ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6/5世代(2022/2021)用 ハイブリッドケース レビュー|取り外し可能な磁気カバーとApple Watchホルダーつき

当ページのリンクには広告が含まれています。
ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケース レビュー|取り外し可能な磁気カバーとApple Watchホルダーつきレ

本記事はESR iPad Pro 12.9 ケース 第6/5世代(2022/2021)用 ハイブリッドケースのレビュー記事です。

iPadを持ち運ぶ時のケースは色々あって多くはこの2点に悩むかと思います。「性能」を重視するのか、「コスト」を重視するのか。

このどちらも両取り可能な、まさにコスパの良いiPadケース「ESR iPad Pro 12.9 ハイブリッドケース」を発見しました。

本ケースがあれば、iPadを普段使いするには申し分ない「性能の良さ」とApple純正ケースより半額ほどの「コストの安さ」を体感できます。

ちなみにケースだけではなく、ケースとスタンドカバーに分かれているタイプのハイブリッドモデルで、多岐にわたり活躍できるのでこれからiPadケース・スタンドを探す方はぜひ参考にしてください。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6/5世代(2022/2021)用 ハイブリッドケース
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ケースとスタンド(カバー)を簡単に脱着できる
  • ケース単体でみてもスタンド(カバー)単体で見てもハイクオリティ
  • 耐久性が高い
  • Apple Pencilホールド部分も安心吸着
デメリット
  • スタンド時にもう少し立ち回りが多くできると良かった
こんな人におすすめ
  • コスパ最強クラスのiPadケース+スタンド(カバー)が欲しい
  • 落下させても保護能力が高く安全を有線したい
  • ケースとスタンド(カバー)を簡単に取り外したい
目次

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6/5世代(2022/2021)用 ハイブリッドケースレビュー

iPad Pro 12.9インチのケースとカバーが同梱されているハイブリッドタイプのESRケースをレビューしていきます。

パッケージ付属品

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースのパッケージ

最近よりシンプルかつおしゃれになったESRのNEWパッケージ。昔より紙の質感が高くなってて手にとって感じるワクワク感。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースのケースから出した状態

パッケージの中身はシンプルで、ワクワク感ほどの感動はないですが、コストを抑えている製品でここはしょうがない。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースの付属品
ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースのケースと透明ケースの二枚組

付属品は簡易説明書とスタンドカバー・ケースが入ってました。ちなみに説明書はいらないくらい装着は簡単です。

外観デザイン

透明ケース全体

ケースのフチはポリカーボネートタイプで、クリア部分は硬質素材です。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースの透明フィルム剥がして使う

クリア部分には両面フィルムで保護されているのでペリッと剥がして使用する。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースノクリア部分
クリア部分は硬質素材で黄ばみにくい

クリア部分はTPU素材ではないため、長期利用時に経年黄ばみが発生しないので、丁寧に扱えばずっときれいに使用できます。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースのカメラ枠部分

カメラ部分もフチと高さがあり、iPad Pro 12.9インチの3眼レンズを保護します。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースの電源ボタン部分
電源/スリープボタン側
ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースの音量ボタン部分
音量ボタン側

電源/スリープボタンや音量ボタン周りも押しやすい設計。

iPadケースの角

ケースの角部分も厚みがあり、落下時の衝撃からiPadの角を保護。

ボクは過去のESRのケースを使用していた時に、角から落下してしまったことがあったのですが、本製品の耐久力の高さのおかげで救われた経験あり。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースのApple Pencilくっつく部分
右側面

Apple Pencilをくっつける部分。マグネットは非搭載で、iPad側の磁力を通してApple Pencilをくっつけることができます。

スタンドカバー側の外観デザイン

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケース本体
スタンドカバー表
ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースの蓋持ち上げた状態
風呂蓋タイプの三つ折りカバー

スタンド(カバー)もケース同様ポリカーボネートで作られていて、ガシガシ使える材質です。

ケース全体の材質はポリカーボネートで三つ折りタイプ。

このタイプのESRケースは長年お世話になっていて、かれこれ本ケースで4ケース目(確か)です。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケース の表面のカメラ側
スタンドカバー裏

Apple純正の風呂釜蓋と酷似していて、上からパッと見ただけでは見間違うクオリティはさすがESR産だな、と。ケースにくっつけるApple Pencilの落下を防ぐホルダーが磁力つきで備わってます。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースのカメラ部分

iPadのカメラサイズに合わせて、スタンド(カバー)側もケースと同様にカメラ部分の切り抜きあり。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースのペンシルマグネット部分
Apple Pencilホルダー部分
ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースのペンシル折りたたみ部分
開閉式でマグネット搭載

Apple Pencilのホルダー部分は磁気が備わっていて、スタンドカバーを折りたたんだ部分とくっつきます。

可動部分は軟弱な感じはなく、長期間破損することなく利用できそう。

装着時

ケース装着しても違和感ないくらいシンデレラフィット。

ケース装着しても違和感ないくらいシンデレラフィット。

裏面がハードタイプのクリアカラー仕上げで、Appleのリンゴマークが顔をのぞかせます。いやぁリンゴマーク見えるのはやっぱり嬉しいですなぁ。

ESR iPadハイブリッドケースとカバーを装備

ケースを装着することにより、iPadを保護できるだけでなく、本製品のスタンドカバー(風呂蓋側)が使用できるようになります。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースの本体ほぼ表面
ケースとスタンドカバーを同時利用できるハイブリッドタイプ

どちらもつけるとケースの良さとカバーの良さの両方を享受できるハイブリッドタイプ。

ケースのサウンド部分うきあがりなし

両方合わせてもiPadとのサイズもドンピシャで、変な浮き上がりなど違和感なし。

全面保護タイプ

全体を覆うタイプになっているので、落下時にiPadの側面がえぐれたりしません。

この防御力はApple純正のSmart Folioにはないため、本ケースを使用時に安心できる大きな要素です。

スピーカーとUSB-C部分
 スピーカーとUSB-C部分は切り抜かれてる

サウンドマイク部分も切り抜かれているので、音がこもることもなし。この辺りは長年iPadケースを進化させつづけたESRケースだからこそ信頼できます。

スタンドカバー開閉時の挙動良し

スタンドカバー開閉時の挙動良し

スタンドカバーの開閉をiPadも認識します。

ケースの蓋開閉

開閉時の可動部もスムーズ。硬すぎる・柔らかすぎる等感じずナチュラルに使えます。

Apple Pencil装着時は注意点あり

Apple Pencil保護
カバーでホールドすると落ちない

Apple Pencilはガッチリホールドで、iPadケース側のマグネットとの合わせ技で絶対落とさないマンの完成。

注意

Apple Pencil保護部分
ケースにつたわる磁力はやや弱い

ケース越しだとiPad本体の磁力が落ちるのでApple Pencilはケース側でガッチリホールドすると良い

カメラ周りは他のカバーより段差があり安全

ケースとスタンド装着時のカメラ周り
ケースとスタンドカバーを装着時は5mm以上の段差あり
ケースとiPadのカメラスタンドの一
ケースのみでもカメラは十分保護できる高さを確保
ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースのカメラ部分

レンズ周りも干渉せず、内側のケースもあるためボクが使用している他のiPadケースより高さがでて安全な状態でカメラ周りを保護できます。

スタンド利用時

スタンド利用時は「縦向き」「横向き」2つの向きで対応。

横向きスタンド時

ESRスタンド横
横向き

横向きスタンドは、動画視聴やAdobeなどのクリエイティブ系のアプリに向いている角度。

ESRスタンドの横向き

とはいえ、ブラウジングも使いやすいし、タップしても安定感があるので倒れるようなリスクはほぼない。

縦向きスタンド時

ESR iPadスタンド縦
縦向き

縦向きスタンドは、ESRケースについたiPadをそのまま回転させるだけ。

角度はそこそこついていて70度くらいあるので、机の高さ・使用する場所によっては若干使いにくさを感じるかも。

こびぃ

この状態で多角度展開できると最高だった!

縦向きは他の形でスタンド状態にできる

ESRスタンド 縦別ver3
ESRスタンド 縦別ver
ESRスタンド 縦別ver2

縦向き状態は、ケースをひっくり返すことにより、多角度展開できます。

これが結構便利で、角度を浅い〜深いまで調整できるので、通常の縦向きスタンドの角度がつかいにくくてもほぼ解消できる。

ケースとスタンドカバー部分は取り外しできる

ケースとスタンドカバー部分は取り外しできる

これまで書いた通り、本ケースとスタンドカバーは脱着可能。

「ケースとスタンドカバー」どちらも端にマグネットが仕込まれているギミックがあるので、簡単に脱着できます。

意図せず外れないので、マグネットの磁力もちょうど良いといったところ。

おもさ

透明ケースの重量
ケース
415g
透明ケースの重量
スタンドカバー
659g

おもさは、それぞれ「415g」「659g」で、あわせて装備すると1kg越えの「1,074g」

軽量薄型がセールスポイントのケースじゃないので、決して軽くはないですが、その分「頑丈・耐久」といったiPadを保護する能力に長けてます。

サイズおもさ
  • おもさ:「ケース約415g」「スタンドカバー659g」

メリット

ESR iPad Pro 12.9 ケース用のハイブリッドケースを約3週間ほど使用してわかったメリットを紹介します。

メリット
  • ケースとスタンド(カバー)を簡単に脱着できる
  • ケース単体でみてもスタンド(カバー)単体で見てもハイクオリティ
  • 耐久性が高い
  • Apple Pencilホールド部分も安心吸着

ケースとスタンド(カバー)を簡単に脱着できる

ESR iPadハイブリッドケースの脱着がラク

ストレスなくケースとスタンドカバーを外せるため、好きなスタイルでiPadを持ち運べるし、使うことができるのがiPadヘビーユーザーとしてはありがたい。

ケース単体でみてもスタンド(カバー)単体で見てもハイクオリティ

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースの透明部分
ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケースを手荷物

初見の人はケースとスタンドカバーのセット料金はなにかの間違いじゃないか?と疑うレベルで販売価格が安く感じます。それくらいビルドクオリティが高い。そう、これがESR製品のすごさ。

長年ボクも本ケースを愛用していた理由なんですよね。

「ケースしかいらない」「スタンドカバーしかいらない」って思ってる方でも、4,000円台なら本ケースセットを買って損しないから、1度手にとって見てほしい。

耐久性が高い

新と旧
左:新型ケース(本ケース)
右:iPad Air 4で長年使用したケース

本ケースはまだ数週間しか使用してないので、正直言って「耐久性が高いケースだ!」とは言えません。

じゃあなんで耐久性が高い!って言い切ってんの?って話ですよね。

ESR iPadハイブリッドケース Air4で使用していた長期使用ケース
長期使用でもヘタりにくい

これはあくまでもボクの過去経験ベースの話で、ほぼ同タイプのESRケースを最長4年使用したことがあります。(価格は今より安い時代)

それでも、使い込んだ中古感はあったものの、まだまだ現役だぞ!ってくらいピンピンしていたし、落下させてもiPadが無事でした。

これらの背景から、本ケースは耐久性が高い!と言い切れます。

Apple Pencilホールド部分も安心吸着

Apple Pencil保護

ケースを激しく回してもApple Pencilが飛ばないくらいガッチリホールドされるため、大雑把な人でもApple Pencilを紛失する確率を下げれます。

デメリット

ESR iPad Pro 12.9 ケース用のハイブリッドケースを約3週間ほど使用してわかったデメリットを紹介します。

デメリット
  • スタンド時にもう少し立ち回りが多くできると良かった

スタンド時にもう少し立ち回りが多くできると良かった

スタンドは合計2種類でしか対応できません。

贅沢を言うならが、フロートモードができたり、角度を何種類か変更できると文句なしでした。

とはいえ、さすがに4,000円クラスのケースとスタンドカバーセットでそこまで求めるのはちょっと乱暴なのでデメリットというよりボクのワガママ的な感じです。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6/5世代(2022/2021)用 ハイブリッドケースレビュー【まとめ】

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6/5世代(2022/2021)用 ハイブリッドケースのレビューでした。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6/5世代(2022/2021)用 ハイブリッドケース
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ケースとスタンド(カバー)を簡単に脱着できる
  • ケース単体でみてもスタンド(カバー)単体で見てもハイクオリティ
  • 耐久性が高い
  • Apple Pencilホールド部分も安心吸着
デメリット
  • スタンド時にもう少し立ち回りが多くできると良かった
こんな人におすすめ
  • コスパ最強クラスのiPadケース+スタンド(カバー)が欲しい
  • 落下させても保護能力が高く安全を有線したい
  • ケースとスタンド(カバー)を簡単に取り外したい
ESR iPad Pro 12.9 ケース 第6_5世代(2022_2021)用 ハイブリッドケース レビュー|取り外し可能な磁気カバーとApple Watchホルダーつきレ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こびぃのアバター こびぃ ガジェットゆるミニマリストブロガー

Apple製品【MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch】やガジェット関連を買って試して最高なアイテムを見つけることが趣味のゆるミニマリストブロガー

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次