【レビュー】やっぱりNimaso!iPhone12シリーズ 強化ガラス保護フィルム(アンチグレアorグレア)

NIMASOはiphone12のベストガラス保護フィルムおすすめです!

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

iPhone12シリーズを購入したけど、どのフィルムがいいだろう?こんな悩み解決します。

この記事で分かること

  • iPhone12シリーズ(Pro)におすすめできる強化ガラス保護フィルム
  • Nimasoのガラスフィルムについて

ボクはiPhoneを購入するようになってから、始めのころは保護フィルムを貼るのが本当に苦手で嫌な作業でした。店員さんにサービス料を払って代行してもらえるサービスを利用してたくらいです。

ボクと同じ用に、iPhoneの保護フィルムを貼り付けるのが下手な方に朗報です。

本記事でご紹介する『Nsimaso』のiPhoneガラスフィルムで完璧にフィルムの貼り付け悩みを解決することが出来ます。

ボクは不器用で、昔はiPhone購入時によくフィルムの貼り付けミスをしていたけど、Nimasoの強化保護ガラスフィルムに出会ってからミス知らずです。

ボクのように不器用で、よく保護フィルムの貼り付けをミスする方は、ぜひ本記事『【レビュー】やっぱりNimaso!iPhone12シリーズ 強化ガラス保護フィルム(アンチグレアorグレア)』をお読みくださいね。

iPhone12シリーズ(Pro)
Nimaso強化ガラス保護フィルム

Good

・他社とくらべ圧倒的に貼りやすい

・保証が凄いのでミスしても安心

・アンチグレア・グレア共にクオリティが高い

・品質の割に価格が安い


Bad

・格安フィルムよりは高い

使用感
10
デザイン・質感
10
価格
9.5
オススメ度
10
目次

Nimasoの強化ガラス保護フィルムは信頼抜群!歴代iPhoneに使用

iPhoneを購入した時の長年の大きな不安の1つが『保護フィルム貼り』でした。

しかし、iPhone7のときから数年お世話になっていて抜群の信頼を寄せている保護フィルムがあります。それが本記事でもご紹介するNimasoの強化ガラス保護フィルムシートです。

Nimasoのガラスフィルムシートに出会ってから、めちゃくちゃキレイに保護フィルムを貼り付けることができるようになったんですよね。

直近でいうと、iPhoneSE2(2020)のガラスフィルムもNimasoのシートを購入しました。

本記事のグレアフィルム(光沢あり)ではなく、アンチグレアフィルム(光沢なし)のNimasoの保護ガラスフィルムを確認したい方は、iPhoneSE2(2020) Nimaso保護ガラスフィルムアンチグレア(光沢なし)をご覧ください。

iPhone12シリーズ(Pro)用のNIMASOの強化保護フィルムを貼る

実物と内容物の確認

iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレア中身の確認
左:Nimasoガラスフィルム 右:iPhone12(Pro)

中を開けていきますね。

iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレアの内容物すべて
内容物
  • 本体のNimaso強化保護ガラスフィルム×2枚
  • 取り扱い説明書
  • 貼り付けキット(黒色の袋)
  • 枠ガイド(水色の枠と白色の枠)

貼り付けキットの中身

iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレアの貼り付け道具一式
左のNIMASO黒い袋【貼り付けキット】の中身

貼り付けキットの黒い袋の中には「ウェットシート」「マイクロファイバークロス」「ダストステッカー」の3種類入っています。

フィルムの確認

iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレアのフィルム部分
カバーに入っています
取り出して傷なし
iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレアのフィルムノッチ周り
ノッチ周り
iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレアのフィルム本体下側
本体下側

強化ガラスフィルムで保護をするシートなので、若干厚みはあります。

フィルム貼る前にすること

白色のガイド枠裏をつける

iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレアの枠付
枠は簡単にハマる

白いガイド枠を背面に装着することにより、カメラ周りの保護と段差解消ができます。

横からみても枠レベルでツライチ

カメラの段差がなくなるためガタつかなくなるので、フィルムの貼り付けが簡単になる。

iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレアを貼り付ける時はウェットシートで貼り付ける

ウェットシートで拭いて、マイクロファイバークロスで拭き上げる。

iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレアのゴミ取りシールも使用する
裏のシートが剥がれる

ダストステッカーで微細なゴミも取る

水色のガイド枠表をつける

iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレアのガイド枠

水色のガイド枠をディスプレイ面につけて、ガラスフィルムを取り付ける最後の準備を行う。

こびぃ

Nimasoのフィルムを貼り付けるときにいつも思うけど、このガイド枠を開発してくれた人にマジで感謝やわ

このガイド枠のおかげで、iPhoneに保護ガラスフィルムを貼る時にずれて貼り付けることが全くなくなりました。

ガラスフィルムを水色のガイド枠の上部に「TOP」という文字があります。

iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレアのTOPを上にする

上部のTOPの枠合わせてガラスフィルムを置くような感じで貼るだけで、ズレることなく、まっすぐに簡単綺麗に貼り付けらることができます。

お風呂場や洗面台のような湿気が多いところだとホコリが舞っていないため、貼り付けやすいですよ!

フィルムシートを貼り付けて気泡を抜く

iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレアの枠に合わせる
枠に合わせてフィルムシートを貼り付ける

左のフィルムシートを上部より、「ペリッ」と剥がして水色の枠ガイド内にそっと置くだけできれいに貼り付けることが出来ます。本当にびっくりするくらい簡単に貼れますよ。

貼付け後は気泡を抜く

iPhone12シリーズ用のNimaso強化ガラス保護フィルムグレアを拭き取りながら気泡抜き

フィルムシートは枠に合わせて置くようにするだけで、簡単にまっすぐ貼り付けることができます。

気泡は若干はいりますが、付属のマイクロファイバークロスでほぼ抜くことが可能です。

気泡が入っていても、2.3日後に自然になくなります。

数年前iPhoneX購入時にNIMASOの強化保護ガラスフィルムを貼った時に、気泡が入ってしまったのですが、説明書通り数日後に気泡が勝手になくなりました。

iPhone12(Pro)用のNIMASOの強化保護フィルムを貼った後

前述までの流れでiPhone12ProにNIMASOのフィルムを貼ることができたので、貼った後を部分別に見てみますね。

全体

フィルムを貼り付けてガイド枠がついている状態

ガイドのおかげでズレなくまっすぐに貼り付けが可能です。

iPhone12(Pro)用のNIMASOの強化保護フィルムを貼った後の状態
フィルムを貼り付けてガイド枠をはずした状態

グレアフィルムって光を反射しやすいですが、iPhone12Pro用に購入したNimasoのグレアフィルムは反射しにくいです。

※アンチグレアフィルムも販売されています。

下部

フィルムを貼り付けてガイド枠がついている状態
iPhone12(Pro)用のNIMASOの強化保護フィルムを貼りおえた後の角部分
フィルムを貼り付けてガイド枠をはずした状態

iPhone12(Pro)は直近モデルの11やSE2とは異なり、4や5のような角張ったデザインです。

フィルムも角張りに対応している形状です。

上部

フィルムを貼り付けてガイド枠がついている状態
iPhone12(Pro)用のNIMASOの強化保護フィルムを貼り終えた後のボタン周り
フィルムを貼り付けてガイド枠をはずした状態

全体的にかなりきれいに貼ることができていることがわかると思います。

「いやいや、それは貼るのが上手なんだよ!!」と思う方がいるかもしれませんが、ボクは貼るのがめちゃくちゃ下手なんです。

Nimasoの強化保護ガラスフィルムは貼りやすいのと、ガイド枠がついている&貼りミスはメーカー保証つきというメンタルまで支えられることから、貼りミスを防ぐことができます。

Nimaso以外のガラスフィルムは今でも貼りミスをする自信があります笑

グレアフィルム(光沢あり)だが画面に嫌な光の反射はない

iPhone12シリーズ(Pro)用のNIMASOグレアフィルムは光の反射はしにくい
蛍光灯下でも画像の通り、反射がわかりにくい

グレアフィルム(光沢あり)はその特徴から、写真や動画含む画面がクリアで綺麗に見ることができるメリットの反面、蛍光灯下や太陽光下では反射しすぎて画面が見づらいというデメリットがあります。

しかし、上画像の通りNimasoのグレアフィルム(光沢あり)は画面がクリアで綺麗に見えるメリットはそのままで、光の反射は極力抑えられています。

さらに、指紋も通常のグレアフィルム(光沢あり)より抑えられているので機能面・実用性面が抜群に良いです。

NIMASOは『保証がすごい』もしフィルム貼りをミスしても大丈夫

商品に同封されているカスタマーサポートです。

iPhone12Pro用の Nimaso保護ガラスフィルム(アンチグレアor光沢)は保証期間が36ヶ月

おわかりでしょうか。NIMASOフィルムの凄さとおすすめできる大きな理由の1つは、この保証内容です。

36ヶ月間という長期期間もさることながら、一番は3.補償範囲の凄さです。

  • 気泡
  • 浮き
  • ホコリの侵入
  • 自然破損

上記これらすべてが保証してもらえるガラスフィルムは利益度外視しているといっても良いレベルではないでしょうか。裏を返せば、それだけ貼りやすさ品質に自信があるということが伺いしれます。

最初から複数枚の購入でもあるので、そもそも貼りミスをしたとしても複数枚あればカバーできるという『強化保護ガラスフィルム』の貼りミスをした人のトラウマを解消してくれるサービスばかりが目立ちます笑

この保証のおかげで、貼り付けるときにメンタル面をサポートしてもらえますよ笑

こびぃ

やっぱりこれからもNIMASO一本だわ…

iPhone12シリーズ(Pro)用のNIMASOの強化保護フィルムの使用感

Nimasoおすすめポイント
  • 企業姿勢が素晴らしい商品
  • どこよりも貼りやすいフィルム
  • 硬度9Hで傷が入りにくい
  • 高透過率を持つ極薄ガラスフィルム
  • 高耐久撥油コーティングが施されグレアでもサラサラ質感
  • 防汚コートのおかげで指紋が残りにくい
  • ガラスフィルムながら薄型なのでケースに干渉しない

やっぱりNIMASOの強化保護ガラスフィルムは最高です!もうほかのフィルムに浮気しません!

iPhone12Proにグレアフィルム(光沢あり)を貼りましたが、iPhoneSE用に貼り付けたアンチグレアフィルム(光沢なし)も同等品質でハイクオリティなので、おすすめです。

こびぃ

iPhoneSE2(2020)には、NIMASOのグレアフィルム(光沢あり)を購入して貼ったよ!こっちも最高だね!

Nimasoのガラスフィルム+iPhone12Proケースの使用感

iphone12pro純正クリアケース

NimasoのガラスフィルムにiPhone12Pro用のApple純正クリアケースを合わせた状態と何もケースをつけていないiPhone12Proの状態を比較してみます。

音量ボタン/ノッチ側

Nimasoのガラスフィルムを着けた後の本体裸
Nimasoフィルムのみ
Nimasoのガラスフィルム+iPhone12Proケースの使用感
Nimasoフィルム+iPhone12Pro純正クリアケース

上記の中では、やはり裸だとガラスフィルムが丸出しなので、落下時などは少々怖いですが、Apple純正クリアケースは枠が画面より高い位置になるので、落下時も安心ですね。

SIMカード/下部側

Nimasoのガラスフィルムを着けた後の本体裸下部
Nimasoフィルムのみ
Nimasoのガラスフィルム+iPhone12Proケースの使用感下部
Nimasoフィルム+iPhone12純正クリアケース

前述の音量ボタン周りと同等の感じです。

Apple純正クリアケースはガラスフィルムとの干渉が全くないため、使用感は全く問題ありません。

ボクは基本的にはアンチグレアフィルム(光沢なし)が好きなのですが、iPhone12をグレアフィルム(光沢あり)にした理由は「写真をきれいに取りたいから」です。

アンチグレアとグレアフィルムは一長一短で、どちらが良い!などはありませんので、下記の表を見比べてNIMASOのフィルムを購入してみてくださいね。今のとろこ本当にNIMASOの強化保護ガラスフィルム以外は考えられません。

グレアフィルムとアンチグレアフィルムはどっちが良いか

画像比較

iPhoneSE2と12(Pro)用のNIMASOの強化保護フィルムアンチグレアとグレア違い1
左:iPhone12Pro×グレア 右:iPhoneSE2×アンチグレア

画面を消している状態だと透明度の違いがわかりやすいですね。当然、グレアフィルム(光沢あり)のほうがクリアな状態に見えます。

iPhoneSE2と12(Pro)用のNIMASOの強化保護フィルムアンチグレアとグレア違い2
左:iPhone12Pro×グレア 右:iPhoneSE2×アンチグレア
風景の反射
iPhoneSE2と12(Pro)用のNIMASOの強化保護フィルムアンチグレアとグレア違い3
左:iPhone12Pro×グレア 右:iPhoneSE2×アンチグレア
光の反射

光の反射はNimasoのグレアケース(光沢あり)が反射しにくい作りとはいえ、アンチグレアには劣りますね。SE2に貼り付けているアンチグレアは昼間の外出時でもディスプレイがかなり見やすいです。

グレアフィルムとアンチグレアフィルムのメリット/デメリット

保護フィルムのタイプメリットデメリット
アンチグレアフィルム
光沢なし
太陽光や蛍光灯などの光の反射を抑える
さらさらで操作しやすい
透明感が足りない
画像や写真の色味が実物と異なる
グレアフィルム
光沢あり
透明でクリア
画像や写真がきれい
太陽光や蛍光灯下では反射する
指紋が付着しやすいフィルムが多い

グレアもアンチグレアも一長一短なので、ご自身の好みに合わせてくださいね。

ちなみにNIMASOの特徴の1つにグレアフィルム(光沢あり)でも指紋が付着しにくい加工がほどこされているため、指紋がつきにくいです。

上記の点はグレアフィルム(光沢あり)が好きな方はかなり嬉しい品質のフィルムだと思います。

最後に:iPhoneの保護ガラスフィルムはこれからもNimasoで間違いなし

iPhone12シリーズ(Pro)
Nimaso強化ガラス保護フィルム

Good

・他社とくらべ圧倒的に貼りやすい

・保証が凄いのでミスしても安心

・アンチグレア・グレア共にクオリティが高い

・品質の割に価格が安い


Bad

・格安フィルムよりは高い

使用感
10
デザイン・質感
10
価格
9.5
オススメ度
10

これはiphone12シリーズ(mini・無印・Pro・ProMax)だけに言えることではなく、全iPhoneユーザーにガラスフィルムでおすすめするならボクはNimaso一択と伝えます。

本当にきれいに貼り付けることができ、性能もよいため満足すること間違いなし!グレアもアンチグレアも指紋がつきにくいため、ストレスフリーでiPhoneライフが楽しめます。

今から、iPhoneの強化保護ガラスフィルムの購入を検討する方は、騙されたと思ってぜひNimasoのガラスフィルムを購入してみてください!自信をもっておすすめできます。

本記事のグレアフィルム(光沢あり)ではなく、アンチグレアフィルム(光沢なし)のNimasoの保護ガラスフィルムを確認したい方は、iPhoneSE2(2020) Nimaso保護ガラスフィルムアンチグレア(光沢なし)をご覧ください。

NIMASOはiphone12のベストガラス保護フィルムおすすめです!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる