポイントは下記の4点です。

MacBook選ぶ時の重要ポイント

上記を理解できれば、初心者でもMacBookの選択ミスをして後悔することが防げます。

1から順番に紹介していくので、5に到達するころには自分にあったMacBookが分かる状態になります。ぜひ最後までお付き合いください。

⇧冒頭の「目的別選択」に戻る

【ポイント1】 MacBook Air/Proを所持するメリット/デメリット

MacBook Air/Proを持つメリットとデメリットをまとめると下記の通り。

メリット
  • 洗練されたデザインとインターフェイス
  • ディスプレイやフォントが美しい
  • 操作が直感的でわかりやすい
  • Apple製品との連携が強すぎる
  • OSはMac以外にもWindowsのOSを使用可能
  • デスクトップを2枚、3枚と4K外部モニターに出力できる
  • パソコンのスペックに詳しくない人が買っても外れを引かない

メリットは非常に魅力的な部分が多いのですが、やはり美しい洗練されたデザインとインターフェイス、そしてApple製品との連携の強さではないでしょうか。

MacBookは基本デザインが10年ほどほぼ変更ないのですが、ちっとも古臭さを感じず、未だにスマートなデザイン性を感じることができます。

なんといってもApple製品との連携が凄まじいです。

Apple製品があればあるほどMacBookが強力になる

上記のApple製品と強烈に相性が良いので、どれか1つでも所持しているとApple製品の連携力の高さに感動することでしょう。

デメリット
  • エントリーモデルから10万円以上する
  • Windowsのみに対応しているソフトウェアやアプリを使用できない
  • 自作PCなどのカスタマイズ性はMac<Windows
  • ゲームはWindowsのほうが相性良し

逆にデメリットは、「やっぱり高い」という点が一番ネックです。

ただし、その分基本スペックが高くWindows機で言うならばミドルレンジ〜ハイエンドを持った時の感動を簡単に得ることができます。

Adobe系のソフトはは徐々にアップデートされ、今では全然不具合も生じず違和感なく使用できています。

is Apple silicon ready
出典:is Apple silicon ready?

AppleシリコンのM1/M1 Pro/M1Maxチップに対応しているアプリはis Apple silicon ready?というサイトで確認できるので、気になるアプリがあれば動作確認をしましょう。

MacBookのメリット・デメリットについてもっと詳しく知りたい方はMac・MacBookのメリット・デメリットの内容(準備中)を確認してくださいね。

MacBook選ぶ時の重要ポイントの項目に戻る

【ポイント2】MacBook Air/Pro 種類別の特徴

MacBookの種類
出典:Apple

MacBookは1種類ではありませんので、現在のMacBookのラインナップから紹介します。

MacBookラインナップ
  • MacBook(無印)
  • MacBook Air
  • MacBook Pro

現在、中古市場含めてMacBookを眺めると上記3種類のMacBookを見かけることが多いと思います。

ただし、2021年1月現在「MacBook(無印)」は廃盤となっているため、新品購入できるMacBookは「MacBook Air」と「MacBook Pro」の2種類のみ。

廃盤のMacBook(無印)を含めた、MacBookのラインナップ3種類を順に紹介していきます。

MacBookの特徴

MacBook12インチ画像
出典:Apple

「MacBook」はMacBookの中でも最も軽量設計された持ち運びに特化したMacBook

最も軽量設計ということだけあって、MacBookの中で唯一重量が1kgを切った0.92kgとめちゃくちゃ軽く、完全に持ち運び用に作られたMacBookです。

軽量性を重視した結果、2020年に発売されたM1 MacBook Air同様に冷却ファンレス構造。

「軽い作業向け」「サブPCとして使用する」向け

デメリットは重たい作業には向いていないので「常に軽い作業をする人」や「他にメインPC/ノートPCがある人」向けのMacBookといえます。

こびぃ

PCの頭脳と言われている『CPU』もモバイル用CPUを採用しているよ。

MacBookの特徴
  • 現行MacBookにはない12インチモデル
  • MacBookの中では唯一重量が1kgをきっている最軽量モデル
  • 中古市場も30,000円〜と安い
  • 冷却ファンレス構造
  • CPUはモバイル用CPUを搭載
  • USB-Cポートは1つ
  • 軽作業・サブ機としておすすめ

現在新品廃盤モデルになっているため新品販売はありません。良質なMacBook中古は中古ショップがおすすめ。

公式サイト>>

MacBook Airの特徴

M1MacBook Air
出典:Apple

「MacBook Air」はザ・Macといえば!のノートパソコン

MacBookシリーズでも圧倒的人気を誇るコスパ最強ノートPCで、MacBookの代表的製品。

想定ユーザーは「初心者〜中級者」までで、最小構成だといわばエントリーモデルに当たるMacBookなのですが、M1 チップ搭載のMacBook Airが別次元のモンスターへと進化。

Apple自社製のCPUチップ「Appleシリコン搭載」したMac・MacBookは凄まじいほどのパフォーマンスを披露してくれます。MacBook Airを買うならM1チップ搭載モデルを推奨。

もともとは、MacBook Proの完全廉価版のような立ち位置でしたが、今やパワフルMacBookの仲間入りを果たしています。

「軽めの作業はすべてお手のモノ」重たすぎない作業の人向け

もともとは最軽量モデルで、空気のような軽さという意味から「Air」という冠名がつきましたが、現在はProとさほどかわらない重量になっています。※同13インチのこと

まずはMacBookでデビューしたい。毎日ある程度の作業をする。こんな方には人気モデルのMacBook Airをおすすめします。

こびぃ

PCの頭脳と言われている『CPU』がAppleシリコンのM1チップモデルのMacBook Airは大半の方におすすめできるモデルだよ。

M1 MacBook Airのレビューでも書いているのですが、動画編集などの長時間作業(1時間〜2時間をぶっ通し)はスペック&ファンレスが相まって結構厳しいです。

MacBook Airの特徴
  • 軽量・コンパクト・シャープを兼ね備えている
  • 最小構成モデルは約10万円と手が出しやすい価格
  • M1チップモデルのMacBook Airはパワフル
  • 冷却ファンレス構造
  • USB-Cポートは2つ
  • メイン機・サブ機どちらでも立ち回れる

関連 M1 MacBook Airレビュー 新時代の幕開け!

MacBook Proの特徴

M1 Pro_M1 Max MacBook Pro
出典:Apple

「MacBook Pro」はその名の通り“Pro”仕様の最高スペックを誇るMacBookの頂点

MacBookのシャープでおしゃれデザインはそのままで、MacBook Airでは実現できなかった重たい動画編集+αのアプリを同時に使用できるまさにProといえるMacBook。

初心者から上級者まで、誰が購入しても満足できる性能を誇っています。

過去モデルはTouch Bar搭載されていたけど、直近モデルは廃止されよりシンプルなキーボードに戻りました。

どんな作業も問題なし!プロが満足できるM1 チップ搭載のMacBook Pro

また一番新しいM1 Pro チップ搭載のMacBook ProにいたってはAppleシリコンのM1 チップの強化版チップが使用され、とてつもないパフォーマンスを披露。

Apple自社製のCPUチップ「AppleシリコンのM1 Pro/M1 Maxチップを搭載」したMacBook Proはこれまでとは比較にならない異次元の力強さがあります。

MacBook Proは3サイズ展開

MacBook Proは、Airや無印MacBookとは異なり、サイズやチップ・コアの種類が一番豊富なモデルなので、カスタマイズで自分好みにすることが可能。

ディスプレイサイズも13インチ、14インチ、16インチの3サイズ展開。※13インチはM1チップのみ14/17インチはM1 Pro・M1Maxから選択できます。

MacBookで動画編集やAdobeソフトを同時に使用したり、重たい作業をする方やメインPCとしてガッツリ使用する方はMacBook Proがおすすめ人気モデルです。

こびぃ

NEWモデルのMacBook Proはインターフェースが充実していて、よりプロ向けになっているので便利になったよ。

MacBook Proの特徴
  • 重たい作業に最適MacBook
  • プロ向け仕様のハイスペック
  • 最安モデル15万〜
  • 13インチモデルはM1チップ
  • 14/16インチモデルはM1 Proチップ・M1 Maxチップの2種類あり
  • 冷却ファンあり
  • CPUはモバイル用CPUを搭載
  • USB-Cポートはモデルにより異なる
  • デスクトップにも勝るパワー

13インチ M1チップ

14インチ M1 Pro/M1 Maxチップ

16インチ M1 Pro/M1 Maxチップ

関連 M1 Pro MacBook Proレビュー M1 MacBook Airと比較あり

3種類のMacBookの特徴まとめ

これまでにご紹介した、MacBook・MacBook Air・MacBook Proの特徴をまとめを集めたので、タブで切り替えて確認してください。

MacBookの特徴
  • 現行MacBookにはない12インチモデル
  • MacBookの中では唯一重量が1kgをきっている最軽量モデル
  • 中古市場も30,000円〜と安い
  • 冷却ファンレス構造
  • CPUはモバイル用CPUを搭載
  • USB-Cポートは1つ(MacBook最小構成)
  • 軽作業・サブ機としておすすめ

向いている人

軽作業・サブ機使用を想定している人

自分のタイプがどのMacBookに向いているのか簡単に分けると↓↓

  • 超軽い作業やサブ機メインにするタイプは→【MacBook】
  • 比較的軽い作業で長時間動画編集などをしないタイプは→【MacBook Air】
  • 長時間の動画編集・画像編集やアプリなどガンガン使い込むタイプは→【MacBook Pro】

こんな感じですね。

念のため数字を細かく把握しておいた方がよいので、比較表を通して、CPUメモリやGPU、ストレージなどを1つずつチェックできるようにしておきます。

MacBook選ぶ時の重要ポイントの項目に戻る

【ポイント3】MacBook・MacBook Air・MacBook Proの違いの比較

MacBookに限らず、ノートPCを購入する時に重要なのが「パソコンのスペック」と「自分にあったPCかどうか」です。

もちろんパソコンのスペックが高ければ高いほど、比例して価格も高くなる。

スペックと価格は完全に比例しているので、無駄な出費をさけるためにもそれぞれのMacBookの違いを把握して自分にあったMacBookを選択しましょう。

MacBook・MacBook Air・MacBook Proの違い「スペック比較表」

購入基準で重要となる「パソコンのスペック」を下記の項目にわけて紹介していきます。

MacBook スペック比較表の項目
  • CPU
  • GPU
  • メモリ
  • インターフェース(USBなど)
  • ストレージ
  • バッテリー
  • ディスプレイ
  • サイズ/重量
  • 価格

上記について、何のことかよくわからない方は下記を参考にしてください

MacBook・MacBook Air・MacBook Proスペック比較表

スクロールできます
MacBookモデルCPU
(チップ)
GPUメモリ
ユニファイドメモリ
ストレージインターフェースバッテリー
ワイヤレス
インターネット閲覧
ディスプレイサイズ/重量価格
Apple公式サイト参照
MacBook
MacBook12インチ
Intel
‎Core_m
・Intel HD
Graohics
615
・8GB 1.866MHz
LPDDR3 オンボードメモリ
・256GB
・512GB
・USB-C×1
・イヤホンジャック
10時間・Retinaディスプレイ
・2,304 x 1,440ピクセル解像度
・226ppi
高さ:0.35〜1.31 cm
横幅:28.05 cm
奥行:19.65 cm
重量:0.92 kg
148,800円〜
MacBook
Air
M1チップ
MacBook Air M1
M1・7コア
・8コア
・8GB
・16GB
・256GB
・512GB
・1TB
・2TB
・USB-C×2
・イヤホンジャック
15時間
・Retinaディスプレイ
・2,560 x 1,600ピクセル解像度
・227ppi
高さ:0.41~1.61 cm
横幅:30.41 cm
奥行:21.24 cm
重量:1.29 kg
134,800円〜
MacBook
Air
M2チップ
m2 MacBook Airインライン画像
M2・8コア
・10コア
・8GB
・16GB
・24GB
・256GB
・512GB
・1TB
・2TB
・MagSafe 3
・USB-C×2
・イヤホンジャック
15時間・Retinaディスプレイ
・2,560 x 1,664ピクセル解像度
・227ppi
高さ:1.13 cm
横幅:30.41 cm
奥行:21.5 cm
重量:1.24 kg
164,800円〜
MacBook
Pro 13インチ
M1チップ
MacBook Pro m1
M1・8コア・8GB
・16GB
・256GB
・512GB
・1TB
・2TB
・USB-C×2
・イヤホンジャック
17時間・Retinaディスプレイ
・2,560 x 1,600ピクセル解像度
・227pp
i
高さ:1.56 cm
横幅:30.41 cm
奥行:21.24 cm
重量:1.4 kg
178,800円〜
MacBook
Pro
M2チップ
m2 MacBook Proインライン画像
M2・8コア
・10コア
・8GB
・16GB
・24GB
・256GB
・512GB
・1TB
・2TB
・USB-C×2
・イヤホンジャック
17時間・Retinaディスプレイ
・2,560 x 1,600ピクセル解像度
・227ppi
高さ:1.56 cm
横幅:30.41 cm
奥行:21.24 cm
重量:1.4 kg
178,800円〜
MacBook
Pro14インチ
M1 Pro Maxチップ
M1 Pro M1 MaxMacBook Pro14インチ
M1 Pro
M1 Max

※Pro
一部8コア
他10コア
・14コア
・16コア

・24コア
・32コア
※24コア・32コアは
Maxのみ
・16GB
・32GB
・64GB
※64GBはMaxのみ
・512GB
・1TB
・2TB
・4TB
・8TB
・MagSafe 3
・USB-C×3
・イヤホンジャック
・HDMIポート
・SDXCカードスロット
11時間・Liquid Retina XDRディスプレイ
・3,024 x 1,964ピクセル解像度
・254ppiXDR
高さ:1.55 cm
横幅:31.26 cm
奥行:22.12 cm
重量:1.6 kg
274,800円〜
MacBook
Pro 16インチ
M1 Pro Maxチップ
M1 Pro M1 MaxMacBook Pro16インチのコピー
・M1 Pro
・M1 Max
・16コア
・24コア
・32コア
・16GB
・32GB
・64GB
※64GBはMaxのみ
・1TB
・2TB
・4TB
・8TB
・MagSafe 3
・USB-C×3
・イヤホンジャック
・HDMIポート
・SDXCカードスロット
14時間・Liquid Retina XDRディスプレイ
・3,3456 x 2,234ピクセル解像度
・254ppiXDR
高さ:1.68 cm
横幅:35.57 cm
奥行:24.81 cm
重量(M1 Pro):2.1 kg
重量(M1 Max):2.2 kg
344,800円〜

当然ですが、スペックはMacBookMacBook AirMacBook Proの順になり、価格もスペックに比例して高くなります。

コビロボ

とはいえ、スペックで比較する項目が多いからわからない…

こんな方のために、スペックで特に重要な項目=選択ミスをして購入すると致命的になるスペックを3つ抜粋して次の項目で紹介しておきます。

MacBook選ぶ時の重要ポイントの項目に戻る

【ポイント4】ミスすると致命的になるスペック項目3つ

  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ

正直パソコンを選ぶときはGPUやインターフェースも重要ですが、何より上記3つの選択を失敗すると100%後悔します

各項目が致命的になる理由を1つずつ紹介

CPU選択をミスすると後悔する

理由 処理が遅すぎる

コビロボ

CPUはコンピューターの心臓・頭脳のようなモノ

古いCPUを選ぶと1〜2年で時代に取り残されてしまいます。会社の古いパソコンを触っていて、処理が遅くてイライラした経験ないですか?

まさに毎日あの状態になる…恐ろしい…

こびぃ

基本処理の遅いPCを毎日使用するストレスは尋常じゃない!考えただけで吐き気がするよね。

なので、安いからと言って飛びついた結果、最初から全く使えない場合あり。価格だけで決めると大損する可能性があるので、できる限り新しいCPUを選択する必要あり。

後から、メモリ変更は不可。

CPU 今選ぶならコレ

まだまだ主力のAppleシリコンのM1チップ、余裕があればM1 Proチップ、完璧を求めるならM1 Maxチップ

メモリ選択をミスすると後悔する

理由 すぐにMacBook本体がうなって本体が熱くなる

コビロボ

メモリは作業机のようなモノ

メモリが小さいほど同時に作業ができなくなり、大きいほど同時に作業ができます。

スプレッドシート、パワポ、Notion、Illustrator、Google Chrome(ブラウザ)などを何個も同時に立ち上げて動作が遅くなったり、パソコンのファンがうなった経験ありませんか?

大半の理由が、メモリ容量が足りずに起きる現象なんですよ。WindowsPC・MacBookどちらも同様のことがおきます。

時々、Macのシステムエラーでファンが唸るときがあり【Macのファンが回ってうるさい時の対応方法6つ】で治りますが、メモリが小さいときは当然なおりません。

よって、価格を重視しすぎてメモリが足りなくなるとマルチタスクなんて全くできませんので、気をつけてください。

メモリ 今選ぶならコレ

最低8GB必要。旧Intelチップだと8GBで、4つ以上のアプリ同時立ち上げできついときがありました。M1チップだと8GBでもほとんどの人は大丈夫。余裕があれば16GBはほしいところ。

M1 MacBook Air(最小構成の8GB)のレビュー内でアプリ同時立ち上げ時の様子を書いているので良かったら参考にしてください。

こびぃ

ちなみにM1 Pro MacBook Proは16GBで持っているんだけど、やっぱり同時作業時、動作の安定性は8GBより16GBの方が圧倒的に良いよ!

関連 MacBook Air/Proのメモリは8GB・16GBどっちがおすすめ?メモリ増設は後から不可

ストレージ選択をミスすると後悔する

理由 すぐに容量が足りなくなる

コビロボ

ストレージは書棚のようなモノ

ストレージが大きいほど保存できるデータ容量が大きく、小さいとデータ容量も小さくなります。

現状Appleストアでも販売されているMacBookの最小構成メモリが256GB。この256GBがどうか気になる人が多いハズ。

ハッキリいっって、2022年の今MacBookを購入するならどんな人でも512GBはほしいところ。256GBってiPhoneの容量と変わらないですからね。

普段使用するファイルなどはできる限りCP本体内で保存したいのに、256GBしかないと常時外付けSSDやクラドサービスが必須になってきて都度ださないといけないハメに。

後から、拡張は不可。

こびぃ

メモリが少ないほうが安いんだけど、安いからだけで飛びつかないようにね!256GB以下は今の時代普通にきついよ。

ストレージ 今選ぶならコレ

最低512GBは欲しい。約8~9割の人は512GBあれば満足できるはず。動画や一眼カメラの画像などを多く取り込む人は1TBもあり

容量が足りなくなったらMacBookと一緒に買うモノでおすすめしているような外付けSSDもあるので、そこまで神経質にならなくてもよいと思いますが、より快適にするために512GB以上が好ましいです。

MacBook選ぶ時の重要ポイントの項目に戻る

自分にあったMacBook Air/Proのモデル・スペックはこれ

MacBook選び方STEP2

MacBook Air/Proを購入する重要ポイントを抑えたら、自分に合うMacBookを把握しましょう。

自分にあったMacBookを探す

  1. MacBook
  2. MacBook Air M1
  3. MacBook Pro 13インチ M1
  4. MacBook Pro 14インチ/16インチ M1 Pro/M1 Max
こびぃ

クリックするとみたい場所を確認できるよ!

自分にあったMacBookおすすめを順に見ていきます。

1.MacBookがおすすめの人

MacBook12インチがおすすめ

MacBookは、新品販売はないため中古のMacBook良質販売店などで購入する必要がありますが、その分もっとも安く手に入りやすいモデルでもあります。

持ちやすさに特化している分、パワー不足は否めないので「短時間でも動画編集は不向き」です。

また画像編集等も、長時間作業になってくると厳しいので、本当に軽い作業メインで考えておくサブPCを探している人ならおすすめ。

該当する方は一度で程度の良いMacBookがあるか覗いてくださいね。

初心者おすすめのカスタマイズ

ストレージ→512GBがベスト 中古市場でもし216GBしか見つからなかったらMacBookと一緒に買うモノでおすすめしているSanDisk外付けSSDで補完しよう。

こびぃ

インターネットブラウジング/サーフィンやメール、メッセージアプリやライターのような文字を打つ程度の軽い作業なら全く問題ないよ!

MacBookをおすすめできる人
  • 軽い作業がメイン
  • サブPCにしたい
  • 最軽量モデルのMacBookが良い
  • 中古でも良い
  • できる限り安いMacBookが欲しい

イオシス公式でMacBook中古良品を探す>>

⇧自分にあったMacBookを探す項目に戻る

2.MacBook Air M1がおすすめの人

M1 MacBook Air13インチ

MacBook Air M1は、現在一番人気のMacBookモデル・スペックです。

MacBook Air M1 レビューの通り、ハッキリ言って、8~9割くらいの人はMacBook Airで十分。

初心者やライトユーザーは9割9分MacBook Air M1で問題ないです!って、言い切れるくらいM1チップのMacBook Airはすごい。

手に入れた初日は本当に感動しました。

初心者おすすめカスタマイズ

ストレージ→512GBがベスト

それでも不安であればMacBook Airのメモリ8GB→16GBにするだけで一掃されるはず。マルチタスクをゴリゴリ長時間しない限り吊るしモデル(最小構成)で問題なし。

こびぃ

プロ向けのクリエイター系のソフトをガンガン使わないのであればM1チップのMacBook Airで問題なし!

ただし、ファンレス構造なので重たい作業の長時間は不可がかかりすぎて本体が熱くなりやすいし、カクつきます。

なので、プロのクリエイターじゃない方でも趣味や仕事で長時間ゴリゴリ使う人は、より動作が安定しているMacBook Proがおすすめ。

MacBook Air M1をおすすめできる人
  • 一番人気モデルのMacBookが良い
  • 重たい作業を長時間しない
  • 新品価格10万円くらいで購入したい
  • USB-Cが2ポートでも大丈夫
  • メイン機、サブ機どちらでも使用したい
  • 軽量/コンパクト/シャープなMacBookが欲しい

イオシス公式でMacBook Air M1中古良品を探す>>

関連記事 M1 MacBook Airの実機レビュー

⇧自分にあったMacBookを探す項目に戻る

3.MacBook Pro 13 M1がおすすめの人

MacBook Pro 13 M1がおすすめの人

MacBook Pro M1は、M1 Pro/M1 MaxチップのMacBook Proが登場してやや影に隠れ気味ですが、十分な強さを誇ります。

M1 Pro/M1 MaxのMacBook Proよりパワーは劣るものの、13インチというコンパクト設計は「外/中」併用したい方にピッタリのサイズ感。

M1 Proチップ、M1 Maxチップにこだわりがなければ、一番お買い時にのMacBook ProがこのM1 チップのMacBook Pro13インチモデルです。

初心者おすすめカスタマイズ

  • ストレージ216GB→512GB
  • メモリ8GB→16GB

MacBook Proを購入する方は、重たいアプリ/ブラウザをマルチタスクが多いこと、容量の大きな動画/画像データを取り扱うことから、最低でも上記のカスタマイズをおすすめします。

こびぃ

プロの動画編集者・クリエイターでも大満足のマシーン!

MacBook Pro M1をおすすめできる人
  • 重たい作業を長時間する
  • MacBook Airよりサクサク動くパワーが欲しい
  • 新品価格15万円くらいで購入したい
  • インターフェースが少なくても大丈夫(基本USB-C×2)
  • メイン機、サブ機どちらでも使用したい

イオシス公式でMacBook Pro M1中古良品を探す>>

⇧自分にあったMacBookを探す項目に戻る

4.MacBook Pro 14インチ・16インチ M1 Pro/M1 Maxがおすすめの人

M1 Pro M1 Max MacBook Pro 14インチ

現在最も話題となっているMacBookがこの「M1 Pro」「M1 Max」チップ搭載のMacBook Proです。

デザインも一新され、ソリッド感があり力強いMacBook Proに仕上がっています。インターフェースもまさにプロ仕様。

新型のMacBook Proにしたい方が最も悩むであろう「M1 Proチップ」「M1 Maxチップ」どちらにすべきかってことを説明しておきます。

初心者でも悩むであろう「M1 Pro」「M1 Max」どっちが良いか

ハッキリいって、99%以上の方は「M1 Pro」で十分!

YouTuberのワタナベさんがMacBook Pro M1 ProとM1 Maxの比較動画を出してくれています▼

M1 Proがカクつくレベルが8K3枚重ねのプロキシなしってことですが、一般人はこんなことしませんからね笑

Proで問題なし!動画の書き出しを少しでも早くしたいなら「M1 Max」の方が良いでしょうけど、これも微々たるものなのでそこに+数万円〜出す価値を考えると良いのではないかと。

著者は14インチでCPUだけ8コア→10コアにカスタマイズした

ボクは完全にオーバースペックだったので、「M1 Pro」にしました。メモリを32GBか16GBか迷ったのですが、16GBにしたのですが全く問題ありません。

一番重たい作業がCanon EOSRPで30分撮影→10分編集やPhotoshop、Lightroomで同時に写真を50枚〜100枚使ったりする作業です。

上記作業時にもまだまだ余力を残している感じがあり、これまで 約2ヶ月ファンが回ったことが一度もありません笑

カクつきもなし!

普通の人は、M1 ProのMacBook Proの最小構成もしくは1ランク上の8コアCPU→10コアCPUで十分すぎます。※著者は10コアCPUにしました

14インチにすべきか16インチにすべきか「メリット・デメリット」

これは「普段の使い方」と「何を優先すべきか」明確にするとわかりやすいです。

そのためには、それぞれの「メリット」「デメリット」を知る必要がありますので、書きますね。

14インチのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • コスパが良い
  • 軽量・コンパクト
  • 持ち運びやすい
  • 自宅でも十分使える領域
  • 13インチのMacBookより作業効率が良い
  • 16インチよりは画面領域が狭い
  • 16インチと比較すると作業効率が落ちる
  • 一番スペックの高いMacBook Proを買えない(カスタマイズ後)

MacBook Pro の14インチのメリットどデメリットから、どんな人におすすめできるかというと次の通り。

\14インチMacBook Proがおすすめの人/
  • 自宅でも外出先でも使用する
  • コスパよくMacBook Proを購入したい
  • カスタマイズでMacBook Proを1番高いスペックにするつもりはない

14インチでも自宅で外部ディスプレイを活用すると作業効率をバク上げできます

16インチのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 画面領域がMacBook内で一番広い
  • 作業効率は抜群
  • 自宅ノートPCとしては最強
  • スペック最強MacBook Proを購入するなら16インチ(カスタマイズ後)
  • 高い
  • 重たい・大きい
  • 持ち運びが大変

MacBook Pro の16インチのメリットどデメリットから、どんな人におすすめできるかというと次の通り。

\16インチMacBook Proがおすすめの人/
  • 自宅メインで使用
  • 画面領域を確保して作業効率の最大化
  • カスタマイズをして最強のMacBook Proを購入したい

初心者おすすめのカスタマイズ

  • CPU8コア→10コア※初心者は正直カスタマイズしなくて良い

敢えて上げるならCPUを10コアにすることだが、本当の超初心者はカスタマイズなしで十分!ちょっと不安がある人は、CPUを10コアにあげとくと向こう数年は安定した爆速パフォーマンスで使用可能。

こびぃ

インターネットブラウジング/サーフィンやメール、メッセージアプリやライターのような文字を打つ程度の軽い作業なら全く問題ないよ!

これまでの本記事の内容をまとめるとMacBook Pro M1 Pro/M1 Maxがおすすめな方は下記の通り。

MacBook Pro M1 Pro/M1 Maxをおすすめできる人
  • 重たい作業を長時間しても余裕が欲しい
  • 作業中のカクつきを一切なくしたい
  • 最新型のチップ搭載のMacBook Proが良い
  • 価格は二の次で性能重視
  • デスクトップ機を勝るパワーのMacBook Proが良い
  • 書き出しが倍速に近い「ハイパフォーマンスモード」を使用したい※M1 Maxのみ

14インチ

16インチ

関連記事 M1 Pro MacBook Proの実機レビュー

⇧自分にあったMacBookを探す項目に戻る

MacBookのおすすめのスペックカスタマイズの優先順位はなに?

ミスすると致命的になるスペック項目3つでも紹介したとおり、下記の順がカスタマイズ優先順位です。

カスラマイズ優先順位
優先順位高い
CPU
メモリ
スト
レージ
優先順位低い

過去のMacBookはCPU<メモリの方が優先順位が高かったです。

しかし、『AppleシリコンのM1 チップを搭載』のMacBookになってから、メモリ<CPUの優先になりました。

CPUは現在、Intel系<M1チップ<M1 Proチップ<M1 Maxチップの順で強くなっていきます。

体感ですが、あきらかにメモリ数字上よりCPUを上げる方がパフォーマンスが高く感じるんですよね。

なので、Intel系のMacBookにするならちょっと頑張ってM1チップにしましょう。

こびぃ

Intel時代のメモリ8GBとAppleシリコンのメモリ8GBでは、作業領域(メモリ=机の広さ)が数値上は同じでも全然違うんだよね!

著者の体感ですが、メモリがAppleシリコンのM1チップの8GBは、Intel時代の12GB以上あるような感覚でマルチタスクが楽勝です。>>MacBook Air/Proのメモリについてもっと確認する

【意外と重要】MacBookのカラー

MacBook Air/Proは現在「シルバー」「スペースグレイ」「ゴールド(Airのみ)」の3色あります。

MacBookの人気カラー記事のアンケート結果の通り、一番人気はスペースグレイです。

人気で高級感のスペースグレイで行くか、定番のシルバーでいくか、上品なゴールドでいくか。後悔しないカラーを選択してください。

関連記事 2022年版|MacBook Air/Pro1番人気の色はスペースグレイカラー?全カラー確認【M1 Pro/Max】

MacBook Air/Proをどこで購入するとお得に購入できるか

MacBook 選び方STEP3
こびぃ

自分の求めているMacBookの種類やスペックが把握できたら、最後に安く購入するルートをチェックしよう!

MacBook AirもMacBook Proも安く買う方法は「新品」か「中古」で異なります。

MacBook Air/Proを新品でお得に購入する方法

それはAmazonルートで購入することです。AmazonでMacBookを購入するメリットは下記の通り。

メリット
  • ポイント還元に上限なし(楽天やYahoo!にはある)
  • お買い物マラソン(楽天)やお買い物リレー(Yahoo!)で不要なものを購入する必要がない
  • Amazonギフトチャージで2.5%ポイント還元
  • MacBook本体価格の5%ポイント還元
  • Amazonポイントは期限なしで何でも買える
  • 即日発送の翌日着が可能

M1 MacBook Air 8GB:定価103,180円の場合

購入先割引額
割引%(P)
実質価格
Amazon7,738円
7.5%
95,442円
ヤマダ
ビックカメラ
ヨドバシ
5,159円
5%
98,021円
楽天7,000円
楽天マラソン上限P7000
96,180円
Apple0円103,180円

Amazonでメモリ8GBや16GBのMacBook Air/Proを安く購入する手順

MacBook Air/ProをAmazonで安く購入する時の手順↓↓

AmazonでMacBook Air/Pro購入時の手順
  1. ギフトカードをチャージする
  2. MacBookを購入する(アマプラ会員は最大2.5%還元)
  3. MacBook販売元がAmazon.co.jpかチェック(個人からの購入はトラブルのもと)

Amazon公式サイト>>https://www.amazon.co.jp

念のためAmazonルート以外を確認したい方は以下の記事を参考にどうぞ。

最新モデルではなくMacBook Air/Proを中古で購入する方法

安心してMacBookの中古品を購入するなら、実績豊富な中古販売店をおすすめします。

人件費等が最小限に抑えられ、その分安くなる「ネット上」で購入するのがおすすめ。

MacBookの中古販売の定番は下記の2箇所

Apple公式整備品(厳密には新古品のようなもの)のMacBookはよく売り切れています。※あまり入荷しない

なので、なるべく早く安全に購入するなら中古販売実績が豊富なイオシスをチェックしてくださいね↓

中古デバイス販売といえばイオシス公式

「安心」してMacBookの中古を購入したいなら、絶対さけるべき場所がフリマアプリ。購入後にすぐ故障するなど頻繁にトラブルが起こっているので、高価製品の購入は非推奨です。

こびぃ

高額なモノで、数年使用するものだからこそ、万が一のアフターケアサービスがしっかりしているお店から購入しよう!

イオシス公式サイト>>

MacBook Air/Proは新品と中古どっちを買うべき?

これははっきり言って何を優先するかで異なります。MacBook中古と新品はどっちが良いかでわかりやすく解説しているので参考にどうぞ。

軽くまとめると

  • 中古と新品の価格差
  • 中古と新品のメリット/デメリット

を天秤にかけて、より納得できる方を購入しましょう!

関連 MacBookは中古と新品どっちが良い?中古購入時の注意点・デメリットも紹介

【初心者向け】MacBook Air/Proよくある質問【FAQ】

初心者がMacBook Air/Proを買う時によくある質問をまとめました。

MacBookといわずノートパソコン自体が超初心者だが大丈夫か

Windowsと比較するとMacBookからスタートするのはとてもおすすめ。理由は、直感的で操作がしやすく、複雑な構造になっていないためシンプルでわかりやすい。

MacBookの新モデルを待つべきかどうか

よく言う欲しいときが買い時!っていいますけど、著者がよく参考にするApple Daysで予測してみても良いかもしれません。

MacBookを買い替えだがやっておくべきことってあるのか

MacBookが買い替え時ならやるべきことがあります。簡単なので下記を参考にしてください。

>>【超重要】Mac MacBook買い替え時に絶対にやるべきこと5つ

MacBookの買い替え時期っていつがおすすめか

個人的には2年くらいがきれいなサイクルだと思っています。詳しく知りたい方は下記を参考にしてください。

>>【Mac歴15年が解説】Mac・MacBookの買い替え時期っていつ?何年使うべきか【2022年最新】

MacBookの一番人気のカラーはなにいろか

一番人気のカラーは「スペースグレイ」です。アンケート調査の結果は下記を参考にしてください。

>>MacBook Air/Pro1番人気の色はスペースグレイカラー?全カラー確認【M1 Pro/Max】

最新版|MacBook Air/Proのおすすめモデル・スペック【まとめ】

本記事は「2022年最新|MacBook Air/Pro人気おすすめモデル・スペック初心者の選び方【購入失敗しない方法】」について書きました。

MacBook 12インチとMacBook Air 13インチとMacBook Pro14インチ

本文内容の通り、初心者で軽い作業をする方であればほとんどの方が「MacBook Air M1の最小構成(一番安いモデル)」で問題ないです。

今後、もしかすると「動画編集を仕事にする」「重たい画像を何枚も使用する」「外部ディスプレイに2枚同時表示する」確率が高いなら、MacBook Pro 14インチにしておけば問題なし。

本文の通り、MacBookを購入すると初心者ライトユーザーでもMacBookの購入ミスをしないので、ぜひ読み込んでくださいね。

もう一度・・・・自分にあったMacBookを探したい方」はこちらをクリックすると戻ります。

【最後に】MacBookを購入したらやりたいこと

  • MacBookと一緒に買うものを準備する
  • MacBookにApple Careが必要かどうか確認する

MacBookを購入したら、MacBookを使いやすくして自分の環境に最適な状態にするためにMacBookと一緒に買いたもの「アクセサリー・周辺機器」を合わせて確認してくださいね。

MacBookの保険「Apple Care+ for Mac」が必要かどうかはMacBookにApple Care+は不要か?必要か?に詳しく書いているので参考にしてください。

それでは良きMacBookライフを!

もう一度見たい場合はタグから再確認

あなたにおすすめのMacBook関連記事

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時は、できるだけお得に購入しよう!

直接購入するのではなくクレジットカードでギフト券をチャージして、ギフト券で購入するとひと手間加えるだけでお得に買物できるようになります。

Amazon gift charge

\最大0.5%ポイント還元リンクはこちら/

Amazon公式
ギフト券チャージのエントリーはこちら

MacBook選びかたを解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次