【2022年最新版】iPhone 13/iPhoneSE3 急速充電器おすすめ10選

iPhoneSE313の急速充電器おすすめ【爆速充電も可能】

\9月29日・30日限定!/

サプライズデー

こんな方におすすめの記事

  • iPhoneSEシリーズ・ 12 13のおすすめ充電器を知りたい
  • iPhoneSEシリーズ 12 13&他ガジェット用のおすすめ充電器をひと目で確認したい
  • iPhoneの他に同時充電できる充電器が欲しい

上記の通り、iPhoneを主としたおすすめ充電器を紹介していきます。

コビロボ

近年のiPhoneは、地球環境保護のために電源アダプタ(充電器)がつかなくなったから用意しないとネ

Apple公式によると『Apple 20W USB-C電源アダプター』が推奨されています。

そこで、20W以上出力があり、Amazonなどでも人気の充電器から「ポート・出力・シーン」別に厳選したiPhoneにオススメの充電器をご紹介。

それでは「【2022年最新版】iPhone 13/iPhoneSE3 急速充電器おすすめ10選」を書いていきます。

iPhoneを急速充電する方法も重要なので下記を参考にしてくださいね▼

目次

iPhoneの急速充電器「選び方や注意点」知っておくべき8つのポイント

「自分は充電器とかよくわからない」からと言って、とりあえず安いものワット数が高いものを選んでしまいがちです。これはミスしやすいケース。

なので、しっかりとiPhone急速充電を購入するための選び方や知っておくべきポイント8つを抑えておきましょう。

iPhone充電器の選び方やポイント8つ
  1. 一部のiPhoneシリーズは純正充電器が同梱されていない
  2. iPhoneのシリーズによって必要な出力(W数)が異なる
  3. iPhoneの充電器は有線充電器と無線のワイヤレス充電器(MagSafe・Qi)がある
  4. iPhoneの充電器やケーブルは純正じゃなくても大丈夫
  5. iPhoneの充電器は自宅用と外出用で分けても良い
  6. iPhoneの充電器おすすめメーカーからの購入が安全
  7. iPhoneを急速充電するのに必要なアイテムがある
  8. iPhone以外にも充電するデバイスがあるかどうか

※読みたい場所をクリックするとジャンプします↑

しっかり把握して、iPhone用の急速充電器を間違えて購入しないようにしましょう。上記を順に確認していきます。

※説明を飛ばしたい方はこちらをクリックするとジャンプします。

1.一部のiPhoneシリーズは純正充電器が同梱されていない

iPhoneは12シリーズより、充電器が同梱されなくなりました。理由は、資源の有効活用+コスト削減とのことですが、結構不便になりました。

同時に20WのApple純正充電器が発売されましたが、これは自費で用意しないといけないんですよね。

ってなことで、純正充電器が同梱されていない点を知らないとiPhoneを購入した時に「あれ?充電器ない!!」ってなってしまうので要注意です。

これから購入するiPhoneに急速充電器やケーブルが別途必要かどうかはiPhone急速充電器する方法のために知っておくべきことに書いているので参考にしてくださいね。

ポイント
  • 新型iPhoneは純正充電器が同梱されなくなった
  • iPhoneを充電したい場合は別途USB-C(PD対応)急速充電器が必要になった

⇧iPhone充電器の選び方やポイント8つに戻る

2.iPhoneのシリーズによって必要な出力(W数)が異なる

iPhoneはシリーズによって、急速充電できるiPhoneと普通の速度でしか充電できないiPhoneがあります。よって持っているiPhoneシリーズにより必要な充電器が異なります。

コビロボ

正しくは、必要な出力が異なるってことだね!

iPhone12、13は20Wまでの出力に対応しているので20W充電器、その他iPhoneは18Wまでの出力に対応しているのですが18W充電器って少ないので20W充電器で大丈夫。

iPhoneが急速充電に対応できるようになったシリーズはiPhone8からです。よって、iPhone8より前のシリーズのiPhoneは急速充電非対応ということ。

iPhone7,7SやiPhone6、6Sは充電器やケーブルといった環境を整えても急速充電ができないので要注意。

ポイント
  • 急速充電に対応しているiPhoneは8以降のシリーズ
  • USB-C急速充電器は20Wあれば問題なし

⇧iPhone充電器の選び方やポイント8つに戻る

3.iPhoneの充電器は有線充電器と無線のワイヤレス充電器(MagSafe・Qi)がある

iPhoneの充電器は、ケーブルを用いた有線充電以外にも対応しています。iPhoneを充電できる充電器の種類は下記の通り。

  • 通常のUSB-C充電器(有線)
  • ワイヤレス充電器(MagSafe・Qi)
  • ワイヤレス充電スタンド(MagSafe・Qi)
  • コンセント一体型充電器(有線)

大きく分けると上記4つの種類がiPhoneの充電器。

細かくわけると、ケース型+モバイルバッテリーのような充電器もありますがほとんど市場にもないので省略。

メインどころの充電機器を知っておくと自分好みの機器を探すことができるので、iPhoneに使える充電器の種類を覚えておくとこれからも便利ですよ。

⇧iPhone充電器の選び方やポイント8つに戻る

4.iPhoneの充電器やケーブルは純正じゃなくても大丈夫

iPhoneの充電器は純正だけだ!って思っていませんか?そんなこと無くてサードパーティーでも優秀なiPhone用の充電器やケーブルが多く市場にでています。

ただし、ケーブルはなんでも良いというわけではなく注意点あり↓↓

注意点 MFi認証のiPhone用のケーブルを購入すること

MFi認証とは

『Made For iPhone/iPad/iPod』のこと。この意味はiPhone、iPadといった機器向けに作られた製品という意味になっています。

MFI認証
パッケージや取り扱い説明書にMFi認証マークの表示があります

Amazonなどでも、「iPhone ケーブル」や「ライトニングケーブル」と調べるといっぱいでてきますが、安すぎるケーブルには要注意!MFi認証がない可能性が高いです。

コビロボ

MFi認証がないとどうなるの?

MFi認証がないライトニングケーブルは、いわばAppleが認めていない充電器だから「安全面が不十分の可能性がある」ので最悪火災を引き起こすなどのリスクがあります。

こびぃ

数百円値段が高くなってもMFi認証ケーブルを絶対に買うべきだよ!

ポイント
  • 充電器はApple純正じゃなくても大丈夫
  • ケーブルはMFi認証ケーブルを購入するべき

iPhone 充電器は「絶対に純正がいい」って方におすすめApple純正充電器

充電器をApple純正にこだわる方もいると思うので、絶対純正が良い!って方は「Apple 20W USB-C急速充電器」を購入しましょう。

Apple純正『20W USB-C』充電器を開封する手のひらに乗るサイズ
Apple純正のUSB-C 20W急速充電器

最大出力20Wあり、USB-Cポートが1つあります。

iPhoneをフルスピードで充電可能で、サイズ感や重量はサードパーティ製より大きく重たいものの、Apple品質とAppleらしいデザインが欲しい人はこれで大丈夫です。

関連記事 Apple純正 20W USB-C 電源アダプレビュー

⇧iPhone充電器の選び方やポイント8つに戻る

5.iPhoneの充電器は自宅用と外出用で分けても良い

さて外出しよう!って時にiPhoneの充電器を毎回自宅のコンセントから抜き差しするのって、めちゃくちゃ面倒じゃないですか。

ボクは、こういう面倒が嫌いなタイプなので「自宅用」と「外出用」で使い分けをしています。主に下記のような感じ↓

  • 自宅用→iPhone専用だったり、固定マルチ充電スタンド
  • 外出用→複数ポートでMacBookやiPadも充電できる充電器

意外と自宅用と外出用を分ける方が少ないですが、分けると本当に便利ですよ。外出時は普段から持ち運ぶデバイスに応じてポート・出力を選びましょう。

Belkin 3in1ワイヤレス充電スタンド
自宅用:Belkin 3in1ワイヤレス充電スタンド

>>Belkin boost charge pro 3-in-1レビューはこちら

CIO LilNobShare
外出用:CIO LilNobShare

>>CIO LilNob Share レビューはこちら

上記の通り、自宅でPC作業まわりでiPhoneを充電するときは基本Belkin充電スタンドを使用しています。

リビングで充電するときはAnker 521 Charger (Nano Pro) のようなiPhone×2台同時に急速充電できる充電器をメインで使用。

かたや、外出時に使用するときはガジェットポーチの中身の通り、CIO LilNob Share1つでMacBook・iPad・iPhoneを充電できるように備えています。

こびぃ

普段から分けていると本当にラクだし、あれ?充電器どこいった?みたいなことがなくなるからぜひ導入してみて!

ポイント
  • 自宅用の充電器は固定スタンドが便利
  • 外出用はデバイスの数や種類に応じてポート数や出力を決めると便利
  • 充電器は自宅用と外出用に分けるとめちゃくちゃ便利

状況によっては充電器ではなくモバイルバッテリーの選択も

充電器のデメリットは、そうコンセントがないと充電できないこと。

コンセントなくてもiPhoneをどこでも充電したい方はモバイルバッテリーを参考にしてくださいね。

⇧iPhone充電器の選び方やポイント8つに戻る

6.iPhoneの充電器おすすめメーカーからの購入が安全

iPhoneの充電器を購入しようと、ドンキやコンビニにかけ入ったものの「あれ?どのメーカーがいいんだ?」ってなりますよね。

昔のように「店頭に置いているから安心!」という時代でもなく「どこで買うか」より「どこのメーカーを買うか」が重要です。

本記事で紹介する充電器は著者も実際に長期間使用しているブランドの製品が多数ありますので、参考にしてくださいね。

ポイント
  • ドンキやコンビニ、家電量販店にあるメーカーがすべて正しいわけではない
  • 「どこで買うか」より「どこのメーカー」を買うかのほうが重要

⇧iPhone充電器の選び方やポイント8つに戻る

7.iPhoneを急速充電に必要なアイテムがある

iPhone急速充電するのに必要なアイテム
  • iPhone用のUSB-C×ライトニング充電ケーブル
  • USB-C急速充電器

iPhoneの急速充電は基本、上記の2点があれば可能です。ただし、どんなケーブル・充電器でも良いわけではありません。

ライトニングケーブルもピンキリあるのですが、値段だけであまり決めないように。過電流に対応していなかったりiPhoneをぶっ壊す原因になります。

コビロボ

ケーブルに数百円をケチって、数万円〜数十万円するiPhoneを故障させたら本末転倒だよね。

ワイヤレス充電器・充電スタンド・充電器一体型モバイルバッテリーもあり

Anker PowerWave 10 Stand改善版
ワイヤレス充電器

>>Anker PowerWave10 Standレビュー

Anker PowerCore Fusion 10000
充電器一体型モバイルバッテリー

>>Anker PowerCore Fusion 10000 レビュー

最新のiPhoneはMagSafeが搭載しているため、より便利な充電方法も可能になりました。

「ワイヤレス充電=Qi充電」「充電スタンド=MagSafe充電」はケーブルをささずにラクに充電できるけど、有線充電より充電速度は遅め。

「充電器一体型モバイルバッテリー=有線充電」なので、充電速度を有線するなら充電器とモバイルバッテリーが一体型になっている周辺機器もおすすめです。

ポイント
  • ワイヤレス充電はQi充電、充電スタンドはMagSafe充電が主流
  • ケーブルを使用しない充電速度はやや遅め
  • 「充電器一体型モバイルバッテリー」の有線充電は充電速度が落ちない

⇧iPhone充電器の選び方やポイント8つに戻る

8.iPhone以外に充電するデバイスがあるかどうか

本記事はあくまでも、iPhoneをメインに充電することを考えて記事を書いています。

iPadやMacBookを持っていて、同時に充電したいならまたオススメ充電器が異なります。理由は下記の通り、受電許容量がiPhoneと異なるため。

Apple製品各デバイスの受電許容量

デバイス受電許容量
iPhone12/1320W(iPhoneSE2は18W)
iPad mini/無印/Air30W
iPad Pro45W
MacBook Air30W〜45W
MacBook Pro 13インチ14インチ61W〜
MacBook Pro 15インチ16インチ87W〜

本記事ではiPhoneの20Wを中心とした充電器を紹介するので、iPadMacBookを同時に充電したい場合は下記の記事を参考にしてくださいね。

⇧iPhone充電器の選び方やポイント8つに戻る

本記事のiPhone 13/12/SE2/SE3 急速充電器おすすめの選定基準

iPhoneのおすすめ充電器を紹介する基準は、下記の通り5つあります。

iPhone用 USB-C急速充電器の選定基準

  1. サイズ感
  2. 充電スピード※MagSafe Charger利用時含む
  3. 使いやすさ
  4. 長期間使用できる
  5. 価格に対しての満足度が高い

この5点はすべて大切な部分だと思います。ボクが実際に使用して感じたコトですが、しっかり使用して本記事を作成しているのでご安心を。

それでは、順にポート別に紹介していきます。

iPhone USB-C急速充電器おすすめ10選【ポート別に紹介】

「1ポート」「2ポート」「3・4 ポート」下記の表をタブで分けているので参考にしてください。

こびぃ

純正以外ばかりだし、複数ポートだと2台以上を同時充電できるよ!

スクロールできます
充電器おすすめ度サイズ
重量
最大出力
ポート数
プラグ
折りたたみ
価格
DIGIFORCE 20W
DIGIFORCE20W
28×33×28mm
35g
20W
1ポート
約1,800円
Amazonで見る
Anker
PowerPort
Nano Ⅲ 20W
Anker PowerPort Nano Ⅲ 20W
27×27×30.5mm
30g
20W
1ポート
約1,800円
Amazonで見る
RAVPower
RP-PC150 20W
RAVPower RP-PC150 20W
47×30×28mm
33g
20W
1ポート
約1,680円
Amazonで見る
AUKEY
Omnia Mini
PA-B1S
AUKEY Omnia Mini PA-B1S
30×30×33mm
30g
20W
1ポート
約1,700円
Amazonで見る

1ポートから書いていきます。

iPhoneおすすめ充電器【1ポート】

CIO-PD20Wと他の20W充電器3つと比較
1ポートUSB-C急速充電器 サイズはすべてほぼ同じ

紹介するiPhone用の1ポート急速充電器

  • DIGIFORCE 20W
  • Anker PowerPort Nano Ⅲ 20W
  • RAVPower RP-PC150 20W
  • AUKEY Omnia Mini PA-B1S

iPhone充電器におすすめできる1ポート充電器は上記4点。

DIGIFORCE 20W

iPhone充電器おすすめ1ポート位:DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger
DIGIFORCE 20W

おすすめ度:

DIGIFORCE 20WはiPhone用USB-C急速充電器として、珍しいプラグ収納式充電器。メイドインジャパンで、品質は確かなものです。カラーは5色から選択可能。

安心の保護システムを搭載しているため、「ショート防止・過電流保護・過電圧防止」など安全面でも安心することができる急速充電器。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast ChargerでiPhoneSE2を充電する
iPhoneを最大20Wで充電できる
DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerのプラグ収納時
プラグは収納式

サイズも3センチ各で手で簡単に握り込める極小サイズ。新型iPhoneを30分あれば0%→50%ほど充電することができます。

プラグを収納できるかできないかの違いで、持ち運び時のサイズが1cm変わる。プラグ収納式のほうが携帯性があり持ち運びに便利。

またPPS搭載なので、iPhone以外にもAndroid用の急速充電器としても相性抜群なので、サブ機でAndroidスマホを持っている人にもおすすめできるイチオシ急速充電器。

こびぃ

5色のカラバリから選ぶことができるから、身のまわりのアイテムに合わせることができるよ!

DIGIFORCE 20Wの特徴
  • 最大20W出力
  • プラグ収納時は20W充電器では最小クラスサイズ
  • iPhone12/13を30分で50%充電
  • PD&QC3.0対応
  • PPS対応
  • カラバリが豊富で5色展開
  • オシャレかわいいデザイン
  • プラグ収納可
おすすめ度
サイズ28×33×2.8mm
重量35g
最大出力20W
ポート数USB-C×1ポート
プラグ折りたたみ
価格約1,800円

関連記事 DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerレビュー

Anker PowerPort Nano Ⅲ 20W

iPhone20W急速充電器のおすすめAnker PowerPort Nano Ⅱ 20W
Anker PowerPort Nano Ⅲ 20W

おすすめ度:

Anker PowerPort Nano Ⅲ 20Wは、iPhone12シリーズが登場した時に発売された元祖極小20Wの急速充電器。完成度が非常に高いAnker自慢の超極小充電器の1つ。

Apple純正20W充電器と比較して半分ほどのサイズ感で、つまめる小ささ。またAnkerらしいシンプルミニマルな外観もGOODなデザインです。

小さいから狭いコンセントの間に挿せる
小さいのでコンセントに挿しても干渉しない
Anker Nano Ⅱ 30WとNano20Wの比較
左側のAnker NanoⅡ30Wと比較しても一回り小さい極小サイズ

Anker独自技術の PowerIQ 3.0 (Gen2) を搭載しているため、USB Power Deliveryとの互換性があります。

また、Qualcomm Quick Chargeなどの充電規格にも対応しているのでAndroid端末との相性もピカイチで、「MONOQLO BEST BUY(ミニ充電器)」受賞しているエリート充電器。

こびぃ

iPhoneの20W充電器はこれを買っておけば間違いない!って製品だよ

Anker PowerPort Nano Ⅲ 20Wの特徴
  • 最大20W出力
  • 元祖20W超小型の急速充電器
  • 500円玉サイズ
  • iPhone12/13を30分で50%充電
  • PD3.0対応
  • MONOQLO BEST BUY受賞
おすすめ度
サイズ27×27×30.5mm
重量30g
最大出力20W
ポート数USB-C×1ポート
プラグ折りたたみ
価格約1,800円

関連記事 Anker PowerPort Ⅲ Nano 20W レビュー

RAVPower RP-PC150 20W

iPhone充電器おすすめの1つがRAVPower RP-PC150
RAVPower RP-PC150 20W

おすすめ度:

RAVPower RP-PC150 20Wは、これまで紹介した20W充電器と基本性能はほぼかわりません。RAVPowerブランドが好きで、iPhone用の1ポート急速充電器を探しているならこれ一択と言えます。

Anker製の20W充電器より気持ち価格が安く設定されているのでお財布にやさしい点もメリット。

RAVPower RP-PC150の充電出力は最大20W
シンプルデザインでiPhoneを充電している時もオシャレ
USB-C1ポート
USB-C×1ポートが上部についている

iPhoneに限らずGalaxy、Xperiaなどの各種Androidのスマートフォンを急速充電ができます。

また独自技術のiSmart3.0を搭載しているので、iPad Air等のタブレット端末やAirPods等のスマートデバイスに幅広く対応し。PPS規格にも対応していて、Galaxy Sシリーズも素早く充電。

こびぃ

安くても製品保証が18ヶ月もついているから安心で嬉しいね!

RAVPower RP-PC150 20Wの特徴
  • 最大20W出力
  • 他の20W充電器より数百円安い
  • 500円玉サイズ
  • iPhone12/13を30分で50%充電
  • PD3.0対応
  • PPS対応
おすすめ度
サイズ47×30×28mm
重量33g
最大出力20W
ポート数USB-C×1ポート
プラグ折りたたみ
価格約1,680円

関連記事 RAVPower RP-PC150 20W レビュー

AUKEY Omnia Mini PA-B1S

iPhoneおすすめ充電器の1つがAUKEY Omnia Mini PA-B1 20W
AUKEY Omnia Mini PA-B1S

おすすめ度:

AUKEY Omnia Mini PA-B1Sは、プラグを収納することが可能なので持ち運びの際が非常に便利。

サイズはわずか3cm四方で30g。超コンパクトサイズながらPD急速充電に対応し、20Wの高出力なので20W急速充電器として必要な性能は全て備わっています。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 20WとApple純正5W比較4
ほぼApple純正5W充電器のようなデザイン
でもパワーは4倍
AUKEY PA-B7は高出力を維持しつつ充電器4つを1つにすることが最大の魅力
右から二番目がAUKEY Omnia Mini PA-B1S

AUKEYオリジナル「Omniaチップ」を搭載しているため、充電効率を高めることに成功。従来の高出力充電器に比べ軽量かつ小型化を実現。

Apple純正5W充電器とサイズ感は変わらず出力は何と4倍の20W。Apple純正のようなフォルムの充電器を探しているならおすすめできる充電器です。

こびぃ

なにげにプラグ収納できる部分もポイントが高いっ!

AUKEY Omnia Mini PA-B1Sの特徴
  • 最大20W出力
  • 500円玉の小型サイズ
  • iPhone12/13を30分で50%充電
  • PD3.0&QC対応
  • シンプルミニマルデザイン
  • プラグ収納可
おすすめ度
サイズ30×30×33mm
重量30g
最大出力20W
ポート数USB-C×1ポート
プラグ折りたたみ
価格約1,700円

関連記事 AUKEY Omnia Mini PA-B1S レビュー

iPhoneおすすめ充電器【2ポート】

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wの前面USB-C2ポート側
2ポート iPhone用の急速充電器

紹介するiPhone用の2ポート急速充電器

  • Anker 521 Charger (Nano Pro)
  • CIO-PD20W
  • RAVPower RP-PC144

iPhone充電器におすすめできる2ポート充電器は上記3点。

Anker 521 Charger (Nano Pro)

iPhoneおすすめ2ポート充電器Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40W
Anker 521 Charger (Nano Pro)

おすすめ度:

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wは、iPhoneを2台同時に急速充電するためのベストUSB-C充電器です。

理由は、2ポートとも20Wの出力(合計40W)でiPhoneを最大スピードで充電できるため。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40WでiPhone×2の出力チェック
iPhone2台同時にフルスピードで充電
Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wはタブレット×2も充電可能
iPadを2台同時充電も可能(充電スピードは7〜8割)

上画像の通り、iPadを2台同時充電もできるハイスペックさが魅力。

40Wの充電器ってあっても、なかなか20Wずつちょうど良い電力配分されないことが多いのでかなり貴重な充電器なんですよね。充電器オタクのボクが知る限り現状唯一無二です。

この充電器があれば、家族で2台まとめて充電するときも喧嘩にならないし、iPhone2台持ちにも最適解といえるのでぜひ一台は確保したいところ。

こびぃ

これは本当にiPhone2台持ちには最強!って言える充電器だよ。

Anker 521 Charger (Nano Pro)の特徴
  • デバイスを2台同時に急速充電可能
  • 最大出力20W×2ポート搭載の合計40W
  • 単ポート利用時40W
  • PowerIQ 3.0 (Gen2)搭載
  • 新開発のActiveShield️搭載(安全保護機能)
  • PPS対応でAndroidスマホ高速充電
  • デバイスの状況に応じて充電できる
  • ほぼ4cm角のミニマムサイズ
  • 高級感のあるデザイン
おすすめ度
サイズ46×35×34mm
重量85g
最大出力40W
(20W×2ポート)
ポート数2ポート
(USB-C×2)
プラグ折りたたみ
価格約3,990円

関連記事 Anker 521 Charger (Nano Pro) レビュー

CIO-PD20W

iPhoneおすすめ2ポート充電器CIO-MB20W-5000-MASを20W
CIO-PD20W

おすすめ度:

CIO-PD20Wは、超小型500円玉サイズの20W出力なのになんと「2ポート搭載」という画期的な充電器。

2台同時充電時は1台あたり10W前後に落ち着くものの、それでもApple5W充電器の倍速でiPhoneを充電できます。

CIO-PD20Wと他の充電器ポート部分確認
左から二番目がCIO-PD20W(本機)
CIO-PD20WでiPhone2台同時充電する
iPhone2台同時充電もらくらく

本記事でも紹介している他の20W充電器と比較してもわかるように、同じサイズ感で2ポート搭載はCIO-PD20Wのみ。

もちろん単ポート使用時は20WのフルスピードでiPhoneを急速充電できるので、普段は1台、時々2台同時に充電したい時に大活躍できるのでそんなシチュエーションの方におすすめできます。

※本機はUSB-C×2とUSB-C×1+USB-A×1の2種類あります。

こびぃ

いまだにこの超小型サイズで2ポートで20W出力の充電器を見なたことないね!素晴らしい充電器

CIO-PD20Wの特徴
  • 指に乗る極小サイズ
  • 20Wで急速充電2台同時充電可能(合計20Wか合計15W※タイプにより異なる)
  • 重量は単三電池約2個分の35g
  • iPhoneを30分で50%充電可能
  • このサイズ感で2ポート20W充電器は他にない唯一無二
おすすめ度
サイズ28×28×30mm
重量35g
最大出力20W
ポート数2ポート※2種あり↓
USB-C×2
もしくは
USB-C×1
USB-A×1
プラグ折りたたみ
価格約2,200円

関連記事 CIO-PD20W レビュー

RAVPower RP-PC144

おすすめ度:

こびぃ
RAVPower RP-PC144の特徴
おすすめ度
サイズ49×49×29mm
重量80g
最大出力30W
ポート数2ポート
プラグ折りたたみ
価格約2,300円

関連記事 RAVPower RP-PC144 レビュー(準備中)

iPhoneおすすめ充電器【3ポート・4ポート】

iPhone用の急速充電器「3ポートもしくは4ポート」

紹介するiPhone用の3もしくは4ポート急速充電器

  • CIO Lilnob
  • CIO LilNob Share
  • UGREEN 65W PD

iPhone充電器におすすめできる3ポート・4ポート充電器は上記3点。

CIO LilNob

iPhone3ポートおすすめ充電器はCIO LilNob3ポート
CIO LilNob

おすすめ度:

CIO LilNobは、USB-C×2・USB-A×1の合計3ポートを搭載したiPhoneにおすすめのUSB急速充電器です。

この製品はMAKUAKEのクラウドファンディングで大成功を収めた製品。

CIO LilNobの各ポート出力チェック
CIO LilNobで3ポート充電を行う
MacBook Pro13は約40Wでした

充電出力の仕様も使いやすく、MacBookやiPadを持っている方だと一番上のポートに高出力のデバイスを挿して急速充電しながら、iPhoneを同時に充電できます。

3ポートで高出力なのに、軽くてコンパクトなので良い充電器の王道ってスペックを兼ね備えています。

今も爆売れしてよく売り切れになっているので、気になっているなら在庫があればぜひ抑えておきたい充電器。

こびぃ

iPhone以上の大きなデバイスを持っていて、かつ3台同時に充電したい方はぜひ購入したいところだね!

CIO LilNobの特徴
  • MacBook Pro13インチを約2時間でフル充電
  • iPhoneを30分で50%充電
  • 最大出力65Wの高出力
  • デバイス3台同時充電(USB-C×2・USB-A×1)
  • GaN(窒化ガリウム)搭載
  • クレカの1/2サイズ
  • PD3.0&QC&PPS対応
おすすめ度
サイズ66×30×41mm
重量110g
最大出力65W
ポート数3ポート
プラグ折りたたみ
価格約5,400円

関連記事 CIO LilNob レビュー

CIO LilNob Share

iPhone4ポートおすすめ充電器CIO LillNob Share
CIO LillNob Share

おすすめ度:

CIO LilNobは、USB-C×3・USB-A×1の合計4ポートを搭載したiPhoneにおすすめの超万能型USB急速充電器です。

これ1つあれば、自宅・旅行時や出張時もコワイものなし。持ち運べるサイズのデバイスなら困ることなく、充電することが可能。

CIO LilNob Shareの出力チェック4ポート時
MacBook×2 iPhone×2の充電も可能
CIO LilNob Shareは最大4ポート充電できるのはメリット
小型なのに最大4台デバイスを充電できる力強さ

4ポートで65Wなので、スマホだけなら4台を急速充電することも可能といえるほど、高出力。iPadやMacBookなどのデバイス持ちの方からすると救世主になれる充電器です。

CIO製の充電器は高品質でコスパが良いため、よく売り切れになっているので、気になっているならぜひチェックして見てください。在庫があれば大チャンス。

こびぃ

卵サイズでいまだにここまで優れている充電器はみたことないよ!

CIO LilNob Shareの特徴
  • MacBook Pro13インチを約2時間でフル充電
  • iPhoneを30分で50%充電
  • 最大出力65Wの高出力
  • デバイス4台同時充電
  • GaN(窒化ガリウム)搭載
  • 卵サイズで世界最小級サイズ
  • PPS対応
おすすめ度
サイズ50×51×30mm
重量112g
最大出力65W
ポート数4ポート
プラグ折りたたみ
価格約5,400円

関連記事 CIO LilNob Share レビュー

UGREEN 65W PD

UGREEN 65W PD

おすすめ度:

UGREEN 65W PDは、合計4ポート(USB-C×3・USB-A×1)で複数デバイス持ちのiPhoneにおすすめ急速USB充電器。

レッド・ドット・デザイン賞を受賞した窒化ガリウム(GaN)テクノロジー搭載でUGREENの充電器のエースです。

UGREEN 65W PDは4ポート
USB-C×3+USB-A×1
合計4ポート
UGREEN 65W PDがあればiPhone以外も充電可能
一気に重でできる

ちょっとサイズが大きく、重たいのですが性能はピカイチ。

本機を紹介する前の3ポート・4ポート充電器が化け物すぎるので、影に隠れていますが本来ならもっと日の目をみても良い充電器です。

UGREEN好きの方はぜひチェックしてみてくださいね。

こびぃ

最近はUGREENはメキメキ力をつけてきて勢力拡大してきてるから、今大注目のブランドメーカーの1つだよ!

UGREEN 65W PDの特徴
  • MacBook Pro13インチを約2時間でフル充電
  • iPhoneを30分で50%充電
  • 最大出力65Wの高出力
  • デバイス4台同時充電 GaN(窒化ガリウム)搭載
  • 最大65Wで4ポート搭載
  • PD、PPS規格対応
おすすめ度
サイズ65×65×33mm
重量172g
最大出力65W
ポート数4ポート
プラグ折りたたみ
価格約4,280円

関連記事 UGREEN 65W PDのレビュー(準備中)

iPhone用のMFi認証ライトニングケーブルのおすすめ

Anker PowerLineⅢ Flow『USB-C&USB-C』はめちゃくちゃ使いやすい

ガジェットポーチの中身にケーブルを3種類入れているのですが、そのうちの2つが絡まらないケーブルでおなじみのAnker PowerLineⅢ Flowシリーズです。

2種類あり

  • USB-C×ライトニングケーブル
  • USB-C×USB-C

それぞれ、「0.9m/1.8mの長さ」「7種類のカラー」から選択できるので、身の回りのガジェットやガジェトッポーチのカラーに合わせてコーディネイトを楽しむことができます。

Anker PowerLineⅢ Flow USB-C&ライトニングケーブルiPhoneのケースをほぼ選ばない
Anker PowerLineⅢ Flow USB-C&ライトニングケーブルの新旧比較3

このケーブルの何が良いかって、謳い文句の通り、「絡まらないこと」が素晴らしい。

ケーブルを取り出すときも収納するときも、ケーブルがわちゃわちゃ・・・・・・しないだけで、こんなにも平和なんだな〜と感じることができるケーブルなんですよね。

ボクはケーブルをこのAnker PowerLine Ⅲ Flowに絶賛移行中です。

こびぃ

普段はUSB-C×USB-CとUSB-C×ライトニングの2本持ち運んでるよ!

PowerLine Ⅲ Flowの特徴
  • Apple MFi認証済み
  • 急速充電(最大20W)に対応
  • 全く絡まらない
  • ふにゃふにゃと柔らかい
  • 簡単に断線しない高耐久性
  • コネクト部分がおしゃれ
  • 太めケースも干渉しない
  • カラバリは5色

USB-C×USB-C

USB-C×ライトニング

短いライトニングケーブル25cm~30cmも重宝する

Satechiの短いケーブルが使いやすい
USB-C×ライトニング
USB-C×USB-C
※2種類あり

もう一本のケーブルは、480Mbpsでデータ転送可能かつ長さは25cmと小回りが効きやすいSatechiケーブル

短いケーブルのメリットって「スッキリ」「充電中にケーブルがじゃまにならない」ってところ。このメリットの良さは持ってみるとわかります。

こびぃ

SanDisk PortableSSDのデータ転送用で使うことがおおいから、普段はUSB-C×USB-Cの25cmを持ち運んでるよ!

MagSafe対応のiPhoneは充電器の他にMagSafe充電スタンドもあると便利

Satechi 3-in-1 Magnetic Wirelessスタンドで3台同意時充電

今持っているiPhoneがMagSafe対応なら、MagSafe充電スタンドが1つあると充電スタイルのバリュエーションが増えてより便利に生活できます。

寝室、居間、デスクに設置してポンッと置くだけ充電が想像以上に便利なので、一度チェックをしてみてください。

MagSafeに対応していないiPhone SE2やSE3をお持ちの方は以下のアクセサリーでMagSafe対応にできるのでチェックしてみてくださいね。
>>MagSafe非対応iPhoneをMagSafe対応にする方法

2022年最新|iPhoneの急速充電器おすすめ【まとめ】

【2022年最新版】iPhone 13/iPhoneSE3 急速充電器おすすめ10選」について書きました。

iPhoneの充電器はしっかりしたものを購入すれば、向こう何年も継続して安全に使用することができるので、本記事で紹介したような実績あり安心メーカーから購入することを推奨します。

もう一度ミスしないようにiPhone充電器の選び方とポイント8つのおさらい。

iPhone充電器の選び方やポイント8つ
  1. 一部のiPhoneシリーズは純正充電器が同梱されていない
  2. iPhoneのシリーズによって必要な出力(W数)が異なる
  3. iPhoneの充電器は有線充電器と無線のワイヤレス充電器(MagSafe・Qi)がある
  4. iPhoneの充電器やケーブルは純正じゃなくても大丈夫
  5. iPhoneの充電器は自宅用と外出用で分けても良い
  6. iPhoneの充電器おすすめメーカーからの購入が安全
  7. iPhoneを急速充電するのに必要なアイテムがある
  8. iPhone以外にも充電するデバイスがあるかどうか

こちらでもう一度iPhone用のおすすめUSB急速充電器が確認できます↓↓

スクロールできます
充電器おすすめ度サイズ
重量
最大出力
ポート数
プラグ
折りたたみ
価格
DIGIFORCE 20W
DIGIFORCE20W
28×33×28mm
35g
20W
1ポート
約1,800円
Amazonで見る
Anker
PowerPort
Nano Ⅲ 20W
Anker PowerPort Nano Ⅲ 20W
27×27×30.5mm
30g
20W
1ポート
約1,800円
Amazonで見る
RAVPower
RP-PC150 20W
RAVPower RP-PC150 20W
47×30×28mm
33g
20W
1ポート
約1,680円
Amazonで見る
AUKEY
Omnia Mini
PA-B1S
AUKEY Omnia Mini PA-B1S
30×30×33mm
30g
20W
1ポート
約1,700円
Amazonで見る

iPhoneと一緒に買うべきアクセサリーや周辺機器を購入していない方は、ぜひ下記の記事を参考にしてくださいね。

あなたにおすすめのiPhone関連記事

\9月29日・30日限定!/

サプライズデー

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時は、できるだけお得に購入しよう!

直接購入するのではなくクレジットカードでギフト券をチャージして、ギフト券で購入するとひと手間加えるだけでお得に買物できるようになります。

Amazon gift charge

\最大0.5%ポイント還元リンクはこちら/

Amazon公式
ギフト券チャージのエントリーはこちら

iPhoneSE313の急速充電器おすすめ【爆速充電も可能】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次