【レビュー】Apple純正クリアケース MagSafe対応『iPhone12シリーズ(mini.無印.Pro.Max)』

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

iPhone12シリーズを購入したけど、ケースはどうしよう?Apple純正クリアケースは実際どう?こんな悩み解決します。

この記事で分かること

  • iPhone12シリーズ(Pro)のMagSafe対応 Apple純正のクリアケースのこと

ボクは初めてiPhoneを購入した時に、初めて購入したケースがクリアケースでした。当時はApple純正のクリアケースがなかったため、サードパーティー製のモノを使用していましたね。

当時は、あまり満足行くクリアケースに出会うことができなかったので、長らくクリアケースを避けてきましたが、今回iPhone12Pro購入と同時にApple純正クリアケースを購入してみたので、実際はどうなのかレビューをあげますね。

Apple純正のMagSafe対応のクリアケースを購入するか迷っている方は、ぜひ本記事『【レビュー】Apple純正クリアケース MagSafe対応 iPhone12シリーズ(mini.無印.Pro.Max)』を最後までお付き合いください。

本記事のレビューでは、iPhone12シリーズのProと無印用のクリアケースをご紹介します。miniやProMaxも基本構造は同じなので、参考にしてください。

Apple純正クリアケース MagSafe対応『iPhone12(Pro)』ポイント
  • 価格:5,500円(税別)
  • 透明度の高いポリカーボネート
  • ボタン周りはTPU素材で柔らかい
  • 内外ともに傷に強いコーティング&黄ばみ防止
  • 数少ないMagSafe対応
  • ワイヤレス充電がずれずに可能

iPhone12シリーズ(Pro)
Apple純正MagSafe対応クリアケース

Good

・数少ないMagSafe対応

・クリア純度が高いので綺麗

・肉厚なので強度あり

・Apple純正の安心感


Bad

・サードパーティー製のクリアケースより高い

・消音ボタンがやや切り替えづらい

・MagSafeのデザインが独特

使用感
8.5
デザイン・質感
8
価格
7
オススメ度
8
目次

iPhone12シリーズ(Pro・無印・mini)MagSafe対応アップル純正クリアケース

iPhone12シリーズ(Pro・無印・mini)MagSafe対応アップル純正クリアケース

Apple歴が10年以上ありますが、Apple純正のクリアケースを購入するのが初めてです。

理由は、Apple純正のクリアケース自体がiPhoneXRから採用されているためまだ歴が浅いこと。

過去に、サードパーティー性のクリアケースを使用していたことがありますが、ボタン周りが使用しにくかったり、すぐに黄ばんだりと中々よいケースに巡り会えた記憶がありません。

今回iPhone12シリーズの販売と同時に発売されたクリアケースから、MagSafe対応型になっており、リンゴマーク型にマグネットが内蔵されている特殊構造のクリアケースです。

iPhone12シリーズ(Pro・無印・mini)MagSafe対応アップル純正クリアケース

Apple純正iPhone12『Pro・無印』クリアケース本体開封

iPhone12シリーズ(Pro・無印・mini)MagSafe対応アップル純正クリアケース外箱

いつものAppleらしさが詰まった重厚感のあるパッケージ。iPhone12などのスマホ本体購入時のエンボス加工は特になく、プリント加工です。

iPhone12シリーズ(Pro・無印・mini)MagSafe対応アップル純正クリアケース本体のみ

iPhone12無印とProは6.1インチの同サイズなので、どちらにも対応しているクリアケースです。指紋はつきにくくはないので、その辺が使用していて気になる人はなりそうです。

MagSafeのデザイン部分はさておき、ケース全体を見て触った感じは、さすがはApple純正のケース!という印象。

めちゃくちゃクリア純度が高いので美しい透明度。かつ、妖麗なツヤを感じます。

こびぃ

ツヤツヤですが、手に持つと滑りやすいわけではなく、手に馴染みやすい肌感やわ〜

ケース自体は薄さで攻めておらず、やや肉厚で硬+柔のような感触。硬と柔は、まさに矛と盾の関係で、本来は相容れない関係なのですが、なんというかどちらも感じるんですよね。硬も柔も混在している不思議な感触です。

MagSafe部分

iPhone12シリーズ(Pro・無印・mini)MagSafe対応アップル純正クリアケースマグネット部分

ケース内側のMagSafeマグネット部分には、取り扱い表示やシリアル番号の表記があります。Appleサポートセンターに問い合わせするときに必須になりそうですね。

MagSafe対応『iPhone12Pro・iPhone12』Apple純正クリアケース音量ボタン側からはめ込む

本体をケースにはめ込む時は、本体左側の音量ボタンとマナー(消音)ボタンがある方向から、はめ込むとスムーズにケースインすることができます。

iPhone12ProとMagSage接続
ケースをはめるとMagSafeシステムのマークがでる

ケースにはめ込むと同時に、MagSafeのシステムが反応する画面が上画像の通り表示されます。

純正クリアケース装着後の全体外観

MagSafe対応『iPhone12Pro・iPhone12』Apple純正クリアケース本体と装着後

製品仕様では『透明度の高いポリカーボネートと柔軟性がある素材を組み合わせた設計』と表記されているのですが、説明通り透明性が強く本体デザインを損ないません。

やはりクリアケースの一番のメリットは、iPhone本体カラーをそのまま楽しむことができることですよね。

MagSafeを規格通りに使用できるクリアケースはApple純正のみの状態なので、MagSafeを活用したくてクリアケースを利用したいなら現状はApple純正クリアケース一択の状態です。

MagSafe対応『iPhone12Pro・iPhone12』Apple純正クリアケース本体装着後のマグネット部分のアップ画像
背面マグセーフ部分
iPhone12Proクリアケースカメラ周り
カメラ周り
iPhone12Proクリアケース カメラ周り横から
真横から

透明性が高く、本体デザインを損なわないと言っても、MagSafe部分のリンゴマークは賛否両論分かれそうですね。とはいえ、今MagSafeを通常通り使用するためにはApple純正ケースしかまだ無理なんですよね。

コビロボ

Apple純正ケースはレザーとシリコンもあるけど、レザーはMagSafeの痕がつくからNGみたいだネ。シリコンケースかクリアケースの2択ってことだネ。

Apple純正クリアケースにMagSafe装着をして磁気強度も見てみる

iPhone12ProApple純正クリアケースにMagSafeをとりつける
近づけると勝手に装着されます

MagSafeがしっかり付いていることを確認したあとに、コード部分だけ持ってみても本体から外れることがないほど強めに密着いています。あまりコード部分だけを持って取り外しをすると根本がすぐにダメになりそうです…

iphone12proと純正クリアケースにマグセーフをつけてみた
立体リンゴのような虫めがねのような…

このデザインは本当に好き嫌いが分かれそうです笑

MagSafe装着時は本体から『充電音』が鳴り『振動』があります。クリアケースではなく、純正シリコンケースも同様の反応があります。

ケース装着後のボタン周り

おMagSafe対応『iPhone12Pro・iPhone12』Apple純正クリアケース装着後の音量ボタン周り
金色が光輝くほど、クリア純度が高いケースです

音量スイッチの押しにくいとは感じませんが、正直押した感覚がわかりにくいです。

消音スイッチはやや深めにアプローチが必要なので、若干爪を立てるイメージで操作が必要です。

MagSafe対応『iPhone12Pro・iPhone12』Apple純正クリアケース本体装着後の電源ボタン周り
ボタン周りはジャストサイズ

電源ボタンも音量ボタン同様に,押しにくいとは感じませんが、押した感覚がわかりにくいです。

ボタン周りの押した感覚がわかりにくいことと、消音スイッチに深めのアプローチが必要なのは、正直言って欠点(デメリット)ですね。

Apple純正のクリアケースは、全体部分はポリカーボネートですが、ボタン周りは少し柔らかい素材のTPU素材です。

ケース装着後のコネクト周り・ノッチ周り

MagSafe対応『iPhone12Pro・iPhone12』Apple純正クリアケースLightning周り

いつもの純正ケース同様、音声部分とコネクト部分の開口が広くつくられており、Amazon製のLightning端子のように太めのケーブルも装着可能な作りです。

MagSafe対応『iPhone12Pro・iPhone12』Apple純正クリアケース本体装着電源周り近くから

また段差もディスプレイ面ともレベル(段差)が異なるため、落下じもある程度画面割れを防ぐ事が可能です。

ノッチ周りもコネクト周り同様に、ディスプレイス面との境目がしっかりあるため、衝撃には強い作りになっており、安全に使用することができます。

こびぃ

近くでみると、ケースに結構厚みがあることがわかるね!

薄いケースでおしゃれで耐久性が高いケースを求めている方は、スーパー繊維のアラミド繊維を素材に使用していて人気のPITAKAケースをオススメします。

アップル純正ケースより薄くて丈夫でオシャレケースのPITAKA

MagSafe対応『iPhone12Pro・iPhone12』Apple純正クリアケース同じマグネット系はPITAKA
PITAKAシリーズと並べても違和感はない

AirPodsProとiPhoneSE2(2020)はPITAKAケースで揃えているので、気分によって色々変えています。

iPhone SE2(2020)用【レビュー】PITAKA MagEZ ケース電源側

上画像は、スーパー繊維のアラミド繊維でApple製品ではおなじみのPITAKAのiPhoneSE2ケースです。

iPhone12シリーズ用のPITAKAケースも発売されているため、薄くて上部なケースでおしゃれかっこいいケースを求めている方には、もってこいのケースです。

iPhoneSE2ケース
PITAKA MagEZ Case

Good

高級感がある

薄い・軽い・丈夫

他製品と親和性が高い

手にすいつくフィット感


Bad

安くはない

ディスプレイ面と同じ高さ

使用感
9
デザイン・質感
10
価格
6
オススメ度
9

まとめ:Apple純正クリアケースは見た目以外は大衆から高評価を得るはず

各Apple製品との相性は抜群

iPhone12シリーズ(mini・無印・Pro・ProMax)では、iPhone6より長らく続いていた丸みのあるラウンドフォルムからiPhone5以来の角張ったソリッドフォルムに戻りましたが、なぜか新鮮味を感じます。

個人的には、角張りフォルムの方がビジュアルがシャープに感じるので好きですね!そしてクリアケースなら、この良さが遺憾なく発揮されているのが画像からもわかるかと思います。

MagSafe部分の丸いリンゴデザインは、賛否両論あるところですがその部分以外は、差別化しにくいクリアケースですが『さすがApple純正』という業が随所にみられるので、買って損はしていないです。

では、最後にポイントを振り返りっておきます。

Apple純正クリアケース MagSafe対応『iPhone12(Pro)』ポイント
  • 価格:5,500円(税別)
  • 透明度の高いポリカーボネート
  • ボタン周りはTPU素材で柔らかい
  • 内外ともに傷に強いコーティング&黄ばみ防止
  • 数少ないMagSafe対応
  • ワイヤレス充電がずれずに可能

iPhone12シリーズ(Pro)
Apple純正MagSafe対応クリアケース

Good

・数少ないMagSafe対応

・クリア純度が高いので綺麗

・肉厚なので強度あり

・Apple純正の安心感


Bad

・サードパーティー製のクリアケースより高い

・消音ボタンがやや切り替えづらい

・MagSafeのデザインが独特

使用感
8.5
デザイン・質感
8
価格
7
オススメ度
8

MagSafe充電器はこちら▼

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入しよう!

Amazonで欲しいモノを購入する時に普通に買い物をすると損をするので、Amazonギフト券をチャージ>通常通り欲しい物を購入する。

上記の手順でギフト券をチャージしてからAmazonで買い物すると最大2.5%ポイント還元でお得になります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる