【レビュー】NOMAD:Adventure Ready 耐水革でガシガシ使えるAirPods Proレザーケース

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • AirPods ProのNOMAD Adventure Readyについて知ることができる
  • NOMADのかっこよさを維持しつつ耐水加工がされているAirPods Proのケースのこと

いざNOMADのAirPods Pro用のケースを購入しよう!と思って調べると、Rugged CaseやAdventure Readyが出てきて違いがよくわかりません。という方少なくないのではないでしょうか。

NOMAD:Adventure Readyはこんな人にオススメ
  • レザー製品が好きだが、耐水性能が欲しい
  • コストより製品力を重視したい
  • シンプル/ミニマルが好き

NOMAD のレザー製品はApple純正のモノかと勘違いするくらい、クオリティが高いことは有名で特に革(レザー)製品好きにはたまらん一級品の製品がラインナップ。

そこで本記事では、そんなレビューする前から勝ち確定の製品の香りが凄いのですが、ここは冷静になり、本記事ではアクティブに使用することができるAirPods ProのケースAdventure Readyについてご紹介していきます。

NOMADのAirPods Pro他のケース、Rugged Case(非耐水)については下記のリンクを参考にしてください。ボクがかっこいいと思うのは、下記のRugged Caseの方です。

>> NOMAD Rugged Case AirPods Proのレビュー記事はこちら

NOMAD
Adventure Ready AirPods Pro

Good

・耐水加工の機能性レザー


Bad

・やや高い

使用感
9
デザイン・質感
8.5
価格
7
オススメ度
7.5

他のケースも一緒に確認したい!という方は下記のAirPods Proおすすめ厳選ケースの記事を参考にしてくださいね。

>> AirPods Proのおすすめケース8選のまとめ記事はこちら

目次

NOMAD Adventure Ready Case AirPods Proの特徴

NOMAD Adventure Ready Case AirPods Proの特徴

NOMAD製品は基本革(レザー)を軸にApple製品のアクセサリーを販売しています。

ボクはApple Watch用のバンドもNOMADの『NOMAD Active Strap』を愛用しており、このバンドめちゃくちゃカッコイイし、耐水性能もあって最高なんですよね。

NOMADは使用する革にもこだわりがあり、MR.OLIVEやALDENオールデン などでお馴染みの創立100年以上のある伝統企業のHorweenホーウィン 社製の革を使用していたり、ドイツ製の天然なめし革の防水レザーでHeineハイネン Leatherレザーを使用しています。

NOMAD Adventure Ready Case AirPods Proのその他の細かな特徴は以下の早見表を参考にしてください。

NOMAD Adventure Ready Case AirPods Proの特徴早見表

商品名Adventure Ready Case
AirPods Pro
メーカーNOMAD
対応機種Apple
AirPods Pro
ケース厚み(約)2mm
重さ(約)g

カラーバリュエーション
ブラック
ブラウン
ナチュラル
ケース素材革(レザー)
充電端子穴有り
ワイヤレス充電対応
耐水性能対応
ストラップ穴あり

NOMAD Adventure Ready Case AirPods Proの開封レビュー

品質が高いとわかっているケースを開封するときは本当に子供の時におもちゃを開ける時のようにワクワクしますね。童心最高!

外箱/内容物

外箱

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの外箱
NOMAD製品に多いデザイン

耐水性能がある製品って、パッケージに水がかかっている写真を使ったりしている製品が多いですが、Adventure Ready Caseは耐水性能を視覚でアピールしてこないです。

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの外箱裏面

内容物

内容物は特にマニュアルなどもなくシンプルにNOMAD Adventure Ready Case(AirPods Pro)本体のみ

内容物
  • NOMAD Adventure Ready Case(AirPods Pro)

本体外観/デザイン

前面

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの本体デザイン全体
渋すぎる

箱を開封すると本体のみ入っているシンプルさ。

耐水性能がある革(レザー)製品だからか、若干硬めの革です。全面部分はLED部分が映るように加工されているだけのシンプルさ。

NOMADのケースはLEDの視野角に優れており、どの角度からもLEDが明るく光ります。理由は下記のとおり

NOMADのLED穴加工

レザー内部に非常に小さく繊細なパイプが装着されているため、AirPods ProのLEDの光を強調することが出来ています。

コビロボ

市場に出回っているほとんどのケースは穴を開けているだけだヨ

背面

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの本体デザイン裏面
背面もシンプル

中央部にAirPods Proのペアリングボタンを押すための小さな窪みがあり、蓋の開閉部分はくり抜きされているため、可動部の邪魔になることはありません。

上部

NOMAD Adventure Ready AirPods Proのケース上部
NOMADロゴ

上部はNOMADロゴが刻印されており、TPE(熱可塑性エラストマー)が中心部にあしらわれていて、全周にレイアウトされてバンパーの役割を果たしています。

このTPEを中心に上下を革(レザー)で挟ん出ているデザイン。光の当たり具合により、表情がかわるのがまた良いですね。

TPE(熱可塑性エラストマー)とは

プラスチックとゴムの両方を分子レベルで繋いだポリマー素材のこと。特徴としては耐衝撃性がある。

下部

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの下部ケーブル穴
下部

充電するためのLightningケーブルのポート開口部があります。

革(レザー)のみでも耐久性はあるのですが、全体の中心部を走っているTPEバンパーのおかげで、落とした時の衝撃にも強そうな印象。

右側

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの本体右側
右側はシンプル

左側

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの本体左側
左側

ストラップ穴の加工があるので、好みのストラップをつけてバッグに装着することも可能ですし、ホームセンターなどで丸カンなどを購入して、カラビナをつけることも可能。

AirPods Proのケースにストラップやカラビナをつけてバッグ外に出すことはおすすめしていません。バッグ内ならあり。

こびぃ

カラビナがちぎれて、AirPods Proを紛失した知人がおるから、カラビナやストラップをつけてバッグ外に出すのは怖いんやわ。

重量/サイズ

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの重量
ケースのみ:16.5g
NOMAD Adventure Ready AirPods Proの本体ケースとの重量
AirPodsProに装着後:72.7g
NOMAD Adventure Ready AirPods Proの厚みは2mm
厚みは2mm

内部はマイクロファイバーライニング素材を使用しているため、AirPods Proにジャストフィットして傷から守ることができます。

粗悪なケースはAirPods proを傷から守るためにケースを着けているにもかかわらず、逆に中にゴミが入って傷がつきまくるという残念なことになります。

本体2mmは薄いタイプのケースに比べると、厚みは感じますがそのおかげで落下時などは守ってもらえるのでボクは大歓迎。

本体サイズまとめ

  • 重さ:16.5g
  • 厚み:2mm

NOMAD Adventure Ready Case AirPods Proを装着

NOMAD Adventure Ready AirPods Proのを簡単に装着することが可能
簡単に装着
NOMAD Adventure Ready AirPods Proの装着時後の状態
隙間なく綺麗にハマる

隙間という隙間をシャットアウトしてくれて、ブラック一色になり非常にかっこいいです。普通に使用している分には全く動じないのもありがたい。

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの装着後の本体背面
背面

蓋の開閉時の可動域も確保されているため、問題なく蓋の開け締めが可能です。この点は本来もう少し狭いとカッコいいとおもうのですが、AirPods Proの形状上しかたないですね。

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの装着後の横からみた状態
開口時に横から

伸縮性が皆無な革製品でこのジャストサイズ感は職人の仕事っぷりが製品に反映されています。控えめに言って、凄いですね。

同じNOMADのAirPods ProのケースRugged Caseでも同様にジャストフィットしているので、個体差があったとしても、目視できるレベルではない気がします。

こびぃ

NOMADのこだわりや仕事っぷりがすごい…

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの充電ポート部分
充電端子ポートの開口部分

Lightningケーブルの差し込み口もしっかり確保。

ちなみに、ケースによってはApple純正サイズのケーブルしか入らないケースがありますが、NOMAD Rugged Caseはサードパーティ製の太めのLightningケーブルもさせるくらいの開口サイズです。

太めのケーブルが挿せるってことは、開口部がおおきくなり若干ビジュアルのかっこよさは失いますが、大半の方がサードパーティー製のケーブルを使用しているはずなので、良い選択だと思います。

NOMAD Adventure Ready Case AirPods Proを使用して感じた良かった点 気になった点

使用してみて、良かった点と気になった点を順に挙げます。

※良かった点、悪かった点はNOMAD Rugged Caseとほとんど変わりません。

良かった点(メリット)

  • 耐水加工の機能性レザー
  • ワイヤレス充電対応
  • 充電穴も対応サイズの幅が広い
  • ペアリングボタン対応

耐水加工の機能性レザー

革(レザー)製品が好きなのに雨の日や手を洗った後などは気になるので、ガシガシ使用することができない。って問題を解決しているのが本記事の『NOMAD Adventure Ready Case』です。

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの耐水加工レザーの状態
ビショビショになっても
NOMAD Adventure Ready AirPods Proの耐水加工レザーの穴
何事もなかったかのようなポーカーフェイスっぷり

レベル50くらいでスライムから攻撃をうけるくらいのノーダメージっぷり。

ただし、下記の通り気をつける点があります。

ケースは耐水でも、AirPods Pro本体は耐水ではないので、過剰に期待することはNG。

あくまで保険レベルで捉えておく必要があります。

手をあらった直後に触れる、突然の雨でもケースを守れる、バッグに入れていた水がすこしこぼれているけどケースで助かった。くらいの感覚じゃないと危ないですね。

ワイヤレス充電対応

NOMAD Adventure Ready AirPods Proのワイヤレス充電対応している
ワイヤレス充電(Qi)対応

AnkerのPowerWave Pad Alloy ワイヤレス充電器で問題なく充電可能。

NOMAD Adventure Ready AirPods Proののワイヤレス充電中
反応も良い

AirPods Proの裸の状態となんら変わらない反応と感覚で、ワイヤレス充電(Qi充電)することが可能です。

CHOTECHのワイヤレス充電器のように比較的安価なでも問題なく、使用することができるのでまだ持っていない方は同時に購入するのもありですね!

ワイヤレスチャージャー
CHOETECH T535-S

Good

・2台同時でワイヤレス充電可

・iPhoneとAirPodsProの組み合わせ可

・5コイル搭載のため充電がラク

・スリムコンパクト


Bad

・Apple Watchは充電不可

使用感
8.5
デザイン・質感
7
価格
9.5
オススメ度
8

>> CHOTECHのワイヤレス充電器のレビュー記事はこちら

充電穴も対応サイズの幅が広い

NOMAD Adventure Ready AirPods Proの充電端子部分
NOMAD Adventure Ready AirPods Proの有線ケーブルの状態

おそらくNOMADから販売されているケーブルを基準に開口部を作っていると思うのですが、そのケーブルが太めなんですよね。

なので、上記のケーブルを基準にしていると市場に出回っているほとんどのケーブルに対応できているのも結構ありがたいです。

こびぃ

たま〜に太めのケーブルが入らないケースがあるんよね。隙間がないから見た目はかっこいいんやけど、実用性低下するのはいただけない。

ペアリングボタン対応

NOMAD Adventure Ready AirPods Proのペアリングボタンは背面にある
背面中央部に窪みあり

ペアリングボタンってなかなか使いませんが、たま〜に再ペアリングで使うことがあるので地味にペアリングボタンの対応はありがたいです。

ハードケースタイプってペアリングボタン対応していないケースが多いですからね。

気になった点(デメリット)

正直言って、デメリットは僕自身あんまり問題ないことですが、気になる人は気になるのかな?という内容です。

  • 革(レザー)の重みあり
  • 取り外しがやや困難
  • やや高い

耐水性能の犠牲になった革質

革(レザー)製品全般に言えることですが、やはり他のケースよりは重めです。とはいっても、小さなアクセサリーなので、かばんのように1キロ近く変わったりしません。

たった数十グラムの違いなので、気にならないっちゃ気にならないですね。

取り外しがやや困難

NOMAD Adventure Ready AirPods Proのケース取り外しがやや困難
上蓋はスムーズに取ることが可能
NOMAD Adventure Ready AirPods Proのケーブルを挿した状態
ケーブルを挿した状態で押し出す
NOMAD Adventure Ready AirPods Proの簡単に下にケースが抜ける

スムーズに着脱が可能な上蓋とは異なり、下蓋は簡単に取ることができません。ジャストフィットしている証拠ですね。

簡単に取る方法ですが、ケーブルを挿した状態で押し出すと「スポッ」ととれます。これは公式からも発表されている方法ですので、ぜひ活用してください。

こびぃ

素手で取ろうとすると、蓋が確実に壊れる予感やわ…

NOMAD Adventure Ready AirPods Proのケースを一度はずした状態

ケースの中がマイクロファイバー素材で覆われているため、ケースを取り外しても本体に傷がついていません。このあたりは上質なケースゆえの満足感を得ることができますね。

こびぃ

本体に傷が付くケースって結構あるけど、傷から守るためにケースに入れてるのに…ってなる悲しさ

やや高い

品質に対しての価格と捉えると、高くはなくむしろコスパは良いほうですが、AirPods Proのケースは1,000円代や2,000円代がボリュームゾーンと考えると製品の質を考えなければやはり高く感じますね。

ただ費用対効果という観点で言うと、安いと感じます。ボクが革(レザー)製品が好きってこともありますが。

NOMAD Rugged Caseとの違い

NOMAD Rugged Caseの記事でも確認ができますが、唯一の違いはこの革の質です。

NOMAD Rugged CaseとAdventure Ready Caseの違い
革感はRuggedCaseが上
NOMAD Rugged CaseとAdventure Ready Caseの横から見た違い

より革感が出ているのはやはり、世界的タンナーHorween社のレザーを使用している『Rugged Case』ですね。経年劣化エイジングを楽しむことができることも大きなポイントです。

本記事の『Adventure Ready Case』は耐水性能を手に入れるかわりに革(レザー)特有の雰囲気や革(レザー)の良さである経年劣化エイジングを楽しむことを若干犠牲にして作られていることがわかります。

どっちを購入すべきか

カッコよさを求める、革感を重視したい人:Rugged Case

耐水性能で保険をかけておきたい人:Adventure Ready Case

またNOMADは海外サイトを経由したり、Amazonでは高いため同じくらい品質のよいNATIVE UNIONもおすすめです。

NOMAD Adventure Ready Case AirPods Proレビューのまとめ

NOMAD
Adventure Ready AirPods Pro

Good

・耐水加工の機能性レザー


Bad

・やや高い

使用感
9
デザイン・質感
8.5
価格
7
オススメ度
7.5

NOMAD Adventure Ready Caseはカッコいいし耐水性能で機能的なのはすごいな!と思いますが、AppleWatchなどとは異なり、AirPods Proのケースってあまり耐水性能が必要ないのでは?というのが正直な感想。

革製品が好きでAirPods Proのケース用に購入したい!と考えているなら『NOMAD Rugged Case』や『NATIVE UNION』良いと思います。

その他のおすすめAirPods Proのケースが気になる方は下記の記事を参考にしてくださいね。

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入しよう!

Amazonで欲しいモノを購入する時に普通に買い物をすると損をするので、Amazonギフト券をチャージ>通常通り欲しい物を購入する。

上記の手順でギフト券をチャージしてからAmazonで買い物すると最大2.5%ポイント還元でお得になります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる