CIO-PD20W レビュー|500円玉サイズの極小2ポートの20W急速充電器

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • CIO-PD20W充電器について
  • 20Wでスマホを急速充電できる充電器のこと
  • 2台同時充電で15W~20Wで充電できる充電器のこと

まもなくiPhoneの次モデル13シリーズが販売開始されます。それに伴い各社アクセサリー・周辺機器の販売も続々と開始。

本記事ではCIOから新たに登場したこれまでにない20W急速充電器の登場!これがスゴイんですよ。

CIO-PD20Wは2ポートで1ポートの20W充電器とサイズが変わらない
20Wの小型充電器で2ポートはCIOだけ

なにがすごいかって

  • 旧型のiPhoneに付属していた5W充電器(上画像左)とほぼサイズは変わらず、パワーは4倍!
  • Ankerのnano20W(上画像右)でも成し得なかった3cm角で20W+2ポート

これから20W充電器を揃える方はぜひ一考する価値のある充電器に仕上がっています。

正直充電器を買い漁っているボクから言わせてもらうとモンスター充電器。

こびぃ

iPhone13シリーズも充電器が付属しないから、20W充電器が一つあると超便利だよ!

それでは「CIO-PD20W レビュー|500円玉サイズの極小2ポートの20W急速充電器を書いていきます。

CIO-PD20Wはこんな方におすすめ
  • 20W充電器がない
  • デバイスを2台同時充電したい
  • iPhone12や13シリーズを購入予定
  • PPS対応充電器が欲しい(1C1Aタイプ)
  • 安心できるメーカーのモバイルバッテリーがいい

▼9/16現在まだ公式で販売開始されていません

目次

CIO-PD20W(2C)の特徴

CIO-PD20Wの側面に特徴記載

CIO-PD20Wは、「500円玉サイズの極小設計」「PD20W」「2ポート搭載(USB-C×2もしくはUSB-C×1+USB-A×1)」の高性能PD急速充電器です。

こびぃ

iPhoneやAndroid、Pixelなどのスマホと相性抜群!

特徴をまとめると下記の通り。

CIO-PD20Wの特徴
  • 指に乗る極小サイズ
  • 20Wで急速充電
  • 2台同時充電可能(合計20Wか合計15W※タイプにより異なる)
  • 重量は単三電池約2個分の35g
  • iPhoneを30分で50%充電可能
  • このサイズ感で2ポート20W充電器は他にない唯一無二

これぞスマホ用の充電器として求めてたスペック!といっても過言ではないでしょう。

CIO-PD20Wとその他の充電器比較

これまで小さくてパワフルといわれてきていた「Anker PowerPort Ⅲ Nano 20W(上画像中央)」「DIGIFORCE 20W(上画像右)」と本機のサイズ感と出力は変わらりません。

それなのに2ポート搭載ですからね。迷ったらコレ!迷わなくてもコレ!と言える魅力がたっぷり。

コビロボ

最近は充電器もモバブもCIO製の製品が一歩先を行っている気がしてならないね!

製品仕様/スペック

ポートがUSB-C×2の本機ではなく、同シリーズでUSB-C×1&USB-A×1のモデ「PD20W1C1A」もあるのでそちらのスペックもおいておきますね。

CIO-PD20W(2C)のレビュー

CIO-PD20Wのパッケージ

CIO-PD20Wは今回はMAKUAKEで応援購入。最近案件をいただけるようになったCIOさんなのですが、全力で応援したくて実費で購入レビューです。

こびぃ

CIOさんの製品に最近どっぷりハマってるのでこのまま突き抜けてほしい!日本製品だし頑張って〜!

CIO-PD20Wのパッケージ裏
保証期間などの記載あり

いたって普通のパッケージです。サポートセンターに電話したことありますが、担当者の方がすごく丁寧だった印象。何かあればウラ面の電話番号にかけてくださいね。

CIO-PD20Wの同梱品は3点
同梱品は3点

CIO-PD20W2C本体含め3点。充電器では珍しくトラベルポーチつきです。プラグが収納できない充電器なのでこの配慮はうれしい。

内容物
  • CIO-PD20WC2本体
  • トラベルポーチ
  • ユーザーマニュアル

外観/デザイン

CIO-PD20Wはキャップつきで最高

プラグはキャップがついていて、本体にも透明シートをかけてくれている気のかけよう。20W充電器で本体をここまでカバーしている製品を見たことがない。

こびぃ

CIOさんの製品愛を感じるね

CIO-PD20Wはつまめるサイズ感
めちゃ小さい

製品コンセプトでもある「指のりサイズの最小級充電器」とのこともあって、まじでバチクソ小さい。極小サイズ。

CIO-PD20Wのポート部分
USB-C×2ポート

この小ささによくポートを2つ入れることができたよね〜と感心せざるを得ない。ポートとポートの間は指一本も入りません。

CIO-PD20Wのプラグ内側に各規格表示あり
マットな質感

プラグの中側に各種規格の表示。充電ルールが細かくてわかりにくよ!って方は下記を参考にしてくださいね。

CIO-PD20WC2の充電規格
  • USB-C×1で充電⇨最大20W
  • USB-C×2で充電⇨最大15W(2ポート合計)

サイズ/重量

CIO-PD20Wは手のひらで握り込めるサイズ
余裕で握り込める
CIO-PD20Wの重量約35g
重量は約35g

実は公称ミスなのかMAKUAKEでは45g重量表示になっていますが、実際は35g。

サイズまとめ
  • 横幅:2.8cm
  • 奥行:2.8cm
  • 厚み:3.0cm
  • 重量:35g

他の充電器とサイズ比較するとより凄さがわかる

CIO-PD20Wと他の20W充電器3つと比較
よく比較される20W充電器たち

上画像左から

コビロボ

この4台の充電器の特徴はすべて20W出力!ということだね。

実は並べると本機CIO-PD20W2Cの凄さがよくわかります。

CIO-PD20Wと他の充電器比較4サイズ
左から二番目がCIO-PD20W(本機)

プラグまでのサイズ感はmm単位の世界で正直どれでも同じっちゃ同じ。じゃあ、何がそんなにスゴイの・・・・・・・・・・?!ってなりますよね。↓の画像がその凄さのすべて。

CIO-PD20Wと他の充電器ポート部分確認
左から二番目がCIO-PD20W(本機)

まぁ冒頭でも言いましたが、本機CIO-PD20W2Cのみ2ポート仕様なんですよ!これがかなり便利。サイズは同じで最大出力20Wは変わらず、単純に充電できるデバイスが一台増えるってありがたすぎないですかね。

いやほんと、これまでの20W充電器の常識でいうとまさに規格外!スゴイ!

こびぃ

iPhoneのようなスマホ2台同時充電や、スマホとイヤホン、スマホとウェアラブル端末などを同時に充電できるんだよね!

この時点で20Wの充電器はこれでいいやん!ってなりますが、念の為出力チェックをしておきます。

▼9/16現在まだ公式で販売開始されていません

CIO-PD20W(2C)で充電して出力チェックしてみた

全部見るのは面倒!って方向けにCIO-PD20W(2C)出力時のポイントのまとめを先に確認▼

出力ポイントまとめ
  • 1台充電時は最大20W(ポートはどちらでもOK)
  • 2台同時充電時は合計最大15Wで調整がはいる
  • 別タイプのCIO-PD20W1C1Aなら2台同時充電時も最大20W

では出力の確認をしていきます。

1台充電時は20Wで急速充電可能

本機はPD対応型なので急速充電が可能になっています。なので最大20W出力。

CIO-PD20WでiPhone1台充電

iPhone12ProをUSB-Cで充電

CIO-PD20Wで1ポート使用時は20W

約18.9W

理論値測定値
20W18.9W

iPhoneを30分で50%ほどで急速充電してくれました。フル充電までは2時間かかりません。はやい…

こびぃ

朝急いでいるときや少ない時間でスマホをパワフルに充電したい時はめちゃくちゃ重宝する出力がこの20Wなんだよね。

iPhoneの急速充電仕様はややこしいので、まだ知らない方はこの際にiPhone急速充電の方法や知っておくべきことを理解しておいてくださいね。

iPadなどのタブレットや任天堂スイッチも充電可能

CIO-PD20Wはスイッチとipadを同時に充電できる
20WあればiPad・スイッチも充電可能

iPadなどのタブレットや任天堂スイッチもフルスピードではないが、充電可能です。

iPad充電器を探している方は厳選したiPad用のおすすめ充電器を確認してくださいね。

2台同時充電時は合計15Wになる

CIO-PD20WでiPhone2台同時充電する

iPhone12ProとiPhoneSE2をUSB-Cで充電

CIO-PD20Wの2台同時充電時のワット数は15W

約10Wと約5Wで充電されていました

理論値測定値
合計15W約10W+5W=15W

iPhone2台を合計約15Wで充電できました。約10Wあれば30分でiPhone12Proなら40%ほど充電可能。フル充電は3時間はかかりません。

こびぃ

2台同時充電できる仕様は、デバイス同時に使用することが多いからほんと助かる。だれかとシェアするためにも2ポートあると便利。

2台同時充電で合計20Wにするには同シリーズ他のモデルがベスト!

CIO-PD20Wの別モデルならUSB-Aがある
出典:MAKUAKE公式

上画像の右側の1C1Aも悪くありません。インターフェースがUSB-A×1、USB-C×1の2ポートタイプなら2台同時充電でも合計20Wで充電ができます。

PPS対応はこの1C1Aモデルの方なので、GalaxyS21などのPPS対応機をお持ちの方はすよね。

とはいっても、これからUSB-C時代になるので個人的にはUSB-C×2タイプのが個人的には良いかな〜と思っています。理由は下記の通り。

これからのことを考えるなら本機のUSB-C×2ポートタイプか

現在環境問題の観点から、世界でUSB-Cに統一する動きがあるので、MicroUSB、USB-Aは徐々に無くなっていくでしょうから。

CIO-PD20Wの「良かった点」「気になった点」

CIO-PD20Wの特徴はUSB-C×2で最大20W充電
最大20Wで2ポート仕様は強い
良かった点
  • 20W出力で2ポート仕様
  • サイズ感は20W出力1ポートと変わらない
  • USB-C×2かUSB-C×1、USB-A×1か選択できる
  • 2台同時充電でも劇的に遅くならない
  • コンセントでとなりと干渉しない

20W充電器をこれから購入するならこれで良いよ!って言える代物です。

使ってみるとわかりますが、マジでびっくりするくらい小さいのにパワフル。おまけに2台同時充電ですからね。

CIO-PD20Wは大きめの充電器と並べてさしても干渉しない

上画像の充電器はAnker NanoⅡ65WなのでMacBook Pro13インチをフルスピードで充電できるハイパワー充電器。

本機のCIO-PD20Wはサイズが極小で作られているため、となりの充電器が大きすぎなければほぼ干渉しません。

気になった点
  • 2台同時充電時は最大出力15Wになる
  • プラグが折り畳めない
CIO-PD20Wはベッドのコンセントにおいて就寝時用にも良い
ベッドのヘッドボードとも相性よし

同時充電時の15Wが気になる!って方は、なんなら2台同時充電時の合計15W出力に調整されることを活かせば良いかと。

急速充電にならずにデバイスに負担をかけずそこそこのスピードで充電してくれるので就寝時の充電と相性が良いです。

プラグが折り畳めない!20W出力の充電器をどうしても折り畳みたい!

そんな方には「DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger」がおすすめです。これはプラグが折り畳める20W充電器。

ただし、2ポートではなくUSB-C×1の1ポート仕様なので1台しか充電しない!って方向けです。

コビロボ

20W充電器で有名で安全なメーカーから折りたたみの超小型充電器はCIO以外からはまだでてないからね。

関連記事 DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerの実機レビュー

CIO-PD20W(2C)のレビューまとめ

CIO-PD20W(2C)のレビューを書きました。最後におすすめできる人おすすめできない人をまとめておきます。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • 20W充電器を持っていない
  • iPhone12や13に合う充電器が欲しい
  • スマホサイズ以下のデバイスを2台同時充電したい
  • 安全な企業の充電器が良い
  • 絶対に1台しか充電しない
  • 今20W充電器を持っていて満足している

まもなく販売開始されるiPhone13シリーズも最大20Wで充電できるため、ちょうど良いタイミングで手に入れることができる充電器といえます。

「2ポート+20W出力+超小型」というスマホや小型デバイスの超便利アイテムの一つになること間違いなし!

iPhoneは12シリーズ以降充電器が付属しなくなったので、この機会にiPhoneと揃えて購入することも検討してくださいね。

▼9/16現在まだ公式で販売開始されていません

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる