BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02A長期使用レビュー!口コミ・評価どおりのLEDランタンだった

こんにちは!コビガジェライフライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • バルミューダのランタンについて
  • BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの長期使用感
  • 防水防塵のおしゃれLEDランタンのこと

BALMUDA The Lantern L02Aのブランド、バルミューダといえばトースターや扇風機の名機を世に送り出しているイメージがありますが、本記事でご紹介するランタンもまた名機になる予感。

ランタンがほしいけど、インテリアになってさらに使い勝手の良いランタンってないかな?って方にピッタリのランタンがBALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aです。

正直購入するまで、LEDランタンなんて・・・って思ってた自分をぶん殴りたいくらい、今は必要不可欠なアイテムの1つとなりました。

今こうやってブログを書いている時も、傍らでゆらゆらと電球色が揺らいでボクを癒やしてくれています。

こびぃ

LEDランタンは何より、安全に使用できるのがありがたい!

では早速、本記事『BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02A長期使用レビュー!口コミ・評価どおりのLEDランタンだった』を見ていきましょう。

バルミューダ
BALMUDA The Lantern L02A

Good

・シンプル・ミニマルデザイン

・ゆらゆらと光が揺らぐ

・シンプルデザイン

・防水防塵IP54あり

・LEDで火事の心配なし


Bad

・高い

使用感
9
デザイン・質感
9.5
価格
6.5
オススメ度
8
目次

BALMUDA(バルミューダ)L02A LEDランタンの製品仕様

早速「BALMUDA(バルミューダ)L02A The Lantern」のスペックから確認します。

BALMUDA(バルミューダ)L02A The Lanternのスペック

商品名BALMUDA The Lantern L02A
メーカーBALMUDAバルミューダ
役割ランタン
カラー
バリュエーション
ブラック
ホワイト
電源LED
全光束
(明るさ)
195ルーメン

サイズ
横幅:11mm
奥行き:10.3mm
高さ:24.8mm
重さ(約)630g
ワット数6W
防水・防塵IP54
連続使用時間約3時間~50時間
バッテリー
充電時間
約6時間
充電端子Micro USB

明るさ195ルーメンというのは、多くのペンライトの明るさくらいのイメージです。

全方位に光が放出されるため、ランタン近くの周囲手元にあかりを灯すような感じ。

暗闇の中、手元を照らす照明と考えると明るすぎず、暗すぎず絶妙な光量です。

特徴・ポイント

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの特徴は下記の通り

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの特徴
  • バルミューダらしいレトロと先進の融合のシンプルミニマルデザイン
  • 電球色と蛍光色の切り替えが可能
  • USBバッテリー式なので電池不要※連続仕様は最大50時間
  • IP54仕様なので防水・防塵でアウトドアでも利用可能
  • ほどよい明るさ全光束195ルーメン
  • ゆらぎ機能で読書・コーヒータイムのリラックスタイムを創り出してくれる

また、室内以外にもIP54の防水防塵性能なので、外出時に使用可能なのも良いところ。

アウトドア使用に限らず、夜ドライブで持ち運んで目的地で夜景を見ながらランタンの光に灯されるのも結構ハマります。

BALMUDA(バルミューダ)L02A LEDランタンの開封レビュー

現在半年ほど、BALMUDA(バルミューダ)L02A LEDランタンを使用しています。開封写真は購入当時の画像になります。

外箱と内容物を見ていきますね。

外箱と内容物

外箱

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの外箱
BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの外箱裏面

よくあるダンボールのケースに入っていますが、中をあけると。

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの箱内に素敵なメッセージあり
粋だね〜

よい時間をお過ごしください。Have a great time

このメッセージを最初を見た時は、「ほぇ〜いい言葉を投げかけてくれるんやな〜」くらいの軽い感じで受け取っていました。

この記事を見てくださっているあなたも同じような感覚のはず。

しかし、ランタンを使用したもののみ、BALMUDAが商品に対しての自信の表れがこのメッセージにつながっていることに気づくことができます。

こびぃ

まじで良い時間を過ごせるランタン。タンと言えば今まで塩タンが1番やったけど、ランタンが『タン界・・・』のTOPを取るかも。

内容物

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの内容物
割れないように本体を丁寧に緩衝材ではさんでいる

特に物珍しいモノはない内容物だが、梱包が丁寧で良い印象。(関係ないけど、メルカリとかも丁寧な人とやり取りしたいよね。)

なんか既視感…フォルムがミキサーみたい。(ミキサーにもBALMUDAにも失礼)

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02AのUSBとACアダプター
BALMUDAっていちいち付属品もオシャレ

ACアダプターとMicro USBがついています。親切ですね。時々、充電ありきの製品でケーブルも充電器も付属していない製品があるので一安心。

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aは出力10W
ACアダプター(充電器)
BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02AはMicroUSB
Micro USB

ACアダプターは出力が最大10Wです。自宅にある充電器でも代用可能。

Micro USBがついていますが、充電はUCB-Cがよかったな〜とここは少し残念。内容物は下記の通りです。

内容物
  • BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02A本体
  • ACアダプター
  • Micro USB
  • 説明書

BALMUDA(バルミューダ)L02A LEDランタンの本体外観

カラーはブラックとホワイトの2色

BALMUDAらしい秀逸なデザイン。シンプル・ミニマルであって、無機質ではない。

シンプル・ミニマルと無機質って似ているようで、本質は全然違いますからね。

BALMUDAはまさにシンプル・ミニマルなおしゃれデザインでミニマリストやシンプリストには刺さる製品が多いですよね。

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの上部はロゴ入り
上部分

『BALMUDA The Lantern』と『Designed by BALMUDA』の刻印

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの底面
底部分

IP54の防水と防塵表記あり。問い合わせ番号もしれっと表記あるのが親切。

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの電源スイッチは前後にひねる
電源は向かって右側にあり
BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの電源は左がオフ右がオン

電源は物理つまみで、手前側にひねると電源オフで奥側にひねると電源オンです。

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの三色確認
電球色から徐々に蛍光色へ

奥側にひねって行くと電球色からスタート灯りだし、真ん中あたりで電球色が1番明るい状態。

ひねり真ん中以降は徐々に蛍光色に切り替わり、1番奥にひねると蛍光色が1番明るい状態になります。

こびぃ

ろうそくのようなゆらぐ光が想像以上にええわ!

BALMUDA(バルミューダ)L02A LEDランタン使用時

明るい場所と暗い場所での使用時を確認します。

明るい場所での使用時

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの暖色を部屋で使用

電球色で1番明るい状態だと、ふわりと温かみのある光が手元を照らしてくれます。

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aを蛍光色で照らしてみる

蛍光色で1番明るい状態だと、やや寒く感じる印象。

こびぃ

ボクは電球色のほうが好みやわ!

とはいえ、ランタン自体やはり明るい場所での利用は余り向いていませんね。次に暗い場所での確認です。

暗い場所での利用

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aのゆらぐ光1番暗い状態
電球色
BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの暖色の光
蛍光色

やっぱり暗い場所での利用の方が雰囲気でますね。

ランタンの光ってただ明るいだけが良いってことでもなく、いかに使用する場所、用途に応じた環境を演出するかが重要。

BALMUDA The Lantern L02Aは無段階調光なので、表情を細かく変えることが可能。

場所に応じた環境をつくれるかどうかはむしろ操作する人次第って感じですね。

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aで読書をしてみる
電球色だと本が読みにくい
BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aで読書は蛍光色がやりやすい
蛍光色は本が読みやすい

寝る直前は電球色がベストで読書やPCなどをいじる時は蛍光色がオススメです。

蛍光色は、明るい場所となんら変わらず読書もPC作業、スマホ操作ができますよ。寝る前のPC・スマホはNGって言われても、こんなに快適だといじっちゃいます。

読書などは、光から50cmくらいまでがベストな距離感で1メートル離れるとそこまでランタンの恩恵を受けません。

暗い場所でBALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの光量の確認

暗闇で使用するとリラックスできるゆったりした素晴らしい時間を創ってくれて、めちゃくちゃ落ち着きます

まさにパッケージの内蓋にあった「よい時間をお過ごしください。」のメッセージがぶっ刺さります。

あともう一つかなり気に入ったのが、暗闇でランタンとコーヒーの組み合わせがたまらんです。

自分に酔っていると言ったらそうなのかもしれませんが、考え事をする時などにもってこいの環境を勝手に創造してくれるので、煮詰まっているときなども相性がよいアイテム。

満充電までは約6時間かかる

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの充電部分はMicro USB
BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aの充電時間は約6時間

付属のACアダプターとMicro USBケーブルで満充電時間は約6時間くらいかかります。

連続使用時間も最大50時間とありますが、最大光量だと20時間も持たない感じなので、長時間利用を想定するなら、光量は落としつつ使用する必要ありって感じですね。

長期使ってみた感想『良かった点・気になった点』

購入から、半年間ほぼ毎日使用して感じたことを『良かった点・気になった点』で分けてかきますね。

良かった点
  • 部屋を選ばないシンプル・ミニマルなレトロ×先進的なデザイン
  • 電球色も蛍光色も目に痛くない優しい光
  • ゆらゆらと光が揺れてくれるので気分がリラックスできる
  • コーヒータイム(ブレイクタイム)の環境を一段階レベルを上げてくれる
  • 読書が進む
  • 生活レベルの防水防塵性能があるので夜のドライブのお供になる
  • LEDなので火事の心配がない
気になった点
  • 値段が高い
  • 充電時間が長い※満充電まで約6時間要する
  • オイルランタンを求めている人は物足りないかも

気になった点について

性能にはかなり満足していて、デザインも秀逸で毎日使うモノと考えると、ボク個人はめちゃくちゃ満足していますが、価格だけみるとやはり高い。

充電時間が6時間は結構ネック。
夜使おうと思った時に充電が必要になったら、その日は使えずに楽しみにしてただけにふて寝する始末。

BRUNOやCAPTAIN STAGの7倍くらい価格が高いのがネック

BRUNOランタンCAPTAIN STAGランタンだと2,000円台でLEDランタンは購入できるので、約15,000円するBALMUDAが7倍の性能があるのかというとそこは謎です。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

BALMUDA The Lantern L02Aをおすすめできる人・おすすめできない人

おすすめできる人
おすすめできない人
  • BALMUDAが好き
  • ミニマル・シンプルデザイン好き
  • 落ち着くゆらぐ光が欲しい
  • 電球色&蛍光色切り替えたい
  • 無段階で調光できるランタンが良い
  • 防水・防塵のランタンが欲しい
  • 安いランタンが欲しい
  • オイルランタンが欲しい
  • アンティーク調のランタンが欲しい
  • 優しい光じゃなくて強めの明るい光が良い

1年、2年と使用する予定があるなら、価格の部分もクリアできるほどBALMUDAThe Lantern L02Aの完成度は高いです。

自宅時間を有意義かつ、より充実させたい方にはもってこいのアイテム。

バルミューダランタンの口コミ・評判はトースター同様にかなり良いですが、その通りの嘘偽りない情報でした。

こびぃ

もし壊れてももう一度同じバルミューダのランタンを購入する!って言い切れるくらいボクは気に入ってるよ。

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aレビューまとめ

バルミューダ
BALMUDA The Lantern L02A

Good

・シンプル・ミニマルデザイン

・ゆらゆらと光が揺らぐ

・シンプルデザイン

・防水防塵IP54あり

・LEDで火事の心配なし


Bad

・高い

使用感
9
デザイン・質感
9.5
価格
6.5
オススメ度
8

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern L02Aは、価格の部分がネックではありますが、『安全・おしゃれ・リラックス』を提供してくれるランタン。

長期で自宅メインの利用を検討している人には満足いく逸品となっています。

自宅時間の読書・就寝・映画・ブレイクタイムの質を高めて、お互い充実した日々を過ごしていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる