Apple MagSafe充電器 レビュー|iPhone12Proで使ってみた!便利だけど改善の余地あり

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • MagSafe Chargerって実際使ってみてどう?
  • 有線充電から無線充電に抵抗があるけど、何が良いの?
こびぃ

マグセーフ(セイフ)って聞くと、昔使っていたMacBook ProやAirを思い出すわ!

2020年の10月にiPhone12とPro、同年11月に12miniとProMaxが発売されました。同シリーズより、従来内容物として付属していた充電器が同梱されなくなりました。

今後はワイヤレス充電を基軸にしていくという情報も出ていますね。

今後のワイヤレス充電の布石ともなる充電器ともいわれているMagSafe Chargerを本記事『【レビュー】Apple MagSafe充電器をiPhone12Proで使ってみた!便利だが、最強充電器ではない』にてご紹介していきます。

Apple iPhone
Mag Safe

Good

iPhoneを最大15Wワイヤレス充電可

磁力が強く充電ミスが起きない

互換性の高さ

充電中の本体操作がしやすい


Bad

純正レザーケースは跡が残る

早くに断線の恐れあり

使用感
8.5
デザイン・質感
8.5
価格
7.5
オススメ度
8
目次

Apple純正『MagSafe充電器』の特徴 メリット・デメリット

MagSafeを実際に所持してみて、感じたメリット・デメリットを含む大きな特徴は下記の6点

メリット
・デメリット
  • iPhoneを最大15Wワイヤレス充電可
  • 磁力が強く充電ミスが起きない
  • 互換性の高さ
  • 充電中の本体操作がしやすい
  • 純正レザーケースに跡が付く
  • 断線しやすいのでは?

特に、最大15Wの出力でワイヤレス充電が可能になったことが目玉ではないでしょうか。

システム仕様を公式より抜粋

入力電圧/電流:9V/2.2Aまたは5V/3.0A

動作温度:0〜35℃(32〜95°F)

MagSafeが出るまでは、当ブログでもご紹介しているAnkerのワイヤレス充電最大7.5Wまでとなっていました。一気に2倍のスコアを叩きだしたので、MagSafeを使用すると充電スピードが有線レベルで行うことが出来ます。

残りの特徴も含めて、以下の開封レビュー以降に合わせてご紹介していきます。

Apple純正『MagSafe充電器』を開封する

外箱/内容物

外箱

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器外箱

いつものApple純正のマット地の厚紙ベース化粧箱です。特にエンボス加工などはありません。

背面は充電部分のコネクトがUSB type-Cであることや20W以上の充電器を使用することをイラストベースで教えてくれています。

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器外箱裏
iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器外箱背面破る部分
開封箇所

開封は、背面にあるいつもの緑のペリペリを横にひくと綺麗に開封できます。

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器外箱20Wの案内
20Wの充電器イラスト

内容物

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器内容物
内容物
  • MagSafe Charger本体
  • USB type Cケーブル
  • Safety and Handling
  • Warranty Summary
  • Regulatory Compliance Information

本体外観/デザイン

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器本体表面
円形のマグネット型充電器

磁力部分が、アルミ製です。硬めの質感なので、耐久性には優れている反面雑に扱うとiPhoneを裸で使っていると本体接着面に傷をつける可能性が高いです。

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器本体裏面
背面は前面アルミ素材

背面は前面がシルバーのアルミ素材のため、Apple感が前面にでています。この質感嫌いじゃない

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro-Max)のApple MagSafeのケーブル長さ1m

ケーブルは充電部本体の円形部分を除いて、ケーブル部分のみで1メートルの長さがあります。

デスクやリビングソファなどで使う分には、基本的には問題ない長さでしょうか。余裕を持ちたい方は2メートル欲しいと感じるかもしれませんね。Apple純正品は1メートルのみの販売

重量・サイズ感

マグセーフ重量グラム
マグセーフの直径5.5cmと厚みは5mm

本体サイズまとめ

  • 重量:53.2グラム
  • 直径:5.5cm
  • 厚み:5mm
  • ケーブル長さ:1m

重みも腕時計ほどの重さで、直径も短く厚みも薄いため、充電しながらのスマホ(iPhone)操作にはやはり邪魔にならないサイズ感ですね。

使用感:『MagSafe Charger』でiPhone12Proを給電してみた

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器本体とつける
左:MagSafe 右:iPhone12Pro

今回MagSafeを試すiPhone12Pro本体には、iPhone12Proは純正のクリアケースをつけています。現在MagSafe対応ケースは下記の3種類しか販売されていません。

  • Apple純正クリアケース
  • Apple純正シリコンケース
  • Apple純正レザーケース

上記の中で、クリアケース以外はMagSafeの円形跡が残るため、非推奨となっているのでケースのことなどを気にせずに使用するには消去法でクリアケース一択の状況です。

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器本体とつけた後の状態
近づけると簡単に吸い付く

従来のワイヤレス充電のデメリットは、なんといっても本体がずれることによる充電ミスが起きていて充電できていないケースが発生することでした。

今回のiPhone用のMagSafeはこのワイヤレス充電のデメリットをカバーしていることが大きなメリットの1つと言えるでしょう。

実際に、iPhone12Pro本体にMagSafeを近づけると、かなり強めに吸着するような形でドッキングして充電開始します。

MagSafeで充電しながらでも邪魔にならずに操作可能

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電しながら操作可能
MagSafeは5mmと薄い
iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器で充電しながら操作は邪魔じゃない
手に持った感も悪くない
iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器で充電しながら本体操作問題なし
本体操作に問題なし

上画像の通り、厚みが5mmしかないため充電中にiPhone本体を操作しても邪魔じゃないため、支障が起きにくいです。

当然、インターネットサーフィンやSNS系は問題なく使用でき、横持ち縦持ち問わずAppのスマホゲームも問題なくストレスフリーで、操作できるのはゲームをする人にとっては非常に魅力的ですね。

【要注意】コードの断線はいつも以上に気をつける『対策あり!』

magsafeとiphone12を装着してコードと磁力の強度を知る
磁力の強さにコードがついてこれないのでは?

MagSafeは磁力が強いため、しっかりと本体に貼り付いてくれます。簡単にはMagSafe Chargerが外れないため、ケーブルに無理が生じやすいのでは?

iPhone所持者の大半の方がApple純正ケーブルの断裂のトラウマがあるかと思います笑

MagSafeを使った感じでは、あのApple純正ケーブルの断裂の悪夢がかなり発生しやすいと感じました。

通常のケーブルであればたかが、1,000円程度の出費ですが、MagSafeともなると約5,000円程するので、これは死守しなければなりません。

こびぃ

おすすめの対策があるで〜

素の状態のケーブル根本部分

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器は断線しやすい
これだとMagSafeの磁力に対してこころもとない

このケーブルの根本部分を下左画像のパーツで保護すると驚くほど長生きするので、以下の対策がオススメです。

断線ガード保護 (1)
ケーブル根本を保護して断線を防ぐ

カラーはブラックと薄グレーで、なんにでも合うカラーです。もちろんApple製品ケーブル以外にも着用可能。

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器コードを断線ガード2
MacBook Proにも使用

iPhoneSE2用やガジェット周りの有線充電ケーブルで必要になりそうなものには同様のものを着用中

左上のケーブルは本当に重宝していて、Amazonで何度も購入しています▼

iPhone12シリーズ(無印・mini・Pro:Max)のApple MagSafe充電器のコード断線ガード装着後
両端につけると安心

MagSafe充電側とUSB type-C側の両方に着用しました。若干スタイリッシュではなくなりますが、5,000円のMagSafe Chargerを守るために背に腹はかえられませんね。

こびぃ

実際に、このケーブル保護カバーを着けてかた、断線したことは一回もないんよね!本当にオススメ!!

電源アダプタは付属しない:様々な充電器で出力計測

『MagSafe Charger』には、電源アダプターが付属していません。対応機種のiPhone12シリーズからも同封されていないことから、自身で用意する必要があります。

Apple公式では『Apple 20W USB-C電源アダプター』が推奨されています。

そこで、『iPhone12おすすめ充電器5選』から下記の電源アダプター(充電器)を使用していくつか出力を確認しますので、電源アダプター購入の参考にしてくださいね。

>> iPhone12おすすめ充電器シーン別5選の記事はこちら

MagSafe充電で計測

  1. Apple:20w USB-C
  2. Anker:PowerPort Ⅲ nano20W
  3. Anker:PowerPort Atom Ⅲ 30W
  4. Anker:PowerPort Atom Ⅲ 45W
  5. RAV Power:PD PIONEER 65W 2ポート

では上記を順にMagSafeの出力を確認していきますね。

1.Apple:20w USB-C

使用感:Apple純正『20W USB-C』でiPhone12Proを給電してみたワイヤレスケースあり
Apple:20w USB-C

Apple 20w USB-C+MagSafeで計測

9.02V×1.40A=12.62W

2. Anker:PowerPort Ⅲ nano20W

Ankernano20wののMagSafeの出力計測
Anker:PowerPort Ⅲ nano20W

Anker PowerPort Ⅲ nano20W+MagSafeで計測

8.90V×1.03A=9.1W

3. Anker:PowerPort Atom Ⅲ 30W

Ankerslime30のMagSafeの出力計測
Anker:PowerPort Atom Ⅲ 30W

Anker PowerPort Atom Ⅲ30W+MagSafeで計測

8.91V×1.07A=9.5W

4. Anker:PowerPort Atom Ⅲ 45W

Ankerslim45wのMagSafeの出力計測
Anker:PowerPort Atom Ⅲ 45W

Anker PowerPort Atom Ⅲ45W+MagSafeで計測

9.00V×1.36A=12.24W

5. RAV Power:PD PIONEER 65W 2ポート

マグセーフ+RAVPOWER65w
RAV Power:PD PIONEER 65W 2ポート

RAV Power PD PIONEER 65W+MagSafeで計測

9.00V×0.96A=8.64W

スクロールできます
メーカー品名出力(実計測)
Apple20w USB-C12.62W
AnkerPowerPort Ⅲ nano20W9.1W
AnkerPowerPort Atom Ⅲ 30W9.5W
AnkerPowerPort Atom Ⅲ 45W12.24W
RAV PowerPD PIONEER 65W 2ポート8.64W

撮影時以外で、計測を続けているとApple純正の20w USB-C以外は、8W~12Wくらいがアベレージでした。

Apple純正の20W USB-Cのみ、安定して10W以上は計測しつづけていたので、MagSafeをメインで充電を考えているならApple純正の20W USB-Cがベストですね。

こびぃ

それ以外はそこまで大差ないと思うよ!その時の環境の誤差程度やったから!

充電時間/スピード

iPhone12Proで計測します。

iphone12proと純正クリアケースにマグセーフをつけて充電スピードを確認した
MagSafe×iPhone12Pro

MagSafe ChargerでiPhone12Proを充電するときは、ケース無しでもiPhone12Proは純正のクリアケースを着用してもどちらも問題なく充電スピードが変わらず充電できました。

充電を開始する前の残充電量が50%で、そこから10分おきの充電量%(中央)を図にするとこんな感じです。

TOTAL充電時間10分/充電量(%)TOTAL充電量
0分0%0%スタート
10分9%9%
20分10%19%
30分8%27%
40分7%34%
50分8%42%
60分(1時間経過)9%51%
70分8%59%
80分8%67%
90分7%74%
100分6%80%
110分5%85%
120分(2時間経過)5%92%
130分4%96%
140分2%98%
150分2%100%

iPhoneはリチウム電池を使用しており、長持ちさせるために充電残量80%を境に、高速充電→トリクル充電(低速充電)に自動的に切り替わる仕様です。上記の通り、80%を超えるまでは10分ごとに7%から8%の充電ペースで、以降は4~2%になっています。

こびぃ

問題なく、通常の充電器と同様のスピードで充電できているね!

MagSafe充電は出力の割に充電速度が遅い

出力10W前後あるなら、30分もあれば本来はiPhoneの充電を40%以上はできるのですが、MagSafeはなぜか20%台という充電速度の遅さ。

この遅さには下記の通り理由があります。

MagSafe充電が遅い理由

電磁誘導で電力を供給するワイヤレス充電の充電効率の悪さです。直接電力を供給する有線の充電と比べて電力ロスが出やすい。電力ロスによりMagSafe充電器やiPhoneの本体温度が上昇すると、熱でバッテリーの劣化を招くので、MagSafe充電器からの供給電力を抑えるという仕組みです。

出典:imedhia

今後、改善されたMagSafe充電器が発売されてほしいですね。中々、ないとは思いますが。

MagSafeで最大出力を出すための条件

MagSageの最大出力は15Wあるのですが、最大出力15Wを出すためには電源アダプタ(充電器)にややこしい条件・・・・・・・があります。

ややこしい条件・・・・・・・の詳細はApple公式ガイドにて公開されています。条件は下記の通り2点。

  1. USB-Cで充電する
  2. 「9V=2.22A」または「9V=2.56」以上のアダプタを使用すること

RAVPower RP-PC150」などの充電器は純正じゃなくても、9V=2.22Aの出力が可能なので、問題なくMagSafe充電に対応しています。

こびぃ

MagSafeは出力の割に、充電スピードが遅いのが難点だよね。

まとめ

MagSafeの磁力に関しては初めて使う人は結構疑ってしまうかもしれませんが、使ってみると印象とは異なる使用感を良い意味で感じることができるアイテムです。

過去のMacBook等を所持していた人は電源アダプターに使用されてたMagSafeをイメージしてもらえば問題ないです。

着脱が簡単で本体操作中にも邪魔をせずにワイヤレス充電ができるアイテムなので、これまで充電しながらiPhoneを操作することが多かった人にはおすすめできる製品です。

あとは置型でもよくズレていてワイヤレス充電できていなかった人にも、おすすめできます。

ただし、良い部分だけではありません。Apple純正レザーケースに跡が残らないようにすることやアルミ部分が硬いため、ケースをつけない人のために本体と接着部分に傷がつきにくくするなど改善の余地はあります。

興味があれば、一度検討してみる価値はあるのでぜひ本記事を参考にしてくださいね。

Apple iPhone
Mag Safe

Good

iPhoneを最大15Wワイヤレス充電可

磁力が強く充電ミスが起きない

互換性の高さ

充電中の本体操作がしやすい


Bad

純正レザーケースは跡が残る

早くに断線の恐れあり

使用感
8.5
デザイン・質感
8.5
価格
7.5
オススメ度
8

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入しよう!

Amazonで欲しいモノを購入する時に普通に買い物をすると損をするので、Amazonギフト券をチャージ>通常通り欲しい物を購入する。

上記の手順でギフト券をチャージしてからAmazonで買い物すると最大2.5%ポイント還元でお得になります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる