【MagSafe対応】ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器|iPhone 14シリーズにもおすすめ!冷却しながら充電可

iPhoneのmagsafeを装着
  • 車でiPhoneをMagSafeでくっつけて楽に充電したい
  • MagSafeで充電しても充電速度がはやいMagSafe車載ホルダー
  • iPhone 14やiPhone 13におすすめのMagSafe車載ホルダーを知りたい

数あるMagSafeアクセサリーの中でもMagSafe対応のiPhone用車載ホルダーはめちゃくちゃ人気のアイテムの1つ!

MagSafeに対応しているiPhoneなら、これから紹介するESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器を使用すると、車内でiPhoneを浮かせて充電できます!

中央に設置

これほんっとうに便利で、さらにかっこいいので、magsafe対応iPhone+車を乗ることがある人はぜひ読んでください。

同社ファンつきMagSafe充電スタンドでも書きましたがこのアイテムすごい!

iPhoneをMagSafeで充電しながら、ファンが回って冷やすことができるので充電速度が爆速です!そしてiPhoneにも優しい。

取り付け方法やメリット・デメリットも紹介しています。

この記事でわかること

  • ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器の体験談/レビュー
  • MagSafe対応iPhoneを冷やしながら充電できる車載ホルダー
  • ESRの新作アイテム

では早速本文いきます!

目次

ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器ってどんなガジェット?【特徴】

iPhone勢で好きな人が多いMagSafeアクセサリーで代表的なアイテムの1つ、MagSafe用車載ホルダー「ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器」の特徴はこちら。

特徴
  1. CryoBoost搭載でiPhoneを冷やしながら車内で充電可
  2. 磁力が強力なMagSafeマグネット対応
  3. 走行中に落ちる心配もなし安定感抜群
  4. 調節ネジなしでも扱いやすい

よくあるMagSafe車載ホルダーの良い部分を詰め込んだような特徴。特に目玉性能はiPhoneを冷やす機能のCryoBoostです。

ESRは昨年2021年にiPhone 13 シリーズが登場したころに、似たようなMagSafe対応の車載ホルダーを発売したのですが、この従来モデルは冷却機能の「CryoBoost」が非搭載でした。

よって、iPhoneを冷やしながら充電することができなかったのですよね。

しかし、今回登場したモデルよりiPhoneをガンガン冷やしながら急速充電できるモデルへと進化したのです。

ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器 レビュー

ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器のデザインやサイズ、スペックなどを順にレビューしていきます。

パケージ/付属品

スクロールできます
ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応のパッケージ
ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応の背面
Input:最大24W
Output:5W/7.5W
ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応中箱
ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応の取り付け方法も簡単に説明書で確認可能

ESRのパッケージは年々高見えするように進化していますね。=業績が絶好調なのでしょう!※野暮

それもそのはず、確かに良いものが本当に多く、海外ガジェット好きにも人気ですからね。自分もiPadのケースAirPodsケース等でよくお世話になっているブランドの1つです。

ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応のスタンド

USB-C to USB-Aケーブルが付属しているので、こだわりがなければ用意する必要なし。、個人的には別途用意する方が好ましいと思います。

過去にJOYROOMで装着した時に別途U字ケーブルを使用した画像があるのでこちらを見るとケーブル収まりの違いがわかります↓

左:別途用意したU字ケーブル
右:付属のノーマルケーブル

U字ケーブルの状態ちょっとはなれた感じ
付属ケーブルでJOYROOMをつないだ状態
ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応の取り付け方法も簡単に説明書で確認可能

説明書は日本語対応で、裏側に簡易的ですが取り付け方法が記載。

付属品
  • ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャー本体
  • 固定取り付けアタッチメント
  • USB-C to USB-Aケーブル
  • 取り扱い説明書

デザイン外観

ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応の両面テープ取っちゃう
ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応のシール剥がす

本体のMagSafeの磁気と充電部分に傷が入らないように保護フィルムがあるのでペリッとめくります。でてくる素材は傷がつきやすい素材なので要注意。

ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応の接地面

磁気の丸い部分の外枠は青色のライトになっていて、電源をつなぐと光る仕組み。夜のくらい車内でもどこに充電器があるのか見やすい仕組みになっています。素材は強化ガラス。

ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応の各規格

背面には各規格が印字されていて、中央周りには無数の縦穴が。この穴は冷却システム「CryoBoost」を正常に機能させるために必須の排熱孔。このCryoBoost=ファンがマジでMVP

ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応は厚みもややある

厚みが約4cmほどあるので、車の空調機につけるとやや飛び出してくる感じ。MagSafe車載ホルダーの中では、やや飛び出てくるタイプのホルダーです。

サイズ/重量

ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応はそこそこ大きいサイズ
重量約127g

手のひらには乗るサイズといえばサイズだけど、やっぱりちょっとでかい。重量は大きなサイズの影響をあまりうけず標準的な127gほど。

スペック

メーカーESR
商品名HaloLock CAR CHARGER
出力5W/7.5W
入力9v=2A 18W
12V=2A 24W(QC 3.0対応)
価格約4,999円

入力・出力のバランスをはじめコスパが良く、かなり良品の雰囲気がプンプンしているスペック表です。

ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器を使ってみた

実際にESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器を使ってみます。まずは取り付けから。

取り付け方法

本機の別付けのアタッチメント取り付けから車に取り付けまでの流れを確認。

STEP1:

ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応の設置方法
①:裏側のひねりを緩める
ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応ボールを入れる
②:アタッチメントを差し込む
ESR HaloLockのワイヤレスカーチャージャーMagSafe対応のボールを入れたら締める
③:締める
完成
④:完成

上記の手順で、本機を車の空調機部分に装着できるようにします。

STEP2:シガーソケットを準備してケーブルを差し込む

ケーブル断線ガードを使用してシガーソケットにつける

自分はシガーソケットをUGREEN 18×2ポート(合計36W)別付けのケーブル(長い2m)、さらにケーブル断線保護カバーを使用しています。

本機はクイックチャージ(QC)に対応した18W以上のシガーソケットが必要

ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器とケーブルをつないで完成

シガーと車を繋ぐ

シガーソケットにケーブルを差し込んだカーチャージャーを差し込む → ESR HaloLock本体に差し込む。

下部はしっかりグリップする
角度左
車と繋ぐ

これでいつでiPhoneをくっつけて充電することが可能になりました。締めたり緩めたりする調節ネジがありませんが、一度も落ちたことや挙動でおかしく感じたことはありません。

こびぃ

昔の車載ホルダーはすぐ落ちるものが多かったから、そういうイメージがあったりするよね

iPhoneとESR

iPhoneは裸の状態もしくは、PITAKAケースApple純正のケースのようなMagSafeに対応しているケースが必要です。

中央に設置

充電時は、全く落ちずにしっかりくっつきます。

  • 大きな段差
  • でこぼこ道
  • 高速道路
  • ブレーキ

これらすべて一度も落ちたことはありません。かなり強力にiPhoneをくっつけてくれるので安心ですね!

【こだわりたい人向け】配線を隠してスッキリさせることも可能

ケーブルをよりキレイに処理すれば、満足度の高いMagSafe対応の車載ホルダーの環境をつくることができます。

以下の画像は本機とは異なるJOYROOMのMagSafeホルダーを設置した時の様子です。

ケーブル垂れ流しはダサい
Before
(ケーブルキレイにする前)
配線周りを行うと最終的にきれいになる
After
(ケーブルキレイにした後)

処理前はケーブルが足元でだらんとたれていることがわかります。しっかり隠すときれいにみえなくなります。

STEP
内張り剥がしで剥がす
配線周りをキレイにするために必要な内張り剥がし

まずは内張り剥がしを用意します。慣れていなくて不安であれば隙間の周りにマスキングテープを貼り付けましょう。

こびぃ

内張り剥がしが無いからって、定規みたいなモノでやると「ガリッ」と車内傷つけてしまうからオススメできないね。

内張り剥がしでJOYROOMのケーブル近くをめくる

JOYROOM車載ホルダーを設置したすぐ下の隙間に内張り剥がしをつっこんでめくると「カパッ」と開く。

STEP
ケーブルを中に通す
はがしてケーブルを出す

手で大きくあけて、隙間にケーブルを入れ込んでそのままハンドル側を通していく。

ハンドル裏にケーブルを通す

逆側も内張り剥がしでめくってケーブルをさらに通してなが進めていき最後に足元から出す。

ケーブルを足元から出す
上からケーブルが垂れてくる

足元からでてきたケーブルを足元の樹脂部分とマットの隙間に入れ込んでいく。

ケーブルを内張り剥がしで入れていく
押し込むとキレイにケーブルがはいっていく

入りにくい時は▲の通り内張り剥がしを使って押し込んでいく。

ケーブルを中に通している

ケーブルが見えなくなり、キレイに収まる最後のシガーソケットまでの動線のケーブルを両面テープ付きモールで隠していく。

STEP
脱脂してからモールを貼る(必要であれば)
アルコールではりつけるところを拭き取る
ティッシュで拭き取る

脱脂剤もしくはアルコール(推奨:無水エタノール希釈なし)を準備して、ティッシュなどに染み込ませて両面テープを貼り付ける場所を拭き上げる。

ケーブル隠しを使用して余ったケーブルを見えなく

ダサくチープにならないケーブルモールを準備する。

スコッチの両面テープを上から貼り付ける

付属の両面テープが弱すぎるので後のことを考えて強力両面テープといえばのスコッチ車内用を準備。

配線周りもキレイにするとスッキリする
ケーブルを隠すモールを見えにくい部分に設置
ケーブルを這わせるとめだたない

覗き込まないとほぼ見えない状態になる。

STEP
空調周りのちょっと見えているケーブルを隠して完成
余ったケーブルをキレイにしていく
助手席もケーブルモールでほぼ見えない

これでほぼケーブルレスに近い状態でMagSafe対応の車載ホルダーが完成します。完璧すぎる。

※助手席が必要なら同じような手順でつけていく

助手席も同じ要領で配線をキレイにしていく

STEP1「内張り剥がしで剥がす」から同じような手順でやっていくと助手席側にも車載ホルダーがキレイに装着できる。

シガーソケットがインパネ中央付近にある場合上記の手順はほぼ不要。ケーブルホルダーでシガーソケットまでの導線をモールでキレイにしよう▼

インパネ中央にシガーソケットがある場合

ケーブルをモールに入れる

モール(コードレール)を用意して、裏面にScotch強力凸凹用両面テープを貼り付けてケーブルを収めていく。

センターインパネ付近にシガーソケットあるならモールを這わせるだけできれいになる

貼り付ける位置を決める

ケーブルモールを引いた状態

ポイントは縁にあわせながら貼るとスマートでキレイに仕上がる。

使ったアイテムはこちら

ケーブル周りをキレイにするためのアイテムたち
一番右のScotchはくっつかずに凸凹用を購入しなおしました…

上のアイテムを使用していきます。キレイにするために今回必要なアイテムはこちら▼

配線周りをキレイにするために必要なアイテム

車載MagSafeホルダーの中で充電速度や低温度は現状トップ

約1時間充電で使用後の温度

使用後35度
使用後33.2
  • iPhone本体は「35.4℃」
  • ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器本体は「約33.2℃」

完璧の熱コントロールです。iPhoneも全然熱くならないので、不可を最小限に留めてくれます。

こびぃ

いつもの体感値で1.5倍くらい充電速度が早いよ!めっちゃいい。ちなみにファンつきESR MagSafe充電スタンドも最強!

ちなみに、他の車載ホルダーだと以下のとおり。

長時間使用時に40度
JOYROOM排熱

これはJOYROOMの車載ホルダーで試したですが、こちらは1時間充電で40℃を越えました。

  • iPhone本体は「40.4℃」
  • JOYROOM車載磁気ワイヤレス充電器本体は「約40.4℃」

40.4℃は持つと、普通に熱く感じる温度。当然ですが、温度が高いとiPhoneへの負担はその分大きくなります。

また充電時間も他の車載ホルダーより明らかに早く、10分で8~10%充電することができるのでつよすぎる。

ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器のメリット【良かった点】

ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器を約3週間ほど、iPhone 13 ProiPhone 14 Proで使用して感じたメリットを紹介します。

メリット
  • 冷却装置機能つきでiPhoneを冷やしながら充電できる
  • 充電時間の短縮
  • 可動域が広く磁力も強いため落ちる気配なし
  • 暗い場所でも見えやすいLEDつき
  • 走行時はほぼ揺れなし

冷却装置機能つきでiPhoneを冷やしながら充電できる

排熱部分

iPhoneをくっつけてもほとんど熱を帯びないのは最大のメリットでしょう。単純にiPhoneの寿命に影響しますし、このあと紹介する充電時間の短縮に一役買っています。

充電時間の短縮

本機に近い5W~7.5W出力の他のMagSafe充電時間は、10分で5%~7%ほど。

対して、本機のESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器は、10分で8~10%充電することができたんですよ!ワット数以上の充電速度があります。

よって、30分くらい充電すると30%ほど充電可ということ。

この急速充電の理由は、他ならない冷却システムを搭載しているためでしょう。

可動域が広く磁力も強いため落ちる気配なし

画像をタップすると稼働時の動作を確認できます

角度調整

本体アタッチメントのはさみ込む部分の可動域の自由度が高く8段階あります。

本体と設置しているアタッチメント部分の360度稼働+このはさみ込む部分の8段階ある可動域が合わさると、強烈です。

角度下
下向き
角度正面
正面向き
角度上
上向き

上記の画像以外に左右にも安定して動くことができ、どこまでも回るんじゃないか!って勢いでグルングルン回せます。

暗い場所でも見えやすいLEDつき

通常は青くならない

電源を入れる前は何も変化はありませんが。

使用時は青くなる

電源を入れると、画像のとおり中央周りが青く光ります。これは昼間にメリットはほぼないですが、夜車内がくらいところで充電場所をひと目で見つけることができるメリットがあります。

走行時はほぼ揺れなし

動画の通り、段差や加速した時の車の揺れに動じません。この安定感は車載ホルダー搭載する上で非常に重要なので、ガッチガチに固定してくれるのはありがたいですね!

ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器のデメリット【気になった点】

ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器も良い部分以外にもデメリットがありました。紹介します。

デメリット
  • 冷却システム「CryoBoost」の音がやや大きい
  • 冷却システム「CryoBoost」はオンオフがない
  • サイズがやや大きい

冷却システム「CryoBoost」の音がやや大きい

動画のとおり、結構音がでているのがわかると思います。

冷却システムの音量は、ちょうど車内の空調と同じような音量・音質です。ボクの場合は、慣れると全然気になりませんでした。

冷却システム「CryoBoost」はオンオフがない

冷却システムの音が大きければ、オンとオフをつかいわけたいのですが、残念ながら切り替えスイッチがないので常にオンの状態になります。

音が気になる人は要注意です。

サイズがやや大きい

飛び題し具合
左:JOYROOM
右:ESR

これは他の車載ホルダーと比較するとわかりますが、ボクがこれまで使用していたJOYROOMのホルダーより1周り大きくなっています。

おそらく冷却システムが入っているので、その分大きくなるのでしょうね。

ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器がおすすめの人

最後にESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器をおすすめの人とおすすめできない人を紹介します。

おすすめの人
おすすめできない人
  • iPhoneを充電+冷やしたい
  • 磁力が強いホルダーがほしい
  • 最新ホルダーを探してる
  • コスパ最強を求めてる
  • 大きいサイズが苦手
  • 冷却システム不要

特に本機のメリット・特徴である「iPhoneを充電しながら冷やすことができる」システムに感謝。

あとはApple純正のMagSafeとマグネットの強さがほぼ同じなのでこれも大きなメリットといえます。

逆に冷却システムが不要だったり、大きいサイズが苦手な方は変わりに小型で冷却システムのないJOYROOMのMagSafe対応の車載ホルダーをおすすめします。

ESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器 レビュー【まとめ】

この記事はESR HaloLock車載磁気ワイヤレス充電器のレビューを書きました。

これまで車載ホルダー選び・車用MagSafe充電器で失敗してきた方に、間違いなくおすすめできる製品。

特に冷却システムはほとんどのホルダーに非搭載なので、ぜひ体験してほしいと思えるほど本機は魅力が詰まっています。

本機とプラスアルファでiPad用の車載ホルダーとセットで購入するとなんちゃってApple Carの完成!夢が広がる!

一度チェックしてみてくださいね!それでは良きカーガジェットライフを。

関連 iPhone MagSafe車載ホルダーワイヤレス充電器おすすめ9選

関連 【最新版】iPhone MagSafeおすすめアクセサリー20選

関連 iPhoneと一緒に買うべき人気のアクセサリー・周辺機器のおすすめ16選

あなたにおすすめの関連記事

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時は、できるだけお得に購入しよう!

直接購入するのではなくクレジットカードでギフト券をチャージして、ギフト券で購入するとひと手間加えるだけでお得に買物できるようになります。

Amazon gift charge

\最大0.5%ポイント還元リンクはこちら/

Amazon公式
ギフト券チャージのエントリーはこちら

iPhoneのmagsafeを装着

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次