【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチ レビュー|IPSパネルのモバイルディスプレイで他人数ゲームや会議でも使いやすい

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチとMacBook Proレビュー

この記事でわかること

  • InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチ【INVPM406】の使用感・レビュー
  • MacBookなどのサブディスプレイとしてコスパ抜群の外部モニター
  • ニンテンドースイッチを接続して画面投影できるモバイルモニター

MacBookなどのラップトップを使用していると、「もう少し画面を拡張したい」

このようなことありませんか?

本記事で紹介する【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチが1つあれば、外部ディスプレイとして拡張できることはもちろん、ニンテンドースイッチの大画面外部モニターとしても使用することができます。

MacBook Proとモニター
左:【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチ
右:MacBook Proとモニター

MacBookのサブディスプレイといっても、15.8インチあるので、実質メインモニターのような大きさ。

これまでディスプレイ1つで作業していたなら、このモニター1つ手に入れると人生変わるくらい、作業効率化を図ることができます。

しかも、知識がなくてもケーブル一本で簡単に接続でき、約20,000円というコスパも最強クラスのモニター。

現環境を改善したい人はぜひ最後までみてくださいね。

では、InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチ レビューをかいていきます。

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチ
総合評価
( 4 )
メリット
  • 思った以上にディスプレイがキレイ
  • 使いやすい15.8インチモニター
  • 持ち運びやすい・収納しやすい薄型設計
  • USB-Cケーブル一本でつなぐことが可能
  • 接続デバイスから給電できる
デメリット
  • 700gはやや重たい
  • スタンドがやや使いにくい
  • スピーカーはおまけ程度で考えた方がいい
目次

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチの基本情報

sRGB80%のカバー率を誇るInnoView ‎モバイルモニター15.8インチの「INVPM406」の特徴・スペックから見ていきます。

特徴

特徴
  • フルHD1080P(1920×1080)
  • IPSパネルで178°広視野
  • デュアルスピーカー内蔵
  • 色域カバー率80%sRGBで鮮やか
  • 左右上ベゼルが薄い15.8インチディスプレイ

lnnoViewモニターの中では、上位クラスのモニターが本機の「INVPM406」です。

モバイルモニターとして必要なスペックを備えており、端子もHDMIとUSB-Cを使い分けることができるため、状況に応じてモニターへ投影しやすいです。

ビジネスや趣味のPC操作時の第2のモニターとして、活かしやすい特徴を持っています。

こびぃ

ポートが豊富だと持ち運び時にも柔軟に対応しやすいね!

またスピーカーも搭載しているため。本機INVPM406と必要ケーブルさえあれば、車内や旅行、お出かけ時にニンテンドースイッチを持ち運んだり映画をつないで楽しめます。

スペック

項目詳細
モデル型番INVPM406
ディスプレイサイズ15.8インチ
アスペクト比16:9
液晶パネルIPS
解像度フルHD1080P
1920 x 1080
Type-C規格Thunderbolt 3インターフェイスプロトコル
又は
USB 3.1 gen2プロトコルをサポート必要
インチ毎ピクセル137.68
最大表示色1670万色
輝度300 cd/m²
水平視野角178°
コントラスト比1000:1
リフレッシュレート60Hz
サウンド出力デュアルスピーカー
3.5mmオーディオジャック搭載
消費電力18 W(最大)
12 W(最小)
端子Type-C×2
miniHDMI×1
サイズ36.7×22.4×0.93cm(幅x高さx厚さ)
重量780g
価格約20,980円

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチ開封レビュー

フルHD出力が可能な【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチをレビューしていきます。

パッケージ/付属品

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチパッケージ

薄型厚紙ベースのパッケージ。

パッケージに表示されているモニター画面はmacOS Sierraの壁紙を彷彿させる粉がドカンとなっている映像が映し出されています。

これはAppleユーザーはいちいち反応しちゃうやつ。

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチ付属品も充実

梱包は非常に丁寧で、上下に分厚い緩衝材がはいっていて、モニターをガッチリ保護してくれています。

付属品は充実しています。

取説は日本語対応

取り扱い説明書は日本語対応。

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチケーブル3本

ケーブルは3種類入っているため、買ってすぐにMacBookやスイッチなどに接続して使用することが可能。

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチの同梱品
付属品
  • 【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチ本体×1
  • 電源アダプター
  • ケーブル3種(USB-C to USB-C・HDMI to miniHDMI・USB-A to USB-C)
  • 日本語取扱説明書

外観デザイン

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチのケースとほんt内

スタンドとケース一体型のカバーにモニターが包まれた状態で入っています。

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチとモニター本体
【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチベゼルはやっぱり太い

全体はシックなブラックカラー。

モニター上部ベゼルはせまい
ベゼル薄くていい感じ!

モバイルモニターに多い、下部のベゼルが厚めで左右上は薄ベゼル。

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチベゼルはやっぱり太い

MacBookと同等のベゼルの薄さなのでスタイリッシュですね。下部 ベゼルの厚みはやっぱり気になるけども。

モニターボタン部分

モニター左側に、3.5mmのイヤホンジャック、モニター設定スイッチがあります。

モニターポート部分

端子は右側側面に備わっています。

ポート
  • USB-C×2(Thunderbolt 3)
  • miniHDMI×1

USB-CはThunderbolt 3対応で、ケーブル1本で接続ができるのも嬉しいポイント。

もちろん外部モニター出力はHDMIでも大丈夫です。

モニターはスタンドつき

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチモニター本体

モニターはスタンドつきというか、カバーがスタンド兼用になっているタイプです。

カバーを開けて折り紙のように折るだけで、ものの1〜2病でスタンド形状にすることができます。

スタンド
スタンド浅め

スタンドは浅めと深めで設定できます。このタイプはモバイルモニターの主流です。

ハイエンドモデルに搭載されていることが多い、無段階調節ができれば最高だった。

逆側のモニター底面にも滑り止めあり

スタンド時に安定する理由は、モニター下部にシリコンタイプの滑り止めが両端に備わっているため。

使用しないときはスタンドがカバーになって収納できる

ケース兼スタンド

スタンドを使用しない場合は、背面にぐるっとまいて、モニターケースのようになります。

バッグにも収納しやすい
バッグへ収納
書棚にも収納できる
書棚へ収納
棚に収納可能
狭い隙間へスッポリ
Satechiのスタンド
MacBookスタンド
MacBookスタンドにも収納可能
MacBookスタンドにも立て掛けできる

バッグに収納して持ち運んだり、書棚の隙間にスッと収納したり、MacBookの立てかけスタンドのような場所にノートPCと一緒に収納もできます。

接続方法

モニターポート部分

外部モニターとして出力する場合は、モニター右側のポートと「USB-C」もしくは「ミニHDMI」と接続を行います。

MacBookなどノートPCと接続可能

USB-CケーブルでMacBook Proと接続できる
MacBook Proと電源入れたモニター

ケーブル一本でMacBookとつなぐことができます。自宅ならMacBook充電器と接続しながらモニターへも給電できる仕様。

モバイルバッテリーあればオッケイ

外出先なら、MacBookモバイルバッテリーのような持ち運び型の20,000mAh以上の大容量モバイルバッテリーを持ち運べばOKです!

ニンテンドースイッチなどのゲーム機も接続可能

ニンテンドースイッチも遊べる

リビングなどでテレビが使えない。でも小さい画面じゃなくて大きな画面でゲームをしたい!家族で住んでいるとこういうシチュエーション多くないですか?

本機のようなモバイルモニターがあればニンテンドースイッチの画面すら投影できるので、上記のようなシチュエーションを解決することができます。

自分の部屋にこもってこのモニターでゲームをつないで遊ぶとちょっとロマンを感じて、いつも以上に楽しく感じますよ!

ボタン操作性

モニター左にボタン有り

ボタンはディスプレイ左側にあります。

上下で音量調整

音量ボタンは側面ボタンを上下にクリクリ回すだけで調節できます。この直感的な操作が最高。

明るさなどを変更

ボタンを押し込むと、明るさや色、オーディオなどを設定できます。いやぁめちゃくちゃ使いやすい。

よくある外部モニターよりも操作しやすいので、物理ボタンもよく考えられていますね。

本機は、専用アプリ等はないので、別デバイスから制御/コントロールすることはできません。

こびぃ

市場にあるモバイルモニターはこのアプリ対応をしていないものばかりなので、今後でてくるとより利便性が高まり需要もあがりそう。

サイズ/重量

【INVPM406】InnoView _モバイルモニター15.8 インチとケース

ディスプレイサイズは15.8インチ。本体サイズは、36.7×22.4×0.93cmです。思った以上に薄型なので、かさばらないのが嬉しいポイント。

薄いと手で持つ時も持ちやすいです。

ケース込の重量
ケースあり
モニターのみの重量
ケースなし

重量はそこそこあって、約780g(実測762g)です。

iPad Pro 12. 9インチが、約680gなので普段iPadを使っている人も、これ以上軽くなると外出時の持ち運びでより棲み分けできそう。

サイズ/重量
  • サイズ:36.7×22.4×0.93cm
  • 重量:780g

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチの良かった点・気になった点

本機【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8インチモデルの良かった点と気になった点をまとめました。

良かった点

メリット
  • 思った以上にディスプレイがキレイ
  • 使いやすい15.8インチモニター
  • 持ち運びやすい・収納しやすい薄型設計
  • USB-Cケーブル一本でつなぐことが可能
  • 接続デバイスから給電できる

思った以上にディスプレイがキレイ

MacBook Proと比較してもベゼルの厚みは変わらないくらい
左:InnoView ‎モバイルモニター
右:M1 Pro MacBook Pro

フルHDと聞くと普段4Kモニターを使用していると、「んー画質とか大丈夫かな?」と心配になると思いますが、普通に色鮮やかにモニターへ画像・映像が映し出されます。

MacBook Proとモニタ−画質比較
奥:M1 Pro MacBook Pro
手前:InnoView ‎モバイルモニター

超高画質の据え置き外部モニターやRetina搭載のMacBookと比較するとそりゃ粗さはありますが、モバイルモニターとしての用途を考えると十分でした。

使いやすい15.8インチモニター

MacBookと並べた画像

ビジネスや趣味用として、Apple好きならMacBook Air/Proを使用している人も多いと思うのですが、iPadをサブディスプレイにする人も多いでしょう。

ただ、iPadをサブディスプレイにした問題点、そうディスプレイが小さいんですよね。

作業領域はiPadよりMacBook
左:iPad Air
右:M! Pro MacBook Pro

ボクのようにすこしでも大きな画面でPC作業をしたい!みたいな人はiPad Proとの3インチの差は、魅力しかないしやっぱり大きいモニターは正義でした。

作業するにも便利

MacBook Proよりも大きなディスプレイをサブとして使用できるので、外出時なんかは作業スピードが爆速になります。

持ち運びやすい・収納しやすい薄型設計

モニタ−自体の厚みは1cmを切る0.93cm。まぁこのサイズだとうわ!邪魔だな!みたいな厚みに感じる人はほぼいないでしょう。

実際に使用してもうっすいなぁって感想しかないので、この薄さだと余程の理由がない限り持ち運びと収納する場所に困ることがありません。

Satechi iPadデスクトップアルミスタンドを何も乗せていない状態

ちなみに薄型タイプなので、iPadスタンドのようなスタンドにおいて使用できるので、自宅・外出使用時に助かる場面も多いです。

USB-Cケーブル一本でつなぐことが可能

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチをUSB-CケーブルでMacBook Proとつなげる
付属のケーブルでOK

モバイルモニターでUSB-Cを使用できないモニターもあるし、本機はHDMIも備えているのでUSB-Cじゃなくても接続できます。

端子周りは多いほど柔軟に対応できますからね。

接続デバイスから一応給電できる

付属のじゅうでんき
付属の充電器から給電

MacBookと接続する時にモニターは基本付属品のアダプターから給電しながら使用を前提としています。

充電器を接続しなくとも、臨時的に使用は可能。

ただし、PC自分の電力が下がるに連れて、モニターに転送の電力も下がるため、普段は充電器を差し込んで使用する必要ありです。

れて、モニターに転送の電力も下がります。付属品のアタブターでモニターに給電する事をお勧め致します。

気になった点

デメリット
  • 700gはやや重たい
  • スタンドがやや使いにくい
  • スピーカーはおまけ程度で考えた方がいい

700gはやや重たい

その他のモバイルモニターと比較
左側がこれまで使用していたモバイルモニター

ボクがずっと2年くらい使用しているEVICIVのモバイルモニター(主に外出時)ですが、100gほど軽いです。

ただディスプレイサイズが0.2インチ小さい15.6インチですからサイズと重量はトレードオフですね。

モニターの100gの違いは結構ズッシリきます。

InnoView ‎モバイルモニターの大きなディスプレイ15.8インチサイズで600g台だったら持ち運びもよりラクになるのであと100g軽かったらうれしかったなぁというのが素直な感想。

スタンドがやや使いにくい

スタンドはやや使いにくい

付属のスタンドはカバー一体型になっているため、やや調節しにくくなっています。

モニター自体が無段階調節タイプになっていれば文句なしでした。

スピーカーはおまけ程度で考えた方がいい

デュアルスピーカー搭載で、モニターのスピーカーとしては及第点でしょうが、音質のこだわりがある人は物足りなさを感じます。

実際に映画を見る場合などは迫力にかけ、没入できません。

Anker SoundCore 3のようなコンンパクトスピーカーでも良いので、少しでも音を楽しみたいなら別途スピーカーを準備したほうがよいですね。

関連 【レビュー】Anker SoundCore 3 モンスタースピーカー

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチがおすすめの人・おすすめできない人

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチはメリットが多いモバイルモニターでしたが、おすすめできない人もいるので、おすすめの人と合わせて紹介します。

おすすめの人
おすすめできない人
  • 大画面サブディスプレイが欲しい
  • コスパが良いモニターが欲しい
  • おまけ程度でもスピーカー搭載型がいい
  • 持ち運びやすい薄型モニターが好み
  • バッテリー内蔵タイプが欲しい
  • 4Kモニターを求めてる
  • 高リフレッシュレートが良い
  • 超軽量モデルが良い

本機はフルHDながら、色再現域 sRGB80%のカバー率を誇るため、きれいに投影されるディスプレイです。

また割引クーポンを発行していることも多いため、2万円をきって1万円台で購入できることが可能。1万円台と考えると非常にコスパに優れたモニターと言えます。

エントリーモデル・ミドルレンジの中間に位置する本機は、良くも悪くもバランス型モニター。

  • 4K
  • タッチパネル
  • 高リフレッシュレート

上記のようになにか突き抜けたスペックがあるわけではありません。高スペックを求めるなら同社の‎INVPM004-10Sがおすすめですよ。

InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチレビュー【まとめ】

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチ
総合評価
( 4 )
メリット
  • 思った以上にディスプレイがキレイ
  • 使いやすい15.8インチモニター
  • 持ち運びやすい・収納しやすい薄型設計
  • USB-Cケーブル一本でつなぐことが可能
  • 接続デバイスから給電できる
デメリット
  • 700gはやや重たい
  • スタンドがやや使いにくい
  • スピーカーはおまけ程度で考えた方がいい

InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチ レビューでした!

興味があればチェックしてくださいね!ではまた!

【INVPM406】InnoView ‎モバイルモニター15.8 インチとMacBook Proレビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次