【最新版】簡単!Apple Watchのバックアップを取る方法とペアリング解除方法

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

  • Apple Watchのバックアップってどう取るの?
  • Apple Watchのバックアップを取るときの注意点を知りたい

本記事では上記のApple Watchの悩みを解決することができます。

iPhoneのバックアップのとり方はなれている方が多いですが、Apple Watchって以外と知られていないため、Apple Watch初心者でもわかるように本記事で画像つきで解説します。ぜひ最後までお読みください。

ペアリングの方法や再ペアリングの方法を探している人

ペアリングの解除方法ではなく、ペアリングの設定や再ペアリングの方法を探している方は、下記の記事を参考にしてください。

目次

Apple Watchのバックアップの取り方とペアリング解除方法

Apple Watchのバックアップの正しい取り方は、iPhoneをバックアップを取るときなどとは異なり、実はあまり自分がなにかのアクションを起こす必要がありません。

よって、Apple Watchのバックアップの取り方というより、バックアップされるタイミングや注意点を知っておきましょう。

Apple Watchのバックアップされるタイミングは下記の通り、主に3パターンあります。

  1. ペアリングしているiPhoneをiTunesにバックアップした時
  2. ペアリングしているiPhoneをiCloudにバックアップした時
  3. Apple WatchとiPhoneをペアリング解除した時 ※通常はこれ

個人的には、3.Apple WatchとiPhoneをペアリング解除した時がすぐにできるので、一番ラクだと思います。では、これら3つの方法を下記の通り確認します。

3.Apple WatchとiPhoneをペアリング解除する方法についての手順は、下記の通りです。

3.Apple WatchとiPhoneのペアリングの解除方法

STEP
iPhoneの『Watch』アプリを開く
Apple Watchのバッテリーの減りが激しく早い人の対処方法iphoneで対応方法①
STEP
『すべてのWatch』を選択
Apple WatchとiPhoneのペアリングの解除方法①
STEP
『○+iマーク』を選択
Apple WatchとiPhoneのペアリングの解除方法②
STEP
『Apple Watchのペアリング解除』を選択
Apple WatchとiPhoneのペアリングの解除方法③

あとはAppleIDのパスワードを入力して、Apple WatchとiPhoneのペアリング解除をすることができます。

このペアリング解除時のタイミングで『Apple Watchのバックアップデータ』を自動で取ることが出来ます。

こびぃ

『3.Apple WatchとiPhoneのペアリングの解除方法』この方法が一番ラクやし早いよ!

Apple WatchとiPhoneのペアリングの解除時の注意点

前述の『3.Apple WatchとiPhoneのペアリングの解除時の注意点』一番ラクな方法でも注意点があります。

iPhoneが近くにあり、接続状態になっている必要があります。

コビロボ

要は通常利用時ならほぼ問題はないってことだヨ

もし、未接続状態になっている状態でペアリング解除をしてしまうと、Apple Watchのデータがとばないためバックアップデータが作成されません。

ですので、通常利用時なら問題ないとはいえ、ペアリングされているiPhoneとApple Watchが接続されているか確認はしてから解除しましょう。

Apple Watchのバックアップに含まれるデータ・含まれないデータ

Apple Watchのバックアップ取得方法は前項の通りですが、バックアップデータはすべてを取得できるわけではありません。

バックアップを取る時に、含まれるデータと含まれないデータがありますので、先に知っておきましょう。

Apple Watchの買い替えのときや、初期不良・故障で交換する場合はバックアップを行うため、含まれる/含まれないデータを知っておきましょう。

Apple Watchのバックアップに含まれるデータ

  • マップ・距離・単位・App 固有の設定
  • メール・カレンダー・株価・天気の設定 App の設定
  • 明るさ・サウンド・触覚の設定 一般的なシステム設定
  • Siriの設定
  • ミュージックAppの設定
  • ホーム画面の App のレイアウト
  • 文字盤の設定
  • 言語
  • Dockの設定
  • ヘルスケア・フィットネスのデータ
  • 履歴・バッジ・Apple Watch のワークアウトとアクティビティで得た調整データ、ユーザが入力したデータ
  • 通知設定
  • 同期済みの写真アルバム
  • 時間帯

出典:Apple公式サイトApple Watch をバックアップする

上記のデータすべてがAppleウォッチバックアップ時に含まれるデータです。

こびぃ

すべて確認が面倒ですよね、まとめると重要な部分はすべてバックアップデータを取ることができるってこと!

対して、Apple Watchのバックアップに含まれないデータも確認します。

Apple Watchのバックアップに含まれないデータ

  • Bluetooth のペアリング情報
  • Apple Watch の Apple Pay で使っていたクレジットカード・デビットカード
  • Apple Watch のパスコード
  • メッセージ

出典:Apple公式サイトApple Watch をバックアップする

上記はすべて簡単に再設定できる項目なので、そこまで気にする必要はありません。敷いているならばメッセージくらいでしょうか。

メッセージに関しては、「iCloud にメッセージを保管」を選択している場合は、『iMessage・テキスト (SMS)・ マルチメディア (MMS) メッセージ』は手動ではなく、自動的に iCloud に保存されているためさほど問題はありません。

まぁそもそもApple Watchで実際にはメッセージの確認はしますが、やり取りを常に行うツールでもないので、そこまで重要な方は少ないはずです。

まとめ

Apple Watchのバックアップデータの取り方(取るタイミング)をもう一度以下の通り、確認します。

  1. ペアリングしているiPhoneをiTunesにバックアップした時
  2. ペアリングしているiPhoneをiCloudにバックアップした時
  3. Apple WatchとiPhoneをペアリング解除した時 *オススメ

バックアップを取るときは、注意点も含めて本記事を確認しながら設定をしてくださいね。

Apple Watchのバックアップ時と同時に、下記の記事を確認しながら、バッテリー節約の設定見直しや、適切な充電の方法を確認してみてはいかがでしょうか。

関連記事 【まとめ】すぐできる!Apple Watchバッテリー節約方法12選!長持ちさせるコツを知っておく

関連記事 【最新版】Apple Watch充電のベストタイミングや方法は?充電しっぱなしは良くない

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる