新型 Apple Watch 8/SE2/Ultra発表!発売日・価格・スペック【まとめ】

Apple Watch 8_SE2_Ultra発表!販売日・価格・スペック【まとめ】

この記事はサクッと3分で確認できます!

現地時間9月7日午前10時、日本時間2022年9月8日午前2時に米Appleによる発表イベントがありました。

今回の発表で紹介された新たなApple製品はこちら

大きく3種類のApple製品が発表。

ここでは、一気に3モデル発表となった、「Apple Watch Series 8」「Apple Watch SE 第2世代」「Apple Watch Ultra」について紹介していきます!簡単にまとめました。

Apple Watch以外のAppleEventまとめはこちらから↓

公式 Apple Apple Watch 8/SE2/Ultra

目次

2022年9月のイベントで発表されたApple Watchは8・SE2・Ultraの3モデル

Apple Watchは今回モデル発売されています。

順番に特徴を確認します。

Apple Watch 8の特徴

Apple Watch 8
予約開始日2022年9月8日(木)午前3時30分〜
発売日2022年9月16日(金)
価格(GPSモデル)41mm→59,800円
45mm→64,800円
価格(GPS+Cellularモデル)41mm→74,800円〜
45mm→79,800円〜

もう予約ができるので、欲しい人は公式からApple Watch 8ゲットしましょう。

Apple Watch 8まとめ
  1. デザインは変わらずSeries7と同様
  2. SiP S8チップ
  3. ロングバッテリー最大36時間駆動(1※省電力モード)
  4. 皮膚温センサー搭載
  5. 体温測定の向上
  6. 自動車での重大な衝突事故時に衝突事故検出
  7. 国際ローミング(世界中の30を超える通信事業者で利用)

Apple Watch 8の特徴を順に見ていきます。

①:デザインは変わらずSeries7と同様

Apple Watch 8デザイン変わらず

Apple Watchのナンバリングタイトルのシリーズ 8は昨年発表されたシリーズ 7と同じモデルです。

過去のApple Watchはシリーズ「1.2」「3.4」までデザインが一新されていましたが、シリーズ「5.6.7.8」と大きな進化がなくなっています。残念な人が多いはず。自分もその一人。

②:SiP S8チップ

Apple-Wstch8チップ

新たなチップS8 SiPデュアルコアプロセッサ搭載しています。

これにより前世代の7シリーズよりも

  • 高速化
  • 衝突事故検出
  • 国際ローミング

が可能になり、マニアックな部分のみアップグレード。これまででも十分高速化されてるから、体感はほんと感じなさそう。

③:ロングバッテリー最大36時間駆動(1※省電力モード)

Apple Watch 8ロングバッテリー

Apple Watch 8のバッテリーの最大駆動時間が36時間になりました!(省電力モード使用時)

これは実用性が上がるので非常にうれしいポイント。ちなみにSeries 7が最大18時間なので約2倍。

ただ、前作のApple Watch 7も18時間以上使えていて、24時間とか余裕だったので、Apple Watch 8 は平気で40時間とか越えそう。

④:皮膚温センサー搭載

Apple Watch 8温度計

従来の血中酸素ウェルネスアプリ機能や心電図アプリに加えて、新たに皮膚温測定機能が搭載されることに。

これで何ができるかまとめると以下の通り。

皮膚温測定機能でできること

  • 睡眠中に5秒おきに手首の皮膚温を計測
  • 0.1度のわずかな変化まで測定
  • 推定される過去の排卵日の通知
  • 月経の予測の精度が向上

⑤:体温測定の向上

Apple Watch 8体温

皮膚温測定機能の搭載により、体温測定の向上からより健康管理を行うことができるようになりました。

⑥:自動車での重大な衝突事故時に衝突事故検出

Apple Watch 8 自動車事故対応

より強力なジャイロスコープと加速度センサーを活用して、衝撃を検知できることに。

正面衝突や追突、横転とした状況などを実際のシュミレーションデータをもとに、重大な衝突事故が発生した場合の独特のパターンを検出。

Q.で、これはなにができるの?

衝突事故が検出された場合は、Apple Watchに緊急通報サービス用のUIが表示→近くにある自分のiPhoneを通じて通話が可能になる。

正直言ってなんだか、必要なのかよくわからん機能だなぁってのが本音。事故で携帯を取り出せない状態って相当やばいから、そもそも通話できないんじゃ?とか考えちゃう。

⑦:国際ローミング(世界中の30を超える通信事業者で利用)

Apple Watch 8 国際ローミング

Apple Watch 8で国際ローミングに初めて対応。

Apple情報では、2022年末までに世界中の30以上の通信事業者の規模になるとのこと。

対応予定の通信事業者には、ソフトバンクのほか、米国のAT&T、T-Mobile、Verizonなどが含まれている。

Apple Watch SE2の特徴

Apple Watch SE2
予約開始日2022年9月8日(木)午前3時30分〜
発売日2022年9月16日(金)
価格(GPSモデル)40mm→37,800円〜
44mm→42,800円〜
価格(GPS+Cellularモデル)40mm→45,800円〜
44mm→50,800円〜

もう予約ができるので、欲しい人は公式からApple Watch SE2をゲットしましょう。

Apple Watch SE 2まとめ
  1. デザインは変わらずSE 1と同様
  2. ディスプレイはSE 1より30%大きくなる
  3. 自動車での重大な衝突事故時に衝突事故検出
  4. SiP:S8チップ
  5. SE 1から最大20%高速化

Apple Watch SE2の特徴を順に見ていきます。

①:デザインは変わらずSE 1と同様

①:デザインは変わらずSE 1と同様

SE 1とSE 2のデザインはほぼ変わりません。

Apple Watch 7→8と同じで、このへんはあまり力入れてない感じ。

②:ディスプレイはSE 1より30%大きくなる

30%アップ

これはSE好きには朗報。デザインはそのままだが、ディスプレイが30%UPしてより視認性が上がったApple Watch SEへとなる。

③:自動車での重大な衝突事故時に衝突事故検出

衝突事故対応

Apple Watch 8と同様に衝突事故検出があります。機能は同じ。

④:SiP:S8チップ

Apple Watch SEチップ S8

Apple Watch 8と同様に新たなチップS8 SiPデュアルコアプロセッサ搭載しています。

  • 高速化
  • 衝突事故検出
  • 国際ローミング

Apple Watch SEのチップS5と旧型で非力だったので、そこそこ高速化の恩恵は受けそう。

⑤:SE 1から最大20%高速化

20%高速化

S8チップ搭載により、約20%高速化します。よりストレスフリーへの第一歩

期待されていた常時点灯はなし

Apple Watch SEのNEWモデルに期待されていたディスプレイが常時転倒する機能は非搭載です。

ほしいならApple Watch 8を買ってくれというAppleのメッセージ。

Apple Watch Ultraの特徴

Apple Watch Ultra
予約開始日2022年9月8日(木)午前3時30分〜
発売日2022年9月23日(金)
価格(GPS+Cellularモデル)49mm→124,800円〜

耐久レースや探検、遠泳、登山、冒険など過酷なシーンを想定して登場したのが、このApple Watch Ultra。

冒険って…インディ・ジョーンズしかしてなくない?って思いながら今この記事を書いています。

ちなみにもう予約ができるので、欲しい人は公式からApple Watch Ultraをゲットしましょう。

Apple Watch Ultraまとめ
  1. 天面フラットでNEWデザイン
  2. チタンケースのみ
  3. ケースサイズは49mmのみ
  4. GPS+Cellularのみ
  5. ロングバッテリー最大36時間駆動(最適化設定で最大60h)
  6. 精度が上がったGPS
  7. カスタマイズの幅が広くなったNEWボタン
  8. ディスプレイがより高輝度(2000ニト)
  9. タフネス強化、耐水性向上、MIL-STD-810H規格

Apple Watch Ultraの特徴を順に見ていきます。

①:天面フラットでNEWデザイン

フラット天板

Appleがここ最近回帰したフラットデザインをUltraが採用しました。

もちろんサファイア前面クリスタルで、ディスプレイはガッチガチに保護されています。

ボタン

デジタルクラウン側はやや出っ張っています。ボタン操作・デジタルクラウン操作を手袋付けた状態でも簡単に操作できるようにデザインされている。

②:チタンケースのみ

チタンケースのみ

従来のApple Watch 7のハイエンドモデルで採用されていたチタン(チタニウム)はUltra専用ケースになりました。

ボクはアルミが一番好きなので、チタン+ハイエンド好きは強制的にUltra一択へ。

チタンは頑丈でタフネスだからこそApple Watch無印よりUltraが似合っているなぁって付けなくてもわかる感じ。

③:ケースサイズは49mmのみ

ケースサイズ49mm

ケースがこれまでの最大45mm→49mmへと一気に4mmもサイズアップ。

かなり逞しいゴツゴツした印象のApple Watchになりそう。男らしい腕、ラギッドな男らしいデザイン好きな人にはどストライクのはず。

大きくなっただけではない

解像度もUPしています。はっきり言ってApple Watchに解像度はあんまり求めてなくて、今でも十分きれいなのですが、さすがUltra。

ちなみにこんな感じ

  • 41mm → 352×430ピクセル
  • 45mm → 395×484ピクセル
  • 49mm → 410×502ピクセルNEW

Apple Watchにスペック求めている勢はたぶん喜ぶはず!

④:GPS+Cellularのみ

Apple Watch Ultraはアスリートや登山、探求、遠泳、ダイビングと言った環境やより過酷な環境を想定して作られているため、iPhoneなくても使用できる前提の設計です。

すなわちGPSモデルは不要ということになり、GPS+Cellularモデル一択になったのでしょう。

関連 【最新版】Apple Watch セルラーモデルとGPSモデルはどっちが良いのか【7つの違い】

⑤:ロングバッテリー最大36時間駆動(最適化設定で最大60H)

36時間バッテリー

多機能な上に、これまでのバッテリー性能の2倍以上の駆動が可能なUltra特別仕様。

いつ何時でも、Apple Watchのバッテリーが切れないように設計された結果でしょう。

個人的にはUltraはこれが一番うらやましい。Apple Watch 8も省電力モードにしなくても36時間だったらなぁ。

⑥:精度が上がったGPS

電波GPSがより届く

Apple Watch Ultraのみ従来のL1 GPSに加えてL5 GPSに対応しました。今までのL1 GPSだけでも困ったことはないんですけど。さすがUltra。

L5 GPS対応により、建造物や森の中などでも電波障害にあいにくく、より正確な位置情報を得ることができます。万が一のときやチームでなにかする時(登山とか)だとかなり便利になる!のかな?

⑦:カスタマイズの幅が広くなったNEWボタン

Apple Watch ultra ボタン

アスリート、登山、探求、遠泳、ダイビング等を行った際に、Apple Watch1つでなんでも対応できるようによりカスタマイズ性のあるNEWアクションボタンを搭載しました。

このボタンは視認性の高いインターナショナルオレンジカラーです。

アクションボタンでできること

  • ワークアウト
  • コンパスウェイポイント

などへ素早くアクセス可能で、自分好みでカスタマイズも可能。

アクションボタンの近くに3つの内蔵マイク

内蔵マイクが3つ搭載されていて、よりクリアな音声と通話することができるようになりました。

⑧:ディスプレイがより高輝度(2000ニト)

⑧:ディスプレイがより高輝度(2000ニト)

従来モデルのApple Watchが1000ニトだったので、単純に数値上は2倍。

これまでの経験上体感は2倍も無いと思うけど、街中でつけるイメージじゃないUltraなので、すごい環境下に対してリスクヘッジで明るさまでガツンと性能を上げてきた感じ。

おかげで装着者がいつ何が起きても困らないようにしているのはさすが。ちなみに普通の人は1000ニトで超余裕で十分。

ナイトモードも搭載

ナイトモード

暗い場所や夜にDigital Crownを回すとナイトモードの電源を入れることができ、ディスプレイをより見やすく文字盤が赤になる機能「ウェイファインダー」を搭載。サイバーな感じかっこいい。

⑨:タフネス強化、耐水性向上、MIL-STD-810H規格

⑨:タフネス強化、耐水性向上、MIL-STD-810H規格
  • -20℃から55℃の過酷な温度下での動作を実現
  • MIL-STD 810Hの関連項目の規格にも準拠(米軍調達基準)

いやいや、軍モノやんって突っ込みたくなるほど、常人には不要なほど強烈な強さを誇るUltra。

Apple Watch ultra ダイバー

潜水にも使えるプロ仕様。ダイバーで今までApple Watchを我慢していた人は本当にうれしいと思う!

でもなんだろこのGショック目指してる感じ。ボクはシンプル・ミニマルAppleが好きなんだ…?

今回のApple Watchはどれが買い?!

  • 普通の人が買って間違いないのはApple Watch 8
  • 常時表示が不要ならApple Watch SE 2(SE 2は安いけどややもったいない感がするのは否めない。決してコスパが良いわけではない)
  • アスリート・冒険者・登山ファイター・遠泳選手・Apple信者はApple Watch Ultra

Ultraも正直惹かれたけど、デザインと色味がスーツ系に全く合わない感じがして、使いにくそうってことで却下。(まだたまにスーツ着ることがあるので)

ジャケパンはいけそう。

ボクはApple好きで信者寄りだけど、デザインとロマンと実用性を天秤にかけたら、ノーマルApple Watch 8になりました。

Apple Watchが気になる人はApple Watchの選び方や今買うべきモデルを参考にどうぞ。

Apple Watch 8/SE2/Ultra 発売日・価格・スペック【まとめ】

Apple Watch 8/SE/Ultraについて簡単にまとめました!

Apple的には今回のイベントで推したい製品は間違いなくApple Watch Ultraだったはず。

でも一番多くの方に刺さったのは絶対にAirPods Pro 2です。

Apple WatchもAirPods ProもiPhoneも全部欲しい人全部買っちゃいましょう!冷静になれる人は、Appleイベントのまとめをみて、どれを買うか・買わないか判断してくださいね!

ではまた!

公式 Apple Apple Watch 8/SE2/Ultra

Apple Watch 8_SE2_Ultra発表!販売日・価格・スペック【まとめ】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次