CIO SMARTCOBY Pro レビュー|出力30Wの10,000mAhモバイルバッテリー【MacBookも充電可】

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • CIO SMARTCOBY Pro-30Wについて
  • 「容量10,000mAh+出力30W+パススルー搭載」のモバイルバッテリーについて

iPhoneに限らず、MacBookiPadといったデバイスの外出時のお守りとも言えるモバイルバッテリー。

いざ、購入しよう!と思っても、世の中にモバイルバッテリーが有りすぎてわかりにくいですよね。

MacBook・iPad・iPhone
全部充電できるパススルー付き
モバイルバッテリーが欲しい!

こんな方にピッタリのモバイルバッテリーがCIOから発売されました。

その名は「SMARTCOBY Pro-30W」です。

他のモバイルバッテリーより突出している性能として「容量が10,000mAh+出力30W+パススルー充電」という点。さらに持ち運びやすい小ぶりサイズというおまけ付き。

こびぃ

これまでの10,000mAhクラスのモバイルバッテリーは20W出力が多く、MacBook AirのようなノートPC充電には不向きだったんよね!

本記事『CIO SMARTCOBY Pro レビュー|出力30Wの10,000mAhモバイルバッテリー【MacBookも充電可】』のレビューを書いていきます。

目次

CIO SMARTCOBY Pro-30W の特徴

CIO SMARTCOBY Proの詳細

CIO SMARTCOBY Pro-30Wは「急速充電(PD3.0QC4.0+)」「パススルー対応」「出力30W」というモバブモバイルバッテリーとしては、かなり高性能な予感がする単語が並びます。

CIO SMARTCOBY Pro-30Wの特徴
  • 約10,000mAhの大容量でiPhone12を2回以上充電可能
  • 最大出力30WでMacBook Air(M1対応)を急速充電
  • USB-C(PD3.0)とUSB-A(QC3.0)の2台同時充電
  • バッテリー残量が見やすい0%~100%数字LED表示
  • クレジットカードより横幅が小さい
  • Makuakeで5,000人以上がサポーターになった実績あり

CIO SMARTCOBY Pro-30Wは「卵サイズでPCも充電可能なモバイルバッテリー 」と公式の謳い文句に恥じないほど、コンパクトで高出力な※10,000mAhモバイルバッテリー。

10,000mAhの目安

10000mAhの容量
引用:Makuake

ノートPC系以外はだいたい1回〜2回以上は充電できる容量。

CIOは本記事の「SMARTCOBY Pro-30W」以外にもクラウドファンディングを行い、事業拡大を行っているので興味があれば下画像をご覧くださいね。

CIOはSMARTCOBY Pro-30Wとその他の種類を合わせて4種類ある
現在は4種類で10点以上

では「CIO SMARTCOBY Pro-30W」のレビューをしていきます。

CIO SMARTCOBY Pro-30Wのレビュー

CIO SMARTCOBY Proの外箱表面
外箱表
CIO SMARTCOBY Proの外箱裏面
外箱裏

重要な数字、出力や容量が大きく表示されていて見やすい紙パッケージ。本体が入っていることが確認できて、必要な情報が「スッ」と入ってくるパッケージは初心者にも優しい設計。

内容物

CIO SMARTCOBY Proの内容物は4点
CIO SMARTCOBY Pro-30Wの内容物は4点

CIO SMARTCOBY Pro-30W本体を含めて全部で4点。ケーブルはUSB-Cがついていてありがたい。

内容物
  • CIO SMARTCOBY Pro-30W
  • USB-C & USB-Cケーブル
  • 取扱説明書
  • 会社説明&SNS案内
CIO SMARTCOBY Proの付属USB-C&USB−Cケーブル
付属ケーブルはUSB-C

ケーブルはUSB-C to USB-C(0.5m)です。LightningやUSB-Aを使用したい場合は別に用意する必要あり。

ケーブルを収納する時に正直面倒くさい
Ankerケーブルは信頼できる
こびぃ

LightningもUSB-AもAnkerケーブルが耐久性高くて安全で良いよ!数年間使用しても一度も断線なし!

Ankerの柔らかくて絡まらないライトニングケーブルが特にオススメです。
Anker 絡まらないライトニングケーブルのレビューを見る

USB-A to USB-Cケーブル

USB-C to Lightningケーブル

外観/デザイン

CIO SMARTCOBY Proの本体外観表面
表面ロゴあり

本体素材は、手に馴染みやすいゴム製素材。汚れ・指紋がつきにくいですが、付着するとしっかりこすらないといけません。

こびぃ

ゴム製素材だけど、ティッシュでも引っかからずにキレイに拭き取れるよ!

CIO SMARTCOBY Proの本体外観裏面
背面

背面はなにも無く超シンプル。表面と素材は同じ。ゴム製素材のモバイルバッテリーは珍しいですね。

CIO SMARTCOBY Proの本体外観の逆側側面には製品仕様規格が表示
側面には製品仕様

CEマークFCCマークもわかりやすく表示されています。細かく充電規格も記載。充電規格って細かくてわかりにくよ!って方は下記を参考にしてくださいね。

SMARTCOBY Pro-30Wの充電規格
  • USB-C出力⇨最大30W
  • USB-A出力⇨最大30W
  • USB-C入力⇨最大20W
CIO SMARTCOBY Proの本体外観側面にはロゴとインジケータあり
逆側側面

逆側側面にはロゴとLEDバッテリーリー残量が設置されています。LEDインジケーターは数字表記なので視認性が高い。

CIO SMARTCOBY Proの側面はLEDインジケータが数字で表示あり

側面ボタンを押すと、バッテリー残量がLEDで数字表記されるのはめちゃくちゃ便利。

こびぃ

よくあるモバブモバイルバッテリーのLEDランプ4段階のような残量は細かくわからないもんね!

サイズ/重量

SMARTCOBY Pro-30Wはクレジットカードより横幅が小さい

まさに卵型サイズと呼ぶにふさわしい程のサイズ感。クレジットカードより横幅は小さい。「AUKEY Basix Mini PB-N83 」もクレジットカード型だけどさらに小さくてパワフルって普通にすごい!

SMARTCOBY Pro-30Wとその他のモバイルバッテリーを比較してもサイズはかなり小さいことがわかる

代表的な10,000mAhのモバイルバッテリーを並べてみると上画像のような感じ。「AUKEY PB-N73S」や「Anker PowerCore Fusion 10000」よりも小さいのに、一番パワフルな出力。

こびぃ

Fusion10000は電源プラグがあるから充電器としても使える。充電+モバブモバイルバッテリーでひとまとめにしたい方にピッタリの製品だよ!

Anker PowerCore Fusion 10000のレビューを見る

モバイルバッテリー CIO SMART COBYProの重量は183g

約174gとワイシャツ1枚くらいの重量で、モバブモバイルバッテリーとしては比較的に軽い部類と言える。

サイズ/重量まとめ
  • 横幅:7.7cm
  • 奥行き:5.6cm
  • 高さ:2.6cm
  • 重量:174g(公式183g)

CIO SMARTCOBY Pro-30Wの出力の確認

CIO SMARTCOBY Pro-30WUSB-AUSB-Cを搭載しています。

出力を確認していきますが、よく聞く出力や入力って何って方は下記を確認してください。

出力/入力とは

  • 出力モバイルバッテリーや充電器からiPhoneやiPad/MacBookなどのデバイスを充電するときに送り出すエネルギー※数値が高いほどデバイスが急速で充電が可能
  • 入力モバイルバッテリー本体を充電するときに受け取ることができるエネルギー※数値が高いほどモバイルバッテリー本体が急速で充電が可能

では「出力」を確認していきます。

まとめは下記の通り。

CIO SMARTCOBY Pro-30Wの出力のまとめ
  • USB-C:最大出力30W
  • USB-A:最大出力30W
    (USB-AはiPhoneは12Wまで)

細かく知りたい方用に4種類の出力確認をしていますので、1つ目「USB−Cポートで充電」以外は読みたい部分をクリックしてくださいね。

出力確認

  1. USB-Cポートで充電
  2. USB-Aポートで充電
  3. USB-CポートUSB-Aポートで充電
  4. パススルー充電

順に確認します。

1. USB-Cポート(PD)で充電

充電チェックするデバイス

  • USB-C→ MacBook Pro 13インチ
SMARTCOBY Pro-30WでMacBook Proを充電
MacBook Pro13
SMARTCOBY Pro-30WはMacBookを約30Wで充電することができる
約29.8W
理論値実測値
30W29.8W

最高30W出力に対して、29.8W

最初の40分程でMacBook Pro13インチを30%ほどまで充電できるスピード。フル充電までは3時間00分程かかりました。

こびぃ

MacBook Air13(M1含む)だと最初の30分で50%くらい充電できるよ!フル充電は1時間40分くらい!

MacBook Air/Pro以外にも一般的なノートPC(Windows、Chromebook)などもカバーしています。

USB-C(PD)を使用して、iPhoneやAndroidといったスマホも充電出来ます。
iPhoneなら約20Wほどで充電可能。※機種による

CIO SMARTCOBY Pro-30Wの入力を確認

SMARTCOBY Pro-30Wの本体充電速度(入力)

充電器は「Anker PowerPort Atom Ⅲ 30W Slim 」を使用。

SMARTCOBY Pro-30Wの本体充電は最大20W
理論値実測値
20W約19W

本体への最高入力が20Wなので、上限付近でCIO SMARTCOBY Pro-30W本体を充電できています。

本体充電時間

  • 約10分後:〜13%
  • 約60分後:〜75%
  • 約90分後:〜100%

多く見積もって2時間もあれば、本体を0%⇨100%のフル充電。やっぱり入力が20Wもあると早く充電を終えることができますね。

20Wあれば本体へ急速充電できる

30WあればMacBook Airの急速充電器にもなる

CIO SMARTCOBY Pro-30Wを使用して感じた『良かった点』

CIO SMARTCOBY Pro-30Wは使用してまだ1ヶ月少々使用しました。

実際に使用してみて「良かった点と気になった点」が見えたので、それぞれ書いていきます。

良かった点

  1. 10,000mAhの容量かつで30W高出力
  2. 軽くてコンパクト
  3. LEDインジケータが見やすい数字表記で見やすい
  4. パススルー充電性能

良かった点4つを順に確認します。

1. 10,000mAhの容量かつで30W高出力

大容量かつ高出力という2大武器を所持
  • 容量10,000mAhはiPad(mini、無印、Air、Pro)のどれでも約1回は充電できます。
  • さらに30Wの出力があるので、MacBook Air(M1対応)や各種ノートPCを急速充電できる。

上記のメリットは、購入前にわかっていたことですが、やはり魅力的でした。10,000mAhのモバイルバッテリーって30W以上ある高出力製品ってほぼありませんからね。

2. 軽くてコンパクト

SMARTCOBY Pro-30Wのサイズを比較
大容量・高出力ながらかなり小さい

モバイルバッテリーに関しては外で利用することが大前提なので、「軽くてコンパクト」は正義。

10,000mAhで代表的なモバブモバイルバッテリーと比較▼

スクロールできます
製品名最大出力サイズ
CIO
SMARTCOBY Pro-30W
30W横幅:7.7cm
奥行き:5.6cm
厚み:2.6cm
Anker
PowerCore Fusion 10000
20W横幅:8.2cm
奥行き:8.2cm
高さ:3.5cm
AUKEY
PB-N73S 10,000mAh
18W横幅:14.2cm
奥行き:6.8cm
高さ:1.6cm

容量は10,000mAhと同じながら、一番コンパクトなサイズにおさまっていることがわかります。

3. LEDインジケータが見やすい数字表記で見やすい

CIO SMARTCOBY Proの側面はLEDインジケータが数字で表示ありCIO SMARTCOBY Proの側面はLEDインジケータが数字で表示あり
CIO SMARTCOBY Pro-30W

LEDで数字が表示されると見やすく、残量がわかりやすい

他のモバイルバッテリー

よくあるタイプはLEDランプ系で4段階や8段階が多い

こびぃ

バッテリー残量が数字で可視化されているのは想像以上に使いやすい!

4. パススルー充電性能

SMARTCOBY Pro-30Wでパスするー充電でスマホを充電する

スマホもモバイルバッテリーどちらも残量が少なく、同時に充電したい!って考えている時にはやはりパススルー充電機能はありがたい。

一気にモバイルバッテリー本体とデバイスを同時充電できるので、急いでいるときは特にメリットに感じました。

合計10W程度に抑えられる点のみ要注意。

こびぃ

時間に余裕があるときは、パススルーではなく、本体とデバイスは別々に充電したほうが早いよ!

CIO SMARTCOBY Pro-30Wを使用して感じた『気になった点』

気になった点

  1. 電源プラグがついていれば完全体

気になった点というか、あればもっと良い!って内容です。

1. 電源プラグがついていれば完全体

SMARTCOBY Pro-30Wは小さいながらハイパワーでも電源プラグがない
電源プラグが欲しい

モバイルバッテリーなので、もちろん電源プラグはありませんが、あれば最強だと感じました。

充電器+モバイルバッテリーも実は使い勝手がかなりいいんですよね。

そういう意味では、本記事のCIO SMARTCOBY Pro-30WとAnker PowerCore Fusion 10000が比較対象になるのかなと。

  • CIO SMARTCOBY Pro-30W」は『最高出力30W+10,000mAh+コンパクト』という高スペックは非常にありがたいですが、モバイルバッテリーのみの高出力性能。
  • Anker PowerCore Fusion 10000」は『最高出力20W+10,000mAH+電源プラグ』があるため、モバイルバッテリー+充電器のハイブリッドで取り回しが効きやすい性能。
こびぃ

『出力を重視するか。フレキシブルさを重視するか。』が悩みどころ!

よって、ノートPCにも相性の良い30Wの出力があるSMARTCOBY Pro-30Wに電源プラグがつけば最強だなと感じました。

CIOとは他ブランドですが、コンセント付きのモバイルバッテリーも多数出回っているので、参考にしてくださいね。

コンセント付きのおすすめモバイルバッテリーを見る

CIO SMARTCOBY Pro-30Wのレビューまとめ

CIO SMARTCOBY Pro-30W
特徴まとめ
  • 約10,000mAhの大容量でiPhone12を2回以上充電可能
  • 最大出力30WでMacBook Air(M1対応)を急速充電
  • USB-C(PD3.0)とUSB-A(QC3.0)の2台同時充電
  • バッテリー残量が見やすい0%~100%数字LED表示
  • クレジットカードより横幅が小さい
  • Makuakeで5,000人以上がサポーターになった実績あり

CIO SMARTCOBY Pro-30WはノートPC+小型デバイスを所持している方にピッタリのモバイルバッテリーでした。

やっぱり『10,000mAh+30W+パススルー充電』は強かった…という印象。さらに価格も安く抑えられているため、かなりお買い得モバイルバッテリーと言えます。

こびぃ

MacBookとなにかを充電したい!と考えている人には最適解のモバブモバイルバッテリーって自信を持って言える!

CIO SMARTCOBY Pro-30W
使用感
98
デザイン/質感
95
価格
95
総合評価
97

CIOのスマホ特化モバイルバッテリー

ハイブリッドタイプをまとめて見る

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる