Ankerウルトラスリムキーボード長期レビュー丨iPadのパートナーとして相性抜群

Ankerウルトラスリムキーボードのアイキャッチ

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • Ankerウルトラスリムキーボードの使用感
  • MagicKeyboardみたいなミニマルスリムおしゃれなBluetoothキーボードのこと
  • iPadを使用するときに使いやすいキーボードのこと

iPadをいざ購入したものの、キーボードが欲しい!でもどれがいいかわからない!って方多いかと思います。

かくいうボクもiPadを購入して、はじめて専用のキーボードを購入するときに悩みました。

  • Logicoolがいいのかな?
  • あえて国産BUFFALO?
  • MagicKeyboardみたいなビジュアルで安いキーボードが欲しい
  • 高いキーボードではなく、コスパの良いiPad専用にできるキーボードないかな

上記のような悩みを解決してくれたキーボードこそ、Anker社の「ウルトラスリムキーボード※Bluetooth Keyboardです。

買ってよかったかどうなのか、結論から言うと買ってよかった製品の1つ!理由は下記の通り。

Anker ウルトラスリムキーボーの良さは、MagicKeyboardのようなオシャレ外観にも関わらず、1万円もせず、価格約2,000円で購入できるコスパの良さと軽さから持ち運びが超絶便利なキーボード。

長期使用した感想は、高級キーボードと比較すると劣る点もあるが、掛けた費用以上のメリットがある逸品。

こびぃ

2,000円で作業効率を上げることができるなら安い投資!

それでは、本記事『Ankerウルトラスリムキーボード長期レビュー丨iPadのパートナーとして相性抜群』の書いていきます。

メリットもデメリットも余すこと無く書きますのでぜひ最後までご覧ください。

Anker BluetoothウルトラスリムキーボードMacBook Air/Proと一緒に買うべき周辺機器オススメ20選にも選抜されている非常に優秀な製品です。

ウルトラスリムキーボード以外にさまざまな周辺機器やアクセサリーをまとめて確認したい方は以下の記事をご覧ください。

目次

Anker Bluetoothウルトラスリムキーボードの特徴

はじめにパッとひと目で特徴がわかるように特徴のまとめを書いておきます、下記をご参考に。

Anker Bluetoothウルトラスリムキーボード特徴

  • 優れた互換性
  • 外観はほぼMagicKeyboard
  • 角度がついているので手首が楽
  • ワイヤレス接続(Bluetooth接続・2.4GHz接続ではない)
  • JIS配列なしのUS配列のみ
  • 筐体はアルミではなくプラスチック性
  • 軽量かつコンパクト
  • バッテリー充電式ではなく、単4電池×2使用
  • 連続300時間以上の長時間使用可能
  • 高級感はそこまで感じない
  • コスパはめちゃくちゃ良い

Anker Bluetoothウルトラスリムキーボードのスペックを確認します。

Anker Bluetoothウルトラスリムキーボードの製品仕様

Anker Bluetoothウルトラスリムキーボードのスペック

商品名ウルトラスリム Keyboard
メーカーAnker
役割ワイヤレスキーボード
※Bluetooth接続
サイズ横幅:284mm
奥行き:122mm
高さ:18.5mm
重さ(約)190g
通信Bluetooth3.0
電源単4電池×2本
素材アルミ
配列英語(US)
101キー
キー種パンダグラフ
アイソレーションタイプ
キーピッチ19mm
対応機種Windows
Mac、iPad、iPhone、AppleTV
Android
など
ボロ

Anker製品は保証が18ヶ月あるよ!購入後に製品登録するとさらに+6ヶ月

+6ヶ月延長保証は、Anker公式サイト以外に、Amazon・楽天・Yahoo!・などで購入しても延長可能。

こびぃ

Anker社はカスタマーサポートの対応も迅速で素晴らしいよ。+保証がつくのはいつもありがたい!

Anker Bluetoothウルトラスリムキーボードの長期使用レビュー

Ankerワイヤレスキーボードは約2年半使用していますが、定期的に拭き取り掃除していることもあり、外観もそこまで汚れていません。

防傷加工は特に明記されていませんが、傷がつきにくいのかなと感じますね。では、レビューを始めていきます。

ウルトラスリムキーボードの外箱/内容物

外箱、内容物の順で確認していきます。

約2年半ほど使用した長期レビューです。外箱=パッケージは現在と異なるかもしれません。

ウルトラスリムキーボードの外箱

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードのパッケージはカバーとケース
表面
AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードのパッケージ裏面は製品仕様記載
裏面

ダンボール地のケースに厚紙カバーがかかっていて、そこそこ簡易なパッケージです。約2,000円なので十分。

ウルトラスリムキーボードの内容物

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードの内容物
取り扱い説明書とカスタマーサポート案内

筐体はアルミなので、見た目の割にもって見るとかなり軽い印象を受けます。約190gですからね。

内容物はAnker Bluetoothワイヤレスキーボード本体含めて下記の通り3点。

内容物
  • Anker Bluetoothワイヤレスキーボード本体
  • 取り扱い説明書
  • カスタマサポート案内

ウルトラスリムキーボードの本体外観/デザイン

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードの全体表面
本体表面

キーボード配列はJIS配列はなく、US配列のみです。使用したことが無い方はなれるまではやや困惑するかもしれない配列。

US配列ってなに?」って方は下記を参考にしてくださいね。

US配列とは

簡単に言うと英語圏配列。かな英数ボタンがなく、キーにもひらがな表示などがありません。一部のキーの大きさやポジションが異なります。

US配列についてもっと詳しく確認したい方は、TSUKUMOさんの「キーボード日本語配列と英語配列」でわかりやすく解説してくれているのでご参考に。

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードはFnキー+fキーで操作可能

EscキーやFキーはJIS配列と変わらず配置されています。毎日ではないですが、約2年半使用していて、キーボードの印字がすれたりもほぼありません。

こびぃ

安いキーボードって結構表面の文字が削れやすいモノが多いからこれは嬉しいね!あとFnキーもありがたい!

ウルトラスリムキーボードのFnキーでできる操作
  • F1:ホームボタン
  • F2:バックグラウンドアプリの表示
  • F3:画面の明るさ調整
  • F4:検索
  • F5:iPhoneモニタにキーボード表示/非表示
  • F6:ミュージック/戻る
  • F7:ミュージック/再生・停止
  • F8:ミュージック/送る
  • F9:ミュート
  • F10:音量DOWN
  • F11:音量UP
  • F12:スリープ
AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードは⌘、option、Control、Shiftキーあり
キーピッチが広いから打ち間違えにくい
矢印キーも打ちやすい

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードは⌘optionControlShiftFnもあります。

方向キーも設置されていていますが、本体がコンパクトに設計してくれているのはありがたい。

テンキーレスが不要でかさばらないキーボードが好きな人にはまさにドンピシャの設計。

キーピッチは1.9mmでキーストロークは2mmある万人受けする打鍵感
パンダグラフ式

Anker  ウルトラスリムキーボードのキーピッチは約1.9mmでキーストロークは約2mmという個人的には黄金比率に近い使用感。

打鍵感は軽いですが、AppleのMagicKeyboardよりは重たいです。

Ankerウルトラスリムキーボードはパンダグラフ式なので、疲れにくいのも良い点
反発も弱すぎないため疲れにくい

パンダグラフ式を採用していて、長時間使用も疲れない使用感。2mmのキーストロークキーの深さがあるため、本体はスリム型なのに打鍵感もあるので気持ちよくタイピング可能。

こびぃ

静音のパンダグラフ式やけど、タイピング時の音はそこそこ出るよ!

打鍵感が軽いため、「タンッタンッターンッ」とキーボードを弾き倒したい方は苦手なキーボードかもしれません。

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードの高さは1.85cm
ほどよい傾斜

高さ調節不可で、1.85cmの固定型。

パームレストあってもなくても使用できるので、個人的には好きな高さ。低すぎるのも高すぎるのも苦手って人が多いですからね。

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードの本体裏面
本体背面

背面は滑り止め4点配置されていて、キーボードをタイピングしていても滑らなくなっています。2年半使用していますが、どの部分も欠損なし。

こびぃ

滑り止め直径サイズは約8mmやけど、しっかり固定可能。

木製デスク、プリント紙化粧繊維板、ステンレスなどよく見かける素材の上で、Ankerウルトラスリムキーボードをで作業しても全く滑らないので作業に集中できて作業効率UP。

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードのOFFとONの切り替えボタンは物理ボタン
電源ボタン

電源ボタンは裏面に物理ボタンでON⇔OFF切り替える。設置面と干渉しないように、窪みあり。

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードのバッテリーは電池式で単4電池2本必要
電池式

必要電池は単4電池×2。
最長300時間以上も連続に使用することが可能。

ウルトラスリムキーボード以外に単4電池を使用する方が多い方

単4電池がなくて「これを機に充電池買うか!」って考えている方はパナソニック エネループAmazon限定品品質が良いので安全。今必要なシーンにバッチリハマります。

Amazon fire TVスティックも単4電池
Amazon fire TVスティック
単4電池2本使用
こびぃ

Amazon FireTVスティックを使用している人も単4電池は結構使用するよね!

ウルトラスリムキーボードの重量/サイズ

ウルトラスリムキーボードの重量は192.8グラム 2
重量/サイズまとめ
  • 重さ:192.8g(公式190g)
  • 横幅:28.4cm
  • 奥行き:12.2cm
  • 高さ(厚み):18.5cm

Anker ウルトラスリムキーボードの概要がわかったところで、iPadの外部キーボード購入で悩まれやすいAppleのMagicKeyboardとわかりやすく比較します。

Anker ウルトラスリムキーボードのペアリング方法

AnkerウルトラスリムキーボードはBluetooth3.0で接続可能なので、ワイヤレスで設定します。

Z+Fnを同時押しでペアリング

ウルトラスリムキーボードのペアリング方法手順

  • ウルトラスリムキーボードのZ+Fnキーを同時押し
  • 接続端末のBluetoothを開いて「Ankerキーボードを選択」
  • ペアリング接続完了

3ステップで簡単にペアリング接続できます。

Anker ウルトラスリムキーボードとApple MagicKeyboardを比較

AnkerウルトラスリムキーボードとMagicキーボードと比較

気になる人が多いであろうAppleの独立型MagicKeyboardとの見た目等比較。

使用感等、画像を使いながら確認します。

Ankerのウルトラスリムキーボードと比較して、品質や使い勝手はどっちが良いのかの結論は、「AppleのMagic Keyborad」です。

独立型のMagic Keyboradとウルトラスリムキーボードの比較

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードとMagic Keyboardの比較
上:Apple MagicKeyboard
下:Ankerウルトラスリムキーボード

見た目はどちらも非常にシンプルだがAnker ウルトラスリムのほうが全体を通りしてスッキリしている印象。

キーピッチはウルトラスリムボードのほうがやや広い分、タイピングに慣れていない人は打ち間違いを少なくできそう。

こびぃ

ボクのApple MagicKeyboardはJIS配列やから、US配列ならシンプルさはもっと良い勝負!

どちらもファンクションキーFnキーがあります。

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードとMagicKeyboardの高さ比較すると約倍くらい高さが異なる

標準高さは、MagicKeyboardよりウルトラスリムキーボードのほうが好み。

ウルトラスリムキーボードとMagicキーボードを重ねると高さの違いやキーストロークの違いが如実にわかる

重さはMagicKeyboardのほうがやや重たく、サイズはウルトラスリムキーボードのほうが大きい。

キーボードを押した感じや、重さは好みが分かれると思いまが、これは誰しも重要な点の「接続」に関してはAppleが圧勝です。

接続に関して

接続の安定度はウルトラスリムキーボードが悪いのではなく、郡を抜いてAppleのMagicKeyboardが良すぎる。MagicKeyboardは、まず途切れたことがないレベルで安定します。MagicKeyboardは、他への端末もすぐに接続できるマルチペアリングがあるのも大きい。

チャタリングもMagicKeyboardはほぼ発生しません。

チャタリングとは

電子機器のスイッチやリレーの接点の動作不良のこと。キーボードではタイピングで「A」って打っているのに「AA」と入力されてしまったりすること。※詳しくはこちらに書いています。

重量/サイズ比較詳細は下記の通り。

サイズ
(約)
Apple
MagicKeyboard
Anker
ウルトラスリムキーボード
横幅27.9cm28.4cm
奥行き11.5cm12.2cm
高さ1.09cm1.85cm
重量230g190g

外出時には軽い方が持ち運びに最適。ウルトラスリムキーボードだと、傷に対してもそこまで神経質にならなくて良い価格帯がGood。

ボクが10年ほどMacを使用しているため、Apple純正に慣れているのもあるので、ウルトラスリムキーボードを2年半使用してもMagicKeyboardのほうがやはり使いやすい印象。

さらにタイピング時の音がやはりやや大きいため、カフェで使用する場合は静かなカフェなどは結構気になるかも。

なので、ボクも外出時にウルトラスリムキーボードを使用する場合はできる限り人が多い、スタバやエクセルシオール、サンマルク、コメダなどを選んでいました。

会議はちょっと厳しいですね。

こびぃ

会議で音が大きなキーボードを使用するのはマナーとして辞めておいたほうが良いよ!

【おまけ】MacBook ProのMagic Keyboradとウルトラスリムキーボードの比較

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードとMacBookキーボードの比較
横幅ほぼ同じ

MacBook pro 2017ver.と念の為、簡単に比較しておきます。Ankerのウルトラスリムキーボードのほうがキーピッチはやはり広く、ストロークも深いです。

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードとMacBookMagicKeyboradの高さ比較2
MOFTスタンド立てる前
AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードとMacBookMagicKeyboradの高さ比較でmoshiスタンドで上げるとMacのほうが使いやすい
MOFTスタンド立てたあと

高さはノーマルMacBook Proのほうが低いですが、MacBook Proに装着しているスタンドMOFTminiを立てるとMacBook Proのほうが高くなります。

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードはMacBookをスタンドに置いて使用することも可能
PCスタンドがかなり使いやすくなります

自宅で姿勢良くMacBookを使用するために、MacBookをノートPCスタンドに乗せて使用するとキーボードが高くなりすぎて届かなくなります。

しかし、Ankerのウルトラスリムキーボードを用意すると上画像の通り、かなり高い位置にスタンド設定してもキーボードは手元に置いておけるので姿勢を良くしつつ作業効率が爆上がり。

>> MacBook Air/Proのおすすめスタンドはこちら

Anker ウルトラスリムキーボードを長期使用して感じたメリット・デメリット

ワイヤレスキーボードでBluetooth接続エラーが少ないだけでも、2,000円のワイヤレスキーボードとしての価値がありますが、それ以外にもメリットが結構あるので費用対効果は最高クラスです。

メリット

  • コスト<パフォーマンスの良さ
  • 外出時に持ち運びやすい重量/サイズ感
  • 比較的シンプルなデザイン
  • Bluetoothの接続エラーが少ない
  • iPadとの相性が最高
AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードはiPadと相性が良い
スタンドなし
AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードはタブレットスタンドを使用しても問題なく使える
スタンド有り

MacBookとウルトラスリムキーボードの相性の良さもさることながら、個人的にはiPadしか持っていない方やiPadを外で使用するときの相性の良さがピカイチだと感じます。

NulaxyスタンドSatechiスタンドでiPadを安全に持ち上げた状態で使用するとiPadの使用感を飛躍的に向上させることが可能。

仕事や作業をする人にとっては、スタンド×ウルトラスリムキーボードは最高の相棒になり手放せなくなります。

>> iPadのNulaxyスタンドのレビューはこちら

AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードは簡単にバッグに入れて持ち運べる

外出時はバックパックなら楽にはいるサイズ感。

その他のバッグでも縦・横どちらかに約30cmほどサイズがあれば、スッポリ収まります。他のデバイスや傷が気になる方はキーボードカバーがあれば問題なしです。

デメリット

  • マルチペアリングがない
  • JIS配列がない
  • 打鍵音が大きい
AnkerBluetoothウルトラワイヤレスキーボードはトリプルディスプレイのような使い方が可能

マルチペアリングがないため、機器の往来は面倒くさい。

iPadとウルトラスリムキーボードを接続していて、MacBookと接続を変えたいときは一度iPadで解除の操作をしてから、MacBookで操作をする必要があります。

US配列一択なので、JIS配列はえらべない。

USは絶対嫌だ!って方は、Anker ウルトラスリムキーボドの購入を控えましょう。今JISしか使用してなくても、USを使用すると結構すぐに慣れますよ。

こびぃ

ボクはPCをかなり使用する本業なので、職場PCがJISだから今はMacBookをJISにしたけど、結局USで良かったって後悔してる…

Anker ウルトラスリムキーボードをオススメできる人・できない人

おすすめできる人
おすすめできない人
  • コスパ抜群ワイヤレスキーボードが欲しい
  • シンプルデザインが良い
  • 打鍵感は軽いほうが良い
  • MagicKeyboardのデザインが好き
  • ガシガシ使用したい
    (2年半故障無しで使えた実績あり)
  • 高級感とマルチペアリングが欲しい
  • JIS配列が良い
  • 打鍵感は重いほうが良い

Anker ウルトラスリムキーボードをおすすめできない人の解決方法

Anker Bluetoothウルトラスリムキーボード長期レビューまとめ

Anker
ウルトラスリムキーボード

Good

・シンプルデザイン

・MagicKeyboradに似ている

・iPadとの相性最高

・コスパ良し


Bad

・高級感はない

・マルチペアリング不可

使用感
8.5
デザイン・質
7
価格
10
オススメ度
8.5

AnkerのウルトラスリムキーボードはAppleのMagicKeyboardのようなオシャレなキーボードながら、2,000円台で購入できるコスパ最強クラスのキーボード。

  • MagicKeyboardが欲しいけど、予算的に合わない!
  • ワイヤレスキーボードが1つも無いから欲しい!
  • 作業効率を上げたい!
  • iPad専用のキーボードが欲しい!

上記のような方には最高のキーボードになること間違いなし。

ウルトラスリムキーボードは、MacBook Air/Proと一緒に買うおすすめアイテム20選に選ばれています。

ウルトラスリムキーボード以外も見る

ウルトラスリムキーボードが選ばれている

Ankerウルトラスリムキーボードのアイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる