iPhone 13 Pro吉川優品アンチグレアフィルム レビュー|最高品質のフィルムの仲間入り

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • iPhone 13 Pro用の吉川優品アンチグレア保護フィルムの使用感/レビュー
  • フィルム貼りが苦手でもキレイに貼れる「サラサラ×ツルツル」ガラスフィルムのこと

iPhone 13 Proを購入後、いつもどおりNIMASOのアンチグレアフィルムを付けていたのですが…

NIMASOフィルムが割れた
画面左上のほうが割れた

落とした先に突起物があり、ガッツリ割れてしまいました…幸いディスプレイには傷つかず良かった。

そこで今回はNIMASOではなく、以前から評判が良くて気になっていた「吉川優品」のアンチグレアフィルムをゲット。

結論を言うと、「めちゃくちゃ良いフィルムでお気に入りブランドの1つになった」です。

こびぃ

NIMASOフィルムと比較もしているよ!

それでは「iPhone 13 Pro吉川優品アンチグレアフィルム レビュー|最高品質のフィルムの仲間入り」を書いていきます。

目次

iPhone 13 Pro吉川優品アンチグレアフィルムレビュー

早速1分でわかる特徴から。

1分でわかる特徴

iPhone13 Pro用
吉川優品アンチグレアフィルムの特徴
  • より繊細なアンチグレア映像がキレイ
  • サラサラで指紋がつきにくい
  • 太陽下やライト下でも画面が見える
  • 指ざわりはとにかく気持ちが良い
  • 貼り付けがめちゃくちゃ簡単で失敗するほうが難しい

とまぁこんな感じですごいフィルムがボクがすきなNIMASOフィルム以外にもあってビックリです。

こびぃ

この吉川優品のアンチグレアフィルムも只者ではない!

吉川優品アンチグレアフィルムの特徴
出典:吉川優品

公式画像にあるこれが特に気になった。

アンチグレアフィルムの弱点である「画像がやや粗くなる」というデメリットをカバーしているとのこと。

その他の特徴をならべると下記の通り。

  • 光の反射を抑えるAGA加工あり
  • 9Hの高度を持っている強化ガラス
  • 撥油コーティング加工で指紋がつきにくい
  • 飛散防止

外箱/内容物/本体

吉川優品のNIMASOフィルム

吉川優品アンチグレアフィルムiPhone 13 Pro用です。うん、いかにもな侍がいる。

吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムの内容物

中身は全部で7点。

最近のiPhone用のフィルムって本当に付属品が豊富で「絶対に貼り付けをミスらせない!」という企業の強い意志を感じる。

内容物
  • iPhone 13 Pro用吉川優品アンチグレアフィルム
  • フィルム取り付け時のガイド枠
  • ウェットシート
  • ドライシート
  • ダスト貼り付けシール小
  • ダスト貼り付けシール大
  • 気泡を抜く時にディスプレイをこするための布

フィルム貼り付けキット以外にあると便利なもの

iPad mini 6のNIMASOフィルムを貼る前に用意したいキョンセームと出すろブロワー
  • フィルムを貼るときに一つは持っておきたいダストブロワー(エアダスター)
  • ディスプレイを短時間でピカピカに拭き上げることができるキョンセーム

この2つを吉川優品フィルム購入時に合わせて持っておくことをおすすめします。

キョンセームはiPhone・iPad・MacBookに毎日使用できるので、かなりコスパが良い製品。毎日ピカピカで使用できますよ。

本体はガラスフィルムタイプでiPhoneを強力保護できる

吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムを手のひらに乗せる

吉川優品のiPhone用フィルムはアンチグレアグレアも両タイプあります。どちらもガラスフィルムで強力保護タイプ。

ちなみにアンチグレアフィルムグレアフィルム違い「メリット・デメリット」は下記の通り。

スクロールできます
保護フィルムのタイプメリットデメリット
アンチグレアフィルム
光沢なし
・太陽光や蛍光灯などの光の反射を抑える
・さらさらで操作しやすい
・透明感が足りない
・画像や写真の色味が実物と異なる
グレアフィルム
光沢あり
・透明でクリア
・画像や写真がきれい
・太陽光や蛍光灯下では反射する
・指紋が付着しやすいフィルムが多い

実際に貼り付けて確認していきます。

iPhone 13 Pro吉川優品アンチグレアフィルムの貼り付け方

iPhone 13 Proに吉川優品アンチグレアガラス保護フィルムを貼り付けていきます。

STEP
ウェットティッシュで拭き上げる
ウェットシートから
ウエットティッシュで拭く
STEP
乾拭きする
貼り付け手順2ドライシート
ドライシートで拭き上げ
STEP
埃取りダストシールで微細なゴミを除去
吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムの貼り付けて順ホコリとりシート
ダスト除去シールは小(左)と大(右)がある
吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムの貼り付け手順3ホコリをシールで取る

ダストシールは好きなシールを選んでOK!

STEP
ガイド枠を取り付けてもう一度ゴミを取る
吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムを貼り付け手順4の外枠

ガイド枠を取り付けます。

枠内に「TOP」と書かれている方を上にして設置する

吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムの外枠をはめたらもう一度シールでホコリを取る

ダストシールでもう一度ペタペタっと微細ゴミを取り除く。

コビロボ

さっき使用したシールでもいいし、新しいシールでもいいよ!

STEP
できればやりたいダストブロワー
吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムの本体の角にホコリとりスプレー
角のゴミがなかなか取れないがダストブロワーがあれば一撃

ダストブロワーは同梱されていないのでAmazonなどで別に用意する必要あり。

こびぃ

キーボード掃除や繊細な場所の掃除にも便利なアイテム!

ダストブロワーがあればさらにフィルムにゴミや不純物が入らずに完璧にキレイにフィルムを貼ることが可能に。

STEP
NIMASO保護フィルムを貼る
吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムの本体をはりつけ

裏側をペリッとめくると貼り付け面シールになっているので、iPhoneのディスプレイに貼り付けます。

吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムは簡単に貼れる

ガイド枠に沿ってフィルムを置くだけで大丈夫。左上に気泡が入っていますが問題なし。この状態でガイド枠を取ります。

吉川優品のフィルムは自己吸着層により、自然と空気が抜けます。

吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムは空気が入らない

ガイド枠を取っただけですが、見事に気泡が0の状態に。

こびぃ

勝手に吸い付いて気泡が抜ける仕様のおかげで、フィルム貼りが苦手なボクでもめちゃくちゃキレイに貼れたよ!

STEP
気泡を抜いて仕上げる(必要な人のみ)
吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムの最後は念の為拭き上げる

ボクはガイド枠を外すと気泡がすべてなくなったので不要でしたが、必要な人は付属のクロスで気泡を抜いて完成。

コビロボ

最近のフィルムはこの気泡抜きの後に小さな気泡が残っていても24時間程度で勝手に抜けてくれるから、そこまで気にしなくてOK!

STEP
完成
吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムを貼ったiPhone上から撮った

めちゃくちゃキレイに貼れて大満足!もしかしたら、今までで一番ラクにキレイに貼れたかもしれない。

特にフィルムを貼り付けた後にガイド枠を取ったらすべての気泡がなくなったことはビックリ

フィルムの貼り付け手順は多く見えますが、工程の殆どがゴミを除去する作業なのでたった3分もあればキレイに貼り終えることができます。

iPhone 13 Pro吉川優品アンチグレアフィルムレビューの貼り付け後の状態と使用感

気になる吉川優品アンチグレアフィルムを貼り付けた後の「状態」「使用感」を順に確認します。

貼付け後の状態はサイズはちょうどのサイズ

吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムを貼った画面上半分

ガイド枠のおかげで1mmのズレもなくキレイに貼り付けることができています。

もっと寄ってみるとこんな感じ▼

吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムを貼った画面上半分もっと寄った状態

隙間は1mmもないほど、iPhoneにケースを付けた時に干渉しないように配慮されているので少し隙間があります。

吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムを貼った画面下半分

下部も同じく寸分のズレなしでキレイに貼り付け完了。

吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムを貼った画面下半分アップ

一昔前では考えられないくらい、びっちりキレイに仕上がっています。上部と同じくほんの僅かケースが干渉しない程度に隙間あり。

吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムを貼る

iPhone 13 Pro用のApple純正レザーケースに入れても干渉しないので、普通のケースであればフィルムと干渉せずに使用できます。

使用感は完全にトップクラス

吉川優品はサラッとツルッとが混合

指ざわりは「サラサラ」ですがNIMASOフィルムのサラサラ感とは異なり、「サラサラ」と「ツルツル」が合わさったかのような指ざわり。

角度の確認初期

ディスプレイの色味も損なわれていません。動画や写真をキレイに楽しめるのもいい感じ。

視野角も良好

角度の確認1
角度の確認2
角度の確認3
角度の確認5

上記の通り、一番倒した角度でもディスプレイが確認できますよね。

普通に見やすくて操作しやすい、さらに取り付けやすいフィルム=文句なしのフィルムです。

著者が絶大の信頼を寄せているNIMASOフィルムと比較

NIMASOフィルムのiPhone斜め画像電源入れた状態
落とした時に角にぶつけて割れたNIMASOフィルム

今回NIMASOフィルムをぶつけて割ってしまい、新たな挑戦ということで手に入れた「吉川優品」のアンチグレアフィルム。

手に入れる前の期待を大きく上回り大満足なのですが、よく当ブログでおすすめしているNIMASOフィルムと最後に比較しておきます。

指ざわりが異なる

吉川優品はサラッとツルッとが混合

吉川優品のアンチグレアフィルム

NIMASOのサラサラ

NIMASOのアンチグレアフィルム

どちらも操作性は抜群でiPhoneの反応がわるくなることはありません。

なので、どちらが優れているとかはなく好みの問題かな、と。

指ざわり

  • 吉川優品:サラサラとツルツルが混じったような感覚
  • NIMASO:サラサラのみの感覚

ディスプレイの反射・見やすさ

どちらもアンチグレアフィルムなので、光を反射させることなくどこでも画面を確認することができました。

またアンチグレアフィルム特有の「粗さ」は双方なく、どちらもストレスフリーで使用することが可能。

ただし、よりアンチグレア感(反射光を遮る)があるのはNIMASOフィルム

指紋はNIMASOの方が残る

NIMASOと吉川優品の指すべり具合
左:NIMASOアンチグレアフィルム(iPhone SE2)
右:吉川優品アンチグレアフィルム(iPhone 13 Pro)

力をそこそこいれて、指で100回くらいこすり続けた結果がこちら▼

フィルム比較
左:NIMASOアンチグレアフィルム(iPhone SE2)
右:吉川優品アンチグレアフィルム(iPhone 13 Pro)

これにはちょっと驚き。

NIMASOフィルムはボクのなかでは指紋がつきにくナンバーワンのフィルムだったのですが、吉川優品フィルムの指紋の残り方もほぼ変わらない感じ。

なんなら、吉川優品のほうが指紋が残りにくいのでは?って状況です。

NIMASOと吉川優品は結局どっちが良いのか【結論:好みの問題】

NIMASOと吉川優品どっちが良いのか

ぶっちゃけ、どっちを購入しても正解。なので下記を参考に。

項目吉川優品
アンチグレアフィルム
NIMASO
アンチグレアフィルム
画面反射しにくいほぼしない
指ざわりサラサラ+ツルツルサラサラ
貼り付けめちゃくちゃ貼りやすい貼りやすい
指紋残りにくい残りにくい

そして、ボクがこれまでNIMASOのフィルム良いよ!!って言い続けてきましたが

これからは吉川優品のフィルムもいいよ!って言うと思うので読者さんよろしくおねがいします。

iPhone 13 Pro吉川優品アンチグレアフィルム レビュー まとめ

iPhone 13 Pro吉川優品アンチグレアフィルム レビュー|最高品質のフィルムの仲間入り」について書きました。

吉川優品iPhone 13 Pro アンチグレアフィルムはiPhone13 Proのフィルムとして最高のイチ枚

かくして吉川優品のフィルムはボクの中ではiPhone用フィルムとして、最高の一枚となったわけです。

これからiPhoneを購入する方、もうiPhoneを持っている方も落とした時に画面が割れないようにフィルムは絶対に貼った方がよいです。

そして、あなたが今iPhone用のフィルムを探しているなら吉川優品のフィルムはおすすめできるので、ぜひ一度確認してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる