Anker Soundcore Life Q35 ブラックレビュー「Q30と違いを比較」LDAC対応へ進化その他も変更点あり

Anker Soundcore Life Q35とQ30の比較レビュー

この記事で分かること

  • Anker Soundcore Life Q35 (ブラック)の使用感/比較レビュー
  • コストを抑えつつ、音楽やリラクゼーションを楽しめるワイヤレスヘッドホン

Soundcore Life Q35が発売されてから約半年経ちましたが、ずっと購入を見送っていました。理由はブラックorホワイト系がなかったから。

コビロボ

ネイビーはあったんだけどね!

で、今回なぜ購入したかですが、そうブラックが発売されたからです。(わかりやすい性格)

Anker Soundcore Life Q35のブラック発売
ブラックはやっぱり締まってカッコいい

Life Q30を持っていたのにLife 35を購入して結果的にどうだったかというと、

乗り換えは必須ではないが、購入してよかった!より長時間使用する方向けのヘッドホンって感じです。

低音にブーストがかかっているので、パワフルな音源が好みの方でコストを抑えたい方は、Soundcore Life Q35を強くおすすめできます。

また、ボクみたいににLife Q35が発売されたときに「ネイビーかぁ…」とガッカリしていて、購入を見送っていた方の参考になるはずのですので、ぜひ最後までご覧ください。

Life Q35はこんな人におすすめ
  • ワイヤレスヘッドホンでノイキャンや高級感が欲しい
  • 出来る限りコストを抑えて本格的なワイヤレスヘッドホンが欲しい
  • 低音が強調されている重たい音源・音質が好み
良かった点
気になった点
  • 質感が上がりより高級感が増した
  • イヤパッドのクッションにハリ・コシが増えた
  • LDAC対応
  • ワイヤレスでもハイレゾ音源を楽しめるようになった
  • コストが安い
  • マルチポイント接続
  • ハイエンドモデルに慣れている人は物足りない
  • 低音が苦手な人はイコライザー調整が必要

それでは「Anker Soundcore Life Q35 ブラックレビュー「Q30と違いを比較」LDAC対応へ進化その他も変更点あり」を書いていきます。

目次

Anker Soundcore Life Q35レビュー

では、旧作のAnker Soundcore Life Q30はコスパモンスターでしたが、今作のSoundcore Life Q35はどんな感じか1分でわかる特徴から書いていきます。

1分でわかる特徴

Anker Soundcore Life Q35レビューの特徴
  • アクティブノイズキャンセリング対応
  • 外音取り込み対応
  • NFCペアリング対応
  • Anker初の高音質コーデックのLDAC対応
  • 有線接続時、無線接続時ともにハイレゾ対応
  • 超ロングバッテリー(最大40時間再生)
  • Soundcore アプリに対応

Soundcore Life Q35は、Ankerから2021年7月28日に販売開始された※ウルトラノイズキャンセリング(ANC)搭載のヘッドホンです。優先・無線どちらも対応。

ウルトラノイズキャンセリングとは

Ankerの独自技術のアクティブノイズキャンセリング (ANC)です。機能とアプリによる環境モード選択を組み合わせて、「交通機関・室内・室外」に応じて、最適な強度のノイズキャンセリングの効果を発揮する

スペック

項目詳細
メーカーAnker
商品名Soundcore Life Q35
役割ヘッドホン(有線・無線)
重さ約270g
充電端子USB Type-C
充電方法USB Type-C
ノイズキャンセリング
対応コーデックSBC/AAC/LDAC
通信方式Bluetooth 5.0
BluetoothプロファイルAVRCP、A2DP、HFP、HSP
再生可能時間最大60時間※通常接続
最大40時間※ノイズキャンセリング
最大38時間※LDAC使用かつノイズキャンセリング
カラーバリュエーションブラック
ネイビー
ピンク
充電時間約2.0時間

Anker Soundcore Life Q35は、Anker初のLDACハイレゾ対応したヘッドホンです。

Anker Soundcore Life Q35の開封時

開封時のレビューで付属品やデザイン、使用感を見ていきます。

外箱/付属品

Anker Soundcore Life Q35の外箱

従来モデルとほぼかわらないパッケージ。

Anker Soundcore Life Q35の内箱
丁寧な梱包
Anker Soundcore Life Q35の内側付属品
まずは説明書から

Anker製品のワイヤレスイヤホンやヘッドホンは、感覚ですが8,000円以上を超えてくるとパッケージもワンランクあがるイメージ。

Anker Soundcore Life Q35の内箱の中に本体ケースあり

キャリングケースはオーバルタイプで素材は裏起毛です。優しい手触りが印象的、他のモノと干渉しても傷だつきにくそうな素材です。

Anker Soundcore Life Q35の同梱品

付属品はガッツリ入っています。

Anker Soundcore Life Q35のオーディオジャック
Anker Soundcore Life Q35の電源ボタン
押し込みを感じる物理ボタンつき

3.5mmのAUXケーブル(オーディオケーブル)は物理ボタンつきで、再生停止に便利。

Anker Soundcore Life Q35のUSB-Cケーブル
充電ケーブル
Anker Soundcore Life Q35の飛行機接続部分
航空機用プラグアダプター

充電用ケーブルはUSB-A to USB-Cです。今作は航空機用プラグアダプターも付属しているため、飛行機によく乗る人は嬉しいアイテムつき。

Anker Soundcore Life Q35の付属品ポーチ
伸縮性はそんなにない

小物の付属品を一括で管理するための黒いポーチもついています。全体的に旧型のLife Q30より充実しています。

付属品
  • Anker Soundcore Life Q35本体
  • USB-A to USB-Cケーブル
  • 航空機用プラグアダプター
  • 3.5mmのAUXケーブル(オーディオケーブル)
  • クイックスタートガイド
  • 安全マニュアル類

外観/デザイン

Anker Soundcore Life Q35のロゴ部分

ロゴがプリント加工されていて、Ankerのヘッドホンということがすぐにわかります。Life Q35の印字はなし。

使いやすいファスナーとフック

Anker Soundcore Life Q35のフックつき
意外と便利なフックつき
Anker Soundcore Life Q35のチャック
ファスナーにはロゴが入ってる

ファスナーのプルタブもがっしりしていて開閉しやすいです。付属品が良い感じ。

Anker Soundcore Life Q35の本体dマーク

あとで比較しますが、旧作のQ30より質感が上がっていて重厚感と高級感があります。カッコいい。

NFC搭載

Anker Soundcore Life Q35の本体アップNFC
NFC対応

右のイヤーカップは「1秒手で触れるとノイキャン⇄トランスペアレンシーモードの切り替え」可能。※NFCペアリング対応のシールが貼っているので剥ぎます。

NFCペアリング対応とは

NFC対応デバイスをLife Q35に接触させるだけでペアリング可。シームレスなペアリングを実現

Anker Soundcore Life Q35と本体ケース
高級ヘッドホンケースのよう

収納時にLとRをどちらに置くかわかりやすく案内あり。

Anker Soundcore Life Q35の本体外観

耳あての可動部分は約90度くらいで、両耳ともに折りたたみ可能。主に収納時に使います。

Anker Soundcore Life Q35のヘッドホン本体側面
ブラックガジェット好きにはたまらない質感

本体ベースのマットな質感とヘッドバンドの鋭くシャープな金属素材の掛け合わせが、洗練されたデザインを演出しています。カッコいい。

両耳のボタン

Soundcore Life Q35の左側ボタン付近
R側

ボタンやポートの配置は、画像左側から以下のとおりです。

  • 音量上げる
  • 音量下げる
  • 再生/停止
  • オーディオジャック
Soundcore Life Q35の右側ボタン
L側

ボタンやポートの配置は、画像左側から以下のとおりです。

  • USB-Cポート(充電用)
  • 電源ボタン(3秒長押しで電源ON/OFF)
  • ノイズキャンセリングと周囲音取り込みモード切り替えボタン
こびぃ

Life Q30もそうだったけど、電源ボタンの3秒長押しはやや面倒なんだよね。

ボタンやポートをまとめるとこんな感じ

R側:みぎ耳
L側:ひだり耳
  • 音量上げる
  • 音量下げる
  • 再生/停止
  • オーディオジャック
  • USB−C端子(充電用)
  • 電源ボタン
  • ノイズキャンセリングボタン

長時間つけても痛くない、蒸れにくく聞き疲れしないヘッドホン

Soundcore Life Q35の耳あて部分
クッション部分がしっかりしている
Soundcore Life Q35の耳あて部分のへこみ方
モコッとして耳全体を覆うサイズ感

あれ、なんか以前にも増して肉厚というか生地?クッション性?がよくなっている気がします。あとでLife Q30と比較チェックしますが、ハリとコシがあります。

こびぃ

イヤーパッドは耳全体を包み込むやや大きめのサイズ感だから、暑い時期にあるヘッドホン特有の蒸れにくいのはメリット

Soundcore Life Q35の内側

内部のスクリム(防塵布)にはLとRの文字が入っているため、装着時に間違えることはなさそう。生地と文字が区別しやすいコントラストが高めになっています。

装着検出にも対応しているので、ヘッドホンを外すと自動で音楽が停止⇄再度装着すると音楽が再生されます

ヘッドバンド部分は伸縮可能

Soundcore Life Q35の耳調整部分
ヘアライン加工が美しい
Soundcore Life Q35の耳調整部分を伸ばした状態
可動部はプラ製でややチープ

ヘアライン加工がほどこされていてカッコいい。ヘッドバンド部分は356mm~431mmの間で調整可能です。これはかなり調整幅が効く感じ。よほどの面長じゃない限り問題なく装着できます。

こびぃ

ほとんどの人がちょうどのサイズになるようにアジャストできるよ!サイズの汎用性の高さはあるに越したことはない!

可動部分は10度くらい

Anker Soundcore Life Q35の可動部分
Anker Soundcore Life Q35の可動部

こちらは旧型のLife Q30と同じく、15°の範囲内でイヤーカップ外内に調整できます。頭のサイズに合わせてフィットするため、長時間装着しても痛みを感じにくいので嬉しい。

音質

Soundcore Life Q35のRとL側

音質はAnkerが得意なドンシャリタイプで、低音をガシガシ楽しめます。LDACハイレゾなどを楽しめるので、音をより鮮明に細かく聞き分けるのが得意な本機。

Life Q35の音質
出典:Anker公式

大口径40mmドライバー搭載で、ダイナミックな音色を奏でます。

結構個人で意見が分かれるところかもしれませんが、より低音がブーストしているモデルが本機のLife Q35。

低音が強いとはいえ、中音から高音もノペッとしてなくて、苦手な印象は受けません。

こびぃ

1万円前後の価格で、ノイキャン×この音質は個人的に大満足だよ!Q30からあっさり乗り換えた。

高音
Bad
Good
中音
Bad
Good
低音
Bad
Good
解像度
Bad
Good
全体の音質
Bad
Good

ノイズキャンセリングの効きはどうか

ウルトラノイズキャンセリングの性能は、これまでとあまりかわらない印象でした。

エアコンなどの音には相変わらず強いですが、車の走る音、人間が発する音の打ち消しは弱いイメージ。

ですが、初めて経験する方は感動することは間違いない!って言えるノイキャンの機器具合です。

旧型のLife Q30とノイキャンの効きはそこまでかわらない印象。

マルチポイント接続にも対応

本機は、便利な※マルチポイントにも対応しているので、個人用メインスマホ仕事用サブスマホなどを持っている方は非常に便利な機能です。

マルチポイントとは

 マルチポイントは、2台の親機を同時に接続できる機能のこと。 たとえば、個人用のスマホと仕事用のスマホどちらに着信があっても1台のヘッドホンで接続して通話が可能です。

もちろんSoundcoreアプリに対応

Life Q35 サウンドコアアプリ
出典:Anker公式

Ankerのワイヤレスイヤホンん、ヘッドホンの選ばれしモデルのみ使用が許される専用アプリの「Soundcoreアプリ」にも対応しています。

Soundcoreアプリでできること
  • ファームウェアの更新
  • タッチの操作方法
  • 装着検出
  • クイックスタートガイドの閲覧
  • イコライザーの調整やカスタマイズ
  • 睡眠モードでヒーリングサウンド
  • ノイズキャンセリングモードの切り替えやモード設定

Anker Soundcore Life Q35のペアリング方法がわからない方向け

本ページで書くと長くなってしまうので下記のリンクから↓↓

ペアリング方法は旧型のAnker Soundcore Life Q30のこちらのページを参考にしてください。手順をわかりやすく書いています。

再生時間:最大40時間(ANC on)/60時間(ANC off)

連続使用時間

使用モード使用時間
通常モード最大60時間
ノイズキャンセリングモード最大40時間
LDAC使用かつノイズキャンセリングモード最大38時間

Soundcore Life Q35の充電時間は2時間なので、2時間充電するだけで40時間〜60時間使用できるのは非常にありがたい。

サイズ/重量

Soundcore Life Q35本体重量
本体約270g
Soundcore Life Q35の重量
ケース約167g

重量は約270gとヘッドホンの中では、よくある重量感。耳に当てるクッションが以前より質感がよくなっているため、この重量でも長時間装着していても耳が痛くなりにくいです。

こびぃ

ケースも軽くて上部なつくりだから、持ち運びやすいよ!

Anker Soundcore Life Q35とQ30と違いを比較「何が変わって進化/変化したか」

Anker Soundcore Life Q35とQ30
左:Anker Soundcore Life Q30
右:Anker Soundcore Life Q35

Anker Soundcore Life Q35とQ30のデザイン・スペック比較

項目Soundcore Life Q35Soundcore Life Q30
重さ約270g約260g
充電端子USB Type-CUSB Type-C
充電方法USB Type-C有線USB Type-C有線
ノイズキャンセリング
対応コーデックSBC/AAC/LDACSBC/AAC
通信方式Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0
BluetoothプロファイルAVRCP、A2DP、HFP、HSPAVRCP、A2DP、HFP、HSP
再生可能時間最大60時間※通常接続
最大40時間※ノイズキャンセリング
最大38時間※LDAC使用かつノイズキャンセリング
最大60時間※通常接続
最大40時間※ノイズキャンセリング
カラーバリュエーションブラック
ネイビー
ピンク
ブラック
ネイビー
ピンク
充電時間約2.0時間約2.0時間

対応コーデックにハイレゾ高音質のLDACが搭載されたことが一番の進化ポイントです。

カタログスペックには現れない部分のデザインや素材にも進化・変化ポイントがありますので、合わせてまとめてチェックします。

Anker Soundcore Life Q35とQ30の進化・変化ポイント

  • 進化・変化ポイント①:イヤパッドの質感向上で耳がよりラクになった
  • 進化・変化ポイント②:細かいカラーリングの完成度が高い
  • 進化・変化ポイント③:ヘッドバンドの金属部分がより渋くなった
  • 進化・変化ポイント④:音質アップ・ワイヤレスでもハイレゾ対応に
  • 進化・変化ポイント⑤:睡眠モード搭載

順に見ていきます。

進化・変化ポイント①:イヤパッドの質感向上で耳がよりラクになった

Anker Soundcore Life Q35とQ30を並べてみた
左:Soundcore Life Q35
右:Soundcore Life Q30

旧型のLife Q30より本機の新型 Life Q35のほうが縫製がしっかりしていて、側面からと内側の境目も丁寧に縫い込まれています。より立体的になったことにより、イヤパッドが耳近辺に当たる圧を分散してくれます。

Anker Soundcore Life Q35の耳あて部分の違い
左:Soundcore Life Q35
右:Soundcore Life Q30

おわかりいただけるだろうか。クッション性が全然ちがう。

  • フワフワが好きな人は画像右の旧型 Life Q30
  • ハリとコシが好きな人は画像左の新型 Life Q35
こびぃ

相性もあるだろうけど、個人的にはハリとコシが好きで、疲れにくく感じる Life Q35の方が好み!より長時間聞いても耳が痛くないし疲れないよ。

進化・変化ポイント②:細かいカラーリングの完成度が高い

Anker Soundcore Life Q35のアイコン部分
本機のSoundcore Life Q35

Soundcoreの「dマーク」が明らかに本体と一体感を増しています。ここだけみると、超高級ヘッドホンのようだ。

Anker Soundcore Life Q30のアイコン部分
旧型のSoundcore Life Q35

旧型の Life Q30は「dマーク」がゴールドでいかにもなオーラが出ていました。これはこれで好きな人がいそうですが、ボクはLife Q30のブラック×ブラックが好み。

こびぃ

本体素材のベースのブラックも色味が異なっていて、Life Q35のほうがやや灰に近くなっているよ!よりオシャレないイメージ。

進化・変化ポイント③:ヘッドバンドの金属部分がより渋くなった

Anker Soundcore Life Q35とQ30の加工違い
上:Soundcore Life Q30
下:Soundcore Life Q35

ヘッドバンド部分は共にヘアライン加工ですが、本体と同様に色味が異なります。本機のLife Q35のほうがブラック感が若干弱い感じ。

進化・変化ポイント④:音質アップ・ワイヤレスでもハイレゾ対応に

Anker Soundcore Life Q35の音質と比較
Anker Soundcore Life Q30の音質

Soundcore Life Q30、Soundcore Life Q35どちらもハイレゾに対応していますが、旧型のQ30はAUX接続時のみハイレゾ対応でした。

本機の新型Q35はワイヤレスでもハイレゾ対応しているため、音が細かく豊かになり、より高解像度の音楽が楽しめます。

Q35の方がより低音が強調されていて、鼓膜に「ズシズシ、ドンドン」訴えかけてきます。Q30の方が、低音より中域を重視して作られているかもしれませんね。

Soundcoreアプリでイコライザーの調整が可能なので、どちらでも好みの音質に変えることができます

コビロボ

Life Q35ならワイヤレス精密な音を聞き分けてたのしむことが出来るから、音楽を楽しみたい人は絶対にQ35のほうが良いよ!

AUX接続時の注意点

本体充電がある状態の時のみ

  • 本機のLife Q35はノイズキャンセリングと外音取り込み機能が使用可能
  • 旧型のLife Q30はノイズキャンセリングと外音取り込み機能どちらも使用不可

どちらのヘッドホンもその他のボタン操作、内臓マイクは使用不可になっています。

進化・変化ポイント⑤:睡眠モード搭載

Life Q35 サウンドコアアプリ
出典:Anker公式

Life Q35からは「Soundcoreアプリ」に内で睡眠モードへの切り替えが可能になりました。

夜寝付きが悪い時や、夜の電車の中でウトウト、飛行機や新幹線でリラックスしながら眠りにつくために活用できそうです。

こびぃ

睡眠モードではヒーリングサウンドが再生され、鳥のさえずりや風鈴、波の音など全11種類からカスタマイズして好みの音源を作ることができるよ!

Anker Soundcore Life Q35とQ30結局どっちが良くておすすめか

Anker Soundcore Life Q35とQ30の比較どっちがおすすめか
Life Q35がおすすめ
Life Q30がおすすめ
  • 価格より最新を重視したい
  • 音質を少しでもよくしたい
  • 装着感を重視したい
  • LDAC(ハイレゾ)を楽しみたい
  • 少しでも安く購入したい
  • 音質にそこまでこだわりない
  • 装着感は普通以上であれば良い
  • LDAC(ハイレゾ)は不要

価格の誤差もノイズ程度なので、セールにでもなってない限り本機のSoundcore Life Q35がおすすめです。

念のため旧型のLife Q30のレビュー記事を置いておくので、気になる方は読んでみてくださいね。

Anker Soundcore Life Q35レビュー!Life Q30と比較あり【まとめ】

本記事は「Anker Soundcore Life Q35レビュー「Q30と比較」LDAC対応へ進化その他も変わったポイントあり」について書きました。

Anker Soundcore Life Q35のヘッドホン本体側面
Soundcore Life Q35の左側ボタン付近
Soundcore Life Q35の右側ボタン
Soundcore Life Q35の耳あて部分のへこみ方
Soundcore Life Q35の耳調整部分
Anker Soundcore Life Q35のななめ
Anker Soundcore Life Q35のヘッドホン本体側面
Soundcore Life Q35の左側ボタン付近
Soundcore Life Q35の右側ボタン
Soundcore Life Q35の耳あて部分のへこみ方
Soundcore Life Q35の耳調整部分
Anker Soundcore Life Q35のななめ
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow

もう一度良かった点と気になった点をまとめておきます。

良かった点
気になった点
  • 質感が上がりより高級感が増した
  • イヤパッドのクッションにハリ・コシが増えた
  • LDAC対応
  • ワイヤレスでもハイレゾ音源を楽しめるようになった
  • コストが安い
  • マルチポイント接続
  • ハイエンドモデルに慣れている人は物足りない
  • 低音が苦手な人はイコライザー調整が必要

今回紹介したSoundcore Life Q35はヘッドホンをデビューする人や、コストが安く音質・質感が良いヘッドホンを探している方にピッタリのヘッドホンでした。

ハイエンドモデルが3万円〜することを考えると、1万円でこのクオリティなら、ほぼ不満はないです。

なんなら、2万円近くしてもおかしくないのでは?ってのが正直な感想。

コスパを追求したい方、はじめてヘッドホンを所持する方など、気になる方は一度見てくださいね。ではまた!

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時は、できるだけお得に購入しよう!

直接購入するのではなくクレジットカードでギフト券をチャージして、ギフト券で購入するとひと手間加えるだけでお得に買物できるようになります。

Amazon gift charge

\最大0.5%ポイント還元リンクはこちら/

Amazon公式
ギフト券チャージのエントリーはこちら

Anker Soundcore Life Q35とQ30の比較レビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次