Anker Soundcore Life Q30レビュー丨高性能!本当に1万円以下? ACN=ノイキャン搭載のバランスブレイカー

【レビュー】高性能で1万円以下?!Anker Soundcore Life Q30 はACN=ノイキャン搭載の優等生

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • Soundcore Liberty Q20の次代モデルのQ30を知ることができる
  • 約8,000円でワイヤレス・ACN(アクティブノイズキャンセリング)のヘッドホンのこと

イヤホンとヘッドホンに揃っていえることがあります。それは「沼」

一度ハマってしまうと中々抜け出せないと言われているこの「沼」を初心者だからこそ回避する方法があります。

沼から回避する方法

Anker Soundcore Life Q30もしくはAnker Soundcore Liberty Air 2 Proのどちらかを手に入れること。

理由は、価格以上の性能の良さを楽しむことができ、初心者であればほとんどの人が満足できる仕上がりだから。

こびぃ

ACN&ハイレゾ対応のワイヤレスヘッドホン約8,000円で手に入れることができるなんて、もはやバグに近いからね。

※『SoundCore Life Q30』はSoundCore Life Q20の正当進化の後継機。

結論から言うと、このクオリティのワイヤレスヘッドホンをたった8,000円で購入できるのは、なんかの間違いではないか?!という感想しかでなかった。

SoundCore Life Q30の特徴まとめ
  • 価格:ブラック8,990(税込)
  • 発売日:2021年1月13日
  • アクティブノイズキャンセリング(ANC)
  • 専用アプリでカスタマイズ
  • 最大40時間(ACN on)/60時間(ACN off)の再生時間
  • 長時間装着できる心地よいフィット感のイヤーパッド
  • ハイレゾ再生対応
  • マルチポイント対応
  • NFCペアリング対応
ボロ

上記の特徴以外にも機能がてんこ盛りだヨ!

目次

Anker Soundcore Life Q30 の主な製品仕様

Anker Soundcore Life Q30 の特徴
『SoundCore Life Q30』

Anker Soundcore Life Q30の突出している点はなんと言っても、1万円を切る8,000円代アクティブノイズキャンセリング付きハイレゾ対応ワイヤレスヘッドホンというところ

「Life Q30」 の製品仕様/スペックは確認したい方だけ下記をクリックして開いてくださいね。

商品名Soundcore Life Q30
メーカーAnker
役割ワイヤレスヘッドホン
重さ(約)260g
充電端子USB Type-C
ノイズキャンセリングアクティブノイズキャンセリングACN
※3パターンあり
通信方式Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / AAC
通常時
再生可能時間
最大60時間
ノイキャン使用時
再生可能時間
最大40時間
充電時間約2時間
Soundcoreアプリ対応
周波数応答20-Hz-20KHz(Bluetooth接続時)
16Hz-40KHz(AUXケーブル接続時)
こびぃ

性能が普通に良くて、8,000円以下やから笑うしかないね。ビックマックセットが300円で買えることができるイメージやわ!

Anker Soundcore Life Q30の開封レビュー

早速開封をしていきます。

Q30の外箱/内容物

外箱

Anker Soundcore Life Q30 のパッケージ外箱
高級化粧箱の佇まい
Anker Soundcore Life Q30 のパッケージ裏面
必要以上の情報がないシンプルさ良き

モノがモノだけにサイズが結構大きいです。

内容物

Anker Soundcore Life Q30 のハードキャリケース
ハードトラベルケースの中に本体梱包
こびぃ

実はボクここであれ?!?!ってなったんよね。

【注意】Q30のハードトラベルケースの罠?

「あれ?!」ってなった理由は、このトラベルケースがボクが購入した時にはダウングレードしていました。初期生産分のみ、かっこいいケースだったんですよね。無念すぎる。

Anker Soundcore Life Q30の初期型ハードトラベルケース
初期生産分のかっこいいハードトラベルケース

ヘッドホンの収納場所が独立していて、スッポリはまる形です。さらに左の蓋の部分にはコードなどを収納するポケットあり。

こびぃ

これが唯一といって良い残念ポイント。ケースかっこいいな〜おもって購入したボクからするとめちゃくちゃショックやったわ

Amazonの口コミでもハードトラベルケースの変更を知らずに購入した人たちから☆1が連発しています。Anker製品を長く愛用していますが、ここまで☆1がついているのも珍しい。

これは事前の告知もなかったし、以前はAmazon製品ページにもケースが変更した記載がなかった(今はあります)ので、Anker社側に否があると思います。☆1がついてもしょうがないですね。

では気を取り直して内容物確認続行します。

Anker Soundcore Life Q30 すべての内容物
内容物

内容物はSoundCore Life Q30本体含め、下記の通り7点です。

内容物
  • SoundCore Life Q30本体
  • 3.5mm AUXケーブル
  • 充電用USB−C & USB-Aケーブル
  • ハードトラベルケース
  • クイックスタートガイド
  • 安全マニュアル
  • カスタマーサポート
ボロ

Anker製品のスタンダードの保証期間18ヶ月はもちろんついてるヨ!Amazonで購入しても18ヶ月保証ついてくるからネ!

Anker製品は購入後にAnker会員に登録すると、保証期間が+6ヶ月付与され、合計24ヶ月保証になります。

Q30のヘッドホン&トラベルケース本体外観/デザイン

Anker Soundcore Life Q30 の本体表
ブラックマット調

素材がプラスチック製なので、安っぽくなるかとおもいきや、dマークの細ゴールドの深みやヘッドパット外側のヘアライン加工などの、細かなディティールのこだわりが見られ安っぽく感じません。

Q30 本体サイズ
  • 高さ:19.5cm
  • 横幅:18cm
  • 奥行き:7.9cm

上記サイズはあくまで、ボクが測ったサイズなので若干誤差があるかもしれません。

Q30の本体外側

Anker Soundcore Life Q30 の本体外観
本体アップ

艶消しマット調が全体を引き締めてくれています。dのゴールドに嫌らしさがなく、むしろ上品な雰囲気を醸し出しています。

Anker Soundcore Life Q30 のSoundコアロゴ
指紋はつきにくい

指でなぞっても、指紋は残りにくいです。指紋に比べると油汚れが残りますので、油脂系には弱そう。

Q30の本体内側

Anker Soundcore Life Q30 の本体外観背面
Q30本体内側

耳がスッポリ入るオーバーイヤータイプです。サイズは内径は4.6cm。

Anker Soundcore Life Q30 のイヤーパッド

よほどのダンボじゃなければ包み込んでくれるサイズ感。

Anker Soundcore Life Q30 の本体裏
形状記憶のイヤーカップ

Anker公式、Amazon販売ページにも「形状記憶イヤーカップ」と表記されていましたが、ボクんちのおばあちゃんくらい記憶せずに忘れんぼ。

ほぼ形状記憶せずにデフォルトの位置に戻ってきます。

こびぃ

ずっと使い続けると記憶するのかな?

Anker Soundcore Life Q30 のLの部分
Anker Soundcore Life Q30 のRの部分

イヤーカップのさわり心地は柔らかい部類。蒸しパンのような感じ。素材はおそらく合皮ですが、質感・触感は悪くありません。

Sondcore Life Q30 のイヤーパッドの柔らかさ確認
開封時はシルバー部分に防傷テープが巻かれている

イヤーカップはそこそこの厚みがあります。

Anker Soundcore Life Q30 のパッドは柔らかすぎず硬すぎずの硬さ
厚みはあるが柔らか素材
Anker Soundcore Life Q30 のイヤーカップ可動域
イヤーカップの外側への可動する

15°の範囲内でイヤーカップ外内に調整できることから、頭のサイズに合わせてフィットするため、長時間装着しても痛みを感じにくい設計。

Soundcore LifeQ30の本体イヤーカップの操作ボタンの確認Soundcore LifeQ30のイヤーカップは90°曲がる
イヤーカップを内側左右へ90°折り曲げ可能

イヤーカップ自体は右・左ともに内側左右に90°折り曲げることが可能。

Q30の本体イヤーカップの操作ボタン

Soundcore LifeQ30の本体イヤーカップの操作ボタンの確認Soundcore LifeQ30の本体イヤーカップの操作ボタンの確認

ボタンは本体下部の方についています。片耳ずつ画像をわけますね。

Anker Soundcore Life Q30 のL側
L側:ひだり耳
Anker Soundcore Life Q30 のR側
R側:みぎ耳

それぞれのボタンの配置をまとめると下記の通り

L側:ひだり耳
R側:みぎ耳
  • ノイズキャンセリングボタン
  • 電源ボタン
  • USB−C端子(充電用)
  • 音量調節ボタン+
  • 音量調節ボタン−
  • 再生/一時停止ボタン
  • 3.5mmAUX端子(オーディオジャック)

有線ケーブル接続時は音量調節ボタン、再生/一時停止ボタンの操作を受け付けなくなります。

Anker Soundcore Life Q30付属品の充電器はUSB-AtoUSB-C
充電用ケーブル/AUXケーブル

イヤーカップ外側のUSB−C端子とステレオジャック本体付属品ののケーブルが使用できます。

Q30の本体横・上

Anker Soundcore Life Q30 のサイド部分
ACN表記

イヤーカップのゴールドと同様、落ち着いた色味で刻字されているため上品な仕上がり。素材もイヤーカップと同様にプラ系ブラックマット調です。

Anker Soundcore Life Q30 のヘッドパッドはそこそこやわらかい
イヤーカップと同じ素材

ヘッドパットはイヤーカップに使われているパットと同じ素材。フカフカしています。

ボクは普段ヘッドホンより、ワイヤレスイヤホン派なのですがこのフカフカ感があれば、頭も耳も痛くなりにくそうです。

Anker Soundcore Life Q30のヘッドパッドの上部分はヘアライン加工
ヘアバンドの外側かっこいい

ヘアバンドの外側もブラック色ですが、ヘアライン加工が施されているため少し他の箇所と毛色が異なります。シンプルにかっこいい。

こびぃ

Apple Watchのバンドでもヘアライン加工のブラックステンレスバンドを使用してるけど、ブラック×ヘアラインはほんま高級感が漂う。

Anker Soundcore Life Q30のヘッドレストサイド横側
サイドでサイズ調節
Anker Soundcore Life Q30のヘッドレストサイド横側のサイズが結構伸びる
ちょうどよい硬さで調節可能

サイドのプラスチック部分を下に引っ張ればサイズ調節が可能。最大サイズと最小サイズの感じは下画像の通り。

Sondcore Life Q30 のサイズ小さい時
最小サイズ
Sondcore Life Q30 のサイズを大きく調節した時
最大サイズ
こびぃ

ボクはサイズをいじって使用していないけど、頭が大きい人でもほとんどの人は大丈夫そうな余裕があるね!

Q30の重量/サイズ感

重量

Anker Soundcore Life Q30本体の重量
Q30 本体
Anker Soundcore Life Q30のケースの重み
Q30 ハードトラベルケース

合計で約400グラムですので、500mlのペットボトルより軽いので持ち運びしやすいサイズ・重量感。

本体サイズまとめ

  • 重さ:265.6グラム※ヘッドホンのみ
    154.7グラム※ハードトラベルケース
  • 高さ:19.5cm
  • 横幅:18cm
  • 奥行き:7.9cm

サイズ感

ボクがいつも持ち歩いているAnker社よりでているワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」とQ30&「Incaseのガジェットポーチ」とQ30のハードトラベルケースの2つでサイズ感をみてみてください。

Soundcore Life Q30とSoundcore Liberty Air 2 Proのサイズ比較

イヤホンとヘッドホンなので、もちろんサイズが大きく異なる。

Soundcore Life Q30とIncaseガジェットポーチのサイズ比較

ちょうどガジェットポーチサイズくらい。

Anker Soundcore Life Q30のペアリング方法STEP5

iPhone12Proでペアリングしてみますね。ちなみにSoundcore Life Q30NFCペアリングに対応しています。

ペアリングがよくわからない!という方に向けての解説になりますので、「ペアリングのやり方知ってる!」ってかたはこちらをクリックするとジャンプします。

STEP
Anker Soundcore Life Q30の電源をON
Anker Soundcore Life Q30本体の電源の入れ方

ヘッドホンの電源ボタンONを長押しする。

STEP
使用する端末(iPhone)のBluetoothをON
Anker Soundcore Life Q30とのペアリング時のデバイス側

iPhoneのBluetooth設定画面でONにする。

STEP
Soundcore Life Q30と接続開始
Anker Soundcore Life Q30をタップする

Bluetooth接続可能端末に「Soundcore Life Q30」が出たらタップする。

もし表示されなければ、ステップ1からやり直してみてください。

STEP
ペアリング完了
Anker Soundcore Life Q30のペアリング完了

ペアリング完了です。

iPhoneやMac BookiPhoneがBluetoothONになっていれば、今後はSoundcore Life Q30の電源を入れるだけで自動接続してくれます。

上記の流れはiPhone12Proのペアリングの流れですが、その他のiPhoneの方も同様の方法。Androidスマホの方も基本的な作業は同じです。

ペアリングがエラーになったり接続が安定しない場合は、Life Q30のペアリングエラー時の対応方法を確認してくださいね。

Anker Soundcore Life Q30の音質

Soudcore Life Q30は重低音モデルではありませんので、低音が好きなボクはあまり期待していませんでしたが、結構ズシズシ来る感じ。

音質は全体はドンシャリ系です。ただ、耳障りなドンシャリ系って感じではなく、各音域のバランスが取れているため、ドンシャリ系でも耳が疲れないのが長時間使うボクとしては最高です。

分離感も解像度も高くて良い。ボーカルもしっかり聞こえてるため、全体的に上手まとまったオーバーイヤー型ワイヤレスヘッドホン。

ノイキャンとイヤーパッドの質が良いため、イヤホンでは得ることができない空間を楽しむことが可能。正直、8,000円の品質ではない。20,000円出しても購入できる音質レベルです。

Anker Soundcore Life Q30の特徴・ポイント

Anker Soundcore Life Q30の最大の特徴は『コスト<<<<パフォーマンス』という業界のバランスブレイカー的な存在になっていること

こびぃ

ほんまもんのコスパモンスターやね!

これ1つにてんこ盛り機能です。しかもやっぱり価格設定がバグなみに安い8,000円代はどう考えてもおかしい。

Soundcore Life Q30の特徴/ポイント

  1. アクティブノイズキャンセリング(ANC)
  2. 専用アプリでカスタマイズが豊富
  3. 最大40時間(ACN on)/60時間(ACN off)の再生時間
  4. 長時間装着できる心地よいフィット感のイヤーパッド
  5. ハイレゾ再生対応
  6. マルチポイント対応
  7. NFCペアリング対応

1. アクティブノイズキャンセリング(ANC)

Anker Soundcore Life Q30のアプリカスタマイズが豊富
Soundcoreアプリ画面
Anker Soundcore Life Q30のアクティブノイズキャンセリング効果
ノイズキャンセリング

上画像の穴がマイクの役目になっており、拾った音の波の形の真逆の形(逆位相)の波の音をぶつけて、雑音を消す仕組みアクティブノイズキャンセリング(ACN)。

Soundcoreアプリ内からサクッと『ノイキャン/外音取り込み/標準』を決めることが可能。ノイキャン時は下記の3種を選択可能

ACNノイズキャンセリングモード3種

  1. 交通機関
  2. 屋内
  3. 屋外

正直、「交通機関・屋内・屋外」から選択する機能いるのかな?と、使ってみて率直な感想。

理由は交通機関が一番ノイキャン効くので、それ以外の選択肢をチョイスする理由があまり無い気がするんですよね。これからのアップデートに期待。

ACN(アクティブノイズキャンセリング)の効き具合をワイヤレスイヤホン(ACN搭載)で比較してみます。

アクティブノイズキャンセリングの効き具合比較

AirPods Proのノイキャンはやはり強いですが、Life Q30のほうが耳への圧迫感が少ないのでここは一長一短でしょうか。

Soundcore Life Q30は、人の話し声や調理をしている音のような少し尖っている音は結構耳にはいってきます。逆に車の音や空調の音のような安定していて振動系の音は綺麗にカットしてくれるノイキャン度合い。

こびぃ

まだまだ改善の余地はあるけど、8,000円代と考えると及第点というか感動レベル間違いないよ!

2. 専用アプリでカスタマイズが豊富

SoundCoreアプリ

Soundcoreアプリでできることは主に下記の5つ

  1. ノイズキャンセリング設定
  2. イコライザー設定
  3. 睡眠モード設定
  4. ファームウェア更新
  5. クイックスタートガイドの閲覧

ノイズキャンセリングは前述に説明しているのでここでは説明は省きますね。

イコライザー

Anker Soundcore Life Q30のイコライザー画面
Anker Soundcore Life Q30プリセット
Anker Soundcore Life Q30のカスタムコード

イコライザーは「22種類のプリセット」もしくは「カスタム」して好みの音質にカスタマイズすることが可能。

睡眠モード

Anker Soundcore Life Q30の睡眠モード

睡眠モードでは環境音の調整を行い好みの環境を作り出すことが可能。この機能は「Soundcore Wakey」と同じ。

ファームウェア

Anker Soundcore Life Q30のファームウェアバージョン

ファームウェアを更新することができます。

クイックスタートガイド

Anker Soundcore Life Q30の説明書

クイックスタートガイドでいつでも確認。

上記の機能の中から、Soundcore Life Q30は主にイコライザーとノイキャンの2つを使用することが多いと思います。

3. 最大40時間(ACN on)/60時間(ACN off)の再生時間

連続使用時間

使用モード使用時間
通常モード最大60時間
ノイズキャンセリングモード最大40時間

Soundcore Life Q30の充電時間は2時間なので、2時間充電するだけで40時間〜60時間使用できるのは非常にありがたい。

こびぃ

さすがモバイルバッテリーからスタートアップした企業の製品やわ

4. 長時間装着できる心地よいフィット感のイヤーパッド

Sondcore Life Q30 は長時間使用可能なイヤーパッド
心地よいフカフカ感

実際にこのブログを書きながら、今日もLife Q30を装着しています。ちょうどよいフカフカ感でもっと高いヘッドホンレベルの心地良さがあります。

最大8時間ほど一度も取らずに装着しつづけましたが、全く痛くありませんでした。

過去にロジクールの8,000円代のゲーミングヘッドホンを購入したときは耳がちぎれそうなくらい痛かったんですけどね。

5. ハイレゾ再生対応

Sondcore Life Q30 のハイレゾ対応の違いはわかりにくい
こびぃ

ハイレゾ再生対応もやけど、何より本体がワイヤレスと有線どちらも選択できるのはやっぱり良いね!

より臨場感を感じることができ、解像度が上がった印象。とはいえ素人耳にはその程度しかわかりませんでした。

ハイレゾ対応は有線時のみ

6. マルチポイント対応

Anker Soundcore Life Q30のマルチペアリングの状態

個人的にノイキャンと同じくらいありがたいのがこのマルチポイント対応

1万円以下のワイヤレスイヤホンやヘッドホンではまずみかけない機能ですからね。これがあればデバイス間移動がアホほど楽になります。

7. NFCペアリング対応

NFCとは

デバイス同士をワンタッチで接続ができる機能。

ショートカットでペアリングができる機能と思えばだいたいOKです。通信速度はそこまで早くなく10cm程度の距離しか届きません。

詳しく書くとよくわからなくなると思うので、気になる方は下記の外部リンクの記事を確認してくださいね。

>> NFCペアリングをわかりやすく解説(外部リンク)

ボロ

それにしても機能がこんなにてんこ盛りで8,000円台でAnkerさん赤字じゃないか心配だヨ。

Q30は任天堂Switchとの相性も抜群

ボクは夜に気分転換に30分だけSwitchをすることがあるのですが、ゲームの音質を高めて臨場感を味わいながらプレイするSwitchは格別で至福の一時。

音漏れもほぼないので、妻にも怒られずにSwitchを楽しんでいます。

Anker Soundcore Life Q30がおすすめできる人

ここまでをまとめてQ30をおすすめできる人とできない人をお伝えしておきます。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • 8,000円でノイキャン&ハイレゾワイヤレスヘッドホンが欲しい人
  • 超高級ワイヤレスヘッドホンでなくて良い人
  • テレワークや外出時にANC機能を使用したい人
  • バッテリーが長持ち最大60時間のヘッドホンを求めている人
  • Soundcoreアプリで連携したい人
  • はじめてヘッドホン購入する人
  • 音質にめちゃくちゃこだわりがある
  • 超高級ワイヤレスイヤホンが欲しい

ワイヤレスヘッドホンでアクティブノイズキャンセリングつきでコスパが良すぎるとはいえ、約8,000円はしますのでご自身が後悔しないように、上記のオススメできる人かできない人かしっかり確認をしてくださいね。

Anker Soundcore Life Q30のレビューまとめ

本記事をお読み頂きありがとうございました。最後に「総評と特徴まとめ」の確認です。

総評高級ヘッドホンを所持していないなら8,000円出して購入する価値大アリ!

SoundCore Life Q30の特徴まとめ
  • 価格:ブラック8,990(税込)
  • 発売日:2021年1月13日
  • アクティブノイズキャンセリング(ANC)
  • 専用アプリでカスタマイズ
  • 最大40時間(ACN on)/60時間(ACN off)の再生時間
  • 長時間装着できる心地よいフィット感のイヤーパッド
  • ハイレゾ再生対応
  • マルチポイント対応
  • NFCペアリング対応

何度もしつこいですが、アクティブノイズキャンセリング(ACN)やロングバッテリー搭載やその他諸々の機能が1つにギュッと詰まったフルワイヤレスヘッドホン(有線可)が8,000円台で購入できるなんて最高です。

こびぃ

もはやチートに近い、まさにバランスブレイカー!

長時間使用してもイヤーパッドの痛みの無さで、快適感も抜群。ノイキャンがやや弱く没入感が低下すること、ハードトラベルケースの初期型からの変更以外は大満足です。

ヘッドホンの入門編として購入しても間違いないヘッドホンなので、お試しあれ。

Anker Soundcore Life Q30
使用感
85
デザイン/質
80
価格
95
総合評価
89

やっぱりイヤホンが良いな!って方はこちら

Life Q30はPC作業の効率化にも一役買ってくれます

【レビュー】高性能で1万円以下?!Anker Soundcore Life Q30 はACN=ノイキャン搭載の優等生

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる