CIO LilNob USB PD 4ポート100W レビュー|最大100WのPD急速充電器【G100W3C1A】

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • CIO LilNob USB PD 4ポート100Wの使用レビューについて
  • デバイス4台同時できる100Wの超高出力充電器のこと
  • MacBook Pro15、16インチクラスも急速充電できる充電器のこと

MacBook Air/ProのようなノートPC以外にiPadやその他デバイスを同時に4台同時に充電がしたい!

そんな方に、圧倒的におすすめできる充電器を見つけました。

その充電器の名は「CIO LilNob USB PD 4ポート100W 【G100W3C1A】」です。

完全に充電器のハイエンドモデルの先端を走っているスーパー充電器。

これ一つあればこんな悩みが解決できます▼

  • 大型ノートPCが充電できない
  • デバイスが多くて、充電が間に合わない
  • 充電器が多くてひとつにまとめたい
  • 自宅以外にも外出時に持ち運べる超高出力の充電器が欲しい

家族含めて、デジタルデバイスを4つ以上持っている人なら、CIO LilNob USB PD 4ポート100W 【G100W3C1A】が、一つあれば上記すべて解決できます。

超高出力で高性能にも関わらず、Apple純正61W充電器のサイズは半分程という驚異的なパフォーマンスを発揮。まさにモンスター級充電器。

こびぃ

自宅で充電器を2つ3つも使用して充電器周りをデトックスしたい人は、ぜひ本記事を参考にしてほしい!

それでは本記事『CIO LilNob USB PD 4ポート100W レビュー|最大100WのPD急速充電器【G100W3C1A】』について1年以上使用したボクがレビューしていきます。

当ブログに期間限定でAmazonクーポンが出ています

割引額:300円
期間:2021/7/9 0:01~7/16 23:59
クーポンコード:KOBI3C1A100W

MacBookおすすめ充電器に選出

iPadおすすめ充電器に選出

目次

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wの特徴

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】は指で挟めるサイズと重さ

「CIO LilNob USB PD 4ポート100W」はUSB-C×3+USB-A×1の4ポートタイプの100W出力の超小型USB−C急速充電器です。

こびぃ

特にMacBookのようなノートPC系の高電力が必要なデバイスと相性が良い充電器やよ!

本機は、クラウドファンディング(Makuake)で3,100人以上を超える支援者で実現したCIOのGaN搭載の充電器シリーズのハイエンドモデルです。

ハイエンドモデルだけあって、超パワフル性能でロマンの塊といえる充電器。

そんな夢の詰まった充電器CIO LilNob USB PD 4ポート100Wの特徴を下記にまとめますね。

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wの特徴
  • MacBook Pro15、16インチを約2時間でフル充電
  • MacBook AirとProを2台ともに急速充電可
  • 最大100W出力
  • デバイス4台同時充電
  • GaN(窒化ガリウム)搭載
  • Apple純正の61W充電器の約2/3サイズ
  • PD3.0&QC&PPS対応

4ポートのマルチポート窒化ガリウムGaN搭載」かつ「高出力&高速の給電規格」で、コンパクトで高出力充電に必須の要素がギュッと詰まっています。

「CIO LilNob USB PD 4ポート100W」の製品仕様/スペックが気になる方は下記をクリックしてください。

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wに限らず、CIO製品の保証期間は約6ヶ月とやや短めの設定になっています。

こびぃ

CIO製は今のところ、初期不良品にあたったことはないけど、問い合わせをした時にすごく親切に対応してくれたよ!なにかあった時も安心。

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wのレビュー

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】のパッケージ

「CIO LilNob USB PD 4ポート100W」はUSB-C×3+USB-A×14ポートタイプの100W出力で超小型USB−C急速充電器。パッケージはいつものCIOさん。

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】の同梱品

同梱品はCIO LilNob USB PD 4ポート100W本体と含め2点。

こびぃ

当然だけど、ケーブルとか付属していないから気をつけてね!

内容物
  • CIO LilNob USB PD 4ポート100W
  • 取扱説明書

外観/デザイン

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】の外観/デザイン表面

本体中央にCIOロゴ入り。全体がブラックオンリーでシンプルデザイン。CIOさんはロゴが白色の充電器がおおいけど、このブラックロゴは…高まる〜!

こびぃ

ただならぬオーラを感じる。これがハイエンドモデルの充電器がまとっているオーラか!洗練されたデザインがマジでかっこいい。

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】は手に収まるサイズ感

手に持てるサイズ感。さすがに握り込めませんが、想像以上に軽い。本体手触りはサラサラ質感で指紋汚れがつきにくいのがGood!

こびぃ

ガツンとあててしまうと傷ははいるから、気をつけてね!黒だから目立ちやすい。

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】のポートはUSB-C×3とUSB-A×1の合計4ポート

正面側にUSB-C1~3とUSB-Aの4ポート備わっています。ノートPCやニンテンドースイッチのような大きなデバイスを充電する場合は一番上のUSB-C1のポートを使用すると良いです。

こびぃ

USB-C1の出力は、1台充電時に100W、2台同時充電時に65W、3台同時充電時に45Wと同時充電数に合わせて、変化していくよ!

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】のプラグを閉じた状態

コンパクトに折り畳めるから、外出先でも使いやすい

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】はプラグ収納型

プラグ部分は安定。重量も約210gなので壁挿しOK

ポートの裏側の、プラグは収納式。よりコンパクトに持てるように配慮された設計です。収納式は耐久に問題がある製品が多いですが、CIO製品は安定しているのが嬉しい。

サイズ/重量

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】はApple純正充電器を比較

MacBook Pro13インチのApple純正61W充電器と比較してみると小ささがよりわかりやすいです。2/3くらいのサイズ感。

Apple純正61Wとサイズ比

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】はApple純正充電器を重ねて比較

Apple61W純正充電器と重ねるとちょうど2/3ほどのサイズ

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】はApple純正充電器を比較するとポートの数が1対4

ポートは1対4で「CIO LilNob USB PD 4ポート100W」のほうがフレキシブルに充電可能。

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】の重量は221g

重量は210g(実測221g)

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】とiPhoneを比較すると半分くらいのサイズ

iPhoneSE2と並べると長さが半分くらい

持ち運びもできる200gという重量。Apple純正充電器の重量とかわらない。それなのにこの大きなパフォーマンス力の違いには、素直に脱帽です。

サイズ/重量
  • 横幅:6.0cm
  • 奥行き:7.5cm
  • 高さ:2.9cm
  • 重量:210g(実測221.6g)

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wの各ポートの充電仕様の確認

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wに限ったことではありませんが、3ポートや4ポート同時出力できるタイプの充電器やモバブは仕組み/ルールが初心者の人からするとかなりややこしいですよね。

なので、CIO LilNob USB PD 4ポート100Wの充電時の各ポートの仕様を簡易表とイラストで確認。

USB-C1USB-C2USB-C3USB-A合計
100W100W
100W100W
30W30W
30W30W
65W30W95W
65W30W95W
65W30W95W
65W30W95W
65W30W95W
USB-Aと合わせて
15W
USB-C3と合わせて
15W
15W
45W30W18W93W
45W18W30W93W
65WUSB-Aと合わせて
15W
USB-C3と合わせて
15W
80W
65WUSB-Aと合わせて
15W
USB-C3と合わせて
15W
80W
45W30WUSB-Aと合わせて
15W
USB-C3と合わせて
15W
90W

結構複雑ですよね。わかりやすく上表をイラストに起こすと下記の通り。

CIO Lilnob USB PD 4ポート100Wの充電出力

こちらを元に何パターンか出力のチェックを行って、出力(W)がメーカーの理論値通りか確認します。

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wで充電して出力チェック

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wの各ポート出力チェックします。

4ポート以上を同時に充電できる充電器は少々難しいので先にポイントまとめを▼

出力ポイントまとめ
  • ノートPCを充電するなら上のUSB-C1に挿しておけば間違いなし
  • 3台同時充電時は上のUSB-Cは60Wになる
  • 3台同時充電時は上のUSB-Cは45Wになる
  • 下から2つのポートを同時に使用すると合わせて15Wになる
こびぃ

モンスター充電器の要素がつたわる出力ポイントのまとめだわ!

長くなるので、最初の1ポートUSB-C1以外の部分は、見たい人だけクリックして開いて見てくださいね。

1ポート「USB-C 1」で充電

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wで1ポートで充電した場合

充電するデバイス

  • MacBook Pro13インチ
CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】でMacBookを充電する最大100W
CIO LilNob 100WでMacBookPro13インチのみ充電したら約65W
約56W
理論値測定値
100W56W

USB-C1ポートだとLilNob USB PD 4ポート100Wの最大出力100Wで充電ができます。

ボクが検証に使用したMacBook Pro13インチは最大受電量が60Wまでなので、100Wで充電できませんでした。すみません。

MacBook Pro15インチや16インチなどだと90W前後いるので、フルスピードで充電可能。よって、USB-C1はノートPC系のためのポートと考えて良いでしょうね。

MacBook AirはもちろんProも13インチまでなら最高出力で充電することができまし、2ポート同時、3ポート同時使用時も60W・45Wと高出力を維持します。

こびぃ

USB-C1とUSB-C2を同時に使用して、MacBook Pro(USB-C1)とMacBook Air(USB-C2)をフルスピードで充電することができるよ!

全ポートを使用して感じたことは、一番上のポートが常に45W~65Wを維持できるのは「ノートPCを使う人」は非常に使いやすい!と感じます。

もう一度、出力のポイントまとめを置いておきます。

出力ポイントまとめ
  • ノートPCを充電するなら上のUSB-Cポートに挿す
  • 2台、3台同時充電時は上のUSB-Cは45Wになる
  • USB-C3とUAS-Aのポートを同時使用時は合わせて15Wになる

購入後にわからなければ、先述の各ポートの出力チェックを参考にしてくださいね。

要チェック
CIO LilNob USB PD 4ポート100Wで急速充電するためには高出力対のケーブルが必要。3Aまで対応(60W)5Aまで対応(100W)があります。

ボクも使っている急速充電対応のおすすめUSB-Cケーブルはこちら▼

MacBook Pro13インチの60Wまで

MacBook Pro15インチや16インチの100Wまで

iPhoneを急速充電したい方は、絡まらなく高耐久のUSB−C&ライトニングケーブルがおすすめ。
Anker絡まらないライトニングケーブルのレビューを見る

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wの『良かった点』『気になった点』

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wの『良かった点』『気になった点』

「CIO LilNob USB PD 4ポート100W」を使用した感想は、「超小型の使い勝手の良い3ポート充電器」って感じです。

良かった点は5つ。

良かった点5つ

良かった点5つ

  1. どんなノートPCと相性抜群
  2. 4台同時に充電してもUSB-C1が45W維持する
  3. Apple純正61W充電器のサイズ2/3程
  4. 約210gの超軽量
  5. PPS対応でAndroidなどを充電しやすい

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wは、PD急速充電に対応していて、さらにQCPPSに対応しています。

早い話が、ほどんどのデバイスが急速充電できちゃうよ!って話。

ハイスペックにも関わらず、重量も軽く、サイズも小さい。

まさに科学の結晶を手のひらサイズに詰め込んだそんな充電器なので、使用していて本当に良い充電器だな〜と惚れ惚れしまます。

MacBook Air/ProをUSB-Cの1と2を使用するとダブルで急速充電できるのも最高。

ペアで仕事している人やメイン機とサブ機を持っている人も助かる性能に仕上がっているので、デジタルデバイスが多くて充電器をまとめたい人はこれ一択といって過言ではないです。

気になった点1つ

「CIO LilNob」の気になった点は2つ。

気になった点2つ

  1. 出力がややこしい
  2. 複数台の充電をしない方はオーバースペック

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wに限らず、3ポートや4ポートの充電器は出力ルールがややこしくなります。

いつでもチェックできるようにブクマして、本記事内のの充電仕様の部分を確認してください。

もう一点、最大4台同時充電できますが、逆に言えば3台や4台のデバイスを所持していない人オーバースペックになります。

4ポート高出力の充電器は便利なのですが、その分価格も高くなってしまうので、勿体ないですよね。

2ポートや3ポートでいいよ!って方はや「【2ポート】DIGIFORCE 65W」を「【3ポート】CIO LilNob」がおすすめできるので参考にしてくださいね。

まとめておすすめ充電器を確認したいな〜って方は、下記にてボクが実際に使用してよかったおすすめ充電器をデバイスごとにあわせて一気にチェックできます。

『CIO製』他の充電器との違いはポート数と出力ルール

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】はあとで充電器を購入する可能性があるもしくは自宅利用がベースになるなら購入して損はない!

CIO製のGaN搭載している急速充電器は他にもあります。

上画像左から

  • CIO LilNob USB PD4ポート100W(本製品)
  • CIO LilNob Share
  • CIO LilNob
CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】とその他CIO充電器の比較

すべて似ている外観。本製品のみロゴまでブラックで高級感あり

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】のポート部分をCIOその他の充電器と比較

ポート数は3~4で使いやすく、どの充電器も高出力

本製品と酷似しているCIO製の他のLilNob充電器と大きな違いは下表にてまとめました。

項目CIO LilNob USB PD
4ポート100W(本製品)
CIO LilNob ShareCIO LilNob
商品画像CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】の本体画像2CIO LilNob Shareの外観表面にはCIOロゴありCIO LilNobの本体外観
ポート数4ポート4ポート3ポート
ポート種USB-C×3
USB-A×1
USB-C×3
USB-A×1
USB-C×2
USB-A×1
最大出力100W65W65W
サイズ横幅:6.0cm
奥行:7.5cm
高さ:2.9cm
重量:210g
横幅:5.0cm
奥行:5.1cm
高さ:3.0cm
重量:112g
横幅:6.6cm
奥行:3.0cm
高さ:4.1cm
重量:110g
価格約8,800円約6,000円約5,500円

何をどれだけ充電するか?が一番重要になるので、下記を参考にしていただけるとご自身の目的にあったCIO製の充電器を購入することができます。

CIO製どれがおすすめ

AUKEY Omnia Mix 4の100W充電器より性能と携帯性がワンランク上

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】とAUKEYのサイズや性能比較

AUKEY Omnia Mix 4もCIO LilNob USB PD 4ポート100W同様に100Wです。

異なる点は結構あるのですが、まずはサイズが一回り違います。

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】とAUKEYを比較

さらにポートの種類が異なります。数は同じ4ポート。

今から、どちらかを購入するなら後発組の性能高いCIO LilNob USB PD4ポート100W(本製品)がほしい所。

しかし、価格が2,000円近くことなるので最後は予算との相談になるかな。という感じです。

項目CIO LilNob USB PD
4ポート100W(本製品)
AUKEY Omnia Mix 4
商品画像CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】の本体画像2CIO LilNob Shareの外観表面にはCIOロゴあり
ポート数4ポート4ポート
ポート種USB-C×3
USB-A×1
USB-C×3
USB-A×1
最大出力100W100W
サイズ横幅:6.0cm
奥行:7.5cm
高さ:2.9cm
重量:210g
横幅:69mm
奥行:39mm
高さ:70mm
重量:210g
価格約8,800円約6,900円

2,000円多く出してでも、一回り小さくUSB-Cポートが一つ多いCIO LilNob USB PD 4ポート100Wのほうが後悔することが少ないと感じます。

USB-Aは年々使用しなくなっていますし、やっぱりサイズが小さいってのは持ち運びを想定すると非常に需要なポイントなのでここは譲れないかなと。

ただし、上記とは異なる考え方であれば、AUKEY Omnia Mix4がピッタリハマると思います。

AUKEY Omnia Mix 4【PA-B4】レビューを見る

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】レビューまとめ

CIO LilNob USB PD 4ポート100W【G100W3C1A】は4台同時充電

CIO LilNob USB PD 4ポート100W」はノートPCの充電をメインにしつつ、最大4台までデジタルデバイスを充電することができる充電器でした。

GaN採用のおかげで、CIO製の充電器はすべて世界最小級のサイズを実現しているため、100Wと思えないほどの極小サイズ。

おかげで外出時に持ち運ぶ苦労が減ります。

MacBookやノートPCの充電をメインに他のデバイスも合わせて充電したい方は、これ以上ない相性の良さを感じる充電器に仕上がっています。

CIO LilNob USB PD 4ポート100Wは性能の高さから、MacBookのおすすめ充電器にも選ばれているので折り紙つきの充電器。

一つあれば、ノートPC含めて4台同時充電できる凄さがあるため、迷ったら間違いなくコレ!と言えるほど自信をもっておすすめします。

それでは良き充電器ライフを!

CIO LilNob USB PD 4ポート100W
使用感/質
95
デザイン
90
価格
75
総合評価
86
当ブログに期間限定でAmazonクーポンが出ています

割引額:300円
期間:2021/7/9 0:01~7/16 23:59
クーポンコード:KOBI3C1A100W

MacBookおすすめ充電器に選出

iPadおすすめ充電器に選出

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる