Canon albos Light&Speaker レビュー|間接照明と音楽でリラックスできる空間を創れる

Canon albos Light&Speaker review
  • 音と光を同時に楽しめる小型のライトやスピーカーが欲しい
  • スペックだけでなくデザインもこだわったデザインガジェット(家電)ないかな

このような人におすすめできるのが本記事で紹介する「音と光」を同時に楽しめるCanon albos Light&Speakerです。

本製品のコンセプトは、“人生に日常を忘れるスポット”

Canonが叡智を結集して「音響」と「照明」の開発に挑んだ現代テクノロジーに挑んだ新製品です。

Canon albos Light&Speakerは音と光を楽しめる
無骨なのにスタイリッシュなデザイン

あのカメラのCanonが音と光を共存させたガジェットを販売?!ということで気になりすぎて、MAKUAKEから応援購入しました。

で、到着したのでこの製品は結局どうなんだ、と。

結果を先に言うと、心地よく癖になるライティングを楽しめ、聞き流しても邪魔をしてこない音質だったので、2022年買って良かったアイテムの1つ!

上記の理由などを体験談としてレビューしていきます。

本機Canon albos Light&Speakerがおすすめの人とおすすめできない人を先に紹介。

おすすめの人
おすすめできない人
  • 光と音を同時楽しみたい
  • 性能高いデザイン家電が欲しい
  • 音楽・音質マニア
  • コスパを求めてる

ではいきましょ!

目次

Canon albos Light&Speakerってどんな製品

Canon albos Light&Speaker は、日本の大企業Canon albosブランド初のプロダクト製品です.

本機は、クラウドファンディングサイトのMAKUAKEで応援購入金額2,200万円越えの超人気製品でした。

albosはalways by our sideいつも私達のそばにという想いから付けられたブランド名で、コンセプトは“人生に日常を忘れるスポット”と、カメラトップメーカーらしい想いが込められたブランドです。

1分でわかる特徴

特徴
  • 最大10Wのフルレンジスピーカー
  • アルミ削り出しのボディ
  • パッシブラジエーターを搭載
  • 6段階の調光機能あり
  • 各パーツの可動域が広く自由度が高い

特徴のとおりalbos Light&Speakerは、音響と照明を同時に楽しめる製品となっていて、1度で2度楽しめる魅力的なスピーカー・ライトに仕上がっています。

スペック

製品名 albos
Light&Speaker
サイズ台座直径122mm×高さ310mm
重量1.6kg
スピーカー50mmフルレンジ
エンクロージャーパッシブラジエーター方式
バッテリーリチウムイオン
2,600mAh
連続動作時間5時間
※スピーカーのみ使用時
充電時間3時間
可動部分アーム25°
土台360°
ライト270°
材質アルミ合金
対応コーデックSBC
対応プロファイルA2DP
調光機能暖色:3段階
白色:3段階
BluetoothVer5.0
使用温度範囲5~35°

シチュエーションに応じて使い方をアレンジできる調光機能のライトが搭載された、フルレンジスピーカー搭載のalbos Light&Speaker。

さらにパッシブラジエーターを配置して、やや冒険したデザインながら流行りに左右されにくい美しい円筒型のフォルムのライト・スピーカーです。

Canon albos Light&Speakerのレビュー

音・光を同時に楽しむことができるCanonの叡智を結集したalbos Light&Speakerをレビューしていきます。

パッケージ/付属品

Canon albos Light&Speakerのパッケージ

MAKUAKEで応援購入なので、パッケージはかわるかもですが現状はダンボール材で届きます。硬めのタイプかつ丁寧に梱包されているため中身本体は安全。

カラー時はブラックとシルバーの2色展開で、ボクはシルバーを購入しました。

Canon albos Light&Speakerの付属品

付属品は、本体 / USB-A to USB-Cケーブル / 取説2種の合計4点です。

サイズ重量

サイズ感
  • サイズ
    →台座直径122mm×高さ310mm
  • 重量
    →約1.6kg

デザイン

ライト非点灯のCanon albos Light&Speaker

材質は、削り出しのアルミ材を主としており、アルマイト処理されています。(ブラック・シルバーともに)

コビロボ

アルマイト処理ってなんのメリットがあるんだっけ?

アルマイト処理をすると、機械部品の耐食性が向上して錆びにくくなります。

さらに光沢もでるため、見た目も鮮やかに仕上がります。

こびぃ

その他、傷がつきにくくなるし、様々な色調を出すためにもアルマイト処理をするんだよ!

Canon albos Light&Speakerの細かい部分はやっぱり日本製
サイドの取っ手部分・本体どちらを持っても持ち運びしやすい

指紋がほぼつかないため、取っ手部分ではなく本体部分を持ち運んでも気になりません。(シルバーの場合でブラックは不明)

Canon albos Light&Speaker上部

スピーカー部分とライト部分が向き合う設計。この上下配置がライティング時にエモ空間を演出します。あとでチェックしますね。

この円筒形がボディー内の空気を振動させ、コンパクトでありながらも臨場感あるサウンド360度全方位から体感可能です。

Canon albos Light&Speakerの下半分

ボタン周りもシンプルでガチャガチャしていないし、長年Canonのカメラを愛用してきたボクからするとこのロゴがまたたまらんです。

ただ、ロゴは刻印ではなくプリントタイプなのでもしかすると長期利用すると剥げていくかもしれません。

ボタン周り

Canon albos Light&Speakerの電源ボタンまわり

本体ボタンはシンプルに物理ボタン4つのみ。

ボタン周り左から

  • 電源ボタン
  • 音量下げる
  • 再生/停止
  • 音量上げる

ボタンはすべて押して操作

Canon albos Light&Speakerは左のボタンを押すだけで電源オンにできる
Canon albos Light&Speakerの電源部分

電源ボタンは1秒押すと電源がはいります。

レスポンスが良いので、「あれ?電源入ってるの?」みたいな不安になることなし。切る時も1秒電源ボタンを押すだけ。

Bluetoothでワイヤレス接続も簡単

Bluetoothは簡単に接続可

ペアリング方法

  1. albos Light&Speakerの電源ボタンを押す
  2. 接続デバイスのBluetooth画面を開く
  3. albos Light&Speakerの表示を選択すると接続完了

ものの1分もかからずにデバイスと接続できます。

底面・ポート・充電

Canon albos Light&Speakerの底部分

リサイクルマークなど基準適合マークの表示あり。 この辺りはCanonなので全く心配なし。入力は5V=2Aの10Wです。

Canon albos Light&Speakerの底面ゴム部分

合計8つのゴム足がついていて、本体重量1.6kgが倒れないように安全に配慮された設計。

Canon albos Light&SpeakerUSB-Cポート
Canon albos Light&Speaker付属ケーブルで充電

充電ポートはUSB-Type-Cで付属のケーブルを使って充電できます。充電時間やバッテリー動作時間は以下のとおり。

充電時間/駆動時間
  • 本体充電時間:3時間
  • 本体動作時間:5時間スピーカーのみ使用時、ライト(強)のみ8時間、ライトスピーカー併用(3時間)

Canon albos Light&Speakerのライトは約300ルーメンの暖色3段階・寒色3段階の6段階調光

Canon albos Light&Speakerの暖色レベル2
Canon albos Light&Speaker寒色レベル2

albos Light&Speakerは全光束約300ルーメンの明るさ。※電源あり強設定

本体株の暖色と寒色をボタンを押すごとにチェンジ調光することが可能です。

調光機能があると使用場面にあわせて変化できるのでいいですよね。

暖色3段階

Canon albos Light&Speakerの暖色レベル1上から
Canon albos Light&Speaker暖色レベル2上から
Canon albos Light&Speaker暖色 レベル3上から

弱 → 中 → 強の3段階です。

暖色って結構幅広いですよね、電球色(約2,500K)ではなく温白色(3,500K)くらい。公称3,450K

コビロボ

暖色系は、いわゆるエモい光・空間を演出しやすい色温度だね

暖色使用時は、albos Light&Speakerを設置している付近の空間が温かみがあり、室内だとザ・間接照明!的な役割を果たします。

寒色3段階

Canon albos Light&Speaker寒色レベル1上から
Canon albos Light&Speaker寒色レベル2 上から
Canon albos Light&Speaker寒色レベル3上から

寒色3段階もそこそこ青みがかっている6400Kです。いわゆる昼光色って色温度です。

これはこれで、クールな印象をもたらしてくれるので、普通にかっこいい。

albos Light&Speakerを設置している付近の空間がギュッと締まります。

本体土台部分の可動域は360°

albos本体土台は360°回転

albos Light&Speakerの土台の可動域部分は360°回転式でつっかかり等もなくスムーズに動かせます。

ライトを照らしている方向を変えたい時に一方向で回せば、間違いなく照らしたい場所に光を向けることができる。

つまり、「あれ?こっち回転でここまで照らせるっけ?」みたいなストレスなく、照射したい部分にライトを当てることができます。

ライトの可動域は270°

albosライト部分の可動

ライト本体の可動域は90°+180°で合計270°です。

アームと土台の可動域と組み合わせて自分の手元や逆側、側面、さらには天井などあらゆる方向にライトを向けることが可能。

アルミの重厚感が手元にほどよく感じながらもライトはピタッととまるため、任意の場所に当てやすく使用感良し。

アームの可動域は25°

アームの可動域は25°

アームは25°でちょうど、手元を照らしやすく、土台もずっしりしてて揺れなく倒れる心配もありません。

Canon albos Light&Speakerリビング使用

照らす以外にも、 この斜めに向けた状態でなんとも言えないガジェット臭がプンプンしていてデザイン家電とかが好きな人は刺さりそう。

自分もこのアームを傾けた雰囲気でよく使用していて、かなりいい感じ。空間から集中力を作りに行くスタイル。

Canon albos Light&Speakerのスピーカー音質

柔らかい光を演出するだけではないCanon albos Light&Speakerのスピーカー性能・音質を確認します。

低音域から高音域まで癖のない音質

Canon
albos Light&Speaker
Apple
M1 Pro MacBook Pro(クラムシェルモード)

※音源は著作権フリーの音源を使用しています。
※録音環境:iOS純正ボイスメモ 距離15cm ボリューム真ん中

対応コーデックはSBCのみで、音質に関してはそこまで期待していなかったのですが、低域から高域までこもることなくクリアでしっかり表現されています。

ゆえに、アップテンポの曲から、クラシック、ゆったり落ち着いた曲まで幅広くクリアな音質を楽しむことができます。

ただいろんな歌手を聞いていてボクが感じたのは低音が結構前に出てくるな?という印象もありました。

体感は低音がちょっと強く前にでてくる印象

Canon albos Light&Speaker下部にパッシブラジエーター搭載
本体下部にパッシブラジエーター搭載
低音強調がなかなか激しい

特に女性ボーカルが歌っているような曲を聴くと顕著にわかるのですが、ボーカルよりバックミュージックの低音部分がかなり強調されて全面に出ちゃう。

聴く人によっては、音の前後感がおかしく感じます

これは本体下部のパッシブラジエーターが搭載されているためかな、と。

で、この辺りをalbos Light&Speakerは細かく調整できないので、もう少し低音を控えめにしたくてもできないため、好みがわかれそう。

ちなみに、本体構造の関係で共振を抑制されているため、低音の重みに対して振動はほぼないです。

これはこれで賃貸や隣の部屋が薄い壁の家の人は嬉しいポイント。

Canon albos Light&Speakerを使ってわかった良かった点【購入メリット】

音楽と光を同時に楽しむことができるCanon albos Light&Speakerを使用してよかった点をメリットとして紹介します。

ライティングと音楽を同時に楽しむ人は100点以上満足できる

Canon albos Light&Speakerの最大の魅力はコレにつきます。

Canon albos Light&Speakerとモニター寒色同士
Canon albos Light&Speakerのスピーカーで間接照明

心地よくながら聴きができる音質と変幻自在の柔らかいライトを同時に楽しむことができる、数少ないガジェットがこのCanon albos Light&Speaker。

光と音をバランス良く生活や趣味の一部に取り入れるにはもってこいの製品です。

また画像にあるBenQ ScreenBar Haloとのコンビネーションは驚異的な相性の良さ。デスク空間を一気にエモエモにしてくれます。

ボタンの感度が程よい感じで直感的に使いやすい

Canon albos Light&Speakerの暖色とハローの暖色
Canon albos Light&Speakerの寒色とハローの寒色
ボタンが押しやすい
上部ボタンも同様で暖色⇄寒色の切り替えもラク

ボタンは物理ボタンなので、多少暗い場所でも手の感覚で操作することができるので、この辺はさすがCanonって感じです。

たぶんこのデザインだと夜バルコニーで使う人もいるでしょうから、操作性重視のデザインを採用したのでは。と思います。

で、このボタン感度が程よく良いので操作時にちょっと待たされる…すぐに反応しすぎる….みたいなことがありません。

消したいなぁ、着けたいなぁ、今は反応しなくていいよ、これらの思いを裏切ることなくスムーズにボタン操作できるのはかなり良いなぁと感じました。

電源ボタンを入れていて音楽をつけていなくてもホワイノイズのような雑音は聞こえない

ホワイトノイズなし

スピーカーによっては電源をつけているだけで、ホワイトノイズがあるのですが、この子はボクの耳では聞こえないです。

ただし、電源オンの状態でスピーカー部に耳が当たるまで近づけると、ホワイトノイズではない中の本体内部の“なにか”の音がすこーしだけ聞こえます。

こびぃ

全く気になる音じゃないし、少しでも離れると何も聞こえない!

Canon albos Light&Speakerを使ってわかった気になった点【購入デメリット】

Canon albos Light&Speaker実際に使ったデメリットは以下のとおり。

音楽のこだわりが強い人は不満があるかも

Canon albos Light&Speakerの設置画面
Audioengine A2+Wirelessだと
aptX、aptX Low Latency、AAC、SBCに対応

対応コーデックがそもそもSBCのみ!ってところから鑑みるに、スピーカー性能にステータスを振り切っているスピーカーではありません。

ハッキリ言って、音質は感動するレベルではないです。(あくまでもボクの場合)

よって、Canon albos Light&Speakerを購入する場合は、デザイン+音+光の三位一体で本領発揮するガジェットだと認識する必要がありますね。

防水・防塵性能は皆無

これは個人的にはかなり残念でした。

というのも、光+音がでるアイテムで持ち運べるサイズ感、さらにワイヤレス接続の安定性などを考えると、普通にキャンプや外出時などにも持って行きたくなるもの。

ただ防水・防塵性能が無いとなれば話は別で、基本的には室内、だしても快晴時のバルコニーくらいでしょうか。

おしゃれなデザイン性で利便性の高いアイテムだったからこそ、2-in-1的な使い方ができれば最高でした。

スピーカーとして考えると価格が高い

最大のネックは5万4800円という価格で、個人向けBluetoothスピーカーと考えるとかなり高価である。スポットライトのような指向性が必要という人には欠かせないが、気軽に試すには敷居が高い製品と感じた。

とはいえ光と音を同時で楽しめることを考えるとそこまでの価格ではない

ライトもスピーカーもデザインが良いものを単体同士で買うと購入費用も

Canon albos Light&Speakerはこんな使い方がおすすめ

このCanon albos Light&Speakerを使うと以下のようなシチュエーションで楽しめます。

  • デスクまわりのライティング・音楽環境を構築
  • 読書をするための明るさ確保
  • リビング・ダイニングの間接照明
  • 寝室でベッドライトや睡眠BGM

このように小型でワイヤレス対応タイプなので、室内水回り以外ならどこでも使用できる万能ガジェットになっています。

こびぃ

切りっぱなしのアルミデザインが無骨で、これまたかっこいいから飾るだけでも絵になるよ!

あとはボクみたいなブロガーで夜や朝の作業のお供にも最適です↓

Canon albos Light&Speakerはリビングでも使用できる

さてalbos Light&Speakerをお供にして、この空間に酔いながらブログ書こうか。って、自己満足で悦に浸りつつブロガー人生を謳歌してます。

Canon albos Light&Speakerがおすすめの人

室内をエモく照らして、心地よい音楽やBGMをかけて好みの空間を創りだせるCanon albos Light&Speakerをおすすめの人とおすすめできない人をまとめました。

おすすめの人
おすすめできない人
  • 光と音を同時楽しみたい
  • 性能高いデザイン家電が欲しい
  • 音楽・音質マニア
  • コスパを求めてる

ハッキリ言って、albos Light&Speakerは安くないですし、Canon側もおそらく価格で他社と勝負していません。

この唯一無二のデザイン+音・光の性能で、フレキシブルに使用できる小回りの効きやすさという性能もといロマンで勝負しているはず。

上記に魅力を感じるすべての人に本機albos Light&Speakerはおすすめできます。

Canon albos Light&Speaker レビュー【まとめ】人生に日常を忘れるスポットを与えられたかもしれない

Canon albos Light&Speakerのレビューを書きました。

ちょっと小洒落ているデザイン家電でも性能も重視したい!そんな人はぜひ一度Canon albos Light&Speakerをチェックしてみてくださいね!

手に入れるときっと今より日常にスポットライトを浴び、素敵な音色に囲まれた自分だけのこだわり空間を楽しむことができますよ!

ではまた!

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時は、できるだけお得に購入しよう!

直接購入するのではなくクレジットカードでギフト券をチャージして、ギフト券で購入するとひと手間加えるだけでお得に買物できるようになります。

Amazon gift charge

\最大0.5%ポイント還元リンクはこちら/

Amazon公式
ギフト券チャージのエントリーはこちら
※2022年末で一旦終了中

Canon albos Light&Speaker review

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次