MENU

2022年最新|Apple Care+のメリット・デメリットをどこよりもわかりやすく【実体験まとめ】

こんな方におすすめの記事

  • Apple Care+メリット・デメリットを知りたい
  • Apple Care+に加入するか迷っている

Apple製品を購入したら、店員さんにいわれるがままにApple Care+に入っていませんか?

実は、メリットはよく知られていますがデメリットってあまり知らない方が多いと思います。かくいう、過去のボクもそうでした。

こびぃ

デメリットを知るとApple Care+に加入することって、結構損をしていることを知るとおもうよ!

金額が高い!ってコト以外にもApple Care+にはデメリットがあります。

なので、メリット・デメリットを知ってからApple Care+に加入をしても遅くはないので、本記事でApple Care+でしっかり把握してくださいね。

それでは「Apple Care+のメリット・デメリット」を書いていきます。

本記事はApple Careについて先に知っておくと理解がしやすいです▼

  • Apple Careとは何なのか
  • Apple CareとApple Care+の違いは何なのか
  • Apple Care+は必要なのか?

Apple製品をお持ちの方、またはこれから持ちたい方で「Apple Care」を知らない方は、Apple Careとは?必要か?いらない不要の理由をわかりやすく解説を参考にしてくださいね。

目次

Apple Care+のメリット

Apple Careメリットの画像
Apple Care+のメリット4つ
  1. バッテリー最大値が80%以下になった消耗バッテリーを無償交換できる
  2. 故障時に1年2回までなら格安で修理できる
  3. エクスプレス交換サービスが利用できる
  4. Apple認定技術者やテクニカルサポートへの優先アクセス

順に確認します。

1.バッテリー最大値が80%以下になった消耗バッテリーを無償交換できる

iPhoneやiPad、MacBookなどを長期間使用していると「あれ?バッテリーが全然持たなくなってきたな〜」ってなります。

そこでApple Care+に加入しているとバッテリー容量が最大80%未満になると0円で、バッテリーを無償交換してもらえるんですよね。

Apple Care+に未加入だと、8,140円(新型iPhone)〜約20,000円(新型MacBook)になります。

Apple製品名Apple Care+加入
バッテリー交換費
Apple Care+未加入
バッテリー交換費
新型iPhone130円8,140円

Apple Care+未加入時、iPhoneだと新型のiPhone13シリーズなら8,140円ですが、iPhone SE2だと5,940円になります。

コビロボ

バッテリー交換って使って数年した古い機種がメインになるから、Apple Care+のバッテリー交換がお得に感じる罠っぽい感じがするよね。

正直言って、バッテリーだけのために毎月1,000円以上支払うのは非常にコスパがわるいのでメリットかは人による

過去はApple Care+は2年しか入れなくバッテリー交換できないことがあった

過去はApple Care+に加入しても、「2年後に強制的に解約」されていました。この時は本当にヒドかった

なぜなら、2年でiPhoneのバッテリー最大容量が80%未満にするのは相当ヘビーな使い方をしている方くらい。

普通に使用している人は、80%未満になったころには2年以上経ちApple Care+の期限が切れていて、結局実費で支払うことがほとんどでした。

今はApple Care+の加入期限は2年目以降は月額で支払い続ければ、延長で加入継続することができるようになっている(決してコスパは良くはない)

2.故障時に1年2回までなら格安で修理できる

過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを1年回に2回まで受けることができる。

iPhoneだとよくある画面割れ(前面/背面)の保証ももちろんあります。

ですが、プラス自己負担金額が必要なので、以下を参考に。

iPhoneの場合

画面のみ/背面ガラスのみその他の損傷
Apple Care+加入の修理費3,700円12,900円
Apple Care+未加入の修理費15,950円〜42,680円
※価格はiPhoneの種類による
33,400円〜77,480円
※価格はiPhoneの種類による

iPhoneの場合のApple Care+一括料金が9,680円(iPhoneSE2)24,800円(iPhone13Pro Max)が上記の表に別途かかります。

それでもApple Care+加入した際の、「Apple Care+の料金」と「自己負担金額」をプラスしてもApple Care+未加入より修理費はお得になります。

ただし、2年目以降になるとApple Care+の延長追加料金が必要なので、iPhoneが損傷するタイミングではApple Care+未加入の方が安くなる場合あり

高いApple Care+に入っているのに、持ち出し(修理時の自費)が必要なのはデメリットでもある。理由はもっとコスパの良い保険があるから。後述します

3.エクスプレス交換サービスが利用できる

Apple Care+未加入の場合は、修理完了するまで最低でも1週間程度の時間がかかります。

Appleの正規代理店で運がよければ待たなくて良いこともあるのですが、ほとんどが待つ状況に。

Apple Care+に加入していると、修理完了までの時間も2~3日程度になるし、故障したiPhoneを宅配業者に渡す際にその場で新品同様のiPhoneを受け取ることができます。

こびぃ

スマホがない日々を過ごさなくてすむから安心だね

4.Apple認定技術者やテクニカルサポートへの優先アクセス

Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で優先的に問い合わせできる。

Appleの問い合わせをしたことがある人はわかるかと思いますが、Appleの窓口はめちゃくちゃ混み合います。場合によっては10分〜20分ほど待つことも。

Apple Care+に加入していると待ち時間なく、即対応してもらえるので、故障した時なんかは急ぎたい場合が多いハズ。

なので、このメリットは本当にありがたいですよね。

メリットだけを見ると魅力的だが…

コビロボ

これまでをまとめると『Apple Care+』に加入すると最大2年間Apple公式の保証サポートや修理サービスを素早く受けることができるのか!お得だ!

ってなる方、非常に多いですよね。過去のボクもそうでした。

一見、安心かつお得で「あたかも必要に感じる」このApple Care+ですが、実はデメリットも多いのです。

Apple Care+のデメリット

Apple Careデメリット画像
Apple Care+のデメリット2つ
  1. 圧倒的に価格が高い
  2. 端末1台ごとに1加入必要
  3. 一番修理になりやすい「画面が割れた場合」は有償対応でその他修理も有償が多い

順に見ていきます。

1.圧倒的に高い

正直いって、これがすべてと言って良いでしょう。

Apple Care+は高い! ってか、Appleのモノやサービスはすべて高い!

モノは所有欲が満たされるし、日々便利になるから高くても良いのす。むしろApple製品が安いとブランディング的にどうなの?ってなりますから微妙。

しかし、Apple Care+のような保険はまた別の話。著者もApple製品は好きでも、Apple保険は好きじゃない…

ピンとこない人は「新型iPhoneもってる自分」と「Apple Care+に入っている自分」を考えてみると、どっちが満足した自分の姿になるかわかるかと思います。

Apple Care+の圧倒的に高い料金表

これはiPhone 13シリーズの料金表ですが…高い▼

項目Apple Care +Apple Care +
盗難・紛失プラン
一括購入月額料金一括購入月額料金
iPhone13 シリーズ
iPhone 13 Pro Max24,800円1,250円26,800円1,350円
iPhone 13 Pro24,800円1,250円26,800円1,350円
iPhone 1318,800円950円20,800円1,050円
iPhone 13 mini18,800円950円20,800円1,050円

しかも、これはApple Care+の加入料金で、故障時は別に自己負担額「画面割れ3,700円」「その他故障12,900円」が必要です。高い…

Apple製品の保険で、Apple Care+しか知らない人からすると、「高くはない」かもしれません。

ですが、もっとコスパが良くて持ち出し(修理時の自費)が要らないモバイル保険を知っている人からするとマジで高い。

Apple Care+の料金表をデバイスごとに詳しく知りたい方はApple Care+デバイスごとの料金表を参考にしてくださいね。

2.端末1台ごとに1加入必要

Apple製品って、iPhoneを持っている方はiPadやMacBook、AirPods、Apple Watchなど他の製品を持っている方が多いです。

それなのに、Apple Care+の保険は「全製品に対して」ではなく「1製品1Apple Care+加入」が必要。これはイタイ…

例えば、iPhone 13MacBook ProiPad miniを持っていると下記のような価格になります▼

Apple Care+
一括 or 月額
iPhoneMacBook ProiPad mini合計
Apple Care+加入料金※一括24,800円30,800円8,800円64,400円
Apple Care+加入料金※月額1,250円1,283円450円2,983円
コビロボ

これは…

1端末ごとに1加入はエグい… Apple Care+一括をまとめた金額が60,000円超えってiPadがもう一台購入できるやん。ってなります。

こびぃ

月額700円で最高3台まで保証できる保険を知っているボクからするとありえない価格だわ。

とか言って、昔はApple Care+しか知らなかったのでApple Care+に入っていましたけど。

3.一番修理になりやすい「画面が割れた場合」は有償対応でその他修理も有償が多い

メリット部分で出した「2.故障時に1年2回までなら格安で修理できる」ですが、これ実はデメリットでもあります。

理由は下記の通り。

iPhoneの場合

画面のみ/背面ガラスのみその他の損傷
Apple Care+加入時の修理費3,700円12,900円
Apple Care+未加入時の修理費15,950円〜42,680円
※価格はiPhoneの種類による
33,400円〜77,480円
※価格はiPhoneの種類による
モバイル保険加入の修理費0円
※修理費最大10万円まで0円補償
0円
※修理費最大10万円まで0円補償

Apple Care+で感覚麻痺していましたが、実は事故発生時の自己負担金額って保険によっては0円にできるんですよ。

コビロボ

Apple Care+はもともとが高いから、自己負担額くらい0円でいいのに…

【大丈夫】1~3のデメリットを解消してApple製品の保険に入りたい人は他の方法あり!

ここまで見るとApple Care+に絶望を感じて、保険はやめておこう!ってなりますよね!ですが、保険全くなしもリスクしかありません。

もし、iPhoneの画面が割れた場合は約40,000円、その他の損傷もMAX77,000円します。万が一を考えるとさすがに自費はキツイ。

ってことで、著者も入っている下記のモバイル保険はApple Care+のようにコスパが悪く損することなくおすすめ▼

Apple Care+はコスパが悪く損しやすい!そんな時は「モバイル保険」一択

1.バッテリー最大値がさがった消耗バッテリーを無償交換できる

これまでの内容の通り、「なんかあったときのために…」と考えてApple Care+をとりあえず加入は圧倒的にコスパが悪く、損しがちになります。

でも、無保険は怖い…って方におすすめしたいのが著者も加入しているがオススメ!

【代替案】Apple Care+よりもっと安くて複数台まとめて保証に入れる保険会社のモバイル保険がおすすめ
著者も加入しているモバイル保険

モバイル保険は月額700円で最大3台まで登録できます。1台あたりなんと月額233円ほど。

そして、購入したデバイスが1年以内であれば「Apple製品以外」にも保険加入が可能。

モバイル保険はメリットが多すぎるので下記を参考にどうぞ▼

モバイル保険のメリット
  • 月額700円で主端末×1台・副端末×2台の合計3台も登録可能
  • 毎年10万円まで全額保証(副端末は年間3万円まで)
  • モバイル保険加入している間は永久保証
  • キャッシュリペアパートナーだと立て替え不要でその場で支払い要らず(画面修理時のみ)
  • 修理不可のレベルで故障した場合は最大25,000円補償あり
  • 購入した端末1年以内ならいつでも加入できる
  • 名の通っている保険会社さくら少額短期保険株式会社が運営

ボクはApple製品を15年近く使用しています。

昔は何も考えずに「Apple Care+」に加入していましたが、コスパが悪すぎて損をしていることに気づき、今は加入せずに変わりにに入っています。

Apple Careのコスパが悪すぎて不要な理由を知りたい方は、本記事のメリット・デメリット以外にこちらの記事を参考にどうぞ▼

関連記事 2022年|Apple Careとは?必要か?いらない・不要の理由をわかりやすく解説

こびぃ

モバイル保険は3台登録できて、故障時も自己負担額0円で最大10万円までの費用負担してくれるのは本当にいいよね!

例えばApple Care+for Macだと加入金(18,800円~63,580円)の他に故障時は自己負担額が12,900円~37,100円必要。

コビロボ

いやいや、、、なんかあった時の為だとしてもApple Care+の料金ってバカ高い。

【一応注意点あり】モバイル保険の加入時の注意点は2点

モバイル保険の加入時の注意点は以下の通り2点。

モバイル保険加入時の注意点

  • 購入から1年以上経過しているApple製品は登録できない
  • デバイスが故障してから保険の加入はできない

注意点はこれくらいしかありません。ボクの中ではメリットが大きすぎて「安心・安全」を得れるので本当にありがたい。

モバイル保険ログインページ
著者のモバイル保険のマイページ
こびぃ

『MacBook、iPhone、iPad』で入っているモバイル保険!同時に3台入れて月額700円と超良心的でずっと気に入ってる!

\月額700円で新型もOK!/

1年以内の購入端末を3台までOK!

Apple Care+メリット・デメリットのまとめ

本記事を読むまで、「Apple Care+のメリットはなんとなく知っていたけど、デメリットをしっかり把握していなかった!」みたいな人は多かったはず。

本記事を理解することで、思考停止せずに「Apple Care+に加入」することは防げるはず。

「製品はApple製品が良い」が「保険はAppleじゃなくて良い」って方は月額700円でApple Care+より安くさらに最大3台の端末を保証できるモバイル保険を圧倒的におすすめします。

Apple Care+よりモバイル保険の方がお得なのは間違いないですが、損しないためにもぜひ一度を確認してくださいね。

それでは良きガジェットライフを!

Apple Careメリットデメリット

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる