【G-ショック化4選】Apple Watch G-SHOCK風バンドレビュー Spigenのラギッド・アーマープロ

【レビュー】G-ショック好き必見!Apple WatchをG-SHOCK化 Spigenのラギッド・アーマー

こんにちは!コビガジェライフライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • Apple Watchを『Gショック風/G-ショック化』できるバンド4選
  • SpigenのApple Watchケース一体型バンドのラギッドアーマープロ

G-SHOCKが好きで腕時計をG-SHOCKで過ごしてきた人は多いと思います。

Apple Watchに乗り換えたくても、踏ん切りがつかなく、一度はG-SHOCKでApple Watchみたいな性能があるか探した人も多いことでしょう。

かくいうボクもそのうちの一人。

Apple Watchを購入するとどうしてもG-SHOCKの出番が少なくなります。そんな時に「あれ?Apple WatchをG-SHOCKすればええやん?」って思うんですよね。

そこで、探してみるとボクが好きで製品クオリティが高く信頼しているSpigenからG-SHOCK風/G-SHOCK化に必要なケース一体型バンドが販売されていたので、思わずポチりました。

なので開封から実際に装着、G-SHOCK(Gスチール)と見た目の比較のレビューとその他にG-SHOCK化にオススメのバンド3選を紹介します。

本記事はこんな人におすすめ
  • Apple WatchをG-SHOCK風(G-SHOCK化)したい
  • Apple WatchのG-SHOCK風(G-SHOCK化)バンドのおすすめが知りたい
  • SpigenのApple Watchケース一体型バンドについて知りたい

AppleWatchのバンドを購入する方で「まとめて一気にApple Watchのオススメバンドを確認したい!」という方は下記のまとめ記事を参考にしてください。

AppleWatchの本当におすすめできるバンド12選はこちら

では本記事『【レビュー】G-ショック好き必見!Apple WatchをG-SHOCK風 Spigenのラギッド・アーマープロ』をレビューしていきます。

サイズ 40mm

サイズ 44mm

目次

Apple WatchをSpigen ラギッドアーマーでG-SHOCK風にする

早速パッケージを開封していきます。

本体パッケージ/内容物

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースの外箱表
外箱表
SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースの裏面
外箱裏

いつものSpigenのパッケージ。Spigenは日本の実店舗だとヨドバシカメラやビックカメラ、東急ハンズ、ららぽーとでよく見かけます。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケース内容物
本体はバンドとケース一体型

中身は本体のみです。説明書や保証書、サポートcenterの案内などは入っていません。

内容物
  • Spigen Apple Watch ラギッド・アーマープロ

本体外観

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケース本体外観全体
TPU素材で手に馴染むデザイン

ケースの特徴は下記の通り

Spigen ラギッド・アーマープロの特徴
  • ケースとバンドの一体型デザイン
  • 特殊プレミアムTPU素材
  • 360°前面保護で耐衝撃性に優れている
  • バンド穴は9個
  • スポーティーバンドでアウトドア、スポーツといったアクティビティに最適
  • Apple Watch本体にケースを着けていると干渉して装着できない
  • 参考価格:税込3,046円

ケースバンドの左側

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケース左サイド側
SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースを手にもって左からチェック

電源ボタンとクラウン操作に支障がないデザイン。もった感じは軽すぎず、重すぎずといった印象。

ケースバンドの右側

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースの右サイド側
SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースの右サイドを手に持ってチェック

右側は本体に操作する箇所がないため、シンプルな形状。

ケースバンドの両側面

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースのバンド部分手首側
SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースの手首側上部

側面の折り曲げ部分はカーボン素材のような柄が入っていて、これは無骨なイメージがでてかっこいい。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースのバンド穴の状態
バンド穴部分

バンド穴は全部で9つあるため、大半の方は留めることができるサイズ感。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケース留め具はアルミ系

バックル部分がアルミ?だと思うんですが、かなり軽くてショボい仕上がり。バックルって結構腕時計の良さが出る所なのでもったいない。

全体を通して見ると、G-SHOCK本家と比べると安っぽさが否めない感じ。

本体装着

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースを実際に装着
Apple Watch6に装着

装着方法はApple Watch本体にスッポリはめ込むだけ。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースの装着方法は外箱に記載
SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースの装着方法は外箱に記載2

説明書は梱包されていませんが、パッケージ側面に表示されているので、これだけで十分わかるくらい簡単にハマります。

厚いケースは干渉するので気をつけてください。

厚いケースがどれかわからない方は下記の記事に記載されている『液晶部分のみの保護フィルムタイプ』や『TPU材のフィルム』なら問題有りません。

こびぃ

側面まで覆うケースタイプを装着しているとNG!ボクは液晶部分のみの保護フィルムで問題なかったよ!

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースは簡単に装着できる
一分かからず装着完了

G-SHOCK風/G-SHOCK化は出来ているのですが、G-SHOCKではない…なれない。とはいえ、悪くはない。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースサイドからみてもズレや違和感なし
クラウンと電源ボタン側

Apple Watchのクラウンと電源ボタンの操作性に難ある低下は感じません。もちろん何も着けていないほうが操作はしやすい。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースの装着後の背面
Apple Watch背面

装着後の背面は、フォトダイオードセンサー周り以外はガードしてくれているので心強い印象。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースを装着して電源入れた状態
G-SHOCK化はできる

G-SHOCKかと言われると違いますが、G-SHOCK化ができているかというと出来ているって言えるでしょう。

点数で言うと正直80点くらい?

デザインの細やかな部分のディティールなどは悪くなく、作りは普通に良いです。ケースにはめ込んでいる部分もグラつきズレはありませんからね。

こびぃ

Spigen自体は「G-SHOCK風/G-SHOCK化するためのツール」って謳ってるわけではないよ!

ユーザー側、というかボクが勝手に戯言でG-SHOCK化って言っているだけですからね。

使用感

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケース装着後の使用感は手首に馴染む感じ

実際に装着してみると手首への馴染みは悪くない。というかこれは想像以上に良い。装着前と装着後では印象がかわるバンド。

不快感もなく、水に濡れても汗をかいても大丈夫で、タオルで拭き取るとすぐに乾く。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケース横からみても変な歪みや空洞なし

バンドの両端が反発することなく、しっかり巻き付いてくれます。

ディスプレイと段差があるため、万が一の落下時やどこかにぶつけた時もケースに守ってもらえる可能性が高い設計はありがたい。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースを自分側からみた感じ

やっぱりディスプレイ側とサイド側を比較して思うのは、ディスプレイ=顔なのでそこに定番の『G-SHOCK』ロゴがないのはG-SHOCK風といえども違和感を覚えるんでしょうね。

サイドは全く気ににならない。むしろカーボン柄もあって重厚感があり、無骨なイメージが伝わり普通にカッコいい。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケース手首内側の状態

手首内側はバックルがモロに安いアルミ製の素材がわかるのでそこだけややショボくみえますが、穴1つ1つのディティールも悪くなく、全体のビジュアルはカッコいい。

約2,000円のバンドなのでこの点はしょうがない感じがします。

白文字盤・黒文字盤

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケース白い文字盤

白い文字盤だと、スマートに見えます。G-SHOCK風と言われると違和感がありますが、G-SHOCKじゃないと思えば悪くない。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースの黒い文字盤の様子

黒文字盤は締まるので、ディスプレイと周りのバンド両方に目がいってしまいます。やはりG-SHOCKではないですが、 G-SHOCKみたいな・・・・という表現なら有りです。

本家G-SHOCKとApple WatchG-SHOCK版を比較

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースと本家G-SHOCKを比較

実際にSpgenのラギッド・アーマープロでG-SHOCK風/G-SHOCK化したApple WatchとG-SHOCKを比較していきます。比較するG-SHOCK(G-STEELE)は下記のモノ。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースとG-SHOCKを装着して比較
左:G-SHOCK 右:Apple Watch

G-STEELE自体がG-SHOCKのワイルドさを維持しながらも、シャープなメタルケースで大人の雰囲気を演出しているデザインのバランスが抜群の万能腕時計。

外観だけの比較では、正直言ってどうしてもApple WatchのなんちゃってG-SHOCKでは見劣りしますが、ボク個人としてはSpigenのマットな黒みはかなり好きです。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースとG-SHOCKをサイドから比較
左:G-SHOCK 右:Apple Watch

サイドの作り込みもG-SHOCK(G-STEELE)はドットのデザインがはいったウレタンバンドなので立派なケースとバランスが取れている。

対して、Apple Watchのサイドの作り込みもケースとのバランスは良いですね。ケースがシンプルだからこそのサイドのシンプルさもマッチ。

双方比較すると、やはり作り込みの深さ・良さはG-SHOCKに軍配が上がります。

SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースとG-SHOCKの手首内側の状態
上:Apple Watch 下:G-SHOCK
SpigenのApple Watch用ラギッドアーマーケースとG-SHOCKの手首奥側の状態
左:G-SHOCK 右:Apple Watch

バンドの太さ自体は意外にApple WatchのSpigenラギッド・アーマーの方が太くて重厚感があります。

対してG-SHOCKのほうがスマートな印象でディティールにこだわっているデザインなので、シャープでかっこいい。

G-SHOCK風にしたApple Watchも悪くはないですが、本家と比べると細やかな部分は負けますね。でも作りが悪いわけではないので及第点はあると言って良いと思います。

重量

SpigenでG-SHOCK化の後のApple Watchの重量
SpigenでG-SHOCK化したApple Watch
Gショック(ジースチール)の重さは85g
G-SHOCK(Gスチール)

重量を比較すると約23.1g=単3電池くらいの重さの違いがあります。20gは手で持つとわからないレベルの重量ですが、手首につけると結構違いがハッキリわかる重量です。

他にG-SHOCK化にオススメできる他のApple Watchバンド3選

  1. SPCASE
  2. NN.ORANIE 
  3. ADDSMILE

Apple WatchをG-SHOCK風のケースの中では、Spigenが一番有名で、昔からiPhoneのケースをはじめ、AirPods Proのケースなども販売しているため信頼と安心ができるので一番オススメです。

そのため上記の3点とくらべると約1,000円ほど高いため購入価格は3,000円ほどなので、予算が合わない方は参考にしてくださいね。

1|SUPCASE Apple Watchバンドケース一体型

SUPCASE Apple Watch Seriesの外観画像
参考価格:約1,500円

SUPCASE」のApple WatchG-SHOCK風のバンドケースは、スマートなデザインが印象的なです。カラバリが8色とかなり豊富。

ケースの縁は液晶画面より1mm高く設計されているため、落下時にもディスプレイを保護することができます。また1年保証がつくのも良い点です。

本記事で紹介するバンドでは一番安くApple WatchをG-SHOCK化できるので良ければ参考にしてください。

2|NN.ORANIE Apple Watchバンドケース一体型

NN.ORANIE コンパチブル apple watchの外観画像
参考価格:約1,900円

NN.ORANIE」のApple WatchG-SHOCK風のバンドケースは、都会っぽさを感じる仕上がりになっているのが特徴的。

カラバリは3色。全部ブラック系の色味です。

バックル部分がステンレスなので、この点はSpigenのバックルより高級感あり。

素材はTPE(熱可塑性エラストマー)とPC(ポリカーボネート)を使用しているので、耐水性も耐久性も抜群のバンドです。

3|ADDSMILE Apple Watchバンドケース一体型

ADDSMILEのApple Watchケースの外観画像
参考価格:約2,500円

ADDSMILE」のApple WatchG-SHOCK風のケースは、バンドの穴が3連で多孔のデザインで通気性が抜群。カラバリは1色。

ケース背面部分にも蓋がついているので、液晶部分と手首に触れている部分以外は意外はすべて耐衝撃/傷から保護することができる優れもの。

やや高めですが、背面までより安心して使用したい!通気性を一番良いG-SHOCK化できるバンドがほしい!って方におすすめできるバンドです。

Apple WatchをG-SHOCK風 Spigenのラギッド・アーマープロレビューまとめ

AppleWatchのG-SHOCK化は大成功

Spigen
Apple Watch ラギッド・アーマープロバンド

Good

・なんちゃってG-SHOCK

・Apple Watchを衝撃から守る

・ディティールはしっかりしてる


Bad

・G-SHOCKではない

・アルミの部分が安っぽい

使用感
9
デザイン・質感
7.5
価格
8
オススメ度
8
おすすめできる人
おすすめできない人
  • Apple WatchをG-SHOCKぽくしたい
  • 無骨で堅牢性のあるバンドが欲しい
  • 水回り、汗に強いバンドが欲しい
  • G-SHOCKに限りなく近いデザインが良い
  • 高級バンドが欲しい

Spigenのラギッド・アーマープロでApple WatchをG-SHOCK化できたかどうかというと雰囲気は出来たと言って良いのではないかと思います。

比較するともちろんG-SHOCKではないのですが、G-SHOCK風という大枠で考えると間違いではないかな、と。

ただ完璧にG-SHOCKを求めているなら、Apple WatchをG-SHOCK化するのではなく、本家G-SHOCKを購入するもしくは既存のG-SHOCKを使用すべきだと感じました。

バンド自体はTPU系なので、防水にも耐汗仕様になっており、さらにケースとバンド一体型で360°保護があるため、アクティブに活用できるのでガシガシ使えるのは間違いないですね。

本記事のようなApple Watchを雰囲気だけ『G-SHOCK風/G-SHOCK化』でよければ購入して損はないバンドだと言えます。

サイズ 40mm

サイズ 44mm

タイプ別 Apple Watchおすすめバンド

タイプ別 Apple Watchおすすめ充電器

【レビュー】G-ショック好き必見!Apple WatchをG-SHOCK化 Spigenのラギッド・アーマー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる