【2021】iPhone用のモバイルバッテリーおすすめ最新ランキング13選|容量別に紹介!全シリーズ対応

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • お持ちのiPhoneのベストモバイルバッテリー
  • iPhone用のモバイルバッテリーを選ぶ際の注意点や選び方10個のポイント

iPhoneはApple好きな人が必ず持っていると言っていい王道デバイスです。

iPhoneが好きな人ほど、色々いじってしまいますよね。そこで問題になってくるのが「バッテリーが一日持たない問題」。

この問題を瞬時に解決するための鉄板とも言える方法がモバイルバッテリーを常備すること。

モバイルバッテリーが一つあれば、外出先でも電池残量を気にせずに好きなことを好きな分だけ全力で楽しめる環境が整います。

とは言っても、iPhoneのモバイルバッテリーはどんなモノが良いのか何がベストでおすすめなのか、種類が多すぎてわかりませんよね。

そこで、本記事ではiPhone歴10年以上のボクが

同時にモバイルバッテリーマニアのボクが本当におすすめできるiPhone用のモバイルバッテリーを集めて【容量別】にランキング形式で紹介していきます。

あなたが求めているベストモバイルバッテリーきっと見つかります。

結論からいうと、各容量別の1位を購入しておけばまず間違いない製品になっています。あとはデザイン・ブランドの好みや予算に応じて選択してくださいね。

それでは、「【2021】iPhone用のモバイルバッテリーおすすめ最新ランキング13選|容量別に紹介!全シリーズ対応」について書いていきます。

本記事はこんな方におすすめ
  • 自分に合うiPhoneにおすすめのモバイルバッテリーを知りたい
  • 「充電器+モバイルバッテリー」のハイブリッドモバイルバッテリーが知りたい
  • 有名ブランドのモバイルバッテリーが欲しい
  • モバイルバッテリーの選び方を知りたい
目次

iPhone用のモバイルバッテリーおすすめランキング比較表

本記事で紹介するiPhone用のモバイルバッテリーおすすめランキング表は下記の通り。各容量別に分けて合計13種類紹介しています。

スクロールできます
モバイル
バッテリー名
おすすめ度ポート数デバイス
同時充電数
USB-C
PD対応
容量残量表示最大出力本体
充電時間(約)
パススルー充電サイズ価格
AnkerPowerCoreⅢ
Fusion 5000

2ポート2台5,000mAh4段階LED表示18W2時間40分横幅:7.8cm
奥行:7.1cm
厚み:3.0cm
重量:176g
約3,500円
cheero
Power Plus 5 Stick 5000mAh

モバイルバッテリー cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh with Power Delivery 18W 商品画像
2ポート2台5,000mAh%数字表示18W1時間30分横幅:12.0cm
奥行:2.7cm
厚み:2.5cm
重量:134g
約2,680円
Anker
PowerCore III
Slim 5000

Anker PowerCore III Slim 5000 with Built-in USB-C Cableの製品画像
1ポート1台5,000mAh4段階LED表示10.5W3時間15分横幅:12.4cm
奥行:6.5cm
厚み:0.7cm
重量:110g
約3,600円
HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack
HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packの商品画像
1ポート1台5,000mAh%数字表示無線:7.5W
有線:12W
3時間00分横幅:6.3cm
奥行き9.7cm
高さ:1.6cm
重量:138g
約4,950円
こびぃ

▲各タブで切り替えてね!上から順番におすすめランキング順になってるよ!

次項のiPhone用のモバイルバッテリー【選び方や注意点】を飛ばしたい方は上表内の「モバイルバッテリー名」をクリックしてくださいね。

では、iPhone用のモバイルバッテリーの【選び方や注意点】を確認していきます。

iPhone用のモバイルバッテリーの失敗しない【選び方/注意点】

iPhone(スマホ)のモバイルバッテリー購入失敗を防ぐためには、選び方注意点を知っておく必要があります。

下記の通り、10点まとめました。

では順番に確認していきます。

1.必要な容量を確認

iPhoneモバイルバッテリーの選び方:必要な容量を確認
容量でiphone充電回数が変わる

説明はもういいよ!って方はこちらをクリックするとジャンプします

モバイルバッテリーを購入する上で、iPhoneとモバイルバッテリーの「容量」についてある程度把握しておく必要があります。

各iPhoneの「機種名」とモバイルバッテリーによくある容量4つ「5,000mAh」「10,000mAh」「20,000mAh」「30,000mAh」の相関性がわかる表は下記の通り。

スクロールできます
iPhone機種名バッテリー容量(約)容量
5,000mAh
充電回数(約)
容量
10,000mAh
充電回数(約)
容量
20,000mAh
充電回数(約)
容量
30,000mAh
充電回数(約)
iPhone72,000mAh1.5回〜3回〜6回〜9回〜
iPhone7Plus3,000mAh1回〜2回〜4回〜6回〜
iPhone82,000mAh1.5回3回〜6回〜9回〜
iPhone8Plus3,000mAh1回2回〜4回〜6回〜
iPhoneX3,000mAh1回2回〜4回〜6回〜
iPhoneXs3,000mAh1回2回〜4回〜6回〜
iPhoneXs Max3,000mAh1回2回〜4回〜6回〜
iPhoneXR3,000mAh1回2回〜4回〜6回〜
iPhone113,000mAh1回2回〜4回〜6回〜
iPhone11 Pro3,000mAh1回2回〜4回〜6回〜
iPhone11 Pro Max4,000mAh0.8回1.5回〜3回〜4.5回〜
iPhoneSE22,000mAh1.5回3回〜6回〜9回〜
iPhone123,000mAh1回2回〜4回〜6回〜
iPhone12 mini2,000mAh1.5回3回〜6回〜9回〜
iPhone12 Pro3,000mAh1回2回〜4回〜6回〜
iPhone12 Pro Max4,000mAh0.8回1.5回〜3回〜4.5回〜

最低でも容量が5,000mAhのモバイルバッテリーであればProMax以外は1回はフル充電できます。

iPhoneメインのモバイルバッテリーのおすすめ容量は10,000mAHです。

こびぃ

自身が欲しいモバイルバッテリーの容量をまずは確認しておこう!

コビロボ

iPhoneをどれくらい充電したいか?をベースに考えるとわかりやすいよ!

モバイルバッテリーは容量が増えるほど「大きくなる」「重たくなる」ので適正なモバイルバッテリーを選ぶことが重要。

ポイント
  • 持っているiPhoneのバッテリー量を知る
  • 自分のiPhoneに必要なモバイルバッテリーの容量を把握する
  • 容量が多ければいいってものではない(大きく重たくなる)

2.急速充電に対応しているか

iPhoneモバイルバッテリーの選び方:急速充電に対応しているか
USB-C(PD)が使いやすい

説明はもういいよ!って方はこちらをクリックするとジャンプします

モバイルバッテリーを使用する時は、外出中に充電を急いでいるケースが予想できます。なので、急速充電する必要性が高い状況ということ。

そこでiPhoneを急速充電するためには、USB-C(PDタイプ)のモバイルバッテリーが必要になります。

iPhoneは12シリーズから20Wで充電が可能になりますが、12シリーズ以前のiPhoneは18W充電が最速です。

本記事では、厳選してUSB-C(PD)対応のiPhoneを急速充電できるモバイルバッテリーのみを紹介していますのでご安心を。

関連記事iPhoneを急速充電する方法は絶対に知っておくべき!

ポイント
  • iPhone12シリーズ以降ならMAX20W
  • iPhone11シリーズより以前のモノはMAX18W(一部を除く)
  • 急速充電するにはUSB-C(PD)搭載のモバイルバッテリーが必要

3.ポートの数やポート種類の確認

iPhoneモバイルバッテリーの選び方:ポート種・数
ポート数は2個以上あるとフレキシブルに使用しやすい

説明はもういいよ!って方はこちらをクリックするとジャンプします

iPhoneだけならポート数は1ポートで良いですが、サブ機のiPhone・アンドロイドやカメラなどを普段から持ち歩く方は、ポート数が重要。

コビロボ

複数ポートあると何かあっても対応できるから良いよね!

最小でも1ポート搭載ではなく2ポートが標準搭載になっているモバイルバッテリーが多いです。

ポート種類も重要

iPhoneを充電する上でポイントとなる2つのポートが存在します。それは「USB-A」「USB-C(PD)」です。

細かいことを言うとややこしくなるので、ざっくり説明すると下記の通り。

USB-A充電速度がフルスピード出ない

USB-C(PD)高出力が可能なので充電速度がフルスピード出る

とはいえ、USB-AもUSB-C(PD)もモバイルバッテリーの機種によっては出力が異なるので上記の限りではありません。

あくまでもそれぞれのポートの持っているポテンシャルのことです。

コビロボ

迷ったらUSB-C(PD)搭載のモバイルバッテリーを購入すればiPhoneを急速充電できるよ!

ポイント
  • 充電をする時にiPhone以外の何を充電する場合があるか想定する
  • 必要に応じたポート数のモバイルバッテリーを確認
  • USB-AよりUSB−C(PD)のほうが出力が高く充電が早い

4.サイズ・重量を確認

iPhoneモバイルバッテリーの選び方:サイズ重量を確認
容量が多くなるほどサイズも比例して大きくなる

説明はもういいよ!って方はこちらをクリックするとジャンプします

モバイルバッテリーを使用するシチュエーションは外出時です。そこで重要になるのが「重さ=重量」ということ。

高性能でもサイズが大きく、重量が重たすぎると持ち運ぶことが億劫になります。

こびぃ

容量が増えると大きく重たくなるからね!

iPhone用のモバイルバッテリーを持ち運ぶ時はバッグも小型軽量タイプで出かける方も多いと思います。

なので、できる限り小さく軽いものを選ぶと持ち運びが楽になりいつでもスッと取り出して即充電ができるので「小さい・軽い」は正義。

ポイント
  • 高性能だから良いわけではない
  • 容量が増えると大きく重たくなる
  • できる限り小さくて軽いと持ち運びに便利で充電しやすい

5.購入するのは充電器じゃなくモバイルバッテリーで良いのか

iPhoneモバイルバッテリーの選び方:購入するのは充電器orモバイルバッテリー
充電器とモバイルバッテリーの活躍する場面は異なる

説明はもういいよ!って方はこちらをクリックするとジャンプします

シチュエーションを考えると実はモバイルバッテリーじゃなくて、充電器!ってこともあるかもしれません。

念の為、参考になる表をおいておきますので確認してみてくださいね▼

iPhoneの充電環境おすすめの充電機器
自宅充電器
通勤時
(職場に置ける場合)
充電器
通勤時
(職場に置けない場合)
モバイルバッテリー
カフェ充電器・モバイルバッテリー
コワーキングスペース充電器・モバイルバッテリー
旅行充電器・モバイルバッテリー
出張充電器・モバイルバッテリー
キャンプ充電器・モバイルバッテリー

上表の通り自宅メインの充電機器やいつも行く外出先にはコンセントがある!って、把握できていれば充電器がおすすめです。

iPhoneのモバイルバッテリーではなくiPhoneの充電器が欲しい場合は、iPhoneのおすすめ充電器を確認してください。

その他外出時がメインでかつコンセントがないシチュエーションを想定するならモバイルバッテリーで間違いありません。

ポイント
  • モバイルバッテリーか充電器のどっちが必要か使用環境を考える
  • 自宅メインで使用するならモバイルバッテリーより充電器がよい
  • 外出メインなら環境にされないモバイルバッテリーがよい

モバイルバッテリーと充電器の一体型もあり

コビロボ

モバイルバッテリーと充電器一体型とかあったらいいのにな〜

こんな望みを叶えてくれる奇跡の充電機器があります。それがモバイルバッテリー+充電器の性能を搭載したコンセント付きのハイブリッドモバイルバッテリー

これ一つあれば、状況によって充電器とモバイルバッテリーを使い分けることが可能です。

関連記事コンセント一体型の充電器+モバイルバッテリーのおすすめを見る

6.ワイヤレス充電(Qi充電)に対応しているかどうか

iPhoneモバイルバッテリーの選び方:ワイヤレスQi充電に対応しているか
一部ワイヤレスQi充電ができるモバイルバッテリーがある

説明はもういいよ!って方はこちらをクリックするとジャンプします

iPhoneはiPhone8から、Qiワイヤレス充電に対応しているため、モバイルバッテリーもワイヤレス対応機が少しですが登場しています。

iPhoneを有線ケーブルではなく、ポンッとおいて充電したい方はこのワイヤレス充電に対応しているモバイルバッテリーを購入しましょう。

こびぃ

ワイヤレス充電対応のモバイルバッテリーでも有線充電は基本可能だよ!やや性能が劣りやすいのがデメリットだけど。

ポイント
  • モバイルバッテリーか充電器のどっちが必要か使用環境を考える
  • 自宅メインで使用するならモバイルバッテリーより充電器がよい
  • 外出メインなら環境にされないモバイルバッテリーがよい

7.パススルー充電対応可能か

CIO-MB20W-10000をパススルー充電する
モバイルバッテリーもデバイスも同時に充電できる

説明はもういいよ!って方はこちらをクリックするとジャンプします

iPhoneのモバイルバッテリーを選択するときにモバイルバッテリーが※パススルー充電に対応しているかも重要です。

パススルー充電とは

デバイスを充電しつつ、モバイルバッテリー本体にも給電できる機能

こびぃ

簡単にいうと、コンセントにつなぐと『モバイルバッテリーもデバイスも同時充電できる』ってことだね!_

よって、パススルー充電はなくても問題ない機能ですが「モバイルバッテリー&デバイス」どちらともバッテリーが切れている時などに重宝します。

ただし、パススルー充電対応のモバイルバッテリーはまだまだ普及していないので、あればラッキー程度の考え方でいいかもしれません。

8.モバイルバッテリー本体の充電時間

iPhoneモバイルバッテリーの選び方:モバイルバッテリー本体の充電時間
本体の充電時間が10時間程かかるものがある【要注意】

説明はもういいよ!って方はこちらをクリックするとジャンプします

iPhoneやスマホの充電時間は早いけど、モバイルバッテリー本体の充電時間がめちゃくちゃ遅い!

上記のようになると充電ストレスが溜まります。

外出時にいざ持ち運ぼうとした時に、モバイルバッテリーの残量がないと「持ってきた意味がない…」となりかねません。

そこで、充電したら数時間でモバイルバッテリー本体が充電完了できるものを選ぶようにしましょう。

モバイルバッテリー本体の充電速度は、意外と見落としがちなポイントです。

他のスペックに魅力を感じて、見落とさないように注意し、モバイルバッテリー本体の充電時間は必ず確認を。

こびぃ

本記事ではできる限り本体充電を急速充電できるモバイルバッテリーを紹介しているよ!

注意点
モバイルバッテリー本体の充電時間は、使用する充電器にも左右されます。高出力モデルのモバイルバッテリーを急速充電するためには、下記のような65W100W高出力充電器が必要になります。

またはiPhoneと相性の良い充電器をおすすめ一覧から選んで、この際にベストな充電器+モバイルバッテリーを揃えるのも一つの手です。

ポイント
  • モバイルバッテリー本体の充電時間は必ず確認する
  • 遅くても本体充電が4時間までのモバイルバッテリーにしておく
  • 本体を急速充電するためには高出力の充電器が必要

9.実績ある信頼性のあるメーカーのものにする

充電器のメーカーは実績があり安心できる企業のモノにする 2
聞いたことがない無名ブランドは避けるべし
安かろう悪かろうです

説明はもういいよ!って方はこちらをクリックするとジャンプします

充電機器のコストが安いモノを追求すると、結構リスクが高いモバイルバッテリーが存在します。

電気/電力関係は最悪火事などにつながります。家が全焼するレベルの火災など絶対起こしてはなりません。

激安モバイルバッテリーは発火事件が大問題になっているので、聞いたことのないブランドの充電器は絶対に避けてほしい

激安のものには必ず裏がありますから。

本記事では、ボクも実際に使用したことがあり、さらに実績あり安心できるものをご紹介します。

ポイント
  • 聞いたことがあるもしくは、実績あるメーカーのモバイルバッテリーにするべき
  • 無名ブランドや激安の充電機器(充電器/モバイルバッテリー)は発火リスクが高い

10.飛行機に持ち運べるか

説明はもういいよ!って方はこちらをクリックするとジャンプします

モバイルバッテリーは荷物として預けることができません。理由は、リチウムイオン電池を使用しているため。

コビロボ

リチウムイオン電池は温度変化、衝撃に弱く発熱・発煙・発火の恐れがあるため荷物として預けることができないんだよ!

ただし、条件に満たしていればモバイルバッテリーの機内持ち込みは可能です。機内持ち込みの条件は下記の通り。

飛行機持ち運べるモバイルバッテリーの条件表

出典:JAL公式サイト

whがわからないよ!って方は下記を参考に▼

  • 100wh=27,027mAh
  • 160wh=43,243mAh

本記事の容量20,000mAhまでのモバイルバッテリーを選択すれば、何個でも飛行機内に持ち込みができます。

30,000mAhのモバイルバッテリーだと最大2個までしか持ち込みができません。

ポイント
  • モバイルバッテリーは荷物で預けることができない
  • 機内持ち込みは条件を満たしていれば大丈夫
  • 27,000mAh以下のモバイルバッテリーなら何個でも持ち込み可能
  • 27,027mAh以上43,243mAh以下のモバイルバッテリーは1個だけ持込可能

【容量別】iPhone用のモバイルバッテリーおすすめランキング13選

iPhoneモバイルバッテリーおすすめランキング13選【容量別】

順番に紹介

  • iPhone用モバイルバッテリーおすすめ【容量5,000mAh】
  • iPhone用モバイルバッテリーおすすめ【容量10,000mAh】
  • iPhone用モバイルバッテリーおすすめ【容量20,000mAh】
  • iPhone用モバイルバッテリーおすすめ【容量30,000mAh】

上記で紹介しているモバイルバッテリーの比較表を冒頭に載せましたが、念の為もう一度下記の通り載せておきます。

スクロールできます
モバイル
バッテリー名
おすすめ度ポート数デバイス
同時充電数
USB-C
PD対応
容量残量表示最大出力本体
充電時間(約)
パススルー充電サイズ価格
AnkerPowerCoreⅢ
Fusion 5000

2ポート2台5,000mAh4段階LED表示18W2時間40分横幅:7.8cm
奥行:7.1cm
厚み:3.0cm
重量:176g
約3,500円
cheero
Power Plus 5 Stick 5000mAh

モバイルバッテリー cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh with Power Delivery 18W 商品画像
2ポート2台5,000mAh%数字表示18W1時間30分横幅:12.0cm
奥行:2.7cm
厚み:2.5cm
重量:134g
約2,680円
Anker
PowerCore III
Slim 5000

Anker PowerCore III Slim 5000 with Built-in USB-C Cableの製品画像
1ポート1台5,000mAh4段階LED表示10.5W3時間15分横幅:12.4cm
奥行:6.5cm
厚み:0.7cm
重量:110g
約3,600円
HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack
HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packの商品画像
1ポート1台5,000mAh%数字表示無線:7.5W
有線:12W
3時間00分横幅:6.3cm
奥行き9.7cm
高さ:1.6cm
重量:138g
約4,950円
こびぃ

▲各タブで切り替えてね!上から順番におすすめランキング順になってるよ!

では早速容量5,000mAhのモバイルバッテリーから紹介していきます。

iPhone用モバイルバッテリーおすすめランキング【容量5,000mAh】

iPhone用のモバイルバッテリー【容量5,000mAh】でおすすめしている機種は下記の通り。

スクロールできます
モバイル
バッテリー名
おすすめ度ポート数デバイス
同時充電数
USB-C
PD対応
容量残量表示最大出力本体
充電時間(約)
パススルー充電サイズ価格
AnkerPowerCoreⅢ
Fusion 5000

2ポート2台5,000mAh4段階LED表示18W2時間40分横幅:7.8cm
奥行:7.1cm
厚み:3.0cm
重量:176g
約3,500円
cheero
Power Plus 5 Stick 5000mAh

モバイルバッテリー cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh with Power Delivery 18W 商品画像
2ポート2台5,000mAh%数字表示18W1時間30分横幅:12.0cm
奥行:2.7cm
厚み:2.5cm
重量:134g
約2,680円
Anker
PowerCore III
Slim 5000

Anker PowerCore III Slim 5000 with Built-in USB-C Cableの製品画像
1ポート1台5,000mAh4段階LED表示10.5W3時間15分横幅:12.4cm
奥行:6.5cm
厚み:0.7cm
重量:110g
約3,600円
HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack
HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packの商品画像
1ポート1台5,000mAh%数字表示無線:7.5W
有線:12W
3時間00分横幅:6.3cm
奥行き9.7cm
高さ:1.6cm
重量:138g
約4,950円

上からおすすめ順になっているので、ランキング1位から確認していきます。

1位:AnkerPowerCoreⅢ Fusion 5000

Anker PowerCore Fusion 10000の前モデルのFusion5000のサイズ感は一回り小さい

モバイルバッテリー+充電器の大人気モデル

おすすめ度
バッテリー容量5,000mAh
ポート種類と数USB-A×1
USB-C(PD)×1
同時充電数2台
本体充電時間(約)約2時間40分
パススルー充電
最大出力18W
サイズ(約)横幅:7.8cm
奥行:7.1cm
高さ:3.0cm
重量(約)176g
価格(約)3,500円
特徴
  • 約5,000mAhの容量でiPhone12を約1回充電
  • 充電器+モバイルバッテリーの性能
  • 外出時の荷物が減る
  • USB-C(PD)×1、USB-A×1の2ポート搭載
  • 最大出力18W
  • 2台同時充電可能・同時使用時は合計で15W出力

Anker PowerCore Ⅲ Fusionは、充電器+モバイルバッテリー機能のあるハイブリッドタイプのモバイルバッテリーです。

発売当時は品切れになるほどのAnker製品きっての人気商品。

最大出力18WでiPhone12を30分=50%の急速充電を実現。また、容量は5,000mAhなので最低1回以上は充電可能。

Anker PowerCore FusionⅢ5000の出力3パターン

2ポート同時充電時は合計15Wで調整がはいるので、急いでいる時は1ポートで1台充電すると良いですね。

モバイルバッテリー本体を充電するときは本体の電源プラグをコンセントに挿すだけで充電ができるので、ケーブルを抜き差しする煩わしさはありません。

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000本体と巾着袋
専用ベロアポーチが持ち運びに便利

本体ボディはやや傷がつきやすい素材なので専用ポーチ付属はありがたい

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000の節電モード
本体はコンセントに直挿しして充電

モバイルバッテリー本体の充電時間は約2時間40分

質感は光沢あるタイプですが、滑りやすい等もなく、手馴染み良し。

コンセントがあれば充電器として使用できて、コンセントがなければモバイルバッテリーとして活用できるフレキシブルさが本当に便利。

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000は、充電器とモバイルバッテリーを一つにしたい!って方におすすめできるハイブリッドタイプのモバイルバッテリーです。

関連記事Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000のレビューを見る

2位:cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh with Power Delivery 18W

モバイルバッテリー cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh with Power Delivery 18W 商品画像
出典:cheero

超コンパクトで持ち運びやすいスティック型モバイルバッテリー

おすすめ度
バッテリー容量5,000mAh
ポート種類と数USB-C(PD)×1
USB-A×1
同時充電数2台
本体充電時間(約)1時間30分
パススルー充電
最大出力18W
サイズ(約)横幅:12.0cm
奥行:2.7cm
高さ:2.5cm
重量(約)134g
価格(約)2,680円
特徴
  • 約5,000mAhの容量でiPhone12を約1回充電
  • 四角柱タイプで持ちやすい
  • 驚くほどコンパクト設計
  • 2台同時充電可能
  • 最大出力18W
  • USB-C(PD)×USB-A×1の2ポート搭載

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh with Power Delivery 18Wは、5,000mAhのモバイルバッテリーの中でも超コンパクト設計です。

iPhoneと長さは変わらず、横幅は1/3程度の四角柱のスリムデザイン。

最大出力18WでiPhone12を30分=50%の急速充電を実現。また、容量は5,000mAhなので最低1回以上は充電可能。

モバイルバッテリー cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh with Power Delivery 18Wの性能は最高クラス
出典:cheero

本体充電も18Wで急速充電できるため、約1.5時間でフル充電できます。

本体を1.5時間で急速充電する場合はDIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerのような18W以上のUSB-C(PD)急速充電器が必要です。

モバイルバッテリー cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh with Power Delivery 18Wは作りがシンプル
出典:cheero

アルミ素材ボディなので、Apple製品とデザインの相性は良し。クールブラックで落ち着きのあるカラーもかっこいい。

インジケーターも数字%表示で、視認性が高くいざという時にバッテリー不足などの状況が起こりにくいのは利便性が高いと言えます。

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh with Power Delivery 18Wは、超コンパクトに18W高出力モバイルバッテリーが欲しい方におすすめできる製品です。

3位:Anker PowerCore III Slim 5000 with Built-in Lightning Cable

Anker PowerCore III Slim 5000 with Built-in USB-C Cableの製品画像
出典:Anker

面倒くさがりの大きな味方ケーブル一体型モバイルバッテリー

おすすめ度
バッテリー容量5,000mAh
ポート種類と数USB-C×1
ライトニングケーブル(一体型)
同時充電数1台
本体充電時間(約)3時間15分
パススルー充電
最大出力10.5W
サイズ(約)横幅:12.4cm
奥行:6.5cm
高さ:0.7cm
重量(約)110g
価格(約)3,600円
特徴
  • 約5,000mAhの容量でiPhone12を約1回充電
  • ライトニングケーブル一体型
  • ライトニングケーブルを持たなくてよくなる
  • 最大出力10.5W
  • 0.7cmの超薄型タイプ

Anker PowerCore Ⅲ Slim 5000 with Built-in USB-C Cableは、ケーブル一体型のモバイルバッテリーなのでケーブルレスで即充電ができます。

出力は10.5Wとやや弱めですが、iPhone12だと30分で30%ほど充電可能。

容量は5,000mAhなのでiPhone各シリーズのエントリーモデルなら最低1回以上は充電が可能です。

コビロボ

ケーブルを持ち運びしなくて良いのは本当にラクで便利だね!!

Anker PowerCore III Slim 5000 with Built-in USB-C Cableの本体充電出力は10W
出典:Anker
わずか0.7mmの薄型タイプ

本体への充電(入力)は10W

Anker PowerCore III Slim 5000 with Built-in USB-C Cableは持ち運びに便利なサイズ感
出典:Anker
「軽×薄」で持ち運びもラク

スマホより薄型でケーブルをつなげたまま持ち運びやすい

サイズは横12.4cm×奥6.5cm×高0.7cmという超薄型!モバイルバッテリー本体充電はUSB-Cポートを使用して充電します。

薄型なのでスマホと重ねつつ持ち運びながら充電も無理なくできるのが非常にラク。

薄くスタイリッシュにかつ持ち運びに最適のケーブル一体型のモバイルバッテリーといえば、Anker PowerCore Ⅲ Slim 5000 with Built-in USB-C Cableで間違いないですよ。

こびぃ

ケーブル一体型でとにかく薄くて軽いから、面倒くさがりの方にはピッタリのモバイルバッテリーだよ!

4位:HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack

MagSafe充電機能搭載の1.6cm薄型モバイルバッテリー

おすすめ度
バッテリー容量5,000mAh
ポート種類と数USB-C×1
同時充電数1台
本体充電時間3時間
パススルー充電
最大出力無線:7.5W
有線:12W
サイズ(約)横幅:6.3cm
奥行:9.7cm
高さ:1.6cm
重量(約)138g
価格(約)4,950円
特徴
  • 約5,000mAhの容量でiPhone12を約1回充電
  • MagSafeのマグネット対応
  • ワイヤレスQi充電可能
  • ライトニングでも充電可能
  • 最大出力『ワイヤレス時7.5W / 有線時12W』
  • 1.6cmの薄型タイプ

まずはじめに言っておくと、ボクはMagSafe充電器をおすすめしていません。理由は、充電スピートが現実的に厳しいと感じているため(フル充電4時間近くかかる)

では、なぜおすすめに選んだかと言うと、「どうしてもMagSafe対応モバイルバッテリーが欲しい!」って方がいるかと思いますので書いています。

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packは、本記事内では唯一のMagSafe対応モバイルバッテリーです。

コビロボ

無線でMagSafeでピタッとくっついて充電したい!って考えている人は助かるだろうね!

容量は5,000mAhでiPhone12の充電1回分となっていて、出力は『無線7.5W・有線12W』と分かれています。

磁力が強く落ちない

上の動画の通り、MagSafeでピタッと張り付いて振っても簡単に落ちません。

厚みも1.6cmほどで、充電しながら操作をするにも邪魔にならないサイズ感です。手触りもわるくならないので気にならずにながら充電が可能。

Anker PowerCoreMagnetic 5000と比較

HyperJuice Magnetic Wireless Battery PackマグネットワイヤレスモバイルバッテリーとAnkerMagnetic5000を比較
AnkerとHyperの比較
コビロボ

同じMagSafe対応モバイルバッテリーでAnker PowerCore Magnetic 5000があるけど出力も入力もやや劣るんだよね。

MagSafe対応のモバイルバッテリーは、現状Hyper製一択で良いといえるほど、MagSafeモバイルバッテリーの中では完成度は高いです。

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packは有線ケーブルで充電できる
有線充電時は最大12W

ケーブルを挿してライトニングケーブルで有線充電することも可能

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packはパスルー充電対応
パススル充電対応

モバイルバッテリーとiPhoneを同時に充電可能

MagSafe充電は、バッテリーを拡張するイメージで使用する分には全然ありです。

逆に急いでいる時にはMagSafe充電は遅いので(フル充電まで約4時間かかる)、急ぎの場合は有線で充電を行うとよいでしょう。

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packは、バッテリー拡張する感覚で使用をおすすめするモバイルバッテリーです。

関連記事HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packのレビューを見る

iPhone用モバイルバッテリーおすすめランキング【容量10,000mAh】※1番おすすめ

iPhone用のモバイルバッテリー【容量10,000mAh】でおすすめしている機種は下記の通り。

スクロールできます
モバイル
バッテリー名
おすすめ度ポート数デバイス
同時充電数
USB-C
PD対応
容量残量表示最大出力本体
充電時間(約)
パススルー充電サイズ価格
CIO MB20W-10000CIO MB20k 10000mAh 商品画像3ポート2台10,000mAh4段階LED表示20W3時間00分横幅:10.5cm
奥行:5.2cm
厚み:2.5cm
重量:178g
約2,700円
Anker
PowerCore
Fusion 10000

Anker PowerCore Fusion 10000の商品画像
2ポート2台10,000mAh8段階LED表示20W3時間30分横幅:8.2cm
奥行:8.2cm
厚み:3.5cm
重量:278g
約4,800円
Anker
PowerCore III
10000 Wireless

Anker PowerCore III 10000 Wireless商品画像
1ポート1台5,000mAh4段階LED表示10.5W3時間15分横幅:12.4cm
奥行:6.5cm
厚み:0.7cm
重量:110g
約3,600円
Anker
PowerCore
10000PD Redux

Anker PowerCore 10000PD Redux の商品画像
2ポート2台10,000mAh4段階LED表示18W3時間00分横幅:10.5cm
奥行:5.2cm
高さ:2.5cm
重量:178g
約4,200円
RAVPower
RP-PB186

RAVPower RP-PB186の商品画像
2ポート2台10,000mAh4段階LED表示18W3時間30分横幅:11.1cm
奥行:5.1cm
高さ:2.5cm
重量:183g
約2,500円

上からおすすめ順になっているので、ランキング1位から確認していきます。

1位:CIO MB20W-10000

CIO-MB20W-10000は手のひらサイズ感

iPhone専用の大本命モバイルバッテリー

おすすめ度
バッテリー容量10,000mAh
ポート種類と数USB-A×1
USB-C(PD)×1
Micro USB×1
同時充電数2台
本体充電時間(約)約3時間00分
パススルー充電
最大出力20W
サイズ(約)横幅:10.5cm
奥行:5.2cm
高さ:2.5cm
重量(約)178g
価格(約)2,700円
CIO MB20W-10000の特徴
  • 約10,000mAhの大容量でiPhone12を約2回充電
  • 最大出力20Wでタブレットも充電できる
  • 最大入力18Wで本体を3時間で充電
  • USB-C(PD3.0)とUSB-A(QC3.0)の2台同時充電
  • パススルー充電対応
  • 圧倒的な小型サイズ化&軽量化に成功

CIO MB20W-10000は、iPhone用のモバイルバッテリーとして個人的にベストバイと言い切れるモバイルバッテリー。

最大出力20WでiPhone12を30分=50%の急速充電を実現。容量は10,000mAHなのでiPhone12なら約2回の充電が可能。

CIO-MB20W-10000でiPhoneとiPadを充電時は最大15Wで充電できる
出力が20WあるのでiPadも充電可能
CIO MB20 20000は優先だとAirPodsを充電できる
AirPodsは最大5W充電

CIO MB20W-10000は、最大20W+容量10,000があるのでiPad Miniや無印のタブレットも急速充電可能。

さらにiPhoneをフル充電後にも容量が残っているのでAirPodsやApple Watchの充電に充てることもできるという万能モバイルバッテリー。

CIO-MB20W-10000をパススルー充電する

本体とデバイスを同時に充電できるパススルー充電にも対応。容量10,000mAhとは思えないほどのコンパクト化・軽量化に成功しています。

iPhone特化のモバイルバッテリーにふさわしい性能

  • 最大20Wの急速充電
  • iPhone12を2回充電できる容量10,000mAh
  • パススルー充電対応
  • 本体充電3時間
  • 超小型

上記の通り、必要なモノ全部入りです。これ一つあればiPhoneの充電は間違いなし!

よって、モバイルバッテリーで現状iPhoneを充電することに特化させるなら1番おすすめのモバイルバッテリーがこのCIO MB20W-10000と断言できます。

こびぃ

CIO製のモバイルバッテリーは後発モノが多いけど、後発の利点である先発組の改良型として世に出るから品質は本物が多いよ!

関連記事CIO MB20W-10000のレビューを見る

2位:Anker PowerCore Fusion 10000

充電器+モバイルバッテリーの進化型ハイブリッドタイプ

おすすめ度
バッテリー容量10,000mAh
ポート種類と数USB-A×1
USB-C(PD)×1
同時充電数2台
本体充電時間(約)約3時間30分
パススルー充電
最大出力20W
サイズ(約)横幅:8.2cm
奥行:8.2cm
高さ:3.5cm
重量(約)278g
価格(約)4,800円
特徴
  • 充電器+モバイルバッテリーのハイブリッドタイプ
  • 約10,000mAhの大容量でiPhone12を約2回充電
  • 最大出力20WでiPhoneを急速充電
  • 2台同時充電時は合計15W出力
  • 本体を3時間30分で充電
  • USB-C(PD)×1、USB-A×1の2ports
  • 荷物を減らすことが可能

Anker PowerCore Fusion10000は、最大20W出力+容量10,000mAh+充電器という超高性能で便利な機能が搭載されています。

iPhoneのおすすめモバイルバッテリー以外にもiPadおすすめモバイルバッテリーとしてもおすすめしている超万能モバイルバッテリー。

まさにスマホやタブレットのために生まれたハイブリッドタイプのモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Fusion 10000の本体充電はアダプター充電のみ
本体をコンセントで充電できる

モバイルバッテリー本体を充電をするには、本体に付属しているコンセントを挿すだけで充電ができる優れもの。

本体をコンセントに挿しつつケーブルとデバイスを接続すると、コンセントからの電流がデバイスに直接流れて充電もが可能です。

上記の場合、パススルー充電は搭載されていないので、モバイルバッテリー本体は充電されません。

Anker PowerCore Fusion 10000の2台同時充電時の出力は15Wまで
iPadも充電可能

iPhoneとiPadを同時に充電可能

Anker PowerCore Fusion 10000の出力は20Wと12W
2ポート利用可能

2台同時充電時は合計15Wに調整

充電器とモバイルバッテリーのハイブリッドタイプなので、サイズは同クラス帯と比較すると一回り大きいです。

しかし、サイズ感も気にならないくらいに使い勝手の良いモバイルバッテリー。

充電器とモバイルバッテリーを一元化して、「充電忘れを防ぎたい荷物を減らしたい」方には、最もおすすめモバイルバッテリーです。

こびぃ

なんといっても、ハイブリッドの性能がたまらないよね!一度使用すると手放せなくなるよ!

関連記事Anker PowerCore Fusion 10000を見る

3位:Anker PowerCore III 10000 Wireless

準備中

4位:Anker PowerCore 10000PD Redux

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの特徴は超小型モバイルバッテリーで使いやすい

Anker製のPD対応10,000mAhモバイルバッテリーといえばこれ

おすすめ度
バッテリー容量10,000mAh
ポート種類と数USB-A×1
USB-C(PD)×1
同時充電数2台
本体充電時間(約)約3時間00分
パススルー充電
最大出力18W
サイズ(約)横幅:10.5cm
奥行:5.2cm
高さ:2.5cm
重量(約)178g
価格(約)4,200円
特徴
  • 約10,000mAhの大容量でiPhone12を約2回充電
  • 最大出力18W
  • 2台同時充電時は合計18W
  • 本体を約3時間で充電
  • USB-C(PD)×1、USB-A×1の2ポート
  • 本体は滑りにくく傷がつきにくい

Anker PowerCore 10000PD Reduxは、Anker10,000mAh容量の中でも屈指の人気を誇るシリーズのモバイルバッテリー。

最大出力18WでiPhone12を30分=50%の急速充電を実現。容量は10,000mAHなのでiPhone12なら約2回の充電が可能。

2台同時充電可能

USB-Aは12W、USB-Cは18W出力です。2台同時充電時も高出力18Wを実現

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの2ポート同時充電時の様子
iPadも充電可能

最大出力18Wあるので、iPadもストレスなく充電できます

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの厚みはほぼ同じ
どちらも素材は同じで手で持った時に滑りにくい

Anker PowerCore 10000PD Reduxは、PDではなく無印バージョンもあるので購入するなら急速充電できるPD版にしましょう。

無印版とPD版の違いPowerCore 10000PD Reduxのレビュー内で紹介しています。

コビロボ

PD版と無印版のReduxは見た目がほぼ同じなので購入時に気をつけてね!

Anker製品が好きでなおかつ10,000mAh容量+純粋モバイルバッテリーが欲しいって方には相性抜群のモバイルバッテリーです。

こびぃ

ReduxシリーズはAnker製の中でもロングセラー製品だから安心してね!

関連記事Anker PowerCore 10000 PD Reduxのレビューを見る

5位:RAVPower RP-PB186

RAVPower RP-PB186は手に馴染みやすい

RAVPowerで人気シリーズの10,000mAhモバイルバッテリー

おすすめ度
バッテリー容量10,000mAh
ポート種類と数USB-A×1
USB-C(PD)×1
同時充電数2台
本体充電時間(約)約3時間30分
パススルー充電
最大出力18W
サイズ(約)横幅:11.1cm
奥行:5.1cm
高さ:2.5cm
重量(約)183g
価格(約)2,500円
特徴
  • 約10,000mAhの大容量でiPhone12を約2回充電
  • 最大出力18W
  • 2台同時充電時は合計17W
  • 本体を約3時間で充電
  • USB-C(PD)×1、USB-A×1の2ポート
  • 手に馴染む素材とオシャレな外観

RAVPower RP-PB186は、RAVPowerで人気のRP-PBシリーズです。オシャレ外観でスマートに充電できるので見た目重視派にはかなりおすすめ。

最大出力18WでiPhone12を30分=50%の急速充電を実現。容量は10,000mAHなのでiPhone12なら約2回の充電が可能。

RAVPower RP-PB186は2ポートの出力は最大18W同時使用で17W
2台同時充電も余裕

USB-Aは12W、USB-Cは18W出力です。2台同時充電時も高出力17Wを実現

RAVPower RP-PB186は2デバイス同時充電が可能
iPhoneやスマホ2台持ちには便利

最大出力18Wあるので、スマホ以外にもタブレットも充電できます

RAVPower RP-PB186のLEDインジケーターはサイドの電源ボタンを押すと点灯
LEDインジケーター周りがオシャレ

正直言って、性能やサイズ感、機能面で何か突出したものを求めるならこれまでに紹介した10,000mAhモバイルバッテリーがおすすめです。

しかし、ボタン周りやポート周りのデザイン製はRAVPower RP-PB186がおしゃれに仕上がっているので、デザインにこだわりたい方はおすすめと言えるモバイルバッテリーです。

こびぃ

RAVPower製品は、ポート周り電源周りがオシャレなモバイルバッテリーが多いからね!

RAVPower RP-PB186
ラブパワー(RAVPOWER)

関連記事RAVPower RP-PB186のレビューを見る

iPhone用モバイルバッテリーおすすめ【容量20,000mAh】

iPhone用のモバイルバッテリー【容量20,000mAh】でおすすめしている機種は下記の通り。

スクロールできます
モバイル
バッテリー名
おすすめ度ポート数デバイス
同時充電数
USB-C
PD対応
容量残量表示最大出力本体
充電時間(約)
パススルー充電サイズ価格
Anker
PowerCore
Essential 20000

Anker PowerCore Essential 20000 の商品画像
4ポート2台20,000mAh4段階LED表示12W6時間30分横幅:15.8cm
奥行:7.4cm
厚み:1.9cm
重量:343g
約3,900円
SMARTCOBY 20000mAh 60W
SMARTCOBY 20000mAh 60Wの商品画像
4ポート3台20,000mAh%数字表示60W1時間30分横幅:13.2cm
奥行:6.8cm
厚み:2.4cm
重量:370g
約7,500円

RAVPower
RP-PB201


RAVPower RP-PB201の商品画像
2ポート2台20,000mAh4段階LED表示60W3時間00分横幅:15.1cm
奥行:6.6cm
厚み:2.5cm
重量:374g
約6,900円

上からおすすめ順になっているので、ランキング1位から確認していきます。

1位:Anker PowerCore Essential 20000

モバイルバッテリーAnkerEssential20000の外観

20,000mAhのザ・iPhone(スマホ)充電専用モバイルバッテリー

おすすめ度
バッテリー容量20,000mAh
ポート種類と数USB-A×2
USB-C(PD)×1
Micro USB×1
同時充電数2台
本体充電時間(約)約6時間30分
パススルー充電
最大出力12W
サイズ(約)横幅:15.8cm
奥行:7.4cm
高さ:1.9cm
重量(約)343g
価格(約)3,900円
特徴
  • 約20,000mAhの大容量でiPhone12を約4回充電
  • 最大出力12W
  • 2台同時充電時は合計15W
  • 本体を約6時間30分で充電
  • USB-C×1、USB-A×2、Micro USBの4ポート
  • シボ加工で手馴染みの良いボディ

Anker PowerCore Essential 20000は、iPhone・スマホを4回から5回充電できる大容量20,000mAhにも関わらず低予算で購入できるコスパ抜群モバイルバッテリーです。

PD非対応なので、出力は12Wとやや非力ですがiPhone12を30分=40%近く急速充電できます。

Anker PowerCore Essential 20000のポートの出力内訳
2台同時充電も余裕

USB-A×2は12W、USB-CとMicro USBは本体充電用の入力のみです

Anker PowerCore Essential 20000の2ポート利用時は合計で最大15W
容量が多いのでタブレット充電も問題なし

充電スピードはやや遅いものの大容量を武器にiPadもガツンと充電できます

サイズも20,000mAhと大容量の割りにはコンパクトに設計されており、軽く外出する時にもそこまで気にならないサイズ感です。

コビロボ

イメージとしてはiPhone12より一回り大きいくらいだよ!

Anker PowerCore Essential 20000 PDの商品画像
出典:Anker
似たモデルで18Wバージョンあり

コスパが良いけど出力が12Wは心もとない…という方には同モデルPD型の「PowerCore Essential PDタイプ」がおすすめ!

容量は同じ大容量20,000mAhです。大きな違いは最大出力が12Wか18Wかというところ。

ただし、価格差が1,000円以上あるのでこの6Wのために1,000円多めに出すか出さないかは何を重視するかによると思うので下記を参考にしてくださいね。

PowerCore Essential
おすすめの人
PowerCore Essential PD
おすすめの人
  • 12Wの出力で充電でも良い
  • 性能より価格を重視したい
  • デバイス充電をUSB-Aでしたい
  • 18Wの高出力で充電したい
  • 価格より性能をより重視したい
  • デバイス充電をUSB-Cでしたい
こびぃ

自分がもっているケーブルにあわせて選んでみても良いかもしれない!6Wと言っても充電速度はさほど変わらないからね!

関連記事Anker PowerCore Essential 20000 レビューを見る

2位:SMARTCOBY 20000mAh 60W

SMARTCOBY 20000mAh 60Wは手に収まるサイズ感

MacBookまで充電可能なハイスペックモバイルバッテリー

おすすめ度
バッテリー容量20,000mAh
ポート種類と数USB-A×2
USB-C(PD)×1
Micro USB×1
同時充電数3台
本体充電時間(約)約1時間30分
パススルー充電
最大出力60W
サイズ(約)横幅:13.2cm
奥行:6.8cm
高さ:2.4cm
重量(約)370g
価格(約)7,500円
特徴
  • 約20,000mAhの大容量でiPhone12を約4回充電
  • 最大出力60Wの超高出力
  • 最大3台同時デバイス充電可能
  • 本体を約1時間30分で充電
  • USB-C(PD)×1、USB-A×2、Micro USBの4ポート
  • シボ加工で手馴染みの良いボディ

CIO SMARTCOBY 20000mAh 60Wは、急速充電・パススルー充電・出力60W・容量20,000mAh』というハイパフォーマンスモバイルバッテリー。

こびぃ

iPhoneだけではなく、タブレットもノートPCも問題なく充電できる超高出力の60Wモバイルバッテリーだよ!

出力は最大60Wですが、iPhoneは最大20Wに調整されるので安心してくださいね。

本機は、iPhone以外にiPadやMacBookを持っている方は非常に助かるモバイルバッテリーです。

SMARTCOBY 20000mAh 60Wを3台の60Wモバイルバッテリーと比較する
1番左がCIO製の20,000mAhモデル

大容量+高出力にも関わらずサイズがスマホ専用モバイルバッテリーより小さかったりする

SMARTCOBY 20000mAh 60Wのサイズ比較
iPhoneSE2とほぼ同じサイズ

上画像の「iPhone」「iPad Air 4」「 MacBook Pro」3つ全部同時に充電可能

よくある60W出力の高出力モバイルバッテリーはサイズが大きくなりがち。

しかし、本機はスマホしか充電できないモバイルバッテリーより小さかったりするので高出力で大容量なのに、コンパクトすぎるといういい意味でよくわからない設計になっています。

SMARTCOBY 20000mAh 60WでMacBookとiPhoneを同時充電
iPhone+MacBookも充電可能
コビロボ

イメージとしてはiPhone12より一回り大きいくらいだよ!

今iPhone以外にもタブレットやノートPCを持っている方で、外出先で充電を考えているなら本機で間違いないです。

モバイルバッテリー本体を充電する際にも60W入力なので、なんと1時間30分で20,000mAh容量の本機をフル充電できるという超スピード充電。

こびぃ

数年前は高出力で大容量モバイルバッテリーといえばモノによっては10時間くらい充電がかかったからね。1時間30分はすごい!

20,000mAhのモバイルバッテリーで「iPhone+α」の充電をしたい方はCIO SMARTCOBY 20000mAH 60で完全なモバイルバッテリーを手にすることができます。

関連記事CIO SMARTCOBY 20000mAh 60Wのレビューを見る

3位:RAVPower RP-PB201

RAVPowerの一番売れ筋のモバイルバッテリーがこれ

おすすめ度
バッテリー容量20,000mAh
ポート種類と数USB-A×1
USB-C(PD)×1
同時充電数2台
本体充電時間(約)約3時間00分
パススルー充電
最大出力60W
サイズ(約)横幅:15.1cm
奥行:6.6cm
高さ:2.5cm
重量(約)374g
価格(約)6,900円
特徴
  • 約20,000mAhの大容量でiPhone12を約4回充電
  • 最大出力60Wの超高出力
  • 最大2台同時
  • 本体を約1時間30分で充電
  • USB-C(PD)×1、USB-A×1の2ポート
  • デザイン性が高い

RAVPower RP-PB201は、大容量20,000mAhかつ60W高出力のおしゃれデザインが売りのモバイルバッテリーです。

こびぃ

iPhoneやスマホ以外にiPadもMacBookもフルスピードで充電できるモバイルバッテリー!

最大出力は60Wですが、iPhone充電時は最大20Wに調整されるのでご安心を。

本機は、iPhone以外にiPadやMacBookを持っている方は非常に助かるモバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB201を1ポート利用時はUSB-Aは18W、USB-Cは60W
MAX60W

USB-Aは最大18Wですが、QCなのでアンドロイド系のみしか対応していません。iPhoneは最大12W

RAVPOWERRP-PB201でMacBookを充電する
iPhoneSE2とほぼ同じサイズ

MacBook Pro13インチもフルスピードで充電できるので作業しながら充電もOK

RAVPower RP-PB201はMacBookとiPad同時に充電もできる
iPhone+iPadやMacBookも充電可能
コビロボ

イメージとしてはiPhone12より一回り大きいくらいだよ!

今iPhone以外にもタブレットやノートPCを持っている方で、RAVPowerのデザイン性の高さに魅力を感じるならこれでしょう。

iPhoneだけの充電なら、スペックオーバーになりますがその他デバイスを同時にするなら検討して損はしないモバイルバッテリーがRAVPower RP-PB201です。

RAVPower RP-PB201
ラブパワー(RAVPOWER)

関連記事RAVPower RP-PB201のレビューを見る

iPhone用モバイルバッテリーおすすめ【容量30,000mAh】

iPhoneメインに充電を考えいてる方で、長期自宅を離れる方は以外は30,000mAhの容量は大きく重たいためオススメしていません。

ただしMacBookやiPadを同時に充電できるモバイルバッテリーを探しているなら話は別なので、次の項目を確認してください。

こちらをクリックするとジャンプします。

スクロールできます
モバイル
バッテリー名
おすすめ度ポート数デバイス
同時充電数
USB-C
PD対応
容量残量表示最大出力本体
充電時間(約)
パススルー充電サイズ価格
RAVPower
RP-PB232

RAVPower RP-PB232の商品画像
2ポート2台30,000mAh4段階LED表示90W2時間30分横幅:15.0cm
奥行:8.7cm
厚み:2.5cm
重量:540g
約9,500円

RAVPower RP-PB232

RAVPower RP-PB232は手で持てるサイズではあるが大きい
容量が大きいのでサイズもそれなり

大手の取り扱いが少ないなか安定のRAVPower製30,000mAhV

おすすめ度
バッテリー容量30,000mAh
ポート種類と数USB-A×1
USB-C(PD)×1
同時充電数2台
本体充電時間(約)約2時間30分
パススルー充電
最大出力90W
サイズ(約)横幅:15.0cm
奥行:8.7cm
高さ:2.5cm
重量(約)540g
価格(約)9,500円
特徴
  • 約30,000mAhの大容量でiPhone12を約6回充電
  • 最大出力90Wの超高出力
  • 最大2台同時
  • 本体を約2時間30分で充電
  • USB-C(PD)×1、USB-A×1の2ポート
  • デザイン性が高い

RAVPower RP-PB232は、大容量30,000mAhかつ90W高出力という超ハイスペックなモバイルバッテリーです。

こびぃ

近場でiPhoneのみを充電するならここまでの性能はいらないけど、家族で遠出をする時や出張・旅行によく行く人は重宝するよ!

出力もiPhoneの20Wに合わせてくれるので、あとは30,000mAhの大容量というモバイルバッテリーの容量がいるかどうかというところ。

本機は、iPhone以外にiPadやMacBookを持っている方は非常に助かるモバイルバッテリーです。

RP−PB232は旅行などにも相性良し
容量30,000mAhでiPhoneを6回〜充電可能

旅行や出張に行くときは大容量なのでコレ一つで解決

一番下が本機

上から同シリーズ10,000mAh、20,000mAh、30,000mAh(本機)厚みはほぼ同じ

RAVPowerRP-PB232で2台同時充電時は最大83W
2台を同時に急速充電

今iPhone以外にもタブレットやノートPCを持っている方や家族で一緒に使いたい時などはかなり重宝します。

iPhone1台だけの充電なら、20,000mAh+高出力のモバイルバッテリー同様にオーバースペック。

しかし、iPhoneとその他デバイスを同時にしたり、旅行時や出張がある方の用途には相棒になり得るモバイルバッテリーがRAVPower RP-PB232です。

コビロボ

RAVPower製は品質は確かなものだからね!30,000mAhあれば充電器いらずでモバイルバッテリーのみで過ごすことが可能だよ!

RAVPower RP-PB232
ラブパワー(RAVPOWER)

関連記事RAVPower RP-PB232のレビューを見る

iPadやMacBookとiPhone用のモバイルバッテリーを併用したい場合

本記事で紹介しているのはあくまでもiPhone用やiPhone+αのモバイルバッテリーです。

  • iPadをメイン+iPhoneを充電
  • MacBookをメイン+iPhoneを充電

上記のシチュエーションはどちらもおすすめのモバイルバッテリーが異なります。

何のデバイスをメインに充電するか」で分けておすすめのモバイルバッテリーを紹介しているので下記を参考にしてくださいね。

iPadメインで充電したい

MacBookメインで充電したい

コビロボ

iPadにおすすめのモバイルバッテリーやMacBookにおすすめのモバイルバッテーでもiPhoneの充電は可能なの?

こびぃ

もちろん大丈夫!安心して上の記事から「iPad=タブレット」「MacBook=ノートPC」から選んでね!

【容量別】iPhoneに1番おすすめのモバイルバッテリーはこれ!

iPhoneのモバイルバッテリーの選び方と容量別でiPhoneにおすすめできるモバイルバッテリーを紹介してきました。

結局どれが良いのかわからない!って方のために、思考停止で購入しても損しないモバイルバッテリーを容量別で1番おすすめを記しておきます。

【容量別】iPhoneで1番おすすめモバイルバッテリーは下記の通り▼

スクロールできます
モバイル
バッテリー名
おすすめ度ポート数デバイス
同時充電数
USB-C
PD対応
容量残量表示最大出力本体
充電時間(約)
パススルー充電サイズ価格
AnkerPowerCoreⅢ
Fusion 5000

2ポート2台5,000mAh4段階LED表示18W2時間40分横幅:7.8cm
奥行:7.1cm
厚み:3.0cm
重量:176g
約3,500円
こびぃ

▲各タブで切り替えてね!1番おすすめの製品一つだけ表示してるよ!

iPhone用のモバイルバッテリーおすすめランキング13選【容量別】まとめ

本記事では、【2021】iPhone用のモバイルバッテリーおすすめ最新ランキング13選|容量別に紹介!全スマホ対応について書きました。

世の中には多くのiPhone用・スマホ用のモバイルバッテリーが存在しますので、本記事をお読みの方が迷わないようにかなり厳選して紹介しました。

普段使いのiPhone専用の充電器を探すなら、個人的には「容量10,000mAh」モバイルバッテリーが「容量・出力・価格」のバランスが良いため使用しやすいと感じます。

とはいえ、各個人の使用シチュエーションは様々ですのでご自身が納得するモバイルバッテリーをお選びくださいね。

それではよきiPhoneライフを!

スクロールできます
モバイル
バッテリー名
おすすめ度ポート数デバイス
同時充電数
USB-C
PD対応
容量残量表示最大出力本体
充電時間(約)
パススルー充電サイズ価格
AnkerPowerCoreⅢ
Fusion 5000

2ポート2台5,000mAh4段階LED表示18W2時間40分横幅:7.8cm
奥行:7.1cm
厚み:3.0cm
重量:176g
約3,500円
cheero
Power Plus 5 Stick 5000mAh

モバイルバッテリー cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh with Power Delivery 18W 商品画像
2ポート2台5,000mAh%数字表示18W1時間30分横幅:12.0cm
奥行:2.7cm
厚み:2.5cm
重量:134g
約2,680円
Anker
PowerCore III
Slim 5000

Anker PowerCore III Slim 5000 with Built-in USB-C Cableの製品画像
1ポート1台5,000mAh4段階LED表示10.5W3時間15分横幅:12.4cm
奥行:6.5cm
厚み:0.7cm
重量:110g
約3,600円
HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack
HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packの商品画像
1ポート1台5,000mAh%数字表示無線:7.5W
有線:12W
3時間00分横幅:6.3cm
奥行き9.7cm
高さ:1.6cm
重量:138g
約4,950円
コビロボ

▲各タブで切り替えてね!上から順番におすすめランキング順になってるよ!

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入しよう!

Amazonで欲しいモノを購入する時に普通に買い物をすると損をするので、Amazonギフト券をチャージ>通常通り欲しい物を購入する。

上記の手順でギフト券をチャージしてからAmazonで買い物すると最大2.5%ポイント還元でお得になります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる