MacスクリーンセーバーEmbarkをGoogle Chromeからダウンロードと設定方法【オシャレ風景】

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • Mac版Embarkのダウンロード/設定方法
  • Mac版Embarkをフルスクリーンにする方法

MacBook Air/ProのスクリーンセーバーでYouTuberもよく使用しているおしゃれで美しい風景+シンプルデジタル時計の組み合わせのスクリーンセーバと言えば『Embark』

厳密にいうと、スクリーンセーバではなく、Google Chromeの拡張機能です。

Embarkを初めて使用する方は、ダウンロード方法も使用/設定方法もわからない!ってなりますよね。

そこで、本記事ではスクリーンセーバ「Embark」のダウンロード方法や設定方法を画像つきでMac/MacBook初心者でもわかりやすく解説します。

では本記事「MacスクリーンセーバーEmbarkをGoogle Chromeからダウンロードと設定方法【オシャレ風景】」を書いていきます。

Embark以外のスクリーンセーバをまとめて確認したい方はこちら▼

>> MacBookスクリーンセーバー おしゃれな時計やリンゴマーク厳選記事

目次

Mac版 Embarkのダウンロードして使用設定する方法

Embark」はおしゃれで美しい風景とシンプルデジタル時計のスクリーンセーバー風Google Chrome拡張機能。

YouTuber御用達のおなじみ風景画像です。MacもWindows問わず、Google Chromeを導入していると拡張できる素晴らしい無料サービス。

早速ダウンロード方法をSTEP表記で解説していきますね。

STEP
Google Chromeで「Embark」をダウンロード
Google Chromeで「Embark」をダウンロード

ChromeウェブストアのEmbarkに行きChromeに追加ボタンを押します。

Chromeタブ右上から「Embark」の拡張機能を追加

拡張機能を追加を押して、Google ChromeにEmbarkの導入が完了します。

次に設定。

STEP
Chromeタブ右上から「Embark」を設定
Chromeタブ右上から「Embark」を設定

Chrome右上タブにあるEmbarkの【E】マーク(バージョン)をクリック。

下記の3つの表示が出てきます。

  • オプション
  • Chromeから削除
  • Chromeメニューで表示 or 固定を解除

上記の通りChromeから削除ボタンがあるので、Embarkを削除をするときも簡単です。

オプションをクリックするとEmbarkの設定を変更することが可能。

コビロボ

もしChromeの右上にEmbarkの【E】マークがなかったら下記を参考にしてネ!

Eマークが表示されていいて問題ない人は、次ステップ「オプションから設定をクリック」するとジャンプ

※EマークがChromeタブに表示されていない時の設定方法

Chromeタブ右上から「Embark」を設定でEmbarkの表示がない場合は拡張機能オプションからピンで追加する

タブの拡張機能部分をクリックすると、すべてのアクセスの中にEmbarakのEマークがあるので、横にあるピンマークをおしてください。

ピンで追加後にEmbarkの【Eマーク】が出現

無事にEmbarkのEが表示されます。

では次に設定をしていきましょう。

STEP
オプションから設定
Embarkのオプションから設定

Embark【E】マークのオプションをクリックすると、上画像の状態になります。それぞれの設定の意味は下記を参考にしてくださいね。

Show a new random imageランダム画像を表示
15分毎、30分毎、毎時、毎日、毎週
show the current time現在の時刻を表示
Use 12 houe time12時間表示に変更
Souw am/pm
(if using 12 hour time)
午前/午後の表示をする
※12時間表示の場合
Animate the time seperator時間区切りをアニメーションにする
Digit transparency時刻数字の透明度
Border transparencyボーダーの透明度
Show the current date現在の日時を表示
Format日付のフォーマット
Positionポジション
ビューポートの下部/上部

最初のデフォルト状態から、上記を参考にして自分好みに設定してくださいね。

こびぃ

細かいこだわりなければ、
何も設定せんでも問題なし!

Mac 版Embarkを画面いっぱいのフルスクリーンにしたい

前述の流れで設定ができれば、これでいつでも「Embark」のオシャレで美しい風景+シンプルデジタル時計で癒やされながら時刻の確認ができるようになります。

よし!フルスクリーンで美しい風景を見よう!

ってことで、いざ新規タブを開いてみると。

Embarkを普通に開いてもタブが残る
通常の新規タブ画面

ん?上にタブが残ってるけど、どうやって消せばいいの?ってなります。

「あ!フルスクリーンじゃないからか!」

って気づいて、フルスクリーンショートカットキーcontrolF同時に押してフルスクリーンにしてもう一度確認。

Embarkを⌘+Control+Fでも若干タブが残る
フルスクリーン画面

それでも、上部に少しだけいらないタブが残っている…なんでやねん。

コビロボ

安心していいヨ!こっからさらに真のフルスクリーンにできるからネ!

上記のフルスクリーンにした状態で、さらにショートカットキーのshiftFを押す。

キーボードをポチるだけで下画像のようなフルスクリーンへの切り替えが可能。

フルスクリーンにした状態で⌘+Shift+Fでさらにフルスクリーンにすることが可能
真のフルスクリーン画面

上記の方法で、タブ無しの真のフルスクリーンへ切り替えることが出来ます。

真のフルスクリーンへの方法手順をまとめると下記のとおり。

真のフルスクリーンへの手順

  1. controlFを同時に押してフルスクリーンにする
  2. フルスクリーンにした状態でshiftFを同時に押す

【おまけ】新規タブを立ち上げるごとに表示されるフルスクリーンの美しい景色

ボクは道路と桟橋みたいな画像が好きです。皆さんはいかがでしょうか。

こびぃ

飽きないくらい種類が豊富やから、色々試してみて仕事や趣味、火事の合間に癒やされてええんやで♪

Mac版 Embarkがあまり好みじゃなかった場合は他もあり

Embarkがもし合わないな〜と思った場合はオススメできる他のスクリーンセーバもあるので、ご安心を。

一部ご紹介

Blooklyn
Padbury Clock【Appleデザイナー時計】は黒と白設定が可能
Padbury Clock

上記の「Blooklyn」や「Padbury Clock」を含むおしゃれスクリーンセーバーは「MacBookおしゃれなスクリーンセーバー厳選」内のうちの一部です。

Embark以外で、MacやMacBookのおすすめスクリーンセーバを確認したい場合は、下記事を参考にしてくださいね。

MacスクリーンセーバーEmbarkのダウンロードと設定方法の解説まとめ

本記事では、主に下記の内容について解説しました。

クリックで再確認

誰でもできる簡単な設定です。
Embarkはスクリーンセーバではなく、あくまでGoogle Chromeの拡張機能。

普段の新規タブはEmbarkを利用して、スクリーンセーバは別に『fliqlo』のようなレトロなモダンシンプルなスクリーンセーバにしてみると気分も変わるので併用もありですよ。

おしゃれなスクリーンセーバでMac MacBook Air/Pro生活をより楽しんでいきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる