最大7.5W!HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack レビュー|マグネットワイヤレスモバイルバッテリー

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packのアイキャッチ

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packについて
  • iPhoneのMagSafeに対応の最大7.5Wワイヤレス充電ができるモバイルバッテリーのこと

iPhone12シリーズから、実装されたMagSafe。

このMagSafe対応型のモバイルバッテリーは、未だに信頼のおけるメーカーからのラインナップが乏しいですよね。

最近はようやく、大手のAnker社からPowerCore Magnetic 5000が登場しましたが、欠点がありました。

そう出力が最大5Wというやや非力・・・・と言わざるをえないパワー。

この非力をカバーして登場した本製品の「HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack」は、7.5Wの出力

こびぃ

最近は各社が、Ankerさんよりちょっと言い性能を出す!みたいな傾向があるから、業界が活性することはイチ消費者としては喜ばしいこと!

MagSafe対応のiPhoneにピタッとくっつけるだけで、即充電開始!

ケーブルを出す動作も不要で、なんのストレスも感じずラクに7.5W充電ができます。

では、本記事「最大7.5W!HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack レビュー|マグネットワイヤレスモバイルバッテリー」について書いていきます。

HyperJuice Magnetic
Wireless Battery Packはこんな方におすすめ
  • MagSageのマグネット対応のモバイルバッテリーが欲しい
  • iPhoneにモバイルバッテリーをピタッとつけてラクに充電したい
  • 7.5W出力のMagSafeモバイルバッテリーが欲しい
  • パススルー充電機能が欲しい
  • 充電速度が遅くても良い

個人的には本製品をあまりおすすめできません。理由は下記の通り。

「ほんまに?」って思うレベルで充電速度が遅いからです。

こびぃ

一部のユーチューバーが絶賛していたから買ってみたけど、これ普通にキツイ充電速度…ゴメン倉庫いきだわ。

上記を理解した上で、本記事を読み進めてくださいね。

本製品は「MAKUAKE」にて2021年4月頃に購入したものです。

荷物を減らす目的でモバイルバッテリーを探しているなら下記の記事がおすすめ。

目次

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packの特徴

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packマグネットワイヤレスモバイルバッテリーの特徴

古くからのAppleユーザーではおなじみのブランドですが、HYPERを知らない方のためにどんな会社か簡単に説明。

HYPERはこんな会社

カリフォルニア州シリコンバレーに拠点を置いているSanho Corporation社のブランドでApple周辺アクセサリーでグローバルヒット商品を続々と発表しているアメリカやヨーロッパでは人気のブランド

こびぃ

日本では、株式会社ロア・インターナショナル
(所在地:新宿区)が取り扱ってるよ!

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packマグネットワイヤレスモバイルバッテリーのアイキャッチ

本製品はMAKUAKEにて応援購入

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packの特徴まとめ
  • MagSafeのマグネット対応
  • 5,000mAhのワイヤレスQi充電
  • ワイヤレスでiPhone12を0.8~9回充電可能
  • 最大出力『ワイヤレス時7.5W / 有線時12W』
  • 1.6cmの薄型で充電中もスマホの操作がしやすい
  • マグネット式でワイヤレス充電の欠点「ズレる」を解消

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packの製品仕様/スペックは下記の通り。興味ある方だけクリックして開いてくださいね。

Ankerから同じタイプのMagSafe対応のモバイルバッテリーが登場したときと比較すると、より魅力ある性能ということがわかります。

個人的には『パススルー充電』『ワイヤレス充電時に7.5W』という点がアツい!

こびぃ

iPhone12miniなら一回の充電が可能!iPhone12や12Proだと0.8~9回くらいの充電が可能!

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packのレビュー

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packマグネットワイヤレスモバイルバッテリーの外箱表面
HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packマグネットワイヤレスモバイルバッテリーの外箱の裏面

HyperJuiceシリーズのMagSafe貼り付けに対応しているワイヤレスモバイルバッテリーってだけで、胸の高鳴りを抑えられない。パッケージにすらウットリ心を奪われてしまう。

こびぃ

充電時の速度が7.5Wだから、Anker PowerCore Magnetic 5000(5W)より出力が高いんよ!

内容物

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packマグネットワイヤレスモバイルバッテリーの内容物は本体と取扱説明書

同梱品は「HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack」と取扱説明書 兼 保証書の2点。

本体外観/デザイン

iPhone3Gや3GSのような側面にかけてキレイな曲線フォルムで、ソフトなイメージ。本体ブラックはマットタイプで落ち着きがあります。

こびぃ

この曲線のおかげで、手に持ちやすくグリップ力が高くかんじるよ!

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packマグネットワイヤレスモバイルバッテリーの電源ボタンをおすとLEDインジケーターが光る

中央下部にある電源ボタンを押し込むと、本体電源が入り、白色LEDインジケーターがバッテリー残量に合わせて、4段階表示されます。

バッテリー残量の見方
  • 4点灯→~100%
  • 3点灯→~75%
  • 2点灯→~50%
  • 1点灯→~25%
HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packマグネットワイヤレスモバイルバッテリーの側面

厚みは約1.6cmですが、iPhoneに装着すると薄いという感じではなく「モバイルバッテリーがしっかりついているな!」存在を感じることができる厚み

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packマグネットワイヤレスモバイルバッテリーのポート部分はUSB-Cで優先だと12Wで充電可能

下部にはUSB-Cポート。Micro USBじゃなくて一安心。

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packマグネットワイヤレスモバイルバッテリーの接地面

裏面は、充電時にiPhoneに設置する部分。一見、金属っぽい素材にみえますが金属じゃないんですよね。「HYPER」ロゴ部分をiPhoneのMagSafeに充てるとピタッとくっつきます。

こびぃ

見えない部分に仕様表示などをまとめてもらえているので、よかった。

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packマグネットワイヤレスモバイルバッテリーは手に持てるサイズ感
手で持ってみた

正直めっちゃ小さいって感じではなく、手にはちゃんと収まるよ!ってサイズ感。やっぱり曲線フォルム・・・・・・のおかげで滑りにくくて持ちやすいので安全につかえます。

こびぃ

デザインの良さもさることながら、この手で持ちやすいってのも大きなメリットの一つだよね!

サイズ/重量

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack マグネットワイヤレスモバイルバッテリーは約136g

重量は138g(実測136.5g)サイズの割にかなり軽く感じる。バナナ1本より軽いサイズなので、まさに持ち上げるのは朝飯前って印象。

サイズ/重量まとめ
  • 横幅:6.3cm
  • 奥行き:9.7cm
  • 厚み:1.6cm
  • 重量:138g(実測136.5g)

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packを使って充電してみた

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packを使用して、なんパターンか充電性能を確認します。

まとめを先に▼

充電性能まとめ
  • ワイヤレス充電時→最大7.5W(遅い)
  • 有線ケーブル(USB-C)充電時→最大12W
  • パススルー充電可能
  • HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack本体への充電時→最大12W

では各充電方法を書いていきますね。

ワイヤレス充電(Qi)の場合は7.5W

HyperJuice Magnetic Wireless Battery PackをiPhoneに装着下状態

装着すると充電開始。マグネットはひ弱な感じはしないので、勝手にずれたりはしないです。

MagSafe対応のiPhoneを7.5Wでワイヤレス充電(Qi)できるので、充電速度計測。

結果は下記の通り。

経過時間iPhone12Proの
バッテリー残量
0分0%
10分8%
30分20%
60分38%
90分56%
120分71%
150分80%
180分88%
こびぃ

お…おそい。

180分の88%の状態で「HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack」のバッテリー残量がなくなってしまい、iPhone12Proだとフル充電は厳しかったです。

また、ちょうど90分付近から充電スピードが3~4%ガクッと下がっているのですが、これは発熱が影響して出力が抑えられている結果

Anker PowerCore Magnetic 5000だと5W充電なので、2.5W大きい出力。速度は発熱の影響うけるまではやはり7.5Wの方がはやい

Anker PowerCore Magnetic 5000のレビューを見る

本製品がおすすめか!っていうと。正直言って、あまりおすすめできない…

やっぱり容量もですが、速度が遅すぎるのがやっぱりキツイ。これはAnkerのときにも言っていたことですが..

普通に「CIO-MB20W-10000 」のような超軽量モバイルバッテリーやコンセント付きモバイルバッテリーを選択した方がコスパと満足度は断然上です。

iPhone12miniならフル充電できそう

バッテリー容量はiPhone12miniサイズならフル充電できそうです。(所持していないので感覚的なお話)

こびぃ

自分のiPhone12だとどうなのか下記のバッテリー容量を参考にするとわかりやすいかも!

iPhone12シリーズのバッテリー容量
  • iPhone12mini ⇨ 2227mAh
  • iPhone12 / 12Pro ⇨ 2815mAh
  • iPhone12 ProMAX ⇨ 3687mAh

有線ケーブルで充電する場合は12Wの急速充電

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packは有線ケーブルで充電できる

iPhoneを12Wで充電できると、USB-Aで充電する時の速度に近いものがあるので、iPhone12だと30分くらいで40%前後は充電することが可能。

12Wだと、約2時間でiPhone12や12Proをフル充電することができます。

こびぃ

Anker PowerCore Magnetic 5000は10W出力なので、出力が2.5W大きいのは結構ありがたい。

ワイヤレス充電時はフル充電ができなくとも、有線だと無駄なエネルギーを使用せずに充電できるのでiPhone12や12Proのフル充電が可能です。

パススルー充電もできる

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packはパスルー充電対応
どちらも同時充電
パススルー充電とは

デバイスを充電しつつ、モバイルバッテリー本体にも給電できる機能

iPhoneを充電しながら、HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack本体にも給電することができるので、自宅の充電器としても活用ができます。

この使用方法の最大のメリットは忌まわしきライトニングケーブルを使用せずとも、どちらも充電できること。

入力(本体への充電)は12W

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packマグネットワイヤレスモバイルバッテリー本体を充電する

12Wでの充電が可能なので、「Anker PowerPort Ⅲ Nano 20W」のような20Wタイプの充電器で急速充電することが可能。

だいたい3時間で本体のフル充電ができます。

こびぃ

入力で12Wに対応しているから、通常のモバイルバッテリーを充電するのと、対して変わらないスピードだね!

Anker PowerPort Ⅲ Nano 20Wのレビューを見る

iPhoneに装着した状態→グリップ力が高く落ちない

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packを装着した状態で操作の邪魔にならない

iPhoneが2.5倍くらい厚くなった感覚で持つ感じ。

iPhone操作時に邪魔に感じることはあまりないですね。むしろグリップ力の高さを感じる。

HyperJuice Magnetic Wireless Battery PackをiPhoneにつけてポート部分側を確認

【iPhone+iPhone1.5=iPhone2.5個分】くらいの厚み

HyperJuice Magnetic Wireless Battery PackをiPhoneにつけてモバイルバッテリー側をもっても落ちない

モバイルバッテリー側を持ってもiPhoneがずれ落ちることはない

ケースを着用した状態で使用するなら、MagSafe対応ケースが必須です。

HyperJuice Magnetic Wireless Battery PackをiPhone12Proに装着した状態で、磁力の確認をしました▼(※音量無し)

動画の通り、普通に使用する分には落ちる雰囲気は一切なし。

MagSafeのモバイルバッテリーを使って、iPhoneを落とすと元も子もないから、これは素直に嬉しい。

こびぃ

以前、Amazonで、よくわからないブランドのMagSafe対応モバイルバッテリーを購入したときは磁力が弱かったからね!

充電をしてみて良かった点まとめ

先述の「HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack」を使って充電して感じた良かった点をまとめると下記のとおり。

良かった点

  • ワイヤレス充電時は7.5Wでそこそこ早く充電できる
  • 急いでいるときは有線で12Wで充電できる
  • 同時充電したいときはiPhoneとモバイルバッテリー本体をパススルー充電できる
  • ケーブルは基本不要なので、荷物が減る

iPhoneを早く充電する!ではなく、ラクに充電する!ことに関しては、ピカイチの性能と言えます。

こびぃ

充電するときにモバイルバッテリーを出して、ピタッとくっつけるだけだから本当にラク!ケーブルでごにょごにょする煩わしさがないんよね。

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packの『気になった点』

「HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack」を使ってみて気になった点は下記の通り。

気になった点

  • iPhone12シリーズのみ使用可能
  • 充電速度の割に価格がやや高い

iPhone12シリーズのみ使用可能

HyperJuice Magnetic Wireless Battery PackマグネットワイヤレスモバイルバッテリーはiPhone12〜専用
iPhoneSE2や11はワイヤレス充電が不可

当然ですが、iPhoneSE2やiPhone11といった、MagSafe非搭載のiPhoneではマグネットで装着しながらワイヤレス(Qi)充電ができません。

有線ケーブルでの充電なら可能。

ワイヤレス(Qi)充電対応だからといって、MagSafe非対応のiPhoneを使用している方は間違えて購入しないように。

価格がやや高い

同じ、MagSarfe対応のワイヤレス充電(Qi)機能搭載のAnker製と比較しても、約1,000円ほど高いです。(MAKUAKE価格)

しかも充電速度は7.5Wの出力とはいえ、1時間で40%にも満たない充電スピード。これはさすがにキツイ。

Anker製より高い分、性能も数値的にはやや優れているのですが、もう一点残念なのが、ケーブルが付属していないという点。

こびぃ

AnkerはUSB-C&USB-Cケーブルが付属してるんだよね!それを考えると余計に高く感じる。

MagSafeのマグネット対応とはいえ、充電速度が全然早くないのにこの価格はうーん…と言わざるをえないんですよね。

ってなことで次項では、本記事内でもちょこちょこ登場しているAnkerのPowerCore Magnetic 5000と比較します。

Anker PowerCore Magnetic 5000と比較

HyperJuice Magnetic Wireless Battery PackマグネットワイヤレスモバイルバッテリーとAnkerMagnetic5000を比較

Anker製が角ばってるデザインに対して、HYPERは曲線デザイン。

前面からみて、電源ボタンとLEDインジケーターがAnkerは見えない仕様。シンプルデザインが好きな方はAnkerデザインのほうが好みの方が多いかと。

HyperJuice Magnetic Wireless Battery PackマグネットワイヤレスモバイルバッテリーとAnkerMagnetic5000を比較ポート部分と電源部分は異なる

下部にはそれぞれポートが配置されていて、Anker製は前面になかった分下部にLEDや電源ボタンが配置されています。

こびぃ

好みの問題だね!

Anker
HyperJuice Magnetic Wireless Battery PackをiPhoneにつけてポート部分側を確認
HYPER

装着して厚みを見ても、変わらず。横幅も同じサイズなので、デザインとボタンLEDインジケーターの配置位置の違いのみ。

充電したときの速度の違いは次の通り。

経過時間HYPERAnker
0分0%0%
30分20%15%
60分38%32%
90分56%49%
120分71%65%
150分82%78%
180分88%85%

Ankerは85%までで、HYPERは88%まで充電でき、モバイルバッテリー本体のバッテリー切れに。

2.5W出力が高い分、HYPERの方が早いと言えば早い結果でした。

特に充電開始から30分経過するまでの、バッテリー残量が少ないときの5%は、違いを大きく感じます。

1時間で6%の充電量が変わるということは、毎日使用すると一ヶ月で数十時間の差がうまれます。長期的に考えると2.5Wの差は大きい。

こびぃ

MagSafeをメインに使用して充電するなら、HYPER製の方が良いよ!

基本性能などは結構かわるので、下の簡易比較表を参考にしてください。

項目HYPERAnker
製品名HyperJuice
Magnetic Wireless
Battery Pack
PowerCore
Magnetic
5000
重量138g133g
サイズ横幅:6.3cm
奥行き:9.7cm
厚み:1.6cm
横幅:6.3cm
奥行き:9.7cm
高さ:1.6cm
出力
ワイヤレス(Qi)
7.5W5.0W
出力
USB-C
12W10W
入力
USB-C
12W11W
パススルー充電対応対応
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
付属ケーブルなしUSB-C
&
USB-C
価格約4,900
(MAKUAKE)
約4,000円
(Amazon)

一番重要なポイントは充電性能が異なる点。

Anker製より、HYPER製がすべてちょっと上回っている性能です。その分価格が1,000円ほど高い(MAKUAKEだけど)感じ。

こびぃ

価格を重視するか、好きなブランドを持つか、性能を重視するかで自分にあったMagSafe対応モバイルバッテリーを選ぶといいよ!

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packのレビューまとめ

信頼できるメーカー発売の中では、Qiワイヤレス+MagSafeのマグネット対応機としては、現状最高ステータスのモバイルバッテリーと言えました。

ただし、やっぱり個人的にはMagSafe対応のモバイルバッテリーは現状(2021年6月)オススメできない。

一部のユーチューバーが絶賛していたから買ったけど、「え?これ絶賛?ほんまに?」って思うレベルで充電速度が遅いんですよね。

実用的では無い気がします…有線ケーブルで12W急速充電できますが、それなら他のモバイルバッテリーで良いですし。

こびぃ

充電おそすぎるのはまじでキツイ。しかも高すぎる。もったいないけど倉庫いき…

Anker製と同じで、ゆっくり充電したいなら良いのですが、モバブを使うときってデバイスの容量少なくなってて急いでいる時が大半だと思うので、結局有線ケーブルでガツンと充電するときの方が多いのでは。

軽量化に惹かれている、荷物を減らしたいことが目的なら、充電器とモバイルバッテリーの一体型モバイルバッテリーもあるのでこちらも参考にしてくださいね。

とはいえ、本製品登場により「Anker」or「Hyper」という選択肢が増えたことは、MagSafeで充電したい人には喜ばしいこと言えますかね。(一応)

それでは良きモバイルバッテリーライフを!

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Pack
使用感/質
40
デザイン
80
価格
50
総合評価
50

本製品は「MAKUAKE」にて2021年4月頃に購入したものです。

超小型で高性能モバイルバッテリーを探しているならコレ!

HyperJuice Magnetic Wireless Battery Packのアイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる