Dell U2720QM レビュー|Amazonでバカ売れしてるUSB-C対応の4KモニターMacBook持ちと相性良し

U2720QM モニターレビュー
  • Amazonで一番人気の27インチ4K画質の大モニターが気になる
  • 色域カバー率が高く美しい映像・画像を楽しみたい
  • ベゼルが極薄のモニターが欲しい

このような方におすすめできるモニターDELL U2720QMをレビューしていきます。

ボクは現在U2720QMとDELL U3223QEのデュアルモニター構成ですが、本機のU2720QMはコスパも良く長くお世話になっています。

最近、引っ越し作業中に傷が入ってしまったため、U2720QMをもう一度購入することになりました。(引っ越し業者負担で助かった)

ちなみに買い直しは新価で同等のものを購入してよかったのですが、なぜまた同じモニターを購入したのか。

この理由ですが、単純です。

長期で利用しても全く不満がなく、コスパ最強の4Kモニターを新しいデスク環境でも使用したかったから。

ボクは現在、本業勤務のだいたい2/3を自宅でPCを使った仕事をしています。仕事後は週6~7日で当ブログのコビガジェライフの記事を書く。

ざっと一日の使用時間は12時間以上。このような頻度で使用しているので、みっちりU2720QMをレビューすることができます。

先にこのモニターのメリット・デメリットをまとめていますので以下を参考にどうぞ。

Dell U2720QM
総合評価
( 4 )
メリット
  • 27インチ×4K 3840 x 2160美しいモニター
  • HDR400で映画や動画をより楽しめる
  • デュアルモニター環境構築すると圧巻
  • 付属のスタンドは幅広い可動域で多くをカバー
デメリット
  • 設定関連のボタンが見える+操作しづらい
  • スピーカー非搭載
  • HDMIポートが1つだけ

では、U2720QMのレビューを書いていきます。

目次

Dell U2720QMの基本情報

Dell U2720QMの基本情報から見ていきます。

スペック

項目詳細
モデル型番U2720QM
ディスプレイサイズ27インチ
アスペクト比16:9
液晶パネルIPS
アクティブマトリックス方式TFT
スクリーンコーディング反射防止, 3Hハードコーティング
解像度4K
3840 x 2160
画素ピッチ0.1554 mm
インチ毎ピクセル137.68
最大表示色10.7億色
輝度350 cd/m²
水平視野角
垂直視野角
178°
178°
バックライトLEDバックライト
コントラスト比1300:1
色域99% Rec 709, 99% sRGB, 95% DCI-P3
リフレッシュレート60Hz
応答速度8 ms (標準モード)
5 ms (高速モード)
映像入力DisplayPort
HDMI
USB Type-C
映像出力DisplayPort
サウンド出力3.5mmオーディオジャック
スピーカーは非搭載
USB電源供給
USB Type-C
90W
消費電力33 W
220 W(最大)
0.3 W(スリープ/スタンバイ時)
入力電圧AC 120-230 V (50/60 Hz)
デイジーチェン
PBP
PIP
調節機能チルト機能(垂直角度調節)◯
スイベル機能(水平回転)◯
ピボット機能(画面回転)◯
高さ調節機能(約15cm)◯
VESAマウント(100×100mm)◯
ポート数10
サイズスタンド付き:幅:61.13 cm / 奥行き:18.5 cm / 高さ:52.52 cm (最低ポジション)
重量6.6kg
価格約74,800円

4K3840×2160の解像度を存分に楽しむためにガッチガチに固められたハイスペックモニターに仕上がっています。

注意点

ポートは以下のとおり。

Dell U2720QMポート周り
Dell U2720QMのサイドポート

ポートは合計8個あるのでこちらをチェック↓

  • HDMI(HDCP2.2)
  • DisplayPort1.4(HDCP2.2)
  • オーディオ出力(3.5mm)
  • USB-C(映像・電力供給最大90W・データ)
  • USB-C
  • USB-A×3

ポートは少なくないため、通常使用時に困ることが少ない構成です。

このモニターのポートで目を引くポイントの1つに最大90W給電できるUSB-Cが備わっていること。その他含めてポート周りはあとでわかりやすく書きますね。

1分でわかる特徴

特徴
  • 4K 3840 x 2160の画質が圧巻で美しい
  • 色域のカバー率が超高級モニター並に高い
  • 困ることが少ないインターフェイス(ポート8つ)
  • 付属スタンドが優秀で、水平・前後・回転の調節機能に対応していて自由度が高い

27インチクラスの4Kモニターとしては、全体性能が完全上位モデルの特徴があります。

27インチモニターの何が良いんだろ…って悩んでいる人はこのモニターで一撃解決!って言えるほど、信頼できるモニターがDELLのU2720QMです。

Dell U2720Qと特徴の違いは?

本機Dell U2720QMはAmazon限定モデルです。Dell U2720QはDELL公式モデル。

どちらもスペックは同じです。異なる部分は、付属品と価格です。

モニター付属品価格(約)
Dell U2720QM
(本機)
・USB-Cケーブル
HDMIケーブル
・USB-C to USB-Aケーブル

74,800円
Dell U2720Q・USB-Cケーブル
DisplayPortケーブル
・USB-C to USB-Aケーブル

79,800円

普通の人はDisplayPortケーブルより、HDMIケーブルを使用する頻度の方が高いし、必要なら1,000円ほどで買えます。

よって、価格が約5,000円安いAmazon限定のDell U2720QMがおすすめ。

※現在はDell U2720Qは販売停止になりDell U2720QMのみです。

Dell U2720QM 開封レビュー

これまでしばらくメインで使用していたDell U2720Qですが、再購入に至った理由は「大満足モニター」だからです。

初めてDell U2720Qを導入される方は参考にしてくださいね。

パッケージ/付属品

Dell U2720QMのパッケージ
Dell U2720QMのパッケージ確認

ケーブル類などは特に固定されているわけじゃないので、到着時は結構ぐちゃって入ってます。

下部に入っているモニターはガッチリ梱包されているので安心。

Dell U2720QMモニターは丁寧に梱包されてる

モニターが背を向けた状態で、梱包されています。この状態からモニターをすぐに出すのではなく、先に付属品を出しましょう。

付属品

Dell U2720QMの付属品
Dell U2720QMの付属品ケーブル

モニター本体含めて付属品は以下のとおり。

付属品
  • Dell U2720QMモニター本体
  • スタンド
  • ケーブル類3つ(ディスプレイケーブル / USB-C to USB-Cケーブル / USB-C to USB-Aケーブル)
  • 取り扱い説明書(クイックガイド)
  • キャリブレーション工場レポート
こびぃ

HDMIケーブルが付属してないので、HDMIでモニター出力したい人は別途準備しよう!

付属スタンドで組み立ては簡単

Dell U2720QMを付属のスタンドに差し込んで組み立てていきます。

STEP:1スタンドの取り出し

Dell U2720QMスタンド

スタンドはパネルを支えるためのガッチリした強度あり。

STEP2:支柱と台座をあわせてスタンド組み立て

Dell U2720QMスタンドの取り付け

スタンドを完成させるために、支柱と台座をあわせます。上からはめ込むだけ。

Dell U2720QM後ろを回すだけ

ひっくり返すと、締めるネジがあるので、取っ手部分を取り出し指でひねりしめます。工具なしで可能。

STEP3:モニター側のVISAマウントに差し込む

Dell U2720QMモニターにくっつける

組みた立てたスタンドをモニター裏のVISAマウント側に取り付ける。はめ込むだけ。

Dell U2720QMスタンドはカチッと音がなるまで

ズッシリしていて、パネルとスタンドをあわせて10 kgあるかないかくらいの重量。

足回りがしっかりしているので、モニターも安定して立たせることができます。感覚だけどデスクがしっかりしていたら震度3程度の地震では倒れる心配がないと思う。

スタンドもモニターも色味がMacBookのスペースグレイのような深みのあるグレーカラーで高級感・

面積の大きさより厚みのあるスタンドの方がモニター下に何も置けなくて使いにくいですからね。

ディスプレイ外観

Dell U2720QMモニター正面

モニターアンチグレアタイプ(ノングレア)さらに3Hハードコーティングがほどこされているので、傷がつきにくい仕様。

外面はグレーとダーグレーのツートンカラー

背面側

背面は、マット基調のグレー+ブラックのようなダークグレーのツートンカラーで重厚感のあるデザインです。

平面モニターなのでほとんどのスクリーンバー対応

スクリーンバーはモニターに装着できる

直線モニターなので、BenQ ScreenBar Haloのようなスクリーンバーはだいたいどんな種類もモニターにひっかけることが可能。

横と上下ベゼル

ベゼルは横:8cm 上下:9cmとかなり狭いです。

薄々ベゼルでモニターを近距離・中距離・遠距離どの距離からみても野暮ったくなくシャープに締まって見えるのが最高。

Dell U2720QMキレイにかっこしょくとれる

モニター+スタンドの状態で、暗めのライティングをしてあげると重厚感と高級感のある佇まいがかっこいいです。

ザ・高級モニター!って感じ。

天板が60cmでも目が疲れにくい距離感

U2720QMとMacBook

ボクの使用デスクはFlexiSpot E8ですが、この天板は1200mm×600mm。

つまり奥行きが60cmしかないのですが27インチモニター4Kだとちょうど良いくらいの距離感を保てます。

モニターアームでの組み立てもやることは同じ

モニター裏のネジを取る
ネジ四箇所取る

U2720QMの背面にあるVISAマウントのネジを4箇所取る。

モニターにアームの根本をつける

モニターアーム(Amazonモニターアーム)を取り付ける

アームと机の部分
アームをくっつける
アームでモニターが浮く

デスクにモニターアームの土台を取り付け、組み合わせると完成です。

アームでモニターを取り付けると下に空間ができる
スピーカーなども配置可能

スタンドよりモニター下をスッキリさせることができるし、空間をうまく使うことができる。

モニターアームのディスプレイ

※画像のモニターはDELL U3223QE

やっぱりモニターアーム使用のが自分は好み。

関連 Amazonベーシックデスクマウント/シングルモニターアーム長期レビュー

ポート

U2720QMポート周り
USBーAとC

先程も紹介しましたが、各種ポートは画像と以下のとおり。

  • HDMI(HDCP2.2)
  • DisplayPort1.4(HDCP2.2)
  • オーディオ出力(3.5mm)
  • USB-C(映像・電力供給最大90W・データ)
  • USB-C
  • USB-A×3

映像出力はHDMI、DisplayPort、USB-Cの3種類から選択でき、デイジーチェーンにも対応しているためデュアルディスプレイを簡単に構築できます。

U2720Qは、USB-Cに対応していて最大90Wで給電可能なので、MacBook Air/Proを所持している人には特におすすめしたいモニターの1つです。

USB-Aも3点あるので、BenQ ScreenBar Haloのようなスクリーンバーやその他周辺機器を接続することができるので利便性が高いです。

サイズ/重さ

Dell U2720QMモニターサイズ

本機のサイズと重量は次のとおり。

サイズ/重量
  • スタンド付き:幅:61.13 cm / 奥行き:18.5 cm / 高さ:52.52 cm (最低ポジション)
  • 重さ:スタンドつきで6.6 kg

Dell U2720QMの付属スタンドの可動域をレビュー

DELL U2720QMの付属スタンドは「前後」「左右」「回転」と可動域が広く任意の位置でとめやすい設計です。

  • 前後(チルト)
    →-5°〜21°
  • 左右(スイベル)
    →90°
  • 回転(ピボット)
    →360°

左右:90°

Dell U2720QMモニター左向き
左45°
Dell U2720QMモニター右向き
右45°

左右の動作(スイベル)は、約90°で片側45°ずつ可動します。

32インチ上位モデルのU3223QEは約60°片側30°なので、かなり広範囲であることがわかります。

会議室等で利用時にモニターを傾けるときや、自宅や自室に設置していてやや狭い場所から強引にデスク側に向ける時にもこの可動範囲は役立ちます。

本機はIPSパネルなので、斜めからみてもディスプレイをしっかり目視できるのもこのスイベル角度と相性が良いです。

水平視野角が178°ある。よって、ほぼ真横からでもバッチリ映像を確認すること可能。

前後:-5°〜+21°

画像準備中

モニター角度下向き
-5°
Dell U2720QMモニター角度
21°

前後の動作(チルト)は、-5°〜+21°です。

デスクの高さ、新調、作業内容に合わせて、前後にモニター調整できるとラクな姿勢を維持しやすいので、この動作も可動域が広いので、本機は身体にやさしいモニターともいえます。

このチルト機能は、デスクの高さをワンタッチで操作できるFlexiSpot E8のような昇降デスクとの相性はピカイチです。

デスクがどの高さになっても、モニター側のチルト角度を調節するだけでベストポジションを取ることができますよ!

画面回転:360°

Dell U2720QM開店時
軽い力でモニターを回転できる
Dell U2720QMの角度調節
特別な器具は不要手で回すだけ
Dell U2720QM縦回転可能
縦モニター状態にすることも可能

画面回転(ピボット)は、360°でぐるぐる一周回すことができます。

ただ注意点があって、普通に回しても干渉して回しきれないので、一度チルトで奥側に傾けてから回す必要があります。

モニターをそのまま回すと干渉する

Dell U2720QM正面向く
この状態で回すと→
干渉する
台座と干渉する

モニターを奥にしてから回すと干渉しない

Dell U2720QMピボット使う時に回転させる必要あり
チルトで奥にしてから回すと→
Dell U2720QMは角度をつけるとキレイに回転できる
空中に浮いた状態で干渉しない

DELL U2720QMの画質・色域・デイジーチェーン接続をレビュー

Dell U2720QM画質やデイジーチェーン

DELL U2720QMの

  • 画質
  • デイジーチェーン接続

を見ていきます。

【画質】4K 3840 x 2160のVESA ディスプレイHDR 400に

Dell U2720QM正面アップ
Dell U2720QMのモニターのきれいさ
Dell U2720QMM1 pro MacBook Proの画像

Dell U2720Qは、4K 3840 x 2160のVESA ディスプレイHDR 400に対応している美しい映像を楽しむことができるモニターです。

HDRとは

HDR=High Dynamic Rangeはコントラストが高いことを指す。

コビロボ

コントラストが高いと黒がより深く表現され、白のような明るい部分はより明るくはっきりと映像として映し出されるんだよ

「コントラストが高い=より美しい映像」という認識で大丈夫です。

ちなみにDELL U3223QEはコントラスト比2000:1という化け物モニターですが、本機も1300:1と負けず劣らずのコントラスト非を誇ります。

色域

モニターの美しさ

公式発表の色域スペック

99% Rec 709, 99% sRGB, 95% DCI-P3

結果:カバー率は公称通り高い

SRGB
sRGB:100%
NTSC
NTSC:85%
AdobeRGB
AdobeRGB:87%
P3
P3:97%

※赤い三角部分がU2720QMの色域

  • sRGB
    →国際的な標準規格で液晶モニター等で広く採用されてきた規格
  • NTSC
    →アメリカの国家テレビ標準化委員会が作成したアナログテレビ方式の色域規格(判定厳しい)
  • AdobeRGB
    →Adobe Systems社が定めた規格。数値が高いほど色再現性が必要な画像編集向き(判定は厳しい)
  • P3
    →sRGBが表現する色全てを含み、かつ表現できる色合いが約25%広い

DELL U2720QMの色域測定はほぼスペック通りでした。

色域のカバー率が高いため、モニターで見た色味と実際の色味にズレが生じにくいです。

よって、クリエイティブな作業を行う人、例えばLightroomやPhotoshopのようなソフトを使う人などにおすすめのモニターです。

こびぃ

色域=色の範囲を示すものだよ!画像表示する時にどれだけ豊かに色を表現できるかを表すものだね。

【デイジーチェーン接続】

DELL U2720QMはデイジーチェーン接続に対応しているため、スマートにそしてより簡単にデュアルモニターやトリプルモニターの環境を構築できます。

デイジーチェーン接続とは
デイジーチェーン

左:DELL U2720QM(本機)
右:DELL U3223QE

デイジーチェーンと通常の接続方法の違い (1)

デイジーチェーンとは

PCからモニター1モニター1からモニター2モニター2からモニター3 …と数珠つなぎする接続方法です。

従来接続方法の1台1台のモニターに映像信号ケーブルを接続とは異なりシンプルな接続方法。配線や接続管理が効率的に行えるメリットがあります。

こびぃ

DELLのモニターすべてが対応しているわけではないから、手持ちのモニターをデュアル構築する場合は今使用してるモニターがデイジーチェーンに対応してるか確認しよう!

近年のMac / MacBookの外部モニター接続事情

人気のM2 MacBook Air/ProM1 MacBook Air/Proは、基本的に外部モニター2台同時接続ができません。

その他のMacBook・Macのモニター接続環境は以下のとおり。

Mac・MacBook外付けモニター接続台数
Mac Studio5
Mac mini1
M1 Max MacBook Pro4
M1 Pro MacBook Pro2
M2 MacBook Pro1
M2 MacBook Air1
M1 MacBook Pro1
M1 MacBook Air1

MacBookユーザーに多い、M1、M2 MacBook Air/Proは外部モニター出力は1台までの制限がかかっているんですよね。

モニターを2枚以上使用したい人はM1 Pro MacBook Pro以上のモデルを購入すると良いですよ。

DELL U2720QMを使用してみて良かった点(メリット)

DELL U3223QEを使用してみて良かった点(メリット)を5つ紹介します。

27インチ×4K 3840 x 2160美しいモニター

Dell U2720QMモニター白

27インチなので、31.5インチのDELL U3223QEなどと比較するとやや狭さを感じます。

ですが、初めて27インチモニターしかもU2720QMクラスのモニターを所持する人はこの大きさに驚きさと美しさに間違いなく感動します。

3840×2160 2画面

画面を縦に分割する時は、3列だと厳しいですが、2列だと難なく使用することが可能

27インチ×4Kになると表示領域を確保できるため、資料を開きつつ作業を行うこともノンストレスです。

ちなみにU3223QEのような31.5インチ 4Kモニターだと3列でも楽勝です。

HDR400で映画や動画をより楽しめる

You Tubeを楽しむ
動画を楽しむ

U2720QMの特徴の1つに、4K高画質 HDRモニターが挙げられます。

で、このハイスペックで動画を見ると映画・動画がより一段楽しめます。

キレイに動画を楽しめる欠点は、U2720QM以下の性能のモニターが使えなくなっちゃうこと。

デュアルモニター環境を構築すると圧巻

画像8枚ありスライド可

スクロールできます
U3223QE IPS Blackが魅せる奥深く美しい映像
U3223QE IPS Blackが魅せる奥深く美しい映像
U3223QE IPS Blackが魅せる奥深く美しい映像
U3223QE IPS Blackが魅せる奥深く美しい映像
U3223QE IPS Blackが魅せる奥深く美しい映像
U3223QE IPS Blackが魅せる奥深く美しい映像
モニターチェック
モニターチェック8枚目

画像の環境を作るだけで、これまで100%でできていた作業が、150%くらいの速さでできるようになります。初体験時には驚きを隠せないはず。

PCをよく使用する人ならデュアルモニター構成は完全にライフハックの1つ。

U2720QMをデュアルモニターで使用するメリット

ちなみにデュアルモニターで27インチモニターU2720QM使用時のメリットはいくつかあります。

  • 縦・横どちらでも使いやすい
  • 高画質・色域カバー率が高いため、もう一つのモニターに合わせやすい

モニター性能が高い方が、フレキシブルに対応できるため、デュアルやトリプルモニター構築時に感じる違和感などを覚えにくいです。

これ結構重要で、例えばモニター同士の解像度が乖離しすぎていると、モニターAからモニターBにブラウザなどを移管した時にサイズが全然異なる現象がおきるんですよね。

上記が発生すると、めちゃくちゃ使いにくいです。

U2720QMはこの性能が高いため、このような使いにくい現象が起きにくいため、複数モニター使用時に大活躍!

付属のスタンドは幅広い可動域で多くをカバー

Dell U2720QMの正面から
Dell U2720QMのスタンド裏

付属のスタンドが非常に強力で、モニターアームを使用しているかのレベルで、自由度が高いのがポイントが高いです。

モニターアーム使わない人はかなり嬉しいスタンドのはず。

Dell U2720QMスタンド横から
Dell U2720QMのサイドから

可動域が広くスムーズに動作でき、さらに安定感が高いスタンドは稀有な存在です。

可動域を再確認

  • 前後(チルト)
    →-5°〜21°
  • 左右(スイベル)
    →90°
  • 回転(ピボット)
    →360°

特に左右の動作はDELL U3223QEより範囲が広く、モニターの視野角も178°とほぼどの角度からも目視できるので、デスク環境次第ではメリットが多いモニターです。

正面向いた状態からモニターだけほぼ真横から視認できる状態まで左右を向かせることができます。

可動範囲が広いモニター使用時のメリットは以下のとおり。

  • モニターを窮屈な場所に設置する
  • デュアルやトリプルモニター環境が難しいけどモニターが自由に動けばなんとか作れる

これらの問題を解決できるのがU2720QMのモニター可動域の広さになります。

DELL U2720QMを使用して気になった点(デメリット)

DELL U2720QMを使用して気になった点(デメリット)を3つ紹介します。

設定関連のボタンが見える+操作しづらい

ボタン類が見えてしまう

ボタンの飛び出し部分がどうしても見えてしまう。

さらにボタンが押しにくい

しかも操作しづらいし、連打すると操作を受け付けないときがあったりと感度もそこまで高くありません。

DELL U3223QE電源スイッチ

DELL U3223QEのスイッチ周りはこんな感じで、モニター裏に隠れているので、表から全く見えずによりスタイリッシュに仕上がっています。

またボタンの操作性も高く、裏側にあるにも関わらず操作しやすいんですよね。反応速度も高いため感度も良いですし。

こういうボタンと比較するとU2720QMのボタンがやや使いづらく、反応も遅く感じます。

スピーカー非搭載

スピーカーではなく放熱穴
モニター下にあるのはスピーカーではなく排熱口

U2720QMみたいな、ハイスペックモニターを購入する層に合わせてだと思うのですが内蔵スピーカーはなしです。

と、言ってもモニター付属のスピーカーってスッカスカの物が多くとてもじゃないけど聞けない物が多いので、そこまでデメリットでもないかも。

別途スピーカーを購入したい人で、ワイヤレスでコスパが良いスピーカーを探してる人はAnker SoundCore 3がおすすめですよ!

【本音暴露 音質は価格以下】Audioengine A2+ Wireless レビュー|ミニマルデザインで小型コンパクトBluetooth対応スピーカー
Audioengine A2+

ちなみに自分はAudioengine A2+(ホワイト)を使用してます。完全にデザインで選びました。

HDMIポートが1つだけ

HDMIポートが1つ
HDMIポート1つ

DELL U2720QMの映像出力端子自体は

  1. HDMI
  2. DisplayPort
  3. USB-C

上記の3種類あります。

モニターにHDMIをつなげてAmazon Fire TV Stickなどの周辺機器を同時に接続したい人は、足らなくなって困る!って人もいるはず。

このデメリットはHDMI端子拡張アイテムを使用すると解決できます。

DELL U2720QMおすすめの初期設定や使い方

DELL U2720QMを使用するにあたり、おすすめの設定や使い方を紹介します。

まずはじめに専用のアプリDELL Display Managerは必須

dellアプリ

DELL Display Managerは、モニター設定をソフトウェア上から設定できるので、DELLモニター買って対応してたら絶対に入れておきたいDELL純正アプリ。

ソフトウェア上でモニター設定を細かくできる

本来はモニター設定をする時に操作のしにくいモニター裏ボタンを触ってコントロールする必要があります。

そこで、DELL Display Managerをインストールすれば、めちゃくちゃラクに簡単に設定できるようになるんですよね。

どんな設定ができるかは次のとおり。

DELL Display Managereでできること
  • 解像度の変更
  • 輝度・コントラストの変更
  • モニター分割
  • 入力ソース切り替え
  • ショートカットキーの割当
DELL Display Managereでできること モニター
DELL Display Managereでできること

全部直感的にマウスやトラックパッドで操作できるので、入れてくださいね。

>>DELL U3223QEのDELL Display Managerをインストールする

カスタムウインドウレイアウトを並べ替えも可能

DELL の画面分割
DELL Display Manager
magnet
MacアプリMagnet

Macアプリの「Magnet(マグネット)」(有料)のようにウインドウレイアウトを直感的に設定できます。これが無料で使えるのはアツイ。

難しい操作もなく、移動させたいタブをそのままドラッグしてディスプレイ上に運ぶだけで、適切なサイズに分割することができる便利機能。

カスタムウインドウレイアウトを並べ替えも可能
DELLアプリで分割設定した状態
こびぃ

DELL U3223QEでも使用している機能!作業によってはMac有料アプリのMagnetよりもDELL Display Managerの分割の方が使いやすいんだよね!

初期設定で快適に使用するために反応速度を上げておく

応答時間を変更する

フリッカーフリーのモニターなので、チラツキなどはないですが、反応速度が初期設定は「標準」なので「高速」に変更するとより滑らかな映像を出力できます。

フリッカー / フリッカーレスとは
  • フリッカー
    →LED自体を高速に点滅させているため、画面のちらつき(フリッカー)がある。
  • フリッカーフリー
    →LEDを高速に点滅させずに、輝度レベルを調整するためちらつき(フリッカー)がない。
コビロボ

フリッカーフリーじゃないパソコンだと目への負担が大きいと言われているため、長時間使用は好ましくないんだよ。よって、本機は目にも優しいモニターとも言えるね!

DELL U2720QMはこんな人におすすめ

U2720QMはDELL自信作の超高品質27インチモニターでした。

おすすめの人とおすすめできな人はつぎのとおり。

おすすめの人
おすすめできない人
  • コスパ良い4Kモニターが欲しい
  • 色域カバー率が広いモニターが良い
  • 写真/動画関連の作業をする
  • 作業領域を広く確保したい
  • 目が疲れにくいモニターが欲しい
  • 解像度は求めてない
  • もっと大きなモニターが欲しい
  • ゲーミングモニターにしたい

本機U2720QMは、Amazon・DELLでも人気トップクラスの4Kモニターです。

ボクはブロガーなのですが、ガジェットブロガーのみならずブログ関連の知り合いの多くも本機U2720QMを使用しています。

コスパ最強の4Kモニターといえばまっ先に上がるのがこのモニターでしょう。間違いない。

応答速度は5ms〜8msでリフレッシュレートが60Hzであることから、ゲーミングモニター向けではありません。

本機は、4Kモニターなだけあって解像度が高く作業領域を確保できるのですが、不要な方からすると高く感じることでしょう。

上記のような人はU2720QMよりコストを抑えた27インチモニターを推奨します。

U2720QM以外の27インチモニターならどれが良いか

「U2720QMが自分が求めてるモニターじゃないかも…」

「性能はそこまで落ちずにもう少し安いモニターがほしい」

って方は以下のモニターを参考にしてください。

特徴価格
LG
27UP600-W
・4K(3840×2160)
・HDR400
・フリッカーフリー
Amazon
43,960円
BenQ
PD2705Q
・WQHD(2560×1440)
・sRGB 100%
・フリッカーフリー
Amazon
51,700円

※価格は2023年1月時点

DELL U2720QM レビューまとめ

DELL U2720QMのレビューを書きました。

Dell U2720QM
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 27インチ×4K 3840 x 2160美しいモニター
  • HDR400で映画や動画をより楽しめる
  • デュアルモニター環境構築すると圧巻
  • 付属のスタンドは幅広い可動域で多くをカバー
デメリット
  • 設定関連のボタンが見える+操作しづらい
  • スピーカー非搭載
  • HDMIポートが1つだけ
特徴
  • 4K 3840 x 2160の画質が圧巻で美しい
  • 色域のカバー率が超高級モニター並に高い
  • 困ることが少ないインターフェイス(ポート8つ)
  • 付属スタンドが優秀で、水平・前後・回転の調節機能に対応していて自由度が高い

4K 3840×2160の高画質で作業領域が確保できる27インチモニターが欲しい!このような人はDell U2720QMを第一候補に挙げて問題なしです。

自分は現在U2720QMとU3223QEでデュアルモニター環境を構築しているのですが、マルチタスクをキレイにさばくことができるようになり毎日の作業時間短縮へと繋がっています。

本機はシングルでもデュアルでも、さらにはトリプルディスプレイ環境でも大活躍できるモニターですので、今後環境が変わるかもしてない方にもおすすめです。

これから27インチ4Kモニターを購入予定の方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

ではまた!

U2720QM モニターレビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次