CIO SMARTCOBY PRO PLUG レビュー|待望の30W出力+2ポートのハイブリッドタイプ充電器が登場!

CIO SMARTCOBY PRO PLUG レビュー

CIO充電器とモバイルバッテリーマニアのこびぃです。

個人的にですが、ようやく待ちに待った30W出力の充電器+モバイルバッテリーがCIOから出ました。現在は一般販売はまだです。(クラウドファンディングで応援購入しました)

CIO SMARTCOBY PROーPLUGとアップル製品
画像のアイテムを同時に2台充電できます

ボクは、過去にCIO SMARTCOBY Proのレビューを書いた時に残念なポイントに「ハイブリッドじゃなかった」ことを挙げましたが、ついにプラグありのハイブリッドタイプの30Wが実現。

これはかなり期待できるということで、今からレビューを書いていきます。

こびぃ

これ1つあればコンセントがない環境でモバイルバッテリーとして使って、コンセントがあれば充電器として使えるよ!

おすすめの人おすすめできない人
充電器とモバイルバッテリーをひとまとめにしたい

自宅でも外出でも使用できる充電機器がほしい

MacBook Airクラス以下のデバイスを充電したい
MacBook Proクラス以上のデバイスを充電したい

とにかく軽い充電機器がほしい
自宅作業がメイン

本機はまだ一般販売化されていません↓

目次

CIO SMARTCOBY PRO PLUGってどんなモノ?特徴をレビュー

CIO SMARTCOBY PROーPLUGとはなかなかおもたい

CIO SMARTCOBY PRO PLUGは、充電器とモバイルバッテリーの両機能を持ち合わせた充電器+モバイルバッテリーです。特徴は以下のとおり

特徴
  • コンセントを挿しても挿さなくても使用できる充電器 兼 モバイルバッテリー
  • 今までになかった「出力30W・容量10,000mAh」のハイブリッドタイプ
  • 2ポート利用時に最大出力30Wを維持できる
  • 充電器とモバイルバッテリーの一元化で荷物を少なくできる

順に見ていきます。

コンセントを挿しても挿さなくても使用できる充電器 兼 モバイルバッテリー

CIO SMARTCOBY PROーPLUGのケーブルを抜いても問題なし

充電器とモバイルバッテリーの性能を持ち合わせているので、コンセントありコンセントなしのどちらでもMacBookやiPad、iPhoneを充電することができます。

今までになかった「出力30W・容量10,000mAh」のハイブリッドタイプ

コンセントつきの充電器・モバイルバッテリーのハイブリッドタイプで、MacBook Airクラスを充電できるハイブリッドタイプは有名企業からでていませんでした。

本機は、容量10,000mAhで出力は30W

容量10,000mAhの充電回数と各デバイスの推奨出力

デバイス充電回数(約)推奨出力
MacBook Air0.5回30~45W
iPad Pro0.7回30~45W
iPad Air0.8回30W
iPhone 13Pro2回20W
ニンテンドースイッチ1.5回39W

上記のとおり、容量10,000mAhのモバイルバッテリーでiPhoneや任天堂スイッチは1回以上充電でき、iPad AirやiPhoneだとフルスピードで充電できます。

MacBook Air・iPad Pro・スイッチは約70 ~80%の充電速度です。

こびぃ

本機はそういう意味でも待望していた高出力ハイブリッドタイプの充電器+モバイルバッテリーだね!

コビロボ

本機はニンテンドースイッチ用のモバイルバッテリーとしてもおすすめできる性能だね!

Anker製のハイブリッドタイプをついに上回った

これまでは20Wだった
左:CIO SMARTCOBY PRO PLUG
右:Anker PowerCore Fusion 10000

iPhoneモバイルバッテリーで大人気の、Anker PowerCore Fusion 10000が、ハイブリッドタイプ界を引っ張ってきましたが、本機SMARTCOBY PRO PLUGがスペックを上回ってきました。

ポート部分比較
左:CIO SMARTCOBY PRO PLUG
右:Anker PowerCore Fusion 10000

ポート等もほぼ同じ構成ですが、CIO SMARTCOBY PRO PLUGのほうが出力はワンランク強く、サイズ・重量が一回り小さいです。

スペック比較

項目CIO
SMARTCOBY
PRO PLUG
Anker
PowerCore
Fusion 10000
ポート数2ポート2ポート
ポート種類USB-C

USB-A
USB-C

USB-A
1ポート
最大出力
30W20W
2ポート
最大出力
※同時利用時
30W+12W
合計42W
ポート別出力は
接続デバイスにより異なる
合計15W
モバイル
バッテリー容量
10,000mAh10,000mAh
サイズ
重量
79×79×26 mm
265g
82×82×35 mm
278g
価格一般販売予定
約6,570円
Amazon
約5,290円
本機のスペックがまさっているポイントが赤文字
こびぃ

今まで30Wのハイブリッドタイプがなかったから、MacBook AirやiPad Pro持ちの人は相当嬉しいのでは?!

2ポート利用時に最大出力30Wを維持できる

CIO SMARTCOBY PROーPLUGとのポート周り
2ポート利用時に使用しても1ポート最大30W維持

さらっと書いていますが、この2ポート利用時に30W維持できるって相当すごいんですよね

よくある充電器って、最大30Wで2ポート!みたいなモノが多いのですが、30W出る構成は1ポート利用時のみが一般的(常識)だったんですよ。この常識を覆しました。本機は1ポート利用でも2ポート利用でもUSB-Cの出力が30W維持できる希少タイプです。

充電器とモバイルバッテリーの一元化で荷物を少なくできる

CIO SMARTCOBY PROーPLUGは荷物をひとまとめにできる
左:充電器+モバイルバッテリー
右:CIO SMARTCOBY PRO PLUG

画像左側にある容量10,000mAhモバイルバッテリーのCIO SMARTCOBY ProとApple純正30Wの充電器を画像右側本機一台にまとめることができます。持ち運びを前提に考えていて、かさばらない高出力充電機器を持ち運びたい方からすると願ったりかなったり。

充電器とモバイルバッテリーだと小ガジェットポーチに入らない
充電器+モバイルバッテリー
セットはミニポーチに入らない
CIO SMARTCOBY PROーPLUGは小ガジェットポーチに入る
本機だとミニポーチに入る

ミニマリスト向けのガジェットポーチでおなじみのTOFTPOUCHだと、充電器+モバイルバッテリーセットだと収納できませんが、本機だと収納できます。まじで完璧すぎる一元化。

こびぃ

CIO SMARTCOBY PRO PLUGの特徴は、次世代型の高出力ハイブリッドタイプのミニモバイルバッテリーということがわかる

CIO SMARTCOBY PRO PLUGの開封レビュー

本機CIO SMARTCOBY PRO PLUGのパッケージからみていきます。

パッケージ/付属品

CIO SMARTCOBY PROーPLUGパッケージ

何度見てもやっぱり30W+12Wって凄いと思うんよね。しかもモバイルバッテリー+充電器。旅行、出張のときなんかこれ1つあれば安全を確保できるハイブリッド充電器。

CIO SMARTCOBY PROーPLUGの付属品

付属品は合計4点です。注意書きが入っているので、アップにすると色々かいてます。

【充電時の注意書き】ケーブルを挿しっぱだと充電できない時あり

CIO SMARTCOBY PROーPLUGの注意点

モバイルバッテリーへの負荷をなくし」、バッテリー残量が減らないようにするための仕様みたい。

付属品
  • CIO SMARTCOBY PRO PLUG 本体
  • 取り扱い説明書
  • SNSの案内
  • 充電時の注意書き

サイズ/重量

CIO SMARTCOBY PROーPLUGのサイズ感
CIO SMARTCOBY PROーPLUG 262g

サイズはメモ帳とのことですが、クレカより縦尺が短いコンパクトサイズ。iPhoneの長さ半分くらいですね。重量は262gなので重たく感じます。

とはいえ、充電器+モバイルバッテリーで考えると重量変わらない

充電器とモバイルバッテリー単体の重量

  • 30W2ポート充電器(平均100g前後)
  • 10,000mAh容量のモバイルバッテリー単体(平均150g前後)

※上記参考にしたのはiPadおすすめ充電器iPadおすすめモバイルバッテリーです。

このようにしてみると、ボディが1つになって総重量がそこまで変わりません。充電器とモバイルバッテリーを2個持ちするなら、CIO SMARTCOBY PRO PLUGを1つ持つ方がなにかあった時に困らないしコンパクトになるので使いやすいと感じます。

Apple製品だと、M1チップのMacBook Air/Proが驚異的なバッテリー持ちになっているので、M1持ちユーザーはそもそも普段はモバイルバッテリーが不要説あり。

外観/デザイン

CIO SMARTCOBY PROーPLUG本体外観

本体外観はシボ加工+すべりにくい素材を採用。皮脂汚れも傷もつきにくいタイプなので、この当たりもAnker PowerCore Fusion 10000より印象良し。

コンセントを挿しても挿さなくても使用できるハイブリッド型

CIO SMARTCOBY PROーPLUGプラグ収納型
モバイルバッテリーとして使用するときはプラグを収納
CIO SMARTCOBY PROーPLUGでiPadだけ充電
モバイルバッテリー状態
iPadも最大30Wで充電

何度も言っていますが、本機は充電器としてもモバイルバッテリーとしても使えるハイブリッドタイプ。上画像のようにコンセントなくてもデバイスの充電ができます。

CIO SMARTCOBY PROーPLUGプラグ飛び出しあり
コンセントがあれば充電器として使える
CIO SMARTCOBY PROーPLUGをプラグにさした状態でiPadだけ充電
充電器状態
こっちもiPadを最大30W充電

プラグを出してコンセントに挿すと、即座にモバイルバッテリーから充電器として早変わり。ボクはハイブリッドタイプのモバイルバッテリーを結構使ってきたのですが、なにが便利ってどちらも使えることなんですよね。

こびぃ

作業する場所、例えばカフェによってはコンセントがなかったりするから、長時間作業をするとバッテリーが足らなくなるけどこれがあれば大丈夫!

コビロボ

しかも本機は30W+12Wを維持できるから、MacBookとiPhoneやiPadとiPhoneを同時に急速充電できるのが大きいよね!

バッテリー残量はLEDライト4段階カラー表示

CIO SMARTCOBY PROーPLUGの充電量赤
赤:25%以下
CIO SMARTCOBY PROーPLUGの充電量ブルー
青:26%〜50%
CIO SMARTCOBY PROーPLUGの充電量グリーン
緑:51%~75%
CIO SMARTCOBY PROーPLUGの充電量紫
紫:76%~100%

モバイルバッテリー容量の残量はLEDライト4色で判断することができます。

モバイルバッテリー残量
  • LED赤:25%以下
  • LED青:26%〜50%
  • LED緑:51%~75%
  • LED紫:76%~100%
こびぃ

カラーで表示は初めて見たパターンだったけど、CIOさんお得意の%表示が個人的には残量がわかりやすくて好きだったから残念。

CIO SMARTCOBY PRO PLUGの充電性能「出力/入力」をチェック

まずは各ポート使用時のワット数をチェック。

CIO SMARTCOBY PROーPLUG1ポート利用時
1ポート時
CIO SMARTCOBY PROーPLUG2ポート
2ポート時

いや〜なんどみても2ポート使用時が本当に凄いな、と。この出力構成でこのサイズ感はCIOさんが相当頑張って開発した証だと思います。

こびぃ

CIO SMARTCOBY Proが出た時にこのサイズ感で、あとプラグがあれば!って声が結構あって、CIOさんが気張って製品化してくれたと思ってる!

じゃあ、充電時を念のためさらっとチェックします。

1ポート時はMacBook AirやiPad Pro、iPad Airクラスを最大30Wで充電

CIO SMARTCOBY PROーPLUGでMacBook充電
MacBook AirやMacBook Proを最大30Wで充電可
CIO SMARTCOBY PROーPLUGの出力30W
出力約30W

MacBook Proで充電しましたが、30W付近で充電できました。この出力があればMacBook Airを約2時間でフル充電できます。

2ポート時は最大30W+最大12Wで合計42Wで充電

CIO SMARTCOBY PROーPLUGでiPhoneとiPadを同時充電
iPad+iPhoneも充電できる
CIO SMARTCOBY PROーPLUGでiPhone2台充電
スマホ2台持ちの人も便利

「MacBook Air+α」で充電できるし、画像のように「iPhone+iPad」や「iPhone+iPhone」みたいな充電も急速でできます。

こびぃ

やっぱこの合計42Wってまじで強烈やと思う!すごいわ。

長時間使用しても大して熱くならなかった

CIO SMARTCOBY PROーPLUGの温度
2時間ほど2台充電した時の温度が33度くらい

CIO SMARTCOBY PRO PLUGは、パワフルな性能なのに冷却性能も高く発熱が抑えられていました。過去のCIO製で、熱いモバイルバッテリーもあったのでこれは安心して使用できます。

本体モバイルバッテリーの蓄電時間が2時間30分

CIO SMARTCOBY PROーPLUGをコンセントに挿した感じ
2時間30分でフル充電

本機のモバイルバッテリー容量10,000mAhを0%→100%にするまでに要する時間は2時間30分ほど。これは平均的な速度です。フル充電時はiPhone 13 Proを2回ほど充電できます。

コビロボ

遅いモデルだと4時間以上かかったりするよね。爆速系は1時間30分くらい!

CIO SMARTCOBY PRO PLUGの良かった点・気になった点

本機の良かった点のメリットと気になった点のデメリットを紹介します。

メリット
  • 30W+12Wの合計42Wが今までに無い充電規格で強烈
  • 荷物を一元化できる
  • 旅行・出張時に1つあれば安心できる利便性の高さ
  • 連続で続くWeb会議や長時間カフェ作業時などでコンセントがないと助かる

2ポート利用時でコンセントがある環境だと自宅でも中型デバイス×2台を充電できるので、固定して充電器としてもつかいやすいです。

旅行の時のカメラのモバイルバッテリーとしても活躍できるし、出張時に色々追われていて充電を忘れたときなんかにも大活約。

あと、長時間コンセントがない場所での作業時に本当に助かるのがこのハイブリッドタイプなので、今の作業環境に困っている人はぜひチェックしてほしいガジェットの1つ。

デメリット
  • ロングバッテリーデバイスをもっている人は重要度が低い
  • コンセントが常にあるような環境で作業している人は不要
  • 充電器+モバイルバッテリーで軽くはない

前者2つはデメリットというか、合わない人かな?と思いました。

充電器+モバイルバッテリーの性能が合わさっているので、重量は200gを越えていて決して軽くはないです。

ですが、さきほどお伝えしたとおり、充電器とモバイルバッテリーの単体同士の重量と比較するとノイズ程度しか変わりません。

普段から、充電器とモバイルバッテリーを1つずつ持たないといけないデバイスや作業環境の方はこのハイブリッドタイプはかなり重宝するのは間違いないでしょう。

追記:やっぱり旅行や帰省にも使いやすいハイブリッド型だった

CIO SMARTCOBY PROーPLUGは使いやすかった

この記事を書いてから一週間後にGWでプチ旅行と帰省をしたのですが、本当に便利だった。

なにがって普段より写真や動画を撮る回数が増えてバッテリーが一日持たない→即「モバイルバッテリー」として充電。

旅館内や実家内にいるときは「充電器」として使用できる。

上記のようにフレキシブルに使用できるハイブリッド型は、荷物を1つ減らし、かつコンセントがあるところとないところで使用できるためやっぱり旅行や遠出する時に相性最強でした。

こびぃ

普段行かないような場所に行くと、写真や動画をバンバンとるからバッテリー持ちが良くなった最新iPhoneでも充電が必要になるケースが出てくるからね。

CIO SMARTCOBY PRO PLUGのレビューまとめ

本記事は「CIO SMARTCOBY PRO PLUGのレビュー」を書きました。

CIO SMARTCOBY PROーPLUGとiPadとMacBook
おすすめの人おすすめできない人
充電器とモバイルバッテリーをひとまとめにしたい

自宅でも外出でも使用できる充電機器がほしい

MacBook Airクラス以下のデバイスを充電したい
MacBook Proクラス以上のデバイスを充電したい

とにかく軽い充電機器がほしい
自宅作業がメイン

今、リモートワークで自宅作業中心の方なんかは、充電環境に困ることはないでしょうし、旅行や出張のような遠出することが少ない方もそこまで必要ではないかな?と思います。

本機のスペックの高さに魅了される方はもちろんのこと

「日頃から異なる場所でPCやタブレットで作業する方」「出張・旅行が多い方」は1つあると安心感に繋がるガジェットの1つなので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。ではまた!

本機はまだ一般販売化されていません↓

CIO SMARTCOBY PRO PLUG レビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる