Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」レビュー|バッテリー切れは怖くない。これが最適解な充電機器

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」レビュー|外出時のバッテリー充電の最適解

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • Apple Watch 磁気充電ケーブル0.3mについて
  • Apple Watchの充電するための最適な充電機器がわかる

Apple Watchって購入すると周辺機器・アクセサリーと購入するものが多いですよね。

その中の一つ、Apple Watch専用の充電器やモバイルバッテリーって結局なにが良いの?!ってなる方も多いと思います。

ボク自身、様々な充電器やモバイルバッテリーを試してきました。そして、ようやくこれが誰にでもおすすめできるのは?という答えにたどり着きました。

それが、Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」です。

え?磁気ケーブル?って思った方もいるでしょう。本記事を読み終えると、たしかにそうかもしれない!と新たな発見があるはずです。

こびぃ

本製品は30cmってところがミソだよ!この長さが実にちょうど使いやすい!

Apple Watch用にモバブや充電器の購入を検討していて、失敗したくない方はぜひ最後までお読みください。

本記事『Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」レビュー|バッテリー切れは怖くない。最適な充電機器』のレビューを書いていきます。

おトクな情報

Apple公式ストアで購入する場合は楽天リーベイツを経由することで、1%ポイントバック!
Apple Store(オンライン)で購入の際は損しないように楽天リーベイツを経由することをお忘れなきよう。

Rakuten Rebatesを確認する

Apple Watch専用の充電器やモバイルバッテリーをまとめて確認する

目次

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」が外出時のバッテリー充電時に最適な理由

早速ですが、Apple磁気充電ケーブルのレビュー確認まえに「Apple Watchの外出用の充電器」として最適かつオススメできる理由をご紹介。

0.3m磁気ケーブルがおすすめな理由

上記を順番に確認します。

1. 長さ0.3m(30cm)がちょうど良い

長さ0.3m(30cm)がちょうど良い
Apple Watch全長とほぼ変わらない

実はケーブル0.3mというのが絶妙の長さ。まずは下画像を見てほしい。

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」ではなく1mケーブルだとかなりかさばる
1m

持ち運ぶにはかなりガチャつく

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」はモバイルバッテリーで充電も相性が良い
0.3m

持ち運びやすいスッキリ感

  • 左画像:1mケーブル(Apple Watch購入時の付属磁気ケーブル)
  • 右画像:0.3mケーブル(本記事の製品)

1mケーブル→ダブついて、ケーブルがゴチャゴチャしている。

0.3mケーブル→スッキリしていて、充電に必要な部分だけが残っており、スマートミニマルな印象。

こびぃ

Apple Watchの充電はスマホと違って、充電中に操作することもほぼないから、ケーブルが長い必要性があまりないんよね!

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」はMacBookでも充電しやすい
MacBook Pro+磁気ケーブル0.3m

MacBook Air/ProのUSB-Cを介しても充電しやすい長さが「0.3m(30cm)」と言えます。

ポイント
SatechiのApple Watch充電ドックのように本体のUSB-Cポートに直挿しして充電しないので、MacBook本体への負担がかかりません。

こびぃ

ケーブルが邪魔にならない!

Apple Watch純正磁気ケーブル(1m)は意外と使いにくい

Apple Watch純正磁気ケーブル(1m)は意外と使いにくい
ケーブルが微妙な長さ

Apple Watch購入時の1mケーブルは汎用性が効きやすいのですが、異なる言い方をすると「ここしかない・・・・・・!」って場面があまりないんですよね。

iPhoneの1mケーブルは充電しながら使いやすい長さですが、Apple Watchは充電中に使用することがないのでなおさら器用貧乏になるイメージ。

こびぃ

1mあるとデスク上で使用するとガチャつくし、かと言って遠い場所から引っ張ってこれる長さもないからね!

とはいえ、もともとあった1メートルケーブルも活躍させないと勿体ないですよね。ヒントは下記の通り。

Anker PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holderの3台同時充電が可能
Anker PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holder

1mの純正磁気ケーブルは、上画像の「Anker PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holder」と相性抜群。

標準ケーブルを中に入れて組み立てるようなアタッチメントがあれば、1mケーブルのポテンシャルをいかんなく発揮できます。

Anker PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holderレビューを見る

2. 外出専用にできる

Belkin Apple Watch充電スタンド F8J218BT-Aで充電中の状態
Belkin
【レビュー】WUUDIのApple Watchおしゃれ充電器:スタンドケーブル収納給電してみた
WUUDI

Belkinの充電スタンド」や「WUUDIの充電スタンド」などのApple Watch充電スタンドはサイズも大きいため基本的には自宅で使用したいところ。

こびぃ

Belkinの充電スタンドはトラベルスタンドとも謳っているから、外出時用としても使用できるけど、出来たら自宅で固定したいよね!

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」は充電器がかわっても使用しつづけることができる
Apple Watch

Apple Watch外出用のApple純正磁気ケーブル(0.3m)

ポイント
iPhoneもそうであるようにApple Watchも自宅用と外出用のケーブルを1つずつ持っておくと非常に便利。

3. Apple Watch専用のモバイルバッテリーや充電器を購入するより安い

Satechi QUATRO WIRELESS POWER BANK」はApple磁気充電が本体内蔵のモバイルバッテリー
※約13,000円程

Satechi USB-C Apple Watch 充電ドックはMacBookProに挿して充電できる

Satechi Apple Watch 充電器ドック」はApple WatchをUSB-C直挿しで充電できる充電器
※約4,400円程

Apple Watch専用充電器やApple Watch磁気充電が本体に内蔵されたモバブモバイルバッテリーは便利なのですが、ネックポイントあり。

はっきり言って「高い!」

さらにモバブモバイルバッテリーに至っては数年に一度購入し直すハメになるので、ずっと使える※Apple純正の磁気充電ケーブルを購入したほうが安く済むんですよね。
※Apple純正磁気ケーブルは約3,800円

外出用のApple Watch充電器/モバイルバッテリーは色々ありますが、何よりもコスパが優れていると言い切れる充電グッズが「磁気ケーブル0.3m」と言えます。

4. 充電しながらガジェットポーチなどに収納可能

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」の磁力は強い方
※決して真似はしないでくださいね

Apple純正磁気ケーブルは磁力が強力とまでは行きませんが、Apple Watchがぶら下がることができる力はあります。

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」だとガジェットポーチなどに充電しながら入れることが可能
ユウボク東京デイズポーチ内で充電可能

「Apple Watchを吸着する磁力あり」+「ケーブルが0.3m(30cm)」で短い事により、Apple Watchの充電がなくなってもガジェットポーチに収納して充電をしながら移動なども可能に。

iPhoneと異なり、Apple Watchは充電しながらの操作ができません。

充電中に邪魔にならないように「収納しながらApple Watchを充電したい!」と考える方も多いハズ。それが実現できるアイテムです。

こびぃ

磁気充電ケーブル0.3mを常にポーチに入れておくことで、「忘れる」心配がなくなるのも良いね!

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」レビュー

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」のパッケージ

「Apple Watch磁気充電ケーブル0.3m」のレビューです。パッケージはApple純正のまさにそれ。

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」の内容物は3点

内容物は磁気ケーブル0.3m(30cm)と説明書が入っています。

Apple Watch 磁気充電ケーブル0.3mの外観デザイン

持ち運ぶには「待ってました!」と言わんばかりのケーブルの長さ【0.3m=30cm】

こびぃ

やっぱりこの0.3mの長さは、外出時に最高に使いやすい!

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」の本体にはペリペリがついているから取る必要あり

磁気充電の部分にペリペリがついているので剥がして使用しましょう。

サイズ/重量

全長は30cmありますが、上画像の通りケーブル部分のみは25cm。

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」は約20g

重量は約20gで、持ち運びが全く苦にならない重さ。

Apple Watch純正磁気ケーブル1mと比較

Apple Watch磁気充電ケーブルの1mもしくは0.3mの違い

1mケーブルと比較すると、ケーブルのまとまり感が全然異なります。

左:本記事の0.3mケーブル
右:もともと付属の1mケーブル

向かって左側が0.3mの磁気ケーブル。右側がApple Watch購入時に付属している1m磁気ケーブル。実は、付属ケーブルと新たに購入したケーブルは外観が異なるんですよね。

こびぃ

新たに購入した0.3mは側面や裏面がステンレス仕様になり、高級感があるね!

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」とApple Watch購入時の1m磁気ケーブルの違いの比較2
表面
Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」とApple Watch購入時の1m磁気ケーブルの違いの表面と裏面の違い
裏面

ステンレスのほうが確かに締まってカッコいい。でも、Apple Watchの磁気部分の側面や裏面は見えないから、ステンレスで価格が高くなるなら、ステンレスにならなくて良い。ってのが本音。

3mケーブルも並べてみる

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」とApple Watch購入時の1m磁気ケーブルの違いは3mも同じ
中央:0.3m
手前:3m

磁気充電ケーブルは0.3mの他に3mも販売しています。3mの磁気充電ケーブルの外観は本記事の0.3mと全く同じ。Apple Watchの磁気充電ケーブルは、Apple純正を強くオススメしています。

注意
過去に知人がよくわからない中華磁気ケーブルを購入してApple Watchの故障に繋がった事例が近くでありました。よって、Apple Watch磁気ケーブルは純正以外はおすすめできません。

こびぃ

磁気ケーブルに限らず、LightningケーブルもApple公式の通り、MFi認証が無いと故障の原因になるから要注意だね!

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」おすすめできる人/できない人

おすすめできる人
おすすめできない人
  • 長く使用したい
  • モバイルバッテリーより安く買いたい
  • 外出用に特化したケーブルが欲しい
  • Apple純正を使用したい
  • もっとコンパクトに充電したい
  • デザインが良い充電器を使いたい

上記の通り、今Apple Watch専用の外出用充電器やモバイルバッテリーを持っていないなら、ほとんどの方がピッタリの製品と言える逸品。

こびぃ

やっぱり!Apple純正ってのが信頼できる。

Apple Watch磁気ケーブル0.3mがおすすめできない人の解決方法

【Apple Watch充電器】MACO GOとSatechiどっちが良いか比較
黒:MACO GO
シルバー:Satechi充電ドック

Apple Watchを「コンパクトに充電」かつ「デザインにもこだわりたい」ならUSB-C直挿しタイプの「Satechi充電ドック」や「MACO GO」がバッチリハマるアイテム。

「え?上の写真見てもどっちも見た目が似てて一緒じゃないの?黒とシルバーの違いじゃないの?」

って、方向けに双方のメリット・デメリットを以下に記しておきます。

種類メリットデメリット
Satechiアルミでカッコいい
充電器に挿した時の安定感
Satechiブランド
MacBookに挿すと2ポート埋まる
やや高い
MACO GO樹脂製で軽い
MacBookに挿しても1ポート空く
安い
チープ
指紋が着きやすい

まとめるとこんな感じ▼

  • コストと使用感を重視するなら「MACO GO」
  • 見栄えや所有欲を重視するなら「Satechi 充電ドック」

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」レビューまとめ

注意
0.3mのApple Watch磁気ケーブルを使用して外出時に充電したい方は「RAVPower RP-PB186」のようなUSB-Cポートがあるモバイルバッテリーを用意する必要があります。

Apple Watch磁気充電ケーブル(0.3m)は外出先でどこでもApple Watchを充電できる安心・安全のApple純正ケーブルでした。

Apple Watchの自宅用の充電スタンドは持っているけど、外出用を何一つ持っていない!って方にピッタリな製品。

外出時用のApple Watch充電機器を1つでも所持しておくと、バッテリーがきれたらどうしよ。という不安を解消できます。

さらに、本製品は年単位で長期的に利用することが可能で、専用モバイルバッテリーのように買い直す未来がなくなり無駄な出費が減ります。

初期導入費用は決して安くはないですが、コスパは良い製品であることは間違いないでしょう。

磁気充電ケーブルって、サードパーティ製もあり、中には当たりもあるでしょうけどApple Watchの故障につながるリスクを考えると純正はやはり安心でした。

Apple Watch 磁気充電ケーブル0.3m
使用感/質
100
デザイン
85
価格
85
総合評価
93
おトクな情報

Apple公式ストアで購入する場合は楽天リーベイツを経由することで、1%ポイントバック!
Apple Store(オンライン)で購入の際は損しないように楽天リーベイツを経由することをお忘れなきよう。

Rakuten Rebatesを確認する

まとめてApple Watchの充電機器を確認

Apple Watch 磁気充電ケーブル「0.3m」レビュー|外出時のバッテリー充電の最適解

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる