CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー レビュー|マグネットでくっつくスタンド付き充電器【CIO-W7.5W-MAS】

CIO CIO-W7.5W-MAS レビュー

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーの使用感/レビュー
  • iPhone・Apple Watch・AirPodsどれでも充電できる充電器
  • iPhoneをスタンドモードにしながら充電可能な充電器のこと

Apple製品の沼に浸かっていると、「iPhoneApple WatchAirPods」の持ち運び充電器を1つにまとめたくなります。

そんな願いを叶えてくれる充電器「CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー【CIO-W7.5W-MAS】が登場。

CIO CIO-W7.5W-MASでApple Watchを充電している状態

しかも、充電性能のみではなく「簡易スタンド付き」ときた。まさにかゆいところに手が届く、そんなCIO製の充電器。

がっつり1週間ほど使用したので、「CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー」のレビューを書いていきますね。

本記事はCIO様より製品提供いただき作成しています。

CIO製の充電器とモバイルバッテリーにはおすすめアイテムが多いので、ぜひ一度みてください。

目次

CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー レビュー

早速、「CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー 」の1分でわかる特徴から。

1分でわかる特徴

CIO CIO-W7.5W-MASの外箱裏面の情報
CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーの特徴
  • iPhone・Apple Watch・AirPodsのどれでもマグネット充電可
  • 最大出力7.5W
  • スタンドになるのでiPhoneをながら充電しやすい
  • かさばらず持ち運びやすい薄型サイズ
  • 付属のケーブルが1.5mあって使用しやすい

よくある「○○Wで急速充電!」みたいなスペック勝負ではななく、Appleで人気の「iPhone・AirPods・Apple Watch」をどれでも充電可能なマルチ充電器という点が強み。

CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーのようなマルチ充電器は1つ持っておくと、自宅でも使いやすく外出時も安心材料の1つになります。

こびぃ

何が良いって、この薄型で軽量サイズがガジェットポーチ内に入れて持ち運びやすいからいいよね!

スペック

ブランドCIO
製品名CIO-W7.5W-MAS
重量50g
サイズ横幅:60.0mm
奥行:60.0mm
厚み:16.5mm
カラー
バリュエーション
ホワイト
入力
USB-C
5V/3A=15W
9V/2A=18W
12V/1.5A=18W
最大18W
ワイヤレス充電5W/7.5W
Apple Watch充電は最大2.5W

外箱/内容物

CIO CIO-W7.5W-MASの外箱
パッケージ表面

CIOの充電機器のパッケージ用イメージカラーの「白×紫」の厚紙ベースの箱。

CIO CIO-W7.5W-MASの内容物
ケーブルが1.5mあるのは嬉しい

同梱品は本体含めて3点。

ICIO CIO-W7.5W-MASのUSB-Cケーブルは1.5m

ケーブルが1mではなく、1.5mでUSB-C&USB-Cになっているのがポイント高い!

コビロボ

CIOの製品って、こういう付属品を含めいつもかゆい・・・ところに手が届くイメージある!

内容物
  • CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー本体
  • USB-C&USB-Cケーブル(1.5m)
  • 取り扱い説明書

サイズ/重量

CIO CIO-W7.5W-MASの表面はざらつきあり

サイズは「60×60×80mm」で50gあるのでスタンド状態にしても安定する重量で、マルチ充電器として考えられた設計だと感じる。

CIO CIO-W7.5W-MASのサイズ比較
他の充電器と比較

上画像左から

  • Apple純正 Apple Watch磁気充電ケーブル
  • Apple純正 MagSafe充電ケーブル
  • CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー

中央のApple純正 MagSafe充電ケーブルとほぼ同じサイズ感で、Apple純正の Apple Watch磁気充電ケーブルより一回り小さいサイズ。

CIO CIO-W7.5W-MASはおすすめのガジェットポーチにも入る
CIO CIO-W7.5W-MASをポーチ内にしまった状態

おしゃれでおすすめのガジェットポーチでも紹介しているボクのメインガジェットケースのユウボクデイズポーチにも余裕で入ります。

CIO CIO-W7.5W-MASの重量約50g
薄型は忍ばせやすいから使いやすいサイズ感

おもさは公称50g(実測49.6g)で、厚みも8mmあるのでちょうど小型の厚焼きせんべいのよう。

サイズ/重量
  • 横幅:60mm
  • 奥行:60mm
  • 厚み:80mm
  • 重量:50g(実測49.6g)

外観/デザイン

CIO CIO-W7.5W-MASの画像

本体デザインはシンプルそのもので、側面にはUSB-Cポート×1。ここに付属ケーブルを挿すとすぐ使えます。

CIO CIO-W7.5W-MASの表面はすべりにくい

表面はシボ加工が施されており、「滑りづらく傷がつきにくい」ヘビーにガシガシ使用する人にはたまらない表面加工。

CIO CIO-W7.5W-MASのスタンド出す前

背面はアルミ素材で、中央にスタンドバーが設置。片側に指で引っ掛ける窪みがあるので簡単にスタンド形状にできます。

CIO CIO-W7.5W-MASのスタンドを出した状態

ヒンジも弱々しくなく、スタイリッシュな形のわりにiPhone 13 ProやPro Maxの重量も普通に支えることができる雰囲気あり。

CIO CIO-W7.5W-MASの充電部分

スタンドを最大限に広げた状態。ちょうどiPhone用のMOFT Snap-On スタンド(MagSafe対応)と同じくらいの角度で使いやすい。

角度は○段階のような制限はなく、可動範囲で無段階調整可能(MAX45°前後)

CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーの使用感

CIO CIO-W7.5W-MASを2ポート充電器を使用して充電する

CIO-PD20W充電器を使用していく(最大20W出力)

CIO CIO-W7.5W-MASをCIOの20W充電器で充電する

CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー は最大18W以上の充電器を推奨(CIO公式取説より)

CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーはマルチ充電機器としての性能が優秀なので、iPhone・Apple Watch・AirPodsをどれでも充電可能。

こびぃ

旅行に行く、出張に行く、でも充電器やケーブルを1つにしたい!って時に活躍できるアイテム

CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーの出力

iPhoneは最大7.5Wで充電可能。ただし、Apple Watchは2.5W(Apple純正の半分の出力)

iPhone・Apple Watch・AirPodsどれでも充電できる

CIO CIO-W7.5W-MASに置くと充電はじまる

iPhoneはMagSafe充電機器と同様で、近づけると「くっついて充電」ができる仕組みで便利。

CIO CIO-W7.5W-MASにポンッと置くだけでiPhoneを充電できる
iPhoneを充電
CIO CIO-W7.5W-MASとApple Watchを充電
Apple Watchを充電
AirPods3もAirPods Proも充電可能
AirPodsもAirPods Proも充電器に置くだけで充電できる

上画像の通り、「iPhone・Apple Watch・AirPods」とAppleのつよつよトリオを問題なく充電できています。

CIO CIO-W7.5W-MASをつけているiPhoneの裏面
がっちりくっつく
CIO CIO-W7.5W-MASをiPhoneにくっつけた側面
厚みは0.8mmでそこまで気にならない

iPhoneにいたってはApple純正MagSafe充電器のような使用感で、充電中の操作に違和感なし。

コビロボ

充電中にiPhoneを操作しても、CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーがずれ落ちることもなく安定しているよ!

iPhone・Apple Watch・AirPodsの充電時間

バッテリー残量10%増えるまでにかかった時間(前後20%→30%前後)

  • iPhone:9分
  • Apple Watch:15分
  • AirPods:11分

上記のことから、1時間充電すると「iPhone=50%前後」「Apple Watch=40%前後」「AirPods=50%前後」充電することができます。

こびぃ

正直いって、はやいわけじゃないけど3つとも充電できるところにメリットを感じる

ただし、充電時に充電器本体に熱さをやや感じる。ので計測↓

W7.5W-MASの温度は約40°近くある

iPhoneを1時間充電後にCIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーの表面温度を計測してみると「39°以上」ありました。
※すみませんサーモグラフィ所持していませんので温度計で失礼します

iPhone充電器が熱い原因とは?大丈夫なのか?でも注意点を書いていますが、熱いのはあまりよくないですからね。

コビロボ

このあと何度か計測したけど、40°を超えることはなかったよ!Apple純正MagSafe充電器より気持ち熱い程度

iPhoneを充電するときはスタンドも使いやすい

iPhone13 ProCIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーを装着してスタンド状態にして使用感を確認。

CIO CIO-W7.5W-MASの斜めスタンド
安定感ありグラつかない
CIO CIO-W7.5W-MASでiPhoneを横にして充電
横画面状態も角度的に見やすく、動画視聴も問題なし
CIO CIO-W7.5W-MASをiPhone横向けに充電した側面
側面から

スタンドの調節は可能なので、画面をみていて「ちょっと見えにくいな!」って感じたらスタンド調節で解決!(最大45°まで)

縦置きはタップ時の安定感もあり作業・ブラウジングもしやすい

W7.5W-MASのスタンド状態
当ブログのCIOレビュー検索画面
(CIO製は非常に優れた製品が多いのでぜひ見てほしい)

スタンドで支える面が小さいので、使用するまでは安定力に懐疑的だったのですが全く問題なかったです。

W7.5W-MASは立てて置いても安定感あり
安定感あり

ある程度力をいれてもずれることなく、iPhone 13 Proの操作が可能。ブラウジングとの相性は良いです。

Apple Watchはスタンド状態で充電はしにくい

CIO CIO-W7.5W-MASとApple Watchを立てて充電は難しい
くっついてもずれ落ちる

Apple Watchを充電時はスタンド状態はやめておいた方が良いです。

辞めるもなにも、めちゃくちゃ充電しにくいというかズレ落ちてくるのででたぶん使わないと思いますが。

CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーの「良かった点」「気になった点」

1週間ほど使用したCIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーの良かった点と気になった点をまとめます。

良かった点
  • Apple製品「iPhone・Apple Watch・AirPods」を充電できるマルチ性能
  • かさばらないので持ち運びに便利
  • スタンドつきなのでiPhoneを充電しながら使いやすい
  • 厚みがそこまでないのでiPhone充電時に手に持っても操作の邪魔にならない

一番良い点は、この充電器が1つあれば「外出時にケーブルも充電器も減らすことができる」ことではないでしょうか。

iPhoneとApple Watchは充電できる。iPhoneとAirPodsは充電できる。みたいな充電器はありましたが、3台とも充電できる充電器はまだまだ市場にはないですからね。

気になった点
  • 充電中にCIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーが熱くなりやすい
  • 某サイトの口コミで「Apple Watch充電中に充電が切れる」とコメントあり

さっきの充電中の確認でもあったように、充電中はCIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー本体が熱くなりやすいです。

上記は、iPhone本体にとってもあまりよくないので今後改善されるのかもしれません。

CIO CIO-W7.5W-MASでiPhoneを充電中あつくなりやすい
充電中に熱くなりやすい

ボクが使用しているCIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーはApple Watch充電時の挙動に問題はありませんでした。

ただし、某サイトの口コミでは「Apple Watch充電中に充電が切れる」とのコメントがあったところが気になるところ。

W7.5W-MASの充電はやや熱め

CIO公式はトラブル時に迅速に対応してくれるので、もし問題があるようならすぐに問い合せをしましょう。

※現在、本製品は販売中止になっているので一度回収している可能性あり>>確認画像はこちら

iPhone・Apple Watch・AirPodsを自宅のみで充電する充電器もある

本製品のCIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーは自宅 兼 外出時に使用しやすい充電器ですよね。

Belkin 3in1ワイヤレス充電スタンドもApple Watchの充電スタンドとして良い
Belkin Boost Charge Pro 3-in-1

BelkinのiPhoneMagSafe対応の3-in-1充電スタンドは、自宅でがっしりと固定して「iPhone・Apple Watch・AirPods」を充電することができます。

こびぃ

「自宅のみで使用するのか、外出時にも使用したいか」で分けて考えていいかもね!

関連記事 Belkin boost charge pro 3-in-1 レビュー

Apple Watchの充電器や充電スタンドを使用したいならApple Watch おすすめの充電スタンド・充電器でわかりやすくまとめています。

CIO製品はApple Watch用の周辺機器も充実してきた

CIO-MB20W-5000-MASのレビューまとめ

個人的には本製品のCIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーより、CIO ハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリーの方が好みでした。

CIO-MB20W-5000-MASとiPhone13 Proにくっつけてスタンド状態にした場合
iPhoneはMagSafeでスタンド充電も可
CIO-MB20W-5000-MASのバンド部分を伸ばした状態
Apple Watchは磁気充電
CIO-MB20W-5000-MASでAirPodsを充電
AirPodsはQi充電

CIO ハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー製品も「iPhone・Apple Watch・AirPods」のAppleの人気の3種を充電することができます。

外出メインで考えている方は「サッとだしてすぐに充電できるモバイルバッテリーの方がオススメですよ。

CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー レビューまとめ

CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャーについてレビューを書きました。

CIO CIO-W7.5W-MASでApple WatchとiPhoneをどちらも充電できる

最後におすすめできる人とおすすめできない人を記しておきます。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • 自宅・外出どちらでも使用したい
  • iPhone・AirPods・Apple Watchを充電したい
  • 速度はそこまで重要じゃない
  • シンプル・ミニマルデザインが好き
  • コストを抑えたい
  • 充電器が熱くなるのは嫌だ
  • 充電速度を重視したい

充電速度がない代わりに「マルチで使用しやすい」です。このあたりのトレードオフがご自身にあっているなら、ぜひ一度確認してみてくださいね。

あなたにおすすめのiPhone関連記事

CIO CIO-W7.5W-MAS レビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ
一番上へ
目次
閉じる