Apple Watch 純正ミラネーゼループ(グラファイト) レビュー|スーツに合う。超かっこいい…

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

Apple Watch Series6を購入時のバンドはApple純正バンド『ソロループのブラック』をチョイスしました。

結果的に、大満足なわけですがひょんな事から、急遽バンドが一つ必要になり、Apple純正のミラネーゼループ(カラー:グラファイトグレー)を購入しましたので、レビュー記事を書いていきます。

※ひょんな事=ソロループのサイズがワンサイズ大きくと交換依頼が必要になった

Apple純正のソロループバンドは気に入っていましたが、このApple純正のミラネーゼループもめちゃくちゃカッコよくてたまらん感じです。

装着して数日経ちましたので、ライトユーザーや初心者でもわかるように当記事『【レビュー】Apple Watch 純正ミラネーゼループ(グラファイト)スーツスタイルもOK!』ついてレビュー記事を書いていきます。

おトクな情報

Apple公式ストアで購入する場合は楽天リーベイツを経由することで、1%ポイントバック!
Apple Store(オンライン)で購入の際は損しないように楽天リーベイツを経由することをお忘れなきよう。

Rakuten Rebatesを確認する

サードパーティ製のミラネーゼループ

>> 1,000円ミラネーゼループのレビュー記事はこちら

目次

Apple Watch Series6と同時に発売されたグラファイトカラーのミラネーゼ

Apple Watch Series6と同時に発売されたグラファイトカラーのミラネーゼ
グラファイトカラーのミラネーゼループは2020年秋の新作

Apple Watch Series 6を購入時はソロループで購入をしました。そのあと約2週間後にグラファイトのミラネーゼを購入することになりました。

実は、もともとミラネーゼループはすぐに購入する予定ではなかったのですが、なぜミラネーゼをすぐに購入したかというと。

こびぃ

ソロループのサイズが合わずに交換をすることになったからなんよね

どちらも使ってみた感想は、ソロループもミラネーゼもどちらも素晴らしいバンドということ。さすがApple純正バンドというところ。

とはいえ、双方ともにApple純正とはいえ、良い部分の他に悪い部分・気になる部分があります。

本記事とは異なるソロループの良い部分や悪い部分が気になる方は下記の購入レビューで確認してみてくださいね。

新カラー『グラファイト』のミラネーゼループはApple Watch Series6と同時発売

ミラネーゼループは初代Apple Watchから活躍しているApple Watch専用バンドです。ミラネーゼループの現在取り扱いカラーは下記の通り

  • シルバー
  • ゴールド
  • グラファイト NEW!!

ゴールドもシルバーは以前からあります。過去にはスペースブラックなども取り扱いがありました。

実際にミラネーゼループ(グラファイト)の開封時・装着時の様子を順に見ていきますね。

ミラネーゼループのグラファイトカラー開封画像

ミラネーゼループの外箱

ミラネーゼループの外箱です。
カラー:グラファイト
サイズ:44mm

いつもの簡易ユーザーガイドが入っています。

パッケージのグラファイトが薄くみえるのですが、実物はこれよりブラックに近いイメージですね。

ミラネーゼループの中身確認

こちらのほうが実物に近い色です。パッケージのグラファイトカラーはなぜか薄く見えるんですよね。

ミラネーゼループとApple Watchの留め具部分

本体と連結部分の確認

Apple純正品なので本体・各箇所におかしな点はありません。

ミラネーゼループのマグネット部分

留め具部分はこんな感じです。
裏面がマグネットになっていて、近づけると「バチン」と装着することができます。

取り出してみました。シルバーではなく、グラファイトにして大正解!製品の深みをより感じることがカラーです。

ミラネーゼループのマグネット部分のシール

マグネット部分は傷がつかないように、保護シールが貼付されています。

ミラネーゼループをApple Watchに片側だけ装着状態

早速ミラネーゼループをApple Watch本体片側だけ通してみました。

ミラネーゼを持った感じ

Apple Watch Series6にガッチリ両側ともつけました。手にもってもそこまで重さを感じません。

ミラネーゼループをApple Watchに装着

ミラネーゼループとApple Watch Series6を装着して、置いた画像が上画像です。

これは完全にビジネススタイルやきれいめ私服に合うビジュアルです。Apple Watch本体に装着している傷防止用のマットケースとミラネーゼループのカラー(グラファイト)がかなり合います。

ミラネーゼループを本体と合わした後

外観は申し分ありません。

Apple Watch自体がスマートウォッチの中で比較しても、よりスマートなガジェットなので、このスマートなバンドのミラネーゼループと相性は抜群です。

ミラネーゼループの重さと本体装着時の重さ

ミラネーゼループの重さ

ミラネーゼループ本体のみの重りは40.5gで、これは500円玉(7g)×6枚の重みですね。バンドとしては標準の重さといったところ。

AppleWatchシリーズ6の本体とミラネーゼの重さ

Apple Watch Series6本体とミラネーゼループの装着時は全体重さが78.5gと腕時計としては軽い部類です。

こびぃ本人のスタメンの他の時計との重さの違い

グランドセイコーの重さは123g

グランドセイコーは123g
スーツスタイルのメイン時計

Gショック(ジースチール)の重さは85g

G-SHOCKのジースチールは85.1g
ジャケパンスタイルのメイン時計

ソロループとApple Watch本体の重さ

Apple Watch Series 6+ソロループは52.2g

Apple Watch Series6とミラネーゼループの重さは78.5gなので、Gスチールにかなり近い重さです。

コビロボ

手につけているストレスを感じにくいヨ

Apple Watch とミラネーゼループの装着画像

ミラネーゼループの着用画像

ミラネーゼループはマグネット式で、着脱に不安がありましたが、心配は無用。

Apple Watch とミラネーゼループの装着手順

手順というまでも有りませんが(笑)
実際の装着時の感じだと思ってみてくださいね。

ミラネーゼループ着用手順
手順1

バンドが外れる形ではないので、輪っか状のまま手首に装着していきます。

手順2

つっかかりもへんな滑りもないです。なじむ感じで手首の方まで移動がスムーズ

手順3

簡単に着用することが出来ます。腕毛が濃い方は挟み込んでしまうかもしれません。

手順4

裏面ですが、マグネットでガッチリとついているので簡単には外れませんね。

ミラネーゼを装着する前は、着脱が面倒だったらどうしよう…と思っていましたが、めちゃくちゃ簡単でストレスフリーで着脱可能です。

フィット感が抜群に良いので落ちる心配などもありませんので、着脱時の注意点も特にないですかね。手を強めに振ってもサイズがずれることはありません。

コビロボ

装着時の欠点を一点あげるなら、腕毛が濃い人の巻き込み事故じゃなかろうカ…

ミラネーゼループはビジネススーツ使用にかなり適している

Apple Watch 純正ミラネーゼループ(グラファイト)はスーツに合う

以前レビューしたソロループでもビジネススタイルは大丈夫!とご紹介しましたが、ミラネーゼは高級感が前面に出ているため、さらにビジネススタイル向きだと感じます。

ミラネーゼループ×ネイビースーツ
スーツネイビージャケットとApple Watch6+ミラネーゼループ

上記画像のようにネイビースーツにミラネーゼのグラファイトカラーと本体のブラックがいい感じでマッチしていて、かなりかっこいいのでは?という感じ。

こびぃ

ボクから言わせてもらうと、これはスーツとApple Watch Series6+ミラネーゼループが同化しとるね!

高級感があるバンドなので、やはりガチッと服装をかためたいときは抜群に合います。めちゃくちゃかっこいいですよ。

ミラネーゼループ×ネイビースーツのディスプレイがブラック
画面がブラック系は締まるイメージ

画面をブラックにするとさらに締まります。

以前はスーツのときにスマートウォッチっていうことは考えられませんでしたが、今は健康管理や仕事ツールが使用できるため、むしろ最適解で手放せなくなりました。

上記画像の通り、通常のスーツでも全く違和感がないので、ミラネーゼループはビジネススタイルにも完全に適しているバンドといえるでしょう。

ミラネーゼループ×ジャケパン
ジャケパン+Apple Watch6+ミラネーゼループ
ミラネーゼループ×ジャケパンでディスプレイがブラック
画面ブラックにしてもOK!

ミラネーゼはやはりきれいめ系の服装にかなりマッチしますね。めっちゃかっこいいと思ってしまうボクの目がバグってますかね?(笑) 完全に仕事で出勤時もヘビロテ決定です。

留め具部分のマグネットで簡単にサイズの微調整もできるので、手首を少しラクにしたい時も煩わしさがありません。

ただジャージなどのラフな格好は違和感があって向いていません。

ミラネーゼループ×ジャージ
ジャージとApple Watch6+ミラネーゼループ

なかなかのミスマッチ感です。正直オススメできません笑

私服でも、ラフな格好には合いませんのできれいめ系でまとめたい時やモダンでシンプルな服装には違和感なく着用することができ、オシャレだと個人手には感じます。

ミラネーゼループのメリット

なんといっても、スマートさでしょうかね。もちろんスーツコーデから私服のシンプルコーデまで様々な格好をスマートに着こなすことができます。

そんなソロループを使用してみて感じた良いメリット部分を4つご紹介します。

ミラネーゼループのメリット①:高級感がありスーツスタイルに完全適合

ミラネーゼループ×ネイビースーツでディスプレイがブラック
スーツスタイルに抜群に合います

ステンレススチールといっても、精巧な作りが随所に見られるため、バンドだけでも普通に高級感が漂っています。

前述した通り、スーツに適しているのでビジネスマン特に営業をしていたり、対外部の方と接触する機会が多い方は、シリコン製のソロループやスポーツバンドより、革バンドやミラネーゼループのような高級感がでているバンドのほうが良いと感じる方が多いと思い明日。

こびぃ

高級感があって、スーツに合うバンドのおかげでApple Watchを装着できる人もいると思うので、これからもミラネーゼループはずっと販売してほしいね!

ミラネーゼループのメリット②:蒸れない!柔らかい!

ステンレススチールなのですが、汗を掻いても蒸れにくいメッシュ加工です。

ミラネーゼループはイタリア製の特殊な機械を使っているため網目状が非常に細かく柔らかい仕上がりで、表面はさらっとしていて触るとかなりなめらかです。

こびぃ

ステンレススチールや金属製のいやな硬さは全くないね!

特に、夏場のスーツスタイルなどは革バンドやシリコン系だと蒸れやすいので、夏場のApple Watchのバンドとして最適解と成り得る一つのバンドと言えます。

ミラネーゼループのメリット③:サイズの微調整が容易

ミラネーゼループのマグネットでサイズ調整を行う
マグネットで調整を行う
ミラネーゼループはサイズ微調整が簡単
簡単にサイズ調整可能(落ちない)

なんといってもサイズの微調整が簡単なところは助かる人が多いと思います。同時に着脱が非常にラクなので、その点もメリットと言えます。

ミラネーゼループのバンド端にはマグネットがあり、そのマグネットをバンドに固定させるため、どの部分にでも留めることが可能となっています。

よくあるバンドは、穴があってサイズはある程度のところでしか決めることができませんが、ミラネーゼループはオーダーメイドで作ったかのようなサイズ感を実現できるため、つけ心地は抜群に良いです。

こびぃ

だから長時間着用しても、ストレスフリー!

ミラネーゼループのメリット④:ミラネーゼループ自体に傷がつきにくい

ミラネーゼは傷がつきにくい
手首は干渉しやすい部位なので、傷がつきにくいのはありがたい

ミラネーゼループを作成時に物理蒸着という施工がされています。物理蒸着とは以下のような施工技術です。

物理蒸着は、真空を利用したドライコーティング技術です。乾式めっきの一種です。主に機械部品や工具類の表面に硬質膜を生成させます。その目的は耐摩耗性の付与、及び摺動特性を改善することにあります。

出典元:日本のものづくり

簡単に言うと、ミラネーゼループに傷がつきにくい技術を施されているということ。

サードパーティにもミラネーゼループもどきがあふれていますが、こういった精巧な技術は本家Appleの純正ミラネーゼでしか得ることができない価値だと思います。

ミラネーゼループのデメリット

高級感があり、質感が良く耐久性も高いミラネーゼにも弱点はあります。

ミラネーゼを使用してみて悪いと感じたデメリット部分をを4つご紹介します。

ミラネーゼループのデメリット①:金額が若干高め

ミラネーゼループは以前は20,000円でしたが、今では10,000円で購入することができるようになりました。

コビロボ

それでも高くかんじるんダヨ

純正バンドだとソロループなどは4,800円で購入できますからね。約2倍の10,000円はやはり高く感じます。

サードパーティー製のミラネーゼループは数千円で購入できます。

金属の質やマグネット部分など、精巧な部分の質は落ちますが、とりあえずミラネーゼループの高級感を味わいたい!という方はサードパーティー製のミラネーゼループは有りだと思います。

ミラネーゼループのデメリット②:ラフな格好には合わない

高級感のあるバンドで、スーツスタイルやきれいめスタイルに抜群に相性が良い反面、ラフな格好にはお世辞も言えないくらい本当に合いません。笑

ジャージ×ミラネーゼはどこかのいかつい兄ちゃんのザイルちっくになります。

ソロループとミラネーゼループを両方持っているボクから見て、ラフな格好には、正直ソロループやスポーツバンドのほうが向いていると感じます。

ミラネーゼループのデメリット③:Mac・PCへの干渉が気になる

干渉が気になりますが、実際に大きな傷や擦り傷がついたと聞いたことはありません。

ミラネーゼループのデメリットPC干渉
MacやPCのパームレスト部分との干渉
ミラネーゼループはマグネット部分が干渉しやすい
マグネット部分が干渉しやすい
干渉してもスキンシールで傷がつかない
スキンシールを貼っていると傷がつかない

ちなみにボクはMac Bookを使っていますが、パームレスト部にスキンシールを貼っているので、Macに傷がつくこともありません。スキンシール自体も肉眼では傷がわかりません。

WindowsのノートPCではプラスチック製がおおいので、ミラネーゼでも気になりにくいですが、Macはアルミ製なので気になる人は気になると思います。

ミラネーゼループのデメリット④:タオルやセーターなどへの引っ掛かり

生地の目が荒いタオルやセーター類のニット系は相性が良いとは言えません。

とはいえ、気をつけていたら問題はありません。実際にボクも手を洗ってタオルが引っかかったこともないので、念の為デメリットの一つといったところです。

【余談】これはメリット?

実はボクは金属アレルギーで、貴金属はしっかり選ばないと、かぶれてしまうのですがミラネーゼループは全く反応がないので、本当によかったです。

もちろん汗をかいたり、水に濡れても金属アレルギーの反応はでませんでした。

こびぃ

買う時に一番ビビっていたことだったからね!

専門家ではないので、金属アレルギーの反応がなぜでないのかはわかりませんが…おそらく使用されている素材の問題だと思います。

ボク以外の他者のミラネーゼループの感想を知りたい方はApple Watch 純正バンドミラネーゼループの気になる評判や口コミを読んでみてくださいね。

まとめ:スーツ大人スタイルで決めたいならミラネーゼループ

Apple Watchは時計屋に行く必要がなく、バンドを気兼ねなく交換することができるため、このカスタマイズの高さがハマる一つの理由です。

シンプルかつ高級感のあるミラネーゼループはまさにビジネススタイルやキレイめスタイルのためのバンドと言えるでしょう。

ミラネーゼループは評判や口コミ通り以上の所持欲を満たしてくれるハイクオリティな商品・満足度の高さでした。

こびぃ

特にグラファイトがカッコいいよ!女性はゴールドがおすすめ!

つけ心地の良さは言うまでもないが、落下の心配も皆無ですし、普通に使っていて錆びることもなく取り扱いがラクな部分は本当にありがたいです。

おトクな情報

Apple公式ストアで購入する場合は楽天リーベイツを経由することで、1%ポイントバック!
Apple Store(オンライン)で購入の際は損しないように楽天リーベイツを経由することをお忘れなきよう。

Rakuten Rebatesを確認する

女性らしいのはゴールドですね▼

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入しよう!

Amazonで欲しいモノを購入する時に普通に買い物をすると損をするので、Amazonギフト券をチャージ>通常通り欲しい物を購入する。

上記の手順でギフト券をチャージしてからAmazonで買い物すると最大2.5%ポイント還元でお得になります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる