PITAKA Apple Watchバンド【レトロ/モダン】比較レビュー|カーボン製のベストバンド

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • PITAKAから発売されたApple Watchバンドの比較レビュー
  • 高品質で高級感のあるApple Watchバンドについて

Apple Watchの醍醐味の一つおすすめバンドを集めること。

様々なタイプがあるのでオン・オフの使い分けなどを考えて購入する必要があります。

なので、TPO考えて使い分けしなくて良い「オン・オフ兼用できるバンド」でも「オシャレなバンド」が欲しくなりますよね。

上記のような悩みを解消できるバンドが、アラミド繊維でおなじみのPITAKAから発売されました。

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ・モダン】レビュー|カーボン製のベストバンド
左:レトロ
右:モダン

万能タイプのApple Watch専用PITAKAバンド。

PITAKAバンドは、100%のカーボンファイバー素材なので「高耐久・軽量・高級感・重厚感を一度にすべて手にすることができるバンドに仕上がっています。

カジュアルすぎない、フォーマルすぎない、でも上品なバンド間違いないバンド・・・・・・・・が欲しい方におすすめできる一本となっています。

それでは、本記事『PITAKA Apple Watchバンド【レトロ/モダン】比較レビュー|カーボン製のベストバンド』について書いていきます。

目次

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ/モダン】特徴

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ・モダン】の特徴
PITAKA Apple Watchバンド【左:レトロ/右:モダン】

PITAKA Apple Watchバンドを説明するまえに『PITAKAとは・・・・・・・・』について軽く以下に記しておきます。

PITAKAとは

PIATAKAは※アラミド繊維のカーボン素材でおなじみのApple製品、Android製品のアクセサリーを豊富に揃えているブランドです。

アラミド繊維とは

軍用素材でボディアーマー(防弾チョッキ)にはじまり、飛行機、宇宙船、スーパーカーやF1マシンなどによく採用されている高機能繊維の一種で「スーパー繊維」「ハイテク繊維」と呼ばれています。

これまでiPhoneやGalaxyのケースをはじめ、iPadやAirPods Proなど、さまざまなPITAKA製品が人気を博してきました。

「PITAKAならではのクオリティの高さ」と「頑丈さ・スマートさ」を武器にファン層を拡大してきたブランドがこのPITAKAです。

そんなPITAKAから販売されている「Apple Watch専用」のカーボン素材のスーパーバンドの製品仕様/スペックを確認していきますね。

上記には載せていませんが、バンドを止める磁気クラスプ留め金具は特許取得しています。

こびぃ

このPITAKAのバンドの時期クラスプ留め金具は一度使用するとドハマリするくらいApple Watchの着脱が快適!

PITAKAからは、iPhoneケースAirPods Proケースなども販売されていて、カーボンファイバーシリーズは大人気製品です。

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ・モダン】レビュー

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ・モダン】のパッケージ
左:レトロ
右:モダン

PITAKAのApple Watchの専用バンドの【レトロ/モダン】ともにパッケージは同種。違いはバンドイラストが「レトロ」か「モダン」に分かれているだけです。

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ・モダン】のパッケージロゴがある横側
製品ロゴ側側面

PITAKAの製品ロゴと製品名が印字されています

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ・モダン】のパッケージ横側
逆側側面

各種SNSや公式サイトへの案内が表示

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ・モダン】のパッケージ裏面
裏側

裏側のパッケージはどちらも同じ。本体の高級感・シンプルさがパッケージの表示にも表れています。

こびぃ

こういう硬めの化粧箱でしっかりしているタイプのパッケージは保管したくなるね。

外観/デザイン

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ・モダン】を開けた状態
上:レトロ
下:モダン

PITAKAのレトロバンドは、一つひとつのコマが大きく存在感があり、堅牢性のある佇まい。かたや、PITAKAのモダンバンドは長方形のコマが連結しているため、遠目では一本のラインに見えるシンプルデザイン。

こびぃ

一箱ずつアップして【レトロ・モダン】を確認していくね。

PITAKA Apple Watchバンドのレトロの外観:デザイン
レトロ

定番といえば定番のバンド形状がこのレトロタイプのバンドです。購入前はレトロは微妙かな〜と思いましたが、断然こっちのほうが好み。

こびぃ

ゴツゴツした腕時計バンドが好きな方はレトロがおすすめ!

PITAKA Apple Watchバンドのモダンの外観:デザイン
モダン

モダンも最近は多く見かける形状のバンドタイプ。デザイン製の高い金属製の腕時計でよくみかける形状のコマです。形が長方形のコマなので、より規則正しくバンドが連なっているように見えます。

こびぃ

シュッとスタイリッシュな腕時計バンドが好きな方はモダンがおすすめ!

PITAKA Apple Watchバンドの【モダン・レトロ】内容物
同梱品

カラーはブラック一色で、チープなバンドにありがちな安っぽいキラキラ感はなく、マットなブラックでめちゃくちゃ渋かっこいい。

PITAKA Apple Watchバンドの【モダン・レトロ】金具部品
バンド調節のピンと予備コマが入っている

中身や内容物は【レトロ・モダン】ともに変わらず、下記の通り全部で4つ。

内容物
  • PITAKA【レトロもしくはモダン】バンドの本体
  • 予備用のコマ×2
  • バンド調整用のピン(PITAKAロゴ入り)
  • 取り扱い説明書
コビロボ

詳しくはPITAKA公式から確認もできるよ!

PITAKA Apple Watchバンドのモダン
見た目以上の軽さ※画像はレトロ

カーボンファイバーなので、高耐久は当然なのですが見た目はかなり重厚感があって、めちゃくちゃかっこいい。なのに…圧倒的な軽さ(約30g)これは反則。

PITAKA Apple Watchバンドのレトロ
見た目以上の軽さ※画像はモダン
こびぃ

超軽量なのに、高級感・重厚感があるのはまさに鬼に金棒やね!正直純正バンドより、遥かに気に入ってる!

PITAKA Apple Watchバンドの結合部分は磁気マグネットクラスプ
合わせるだけでバチッとつながる

このクラスプ留め金具部分は、特許取得している技術です。これがめちゃくちゃ便利でバンドの着脱が本当にラクだし、どんな置き方をしてもApple Watchを充電できる優れもの!

PITAKA Apple Watchバンドのモダン側面のデザイン

金属バンド系によくある、バンド調節のためのコマの中にピンが入っています。この穴からピンを抜くとサイズ調節が可能。バンド調節に慣れている人は数分でできますよ。

コビロボ

バンド調節になれていない人でも10分もあればできるよ!

PITAKA Apple Watchバンドのモダンの先端止める部分
バンドの先端部分

Apple Watchとバンドの連結部分も問題なくキレイ

PITAKA Apple Watchバンドのモダンの先端
バンドの先端部分アップ

安すぎるバンドはこの部分がずれていることがあるから要注意!PITAKAは全く問題なし

バンドを装着する前に上画像のApple Watchとバンドの連結部分や噛み合わせは必ずチェックしておきましょう。

こびぃ

ボクは一度、全くはまらないバンドにあたったことがあるよ。要チェックだよ!初期不良あればすぐに交換してもらおう!

そのまま装着するとバンドが長い

PITAKA Apple Watchバンドの初期状態で装着してみるとガバガバの状態
PITAKAバンド初期サイズ

手首がとてつもなく太い人以外は、バンド調節が必要になります。

PITAKA Apple Watchバンドの【モダン・レトロ】のバンド調節をする
バンド調節ピン

同梱品のバンド調節ピンでサイズ調節は簡単にできます。

バンドのサイズ調節は簡単

PITAKA Apple Watchバンドの【モダン・レトロ】金具部品はどちらも調節した
ボクはコマを3つ抜きました

普段時計の調節をご自身で行っている人は言うまでもありませんが、簡単にバンド調節ができます。

時計のバンド調節方法がわからない方は下記のPITAKA公式You Tubeを確認すると手順がわかるので、参考にしてくださいね。

こびぃ

10分もあればバンド調節はできるよ!

サイズ/重量

サイズと重量は【レトロ・モダン】種類に応じて異なるので、一つずつ見ていきますね。まずはレトロから。

レトロのサイズ重量

PITAKA Apple Watchバンドのレトロ3本抜いた状態で約27g
コマを3本抜いた状態

27.7g

PITAKA Apple Watchバンドのモダンのバンドのみで32.6g
全コマ重量

32.6g

高級感・重厚感を感じるApple Watchのバンドとしては最軽量と言っても過言ではない軽さ。コマ数は16リンクあります。

PITAKA Apple Watchバンドのレトロと本体合わせて約65g
Apple Watch本体とPITAKAレトロバンド

Apple Watch本体とPITAKAのレトロバンドの合計重量は65.4gです。

こびぃ

Apple純正のシリコン製ソロループ並の軽さでびっくり!長時間つけるときやPC作業も時計が軽いと本当にラクなんだよね!

モダンのサイズ重量

PITAKA Apple Watchバンドのモダンのバンド3本抜いた状態の重量が28.8g
コマを3本抜いた状態

28.8g

PITAKA Apple Watchバンドのレトロのバンドのみで30.7g
全コマ重量

30.7g

レトロも、モダンも重量はほぼ変わりません。1コマのサイズがスリムなので、コマ数が20リンクあります。これはレトロより4つ多い数。

PITAKA Apple Watchバンドのモダンと本体で66.4g
Apple Watch本体とPITAKAモダンバンド

Apple Watch本体とPITAKAのモダンバンドの合計重量は66.4gです。

こびぃ

レトロもモダンもどちらも軽い軽い!でもチープではなく高級感があるから最高だわ!

PITAKAのレトロ・モダンバンドのサイズ/重量をまとめるとこんな感じ▼

項目レトロモダン
コマ数16リンク20リンク
重量32.6g(実測32.6g)32.4g(実測30.7g)

この重厚感がありながら、Apple Watch本体に装着して約60gという驚異的な軽さは、長時間使用してもラクなのでめちゃくちゃ魅力的です。

PITAKA Apple Watchバンドを着用して【レトロ・モダン】比較レビュー

レトロとモダンを2つ画像で比較しながら、確認していきます。

ひと目でわかりやすくレトロを白肌モダンがやや黒肌に設定しています。

文字盤黒

PITAKA Apple Watchバンドのレトロ装着画像の文字盤黒
レトロ
PITAKA Apple Watchバンドのモダンの斜め後ろ装着画像
モダン
  • レトロ「ゴリッ」としていて、ザ・漢!って感じ。
  • モダン「スラッ」としていいて、オシャレスマート男子って感じ。

文字盤黒だとより一層締まって見えますね。

文字盤白

PITAKA Apple Watchバンドのレトロ装着画像の文字盤白
レトロ
PITAKA Apple Watchバンドのモダンの白文字盤で装着状態
モダン

文字盤が白くなると、どちらも少し柔らかい印象のバンドになります。

輪郭がハッキリしていてバンドの主張が激しいのがレトロ、よりApple Watch本体が目立つバンドがモダンといった印象を受けます。

サイド

PITAKA Apple Watchバンドのレトロの装着画像側面
レトロ
PITAKA Apple Watchバンドのモダンの側面画像
モダン

サイドは1つずつコマの存在感があるのがレトロで、モダンは連なっていて全体のまとまり感があります。

手首側

PITAKA Apple Watchバンドのレトロ装着画像の手首側
レトロ
PITAKA Apple Watchバンドのモダンの内側
モダン

手首側も側面同様の感じ。

レトロもモダンも共通して言えることは、磁気クラスプのおかげで留め金が全くみえないのもカッコいいってこと。

【レトロ・モダン】どっちが良いのか

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ・モダン】は少々高い
左:レトロ
右:モダン

結論:好みの問題

「いやいや、好みの問題っていわれても…」ってなるかもしれませんが、使用感は全く同じで、優劣がないんですよね。

なので、デザインがどちらが好きなのかを優先して決めましょう。

普段はスマートやシンプルなものが好きな方も、腕時計となると『ゴツい』タイプが好きな人もいるので、そんな人はレトロがおすすめ。

何がなんでもミニマルなデザインが正義!スマートさやシャープさを最優先したい!って方は、モダンがおすすめ。

端的に言うと下記の通り。

  • 無骨で堅牢性が好き→レトロタイプのPITAKAバンド
  • よりスマートでシャープ・シンプルが好き→モダンタイプのPITAKAバンド
こびぃ

どっちもめっちゃカッコいいけど、個人的には『レトロ』がタイプ!より無骨な感じがしてかっこいい!

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ・モダン】の良い点

PITAKA Apple Watchバンドのレトロ・モダンの良い点

実際に使用して、1ヶ月近く経ちましたのでPITAKAのApple Watchバンド【レトロ・モダン】の良い点を挙げていきます。

良い点
  1. 金属バンドより高級感がある
  2. 見た目の重厚感からは想像ができない軽さ
  3. 軽量なのに耐久性は抜群
  4. 特許を取っている磁気クラスプでバンドの装着がストレスフリー
  5. どんなApple Watch充電スタンドでも充電がラク

順に確認していきます。

1.金属バンドより高級感がある

PITAKAバンドの良い点、他の金属バンドより高級感がある

Apple Watchおすすめバンドでも紹介しているJEDirectの金属バンドとApple純正ミラネーゼループの比較。

写真越しでも、他のbandeと比較するとPITAKAバンドからより高級感・重厚感が伝わります。

金属タイプのバンド全般に言えることは、オンオフどちらでも使用しやすい汎用性がメリットの一つですよね。

PITAKAはさらにワンランク上で、オンオフどちらでもオシャレに使用することができるという「オシャレ」ワードがかかってきます。

PITAKAバンドとミラネーゼループの比較
手前:Apple純正ミラネーゼループ
奥:PITAKAカーボンバンド

Apple純正のミラネーゼループよりも個人的には、PITAKAバンドのデザインが好み。

ミラネーゼループのデメリットでもある腕毛を巻き込むこともないのが、PITAKAバンドが優れているポイントの一つ。

こびぃ

ぶっちゃけ20,000円すると言われても、対して驚かないくらいの製品力がこのPITAKAバンドにはあるよ!

2.見た目の重厚感からは想像ができない軽さ

PITAKAは他のバンドより圧倒的に軽い
PITAKAバンド

27.7g

ミラネーゼループとPITAKAバンドの重量比較
Appleミラネーゼループ

40.1g

1000円バンドとPITAKAバンド比較
JEDirectバンド

71.5g

これまでにも何度もお伝えした通り、やはりこの重厚感からは到底想像できない「軽さ」が素晴らしい。

パソコンで仕事をしている時も手首に違和感を覚えない手首との一体感がやっぱり嬉しいですね。

他の金属バンドはズッシリくるバンドが多いですから。

3.軽量なのに耐久性は抜群

バンド自体は約30gと超軽量ながら耐久性はバンドの中でもトップクラス。

理由は、カーボンファイバー素材を使用しているからです。

カーボンファイバー素材は、F1や宇宙船などにも使用されている素材なので、耐久性に秀でている素材なんですよね。

こびぃ

約1ヶ月くらい使用しているけど、傷も全然ついてないよ!キレイに長期間使用することができるバンドだね!

4.特許を取っている磁気クラスプでバンドの装着がストレスフリー

※強めに画像圧縮しているので色味がところどころおかしくなります▼

磁気クラスプでバンドのPITAKAバンドの装着が簡単
マグネットで装着が簡単

バンドっていちいち着脱が面倒だったりするのですが、PITAKAバンドは特許取得している磁気クラスプのおかげで、ビックリするほど快適です。

PITAKAバンドと違う金属バンドは面倒が多い
このバンドを通す作業が面倒に感じるようになる

PITAKAバンドは、上画像のように金属バンドあるあるの手首を通さなくてもOK!

マグネットで「ピタッ」とくっつけたり、外したりシームレスに着脱ができます。

普段は面倒だと感じない通常の金属バンドの装着も、一度PITAKAバンドの軽快さを知ってしまうと、面倒に感じてしまいます。

こびぃ

ちょっときれいめの格好をしたいときはこのPITAKAバンドを激推しできる。

5.どんなApple Watch充電スタンドでも充電がラク

Apple Watchのおすすめ充電スタンドにも出てくる人気の充電器を2台使用します。

Belkin 3-in-1ワイヤレス充電スタンド

PITAKAバンドは充電スタンドがどんな形でもOK

バンドのマグネットをつないだ状態でも充電できる

PITAKAバンドは充電スタンドの適用幅が広い

バンドのマグネットを外した状態でも充電できる

Apple純正磁気充電ケーブル

PITAKAバンドだとバンドを伸ばした状態で充電が可能

磁気ケーブルはバンドを外した状態で置くだけ

PITAKAバンドはApple純正磁気ケーブルでも充電が簡単にできる

なんの弊害もなく通常通り充電できる

上記のApple Watch充電器・充電スタンドは一部ですが、下記のすべての充電器に対応しています。

  • USB直挿し型
  • 横置き
  • スタンド型
  • 純正の磁気ケーブル

どの形の充電器や充電スタンドでも、簡単に充電することが可能はありがたい。

コビロボ

なんでどんな充電器でもApple Watchを充電することができるの?

理由は、先述の特許取得している磁気クラスプのおかげです。

バンドを外した状態」「バンドをつなげた状態」この2つの状態を作ることができるためです。

充電スタンドや充電器との相性って、バンドを購入するとき意外と見落としがちなポイントですが、PITAKAバンドなら問題なしです。

こびぃ

せっかく買ったのに、このバンドだとこの充電器が使えない…みたいなことにならないよ!

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ・モダン】の気になる点

良い点を先に挙げていきましたが、当然気になる点もありますので紹介します。

気になる点
  1. 価格がやや高い

完璧に近いPITAKAバンドですが、気になる点が一つありました。

1.価格がやや高い

価格が約9,000円します。

バンドのみの価格としては、Apple Watch専用バンド内でもそこそこ高いバンドの価格。

ですが、たしかに価格だけ見ると高いのですが、正直これだけ精度・クオリティが高いバンドなので納得できる部分が多いです。

コビロボ

確かに。このレベルのバンドがもし3,000円とかをきってくると価格破壊が起きるレベルだ。

逆に言うと、「このクオリティでこの価格だと安い。」とさえ感じることができるバンドでもあります。

Apple純正のバンドはちょっと高い…でも少し良いバンドが欲しいって方にピッタリですね。

こびぃ

Apple純正のリンクブレスレットは40,000円するから(笑)そう考えると安くも感じる。

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ・モダン】のおすすめできる人/できない人

おすすめできる人
おすすめできない人
  • 高品質のバンドが欲しい
  • 高級感・重厚感が欲しい
  • 軽量バンドが欲しい
  • おしゃれデザインバンドが欲しい
  • TPOを選ばないバンドが欲しい
  • カーボンファイバー素材が好き
  • バンドに9,000円近く出したくない
  • カーボンファイバーが好きじゃない

わかりやすく言うと、9,000円出してでも「軽くて丈夫で高級感・重厚感のあるバンドが欲しい」って方は、所有欲が満たされるので超おすすめできるバンド。

価格が気になっていても、手にすると納得できるほどのクオリティがあるので、熟考しても損はありません。

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ/モダン】比較レビュー|カーボン製のベストバンド

PITAKA Apple Watchバンドのレトロ・モダンのまとめ

PITAKA Apple Watchバンド【レトロ/モダン】について比較レビューを書きました。

ややお値段はしますが、それ以上の満足度を得ることができる素晴らしいクオリティのバンドです。

お値段もApple純正金属バンドの40,000円と比べると1/4以下なので、そう考えるとお買い得のようにも感じます。

よくある1,000円の安物金属バンドより、遥かに質感が良いため本物の【高級感・重厚感】を手に入れることができます。

そんなバンドが欲しい方には、PITAKAバンドがピッタリなので気になったらぜひ一度チェックをしてみてくださいね。

それでは良きApple Watchライフを!

PITAKA
Apple Watchバンド【レトロ/モダン】
使用感/質
100
デザイン
100
価格
85
総合評価
95

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入しよう!

Amazonで欲しいモノを購入する時に普通に買い物をすると損をするので、Amazonギフト券をチャージ>通常通り欲しい物を購入する。

上記の手順でギフト券をチャージしてからAmazonで買い物すると最大2.5%ポイント還元でお得になります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる