【iPhone MagSafe用】ESR HaloLock モバイルバッテリーレビュー| mini KICKSTAND付きの容量5000mAh

ESR HaloLock モバイルバッテリーレビュー| mini KICKSTAND付きのWIRELESS POWERBANKでiPhoneをながら充電する

いよいよiPhone 14シリーズが発売されますが、そんなiPhoneにちょうど良いんじゃないか?!というESRのMagSafe用モバイルバッテリーをてに入れました。

さきにどんなモバイルバッテリーなのか一言で伝えると「コスパかなり良いMagSafeモバイルバッテリー」ですよ!

この記事で分かること

  • ESR HaloLock モバイルバッテリーのレビュー・使用感
  • iPhoneをMagSafeワイヤレス充電+スタンドにできるモバイルバッテリーについて

iPhoneにMagSafeが実装されてから、はや2年。

ボクは初期の頃「MagSafe充電おそすぎて駄目だわ。使いもんにならん!」って思ってた勢ですが、今やiPhoneの充電はMagSafe充電スタンドでの充電が基本となりました。

そして、家の中だけでなく外出時もMagSafeで充電するのが当然になってきたのですが、ボクと同じように外出時にもMagSafe充電をフル活用したい人。

ぜひ本記事を読んでください。

今回紹介するMagSafeモバイルバッテリーの「ESR HaloLock モバイルバッテリー」は、コスパ抜群サギではなく真面目にコスパが良いです!

ESR HaloLock モバイルバッテリーレビュー| mini KICKSTAND付きのWIRELESS POWERBANKでiPhoneをながら充電する

ちなみに、MagSafeモバイルバッテリーって外出時以外にも自宅でもずっとつけっぱなしで充電できるので、めちゃくちゃ便利なんですよね。

「ん?充電したくない時に勝手に充電されるんじゃない?」

大丈夫です!本機は電源オンオフの切り替えスイッチも備わっているので、普段はスタンド使い→充電したいときだけモバイルバッテリーで充電みたいな使い方ができます。

では、見ていきましょう。

目次

ESR HaloLock モバイルバッテリー特徴レビュー【どんなモバイルバッテリーか】

ESR HaloLock モバイルバッテリー(Amazon)の特徴を確認する前に先にスペックをチェック!

スペック

項目詳細
メーカーESR
製品名mini KICKSTAND
WIRELESS POWERBANK
カラーホワイト
or
ブラック
容量5,000mAh
or
10,000mAh
スタンド
MagSafe対応
有線出力12W
ワイヤレス出力7.5W
有線入力12W
パススルー
サイズ99 x 64 x 17 mm
重量155g

癖が少なく、誰でも使いやすくなっている性能・特徴があります。買って失敗しないMagSafeモバイルバッテリーの1つになる予感。

ESR HaloLock モバイルバッテリーはどんなモバイルバッテリーなのか、まずは特徴をレビューしていきます。

  1. 最大12Wで充電
  2. パススルー充電対応
  3. 磁力が強力で安定している
  4. コスパ抜群
  5. 容量5,000mAhと10,000mAhの2パターンある
  6. ミニマル・シンプルデザイン

順に見ていきます。

①:最大12Wで充電

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANKは最大12W

ESR HaloLock モバイルバッテリーは有線時に最大12Wで有線することができます。ワイヤレス充電だと最大7.5Wで充電。

iPhoneのMagSafe充電器だと最大15W出力ができるので、やや劣るものの通常の充電には差し支えなく使用することができます。

②:パススルー充電対応

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANKはパススルー充電対応

パススルー充電に対応しているのもESR HaloLock モバイルバッテリーの特徴(メリット)の1つ

おかげで、iPhone本体とモバイルバッテリー本体を同時に充電することが可能。

こびぃ

iPhoneで動画を見ながら充電しつつ、モバイルバッテリー本体を充電することもできるよ!

③:磁力が強力で安定している

磁力が強力で安定している
不意に落ちるリスクは低い

磁力は約1,000gの吸着力を備えているため非常に強力。簡単に落ちないので、安全にiPhoneをMagSafe充電することができます。

④:コスパ抜群

他のモバイルバッテリーとコスパ比

他製品のモバイルバッテリーと比較するとわかるのですが、コストが安く性能も良いため、コスパ抜群のモバイルバッテリーと言えます。

他製品モバイルバッテリーと比較

今回レビューするESR HaloLock モバイルバッテリーとiPhoneモバイルバッテリーで人気の5,000mAhの他社モバイルバッテリーの

この2つと比較します。

項目ESR HaloLockAnker 622CIO ハイブリッド
価格(約)4,999円6,990円5,500円
容量5,000mAh5,000mAh5,000mAh
スタンド
※安定感・使用感
MagSafe対応
有線出力12W12W20W
ワイヤレス出力7.5W7.5W7.5W
有線入力12W12W18W
パススルー
サイズ99 x 64 x 17 mm105 x 67 x 13 mm
‎94 x 63 x 16 mm

重量155g140g150g

実際に3つを使用したことがあるボクがこの3つの特徴をまとめると以下の通り。

  • ESR HaloLock
    →性能も価格も良くコスパ抜群・ミニマルデザイン
  • Anker 622
    →業界ナンバーワンのAnker製の安心感・スタンドの安定感
  • CIO ハイブリッド
    →充電性能が抜群・ミニマルデザイン

こんな感じになります。 つまり、本機はコスパの良いiPhoneモバイルバッテリーを求めている人の物欲にぶっ刺さるモバイルバッテリーということ。

⑤:容量5,000mAhと10,000mAhの2パターンある

今回レビューしている容量は5,000mAhタイプのものですが、ESRから同じデザインで容量だけ10,000mAhになっているタイプも販売されています。(サイズは一回り大きい)

自身が求めている容量に合わせて購入するモデルを選べるのはうれしいところ。

容量の目安
  • 容量5,000mAh
    →iPhone 13 Proを約1回充電(80%ほど)
  • 容量10,000mAh
    →iPhone 13 Proを約2回充電可能(100%+60%ほど)

⑥:ミニマル・シンプルデザイン

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANKミニマルデザイン

現在は、無駄の少ないデザインが支持されやすいですよね。ESR HaloLockのモバイルバッテリーも狙ったかのようにミニマル・シンプルデザインで仕上げて来ています。

TOFTPOUCH+3つ

アソボーゼのミニマルデザインのポーチM・L」や「S」サイズとの相性は抜群。

これを機におすすめガジェットポーチからモバイルバッテリーを持ち運ぶ用のポーチを選ぶのもおすすめです。

ESR HaloLock モバイルバッテリー レビュー

本機のパッケージやデザイン、サイズを実際に確認していきます。

パッケージ/付属品

スクロールできます
ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANKパッケージ
ESRらしい白×緑パッケージ
ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANKの内側
丁寧に梱包されているので安心
ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANKの日本語説明あり
説明書は日本語対応

最近は、パッケージを保管する人も多いと思いますが、ESRのパッケージも保管するに値する出来です。ESRもそうですが、成長している企業のパッケージって年々ブラッシュアップされていきますよね。パッケージだけで企業の成長度数が推し量れる感じもおもしろいなぁと思いながらよく開封しています。

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANK付属品

付属品は合計4つ。本機はホワイトとブラックから選べます。今回提供頂いたカラーはホワイト。

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANKケーブルはタイプC

付属のケーブルはUSB Type-C to Type-Cで長さは一番人気の1mです。

付属品
  • ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANK本体
  • 取り扱い説明書
  • USB Type-C to Type-Cケーブル(約1m)
  • QRコード案内

デザイン/外観

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANK本体正面
シンプルデザイン

デザインはシームレスのようなタイプではないですが、作りがかなりしっかりしている+全体がマットな質感が相まって高級感あり。スタンド部分に薄くシルバーでESRの印字。

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANKのUSB-Cポートで充電
ポート下部は非常に使いやすい

向かって側の株に充電ポートのUSB Type-Cが備わっています。ポートの位置がここにあるメリットはスタンド状態で充電時にポート部分が下にきてケーブルが無駄に引っ張られないこと。

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANK電源ボタン
電源ボタンはオンオフ可

電源ボタンは向かって右下にあります。iPhoneにくっつけると自動で充電スタートしますが、ここの電源ボタンを押すと充電のオン/オフを切り替えることができるので、ただのスタンドとしても使用可。ライバル社のAnker 633 Magnetic Battery MagGoにも使用されている機能。これが何気便利。

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANKのLED

本体底面に、充電残量を示すインジケーターライトが搭載しています。

LEDインジケーター

残量は以下の通り。

バッテリー残量
  • 1点灯:残25%
  • 2点灯:残50%
  • 3点灯:残75%
  • 4点灯:残100%
  • 点滅:エラー
ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANK本体内側

裏面にはMagSafe対応箇所がわかるように表示されています。前面と同じ素材でサラサラタイプ。

サイズ/重量

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANK157g
よくある5,000mAhの重量
iPhoneとモバイルバッテリーとクレカでサイズ比較
クレカより一回り大きいサイズ

重量は5,000mAhモバイルバッテリーによくある150gほどです。サイズは大きくもなく小さくもない通常タイプ。

サイズ/重量
  • サイズ:99 x 64 x 17 mm
  • 重量:155g

ESR HaloLock モバイルバッテリーの使用方法

本機の使用方法は至ってシンプルです。

基本は「iPhoneにくっつける」だけです。あとは「有線」や「スタンド」さらには「パススルー」を組み合わせて使用するだけ。

MagSafe充電はiPhoneのMagSafeにくっつけるだけ

ESR HaloLock モバイルバッテリーレビュー| mini KICKSTAND付きのWIRELESS POWERBANKでiPhoneをながら充電する

ESR HaloLock モバイルバッテリーを使用したいときは、iPhoneにくっつけるだけです。これで自動的にMagSafeマグネットを使用したワイヤレス充電開始。

iPhoneとモバイルバッテリーをくっつけた状態

くっつけるとiPhone 13 Proが2.5倍くらいの厚みになります。

ESR HaloLock モバイルバッテリー本体の側面にある電源ボタンを押すと充電を止めることが可能。

スタンドは自由度が高く安定感抜群

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANKの背面

スタンド部分の締め付けがやや硬めですが、指で簡単にスタンド状態をつくることができます。もちろん充電しながら可能。

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANK角度浅い
浅い角度
ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANK角度深い
深い角度

よくある支える点が少ないスタンドの欠点を解消してくれています。こんなに小さいスタンドなのに、縦揺れへの安定感は抜群。横揺れはやや弱いが通常利用では問題なし。

ESR mini KICKSTAND WIRELESS POWERBANKとiPhone 13 Proの横

平ではない面、フェルトの上やカーペット上でも安定して自立しながらiPhoneを充電してくれます。

iPhoneを横むき

このように横向きにiPhoneをくっつけても倒れる心配がかなり少ないです。

ESR HaloLock モバイルバッテリーの充電能力

本機のモバイルバッテリーは4パターンの入力・出力がある。

  1. 有線充電:12W
  2. ワイヤレス充電:7.5W
  3. パススルー充電
  4. 本体充電:12W

1.有線充電は最大12W

有線充電

有線充電:最大12W

本機とiPhoneをUSB Type-C to Lightningケーブルで繋ぐだけで充電開始。

Type-CとLightningのケーブルが無い方はAnker PowerLineⅢ Flowや画像のESR L字ケーブルがおすすめ。

2.ワイヤレス充電は最大7.5W

ESR HaloLock モバイルバッテリーでワイヤレス充電時
iPhoneとMagSafeモバイルバッテリーくっつけた状態

iPhoneのMagSafeマグネットでくっつけるだけで充電。最大7.5WでiPhone 13 Proを3時間程で0.8回くらい充電できます。

iPhone 12や13シリーズからメインの充電方法。おそらくこれから発売されるiPhone 14シリーズでも重宝する充電スタイルでしょう。

モバイルバッテリー以外にもMagSafe専用アクセサリーがあるので、覗いてみてください。時間がなければブクマをどうぞ。

3.パススルー充電

充電しながらパスするー充電
平置き
ESR HaloLock モバイルバッテリーでパススルー充電
縦置き

12Wの出力をiPhone本体とモバイルバッテリー同時に供給します。

電力配分はiPhone・モバイルバッテリーの残量に応じるタイプではなく、先にiPhone有線タイプ。

パススルーがあると寝る時にiPhoneとモバイルバッテリーをくっつけて有線で充電すると、朝どっちも充電がおわってるので一度使うとハマってしまう充電スタイルです。

4.本体充電は12W

本体のみ充電
本体充電

ESR HaloLock モバイルバッテリー本体は最大12W充電可能。計測すると安定して9Wほどで充電できていました。

本体の充電は約2時間ほど。

ESR HaloLock モバイルバッテリーのデメリット(気になった点)

ESR HaloLock モバイルバッテリーを約10日間使用して感じたデメリット(気になった点)を出したいのでが、なかなか見つからないくらい良品なんですよね。

デメリット
  • スタンド部分がバンカーリングみたいになると最高だった

スタンド部分がバンカーリングみたいになると最高だった

本機はデメリットらしいデメリットが今の所見当たらないので、なんとか絞り出しました。デメリットというか希望みたいなものですが。

スタンド部分がスタンドのみの使用だったこと

これはどういうことかというと、ボクがこれまで愛用していてiPhoneで人気のモバイルバッテリーAnker 622 だとスタンド部分が落下防止になるんですよね。こんな感じ↓

Anker 622 Magnetic Battery MagGoとMOFTスタンドの比較
Anker 622は奥側のMOFTスタンドのような形状になる

このスタンド部分に指をいれて、iPhoneが持ちやすくなります。まるでMOFTスタンドをつかっている時のような感じ。

ESR HaloLock モバイルバッテリーもこの機能があればうれしかったなぁって。よって、デメリットというかあくまでも希望。

コスパを考えると本機は間違いなくモバイルバッテリーでも最上位クラスでおすすめできる製品なのは間違いありません。

ESR HaloLock モバイルバッテリーがおすすめの人・おすすめできない人

最後にESR HaloLock モバイルバッテリーがおすすめの人とおすすめできない人を書きます。

おすすめの人
おすすめできない人
  • iPhoneをMagSafe充電したい
  • コスパを求めたい
  • デザインや質感も重視したい
  • 容量は5,000mAhで十分
  • スタンド部分により安定感を求める
  • 容量10,000mAh欲しい

これからiPhone用のMagSafeモバイルバッテリーを購入する多くの人におすすめできる製品が「ESR HaloLock モバイルバッテリー」です。

本機が用途に合わないときは以下を参考にどうぞ。

ESR HaloLock モバイルバッテリー レビュー【まとめ】

本記事はESR HaloLock モバイルバッテリーのレビューを書きました。

  • これからiPhone 14シリーズを購入する人
  • MagSafeモバイルバッテリーを持っていない人
  • MagSafeモバイルバッテリーを買い替えたい人

こんな人は是非一度ESR HaloLock モバイルバッテリー(Amazon)チェックしてみてくださいね!きっとコスパの良さに驚きますよ!

では、良きMagSafeモバイルバッテリーライフを!

ESR HaloLock モバイルバッテリーを収納するポーチはこちら↓

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時は、できるだけお得に購入しよう!

直接購入するのではなくクレジットカードでギフト券をチャージして、ギフト券で購入するとひと手間加えるだけでお得に買物できるようになります。

Amazon gift charge

\最大0.5%ポイント還元リンクはこちら/

Amazon公式
ギフト券チャージのエントリーはこちら

ESR HaloLock モバイルバッテリーレビュー| mini KICKSTAND付きのWIRELESS POWERBANKでiPhoneをながら充電する

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次