COFO Chair Premium レビュー|コフォの本気が詰まった高級プレミアムチェア

COFO Chair Premium
  • 高級チェアが欲しいけど予算が足りない
  • 価格は10万円以下に抑えたおすすめのワークチェアはないかな
  • フル装備の超楽なワークチェアが欲しい

このような人にとっておきのチェア「COFO Chair Premium」を紹介します。

COFO Chair Premiumを手に入れると

  • 長時間ラクな姿勢で作業でき健康ボディになる
  • オフの時間もリラックスできる
  • 作業効率がアップして一日の可処分時間が増える

このように、COFO Chair Premiumのような優れた椅子を手に入れるだけで、人生がかわるのでは?と言えるくらいの大きなメリットを享受することができます。

COFO-Chair-Premium
COFO Chair Premium

COFO Chair Premiumに対しては、以下の理由があり期待半分、本当にそんなに良いの?という疑い半分でした。

  • 以前ボクが使用していたオカムラのシルフィーと同価格帯で、性能だけで見るとCOFO Chair Premiumが上で「作り込みが甘すぎるのかな」と思った
  • 各所から嘘でしょ?って思うほど絶賛の声

で、いざ使用してみたのですが、

結論言うと、マジで10万円以下で最高級クラスの多機能ワークチェアが欲しい方は、COFO Chair Premium一択と言っていいほど素晴らしいチェアだった。

実際に使用してみて良かった点が数多くあり、おすすめできるチェアに間違いありませんが、気になった点もあったのでこのレビューで確認してみてくださいね。

この記事でわかること

  • COFO Chair Premiumの体験談/レビュー
  • コスパ最強のフル装備ワークチェア
  • 1台20万円越えする超高級チェア顔負けのチェア

\現在割引中!/

こちらのクーポンコードをゲットしてさらに5,000円オフでCOFO Chair Premiumが手に入ります!この機会にぜひ!

公式 https://cofochair.jp/

COFO Chair Premium
総合評価
( 5 )
メリット
  • 価格10万きった高級チェア
  • 良質メッシュ素材が快適
  • 自由自在のリクライニング
  • 腰痛を軽減ランバーサポート
  • アームレスト調節が文句なし
  • デザイン良し
  • 多機能ながら直感的な操作性
デメリット
  • 側面のフレームにあたると痛い
  • スライド操作が難しい
  • ヘッドレスト前後機能がほしかった

本記事はCOFO様より製品提供いただき作成しています。

目次

COFO Chair Premiumの基本情報

COFO Chair Premiumの基本情報

Chair Premiumのレビューを書く前に「どこの国の会社」「スペック」を確認します。

COFOってどこの国の会社

​COFOは所在地が千葉の日本企業。

何をしている会社

健康分野をはじめ、美容分野などの製品企画・開発を多角的に展開している会社です。

COFO Chair Premiumってどんなチェア

「COFO Chair」シリーズは、最高のリラックス×集中空間を贈るワークチェアとして誕生しました。

2021年の9月にクラウドファンディングで、2億円という売上を叩き出した化け物チェア。

Premiumは従来型のProモデルを正当進化させたCOFO Chairのフラッグシップモデルです。

スペック

項目詳細
商品名COFO Chair Premium
型番FCC-XB / FCC-XW
カラーブラック / ホワイト
サイズ本体:幅66×奥行69×高さ115~122cm
座面高さ:47~54cm
アームレスト:高さ64~78cm
重量26kg
耐荷重135kg
素材PU
PAエンジニアリングプラスチック
メッシュ
アルミ
ガラス繊維
保証3年間
価格99,800円

Chair Premiumは多機能チェアなのですが、できることや付属している機能は以下のとおり。

ヘッドレスト2D
ジャケットハンガー
小物フック
腰背セパレート構造
アームレスト4D
可動式ランバーサポート
背面高さ調節
座面奥行調節
リクライニング角度調節

これはすごい。もはやできないことははない!ワークチェアに必要なものはすべて揃っているのではないか?というくらい超万能スペックです。

超高級チェアにも搭載していない小物フックや、セパレート構造が搭載されていて、他社製より価格が1/2~とCOFOの本気っぷりが感じ取れます。

COFO Chair Premium レビュー

癒やし+作業効率UP+健康を同時に叶えてくれるCOFO Chair Premiumについてレビューしていきます。

COFO Chair Premiumの特徴

COFO Chair
Premium
特徴
  • コスパ最強と言っていいくらいの品質↑価格↓
  • メッシュ素材で蒸れない
  • 正しい姿勢で長時間座位を保てる
  • 腰の負担を軽減
  • 疲れたらラクな姿勢を取って休憩・就寝可
  • 全6箇所 & 12調節できる機能を搭載

運ばれる時の状態

COFO Chair Premiumの外箱

結構厚めのダンボールで届きます。

ダンボールだけでもそこそこの重量があるので、1階から2階、3階のように階をまたいで持ち運ぶ方はより注意が必要。

緩衝材等

梱包寸法は77×48×72(cm)です。中は緩衝材などで保護された状態で届くので安心。

ただし、ダンボール上部は梱包がやや甘いので、逆さにすると傷が付く恐れあるので扱いは慎重に。

組み立ては30分くらい

COFO Chair Premiumの荷物

組み立てる際は、付属のシートを床に広げてその上で組み立てます。このシートと付属品の置く場所からできれば2〜3畳のスペースはほしい所。

ダンボール組み立て

ちなみに立て掛けて組み立てできるようにダンボールの蓋の内側に作る手順・方法が書かれています。

もちろん普通の取扱説明書も同梱されています。

作り方は、公式のYou Tubeや付属の取り扱い説明書に記載されているQRコード等で確認できます。

COFO Chair Premiumに座ってみた

実際にCOFO Chair Premiumに座った時の様子や各種調節機能を使った感じを書きます。

デスク付近に設置した感じ

COFO-Chair-Premiumのアームレストとデスク

超高性能なのにコストがかなり低いってことは、建付けが悪くグラつきがあったりするのかな?と思ったのですが

  • アーム部分
  • 座面と脚の接続部
  • 背もたれ部分

などのグラつきが現れやすい部分も全く問題ありませんでした。
(著者の身体スペック:183cm 75kg)

デザインは、メッシュ×アルミ素材が目を引きます。この手の素材はゲーミングチェア的な物にはあまりないタイプなので、やはりワーク・オフィス向けのチェアといえますね。

普通に作業する分には贅沢って感じるくらい座り心地良し

COFO Chair Premiumの座面は前傾チルトじゃない

座面のメッシュが快適。この時期だからってのもあるでしょうけど蒸れ知らず。(撮影時11月下旬)

裏腿部分のクッションがやや薄くは感じますが、痛みなどないのでこれはこれであり。

クッションの厚みがそこまでなく角度がつきにくい!って思うでしょうけど、リクライニング機能を使用すれば問題ないので、ボクは全く気にならない。

調整スイッチは両側面にある

リクライニングコッキング機能

チェアの座面左手側には、リクライニング固定と固定解除(フリー)のレバースイッチ。

上げ下げするだけの簡単操作で、へんな重さやつっかかりはなし。

座面高さ調節

座面右側の前方スイッチを使用すると、座面の高さ上下調整が可能。

後方スイッチは、座面を前後スライドさせることができます。

スイッチ自体は使いやすいのですが、前後スライドの操作が一度立たないとできないため、やや面倒。

Chairの角度調整

さらに右側足元付近に、リクライニング反発調節スイッチがあります。

グリップは回すだけで、反発の強弱をコントロールできます。最大40段階、ここまでいらなかったかな?ってのは正直な感想。

直感的で簡単な操作性は初めて多機能チェアを使用する人でもわかりやすく嬉しい設計です。

外観は全体メッシュ素材

メッシュ背中もたれ
メッシュ座面

プレミアム特性メッシュを使用しており、触るとやや硬めながら座ると程よく沈み込みがあるので、無理なく自然に座り続けることができます。

さらにムレにくく、太もも裏側、背中・腰といった密着する部分も快適。

長時間座って作業する人は、チェアの何かが気になって…みたいな状況を避けれます。←これ本当に重要

ヘッドレストもいい感じで頭を支える

ヘッドレストの稼働
ヘッドレストのかどう
  • 角度調節
  • 高さ調節

もたれかかると頭をいい具合にキャッチしてくれます。

ヘッドレストって、違和感があるとだいたい高さがあっていないケースが考えられますが、Chair Premiumはそんなことは想定済み。

上下に3~4cmほど調節できます。たった3cmですが、これ実は結構大きなポイントです。

頭をベストポジションで預けられるって、なんか脳内がフワッとなるくらい気持ちが良い。

伸縮性のあるオットマン

COFO Chair Premiumフットレストを上に
COFO Chair Premiumフットレストを伸ばした状態

オットマンの出し入れは力はそこまで入れずに引っ張ると出てきて、押すと収納できます。

ロック機能がないためフレームを出しやすい反面、足を置いて手前側に力が加わると意図せずに収納方向に縮まるため、この辺は好みが分かれそう。

最大120°くらいレンジがある足元部分の可動範囲

フットレストを最後まで落とした状態
フットレストを下に
COFO Chair Premiumフットレストを上に

フリー調整ができるので、任意の場所で足元部分の調整ができます。

その日の足のだるさに応じて、オットマンで休めるので、もはやソファに腰掛けるより快適に過ごせてしまうチェア。

便利なアームレスト調節

アームレスト (1)
下げた状態
7cmo上下可能
上げた状態

このアームレスト調節がイチオシ!

自分の腕ポジションを常に適正に保つことができるので

  • タイピングを多くする人
  • そもそもPC作業時間が長い人

このような人は、通常のチェアと違い作業後の腕・肩のだるさから開放されます。

作業後はこれまで感じたことがないくらい身体の疲労を感じません。

このアームレストを体験するだけでも、他の椅子で作業できない身体になってしまう…それくらい良い。

こびぃ

超メリットに感じたので、あとでもう少し詳しく紹介するね!

身体がラクになる背面部分の上下調節

上げる前
下げた状態
5cmほど上下できる
上げた状態

自分の身長に応じて背面部分の高さを調節できます。

正直言って、下げても、上げても違いがよくわからないのですが、強いて言うと腰の当たる部分がややラクかな?て感じます。

あとは、ヘッドレストが頭に近寄るって感じでリクライニングする時に恩恵を感じやすいですね。

前後スライドが思った以上に便利だった

チェア前に出す前
後ろにある状態
5cmほど前後可能
前にでた状態

デフォルトは座面が後方によっていて、背中に当たる部分との空間が少なく、窮屈な感じがでした。

座面を全面にスライドすることで、自分のお尻と背中が違和感無いポジションを取り、腰痛持ちの自分はこれで座った時の違和感をほぼ無くすことに成功。

前傾・後傾チルト状態で座面の前後調節ができるのも作業しやすくありがたいです。

脚周りは光沢アルミ

COFO Chair PremiumのChairとの接合部分

座面と脚をつないでいる接続部分。全体アルミ合金でボクが使用しているApple製品との相性も良し。デザインや素材感って大事ですからねぇ。

足部分

キャスターはポリウレタン製(PU)なので、硬すぎない素材を使用。

フローリングにチェアを直置きする人は、傷が気になると思いますが、Chair Premiumは少し柔らかいPU素材なので問題なし。

動かす時に超静かなキャスターなので嬉しい。

COFO Chair Premiumのメリット【良かった点】

超多機能で20万円クラスの高級チェアに匹敵する性能・デザインを誇るCOFO Chair Premium。

使ってわかったメリット(良かった点)を紹介します。

価格は10万円切りでほぼフル装備の高級チェア

正面からみたCoFOChair

昔のデスクではオカムラのシルフィーを乗っていたのですが、シルフィーと比較して価格はほぼ同じで機能が違いすぎることにビックリ。いや本当にビックリしました。

7年くらい前、当時のボクがこの事実を知ったら嗚咽してたかも…

COFO Chair Premiumのほぼフル装備仕様は、同額でその他のチェアを購入した人を後悔で嗚咽させる可能性のある素晴らしいチェアでした。

こびぃ

久しぶりに高級チェア系に長時間乗って、改めて椅子って…座位って… 大事だなぁと感じたよ

メッシュ素材はやっぱり快適

メッシュ部分のアップ
座面もラク
肌に直接触れる部分はアームレスト以外メッシュ素材

座面、ヘッドレストと身体を預ける部分がメッシュ素材になっているため、長時間同じ体位で作業していても、まぁ蒸れない。

蒸れないから、何も気になること無く作業に集中しまくり。

COFO Chair Premiumが来てからというもの、ボクはついつい作業時間を忘れるくらいの集中力を手に入れました。

夏で空調なしだとそりゃ気持ち悪い状態にはなるでしょうけど、適正温度で普通に使用すれば快適チェア生活間違いなし。

前傾・後傾チルト自由自在のリクライニング

チェア
モザイクありで寝転び

リクライニング機能がやっぱりチープな作りのものとは一味違いました。

一息つきたい時や楽な姿勢を取りたい時に背もたれを倒せば、通気性抜群のプレミアムメッシュ素材製の大きめな背もたれが身体を包み込んでくれます。

こびぃ

良いクルマのシートに座ったときのような快適さ!厄介なのは、仕事中も休憩したくなっちゃうくらい寝心地がいいんだよね…

そもそも操作性が良くストレスなし。ワンタッチでできるリクライニングコッキング機能も搭載。

リクライニングコッキング機能とは

リクライニング時に任意の位置で固定することができる

さらに前傾時も書き物などを集中できるし、最後傾状態+オットマン(フットレスト)を使用を使用すると寝ることができます。

ボクはヘルニアで腰痛持ちなので、身体をグッと預けると腰へ負荷が集中して痛くなることがあるのですが、COFO Chair Premiumはその痛みや怖さなし!

腰が痛くないのはリクライニング+αランバーサポートの援護が強いってのもあります。

最大125度までリクライニング可能

オットマン(フットレスト)も優秀

足元がいい感じにラクになる

長時間普通に座っていると、休憩したくなりますよね。このチェアがあれば大丈夫!

足元がめっちゃラク

数秒でこの足を伸ばした状態を作れます。ボクは身長183cmあるのですが、それでも余裕で足を伸ばせます。

足がちょうど乗る面がラウンドフォルムで、どの位置に足を置いても上手に体圧を分散してくれるため、足が痛くなったり疲労を感じにくい設計

簡単にあぐらかける

究極にだらけたいときは、スウェット×あぐらみたいな体勢も可能。

これ写真では伝わらないと思いますけど、人間辞めれるんじゃないか?ってくらい楽でビックリ。

腰痛持ちにはたまらないランバーサポート

COFO Chair Premiumのメッシュ部分
腰に当たる部分を強烈に守ってくれる
ランバーサポートとは

腰部をサポートする部分・パーツのこと

ランバーサポートがあることにより以下のメリットがあります。

  • 座った時に感じる腰部への違和感
  • 長時間座った時の疲労
  • 何より夜寝る時に腰が痛くない(著者はヘルニア持ち)
COFO-Chair-Premiumのアームレスト調節3
体圧分散で腰への負荷が少なくラクになる

腰がいたくて、病院へ何度も診察やブロック注射をしに行くことを考えると、COFO Chair Premiumへの投資は「安い」「時間の節約」どちらも実現可能。

よって、ボクみたいな腰痛持ちでコスパ最強の高級チェアを求めている人はこのメリットだけでもお釣りがきますよ!

きっと衝撃を受けるはず。

アームレスト調節が文句なし

PC作業をする上でいかに腕をどれだけラクにして作業するか

上記、COFO Chair Premiumのアームレスト調節機能のおかげで一瞬で解決できます。

アームレストの調節が合計4種類

  • 高さ
  • 角度
  • 前後
  • 左右

角度調節・高さ調節

COFOChairのアームレスト横
読書するときは内側がベスト
COFOチェア 高さ
デスクの高さに合わせることが可能

前後調節・左右調節

アームレスト調節
デスクとの距離に応じて肘をサポート
COFO-Chair-Premiumのアームレスト調節
ゆっくりリラックスする時に開くとラク

特に高さ調節がラク

手がブラブラしてラク
デスクと同じ高さへ こりゃたまらん。
デスクとお友達

デスクと同じ高さレベルにすることができるので、デスクと肘が水平のゴールデンポジションを取ることができます。

このように腕に対するストレスを与えないチェアに仕上がっていて、まだ使用して間もないですけどアームレスト周りからストレスを感じたことが一度もなし。

一度使うとこのストレスの無さは手放せません。

仕事終わっても腕がだるくないので、毎日のことを考えると最高の調節機能だなぁと感じてます。

事務所で使用しやすい

COFO Chair Premiumは背面に簡易ハンガー・荷物を引っ掛けるパーツがあります。

COFO Chair Premiumの全体

スーツやオフィスカジュアルでジャケットを羽織る人なんかは便利なハンガーつき。バッグは下段にかけることができます。

実際に使用した感じはこんな感じ。

COFO Chair Premiumでビジネスバッグをとりつけ
COFO Chair Premiumにバックパック

ビジネスバッグやバックパックを掛けてみましたが、安定性も高く、椅子を動かしても揺れ落ちたりしないので安心できます。

COFO Chair Premiumに薄手のジャケット書けた
ジャケット
COFO Chair Premiumにジャケットマフラー書けた
ジャケット+マフラー

ジャケットやジェケットとマフラーなんかをかけることがでできますが、物によってはよれることもあります。

COFO Chair Premiumはジャケットかかるもののちょっと型くずれが気になる

若干無理して掛けた感が否めないケースも。おまけ程度に考えると全然ありなんですが、気になる人はハンガーごとかけちゃいましょう。

ハンガーをかけると解決

いつものハンガーをチェアにかけっぱなしにした状態でCOFO Chairにかけると、シワも入らずにジャケットを引っ掛けることができます。

多機能ながら操作は直感的で覚えやすい

これまでの説明のとおり、COFO Chair Premiumは多機能高級チェア。

各パーツでできることをまとめました。

場所調節
ヘッドレスト・高さ
・角度
座面・前後スライド
アームレスト・高さ
・前後
・左右
・角度
リクライニング・反発
・コッキング
背面・高さ
フットレスト・伸縮
・上下

合計 → 6箇所 & 12調節

これらの調節作業に複雑な作業はなく、レバー・本体へのアプローチのみですべて直感的に操作できるので「頭を使って調節する」みたいな面倒なし。

コビロボ

ほんとCOFO Chair Premiumはよく考えられて作られているチェアだね!

COFO Chair Premiumのデメリット【気になった点】

COFO Chair Premiumのデメリット【気になった点】

座面の側面フレームは長時間肌と接触すると痛い

フレームが結構固くていたい

赤枠、座面のサイドフレームに腿裏から臀部に密着した状態で、長時間にわたり体圧が加わると痛みを感じます。

薄着が原因かな?と思い、一度画像のような厚手のスウェットで1時間くらいかけて、意図的にフレーム部分に乗りましたが痛かったです。

体格が良すぎる人以外はデメリットではないかも

足普通に載せてもそこまであたらない

じゃあどんな人でもフレームに長時間当たるのかというとそうではありません。

普通に座面の中央に座るとフレーム部分に当たることはなないので、実は気にするほどではないです。

ただし体格が良すぎる人座る時の姿勢が常に斜めになるような人要注意

座面のスライド操作が座りながらだと難しい

COFO Chair Premiumのボタン操作
前後スライドボタンは
チェアから降りて操作してる
メッシュ部分で夏も問題なし
座りながらだと前後に動かない座面

これは個体差があってボクのチェアだけなのか不明ですが、座面前後スライド機能が扱いづらいんですよね。

理由が、座位の状態で前後できないため。

座面前後させる際は、一度チェアから降りて座面の前後位置を決めて操作後に座る必要があります。

こびぃ

普段から座面の位置をそこまでいじらないから大きなデメリットではないけどね!

ヘッドレストが前後するともっと最高だった

メッシュヘッドレスト
首を前後に可動

ヘッドレストの動作は「角度」「高さ」の調節ができます。

ここに「前後」できる機能があれば最高だったなぁって感じます。

オカムラのバロンなんかはヘッドレストが前後できるんですよね。一度試座した時にこれいいなぁって思った記憶がふと蘇りました。

よって、バロンのようなヘッドレストが前後するチェアに乗りなれている人はデメリットだと感じる可能性が高いです。

COFO Chair PremiumとCOFO Chair Proの違い

COFO Chairには「Premium」「Pro」の2種類あります。違いをまとめました。

項目COFO Chair PremiumCOFO Chair Pro
カラーブラック / ホワイトブラック
サイズ本体:幅66×奥行69×高さ115~122cm
座面高さ:47~54cm
本体:幅66×奥行69×高さ115~126cm
座面高さ:47~56cm
重量26kg20kg
耐荷重135kg125kg
素材PU
PAエンジニアリングプラスチック
プレミアム特性メッシュ
アルミ
ガラス繊維
PU
アイアン
ナイロン
プロメッシュ
保証3年間3年間
背面高さ調節
座面奥行き調節
反発力調節
ジャケットハンガー
バッグホルダー
静音PUホイール
フットレスト
価格99,800円49,800円

Proにできて、Premiumできないことはありません。

素材、骨組みからPremiumは最上位モデルの仕上がり。

ボクはProに座ったことはないですが、Premiumの座り心地の良さは

  • メッシュ素材の質感の良さ
  • 背面・座面・反発力の調節

が大半を締めていると感じており、これらはProになくてPremiumでしか体験できないモノです。

機能性+質感、さらには座り心地を少しでも追求するならProではなく、Premiumを推奨します。

どちらもセール価格ありで安く買える

セールで数量限定で安くなっていることがあります。

2022年11月現在

  • Premium:99,800円→79,999円
  • Pro:49,800円→39,999円

格安になっているので、手に入れるならいま!

\現在割引中!/

こちらのクーポンコードをゲットしてさらに5,000円オフでCOFO Chair Premiumが手に入ります!この機会にぜひ!

公式 https://cofochair.jp/

COFO Chair Premiumはこんな人におすすめ

COFO Chair Premiumをおすすめの人
こんな人におすすめ!
  • 20万円前後の高級チェアと遜色ないチェアを探してる
  • デザインがズッシリしたワークチェアを求めてる
  • 予算は限られているがチェアの性能にこだわりたい

デスクワーカーに必須のワークチェアに迷っていて、コスパの良い高級チェアを探している人はCOFO Chair Premiumを一度試して見てほしい。自信を持っておすすめできます。

逆におすすめできない人は、自分のこだわりが超強い人や、歴史あるワークチェアブランドから購入したい人です。

COFO Chair Premium レビュー|超高級チェア同等クラスで価格は10万円を切るコスパ最強チェアの一つだった

COFO Chair Premium
総合評価
( 5 )
メリット
  • 価格10万きった高級チェア
  • 良質メッシュ素材が快適
  • 自由自在のリクライニング
  • 腰痛を軽減ランバーサポート
  • アームレスト調節が文句なし
  • デザイン良し
  • 多機能ながら直感的な操作性
デメリット
  • 側面のフレームにあたると痛い
  • スライド操作が難しい
  • ヘッドレスト前後機能がほしかった

COFO Chair Premiumは、ワークチェアに求められやす機能がフル装備でありながら、価格が抑えられたCOFO 本気のチェア…度肝をぬかれました。

10万円以下で最高級クラスの多機能ワークチェアが欲しい方は、マジでCOFO Chair Premiumを強くおすすめしたい。

こびぃ

昔使ってたシルフィーより、普通に座り心地が良くて多機能なんだよね…

ボクは最近スタンディングデスクでほぼ立ちながら作業をしていて、1時間のうち休憩で5~10分くらい座るのですがこの時間が今までにないくらい楽しみになりました。

座るのが楽、かつ楽しい椅子ってそれだけでロマン。椅子にロマンを感じれるのはデスクワーカーとして、これ以上ない喜びかもしれません。

COFO Chair Premiumほんと良いですよ!気になる方は一度公式サイトでチェックしてみてくださいね!

ではよきワークチェアライフを!

\現在割引中!/

こちらのクーポンコードをゲットしてさらに5,000円オフでCOFO Chair Premiumが手に入ります!この機会にぜひ!

公式 https://cofochair.jp/

COFO Chair Premium

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次