iPhone Apple純正『レザーケースorシリコンケース』レビュー丨どっちが良いか徹底比較

こんにちは!コビガジェライフライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • iPhoneケースのApple純正『レザーケースとシリコンケース』について

iPhoneのケース購入時にはじめてApple純正ケースを購入するときにレザーケースにするか、シリコンケースにするかボクはかなり迷いました。

今はレザー・シリコンどちらも『特徴・メリット・デメリット」を知っているので、新しいiPhoneを購入したら「まずはレザー」って決めています。

昔のボクのようにレザー・シリコンどっちが良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

上記のような方に少しでも参考になればと、2年半長期で使用したiPhone純正レザーケースと半年使用のシリコンケース、ほぼ新品状態のシリコンケースで徹底比較していきます。

レザーケースかシリコンケースのどっちが良いかの結論は『人によります(求めるモノ)』

iPhoneのケースにApple純正の『レザーケース』『シリコンケース』どっちを購入するか迷っていて、先に答えを知りたい方はこちらをクリックすると結論まで飛びます。

では早速、本記事『iPhone Apple純正『iPhone Apple純正『レザーケースorシリコンケース』レビュー丨どっちが良いか徹底比較』を記していきます。

おトクな情報

Apple公式ストアで購入する場合は楽天リーベイツを経由することで、1%ポイントバック!
Apple Store(オンライン)で購入の際は損しないように楽天リーベイツを経由することをお忘れなきよう。

Rakuten Rebatesを確認する

目次

iPhoneSE2(第2世代)用Apple純正シリコン・レザーケースの特徴・外観

レザーケース・シリコンケースの特徴早見表

項目レザーシリコン
品質
高級感
使いやすさ
長期使用
所有欲
価格

iPhone Apple純正『シリコンケース・レザーケース』特徴

左:シリコンiPhoneケース 右:レザーiPhoneケース

iPhone Apple純正シリコンケースとレザーケースの共通の特徴は下記の通り。

  • Apple純正所持者のみが得られるリンゴマーク
  • ワイヤレス充電(Qi充電)対応
  • ライトニングケーブルの形状を選ばずほぼ対応
  • 長期利用も可能な耐性あり
  • 品質が本当に良い
  • 価格がApple純正の割に安い(特にレザー)
  • iPhone本体に傷がつかないような設計
  • 内側にマイクロファイバーでソフトクッション
  • iPhoneへの着脱が楽だがジャストフィット
  • 手に吸い付くような質感

1番ネックになりやすい価格部分ですが、Apple製品の純正ケースは純正ケースの中でも比較的に良心価格設定なのは良いところ。

下記の通り、特にレザーが際立って安く感じます。

項目レザーケースシリコンケース
価格5,500円3,800円
カラバリブラック、レッド、ミッドナイトブルーブラック、ホワイト、ピンク

シリコンは1,000円などの激安ケースがあるのですが、本皮のレザーケースで約6,000円前後ってそうそうないんですよね。

例えば、Appleレザー製品でおなじみのNOMADはAmazonで7,000円を越えてくるので、そう考えるとApple純正レザーが6,000円前後で購入できるのは安いです。

こびぃ

クオリティが良くて価格が安い、いわゆるコスパが良い製品がAppleで販売されているのは珍しいな〜

iPhone Apple純正『シリコンケース・レザーケース』外観確認

使用歴:白シリコンほぼ新品 黒シリコン半年 黒レザー2年半

左から、ホワイトシリコンSE2用ブラックシリコンSE2用ブラックレザーSE2対応の8レザーです。

こびぃ

ボクはエイジングを楽しんでいるので今も8のブラックレザーを愛用しているんよ。

Apple Watch6を購入しに行った時にApple Storeの店員さんに確認したのですが、8とSE2のレザーはロゴの位置と中のファイバークロスの色味が異なるだけとのこと。

形状や基本仕様は8用とSE2用のレザーは変わりません。

結局数カ月後にiPhoneSE2用のレザーを購入

店員さんの言う通り、ロゴの位置と中のファイバークロスの色味が異なるだけでした。

iPhoneSE2のレザーケースの表・裏

iPhone8とSE2のレザーの違い

  • リンゴマーク:中央やや上 ⇨ 中央
  • 内側のファイバークロスの色味:濃紫 ⇨ 黒

『ブラックレザーケース・ブラックシリコンケース』外観比較

iPhoneのApple純正シリコンケースとレザーケースのブラックをならべた状態
左:シリコン 右:レザー

質感はやっぱりレザーの方が圧倒的に良いし、ビジュアルも渋かっこいい。

ただ、シリコン製もApple純正ケースの特権『リンゴマーク』が施されているだけで、高級感を感じるAppleマジックが発動していて、捨てがたいビジュアル。

iPhoneApple純正のシリコンとレザーのブラックを並べた状態

左:シリコン 右:レザー

カメラ周りの基本設計も同じ。

iPhoneApple純正シリコンとレザーケースの内側ファイバークロス比較
左:シリコン 右:レザー

中のファイバークロスも同じ質感。色味はやや異なるが8用レザーがやや濃紫仕様のため。

内側のファイバークロスの起毛でiPhone本体を傷からガッチリガード。格安iPhoneケースには見られない優しさ設計。

SE2用レザーの本来の色味
iPhoneApple純正シリコンケースの内側縁はファイバークロス仕様
シリコン

内側縁までファイバークロス。

Apple純正レザーケースの側面内側の縁はレザー仕様
レザー

背面のみファイバークロスで、内側縁はレザー仕様。

上記の通り、内側のファイバークロスが施されている面が異なります。

  • シリコンケース:内側の縁までファイバークロス。
  • レザーケース:内側の縁はレザー仕様で、ファイバークロスは背面のみの設計。

これはシリコン製の方が良いですね。レザーは製造工程上、内側縁までファイバークロス仕様にするには難しい理由がありそうです。

『ブラックシリコンケース・ホワイトシリコンケース』外観比較

両方シリコン

シリコンケースのみ、ホワイトとブラックのカラーがあるので念の為外観を比較。

シリコンホワイトもきれいなフォルムで色味・質感共に良いんですけど、やはり『汚れ』が気になります。一ヶ月経つとそこそこ汚れが目立つようになってきますからね。

こびぃ

全然汚れないシリコン素材を作ることができたら、めちゃくちゃ需要ありそう。

iPhone本体に『レザーケース・シリコンケース』装着して比較

Apple純正レザーケースとApple純正シリコンケースをiPhoneSE2本体に装着した状態で、下記の順で比較します。

  • ブラックレザーケース
  • ブラックシリコンケース
  • ホワイトシリコンケース

では、ブラックレザーケースから見ていきますね。

ブラックレザーケース

ブラックレザーケースとiPhoneSE2本体の前面
iPhoneApple純正のレザーケースを着けた状態の背面
ブラックレザーケースとiPhoneSE2本体背面

Apple純正レザーケースのレザーは手にしっくり馴染んでくれるので、落下する心配がないのがポイント高い。

そして、何よりかっこいい。

より一段とリンゴマークが気品高く感じます。

ブラックシリコンケース

iPhoneApple純正のブラックシリコンケースをはめた状態の前面の様子
ブラックシリコンケースとiPhoneSE2本体前面
iPhoneApple純正のブラックシリコンケースの背面
ブラックシリコンケースとiPhoneSE2本体背面

色味と質感はレザーブラックケースに劣りますが、シリコンケースの良さは素材の滑りにくさにあります。

Apple純正のレザーケースもすべりにくい設計ですが、シリコンケースはさらにその上をいく滑りにくさ。

圧倒的に手に馴染みiPhoneを把持しやすすぎて、シリコンケースであれば他のシリコンケースは考えられないです。

ホワイトシリコンケース

iPhoneApple純正のホワイトシリコンケースとiPhoneの画面側の状態
ホワイトシリコンケースとiPhoneSE2本体前面
iPhoneApple純正シリコンケースの背面
ホワイトシリコンケースとiPhoneSE2本体背面

ホワイトシリコンケースはめちゃくちゃ清潔な感じが醸し出されています。眩しい。

ただ汚れやすいのが気になるポイント。

『ブラックレザーケース・ホワイトシリコンケース』操作性・外観を比較

  • 音量ボタン周り
  • 電源ボタン周り
  • Lightning端子・スピーカー周り
  • ライトニングケーブルを挿した状態
  • ワイヤレス充電
  • レザーとシリコンの重量

上記の6点をレザーとシリコンケースで比較していきます。

素材の違いをわかりやすくするため、ブラック=レザー、ホワイト=シリコンで確認しますね。

ケースの高さ確認

ガラスフィルム+レザーケース
フィルムなし+シリコンケース

高さはどちらも変わらないので、液晶画面よりケースの高さがやや高くなっています。

NIMASONOTCHAのようなガラスフィルムケースを使用しているとケースとほぼ同じ高さになります。

同じ高さになっても良いので、iPhoneを保護するために、ガラスフィルムを貼ることを超絶おすすめします。オススメはNIMASOのアンチグレア光沢なし

音量ボタン周り

iPhoneApple純正レザーケースの音量ボタン周り
レザーケース

音量ボタンはアルミ製。

独立したボタンがレザーにはめ込まれている分離型。

iPhoneApple純正シリコンケースの音量ボタン周り
シリコンケース

音量ボタンはシリコン製。

本体ケースとボタンが一体型。

  • レザーケース:ボタンと本体が分離している分とアルミ製であることから、押した時に「ポチッ」とした感触で直に伝わりやすい設計。
  • シリコンケース:ボタンと本体が一体型であることから、音量ボタンを押しても「ムニュッ」とした触感で押した感がやや弱い設計。

個人的には、『押した』ことが伝わりやすいレザーケースのボタン周りが好みですが、ここは好き嫌いが分かれるのかな?と感じます。

レザー・シリコンケースどちらもマナー設定ボタンは操作しやすい窪みあり。

画像では奥のほうになっていますが、カメラ周りもケースの高さがあるので、背面向きに机などにおいてもカメラレンズに干渉せず保護することが出来ています。

電源ボタン周り

iPhoneApple純正レザーケースの電源ボタンは押しやすい
レザーケース

電源ボタンはアルミ製。

iPhoneApple純正シリコンケースの電源ボタンは押しやすい
シリコンケース

電源ボタンはシリコン製。

電源ボタンも前述の音量ボタン同様に分離型のレザーケースは「ポチッ」と押した感じが伝わりやすく、一体型のシリコンケースは「むにゅっ」とした押した感が伝わりにくい感触。

Lightning端子・スピーカー周り

iPhoneApple純正ケースはシリコンよりレザーのほうが開口が大きい
上:シリコンケース 下:レザーケース

シリコンケースの切り込みが90°になっている形状に対して、レザーは外開きの形状。

操作に影響はないですが、使用してみてわかることはポケットやバッグに収納時にシリコンケースの形の方が、引っかかりやすいです。

こびぃ

形はシリコンの方が好みやけど、引っ掛かりを考えるとレザーケースの形状の方が良いんやろね。

Lightningケーブル挿した状態

iPhoneApple純正レザーケースもシリコンケースもほぼどんなケーブルも対応済み
左:レザー 右:シリコン
左:レザー 右:シリコン

L字型エルボータイプのESRのLightningケーブルも通常形状のAnker Lightningケーブルもどちらも問題なく使用可能。

レザーケース・シリコンケースどちらも開口部が広いため、どんな形状のライトニングケーブルでも使用できます。

ワイヤレス充電(Qi充電)

iPhoneApple純正レザーケースはQiワイヤレス充電対応済み
レザー
iPhoneApple純正シリコンケースはQiワイヤレス充電対応済み
シリコン

Anker PowerWave10 Standで計測。

どちらも7W前後で充電できているため、問題なくワイヤレス充電に対応しています。

『ブラックレザーケース・ホワイトシリコンケース』の重量を比較

iPhoneApple純正レザーケースの重量は18.0g
レザー

18.0グラム

iPhoneApple純正シリコンケースのホワイト重量は18.7g
シリコン

18.7グラム

レザーより、シリコンの方が約7g重たい製品仕様。

正直、7gの違いは誤差程度のものなのでどっちでも変わらないくらいの重量。あまり気にする部分ではないですね。

こびぃ

7gって500円玉一枚の重量やで

iPhone Apple純正『レザーケース・シリコンケース』メリット・デメリット

iPhone Apple純正レザーケースのメリット・デメリット

シリコンケース
メリット
シリコンケース
デメリット
  • レザー×Appleの高級感
  • レザーでも軽い
  • エイジングを楽しめる
  • 長期間使用可能
  • ほこりがつきにくい
  • ガシガシ使用するには気が引ける
  • 水に弱い
  • シリコンより高い
  • レザーならではの傷が気になる人は気になる
  • 定期メンテナンス
iPhoneApple純正レザーケースとApple Watchのレザーケースの相性は抜群に良い
レザーケースは高級感あり

レザーケースはApple WatchAirPods Proのレザーケースとの相性が抜群なので、身の回りアイテムをより際立ててくれます。

漂う高級感。

上記のようにインスタも映えます。

レザーは人によってはメリットにもデメリットにもなり得る『経年劣化エイジング』があります。ここは結構好き嫌い分かれるところなので、購入する際には要注意。

エイジングを楽しむためには、革靴や革小物同様に定期的なメンテナンス(栄養補給)が必要。あとはガシガシ使用する環境には弱いです。

メンテナンスは無くても使用できますが、長期間使用時に明らかなに表情が良くなくなるので、レザーケースを購入の場合はメンテナンスをお忘れなきよう。

iPhoneのApple純正シリコンケースはホコリがつきやすいレザーケースは傷が付きやすい (1)
シリコンはホコリとテカリがつきやすい。レザーは傷がつきやすい。

※【上画像】使用期間 ⇨ 左:シリコン約8ヶ月 右:レザー約2年半(定期的にメンテナンスをしている状態)

シリコンケースはホコリがつきやすく、テカリやすく長期使用に弱い。レザーは傷が入りやすいがエイジングを楽しめ長期使用に強い。

iPhone Apple純正シリコンケースのメリット・デメリット

シリコンケース
メリット
シリコンケース
デメリット
  • ライトな質感
  • 水濡れ問題なし
  • メンテナンス不要
  • 手に吸い付くようなフィット感
  • レザーより安い
  • ケースが引っかかりやすい
  • 素材の高級感はない
  • ホコリがつきやすい
  • 長期間の使用に弱い
  • テカる
iPhoneApple純正シリコンケースはApple Watchのシリコンバンドと相性が良い

シリコンケースになると、ややライトな印象になり、Apple Watchだとソロループのようなシリコンバンドとの相性が良いですね。

ライトな質感ですが、Apple純正製品の特権『リンゴマーク』のAppleマジックにより、高雅こうがな佇まい。

シリコンケースでもインスタで映えちゃいます。

ただ、レザーとは全く逆でシリコン素材は長期期間の使用に弱いところがデメリット。シリコンおなじみの『テカり』が現れると一気にやつれた表情になってしまいます。

iPhoneApple純正シリコンケースは水しぶきに強いから吹いたらすぐ取れる
濡れても大丈夫
iPhoneApple純正シリコンケースは水しぶきに強い
拭き取るだけで元通り

濡れても拭きとると、何事もなかったかのように過ごせる水に強い点はシリコンケースの大きなメリットでもありますね。

レザーケースかシリコンケースで迷っているならどっちを購入すべきか

レザーなのかシリコンどっちが良いのか結論言ってしまえば、購入する本人が何を重要視するかによります。

これまでの本記事の情報とボクが実際に使用した経験から、レザーケースをおすすめできる方とシリコンケースをおすすめできる方をまとめます。

レザーケースをおすすめできる人・シリコンケースをおすすめできる人

レザーケースがおすすめの人
  • 高級感が欲しい
  • エイジングを楽しみたい
  • 定期的な手入れを楽しみたい
  • 長期間使用したい
  • 身の回りにレザー製品が多い
シリコンケースがおすすめの人
  • ライトな質感が良い
  • 環境を気にせず使用したい
  • 少しでも安いケースが良い
  • 手入れなどしたくない
  • 身の回りにレザー製品が少ない

上記の項目により該当するほうがおそらくおすすめのケース種です。

わかりやすくいうと「iPhoneに高級感を出したいな〜魅せたいな〜」って方はレザー「iPhoneをガシガシ使いたいな〜安く済ませたいな〜」って方はシリコン

ってな感じです。

iPhoneのApple純正レザーケースとシリコンケースにiPhoneをはめた状態

ボクは圧倒的にかっこよくて所有欲を満たされるレザー派ですが、Apple純正のシリコンケースもめっちゃかっこいいですよ。

余談ですがi、Phone12Proも購入しましたが、結局指紋認証があるiPhoneSE2は最強です。

iPhoneSE2はもともと安い廉価版なので、ケースだけはレザーで!って考え方もありなんじゃないかな〜と思ったり。(無責任)

Apple純正品を購入する際の注意点

重要ご存知の方も多いかと思いますが、某フリマアプリ経由での購入は控えておきましょう。理由は偽物が多く出回っているため。

偽物をつかまされた人が知らずに、フリマで本物と評して売っているケースもあります。

パッケージから、本体まで写真ではわからないほどそっくりに作られているので要注意。

こびぃ

装着して、ズレがあったり握った感覚が本物と全然異なるケースも報告されてるよ!

iPhoneSE2(第2世代)用Apple純正レザー・シリコンケース比較レビューまとめ

最後に本記事『iPhone Apple『純正シリコンケース or 純正レザーケース』どっちが良いか徹底比較レビュー』についてまとめます。

レザー・シリコン共通の特徴
  • Apple純正所持者のみが得られるリンゴマーク
  • ワイヤレス充電(Qi充電)対応
  • ライトニングケーブルの形状を選ばずほぼ対応
  • 長期利用も可能な耐性あり
  • 品質が本当に良い
  • 価格がApple純正の割に安い(特にレザー)
  • iPhone本体に傷がつかないような設計
  • 内側にマイクロファイバーでソフトクッション
  • iPhoneへの着脱が楽だがジャストフィット
  • 手に吸い付くような質感

レザーケース・シリコンケースの早見表

項目レザーシリコン
品質
高級感
使いやすさ
長期使用
所有欲
価格
レザーケースがおすすめの人
  • 高級感が欲しい
  • エイジングを楽しみたい
  • 定期的な手入れを楽しみたい
  • 長期間使用したい
  • 身の回りにレザー製品が多い
シリコンケースがおすすめの人
  • ライトな質感が良い
  • 環境を気にせず使用したい
  • 少しでも安いケースが良い
  • 手入れなどしたくない
  • 身の回りにレザー製品が少ない

ボクはiPhoneのケースはやっぱり純正が好きなんですよね。

もし本記事をご覧になっている方も同じような方なら、どちらを購入してもある一定の満足度は得ることが可能です。

良きiPhoneライフをお楽しみください!

おトクな情報

Rakuten Rebatesを確認する

Apple公式ストアで購入する場合は楽天リーベイツを経由することで、1%ポイントバック!
Apple Store(オンライン)で購入の際は損しないように楽天リーベイツを経由することをお忘れなきよう。

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入しよう!

Amazonで欲しいモノを購入する時に普通に買い物をすると損をするので、Amazonギフト券をチャージ>通常通り欲しい物を購入する。

上記の手順でギフト券をチャージしてからAmazonで買い物すると最大2.5%ポイント還元でお得になります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる